タグ:ロボットじゃない ( 33 ) タグの人気記事   

「ヨ・ウンとミンギュ、見てますよ」の巻♡   

2019年 06月 22日

アンニョンハセヨ〜♡
オレンマニエヨ〜♡
ご無沙汰いたしました。

この間、皆様にもいろいろなことがあったかと思います。地震など、大丈夫だったでしょうか?
気候も少々しんどい感じですが、元気を出して頑張っていきましょうね。

私も、あれこれ私的に、いや、公的にございまして(ブログが私的で、仕事は公的、よね?)忙しく、ブログはなかなかアップできなくて。代わりにインスタグラムで、LaLaTVで見た


「ペク・ドンス」のヨ・ウン


画像をアップしたりしていました。



現在の一番人気は、これです。

  ↓






ドラマの中での、人物設定は・・・

朝鮮王朝、有名な正祖イ・サンの祖父英祖の時代、殺星(サルソン)の下に生まれたとして、父に疎まれ、父の死後、清の暗殺集団、黒紗燭籠(フクサチョロン)の天(チョン)に拾われたヨ・ウンは、その能力故に、後継者と目される。
英祖の後継者、次男の世子は、大国である清の意のままになる朝鮮であってはならないと考え、宮廷を牛耳ろうとする老論派とも対立し、清の皇帝の石碑を斬りつけるなどの行動に疾る。
王の忠臣ペクサモらは、世子を守るために、ペク・ドンスら子ども達に武芸の鍛錬し、王を護衛する壮勇衛を作るが、そこに、ヨ・ウンも天(チョン)の命令により、黒紗燭籠(フクサチョロン)のスパイとして潜り込む。共に暮らす内に、ドンスとヨ・ウン、そして、ヤン・チョリプの間に友情が芽生え、苦楽を共にするが、やがて別れの時が来た…。


そして、2019年6月21日(金)の放送は、第16回。ドラマの中盤でした。
既に、ヨ・ウンは、ドンスの元を去っています。

黒紗燭籠(フクサチョロン)に戻ったヨ・ウンは、天(チョン)が自分の武芸を磨くために旅に出てしまったので、事実上、黒紗燭籠(フクサチョロン)を率いる立場になっている。
黒紗燭籠(フクサチョロン)と通じている、老論(ノロン)派の大監ホン・デジュは、ヨ・ウンを意のままに使おうとする。
それが、こちらのインスタにあげた部分。









と、こんな状況で、ドンスの敵側であるホン・デジュの命令に逆らえないヨ・ウンの苛立ちをよく表しているシーンでした。




★ ペク・ドンス プロモクリップ

「ペク・ドンス」の日本の公式サイトによる予告です。
限定公開なので、動画を貼れなかった💦



動画はこちらで






d0289252_11373200.png



0分45秒くらいのところの、ふっと目を上げるヨ・ウンの表情に、ドッキーン💘としてしまいます。
その前の、荒っぽいアクションシーン・・・


d0289252_11385508.png


ここから、一番上に載せたヨ・ウンの表情に繋がり、そして、



d0289252_11385957.png



「ユ・スンホ」のお名前が表れるのは、最高ですね〜♪
大好きだわ、この予告動画。


ヨ・ウン、かっこいい〜💕


こちらは、「ペク・ドンス」の日本の公式サイトに載っていますが、




LaLaTVでは、平日の早朝6時半から連日放送で、どんどん見れるのが嬉しい。
改めて見ると、黒くなるほどに、魅力を増していく、ユ・スンホ・ヨ・ウン。

5年前、Yoが、ユ・スンホニムの入隊中、センイルにスライドショー動画をアップしようと思って、ハリーのを作るつもりで、なんとなくその前に作ったのが、これなんですが…、








なんとなく、このシーンで作ってみた、試作品的なスライドショー動画でしたが、今、ヨ・ウンの画像をゲットしようとしてネットをうろつき、このシーンのドラマの動画に出会ったら、5年前の「なんとなく」が「必然」だったと納得。


今回出会ったのが、この哀しいヨ・ウンの動画。


★ 무사 백동수.E12.110809_13









あまりに辛そうなヨ・ウン。



d0289252_11592533.png


d0289252_11593633.png


d0289252_12005733.png


d0289252_12022656.png

d0289252_12023781.png


d0289252_12030888.png


d0289252_12033214.png


d0289252_12033880.png


d0289252_12034759.png

ウナと一緒に泣いてしまった。

米びつに閉じ込められる世子は、命を永らえるためにヤン・チョリプを身代わりにして宮廷から抜け出し、その世子の脱出の手伝いをするはずだったヨ・ウンは裏切って情報を流し、世子を襲う黒紗燭籠の側に立つ。そして、天(チョン)の命令で、教官であったイム・スウンにも剣を。
あまりにも辛く哀しそうなヨ・ウンだった。

そこにドンスが現れて、ヨ・ウンを問い詰め、



d0289252_12080309.png

怒ったドンスがヨ・ウンに殴りかかると、


d0289252_12120364.png


d0289252_12133307.png


d0289252_12134225.png


d0289252_12135091.png


d0289252_12154071.png


d0289252_12155915.png


怒鳴る声も男っぽく
が、二人の争いを見たジソンが止めに入る。


d0289252_12182548.png


d0289252_12192548.png


ドンスを刺すのを止めようとしたジソンが、ドンスに刺される。
ヨ・ウンもも傷ついて、



d0289252_12185317.png

d0289252_12211273.png


d0289252_12213785.png


刀で自分の身体を支えている姿にもドッキーン💘
上から撮ってるって、このシーンの撮り方も絶妙。



d0289252_12215753.png


d0289252_12220577.png


ドンスと言葉を交わした後、笑みさえ浮かべる、ヨ・ウンの感情の幅の広さに魅せられます。
やっぱりヨ・ウンは、ユ・スンホに最も似合った役だったかも???

ユ・スンホニムは、正しい人であるように育てられ、嘘もつくのも嫌がる性格で、だから、余計にドンスや友、自分の身の周りの人を裏切らなければならないヨ・ウンの哀しさを、感じていたのかも?

ヨ・ウンの見せる笑みは、来るべき時が来た、その絶望と安堵?

とにかく、深くて、魅力的💘
教官であるスウンが亡くなり世子も亡くなって、ドンスが泣き叫ぶけれど、それよりもヨ・ウンの辛そうな表情の方に泣いてしまうYoでした。

上の方に載せた、Yoのスライドショー動画、今、作ったら、もっと良い画像をたくさん入れただろうと思ったりします。「ペク・ドンス」のシーンの撮り方、やたら凝っていて美しく、画面として、もっとおもしろいものがたくさんあったので。


と、このシーンの画像を探していたのではないのに、ここで止まってしまいました。
ビジュアル的には、長髪バラリの髪型の方が好きなのですが、このシーンのヨ・ウンは観る価値絶大にありですよね。




そして、アジドラさんでは、

「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」がスタート。



d0289252_13245343.jpg


こちらは、木・金曜日の朝9時半から。
追っかけ放送が、7月4日(木)から始まり、放送は、同じく木・金曜日の夜10時から。


番組のサイトはこちら。

     ↓





このシーン、少々寝不足で、見ながらウトウトして、気づいたら終わってた😰😰😰
でも、大好きなシーンです。



d0289252_13291131.jpg


「ロボットじゃない」は本当に楽しく見れて、しかもホロリとさせられる。
シリアスなシーンが得意な俳優ユ・スンホが、これまでと違う表情をたくさん見せてくれるドラマであり、アジアでも人気。また、彼自身がすごーく好きなドラマ。


さて、「ペク・ドンス」のヨ・ウンと、「ロボットじゃない」のキム・ミンギュと言えば、ファンミのお花企画「Close to U」と深い関わりがあるんですけど。???
そう、お好みのキャラ人気投票で、1位「ヨ・ウン」、2位「キム・ミンギュ」だったんですよね。大人気の「世子イ・ソン」を抜いた、この2つのドラマのユ・スンホ・キャラ。ユ・スンホニム自身が、ファンミで、「最も印象に残っているキャラは、ヨ・ウン」と答えたことがあり、また、今回のファンミで、「最もお気に入りのドラマは『ロボットじゃない』」と答えていて、彼の思うとおりに、ファンの人気も高いという結果です。

その人気の2作が、今、日本で同時に放送されているという、とってもありがたい状況。



d0289252_13375142.jpg


d0289252_13375428.jpg


d0289252_13375620.jpg


d0289252_13375928.jpg


d0289252_13381101.jpg



LaLaTVは、J:COM、スカパー、CATV、auひかりで、アジドラはJ:COM、スカパー、ひかりTV、CATVで視聴可能。ただし、有料かな。

なんか、Yoもよく分からんのです。Yoの住まいはJ:COMは不可で、たまたまCS視聴可能にする工事に来たお兄さんが、「韓国系を見るなら、LaLaTVかな」といった、それだけで、これを見るに至った。
KNTVを見たくて、ひかりTVにした。ひかりTVは、めちゃくちゃ画像が綺麗です。


そして、、、abemaTVでは、「アラン使道伝」の放送が!



d0289252_14553299.png


d0289252_14553974.png


玉皇上帝、たまにしか出てこないけれど、やっぱり美しかった。
こちら、「プロポーズ大作戦」と「会いたい」の間に出演したドラマですね。ヨ・ウンの1年後くらい。

abemaTVでの開始時間は日によって違うけれど、平日の10時15分くらいから?

こちらは無料です。







さて、彼の最新作「ボクスが帰ってきた」は、まだ日本放送の情報が来ませんね。



d0289252_16035220.png


韓国での次回作の情報も、「『スーパースター ミス・リー』への出演は選択肢の一つ」という公式ニュースを最後に、その後は情報なし。Yo的には、俳優ユ・スンホには、しっかり選んで、深みのありそうなドラマを選んで欲しい気持ち。うん、「ミス・リー」でなくて良いよなあ。


個性の際立つ俳優のキム・ジェウクさんが、どこかのインタビューで「20代はやりたいキャラで出演を決めたが、30代はドラマ自体がおもしろいかどうかで出演を考えるようになった」とか語っていました。そうなのかもしれないなあ。
俳優ユ・スンホは、まだ、20代半ばで、好きなキャラで選んで良い(選ぶのが当然の)年齢かも、とも、思った。作品全体を見渡して考えるのは、もう少し後でも良いのかも?ね?


本当にヨ・ウンは魅力的💕
ただ、現在の演技者としての俳優ユ・スンホは、安定し、深みを増し、表現も広がり、重さと軽さを自在に表現し、おもしろさも増し、イケメン度、ますますアップ。身体も声もしっかり作り上げた感。主演俳優としての魅力と実力を着実に身につけた。
今の彼にヨ・ウンみたいなおもしろい設定で、深くて、泣いてもいいから可哀想過ぎない役を演じてもらえたらいいなあとか思った。



あと、私、スンホ王子と関係なく、最近、gyaoで「凍える華(原題:天上の約束)も見ちゃったりして。子役俳優ユ・スンホがその演技力を見せつけた「拝啓ご両親様(原題:両親への手紙)に、スンホ演じるジュンの叔母さんの役で出ていたイ・ユリさん主演。イ・ユリさん、ドロドロ復讐ものに多々出演の女優さんで好きなタイプではないと思っていたのだけれど、KNTVでやってる「春が来るのかな?春」もおもしろくて。



「春が来る〜」は、韓国ドラマにありがちな、二人の人の魂が入れ替わるという設定だけど、中身はおもしろい。韓国ドラマは設定より、表現で見せるなあと思う。
イ・ユリさんの濃いアイメークもちょっとお気に入り。化粧濃くても、カッコ良ければいいじゃん?


ユ・スンホニムもファンミで言っていたけれど、「奇想天外なことが起きる」韓国ドラマ。「交通事故で、家族を失くす」パターンは多発を超えて、日常茶飯事。その事故で家族を失ったり記憶を失ったり。
俳優ユ・スンホ、真剣に役を演じながら、「奇想天外なことが起きてる」って、実は心の中で思ったりしてるのが、おもしろいわよね。




さーて、私、久々のブログ・アップで、ちょっと助走しないと飛び上がれない感でしたが、ヨ・ウンの画像をキャプっていたら、勢いがつきましたよー。このブログを始めた最初のきっかけはハリーだったので、その前に放送されていたヨ・ウンについては、深く触れていないのだけれど、またまた改めて、あまりにもユ・スンホに向いていたと思う次第。
私もヨ・ウンでユ・スンホに堕ちた人間なので、スンホ・ペンの中でベテランとは言い難い。それでも、もうすぐ7年ですよ。桃栗3年、柿8年か。まだ、柿は生りませんね〜。

ユ・スンホニム、今頃、バイクに乗っているのでしょうか?それともドライブ?
あ、お歌の練習も始めると言っていたので、そんなことをしている可能性もあるかも?
台本、読んだりもしているかな?
彼より少しお兄さん世代の人気俳優さん達が、今、続々除隊してきているので、それぞれがこれからどんな演技を見せてくれるのかも気になりますね。


そうそう、ファンミの記事が、韓流雑誌に載っていました。

「韓流旋風vol.85、2019 7月号」「韓国TVドラマvol.91」

久々に、買ってしまった。。。


d0289252_14373198.jpg

どちらも1ページずつの記事です。


d0289252_14373414.png


こんな感じで、画像は同じものが使われていました。
あちこちで見た、この写真、彼はやっぱり大人になったなあと思う。事務所を変わって、趣味などで人との関わりも広がり…。事務所は、彼を大人の人気と実力を兼ね備えた俳優として接して、サポートしてくれるだろうし。


ファンミを思い出すと、本当に幸せな記憶だったと思う。あまりにも素敵なユ・スンホニムに会えたことが幸せだったし、また、同じように彼を素敵と思う方たちとお会いできて、本当に嬉しく楽しかったです。


最近、想いを共感するっていうことが、必ずしも簡単ではないし、話しても通じないってこともあったりすると痛感。俳優ユ・スンホ、本当の自分を見せてもいいと思うようになったと発言していましたが、私も俳優ユ・スンホと同じように、そろそろ自分らしくして良い時期かなと思ったりしております。ハハ。
我が家のナムピョンとは、ディテールにおいては、完璧にずれてるんですが、お互い不干渉で成り立ってるので、それはそれで成立していて良いんです。(実は、尊敬している部分もある)。あれこれ手を出す私、自分のいた状況で、自分らしくいられない場所っていうのもあって、そろそろ自分らしくいられる場所のみに存在することにしようかな…。と、まあ、そう思ったら、服の選択まで違ってきて、人間って不思議ね〜。解放感♪

というわけで、その自分らしい場所の一つは、このブログでもあるわけなので、今後も、好きなものを「好きだ〜っ」と大声でわめきながら、行こうと思っております。


私のファンミの記事、相変わらず、東京ファンミを書いていないんですよね〜💦
毎回、東京ファンミは各社から記事が出るので、こういうことになる💦
だけど、彼ってちょっと感覚が普通の人と違っていて、おもしろいから、思い出して書きたい気持ちはあります。



最後に、ヨ・ウンの、一番上にあげた動画辺りの、ちょっと美しい色合いのキャプを。



d0289252_13564936.png

ウナ〜💕



韓国ドラマの青と緑に光の入る画面、本当に美しくて好きです。
夜の照明に緑は、素敵✨


それでは、皆様、お身体、ご自愛くださいませ。
またね〜!



更新を通知する



by Cloudia-Yo | 2019-06-22 16:16 | ヨ・ウン(ペク・ドンス) | Comments(2)

ロボットじゃない、再生50万回以上、迫力キスシーン♡ 動画&キャプ   

2018年 07月 04日

ユ・スンホニムの色っぽいお手手の画像を探して、この動画を久々に見たら、
また、やられてしまった。。。

KNTVのアンコール放送が、まだ4回分までしか行っていなくて、ネタバレになるので、このページは限定公開にしておこうかな。

→ → → このページ、アップした時点では、限定公開にしてあったんですが、「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」DVDレンタル開始となり、宣伝のためだか、キスシーンが大々的に公開されているようなので、こちらも公開にさせていただきます。
ドラマ後半のレンタル開始は10月2日。あと6日ですね〜💕
(9月26日)


それでは、例のど迫力キスシーンを💘


ネタバレです!!!



★ 유승호, 채수빈에 갑작스러운 박력 키스♥
ユ・スンホ、チェ・スビンに突然の迫力キス🖤








キャプ💕


d0289252_08375344.jpg


d0289252_08375924.jpg


d0289252_08380372.jpg


d0289252_08380677.jpg


d0289252_08383234.jpg


d0289252_08383653.jpg


d0289252_08384013.jpg


d0289252_08384441.jpg


d0289252_08384891.jpg


d0289252_08385326.jpg


d0289252_08385628.jpg


d0289252_08390172.jpg


d0289252_08390594.jpg


d0289252_08390971.jpg


d0289252_08391470.jpg




メイキング動画・・・


★《메이킹》 오늘 뀨아커플 ♨으른키스♨ 했뀨♥ (#박력 #잠못잠주의)
《メイキング》本日 キュアカップル ♨︎大人キス♨︎ キスしてる🖤(#迫力 #睡眠寝られない注意)


意味、これで良い?








キャプ💕


d0289252_09513684.jpg


d0289252_09515612.jpg


d0289252_09520873.jpg


d0289252_09522684.jpg


d0289252_09594279.jpg


d0289252_10005772.jpg



d0289252_09524299.jpg



d0289252_09525767.jpg



ワイルド〜💕
男の本能〜⁉️
ドッキーン💘





by Cloudia-Yo | 2018-07-04 10:16 | ロボットじゃない | Comments(2)

すばらし〜!ユ・スンホ☆ やっぱり「ロボットじゃない」も最高♡   

2018年 05月 19日

昨夜も、「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」放送は、ますますおもしろかった❣️

なので、録画したにも関わらず、再放送も視聴していました。
我が家は、KNTVをひかりTVで視聴、しかもWIFIがアウトなので、KNTVを見ていると、パソコンでのインターネットができません。とっても不便。これを解決する方法があるのでしょうか??


KNTVの「ロボットじゃない」を視聴できない状況になる方は、ぜひぜひ、BSなどに下りてきた時に、ご覧ください。


俳優ユ・スンホ、あの若さで、この演技、この美貌😍


ドラマ自体も、本当によくできている。
セリフ自体が心に響き、なんでもない場面まで、ハラハラと涙が落ちます。

何よりも素敵なのは、「リメンバー」で、もの凄い集中度だった俳優ユ・スンホの演技が、「君主(仮面の王イ・ソン)」で、深みを増し、「ロボットじゃない」では、柔らかみまでも獲得した。
「強弱を行き来して」と、韓国放送中に韓国の芸能ネットニュースで書かれていましたが、まさしくそのとおりだと思います。
弱=抜きがあるので、見ている方は心地良い揺り椅子の座って見ているような安らぎを感じる。

チョン・デユン監督、さすが。
ストーリー展開も、視聴者におもねることなく、ひたすらきちんと造られていると感じます。


MBCで見ていた時は、セリフの流れがあまり分からず、想像でみていましたが、ユ・スンホ演技はセリフの説得力がスゴイ😍

そして、チェ・スビンさんも力がありますね〜。ほんとに上手い。演劇から入って、長編ドラマを含め主演が続いているだけあって、演技集中の落ちるところがない。

そして、悪役の時のように派手ではないけれど、さすがに深いのが、オム・ギジュンさん。彼の愛情にもジワっとする部分がたくさんありますね。

脇を固める1人1人の俳優さんの演技が良いって、韓国のサイトのどこかで読みましたが、言葉の意味が分からなかった時は、そうかなあと思ったりもしていましたが、セリフが分かると、本当に皆、良いです。「皆、良い」ってことはやっぱり、監督の力なんでしょうね。


俳優ユ・スンホは、このドラマでまたまたレベルアップして、前にも書いたけれど、主演俳優に必要なフットワークの軽さも身につけています。
Yoは、「善徳女王」でもその片鱗があったし(コメディ・タッチの部分)、映画「キム・ソンダル」でも、内官になりすまして女官を欺くシーンなど、無理なく笑わせてくれて、お見事だったけれど、この「ロボットじゃない」で完全に自分のものにしたと思えましたね。わざとらしさがない。

いくら泣かせることができても、泣かされるばかりでは見る方が疲れてしまう。やはり、軽さも大事。
随分筋肉も鍛えて、「ロボットじゃない」の最初のシーンのキム・ミンギュの腕と肩と首の筋肉の凄さにはびっくりしてしまいましたが、オフの時に随分運動を続けて、身体を鍛えたことが、演技のリズムに繋がったということもあるかもしれません。
いつも一生懸命な彼のことだから、運動も凄い勢いでやっちゃったんでしょうね。


とにかく、先週の#9と#10に続き、今週の#11と#12も最高です❣️


今日もあと25分で出かけなくてはいけないので、とりあえず、ちょっとだけキャプを載せておきますね。
こちらは、韓国MBCで放送した時のものです。。。



d0289252_16355292.jpg


d0289252_16370608.jpg


d0289252_16381025.jpg


d0289252_16451784.jpg


d0289252_16451993.jpg



素敵なシーンが山ほどあったんだけど、Yoのお出かけ時間になり時間切れで、これだけです。


本当にちょっとしたシーンでも涙が出る。
心が癒されて、優しい気持ちになれます。


ありがとう、ユ・スンホニム💕

そして、

ありがとう、ロボットじゃない💕





by Cloudia-Yo | 2018-05-19 16:51 | ロボットじゃない | Comments(2)

ユ・スンホ掲載雑誌あれこれ+日本公式ファンクラブ オープンの韓国ニュース+ロボットじゃない、視聴のお薦め☆   

2018年 05月 06日


ゴールデンウィークも、本日で終わりですが、ゴールデンウィーク中、新大久保は凄い人だった。
観光地と化した新大久保に近い場所に住んでいる私にとって、この数十年での「新大久保」にはビックリです。

少し前は、韓流ドラマ好きの女性が多かったように思いますが、最近は、女子高生とか、K-POPファンの若いお客様が急激に増えた模様。
人気のTWICEには日本人のメンバーが3人もいて、親近感があるし、K-POP、確かにインパクトのある曲ー印象に残る旋律と印象に残る声ーがヒットしていて、しかもキレキレのダンス。しっかり引き上がった体幹で、ダンスの基本がきちんとしているから、速い動きも可能、という感じ。
テンポが踊るのに良い感じだから、ダラダラしていない曲が多い。

かくして、私、バイト先でJ-POPをかけられたら、すごーく違和感があるくらい、気持ちが韓国に行ってしまっている。
ああ、これって、ヤバイ?

韓国の人になろうとは思わないですけど、俳優さんは、


なんたって、ユ・スンホ☆ だし。



日本の良さも日本人の良さも分かっているんですけど、やっぱり今、見たいのは、日本の俳優さんでなく、「ユ・スンホ」なんですよね。
ここまで偏っちゃう私って、どうよって思うけれど、あっちもこっちも見ている時間もなくて。
人って、いつも周りを見ながら歩ける人と気がついたら一点しか見ていなかったっていう人がいると思うんだけど、私は後者で、子どもの頃からそんな感じ。

あら??演技だけに集中しようとする、つい最近まで趣味もないと言っていたユ・スンホニムも、そのタイプじゃありません?ハハ。
そんな風に脇目も振らずに韓国で演技をすることに集中していた彼が、ついに日本で公式ファンクラブをオープンすることを決断してくれて、私どもにとっては本当に嬉しいことですね。
人気投票とかは、組織力も必要だしヽ(´o`;


韓国の公式ファンカフェの「Talk to U」では、日本の公式ファンクラブについては公式にはあまり触れない方針みたい??
日本公式ファンクラブのオープンから1週間経った5月2日に、ユ・スンホ事務所と近い立場にいると思われる韓国のスポーツ・トーアさんが、「YOO & YOU」オープンのことを記事にしていました。



▶︎ 演技者ユ・スンホ、「日本上陸作戦」


(抜粋)

d0289252_19424071.jpg


10年間出演作現地公開
日ファンクラブを通じて人気を集め始動


演技者ユ・スンホが日本での活動に本格的に乗り出す。

ユ・スンホは、4月25日に創立した日本公式ファンクラブ「ユー・エン・ユー」(YOO&YOU)を介してファンと活発にコミュニケーションし、現地の認知度をさらに堅固に固める予定だ。

ユ・スンホの日本攻略は開始から順調の見通しだ。ユ・スンホは、これまで出演したほとんどのドラマが日本で公開されて、すでに現地の視聴者に顔を知らせた。



そして、、、


ファンクラブという「公式パス」を使用して、現地のファンとさまざまな方法で交流していく見込みである。


韓国元記事はこちらから
(画像、お借りしました)


「開始から順調」って書かれているってことは、予定どおりにたくさんのファンクラブ申し込みがあったってことかしらね。ヨカッタ、ヨカッタ♪
ユ・スンホニムの事務所は大手事務所でないから、「海外での活動は韓国での仕事がきちんとできてから」という方針だったようですが、彼の実力からすれば、海外へのアピールをしても良い時期だと思う。



そして、マレイシアでも6月2日にお仕事だとか。


#fahrenheit88



d0289252_02333142.jpeg

インスタグラムはこちらから


「Fahrenheit88」っていうのは、クアラルンプールにある親日色が強いファッションビルらしいです。




d0289252_02365133.jpg


画像はこちらからお借りしました → マレーシアマガジン



ユ・スンホニム、これまで日本以外の海外での公式な仕事って、あまり聞いたことがない。
ファンミーティングも韓国以外は日本だけだったみたいで、日本ばかりで申し訳ないような気もしていたので、アジアの他の国でお仕事されるのも良いことかも。

日本は幅広い年齢層のファンがいるけれど、アジアはもう少し若いお嬢さん達が多いのかしら?
日本のファンは年齢が高くて、ネットでの投票とか苦手かもしれないので、若いファンのいる国にもアピールした方が良いかも。だって、エル君のいるINFINITEだって、もう5年も前から日本のファンクラブがあるみたいだし。

今までやっていなかったことを始めるのは、それなりに緊張もするし、大変だと思うけれど、俳優ユ・スンホの人気は世界各地に広がっているので、無理はせず、でも、頑張って欲しいですね。
日本のファンミも開催されるかしら??(もし、ファンミ開催されるなら、8月は個人的にすごく忙しいので、秋になってからがいいなあ。。。)

でも、でも、一番見たいのは、やっぱり韓国ドラマの中の俳優ユ・スンホです。


5/8 追記:

一番見たいのは、ドラマの中のユ・スンホと書きましたが、5/6に開催されたTalk to Uのファンミーティングのユ・スンホニムのお写真や動画など、あまりに素敵で、会いたくなっちゃった〜💕
ああん、ユ・スンホニム、ポゴシッポ〜💕💕💕

(追記終わり)




雑誌掲載のこと・・・


日本公式ファンクラブ YOO&YOU がオープンしたおかげで、雑誌掲載についても細かく知ることができるようになりました。


先日オープンしたユ・スンホ日本公式ファンクラブ Yoo & Youに載せられた情報によれば、最近の雑誌掲載状況は、、、


4月末発行 KNTVガイド(加入者に無料発送)
4/24発売 月刊スカパー
4/22発売 韓流ぴあ
5/2発売 【表紙】韓流ラブストーリー完全ガイド 気分爽快号
6/5発売 韓流旋風



メディア情報は、こちらに載せられています。

       ↘︎

発売になっているはずで、しかも表紙がキュア・カップルだっていうのが、こちら。



d0289252_04115706.jpg



私、水曜日、仕事を終わって、9時過ぎに家に向かって、歩きながらスマホでamazon検索。「一時的に品切れ中」と出た。それならば…!?「この時間にまだ開いてるかしら?」と思いつつ、向かったのが、新大久保駅近くの盛好堂さん(新大久保駅から右に進んで、大久保通りの左側にあります。駅から徒歩1分)。そして、、、。

電気ついてる、やったあ。
お店に入ると、いつもの店主のおじさんがレジのところで温和そうな笑みを浮かべていて、華々しく開店中。


昼の盛好堂さんは、こんな感じ。


d0289252_04084747.jpg

※画像、サイトよりキャプらせていただきました。→こちらより



入り口を入ったら目の前に韓流雑誌各種、最新版が並べてあって。そのすぐ右側のラックにもあれこれ。

amazonでは品切れでも、ここには何冊もあった!!

「韓流ラブストーリー完全ガイド気分爽快号」

そして、もう1冊。

「haru*hana vol.048」


かくして、4月末から購入4冊目のユ・スンホ掲載雑誌。


「韓流ラブストーリー完全ガイド」については、号数でなく、いつもものすごいサブタイトルがついているので、ちょっといかがわしいかのかと勘違いしてしまいがちですが、内容はちゃんとしている。

麗しきユ・スンホ&チェ・スビンのキュア・カップルが華々しく表紙に登場し、サブタイトルは「気分爽快号」。本当にピュアなユ・スンホニムにふさわしいお名前がついていました。
ユ・スンホニム、「ロマンチックコメディ初挑戦ですが、「ロボットじゃない」で大々的にこの雑誌韓流ラブストーリー」にもに登場ですよ。


◆ 韓流ラブストーリー完全ガイド 気分爽快号

(1,278円+税)

付録にDVDがついていますが、残念ながら、スンホ関係はオプソヨ。

巻頭特集で、5ページから14ページまでが「ユ・スンホ スペシャル」。分量としては、最近の掲載雑誌の中で一番多いかしらね。

◯表紙・・・「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」
  上にあげた写真です。

◯ユ・スンホ スペシャル001「ロボットじゃない〜君に夢中!」
  • ドラマ解説・・・5ページ
  • インタビュー・・・2ページ

◯ユ・スンホ スペシャル002「仮面の王イ・ソン」
  • ドラマ解説・・・2ページ
  • 「仮面の王イ・ソン」3/26の会見(取材会)でのインタビュー・・・1ページ



d0289252_11534686.jpg


スビンちゃんのお顔が光っちゃった。わざとじゃありません。
スビンちゃん、ミアネヨ〜!

このアジ3と向き合っている写真っていうのがYoは好きで、胸がドキドキしちゃうんだわ。


下の画像は、雑誌のものでなく、


d0289252_12050236.jpg


予告編のキャプですが、この向き合っている時の、ミンギュの想いとそれに対するアジ3の表情が、すごーく好きなんですね〜💕
ユ・スンホニム演じる、想い必死のミンギュが、なんとも言えない。そして、アジ3はミンギュの想いを理解していない、でも、なんとも言えないドキドキを引き出す雰囲気。



d0289252_05003932.jpg


インタビューでは、例のズルッとしたニットで、可愛く温かい笑顔をご披露。

お顔がね〜、このニットをお召しの時に撮ったお写真の雰囲気が好きですね〜💕
緊張が解けて、表情が柔らかくなって、だけど、男らしくてカッコイイ。



◆ haru*hana vol.048

(917円+税)

こちらは、どちらかと言えば、K-POP関係の記事の多い誌面です。



d0289252_05163255.jpg

美貌炸裂☆



d0289252_05163643.jpg

小道具のサイコロとも相性が良く・・・



以前は、私、ユ・スンホニムの深刻な眼差しが好きだったんだけど、最近の笑顔はほんとにいいですよね〜💕
こっちまで微笑みたくなる。

彼がサインと共に書いてくれたのは、
こんな感じかなあ?

로봇 아니야로 인사 할 수있어
매우 행복합니다.
많이 사랑해주세요.


(違っていたら、ご容赦!!)


こちらでの掲載は、

◯ 写真とインタビュー・・・4ページ



先月アップしたものですが、


◆ 韓流ぴあ5月号

(1080円)


d0289252_02435783.jpg


d0289252_13353542.jpg


こちらでの掲載は、

◯ 写真とインタビュー・・・4ページ

◯『仮面の王イ・ソン』会見でのインタビュー・・・2ページ
  会見インタビュー内容が細かいです。



◆ 韓国TVドラマガイドvol.076

(1200円+税)



d0289252_11172670.jpg


d0289252_11172951.jpg


このつま先をちょっとあげるのも、お得意のポーズ❣️


こちらでの掲載は、

◯ 写真とインタビュー、3ページ

◯「ロボットじゃない」、2ページ


d0289252_11333319.jpg





さて、、、

本日は、韓国で公式ファンカフェ Talk to U ファンミーティング❣️

日本からも、私の知り合いの方で参加される方がいて、先日は日本公式ファンカフェをオープンするというご挨拶動画公開されましたが、、、

Yoのブログでは、こちらに
    ↘︎





この後の初のお姿を目撃できる方、羨ましいですが、日本は、会費があるとは言え、公式のファンクラブで情報もいただけるなら、それもかなりありがたい。

まもなく始まる、韓国でのファンミーティングのことなんかは、スタッフブログでアップされるのでしょうか??
Talk to Uでも、たくさん記事がアップされるでしょうね。



今回は雑誌中心で、慌ててアップですが、やっぱり、Yoの現在の状況は「シガニ オプソヨ」。
ゴールデンウィークも、家族との遊び、オプソヨ。せめて、「一緒にカフェに」と思ったら、ナムピョンが出かけてしまった。あああ・・あ。
というわけで、書き込んでいない部分もありますが、ここで、アップして、ナムピョンを追いかけてしまおうかなあ。
と思ったら、帰ってきてしまった。
「ごめん」と言ったら、「何かまずいことしたの?」と言われた。。。
「いや、そうじゃなくて…」。
こちらが思っていることと、あちらが思っていることが、全く違うっていうことってよくある。


そんな気持ちのすれ違いも描かれた、ドラマ


「ロボットじゃない」は・・・


本当におもしろいです♪


俳優ユ・スンホの演じるキム・ミンギュ、回を重ねるごとに魅力を増し、ミンギュとジアの演じるアジ3、そして、本物のアジ3、この関係がなんだか心にずしーんと響いて、気がついたら、涙がボロボロ。
このドラマに感応しない人は、心がないんだわ。←ちょっと失礼な言い方をし過ぎ?


d0289252_12222881.jpg


d0289252_12223157.jpg


d0289252_12223578.jpg


d0289252_12225240.jpg


d0289252_12230123.jpg


d0289252_12230698.jpg


d0289252_12231049.jpg


d0289252_12232161.jpg


d0289252_12232801.jpg


d0289252_12233055.jpg


d0289252_12234122.jpg


あら、笑える部分もたくさんあったんだけど、ミンギュの切ない想いの画像ばかりになってしまいました。
(画像は、MBC放送時のキャプです)。


「ロボットじゃない」、アジ3を精神的に頼り、そばにいて欲しいと思うミンギュだけれど、ロボットのアジ3が示す愛情が、本物なのか、それとも人から教え込まれた、真似にしか過ぎないのか、と、戸惑うミンギュ。
幼い頃に人間アレルギーになって、15年間人と接触せずに過ごしてきて、この病気を治したいと願い、愛を探しているミンギュと、そんなミンギュを見つめるジア。
それを、深刻でなくラブコメという形で見せていて、何度でも、見直したくなる、疲れた時にも癒してくれる、そんなドラマだと思います。

音楽が、視聴者の心情を掻き立てるのに、適切に流れてきますが、韓国ドラマの良いものは、本当に完成度が高い。雑でない。
音楽がユ・スンホニムの演技とマッチしている。選曲が丁寧であることと共に、俳優ユ・スンホの演技が、すごーく音楽的になったってこともあるかも。余分な力が抜けて、音楽が流れるように、演技が進行し、ドラマも進行する。そんな感じ。
ますます楽しみな俳優ユ・スンホ💕


「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」、ただ今、KNTVで放送中。



ユ・スンホニムが、このドラマに自信を持っているのは、正しい!!
それだけの価値のあるドラマだと思います。
周りを固める方々も、それぞれに存在感があり、心情にも説得力があり…。



d0289252_12392865.jpg


KNTVにて
金曜夜8:50から
土曜昼12:00から(再放送)
2回分連続放送です。(韓国MBC放送での4回分)



ぜひ、ご視聴あれ❣️




by Cloudia-Yo | 2018-05-06 13:57 | ユ・スンホグラビア・雑誌 | Comments(3)

やっぱり泣ける、ロボットじゃない+仮面の王イ・ソン   

2018年 05月 02日


前のページで「犬とオオカミの時間」のことに触れたので、こちらは、ユ・スンホニムのみです。


素晴らしき、ユ・スンホニム主演「ロボットじゃない」、あれこれ韓流雑誌でも取り上げられて、こちら、




d0289252_13265905.jpg


「韓流ラブストーリー完全ガイド 気分爽快号」では表紙が「ロボットじゃない」ですって。

このドラマ、本当に深いし、俳優ユ・スンホ演じるキム・ミンギュが魅力的。
KNTVでは、現在、アジ3のお陰でミンギュの人間アレルギーが回復??



d0289252_09174214.jpg


d0289252_09174406.jpg


d0289252_09174795.jpg




d0289252_09174946.jpg


こちらのぼやけた画像は、テレビ画面撮影のもの〜w(><)w

キム・ミンギュ、可愛いし、15年間、人間アレルギーで人と接することを避けてきたため、人との付き合い方も分からず、でも、本当は「純」。
ロボットのアジ3の研究に出資してもらいたいサンタマリアチームを自分の敷地内に招き入れ、アジ3を手元に置きたいために、必死でもてなそうとする、というのがKNTVでの#6。



d0289252_13355138.jpg


d0289252_13355421.jpg


d0289252_13360627.jpg


食事中、サンタマリアチームの面々に、両親のことを聞かれ、にっこり微笑んで、「お墓の中に並んでいる」と、自分だけが生き残った経緯を話す、その普通でない答え方が、おかしく、可愛く、哀しくて、泣きながら笑ってしまった。


「仮面の王イ・ソン」は、今、愛するハン・ガウンの父が斬首される、一番重たいシーンになっていますね。



d0289252_13500090.jpg


世子が悪事を暴こうと思った揚水庁(ヤンスチョン)とその背後にいる辺首(ピョンス)会。けれど、辺首会は若い世子が太刀打ちできる相手ではなく、世子の周りの人々を死に至らしめようとする。
世子が真っ直ぐであるために招いた悲劇なのですが、俳優ユ・スンホの演技が説得力があるので、世子のことを「なんだ、バカなことを」と思うことなく、彼の若ささえも魅力的だと思えます。


「男は辛くてもじっと我慢」的なムードの漂う日本男児に対するイメージとはちょっと違う、韓国ドラマでの男の涙。特に子役の時から「泣けと言われればいつでも泣けた」という俳優ユ・スンホの涙。彼は体の中に溜めている水分が多いのではないかって思うくらい、滝のような涙。

その涙と一緒に、こちらの憂さも洗い流していただきましょう。


本当に、

俳優ユ・スンホはキャラを見事に
魅力的に作り上げます✨




本当は、もう少し、深く掘り下げた内容でアップしたいのですが、私、これからジージの現在の住まいに行って、夜は地域でお仕事。←風邪を引いているのに、老人の所に行って移したら危ないと思って、ジージの訪問はカットしました。。。

風邪は、半分治った感。連休明けに、ボランティア的にやっている仕事のことで、区の方々が取材に来るとかで、全然大丈夫って思ってたけど、段取りとか、ちょっと緊張気味のYo。それで、風邪引いたのかしら??


KNTVの「ロボットじゃない」放送、5月からは、2回分を別々に視聴予約、録画予約となるそうで、再度、セットし直さなくては。
とにかく、風邪は引いていても、俳優ユ・スンホのおかげで幸せな日々です。


유승호
감사합니다💕




新しいニュースもそろそろ欲しいけど、5月6日にTTU主催の韓国でのファンミーティングがあるので、その後かなあ?




by Cloudia-Yo | 2018-05-02 14:19 | 君主-仮面の王イ・ソン+ロボットじゃない | Comments(2)

仮面の王イ・ソン+ロボットじゃない、直前スペシャルあれこれ☆+ロアOST   

2018年 04月 13日


「仮面の王 イ・ソン」直前スペシャル❣️



天下のNHKサマのBSプレミアムに、韓国俳優ユ・スンホ登場✨



d0289252_02002279.jpg



中国の強力なユ・スンホ・ファン組織「百度〜〜」の方が、日本のNHK BSプレミアムで放送されたものを中国語字幕入りでアップされました。







https://youtu.be/J0BNSSjWbgg



ウリ・ペウニム、ユ・スンホさんが、スペシャル番組のスペシャル・ゲストですよ〜💕

韓国俳優さんの中ではさほど大きくないのに、日本のアナウンサーの方々と並ぶと、あれえ?
そうだったっけって思うくらい、デカく見えます。

鈴木あきえさん、身長は154cmだそうで、20cm高いユ・スンホニム、かっこいいなあ。



d0289252_01363336.jpg


現実と理想が、画面の中に同居みたいな。。。アハハ。


アンヨが、しっかり大地を踏みしめている感じで、立ち姿凛々しく。
もちろん小顔、背筋も綺麗、あまりにも素敵。
ウリ・ペウニムが、別の世界から舞い降りた「韓国俳優さん」に見えます。
なんか不思議。


なんだか、一段と大人になった感じ。
以前は華奢なイメージだったけど、随分変わった。。。
全身からパワーを発散している感☆


が、が、が、

予告動画、、、とっても申し訳ないんだけど、ウリ・ペウニムの声に、声優さんの声がかぶるのが、ううううう。。。。
ペウニムの声を聞かせてくれえと思って、思わずボリュームを上げてしまった私。
そうすると、声優さんの声が更にデカくなる。


ウリ・ペウニムの声は、可愛いお顔の割に低くて、丸みと深みがあるんですよね。温か〜い💕



「甘いマスクと高い演技力で、今、注目の実力派俳優です」との紹介。
そうです、そうです、ウリ・ペウニム、ユ・スンホ、お顔が可愛く、本当にめちゃイケメンだけど、あまりにも演技が上手い俳優さんなんですよ〜💕
掛け値無しの実力派✨


NHKBSプレミアムという「日なた」に現れたユ・スンホニムを、私はまるで自分のもののように、、、


「顔だけじゃないよ、本当に演技、上手いんだから。泣かせるし、凄いんだから。上手い韓国俳優さんの中でも実力が認められるくらい、演技上手くて、魅力あるんだから〜っ!!」

ムキになって言いたくなる私は、幼い子どもが自分が知ってることがあると「僕、これ知ってるんだから!」って自慢したがるみたいな感じです…。


とにかく、ウリ・スンホニムが「スペシャル・ゲスト」として、華々しく、ついに日本の国営放送に登場した。なんと表現して良いか分からない、平常心ではいられません。



d0289252_01562456.jpg


ウリ・ペウニムも、お目々がなくなるくらいの笑顔。
こんなスンホニムは初めて見た。


d0289252_02032341.jpg



仮面を「触ってもいいですか?」に、お得意の「デーデーデー(네네네〜)」。
「はい、もちろんです」というスンホニム、この言葉1つにも、優しさが溢れてるよ〜💕

「ほんとにほんとにいい子なんだから〜、分かってる?分かってないでしょ。私は知ってるよ〜。これが俳優ユ・スンホよ〜💕」って、また、幼い子どものように、「僕だけがすごーくよく知ってるもの」扱い。



d0289252_02113816.jpg


この仕草にも相手に対する気遣いと優しさがいっぱい。


あまりに小さい仮面で、驚かれた。

「自慢ではありませんが、少し小さめです」とスンホニム。ハハハ。

彼は、正直だから、日本人のように、変に謙遜したりしない。



d0289252_02145029.jpg

日本語で「どうぞ、ご覧ください」。
綺麗な発音ですよお。


ありがとう、日本語も使ってくれて。



d0289252_02270743.jpg


インタビューで答える時、動画に続いて、なんと、ここでも声優さんの声が被った。。。
声、全然違うし。。。
スンホニムの声が、聞こえない、ううう。。。
もどかしい。


「見どころは?」という質問に、「国や民を救うために、世子イ・ソンが悪と戦い、大きく成長していく姿を描いたところに、魅力がを感じました」と答えるんだけど、、、。



d0289252_03065010.jpg


「繊細で心の優しい世子が、いろいろな経験をしていくことによって、どんどん強くなっていくんです。
そして、アクションも大きな見どころです。ラブストーリーもたくさん出てきます。
ドラマの醍醐味全てが、この作品には詰まっています」



d0289252_03251684.jpg


ボードを使って、きっちりしたNHKらしい、登場人物の関係のご説明。



d0289252_03305299.jpg


スンホニム、「わかりやすい」と、拍手。

ただ、そのあとの「イソンが王の座を守っている間に」という部分、NHKサマの説明、ちょっと違うような気がしますが…。
最終的に、賎民イソンは、世子に言われたからではなく、テモクに強制的に仮面を着けさせられたのだから。



d0289252_03394132.jpg


とにかく、スンホニム、NHKサマのご説明に、笑顔100%。
こんなに嬉しそうな彼を見るのは、とっても嬉しいことであります。



d0289252_03451676.jpg


「仮面の王 イ・ソン!」



この後で、カウン役のソヒョンちゃん、ソヒョンちゃんならどっちのイ・ソン(イソン)を選ぶかという質問に、エル君のイソンを「一途な愛のイソンを選ぶ」と言っていた。
以前にKNTVの放送開始の時のインタビューでは、「世子」と言っていたのに。
世子は一途じゃない?そんなはずはなかろうって。と、「何がなんでも世子が良い」の私は、ちょっと不満。

このドラマの後に撮影した「ロボットじゃない」で、スンホニムがヒロインのチアに撮影中、本当に愛情を感じたような話をしていて、そのせいで、世子も一途じゃないと思ってしまった?とか、、変に想像してしまったりしたYoでした。(><)!!!
それとも、賢いソヒョンちゃんなので、ドラマに対する「どうなるのかしら?」の気持ちを視聴者に起こさせるために、わざと言ったのかな?



成長していく世子イ・ソンの変化を見事に演じた俳優ユ・スンホは、24歳という若手でも、たくさんの経験とたくさんの苦労と葛藤を経て、ここまで来たのですからね。このインタビューからは、幸せそうな今が感じられて、最初から、天才子役だったから、いわゆる役のつかない下積みの時代というのはないけれど、繊細で優しい世子同様、俳優ユ・スンホも本当に繊細で優しく、たくさんの困難を乗り越えて、今に至ったんですよね。



d0289252_04022682.jpg


仮面をつけて見せるスンホニム。
指がちょっと日焼けしてるな?


韓国では、ユ・スンホの「仮面をつけた演技が素晴らしい」「仮面をつけてもしっかり表現できる演技力」という賛辞もニュースになっていましたね。
それでも、一生懸命、エル君のことを「ミョンスさんは、よく演じていた」と褒めるユ・スンホニム。
人の良いところを認められるのも才能だわよね。


そして、キム・ソヒョンちゃんと見つめ合うシーンの模範演技。



d0289252_04111025.jpg

さすがのお二人、お目々キラキラで見つめ合って…


d0289252_04142327.jpg

照れるスンホニム、可愛いです。



d0289252_04365008.jpg

そして、鈴木あきえさんを相手に、真剣な眼差しに突入する俳優ユ・スンホ✨



d0289252_04410435.jpg


思わず笑ってしまい、「すみません」と謝るユ・スンホニム。
またまた、笑顔で目がなくなってる!


最後には、エル君が「スンホさんは世子そのものだった」と翔さん。
そうだろう、そうだろう。世子そのもの、そのとおり!!


NHKの予告動画・・・






https://youtu.be/9rXFCSwj5eg



「小者(私)が仮面をつけなければならない理由はなんですか?」部分、ユ・スンホニムの声だと、こんなです。(広告の後に流れます)。
     ↓









やっぱり、俳優ユ・スンホの声が聞きた〜い。。。




さて、この直前スペシャルでは、前髪を下ろしているユ・スンホニム、



d0289252_00283531.jpg

取材会の時には、この髪型だったのに?


NHKの直前スペシャルでは、前髪短くて、、、

日本で床屋に行った??
それとも別の時期に撮影した?
どっちなんでしょうね?



d0289252_12302914.jpeg


KNTVサマのインタビューの方では、取材会とほぼ同じ髪型で…。
やっぱり「仮面の王イ・ソン」の直前スペシャルは、少し前に撮った??



短期間で、髪型を変えちゃうっていうのは、前にもやってる。



d0289252_04225315.jpg


2015年9月のDMZ映画祭の広報大使になった時



d0289252_04232285.jpg



「ロボットじゃない」で共演することになるチェ・スビンちゃんと一緒に委嘱式に出席。
半月後の開幕式には、前髪を下ろして登場。
あの時は、ビックリしました。
除隊後にまだ、ドラマや映画の放送がなくて、「キム・ソンダル」撮影の終了する頃、ホールに登場したユ・スンホニムの姿を見た観客の方々はキャアキャア言っていました。



d0289252_04255750.jpg


お人形さんのような、可愛さでしたね。
この時は、時代劇映画の撮影が終わって、すっぱり切ったのだと思うけれど。

髪型で、雰囲気が激変してしまう俳優ユ・スンホ。お目々とかは可愛いけど、眉や額が男っぽい形状なので、これらが見える髪型だとイメージが変わるんだよね。ここまで変わる人も珍しい。。。



チェ・スビンさん、このDMZの時、大人しい新人俳優さんなのかしらと思ったけれど、本当は、けっこう元気いっぱいの性格の女優さんでした。
KNTVサマの方の直前スペシャルでは、チェ・スビンさんご自身が、イメージと本当の性格の違いに言及していました。


というわけで、明日4月13日(金)夜9時からは、KNTV「ロボットじゃない〜君に夢中〜」の方が、「仮面の王 イ・ソン」より先にオンエア。



それが、本日〜💕



「ロボットじゃない」の方の直前スペシャルもKNTVで放送されたので、ユ・スンホ ペンにとっては、たったの2日違いで、ユ・スンホニムのインタビューが2つも日本で見られるという、前代未聞に嬉しい状況❣️


その「ロボットじゃない」の方、韓国でのティーザーなどに日本語字幕をつけたものがほとんどだったと思うのですが、「ユ・スンホに夢中!」という新たなインタビューも放送。
こちらは再放送ありです。


「ユ・スンホに夢中!」☆
「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」の日本で付けたサブタイトル部分「君に夢中」はちょっと「ムムム?」と思う私ですが、それに引っ掛けて、インタビュー番組のタイトルを「ユ・スンホに夢中!」にしたのは、絶賛でございます。


相変わらずの百面相ユ・スンホニム。NHK BSプレミアムの直前スペシャルのお顔と、KNTVの「ユ・スンホに夢中!」インタビューのお顔が、別人に見えます。

「ユ・スンホに夢中!」の前に放送された「直前スペシャル」の方では、韓国でも放送された、インタビュー番組や予告動画などが日本語字幕付きで並べられていましたが、その中で、女性アナウンサーの方が、


「顔の天才ユ・スンホ」


と言っていて、この表現は、Yoは初めて聞きましたが、お顔の表情の変化と共に役柄になりきって別の顔を作る俳優ユ・スンホに対して、その表現、「素晴らしい」と思ってしまった。


今日が「ロボットじゃない」の初放送なんだから、こちらの方を詳しくアップするべきなのでしょうが、2つのドラマにダブルで来られて、もう嬉しすぎて、混乱して、何を書けば良いのか全く分からなくなっている状況の私。m(><)m



「ユ・スンホに夢中!」のお話の中で、すごーく印象に残ったことがありまして。
彼が、「記憶に残るシーンは?」という質問に、自分の軍服を着て撮影をしたことを答えていました。撮影が忙しく、衣装を合わせる時間もなくて、自分が着た自分の持ち物の軍服を着て撮影した。軍服を着るシーンで、自分自身のものを撮影に使ったというのは聞いていたんだけれど、「軍服が思い出の品になったことが変な気分だった」という言葉に、除隊の日に涙をボロボロ流した彼のことが思い出された。

彼にとって、言葉にはできないほど様々な思いを経験した軍隊での生活。演技ができないことに落ち込んだり焦ったりもしたその時間が、過去の思い出になり、自分は今、俳優として、軍服でさえも衣装として着ている。軍服も過去のものになりつつある、そういうことなんでしょうか?
それを思うと、兵役という試練を乗り越えて、今、俳優として輝く時期を迎えた俳優ユ・スンホの心を見たような気になりました。



さて、「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」、KNTVの予告動画です。










私が特に好きなのが、これ・・・





https://youtu.be/3PYTSvfXrn0



楽しげなムードの「007」の音楽を使った予告も・・・






https://youtu.be/9bGNGequ1to



以前にも書きましたが、これらの予告は、本編にはないシーンで、視聴者をドラマに引き込むためのイメージ動画という感じなので、こういうドラマだと思って見てしまうと、「あれれ?」ということになりますので、ご注意くださいね。



d0289252_02512412.png

「会いたい」の時も、白シャツ着て泣くハリー、この映像がちょっと好きだったんだけど、本編では出て来なかった、というか、全くないシーンでしたものね。


d0289252_02555916.jpg

(DVD予告動画からキャプったので、字幕入り)


ソヒョンちゃんの紹介で、「幅広い役柄をこなす」的な説明がありましたが、健気な女の子のトップがイ・スヨン、正統派しっかり者が「仮面の王イ・ソン」のハン・ガウン、意地悪な役が「太陽を抱く月」とか「屋根部屋のプリンス」、強さと優しさと健気さなど見せる「学校2015 Who are you?(邦題:恋するジェネレーション)」など、本当に幅広くて、的確な役作り。
ノ・ドチョル監督の「仮面の王イ・ソン」キャスティングでのキム・ソヒョン賛辞に改めて納得。


「会いたい」のこの時のキム・ソヒョンちゃん、まだ子どもで、スンホニムが19歳。美しく成長した、今のソヒョンちゃんに近い年齢でしたね。
少年の青さと演技の凄みがあった「会いたい」から5年後に、「君主 仮面の主人(邦題:仮面の王イ・ソン)」「ロボットじゃない(邦題:ロボットじゃない〜君に夢中!〜)」で、大きく飛躍して、大人の俳優の深みと凄みを見せるにいたったユ・スンホニム。

「会いたい」の時は、本当に、画面の中のユ・スンホに惹きつけられて、もう目が離せなかったけれど、今また、あの時とは別の魅力で、惹きつけて、視聴者を楽しませてくれる俳優ユ・スンホですね。


彼は、ちょっと変わってる。普通の人と感じる部分とかがちょっと違う。感性が独特。
元々は人見知りが激しくて、親しくない人と喋るのも嫌そうだったけれど、最近は、大人になって、自分から近く努力をしたり、気遣う言葉をかけたりするようになって、また、主演俳優の立場で、苦労している俳優やスタッフのために現場を和やかな雰囲気にしようとしたり、かなり頑張っている。
前回も書いたけれど、演技も人柄も「パーフェクト」とノ・ドチョル監督に言われた俳優ユ・スンホ。良い子のイメージだけれど、単なる良い子でなく、悩みを超えた人の温かさと深みもある。


俳優ユ・スンホ、世子イ・ソンと「ロボットじゃない」のキム・ミンギュ、この両極端の役柄を演じられる彼も、また、キム・ソヒョンちゃん同様、幅広い役柄をこなす力のある俳優ですよね。
毎回、きっちり違う人物を作ってくるので、本当に楽しみ。


「バラエティには出ない」方針で、人気を得ることよりも、ひたすら俳優としての力をつけていくことだけに的を絞れるのは、大手じゃない個人事務所にいるからでもありますよね。大手じゃないので、無理やり票を得ることなどしてなくて、宣伝も地味なので、頑張って応援しなくては、ね。


そう思いながらも、私、この時期、本業に加えて、事務仕事が立て込む時期で、高齢家族のこともあって、なかなかブログ更新できず…。m(_ _)m


とにかく、天国のような、「仮面の王イ・ソン」と「ロボットじゃない〜君に夢中!」の連射の時期を楽しみましょう。
この2つと、「会いたい」ハリー役の彼を見たら、俳優ユ・スンホの多面性をよく理解できるのではなかろうかと思う。
正統派ヒーロー、コミカルにして多彩な表情、屈折した悪役!
あ、あと、やっぱりヨ・ウンもですね。何度も言うけど、「ペク・ドンス」のヨ・ウン役は、やっぱり俳優ユ・スンホに、あまりにも向いていた。



d0289252_10031184.jpg


「ロボットじゃない」のキム・ミンギュは、、、


d0289252_03325594.jpg

d0289252_03351705.jpg


美貌と可愛さと眼差しと型から外れた表情が魅力。
ユ・スンホの日常の表情が見れるような部分もあって、彼の演技にはコメディならではのコミカルな誇張もあるけれど、むしろ自然でもある。


「君主(仮面の王イ・ソン)」に続いて、「ロボットじゃない」も、韓国盤のOSTを買ってしまいましたが、ブックレットに美貌がいっぱいですよ。


d0289252_14554354.jpg



d0289252_14554730.jpg



d0289252_14555204.jpg



d0289252_14555699.jpg



d0289252_14555917.jpg


ハードな曲もいくつかあるけれど、明るく楽しく、夢もキラキラ的な曲が多くて、お家にいる時や車の中でかけっぱなしにしておくのに最適、そんなOSTですね。

ユ・スンホニムも、このOSTを聞いているって言っていましたよね。



本日、金曜日、20:50より、KNTVにて、2話連続で、「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」放送です。
再放送は、土曜日の正午から。



ツンデレご主人様がロボットに恋をした!
ユ・スンホ待望のラブコメ初主演作!日本初放送!


放送日
4月13日(金)スタート
毎週(金)後8:50~11:15 ※2話連続放送
再放送日
毎週(土)正午~後2:30 ※2話連続放送



d0289252_04280751.jpg


インタビュー番組も4月6日の放送以後、以下のとおり。





4月13日(金)よりスタートする「ロボットじゃない~君に夢中!~」
主演ユ・スンホのKNTV独占インタビュー番組!


再放送日
4月22日(日)前9:30~10:00
4月30日(月)後5:45~6:15

インタビュー、再放送、7:00からもあっ他ので、3回もやるんですね💕
スバラシイ❣️


「君主」初放送の時、KNTVの「all about K」で放送したインタビューより、ユ・スンホニムがリラックスしているみたいで、更に魅力的。
髪型、このオデコが少し見えていて、ふんわりなのもかなり好きですね〜。



「仮面の王イ・ソン」は・・・





放送予定


2018年4月15日(日) 午後9時00分~10時00分
(1)[新]<全20回>
2018年4月22日(日) 午後9時00分~10時00分
(2)
2018年4月29日(日) 午後9時00分~9時58分
(3)


再放送予定


2018年4月15日(日) 午後1時30分~2時30分
主演俳優来日!「仮面の王 イ・ソン」放送直前スペシャル





「仮面の王イ・ソン」が始まるので、「ユ・スンホって?」と彼がどんな俳優さんなのかと興味を持たれて当ブログにいらしていたら、昨年12月に当ブログでアップしたページに、俳優ユ・スンホの子役時代からの出演作品などをざらっと書いております。
よろしかったら、ご覧ください。







こちら、エキサイトブログのキャンペーンに参加して、12月の「わたしの好きな〇〇」に当選させていただいたページでございます。
ブログ始めて、初のご褒美いただきました。


そして、最後に、ミンギュ様の右目。



d0289252_04504520.jpg



ドッキ〜ン💘


射抜かれるような、深い眼差し。



彼いわく、これは両親のおかげ、つまり、自分で考えて作り出したものでなく、生まれついてのものだと言っています。

ユ・スンホには、俳優として生まれ持った資質が素晴らしくあって、彼は「俳優そのもの」です。


インタビューも素敵だけれど、演技する彼は最も魅力的。



私、ブログアップ、ままならない時・・・

Cloudia-YoのTwitter(https://twitter.com/cloudia_yo)、cloudiayoのInstagram(https://www.instagram.com/cloudiayo/?hl=ja)などに画像アップしていることもあります。
instagramはクォリティは高くないです💦


最近、バタバタの状況の私、来週もちょっと大ごとの作業をしなければならなくて、仕事とバイトとドラマ視聴の間を縫って、準備ができるかなあ。
最近、老健にお引越ししたジージ、新たな住まいが予想外に気に入って馴染んでしまい、楽しそう。人の人生、最後まで何が起きるか分からない。


「予測不可能な恋」とか、「ロボットじゃない」の予告にありましたが、人生も予測不可能。
でも、ユ・スンホニムを見ながら、彼のように一生懸命、誠実に生きていたら、きっと楽しい人生を送れると思う。
明るく、今ある状況を楽しんで、ね。




by Cloudia-Yo | 2018-04-13 10:10 | 君主-仮面の王イ・ソン+ロボットじゃない | Comments(2)

仮面の王イ・ソン、ガイドブック到着♡+パーフェクトな俳優ユ・スンホ+ロボットじゃない番組表   

2018年 04月 02日

届いてしまった!!


d0289252_02102761.jpg


「韓国ドラマ・ガイド 仮面の王 イ・ソン」



本家本元のNHK出版では、3月30日発売予定だけれど、4月17日に延期になったと書かれているけれど(NHK出版のお知らせサイト)、出版差し止めの網をくぐって、このご本が我が家にやってきてくれました。
何か不備があったとのことなんですが、なんでしょーね?

ちょっと不思議だったのは、本の下の方に巻いてある赤い帯をとったら、下の部分が黒くて何も書いていないこと。

そのあたりは、その内、判明すると思いますが、まず、この本の立派さを見たら、改めて、NHKBSでこのドラマが放送されることがスゴイことなんだって気がした。
     ↓
どうやら、インタビューページの名前「ユ・スンホ」
のハングルが「김소현」になっていたということらしいです。小さいミスだけど、見逃すわけにはいかないミスですね💦(ariesさんが見つけられた模様)。

正しくは・・・

유승호


とにかく、とにかく、大々的な取り扱いの「仮面の王イ・ソン」。
ユ・スンホ主演ドラマが、このような扱われ方をするなんて、(´༎ຶོρ༎ຶོ`)



裏表紙はこんなです。



d0289252_02303144.jpg



この本を見ての印象、内容がさすがNHKサマ、各回の内容もしっかり書かれ、時代背景や、ちょっと難しいこの時代の役職や地位などについての説明もあり、ドラマの内容を理解する助けになる。教養・文化シリーズの本ということですが、なるほど、歴史を知ることもできます。
衣装についても、デザイナーのクォン・チウンさんのコメント入りでたくさん載せられて、説明もあり内容が深くて、そこでもさすがNHKだと思いました。
このドラマの売りである意味深いセリフのいくつかも載せられていて、「君主」、いや、「仮面の王イ・ソン」に興味を持った人には嬉しい情報満載の一品。

写真は髪がマット素材でないので、多少クリア度に欠けるものの(←クリアに見えないのは、もしかしたら、私の目がお疲れのせいかも?)、写真もあちこちでよく見る画像ではないものが多数。
もちろん、主演者たちのインタビューもあります。



d0289252_04190639.jpg


インタビューのお写真は、前髪が短いから、このドラマの撮影終了直後のものかしら?


とにかく、満足できる一品。
俳優ユ・スンホ主演ドラマが、このような本になるなんて🍀


頑張るユ・スンホ、除隊後、必死で走り続けて、あれこれ悩んだりして、でも、その結果、日本で唯一の国営放送NHKで、主演ドラマが華々しく放送されることになって、本当に良かった。


悪の親玉、辺首会の首長テモク役のホ・ジュノさんのインタビューのページ、2004年の「拝啓、ご両親様(原題:両親への手紙)」で自閉症の息子役を演じたユ・スンホニムのことを「今でも彼は私の息子のようなもので、愛しいです。素晴らしい俳優に育ってくれて誇らしく思っています」と語っている言葉が、改めて嬉しく感じられましたね。
KNTVでの放送を見たら、やっぱりホ・ジュノさんが素晴らしかった。こんなに実力ある俳優さんが、彼のことを「素晴らしい俳優」と認めているということが、なんだかありがたくて。←Yoは、俳優ユ・スンホの親かい?オンマ目線で。。。



麗しい、世子のお写真・・・



d0289252_03084578.jpg


なんだか、このご本を見ていたら、ますますこのドラマがNHKにふさわしい高尚な内容のドラマだという気がしてきた。
やっぱり、言葉の使い方が、韓流雑誌とは異なっていますね。「教養・文化シリーズ」の本ですから。
そして、この本をざらっと見たら、ドラマがいかに当時の状況をきちんと踏まえて書かれたドラマなのかということも分かり、作家の力にも納得。


不備があって回収ということだったらしいので、多分、4月17日に直したものが出ると思うので、変更になるかもしれない内容を書き過ぎるのも良くないだろうと思うので、ちょろっとにしておきますが、



ノ・ドチョル監督のユ・スンホ評、「ユ・スンホさんは世子のさまざまなな側面を完璧に演じきりました。撮影中、私は彼の新たな魅力を何度も発見し、優れた人柄や責任感の強さにも心底驚いています。ここまでパーフェクトな俳優は初めてです」。

ソヒョンちゃんについては、「非常に知的な方で、語ることは常に的確」、エル君は「彼を選んだのは、演技から真剣さが伝わったから」、ユン・ソヒさんは、「たくさん話し合い、ときには叱りもしましたが、見違えるほど成長して期待に応えてくれました」とのこと。


ユ・スンホはパーフェクトな俳優


そっかあ、やっぱりねえ。

この子の気迫が普通じゃなくて、それは若さでもあるのだけれど、持って生まれた資質の上にたくさんの経験が重ねられたからこそできることで、しかも兵役というくぐり抜けなければならない試練を越えてきた強さも加わって…。これまでのいろいろな苦労や精神的な葛藤も含めて、全部が今の彼を作り上げているのだと思う。「会いたい」の時に、人にはない才能を持っていると思ったけれど、除隊後の活動、彼の行き方を見ていて、Yoの中では、他の俳優さんたちと別格の扱いにする、よそ見せずにユ・スンホを見つめるという方針にしてしまったのです。
彼の才能を見事に満開に開かせてくれたノ・ドチョル監督には、感謝ですね。


それから、ソヒョンちゃんの「語ることは常に的確」にも「ふんふん、やっぱりね」。彼女の演技をあれこれ見ると、キャラの作り方が常に上手い位置にいるという気がしていたので。勘も良いし、賢いんだろうなあ、と。
エル君は、体当たり演技だったし、ユン・ソヒさんが「見違えるほど成長した」というのも納得。

監督が、俳優さんたちをどう捉えているかを読むのはおもしろいですね。


優しく、謙虚でいながら、前に進む強さと責任感も兼ね備えている、俳優ユ・スンホ。私もそんな風に生まれれば、大物になっていただろう??ハハ。



「ロボットじゃない」も始まりますが、先日届いた「ひかりTVガイド」の4月号、KNTVの番組表ページの下の方に、「ロボットじゃない」インタビューSPの宣伝が。



d0289252_04361712.jpg


ユ・スンホ、初のラブコメと、連日KNTVで予告されていますが、この内容解説欄、3つの内の1つが「ユ・スンホに夢中!」で、嬉しゅうございますよ。


番組表の方は、こんな・・・


d0289252_04543777.jpg


6日金曜日は、8:50〜10:30
13日以降金曜日は、8:50〜11:00
これがKNTVの「ロボットじゃない」放送時間ですね。

8日以降日曜日、9:00〜10:00
NHK BSプレミアムの「仮面の王イ・ソン」、初回は直前スペシャルで、15日からドラマ放送。


何回も書かないと、自分も理解できなくて、放送スケジュール、しつこく載せます。
日本でのBS放送と、「ロボットじゃない」初放送、どんな反響になるか、ドキドキです 💘



d0289252_05222959.jpg

d0289252_05255023.jpg




さて、最後に、わたくしごと、、、

昨日は、IT系のお勤めをしている息子に渡すものがあって、2人で新大久保でカフェ。キウィ&りんごジュース1杯で、2時間も喋った。それぞれの仕事のことなど。
昨秋から家族のこともあり、ずっとバタバタだったけれど、義父が退院して、どうにか落ち着いて、イベント終わり、かなり疲労がきて、夜も寝つけなかったり。土日を休みにして、やっと回復。最近、ウェストも膨らみっぱなしで、この歳でこれから先、何ができるんだろうと思ったりしたけれど、ちょいと身体を鍛えて頑張ろうかなあという気になった。

息子に縫い物を頼まれていたんだけれど、最近イベントがあって、あれこれ事務もあって、恩師のお葬式もあって、時間がなくて、31日の夜8時から、翌4月1日の朝4時まででどうにか完成。縫っている途中に、「忙しい時にごめん」と息子がメールしてきたので、「楽しくなってきた」と返したら、「お母さんは前向きだね」と息子から。
何事も、楽しいことを考えて、大変さも楽しまなきゃね。



29日、お葬式の後、神田川の方に出て、川沿いの夜桜を見て、東中野まで行ってしまった。
桜の写真、色が本当はもっと綺麗だったけれど。。。



d0289252_05085827.jpg


d0289252_05092788.jpg


d0289252_05094188.jpg


桜は、色は慎まくても満開になった時、花がいっぱいになって華やかで、また、散る時は潔い。そして、卒業や入学の季節であることから、様々な記憶と繋がっていて、心をざわめかせる。
満開の夜桜は、やっぱり妖しかった。





by Cloudia-Yo | 2018-04-02 05:33 | 君主 仮面の主人/仮面の王イ・ソン | Comments(5)

KNTVの「ロボットじゃない」予告動画多々+「君主」KNTV放送中☆   

2018年 03月 22日


年度末にして、卒業式のシーズンですが、、、


KNTVでは、「君主〜仮面の主人〜」一挙放送中‼️



d0289252_04234828.jpg


ファンミでユ・スンホニムがファンと演じた三角関係のちょっとコミカルなこの場面も放送されました。
なんと麗しいポニーテール世子💕



一方、ユ・スンホ主演最新作「ロボットじゃない〜君に夢中〜」



d0289252_10230114.jpg


新大久保駅の階段上に登場。
KNTVの番組宣伝の看板に、キム・レウォン×シン・セギョン主演の「黒騎士」並んで、大々的に宣伝中。



KNTVサマ、「ロボットじゃない」特別番組もあり。



d0289252_00050109.jpeg




4月13日(金)よりスタートする「ロボットじゃない~君に夢中!~」
主演ユ・スンホのKNTV独占インタビュー番組!

放送日
4月6日(金)後10:00~10:30
再放送日
4月7日(土)後1:15~1:45



2〜3月はいつもバタバタの生活になる私、3月15日は確定申告締め切り日だし💦
3月末には久々に本職のイベントあり、恩師の訃報もあって、指に刺さったトゲも半月間刺したままでございました。
ブログもアップしかけて、もう少し内容を確認してから、、、と思ったら、間が空いてしまって。
間が空くと、どうもトーンダウンしてしまいます。
当ブログにお立ち寄りくださる皆様への気持ちは、しばらく会っていなくて、自分のことを忘れてしまったかもしれない人に「やあ!」と元気に声をかけられないのと同じような感じ。

「ユ・スンホ、サランへ〜💕」の気持ちは変わらないんだけどね〜。



さて、現在、KNTVを毎日録画セットして、家族に「コード抜かないでね〜!」を繰り返し(インターネットのコードが外れたら、アウトだとか、とっても警戒中)、なんとしてでも、「君主」一挙放送のこの機械に全編録画するんだと、結構緊張しております。

毎日見れる一挙放送、「君主〜仮面の主人〜」、幸せ過ぎて、余計にブログ書くのを忘れてしまう。



「君主」の方は、




日本初放送!
ユ・スンホ&キム・ソヒョン&エル(キム・ミョンス)&ユン・ソヒ共演!
影の組織と戦う若き世子の愛と死闘を描く大型時代劇!

放送日
【一挙放送】3月2日(金)スタート
毎週(月~金) 後4:00~5:15




d0289252_00275063.jpg


この画像は、韓国MBCサマのサイトのもので、、、



d0289252_00290324.jpg

こちらの画像も同様にMBCサマのもの。

毎日、KNTVサマの一挙放送の最後にこの画像が現れているように思います。
嬉しくなります。「今日も『君主』だ」って。
(画像内の「40.〜〜」などの文字はなしですよ)。




しつこいですが、当ブログに立ち寄られるのが初めての方もいらっしゃるかと思うので、
   ↓
韓国MBCのサイトはこちら!


KNTV初放送の時は、必死で内容を書き取ろうとしたりしていたために、純粋に楽しむことができなくて、今回は録画できているからと、何もせずにただただ視聴するのみで。
やっぱりそうでなくっちゃ、本当の楽しさは分からないよね〜。


「ロボットじゃない」とはまた違った魅力の「君主」。
言葉が分かると、世子は本当に性格が凛々しく、頭脳も素晴らしく、ヒーローとなるにふさわしいキャラ設定。
「実は世子なのだ」という秘密も、「正体を隠す水戸黄門」みたいな魅力。


ユ・スンホニム演じる世子イ・ソンは、とにかくまっすぐな性格です。
多少の黒い部分があった方が魅力的になることが多いけれど、この世子は、ひたすら真っ直ぐです。
「亥の刻に生まれたら聖君になる、困難に陥るが、それを克服できれば、優れた王になる」、そのような生まれの世子が、予言を実現できるかという、そんな物語。
人を想い、民を想い、正義を貫こうとし、けれど、若さ故に、そのまっすぐさが災いして、彼を信じた人を死に追いやることになってしまう。自分の落ち度だと悩み、悪の組織辺首会を倒すために王宮を出て、行商人の頭領として、王という立場とは別の位置で、力をつけていく。


何と言っても、世子の魅力は、重みでしょう。王になるべく生まれた人としての重みは、ユ・スンホでなければ出せないもの。

そして、やっぱり 美貌が嬉しい😍

美しいものは見たいよね〜✨


字幕なしで見ていた時には、世子とカウンの恋に横恋慕する偽王イ・ソンに腹を立てたけれど、今はそんなことはどうでも良い。とにかく、満足。
「このドラマがNHKBSプレミアムで見られるなんて、うふふだわあ」「ウンウン、NHKに超似合う!!」と、ニマニマです。


後半、体重減で、世子のお目目が窪んできてしまって、嘉礼都監の別監という役職に就いた時の赤いお召し物、色っぽすぎるんじゃないかと思ったけれど、、、(←この赤の色合いを見ると、「遊女の赤い襦袢」を連想してしまう、私。遊女の襦袢が赤いのかは知らないんですけど)



d0289252_01142275.jpg

スンホニム、超なで肩で、、、




d0289252_01161609.jpg

超ウェスト細い。。。



あまりにも細いウェストで頑張って走る世子、、、。

スンホニムの、ファンミの時の体型を思い出してみたりして。



d0289252_01223422.jpg


そこまで、細くは見えなかったけど、やっぱり細かった。


最近のスンホニムは、赤いお召し物がテーマ??


最近やっと変わった、NAVERサイトの、ユ・スンホ画像、こちらですし。


d0289252_01295770.jpeg

NAVERサイトは、こちら


さてさて、この嘉礼都監の別監の赤い衣装になる前、
時々、後光が感じられちゃう場面があったりした。



d0289252_02454234.jpg


この場面、王宮の場面ですが、ほんとに「うわあっ」て思っちゃった。
静止画では凄さが半減してしまうけれど、
やっぱり世子のオーラがビシバシ発せられていて、世子の役をここまで凄い存在感で演じた人はいなかったのではなかろうかって思えてしまう。
気合の入れ方、ハンパない。

偽の王に会う、このシーンは、韓国語で見ていた時には何を言っているか意味が分からなくて、「???」だったけれど、スンホニム、声が良くてセリフが上手いので、字幕で見たら、とっても良い場面だと分かりました。

やはり、字幕で見たら、世子がいかに魅力的な人物に作られているか、脚本の良さも分かるし、ユ・スンホニムの演技の良さもすごーく分かります。


例の、ファンミでファンと演じた場面も放送されましたね。



d0289252_04311049.jpg


牛若丸みたいなポニーテールの世子は素敵だし💕



d0289252_04301226.jpg


日本語字幕でないときには分からなかったけど、なるほど、ユン・ソヒさん、良い演技してます。
テモク役のカリスマ演技ホ・ジュノさんと絡んでも、しっかり存在感を見せていて。



d0289252_05442055.jpg


ホ・ジュノさんは、やっぱり悪役として、見事な存在感。
でも、それにも増して、世子演技は見事。



d0289252_05350001.jpg


中盤、カウンとの仲が微妙でやきもきしますが。。。
それも一挙放送だと、すぐに違う展開が待っているので、ハハ。

ほら、この辺から、スンホニムのお目目、アイホール、くっきりになっちゃってる。



d0289252_01344374.jpg

うーん、カウンを愛する世子は、凛々しい。


スンホニム、馬に乗っている演技の時に、お馬さんが疲れて、2本足で立つ状態になって、ソヒョンちゃんと一緒に馬から落ちて怪我した時、ソヒョンちゃんを気遣って、「大丈夫です」と言ったとか。愛する人ができた時、やっぱりその人に気遣いを見せちゃうタイプかなあ?


さて、前回のページでも載せたとおり、最近のKNTVサマ、「君主」と「ロボットじゃない」の予告がダブルで流れ、「日本のテレビ画面でペウ・ユ・スンホが度々現れる、こんな日が来るなんてえええ〜!!」と、たまらない充足感。
3月中、予告動画が多々見れて、それも幸せでございます。



その「ロボットじゃない~君に夢中!~」予告動画、韓国で公開されたものに日本語字幕がつけられていますが、KNTVサマがYouTubeでもアップしておられます。


まずは、私の大好きなやつ。。。







https://youtu.be/3PYTSvfXrn0


この音楽と映像、格調高そうで好きですね〜💕







https://youtu.be/9bGNGequ1to



こちらは、格調より庶民性とコメディタッチを強調。韓国ドラマの予告編で、こんな音楽使うんかいね〜??って感じ。
が、Yoは最近知ったことだけれど、韓国ドラマの場合、放送開始前の予告編は、本編とは違うイメージ動画のようで、予告動画から本編を類推すると、ほとんどハズレます。


次は、KNTVサマ独自のナビ番組の予告編。







https://youtu.be/ujjIZNBxD0A



チェ・スビンちゃんもかなり良い演技をしていたけれど、KNTVサマは、ユ・スンホニムをクローズアップ?







https://youtu.be/X8TF4ImrugM



このスビンちゃんと一緒のスンホニムも、また、美貌ですね〜。笑顔、素敵ですね〜。
やっぱりYoは、スンホニムのふわふわの髪の毛が見える方が好きでしゅ。


「ツンデレご主人様」っていうのは、ちょっと違うような気がするけど。。。
うん、ユ・スンホの演技は「ツンデレ」というひと言では言い尽くせない。心境複雑。
「シークレットガーデン」のヒョンビンさんなら、「ツンデレ」でもいいけど?

「君に夢中!」も同様に、ちょっと違うような…。もうちょっと深いような…。



俳優ユ・スンホの、あのなんとも言えない不純物のない姿勢が、演技に対する生き方が、好きですね〜。
共感。

夫婦も長い間一緒にいると、恋する気持ちより共感が必要になっていっちゃうのかもしれないけど、Yoとしては、一時の恋心でなく、一生連れ添うメオトのように、末長く、良い時も悪い時も、あの真摯な俳優ユ・スンホを見つめていたいと思うものです。


KNTVでは(突然、「サマ」を外す)、キム・レウォンさん主演の「黒騎士」も押しているようですが、あれこれ混ざった予告動画・・・






https://youtu.be/weRMsxfK0Ig



ラブ・コメ初主演は、俳優ユ・スンホ、演技しながら、本気でアジ3やジアを愛してしまったことで、成功となりました。
彼自身も、苦手だと思った恋愛もので、そのような心境が降ってきて、このジャンルもクリアと思ったのでしょう。
やっぱり主演俳優さんの演技から恋愛を排除するのは難しいですものね。


「君主」のオーラと重さ、「ロボットじゃない」のラブラブ・モードとコメディと軽さ、ユ・スンホの魅力オン・パレードのKNTVサマですよ。
「ロボットじゃない」の魅力は、軽さの中に深い愛もあったりして。
プロが好むユ・スンホの演技。



CFモデルになっている農協カードの会社のナントカの授賞式(売り上げ競争?)に出席して、会社の方々とファイティンをしているユ・スンホニム。


d0289252_04084162.jpg


お顔の大きさは一般人の55.5%、パーツの配置が完璧で、しかも1つずつのパーツも完璧。
バックの青がスンホニムにお似合いで、一般の方々と並ぶと異世界から舞い降りた人に見えます。

左のオテテはいつもの手の甲から第2関節までがほぼ伸びていると言う独特の形。
フシギなフシギなユ・スンホニムですね。

髪を、今度はドラマが終わってもバッツン切りませんでしたね。
うん、その方がチョア。




NH農協カードのサイトはこちら


d0289252_02211010.jpg


今さらですが、こんなのも・・・
    ↓
NH農協カード ユ・スンホ感謝映像

3ヶ月前にアップされたらしい。




さて、「君主」を大喜びで見ながら、最近はタダで韓流を見ようと、gyaoやAbemaTVを視聴。
AbemaTVはこちらですが、





こちらの韓流チャンネルでやっている、「いとしのソヨン(原題:ソヨン)」、
韓国で視聴率40%超だったというのですが、出演者の演技がおもしろい。

いとしのソヨン、公式サイトはこちらから


現在、30話辺りですが、主人公のソヨンより双子の弟のサンウの恋愛に焦点が当たっていたのが、やっとソヨンの話に戻りつつある感じのストーリー展開。

仕事をしくじり借金を重ねる父。必死で双子の弟を医大に行かせるために働き、家庭教師をした家の財閥の御曹司に見初められ、「家族はいない」と言ってしまったソヨン。そのソヨンの辛さをイ・ボヨンさんが上手く演じているので、ソヨンの気持ちが納得できて、「なんだ、バカな」と思わずに見られます。


こちらは2016年のグラビア。


d0289252_03002688.png

スター写真集/イ・ボヨン写真集/秋を取り入れた秋の女神グラビア


イ・ボヨンさん、Yoは「君の声が聞こえる」が好きなので、好感を持っていましたが、2017年のSBS演技大賞での夫君チソン氏の「被告人」での大賞受賞、その時の夫を思う姿に、すっかりこの夫婦のファンになってしまいました。

人工的お直しで華々しいお顔の女優さんの多い中、シンプルなお顔立ちのイ・ボヨンさんですが、「いとしのソヨン」を見ていたら、昔、アイドルだった大場久美子さんと似ていて、「もしかして、アイドル顔?」とかも思ったりして。


そして、ヒロインの双子の弟サンウ役は、中国で絶大な人気を誇っているらしきパク・へジンさん。「星から来たあなた」で、ヒロインを想う優しい男っぷりで魅力的だなあと思ったけれど、自分を医大に入れるために必死で働いた姉ソヨンの夫の実妹を愛してしまったサンウをまた、魅力的に演じていて、なるほど、人気が出るわけだなあと納得。

お鼻が超高くて背も高く、演技と外見、ムード、全部が揃ったお方ですね。


最新のお写真・・・


d0289252_02572530.jpg


そして、善人や悪人を多々演じているチョン・ホジンさんが、ソヨンの悩みの種だった父親を演じていて、ダメな奴の部分と父の優しさを持った部分、裕福でないおじさんの役だけれど、なるほど上手い。


そして、Yoの大好きなのが、このお方。


d0289252_02075772.jpg

キム・へオクさん。
ヒロインのイ・ソヨンの姑のチャ・ジソン役。
前にも書いたことがあると思うけれど、ドラマをおもしろくしてくれるお方。品の良さと、自然なコミカル演技が魅力。
キム・ナムギル氏主演の「赤と黒」では、悪役で「キーッ」ってヒステリーを起こしたりしてましたけど、「いとしのソヨン」では、財閥の嫁で我が儘なのか思ったら、温かさも感じられる。
「ごめん愛してる」では、ヒロインのウンチェのオンマ役で、確か、韓国ドラマよく出てくる庶民向けグリグリパーマで登場しましたよね。

このパーマ、「アジュンマパーマ」というらしく、なんで、グリグリにするのかと思ったら、

子育てや家計を支えるために忙しく動きまわる女性たちが、手入れに手間がかからず経済的で長持ちするパーマスタイルを選好したといわれている。

Kpedia解説

なるほどね〜。
時間をかけてドライアーをかけなくてもすみそうですものね。


やっぱり、売れるドラマは、魅力的な人を揃えていますよね。
主要人物、皆魅力的な「いとしのソヨン(邦題)」でした。



d0289252_04053918.jpg


d0289252_04050076.jpg


d0289252_04062142.jpg


明日はこのシーンが出てくるはず。



d0289252_04103062.jpg



そして、4月に始まる「ロボットじゃない〜君に夢中〜」も…。



d0289252_04160783.jpg


d0289252_04200502.jpg


d0289252_04203696.jpg



ユ・スンホニム、5月に韓国でファンミを開くそうですが、日本はもう少し後かなあ。


とりとめのない、本ページ。
カッコつけて整えようとすると、いつまで経ってもアップできなくなるので、やはり、当ブログ、思いつきのみで、書きなぐるしかないなあと思う次第です。


人差し指の棘が抜けたので、やっとパソコンのキーボードを普通に叩けるようになりました。
それにしても3ミリの棘、指の中にどう入ってたんだろ?指先は、皮膚から骨までの距離が3ミリもないでしょ?








by Cloudia-Yo | 2018-03-22 04:36 | 君主-仮面の王イ・ソン+ロボットじゃない | Comments(2)

ロボットじゃない、終了〜愛がいっぱい♡その1〜迫力キッチン・キス   

2018年 02月 04日

1月24日(水)、「ロボットじゃない」の最終回を前にしたこの日が、当ブログの最終更新日。それから11日、私にしては珍しく、間が空いてしまいました。


最終回を視聴したのに、何も語らないってことはおもしろくなかったんじゃないかと思う?
いえいえ、そうじゃないんです。
語りたいことが多すぎて、どこから始めれば良いか分からず…、

その間、

「ロボットじゃない」動画 見まくり💕


NAVERTVでアップされている「ロボットじゃない」の部分的な動画を見まくっていました。

その時、私の脳裏に浮かんだのは、ソン・スンホン氏主演の「情愛中毒」。軍人である主人公が部下の妻に夢中になってしまって、抑えきれない想いを抱き、なりふり構わず、「情愛中毒」になってしまうという映画で、清潔感のある俳優さんであるソン・スンホン氏が自分の情愛のためにぐちゃぐちゃに落ちていくって感じだったかなあ。

同様に、私もなりふり構わず、「ロボットじゃない」のキスシーンに惹き込まれてしまったのでありました…。


d0289252_19265302.jpg


ということで、今回も ネタバレありです!!!


さて、私、このキスシーン動画から最初は5〜6枚の画像をキャプ。ところが、それが1度で終わらず、見れば見るほど、興味がふつふつ…。キャプしまくって、キスの動きの詳細を検討(!?)。だけど、これをアップしたら、「いい年して変態??」と思われるのではないかと思い、ブログの下書きに貯めているという…( ̄▽ ̄;)


はい、では、実際のキスシーンにいたる動画をご覧くださいませ♪







http://tv.naver.com/v/2602341




これが、1月24日(水)夜10時から、韓国MBCで放送されたシーンです。
この動画、NAVERTVでアップされている「ロボットじゃない」動画の中で最も再生回数が多く、放送終了後、9日目で44万件ヒット。日々件数を増加中。
このキスシーン、「ロボットじゃない」で大きな話題を呼んだ模様。


「유승호, 채수빈에 갑작스러운 박력 키스♥(ユ・スンホ、チェ・スビンに突然の迫力キス♥)」と題されたこの動画、ユ・スンホニムがチングに「泥棒だ」と言われたとかいう激しく熱烈なキスが…。初回見た時、「ユ・スンホニムが本気でチェ・スビンさんを愛してしまったんだったらどうしよう!?」と心配になるくらい、本物に見えた。韓国ドラマのキスシーン、あまりお上手でないことが多々あるけれど、「ワイルド」「本能に従った」「抑え切れない激情」(アハ)、そんな感じのビックリしてしまう出来栄え。


頑張ったユ・スンホ
めちゃくちゃ 男だあ💘



果ては、そこに必死さの悲哀さえ見出してしまえる。うーん、それが魅力だ。


そして、この動画、キスの迫力だけでなく、「ロボットじゃない」におけるキム・ミンギュの魅力も満載!


d0289252_19363150.jpg


愛するジアの膝枕でお話する、めちゃ美貌のミンギュ。


d0289252_19364652.jpg


「お腹空いた」と甘えるミンギュ。


d0289252_19414491.jpg


駄々をこねるような可愛さも、ヌナ・ペンにはたまらないでしょ?


d0289252_19414764.jpg


ジアの言葉を聞きながら、ふと真剣な目に変わるミンギュ。


d0289252_19510197.jpg


回想シーンで、ドラマの最初の頃の堅く美しいミンギュも。


d0289252_19481118.jpg


そして、愛情爆発寸前のミンギュ。
(ハートはYoの製作)


d0289252_20115000.jpg

d0289252_20115376.jpg

d0289252_20123717.jpg


この動画で遺憾無く発揮された俳優ユ・スンホのキス職人才能。
最近、ユ・スンホ・ペンの間で絶大な人気の
お手手のスジスジが野生的。
綺麗な長い指と合わせて
美しさ&男らしさの象徴。


d0289252_20150511.jpg


変態と思われたくないので、アップするキャプは抜粋にしておきますが…(!?)


d0289252_20194514.jpg

d0289252_20201605.jpg


またまた、スジスジのお手手が、「男」を主張!!!
このお手手の男らしさの件は、芸能ニュースでも取り上げられていました。


d0289252_10241789.jpg


あまりにもキスに向いているぽってりしたお口元。
(口元の魅力については、恋愛経験豊かな私のチングが言っていたことです💦)


d0289252_20221774.jpg


そして、これもファンから絶大な人気
顎から首にかけての線の
美しさと色っぽさ💕



うーん、キスはするものでなく、見るもの???


「君主 仮面の主人」の時のキスシーンもなかなかの素敵なシーンだったんだけど…。
当ブログではこちら。
    ↘︎





「君主」では、相手役のキム・ソヒョンちゃんが未成年で、共演していて同じ子役出身で「息が自然に合う」と言いながらも、本気でラブって言うのは「ソヒョンは未成年だからあり得ない」と言っていたユ・スンホニム。あまり濃厚なキスではなく、動作で色っぽさを見せていました。動作で色っぽさ=「抱きしめ方」とか「のめり込み方」とか、です。


d0289252_13211385.jpg


のめり込み方=斜め45度!!!
(「君主」21回…日本放送の11回)



今回の「ロボットじゃない」では、スビンさんが1歳年下で年も近いし、遠慮なく自由に〜??


とにかく、、、 色っぽ過ぎる💘



サバサバした性格のチェ・スビンさんは、撮影した後、暑さと照れでモニターの方に移動したユ・スンホニムに、早く続きの撮影をとせかしたとか。(←ユ・スンホニムのインタビューでの発言)


イ・ジョンソク君とパク・シネちゃんがドラマ「ピノキオ」の時のキスシーンの撮影で、そのシーンを撮られる度にすぐモニターのところに行って、どう言う風に写っているかチェックしたとか言っていて、美しく撮られるよう、すごーく頑張ったみたいだけれど、ユ・スンホのキスはちょっと違う。



本気モード🌟



このキスシーン、数日前にTwitterでも載せたんですが、こんな形容が…


「迫力」「激情」「世界で最もロマンチック」


美しくまとめるよりも、「本気」。もちろん、彼の頭の中では演技の計算をしている部分もあるのでしょうけれど、それ以上に、本番の本気度が凄い。


これを見て思い出したのが、2014年除隊直後の日本ファンミの東京公演の壁ドン。ファンとの触れ合いの場で、ファンと壁ドンを演じることになった時、壁を背にしたファンに向かって、壁ドン。
俳優ユ・スンホ、それまでのにこやかな若者から一変、一気に壁をドン、ドン!!その時、客席のファンは、「うぉーっ」と声をあげた。その瞬間、和やかムードのファンミ会場が違う世界になっていた。

彼の演技の本気の凄さに、場内騒然でした。

ユ・スンホは
集中した時のエネルギーが並外れている。


それをファンミの場で証明してしまったユ・スンホニム。


ということで、まずは、今一番話題になっている「ロボットじゃない」迫力のキスシーンについて、語らせていただいておりますが、
このシーンは、1月24日(水)放送の、最終日の1つ前、韓国放送での第29回のものです。



このシーンの前には・・


人間への不信によって傷ついたことから、人間に触れたり、そばに寄ったりすると、激しいアレルギー症状を発してしまうキム・ミンギュ。ロボット製作の事業に投資するかどうかを決めるために金融グループの大株主であるミンギュの家にテストのためにやって来たロボットアジ3は、ミンギュの心を癒す。


d0289252_14373291.jpg

ミンギュはアジ3への信頼により、ミンギュの人間アレルギーは完治したように見えた。
しかし、ミンギュの愛したロボットのアジ3は、ロボットでなくロボットのふりをした人間のジアだった。ジアも、冷たく見えたミンギュが子どもの時に両親を失くし、それから1人で生きてきたミンギュの事情を知り、ミンギュの優しさも知り、徐々にミンギュに惹かれていき、思わずキスしてしまう。


d0289252_14462118.jpg

d0289252_12580915.jpg


ミンギュの中でアジ3の存在はだんだん大きな位置を占めるようになり、ミンギュは、自分がアジ3を愛しているのだと気づく。アジ3が人間のジアだと知らないミンギュは、ロボットを愛してしまったことに悩み、一方、ミンギュが人間アレルギーだと知ったジアは、ミンギュが信頼を裏切られたと知ったら、更に激しいアレルギー症状に襲われ、死んでしまうかもしれないという恐れで、アジ3を作ったホン・ペクギュン博士の提案により、アジ3の記憶をリセットし、ミンギュとアジ3の関係を断つことになる。


d0289252_05405474.jpg


ミンギュと別れ、傷心で地方に旅立とうとしたジアだったが、ミンギュが仕事で乗った列車の中で偶然出会い、ミンギュはアジ3にそっくりのジアを追いかける。ジアに近づき、話をする内に、アジ3に対する想いとジアに対する想いが同じだと気づき、ソウルに戻る途中で、ジアの元に引き返す。
そこで、ジアに会ったミンギュは、自分がアジ3と別れる時にアジ3の首にかけた、亡き母の形見の首飾りを、ジアが着けているのを見て、ジアがアジ3だったと気づく。


d0289252_15021262.jpg


ミンギュは衝撃を受け、ジアに「僕を騙していたのか」と言う。ジアは「全て説明するから」とミンギュに駆け寄るが、ミンギュの信頼を失くしたジアがミンギュに触れようとしたとき、ミンギュは再び激しい人間アレルギーの症状を発症してしまう。



d0289252_15032274.jpg


救急車で運ばれ、治療を受けたミンギュ。ジアは回復中のミンギュのためにお弁当を作りに通い、ミンギュに冷たく扱われながらも心を込めて謝った。信頼を裏切られ、深く傷ついたミンギュだったが、ジアの想いを徐々にミンギュも分かって、2人は偶然同じ日にファンメ(黄梅)山に登る。

ここで、2人はお互いの愛情を確かめたが、ミンギュは、人間アレルギーという病気を抱えていてジアに触れることもできないからと別れを告げる。
が、ジアが強く引き止めて(?)、アレルギー症状が表れる恐れを振り切って、ジアに駆け寄り…


d0289252_12461180.jpg

d0289252_12520828.jpg


キスしちゃった…。


d0289252_12535114.jpg


愛が人間アレルギーに勝った瞬間


d0289252_12470685.jpg


d0289252_12471675.jpg

2人は満足の笑み。



ミンギュはジアにキスをしてもアレルギー症状を発することがなかった。愛による信頼で、病気を克服。

星降る山でのキスシーンで、とっても綺麗。
モコモコのフードで、ファンの切望するユ・スンホニムの美しい首筋の表出がなかったけど。


が、、撮影はかなり寒そうだったなあ。
撮影、大変だったでしょ。。。


ユ・スンホニムのインタビューによると、ミンギュの初キス、雨の日にジアが突然仕掛けたキス、そして、このファンメ(黄梅)山でのキスシーン、この2つのピュアな雰囲気のキスに視聴者の不満がいっぱいだったとか。
キスが濃厚じゃないとの不満だったのでしょうか??

それで、3回目のキスシーンが、新たに追加されることになったそうで、ユ・スンホニムのインタビューによれば、撮影当日、監督さんからメールで「キスシーンをどう撮るか考えてくれ」と言われたとのこと。普通では詰まらないからと、調理台に座って、ジアを引き寄せるというのを、ユ・スンホニム自身のアイディアによって、撮影されたそうです。

言われるままに演技していた子役俳優ユ・スンホも、今や、自分から主体的にシーンを考える大人の俳優に成長したのですね〜。


キッチン・キスの方のメーキング動画はこちら。
更に濃厚。(@@#)。。。









ユ・スンホニム、「キスはいくらでも濃厚にできる」とか、インタビューでコメントしていました。
さすがデビュー18年プロフェッショナルの俳優さん。
でも、「しばらくはラブコメはやりたくない」とかも。うんうん、そうしてください。
キスシーン抜キデOKデスヨ〜♪


ユ・スンホニムはインタビューで、このミンギュ役について、自分自身の素の部分が自然に出てくるというようなお話をしていて、本当に、この「ロボットじゃない」は、ファンが見たいと思っている「俳優ユ・スンホ自身の姿」が見られたような、そんな気になるドラマですね。


何よりも、撮影の過酷さに激しく疲労しているだろうと思ったユ・スンホニムが、記者さんたちのインタビューに応じて、


「ロボットじゃない」は良いドラマ。
視聴率には関係ない。


d0289252_13500875.jpg

※こちらは、ユ・スンホニムの所属事務所サン・エンタテインメントのお写真です。



そう言ってくれた時、私は、この5年待ち続けた「大人の俳優ユ・スンホ」が、今、堂々と自分の演技と出演したドラマに自信を持って存在していることが嬉しくて、


泣きました〜TT...TT...TT...


放送開始直後から、スタッフさん、俳優さん、視聴率を気にしないで、撮影しようということで頑張ったらしいですが、そのことに惑わされず、俳優ユ・スンホは自分の持つ様々な魅力をこのキム・ミンギュ役で見せてくれたので、私も本当に満足。


今回は、あまりに惹きつけられてしまった「キス・シーン」のことから語り始めてしまいましたが、この「ロボットじゃない」には、ユ・スンホニムを追いかけてきた5年間の1つの完成形のようなドラマだと思うので、現在、私、あれこれゴタゴタある日常なのですが、整理して少しずつ、ブログにあげたいと思います。




このドラマの韓国放送開始の時、義母が入院中で、最終回の1週間前にお別れとなりました。
そんな中で、このドラマに本当に癒されて、いっぱい泣いて、笑って、元気になりました。
心が痛い時に、このドラマがあって、そして、ユ・スンホという素敵な俳優さんの存在があって、それを応援したい気持ちがあって、本当に良かった。救われた。



ユ・スンホニム&ロボットじゃない
本当にありがとう❣️




「ロボットじゃない」、早く、日本のスカパーで放送していただきたいものです。
待っています。



というわけで、「ロボットじゃない、終了」、次回のページに続けたいと思います。
ここまで読んでくださって、ありがとうございます。


감사합니다♡






スカパー!

冬の5大テーマ祭り「韓流・華流」をもっと見る




第2回プラチナブロガーコンテスト



by Cloudia-Yo | 2018-02-04 15:21 | ロボットじゃない | Comments(4)

いよいよ明日が最終回のロボットじゃない、ユ・スンホ魅力満載☆   

2018年 01月 24日

私的にあれこれありまして、それでもありがたいことに、「ロボットじゃない」のMBCでの視聴はできて、山ほどのキャプをどうにか保存して…。
本日も27回の再放送を見てから、出かけようかと思っている状況。

明日がいよいよ最終回ですね〜。
本当に、このドラマがあって、この2ヶ月、幸せでしたあ。


どういうわけか、韓国での視聴率が振るわず、それは、ロボットのアジ3に「君にCカップの胸をプレゼントするよ」というセリフなどがあったからとかなんとかいう噂も…。
韓国では、少しでも性的な表現があるとそっぽを向かれることもある?
外国のファンは、このドラマを大喜びで見てるとかいう噂も。


とにかく、「君主」の堅いムードの愛情に比べて、今度は

柔らか〜い💕



俳優ユ・スンホ、弱冠満24歳。
日々進化していますね。



d0289252_10531671.jpg


今回は本当に可愛くて、美しくて、時々、あまりに色っぽくて、シムクン。



d0289252_10534957.jpg



ドキッ、ヤバッ!!!

なんだか、感情がどうのこうのというより、一気に心臓が「ドクン」と打ってしまった。
どうもやっぱり、私は俳優ユ・スンホに激しく反応してしまうようですね〜。
もう、これは理屈じゃない。

鳥さんが、かっこいいオスのところに惹かれて、理性なく近づいてしまう(?)のと一緒ですね。


そして、その「惹かれてしまう」を1人とか2〜3人とかでなく、あちこちの国の人たちに同じようにそのパワーを発揮してしまうのが、国際的に愛される俳優ユ・スンホなんでしょう。
何か、持ってるんだよね、彼は。


演技力があったのに、成長するに連れて、しっかり可愛く整った小さなお顔から、目鼻立ちもバッチリ美しく、また背筋も凛々しいナムジャに成長し、加えて、本人の優しさが、ふとした仕草にも表れて、女性に対する愛の表現も急上昇。




d0289252_10534111.jpg

d0289252_10534416.jpg


車の中で寝ているジアに、コーヒーを買ってきてあげちゃったりして、、、
そんなシーンも、あまりに自然に、そして、極上の優しさをまとってできるようになったユ・スンホニム。




記事抜粋ですが、「ロボットじゃない」を見ていると、このとおりです・・・



▲「ロボットじゃない」ユ・スンホ
女心奪うときめき職人の秘訣




d0289252_10514470.jpg


ユ・スンホは、少女漫画から今、飛び出したように非の打ちどころのない男神ビジュアルを元に、カリスマあふれる強烈な男性美、大型犬を連想させるキュートなモンムンミは、多情多感なスイート他人容貌までうかがえて、多様な魅力にすべての女性のロマンであり理想として急浮上している。また、ユ・スンホは、女心を奪うシムクン名場面を毎回更新して視聴者たちの心をしっかりと捕らえたと。



完璧なビジュアルと代替不可国宝級目つきで武装したユ・スンホは、劇中のキャラクター ミンギュが感じる感情をお茶の間に濾過せずに伝達しキャラクターをより立体的に描き出すと同時にドラマの完成度を高めている。このように恋愛細胞を刺激すると同時に、女性視聴者たちの代理ときめきをもたらすユ・スンホのスチール公開で連日話題を集めている「ロボットじゃない」・・・



韓国元記事はこちらから



同じ内容の記事があれこれありますが、こんなタイトルも…。
    
     ↓


▲「ロボット」ユ・スンホ、1話1ときめき
 「代替不可ロコキング」



韓国元記事はこちらから


ジアの手を握ったり頭を撫でたり、アジ3の洋服を直したり、そういう仕草も女心をとらえるとか。



ということで、本日は、ちょっと簡単に、今日・明日で「ロボットじゃない」の韓国MBC放送が終わる件を。




d0289252_11402879.jpg


d0289252_11403191.jpg


d0289252_11403486.jpg



gyaoで配信中の「武士ペク・ドンス」のためか、急激に訪問される方が増え、びっくりしているYoより、でした。





by Cloudia-Yo | 2018-01-24 11:42 | ロボットじゃない | Comments(4)