タグ:ニュース ( 119 ) タグの人気記事   

ユ・スンホ所属会社がストーリージェイカンパニーに!!+放送中の出演ドラマなど   

2019年 08月 10日

アンニョンハセヨ〜♪

東京は暑いです。シンドイ。。。

こちら、仕事のイベントが終わり、そこまで必死だったので、今、肩こり、立てば、なんとなく腰が曲がる。腿裏つりそうの疲労中。。。
そのようなわけで、8月に入って、これが1回目のブログアップです。

最近、ユ・スンホニムの韓国での話題も、9月5日に「집으로(邦題:おばあちゃんの家)」が再公開されるということくらいで、新しい作品出演のニュースなどなくて…。
と思っていたら、

え、え、え〜っ!?



d0289252_01135695.jpg



ファンミのポスターはこちらですが、、、
d0289252_10505285.png


d0289252_10525891.png


その微笑みバージョンですね〜💕
麗しい〜💕



▶︎ キム・テヒ→ユ・スンホまで...
「君主」の制作、俳優マネージメント子会社設立


ドラマ「君主」と「ツーカプス」の製作会社がキム・テヒ、ユ・スンホなどが属している俳優マネジメントの専門子会社を設立する。

9日ピープルストーリーカンパニー側は 「俳優マネジメント事業組織を別に분사(噴射?)し、ストーリージェイカンパニーという別の子会社を設立した」と公式立場を明らかにした。


一瞬、「スンホ王子がまた移籍??」と思ってドキっ。

上記、抜粋ですが、「君主(邦題:仮面の王イ・ソン)」などのドラマの製作会社であるピープルストーリーカンパニーがが、俳優マネージメントの部門にも進出して、それを専門する子会社を作り、そこに、BSカンパニーの俳優さん達も所属する形になるっていうことでしょうか?


ここに所属することになると伝えられている方々は・・・

コ・ジュン、コ・スジョン、キム・ビョンチョル、キム・ソギョン、キム・ジソク、キム・テヒ、パク・ミンジョン、パク・フン、ぺ・ユラン、ソ・イングク、アン・セホ、ワン・ジヘ、ユ・スンホ、ユ・イェビン、イ・ギョンジェ、イ・ムセン、イ・シオン、イワン、イ・ジニ、イ・ヒョンジン、チュ・ミンギョン、タエ・ウォンスク、ハン・ダミ、ホ・ジュノ…。


ピープルストーリーカンパニーにいたワン・ジヘ、ビーエス・カンパニー所属キム・テヒとユ・スンホなど、ジェイスターズエンターテイメント所属キム・ビョンチョルとホ・ジュノなどが、ストーリージェイカンパニーに団結した姿だ。


韓国元記事はこちらへ…



ピープルストーリーカンパニーは有数の作家陣と監督が布陣されているはず。製作会社は、今後メディアコンテンツ制作部門を担当して子会社ストーリージェイカンパニーを通じてグローバル総合エンターテイメントグループに飛躍するという覚悟だ。


ピープルストーリーカンパニーの代表の考えは・・・

「ストーリージェイカンパニーの発足は、急速に変化するエンターテイメント市場での緊密なコラボレーションで相互シナジーを活用して、将来の競争力を強化するための跳躍」と「名実共にメジャーエンターテイメント企業に成長するために支援を惜しまない」


要は、3つの会社が1つになったってこと?
新会社の名前は、ピープルストーリーカンパニーの「ストーリー」とジェイスターエンターテインメントの「ジェイ」が入っていて、「BS」は消えちゃったな…。出資額の問題??

作家や監督と関係の深いピープルストーリーカンパニーが、エンターテイメント市場で勝ち抜いていくためにマネージメント会社と統合されたって感じでしょうか?


「君主」にデモク役で出演していたホ・ジュノさんや、ファグンの父役だったキム・ビョンチョルさんもいる。BSカンパニー所属のキム・ソギョンさんとペ・ユランさんに加えて、またまた「君主」関係者が同じ事務所に増えるのね。
なんとなく、ホ・ジュノさんと一緒っていうのは、嬉しいな。こういう先輩俳優がいるのは、若いユ・スンホニムにとって、心強いんじゃないかと思う。ホ・ジュノさんは子役スンホのお父さんもやって、大人の俳優に成長したユ・スンホニムに対しても絶対に良い感情を持っていると思うし。と、母のように、ユ・スンホニムを取り巻く状況の変化に思いを馳せる私。


家族的な個人事務所から、歴史が浅いけれど、やる気のありそうなBSカンパニーに移籍して、今度は、統合で更に大きい会社の所属になったユ・スンホニム。
今回の韓国のファンミーティングは、BSカンパニーが開催する形だけれど、このカンパニーでの開催も今回が最後ってこと?


事務所が作家や監督と関係が深いということは、俳優さんにとって有利なのかしら?
ボツになったかと思っていたドラマ「ミス・リー」も、やっぱり製作する予定らしい。
もしもユ・スンホニムが主演するなら、あんまり、色っぽいシーン満載にしないで欲しい。ユ・スンホ・キスシーンに夢中になっていたにも関わらず、やっぱり他の部分で勝負して欲しいと願うYoでありました。



さて、最近のdandyoo93のインスタにアップされた画像・・・



この投稿をInstagramで見る

여전히 🎧

유승호さん(@dandyoo93)がシェアした投稿 -





Vincentの「Thinking About」のYouTube動画・・・









動画と言っても、ジャケットのみ画像ですが💦

昨年の「Talking About」の曲はこれ。








どちらも「T」で始まって「About」がついていたりすると、どっちがどっちだか分からなくなっちゃうYo。意味、全然違うだろうが。
語りかける方から、内面で思う方に行っちゃったって覚えていけばいいのか。



ユ・スンホニムがインスタでフォローする方々に興味津々。最近、J.Fraという女性の歌手の方もフォロー。
「韓国の歌手、音楽アーティスト、ソングライター、そしてYouTuber」とのことで、聴いてみたら、とっても聴きやすい。



★ Ed Sheeran - Shape Of You ( cover by J.Fla )








再生回数が2億を超えている動画を、とりあえず載せてみた。
声が魅力的で、適度な情緒と切なさがいい。
車の運転をしながら聴くのにも良さそう。
ユ・スンホニム、やはり深みのあるものをお好みのようと納得。好みが合うと喜ぶYo。




さて、可愛いユ・スンホニム出演

「집으로(邦題:おばあちゃんの家)」のポスター です。


d0289252_02531739.jpg


9月5日に韓国で再公開されますが、昔も今も、ユ・スンホニムの笑顔は最高💕
DVD買おうかしら。




アジドラ放送中の「ロボットじゃない」


昼間、見ようとしたのに、なんだか接続が上手くいかなかったのか見れなくて断念。(T ^ T)
夜の追っかけ放送の方は見れました。
#12です。

アジ3に似たジアを追いかけて巨済島に行くミンギュ。



d0289252_09093604.png

「ハーイ、アジ3」


そして、大好きな倉庫のシーン。


d0289252_09124433.jpg


この回のミンギュは、特に美しい。
暗闇の倉庫のシーンもキラキラ。その美は、肌の色のせい?くちびるの色のせい?赤系のライトが合うのかなあ?それとも、気持ちが高揚しているシーンだから?と、あれこれ、彼の美を際立たせている理由を考察するYo。


昨日は、「ひたすらドラマを見る」ことにして、楽しみました。


d0289252_09140523.jpg


上の方にあげたモコモコのニットファッションも可愛くてめちゃ似合うんだけど、この黒っぽいコートにパンツ、デイパックっぽいバッグを背負ったミンギュのファッション、めちゃ似合っている。
海岸の道を走るミンギュ、コートの裾を翻して走るのもかっこいい。
ん?ミンギュの走り方が軽やかで、安定して重心も良い感じ。「リメンバー」の時より、走りが滑らかで、「リメンバー」撮影終了後、運動に努めていた彼だったと思うけれど、「運動」の中には「走り」も大分入っていたのかな?

しっかり身体を鍛えて、ドリフトやエンデューロという趣味にまで発展。
さて、今、彼は何をしているんでしょうね?
ファンミの準備かな?


d0289252_09294844.png


「ロボットじゃない」のこの回のラストにアレルギーのシーンが出てきますが、彼が日本のファンミで、「新しいシナリオができた時、アレルギーのシーンがないことを願った」というくらい、特殊メイクに時間がかかって大変だったと話していました。それを知るとアレルギーの赤い線の一本一本にも愛情が湧いてくるYoでありました。


d0289252_09333884.png


赤い線を描いて撮影、また、描いて撮影?(←アレルギーが広がっているシーンを撮影するときのことです)


この「ロボットじゃない」のアジドラさんでの追っかけ放送は、
木曜・金曜の夜10時からです。8月中はまだ放送している感じかな。
追っかけでない方の放送は、金曜日が最終回でした。




GYAO!で、「プロポーズ大作戦」も配信開始。


ユ・スンホニムが高校3年、そして、卒業した頃に撮影・放送された「プロポーズ大作戦」。この頃から、ユ・スンホの美貌が輝き始めましたね。サナギが蝶になって、軽やかに飛び始める感じ。



d0289252_09544562.png


プロポーズ大作戦、2019年8月現在こちらで配信中!


美貌がもうトンドモナイ・レベルまで上昇してしまった「ボクスが帰ってきた」、日本放送はもうそろそろかなあ?
次回作などがなかなか決まらなかったのは、新事務所の立ち上げのためもあったのかしら?

後から考えれば、待っているのは数ヶ月なんだけど、会えない時は「まだ?まだ?まだあ???」と思ってしまう。先月の新大久保ランチ会で、「もっとどんどん出て欲しい(出演して欲しい)」という発言も出た。うーん、気持ち分かる。でも、間を置いて、体重増やさないと、連続出演だと、その度に7kgくらい減って、9回くらい続けて出演したら、体重が無くなっちゃうよね。
撮影時、食べるより寝たいと発言していたのは「会いたい」の頃だけど、撮影中の食事の取り方って、難しいのかもしれないなあと、最近、ちょっと理解。緊張している時、お腹の働きが微妙になってしまうってこともあるなあと思って。撮影中は運動できないから太るとかって言う俳優さんもいるけれど、俳優ユ・スンホは食べないから痩せちゃう〜。


美貌マックスのカン・ボクスさん〜💕


d0289252_09043853.png


会いにいくからね〜、スンホさ〜ん!

私、先日の仕事イベントが終わったら、バイトの方が夏休みとか親御さんの病気で帰郷とかで人手不足。いつもより日にちが増えてしまって、1日が終わってしまう。韓国ファンミに旅立つ準備、できるのかしら。。。
昨日は、盛好堂さんで、旅行用の韓国語の本とソウルの本を購入してきました。


日本ファンミのスタンド花のことで仲良しになった、フィリピン・ファンクラブのLineさん達、ユ・スンホニムのセンイルには、動物愛護に関連するイベントをするらしいです。ユ・スンホニムが動物好きだということで。その他、ユニセフに寄付もしたり、ユ・スンホニムの気持ちに沿うように一生懸命考えているみたい。

Yoは、7月末に家族の大イベントもあったので、センイルに際して、今年はあれこれ動けませんでしたが、日本のファンのみならず、韓国や海外のファンと共に、俳優ユ・スンホを応援していけたら良いなあと思っています。俳優ユ・スンホを愛する気持ちは国境を越える。

ユ・スンホニムとの衝撃の出会いから7年ですが、これからも静かに長く、俳優ユ・スンホがする仕事を見つめて、応援していきたいと思っています。あ、「静かに」というのは、「末長く」という意味です。

「静かに」だけど、韓国ファンミ行きについては、今、大騒ぎ中。頑張って行ってきます。
どうなることやら💦


彼は、どんな髪型で同情するでしょうか?


d0289252_10432998.jpg

この髪パッツンは無さそうだな。。。


배우님, 사랑해〜💕



新しい事務所ができて、分野の垣根を取り除いて、総合的にエンターテインメントを考える戦略ってことだと思うけれど、世界で愛されるK-POP同様、韓流ドラマの更なるグローバル化もある??


それでは、暑い日々、皆さまくれぐれも気をつけて、楽しい夏をお過ごしくださいね💕



更新を通知する




by Cloudia-Yo | 2019-08-10 11:18 | ユ・スンホNEWS | Comments(2)

2019年七夕の願い   

2019年 07月 07日


d0289252_12045711.png



アンニョンハセヨ〜♪

いきなり横たわるお姿の写真からの本日のページでございます。

私的にいろいろありまして、ちょっとたいへんだった6月が終わり、本日は曇り空の七夕。
ちょっと風が涼しくて、あちこちで見かけた笹の葉に願い事を書いた短冊を思い出して、気持ちもちょっと涼やかに。

こちら、先週も、LaLaTVで「ペク・ドンス」を見て、アジドラで「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」を見て、午後には「太王四神記」の子役タムドク 出演の第2〜4回を録画し、木・金曜の夜10時からは、「ロボットじゃない」を追っかけ放送で第1回から見たりもして。「勉強の神(韓国版のドラゴン桜)」DVDも視聴を始め、その他、韓流ドラマは、KNTV「春が来るのかな、春(原題)」、gyaoとかabemaTVとかで「凍える華(原題:天上の約束)」を見たりして、スンホ三昧&韓流三昧。6月もTwitterやインスタグラムには、あれこれアップしたのですが、ブログは、少し時間的に余裕がないと書けなくて、しばし間をおくこととなりました。


ブログを書かないのが半月以上、ひどくスンホ・ロス状態に陥りました。
以前のドラマは見ているのに、何か新しい情報があって、それについてじっくり語っていないと、

メンタル...激しく ⤵︎⤵︎⤵︎


ああ、ユ・スンホニム、あなたに会えないと、私は病気ですう〜。


そんな日々に、よその方のインスタでアップされた画像あり。



この投稿をInstagramで見る

#이기자

명호랑이さん(@m_horang2)がシェアした投稿 -





d0289252_11100526.png


これがペウニムかな?
今までは、ベテランの中で控えめな表情的な写り方だったのに、今回は4人の中で一番派手なポーズで、全身から「楽し〜」オーラを発散。

趣味のドリフトの車、エンデューロのバイク、この2つとは、またちょっと違うこの乗り物はなーに?
車のことをあまりよく知らないYoは、あちこち検索して、やっと煮たもの、いや、似たものを発見。



d0289252_11300049.jpg

画像は、こちらからお借りしました。


四輪バギーとのことで、上の画像をお借りした先の方の説明によれば、「ATV(All Terrain Vehicle)ー様々な地形を進むことができる原動機付きの小型車両」とのこと。
そう言えば、以前に渋谷のハチ公前で、色とりどりの派手なお洋服を着て、こんなの6台くらいで集団走行している楽しげな方々を、目撃したことがありましたね。

ファンミで車輪が好きと語った俳優ユ・スンホの趣味は、ドリフトレースの車、エンデューロのバイク、今度はこの四輪バギー。どちらかというと、高級外車の対極にある、スポーツ系の車たち。車好きのお仲間との交流が趣味の広がりに一役買っているのでしょうけれど、あっちこっちの車にチャレンジ中なのね💦

このインスタの2つ目に動画がアップされていて、超早回しで誰だか分からないけど、これはペウニムっぽい?


d0289252_11085950.png


ランニングのみを着たスンホ王子、見たことないから違うかも?
はい、違っていたとしても、誰だか分からないくらい小さくてぼやけているので、ご容赦ください。
「これがユ・スンホ」ってよそへ持ち出すことは絶対にしないでくださいね💦


うーん、趣味を楽しむユ・スンホニムも見たいけど、やっぱりお仕事関係の情報が欲しいよなあ。そんなファンの気持ちを察してか、このインスタはご本人のアップしたものでなかったです。


そこへ、またまた、別の方のインスタ。






こちらは、スタイリストとか、そちらの関係の方のインスタかな?
髪が長くなって、かなりのレッド系茶髪。ファンミでの整然としたイメージと大分違う。
このインスタの1枚目は、多分、左右反転の画像ですよね。

1枚目に一緒に写っている女性は、ヘア&メイクアップアーティストのソン・ジアンさんという方らしい。ご自身がカンパニーの代表も務めている模様。

と、そこまでを最初に分かっていれば、これはお仕事なのだと思えたのだけれど、少々取り込んだ状況にあった私、すぐに調べなかったので、最初に見た時は、まだ悶々の状態でした。

2枚目と3枚目が、このインスタの主の方と一緒に写っているのだと思いますが、「うーんうーん、何してるのお?」。知りたいよお。



そして、昨日、このページの冒頭にあげたお写真が、スンホ王子自身のインスタでアップ。
お顔が見えてないけれど、これから正式なマガジンか何かでアップされるので、さわりだけ?

画像があまりにも鮮明で、写真集を撮影された大森直さんの撮り方にちょっと似てる?



d0289252_12430081.png



ちらりと見える鼻筋と口元、顎のラインが完璧で、美貌のマネキンのよう。
よーく見たら、上のインスタ画像で着けているペンダントもしてますね〜。胸筋ちらりがヤバイ。
アンヨもすらり。
Yoはやっぱりぽっちゃりの男性より、少々すらりのお方の方が好きなんですね〜。
(先日、韓流話をしたチングは、ガッチリ型が好きだそうで、これは個人の好みで如何ともし難いですね)。

とにかく、なんだか分からないけれど、近い内にちょっと違う雰囲気のユ・スンホニムを見せてくれることになるのかな?コメントに「8월(8月)」と書いてあるので、8月に発売とか?正式に公開されるのでしょうか?楽しみ♪


dandyoo93のインスタも貼っておきます。


この投稿をInstagramで見る

8월

유승호さん(@dandyoo93)がシェアした投稿 -




そして、もう1枚、dandyoo93にアップされたのが、この画像。


d0289252_12501203.png


「7년만에 다시 시작(7年ぶりに再開始)」とコメントが書かれていて、電子ピアノですよね。

7年前と言えば、2012年。彼がピアノを弾いたのは、


d0289252_13074860.png


d0289252_13085959.png


d0289252_13092619.png


d0289252_13094926.png


「会いたい」の第17回、失意のハリーがピアノを弾くシーン。
このピアノのシーンが好きでね〜。Yoはブログで最初にプロフィール画像にしたのは、このピアノを弾いて俯いているハリー画像でした。

と、ここで彼はピアノの演奏を披露したのですが、その前にYoの見られなかった、「会いたい」撮影中の2012年12月、日本単独ファンミでは、ピアノの弾き語り。


d0289252_13142822.jpg
※ KJネット様のお写真をお借りしました。



ユ・スンホニムが今年の東京ファンミで「本格的に歌の勉強を始めます」と話し、最初のファンミで僕の歌を聞いた方と会場に尋ねて、かなりの方が手をあげたのを見て、「えーっ」と仰け反って恥ずかしがっていました。絶対に今の方が歌は上手くなっていると思うので、今、見なくても良いかと思います。ハハ。
声は震えているけれど、ピアノは上手い。情緒豊か。繊細。


動画こちら💦


「リメンバー」でお父さんと一緒に家で盛り上がって歌うシーンとかでも、このファンミの時よりはるかに声が出ていて、現在、どのドラマでも発声がすごーく安定しているので、練習すれば、絶対上手くなると、Yoは確信しております。

彼自身が「これからどんどんファンミも楽しくなるようにする」と宣言し、芸能事務所も彼の幅を広げるためにしっかりサポートしていくつもりのようなので、楽しみに待つのが良いかな、と。


夜中になんとなく、amazonプライムで、またまたインターナショナルバージョンの「会いたい」を見たら、やっぱりハリーが凄くて、特に、後半の演技は完璧。俳優としての彼の才能を見せつけた作品だと思うけれど、その後、入隊してしまい、除隊後はひたすら演技に集中。2つの映画とちょっと癒し系の「想像ネコ」の後、良い演技をすることにかけていた彼は、「リメンバー」「君主 仮面の主人(邦題:仮面の王イ・ソン)」「ロボットじゃない」「ボクスが帰ってきた」で確実に俳優として成長を遂げた。
ここからが新たなページになるのでしょうね。事務所も変わり、自分の世界を変える時期に来たのだと、改めて思います。

りぷるさんが、「Close to U」としてのお手紙に「色っぽいのも大歓迎」と書いたのが影響して、妙にあだめいたポーズの今回のインスタ画像、とか?

少々湿り気味だったYoの日常を、この2枚のインスタが快晴にしてくれました。そんな風にファンを幸せにできる俳優ユ・スンホはスゴイ。たくさんの国に、彼を見ることをそんな風に楽しみにしている人がいるんですよね。


うーん、、、

배우님 고마워요〜💕



〜 * 〜 * 〜 * 〜



さてさて、最近放送しているユ・スンホドラマのことを、もう1度。(2019年7月7日現在)

朝の6時半から、LaLaTVで、「ペク・ドンス」←テレ東で放送していた時は「剣士ペク・ドンス」、原題は「武士ペク・ドンス」ですね。

木曜と金曜の午前9時半からは、アジドラで、「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」←原題には、「君に夢中!」というサブタイトルはついていない。
同じ曜日の夜10時から、追っかけ放送も始まりました。

そして、アジドラさん13:30からは「太王四神記」もやっていて、子役タムドクを見れましたが、現在は大人タムドク のヨン様で進んでおります。



「ペク・ドンス」のヨ・ウンを久々に見たら、やっぱりヨ・ウン、キャラの魅力が凄くて、「うわあ、やっぱりウンだあ💕私が惚れたのは、この人だったあ💕」と思いました。


d0289252_14444980.jpg



d0289252_14435148.png


高校生だったのに、めちゃ大人の男の雰囲気。


そして、タムドク を見たら、


d0289252_14350829.png


切なくて、やっぱりユ・スンホはスゴイ俳優だと思い、
ミンギュを見たら、



d0289252_14351856.jpg


このドラマ、本当に癒される、やっぱりミンギュもいいわあ、と。
人混みでおどおどしているミンギュの不安、そして、喜びのシーンにも癒された。
「ロボットじゃない」を見ながら、一緒に泣いて、心が癒される。心に染みる。



韓国では秋夕(チュソク)に18年前の子役ユ・スンホ主演の映画「おばあちゃんの家(原題:家で)」を再び公開するとのこと。


d0289252_14231884.jpg

「おばあちゃんの家」のサンウも可愛く自然で魅力的。

かくして、結局、俳優ユ・スンホの演じるものはどれを見ても「やっぱりユ・スンホはいい💕」と思うのだと再確認。
キャラに憑依する彼なので、「ボクスが帰ってきた」の日本放送、本当に待ち遠しい。ボクスも本当に魅力的。


はい、Yoの七夕のお願いは、家族の健康ともう1つ・・・



d0289252_14534727.png



d0289252_14552721.png



ボクスが帰ってきた
日本放送、お待ちしておりますよ〜💕




それでは、またね〜♪
そうです、皆様の健康も心から願います〜!!


追記:
大事なことを忘れてました💦
いつもいつも願っていること、
ペウニムの健康、そして、お仕事が順調に進むこと、いつも幸せな毎日を送れること



ペウニム、幸せでいてね〜💕




by Cloudia-Yo | 2019-07-07 15:26 | ユ・スンホ | Comments(4)

VIP試写会に登場、笑顔のユ・スンホ ニム♡   

2019年 05月 11日

アンニョンハセヨ!



d0289252_16161779.png


昨日5月11日午後、「ビューティフルマインド」VIP試写会にユ・スンホ ニム登場。
8分41秒から、王子の登場シーンです。
Talk to Uより情報をいただきました。









ちょっとだけキャプった。



d0289252_16163691.png

唇に手をやった後で、


d0289252_16163906.png

ふっと溢れる微笑💕
ふっと出てくるホンモノの笑顔が最高🌟


d0289252_16183015.png


d0289252_16164760.png


d0289252_16185802.png

VIP試写会でも、カメラの前で笑顔満載。
ベテランの落ち着きもあり。
「ファイティン!」の声も力強く明るく!!



こんな動画も・・・








素敵なニュース画像も出ていて、日本ファンミについても「日本ファンミが成功裡に終了した」とネットニュースが出たようです。
ファンミ終了直後のこのVIP試写会での笑顔、彼が今、充実した気持ちでいることが分かって嬉しい。

ファンミのニュースでは、「日本ファンミでのたくさんの愛に作品で答える」という内容のコメントがありました。
私たちの愛を感じてくれたのね〜。
ヨカッタ❣️


ファンミのこともまた、アップしたいのですが、今日も仕事で💦
とりあえず、本日は、ここまでで!!



更新を通知する








by Cloudia-Yo | 2019-05-11 16:40 | ユ・スンホNEWS | Comments(6)

ユ・スンホニム、日本ファンミ関係の韓国ニュース&動画   

2019年 05月 10日

アンニョンハセヨ〜♡


スンホ・ペンが待ちに待った、大阪&東京で開催のユ・スンホFANMEETING2019。5月4日(土)と5月6日(月)、大阪と東京でユ・スンホ王子にお会いしてきた私。会場は満席で、やはり彼に注目するファンが増えていることを感じましたね〜。

「Close to U」お花企画については、スタンド花の画像を、大阪は前々回のページ、東京は前回のページに載せさせていただき、先ほど、ご参加いただいた方には収支の報告をメール送信させていただきました。「届かない」「読めない」などございましたら、お申し込みいただいたアドレスの方に、お手数ですが、その旨お知らせくださいませ。


さて、ファンミのお話の前に、最新のユ・スンホ動画をがアップされていましたので、そちらを先に。
動画、貼っておきます。


▶︎ ユ・スンホ、かわいい明るい笑顔







7日午後、俳優ユ・スンホが海外日程を終えて金浦国際空港を通じて入国している。


あーん、マスク取ってお顔見せて〜♡
キャップとマスクのスンホ像に、あのファンミでの麗しい美貌光り輝くスンホ王子の姿を一生懸命重ねて見ている私。

ファンミのお写真がないので、マスクにキャップ、拡大して見つめないと誰だか分からないような画像でも貴重。
早速キャプった!


d0289252_22061139.png

d0289252_22062382.png

d0289252_22063193.png


多分マネージャーさんと思しき方が、「そこのけそこのけ、王子が通る」と王子の前の人々をはらって、進む道を示しています。BSカンパニーに大事にされているのではないかと思われ、ちょっと安心♡

スンホ王子が、東京ファンミで、4日の大阪ファンミが終わって、5日の日には原宿に行ったけど、誰も気づかなかった。彼を見て、「ん?ん?違うよね、ん?そう?」的な反応を示していたと言っておられましたが、多分、こんな格好だった?確かにこれでは、「ん?ん?違うよね、ん?そう?」になっちゃうよね。

一昨年のファンミの時にも、確か水族館に行ったけど、誰も気づかなかったって言っていて、「え?なーぜ?お顔を洗わず、すごーくボサボサ頭で汚れて、顔も崩れていたとか?」って思ったけど、やはりキャップにマスクだったのかな?この、キャップとマスクを激愛するユ・スンホニムなら、気づかれないのも納得だわね〜。
美しいお顔を出し惜しみ。


d0289252_22064683.png


マスク、落ちそうですか?


d0289252_22065499.png


小顔だから、普通サイズのマスクではゆるゆる??
高いお鼻に必死で引っ掛けるの巻??
それとも、お鼻が痒いの巻??

マスクしてるのに、半袖黒T。周りの方々は皆さん長袖なのに。彼って暑がりなのかしら?半袖になると二の腕の筋肉が凄いんだよね。「ペク・ドンス」ヨ・ウンの頃は骨組みが細いことに加え、筋肉が全くなくて、「骨が見えそう…」な王子様でしたが、最近は運動王子でもありますね。
空港動画だとこんな風だけれど、実際にこの場に居合わせたら、やっぱり背筋美しく、スラッとして小顔で首長く、オーラを放っている王子様なのでしょうね。


d0289252_22070235.png

d0289252_22071335.png


誰かが手を振れば、ちゃんとお手手を振って返す、優しいユ・スンホ王子。
腕が、腕が、凄い筋肉〜(@_@)


d0289252_22072684.png

d0289252_22073339.png

d0289252_22075025.png

d0289252_22075992.png


マネージャーさんらしきお方も、なかなかオシャレで、お召しになっているものがお値段高そう?気合の入っているBSカンパニー?
スンホ王子は、髪がキャップで隠れちゃっていますが、ファンミの時、前髪ふんわりで素敵だったけれど、後ろ側もかなり綺麗にセットしてあって、髪の流れが完璧でした。
できれば、この動画のカメラマンさん、全身像ももう少し写していただいて、彼の美しいスタイルを見たかったわ〜。

昨年の韓国のファンミでも、会場に入る時は黒Tだったような。普段は凝らない洋服がお好みの王子様、これもお得意のアイテムかしら?


d0289252_22383698.png


一番左の向こう側にいるのがスンホ王子。ボトムスは、モノトーンで大きなチェックみたいな柄?隠れようとするには目立ちすぎるパンツ。顔隠してもパンツが目立つ王子様。

というわけで、スンホ画像を見ていたら、楽しくなってしまいました。



ここで、ファンミの時のインスタ画像に関する記事も・・・


前回のページで載せた、このdandyoo93のインスタグラムのお写真💕
やっぱり、お顔が見たいので、もう一度載せます。


d0289252_02351168.png


これについての韓国のネット記事がいくつか出ていました。そのタイトルとコメント抜粋。


▶︎ ユ・スンホ、東京ファンミーティング開催「10分前、すぐに会いましょう」

俳優ユ・スンホが日本ファンミーティング開催する。
ユ・スンホ5月6日の個人インスタグラム東京ファンミーティング控えて撮影した写真の一枚掲載した。
写真の中のユ・スンホは、ファンミーティング控室でスーツ着てポーズ取っている。
ユ・スンホは、写真と一緒に10。すぐに会いましょう付け加え、すぐに開始されたファンミーティング発表した
一方、ユ・スンホ、5月4日大阪、6日、東京ファンミーティング進行する。


この辺りは、普通なんですけど、、、



ユ・スンホがハンサムなビジュアルを誇った。
公開された写真の中のユ・スンホは、白ワイシャツに灰色のスーツを着て横を見ている。ユ・スンホは、完璧なスーツ・フィットで女心を狙撃した。それだけでなく、ユ・スンホは、洗練された鼻筋が引き立つ、はっきりした目鼻立ちのハンサムビジュアルでファンの感心をかもし出した。



公開された写真の中で、ユ・スンホは完ぺきなスーツ・フィットを披露して、横を眺めている。 特に洗練された鼻筋が引き立って見える、はっきりした耳目口鼻が見る人々の感心をかもし出す。
写真に接したインターネットユーザーは「本当にハンサムだった」「あのように生きればどんな気持ちであろうか?"」「ユ・スンホ最高だ」等の反応を見せた。


▶︎ ユ・スンホ、日本ファンミーティング直前控室認証ショット「輝く」

ユ・スンホは5月6日の個人インスタグラムに東京ファンミーティングを控えて撮影した写真の一枚を掲載した。
写真の中のユ・スンホは、ファンミーティング控室でスーツを着てポーズを取っている。← ← ←よく韓国の記事に出てくる表現ですが、これもポーズを取ってるので正解なのかな?



公開された写真の中、ユ・スンホはどこかを眺めて壁をついて立っている。 グレースーツを着たユ・スンホはすっきりしていながらも完ぺきなスーツ・フィットを誇っていて、視線をひきつける。


▶︎ ユ・スンホ、日本のファンをひきつけた温かいスーツ・フィット... 「さらにハンサムだね」


日本の芸能ニュースをあまり見ないのだけれど、韓国の俳優さんなどの美貌に対する賛辞、いつもおもしろいなあと思いますね〜。
화보 같은 비주얼(グラビアのようなビジュアル)・잘생김(ハンサム、イケメン)・여심저격(女心狙撃)、심쿵(シムクン-心どしんと)、훈훈(温かい)…など。

この辺の言葉は、いつもスンホ王子の形容に使われるけど、彼の美しさが見ている人の心にどう響くかっていう表現も多いような気がする。その辺りが、おもしろい。「훈훈」は「温かい雰囲気の、いい男」っていう感じらしくて、韓国俳優さんにはけっこうそういうタイプの人がいる。韓国ドラマにもその温かみが出ていて、その辺が韓国ドラマ好きな理由でもあるんですね。

最近、整えることが得意な日本人だけれど、心から発散されるエネルギーみたいなものを、もっと重視してもいいんじゃないかなって、ちょっと思ったりする。


さて、本当はこのページ、ファンミについても書いていたんですが、ニュース記事を載せたくなって、一緒にすると、また、後でどこに書いたか分からなくなっちゃうので、ファンミのこととは分けて、先にアップします。



おまけ・・・


ユチョンさんの事件があって、「会いたい」がもう放送されなくなるかもってチングが言っていたので、ちょっとamazonプライムの無料配信動画の「会いたい」がどうなっているかと思って、行ってみました。そうしたら、こちらのインターナショナルバージョンの動画はちゃんと見れました。そこで、Yoの大好きな第18回(放送では第17囘だった)をチョロッとまた見てしまった。

素性を隠してハン・ジョンウの家族に近づいたハリーが、ハン・ジョンウの継母ファン・ミランに「カン・ヒョンジュン」って言われる、このシーン…


d0289252_00264267.png


d0289252_00264802.png


d0289252_00265128.png


このハリー=カン・ヒョンジュンのいじけた目つきがめちゃくちゃ魅力的で。
爆発の前にメラメラしている感じ。目つきがスゴイ。
やっぱりハリーは、人物設定が抜群におもしろいよな〜。ドラマはハラタツけど。
ファンミで会った、あのスンホ王子が演じたのかと思うと、「やっぱりこの子は凄い」と思わざるを得ない。だって、ハリーは、生の王子とあまりにも違うんですもの。役柄を自分の中から引き出すタイプの俳優さんもいるけれど、スンホ王子は、別のものに憑依するタイプよね。

ファンミで、スンホ王子に演じてもらいたい役柄はという、王子からの質問に「サイコパス!」という声がかかっていましたが、可哀想過ぎない「悪役っぽいキャラ」もやってもらいたいなあ。


それでは、また!



更新を通知する







by Cloudia-Yo | 2019-05-10 06:51 | ユ・スンホNEWS | Comments(0)

ユ・スンホ、子役からよく育った俳優、やっぱり1位☆の記事+LaLaTVペク・ドンス+Close to U ファンミにお花を贈る企画   

2019年 03月 27日

アンニョン!

「ユ・スンホ FAN MEETING 2019」大阪公演まで、38日。一昨日は、チケットぴあ、ローソンチケットでのチケット先行抽選も受付開始されました。

チケット受付情報はこちらのページで


BSフジの「ロボットじゃない」の放送終了。世子イ・ソンと真逆の可愛いキャラ、キム・ミンギュに魅せられた方も多いのでは?



d0289252_06302012.jpg

d0289252_06302966.jpg

d0289252_06303295.jpg



上の画像は、MBC放送時にキャプったミンギュなのですが、ミンギュ特有のちょっと拗ねたような表情とか、変わった表情が多い…。


彼はベテランだけれど、まだ若いので、演技の成長という面では、成長期にある若者。兵役を終えてしまったので、30歳前後の時期もお休みすることなく演技を続けられるので、一般人と同じ時期に兵役に就くという彼の選択は、今となっては本当に良い選択だったと思えます。兵役で演技お休み中、待っているのは本当に長くて心配だったけど。

現在のかれは、兵役ではなくても1年近くお休みする時があって、「ボクスが帰ってきた」を終えた今、また、しばらくお休みかなあ?撮影中に痩せてしまう彼なので、お休みの間に体重を増やさないと、骨だけになっちゃいますよね。今の内に身体にお肉を身につけてください。

そんな時だから、日本に来てくれて、お顔が見れるのはとってもありがたく、嬉しいことですね。



前回のファンミでは、日本人好みのふんわりヘアで登場してくれました。



d0289252_07031730.jpeg

d0289252_07061456.png


むしろ後ろのスクリーンに写っている彼の方が、彼の素敵さを表してるかな。本当に会場に立っている(座っている)彼は、スラーッとして、キラキラの粉が彼の身を包んでいて、光を発しているような感じ。その尋常でない彼の周囲、30cm以内に近づいたら、こちらもキラキラ&フワフワになって、浮き上がりそう。

さて、Yoはユ・スンホニムに何回手を握っていいただいたかというと、2014年に2回、2016年に1回、2017年に2回+1回で、合計6回かなあ。それぞれファンミでなんですけど、2017年は最前列だった時には、客席から舞台に上がる彼に、席から立ち上がって、1回余分に握手していただきました。

今回は所属会社がBSカンパニーなので、今頃ファンミについて綿密な相談をしているかもしれない??と、あれこれ妄想が駆け巡るYoでありました。




さて、ニュースです。


最近、ヨ・ジングくんもヒット作に主演したりしていて、キム・ユジョンちゃん、キム・ソヒョンちゃんなど子役出身俳優さんの活躍ぶりが目立ちますが、子役出身俳優と言えば、


やっぱりユ・スンホ☆




こんな記事が出ていました。


▶︎ ユ・スンホ、「世の中 良く育った子役俳優★」1位登板…
キム・ユジョン-ヨ・ジング後に続いて



d0289252_05290372.jpg



俳優ユ・スンホがネチズンが選んだ「世の中良く育った子役俳優」1位に上がった。

最近コミュニティ ポータルサイト ディーシーインサイドと好み検索企業マイセルロプスが運営中である「エキサイティング ディッシュ」側は「世の中で良く育った子役俳優スターは?」のランキング順位を公開した。

該当投票は去る17日から23日まで進行された。
ユ・スンホは32.3%の得票率を受けてランキング1位にのぼった。

(中略)

ユ・スンホの投票での魅力順位は「信じてみる」「輝いている」「可愛い」等で知られている。
ユ・スンホは2000年MBCドラマ「カシコギ」で初めてのデビューした。
以後映画「家で(邦題:おばあちゃんの家」)、「マウミ」等の子役で登場して演技力を誇った。
また、ドラマ「魔法戦死ミルガオン」、「エイリアン先生」、「王と私」、「太王四神記」、「善徳女王」等、有名作に出演することも。
一方ユ・スンホは21才(Yoの注:韓国の数え年でです)という若い年齢で軍入隊して新兵教育隊助教として軍生活をした。
今年年齢27才(
Yoの注:韓国の数え年でです)である彼は「ロボットじゃない」、「ボクスが帰ってきた」等に出演して持って生まれた演技を継続している。


韓国元記事はこちらから

投票内容のグラフなどにあるのは、こんな感じ

ユ・スンホ、魅力の順位は・・・

빚나는(輝く)・・41%
믿고보는(信じて見る)・・39%
얼짱(イケメン)・・12%
쯧쯧하다・・4%
귀여운(かわいい)・・3%
미워할수없는(憎めない)・・1%


全体投票結果では・・・

ユ・スンホニムは、
믿고보는(信じて見る)、빚나는(輝く)、얼짱(イケメン)、쯧쯧하다で1位。귀여운(かわいい)とか、미워할수없는(憎めない)は、ヨ・ジング君やキム・ユジョンちゃんに1位を譲っています。


ちなみに、折れ線グラフは、毎日の投票数の推移ですね。


華々しく活躍する子役出身の俳優さん達の中で、年齢的にもお兄さんのユ・スンホニム、かわいいけれど、可愛さより既に俳優としての輝きや確かな演技でドラマをおもしろくしてくれる、そんな存在になっているってことかな。


今、キム・ユジョン、ヨ・ジング、イ・セヨン、キム・ソヒョンといった子役出身俳優さん、大人の俳優さんとしてドラマの主役などを演じて、魅力を発揮していますが、その先頭を切って走っているのが俳優ユ・スンホと言えますね。



「仮面の王イ・ソン(原題:君主 仮面の主人)」と「ロボットじゃない」に続き、「ボクスが帰ってきた」でまたまた魅力的なキャラカン・ボクスを生み出しています。ボクス、一段と美貌も光り輝いていて、魅力が、なんというか、人としての膨らみかなあ?ドリフト(カーレース)など趣味にかける時間ができて、新たな交友も生まれたりして、そういうことから人としての厚み・おもしろさが出たのかも。肩の力を抜いて自然に演技しても、しっかり輝ける、それが俳優ユ・スンホ。そして、やっぱり泣かせる俳優ユ・スンホ。演じるキャラの感情に視聴者の感情をシンクロさせてしまう、そんな演技のできる人ですね。

一般的に、10代などの大人になりかけの時期は、ひたすら真っ直ぐであることが魅力で、その時期はそれだけで光り輝くことができるけれど、それを過ぎたら、勢いでなく、深みとメリハリに変わっていく。それが、青い魅力の時とは違う、大人の俳優の魅力で、彼は順調にその大人の俳優の魅力も身につけてきているということでしょう。






さて、その青さのある時期のユ・スンホ最高のキャラ、ヨ・ウン、いよいよ、LaLaTV「ペク・ドンス」でユ・スンホのヨ・ウンが登場しました。



d0289252_14571456.jpg


テレビ画面を撮ったら、まるでルノアールの絵画のような画質!



d0289252_14581331.jpg

d0289252_14580996.jpg

d0289252_16581753.jpg


アンヨのクロスが可愛い。


d0289252_14581882.jpg


ヨ・ウン子役のパク・コンテくんから成長したヨ・ウンのユ・スンホニムに変わる部分、韓国ドラマによくある子役の時と同じ場所にその人物がいて、同じことをしていて、数年後のその人に変わる、というパターンを踏襲していますが…、


うぉう〜!
ヨ・ウンだあ♡


と嬉しくなるシーン。


d0289252_15422361.jpg



d0289252_15400802.jpg


顎のラインも美しくて💕
たまには、ちょっと絵画調のヨ・ウンも良いでしょ??

子役パク・コンテくんのヨ・ウンの時から、フクサチョロンから潜入させられたスパイなのに、天(チョン)に殺されそうになるドンスの前に立ちはだかって、助けに入ってしまう、そんなウンってやっぱり魅力的。「本心か」と天(チョン)に聞かれたり、ウンという人物の描き方、作家さんも素敵に作ってくださっていると思った。
ここから成長していって、ドンスとの友情の前に悩むウンを堪能したいと思います。


LaLaTVで平日朝9時半から、放送中です。






さて、最後にこのぺージでも

重大なお知らせです!


Close to U
ユ・スンホさんのファンミに
お花を贈る企画2019
申し込み受付中


ユ・スンホさんの大阪・東京ファンミーティングに、ファンからの愛を込めて、スタンド花を贈りましょうという企画、今回も「ひまわり畑より」ブログのりぷるさんと一緒に進めております。





りぷるさんのブログでは・・・






この企画、2014年の除隊直後のファンミの時に、ブログで「ユ・スンホくんが素敵」と言いまくっている私たちだから、ファンミの時もその気持ちを表すべきでしょという想いでスタート。ファンミ会場にドデーンとスタンド花が存在していると会場も華やぐし、彼も「日本のファンが応援してくれている」と感じて喜んでくれている様子。やっぱりこの企画は正解。先日もりぷるさんと、「私達って一途よね」と話していました。


日本に来てくれて嬉しいという気持ちは、形で表さないとなかなか伝わりません。
秘めたる想いも素敵だけど、時には、「愛してるよ〜♡」と言わなくては、「俳優ユ・スンホ、素敵だ」と思っていることが伝わりません。
1人1人の想いを集めて、会場に大きな花を咲かせようという、「Close to U」のこの企画、多くの皆様のご参加をお待ちしております!



ファンミのチケット申し込みについては・・・


このページの1番上の方にリンクを貼りましたので、チケットを購入したい方は、そちらへ。


今回のファンミは、ゴールデンウィークで行かれないという方も多々いらっしゃるよう。いつも突然決まる「ユ・スンホ ファンミーティング」で「行きたかったのに」と、泣きたい気持ちになった方、しっかり彼のお顔を見てまいります。

最新作の「ボクスが帰ってきた」、そろそろ放送始まるのかなあ?
NHKの海外ドラマ、日曜の11時からは、現在放送中の「オクニョ」のあとは、韓国ドラマでなく「女王ヴィクトリア2 愛に生きる」になるみたい。「仮面の王イ・ソン」でなくて残念。。。


現在、私、3月21日にイベントを終えて、疲労の真っ最中。身体がジンジンしてます。次のイベントが31日にあって、「疲れた〜」なんて言っている暇はない。。。うーん、ファンミで、ユ・スンホニムの美しいお顔を眺める日を楽しみに頑張るぞ〜!!

苦しい時に元気にしてくれる

ビタミン・スンホ♡
いつも ありがとう!



更新を通知する





by Cloudia-Yo | 2019-03-27 17:20 | ユ・スンホNEWS | Comments(4)

ユ・スンホニム、グラビア撮影のため、ロサンゼルスへ〜空港ファッションとDAZED KOREA撮影の雰囲気   

2019年 02月 14日

立春を過ぎ、日差しは少しだけ春。
皆様、お元気?


ユ・スンホニムは、2月10日午後、まだまだ寒いと思われる韓国の仁川空港からアメリカのロサンゼルスに向けて出国。


d0289252_00544053.jpg


髪もふわっと、カッコイイお姿で登場。

2月4日に韓国での放送終了した主演ドラマ「ボクスが帰ってきた」は話題性抜群で、俳優としての彼がまた成長したとの評判で演技は称賛され、新しい事務所BSカンパニーとも契約し、落ち着いたのか、終始笑顔がいっぱい。


本日、バレンタインデーの2月14日、BSカンパニーをNAVER検索したら、やっとユ・スンホニムのお顔が、他の所属俳優さんと一緒に並んでいました。


所属事務所スター芸能人情報
BSカンパニー10人


d0289252_07161718.png


ユ・スンホニムは、ソ・イングクさんとイ・シオンさんの間に入り込みましたね。どういう順番なんでしょ?ソ・イングクさんは主演俳優として、人気・実力併せ持った方だし、イ・シオンさんも最近活躍中で華々しい。なので、その二人の間に挟んで、華々しさをアップの作戦??確かにソ・イングク〜ユ・スンホと来ると、看板が揃った感はあるのかも。


ユ・スンホニムのインスタグラムのフォロワーは、2月14日現在、56万2千人で、ちょっとの間に5万人増。まだ増えていて、ユ・スンホニムもアップのし甲斐があるでしょう。
たくさんのファンが彼へのハートマークをたくさん送っていて、彼の活動を楽しみにして応援もしていて、きっとそれは、ユ・スンホニムにとっても励みになっているでしょうね。
何しろ、インスタにコメントしても、自分が載せたコメントを探すのも困難、いや、無理なくらい、コメント数が多い。


d0289252_07313818.png


2月14日7時現在、コメントが一番多いのがこの画像で、7010コメント。これはボクスの衣装でしたよね。「ボクス」の終了直前の1月30日にアップされた画像で、自撮りで左右逆転の模様。ユ・スンホニムのお顔って、左右逆転だと、緩やかに見える??
7010のコメントも多国籍で、言葉を使わずハートマークを多種並べている方もいらして、ハートマークを山ほど並べて、ユ・スンホニムへのたくさんの愛を表現すると共に、彼のお目目にとまりたいと思っている、そんなファンもいるみたい。


さてさて、この仁川空港での空港ファッションが素敵だという画像付きのニュースがいっぱい出ておりますが、このジャンパーはLafuma Koreaのものらしく、ユ・スンホニム、新たに広告モデルになったのかしら?

Lafuma KoreaさんのFacebook

유승호의 화보 같은 공항패션, 라푸마의 스타일리시한 컬러블록 점퍼와 함께!
ユ・スンホ写真集のような空港ファッション、ラフマスタイリッシュなカラーブロックジャンパー


上のようなコメントが載せられていましたが、このページの一番上の画像と共に、LafumaさんのFacebookの画像をお借りしました。



d0289252_00544473.jpg


d0289252_00544733.jpg

男性モデル的なお写真も。
後ろのハサミのようなものはナーニ??


新事務所に変わって事務所から「ユ・スンホがロサンゼルスに行きます」って連絡が行っていたのか、写真付きのニュースがいっぱい、動画もいっぱい。
ドラマや映画の撮影のない時に「どこにいるのか、何をしてるのか、生きているのか???(ハハハ、そこまで心配する)」と不安に襲われる心配が無くなった、ね。



유승호 출국, '별빛이 내리는 웃음' (현장)
ユ・スンホ出国星が降る笑い現場





https://tv.naver.com/v/5323718



유승호 '심장 두드리는 훈남'

ユ・スンホ心臓叩くフンナム(温かい男)」








[NEWSEN] 유승호(YooSeungho),

복수의 해맑은 미소 '화보 촬영 잘 다녀올게요' [뉴스엔TV]

@IncheonAirport_190210

  [NEWSEN]ユ・スンホYooSeungho
ボクス明るい笑顔グラビア撮影行ってきますね[ニュースエンTV]
 @仁川空港_190210




https://youtu.be/EsXXczGbFJM




[POP영상]유승호 '매력 폭발했던 출국 현장'
[POP映像]ユ・スンホ「魅力爆発した出国現場」

※スライドショー動画付き記事のリンクです。





[S영상] 유승호 LA 출국길,
 '미소천사가 공항에 나타났네' (공항패션)
  [S映像]ユ・スンホLA出国道、
  「笑顔天使が空港に現れたよ」(空港ファッション)


※動画リンクです。



ユ・スンホニムが登場すると、星が降っちゃって、心臓を叩いちゃって、魅力は爆発、天使だし、、、マネキンのようなビジュアルなんて言うタイトルの記事もありました。相変わらずの凄い形容だけど、俳優ユ・スンホへの形容、断じて行き過ぎではありません。確かに、完璧な美貌なので。真実よ。
韓国の芸能ニュースの記者の方々、いつも素晴らしいタイトルをありがとう!



たくさん、写真のあるサイト(リンク)・・・






以下、Yoが、何となく、動画をキャプった画像・・・


d0289252_23425166.png



d0289252_23430324.png


d0289252_23431023.png

d0289252_23431558.png





d0289252_23433055.png


d0289252_23433560.png


d0289252_23434216.png

d0289252_23434823.png

d0289252_23435412.png


d0289252_23440151.png

d0289252_23441022.png


d0289252_23442073.png


d0289252_23442867.png


d0289252_23443464.png

d0289252_23444150.png


d0289252_23444919.png


d0289252_23451062.png


d0289252_23451602.png


d0289252_23452536.png


d0289252_23453153.png


カッコイイ空港ファッションで、一段と美貌輝くユ・スンホニム。カメラに向かって手を振ったりハートマークを作ったりするのも素敵だけど、ふとうつむいたりする、そんなのを見れるのは、嬉しい。

とにかく楽しそうで、笑顔満載。ナイーブな少年期を通り過ぎて、これまで、芸能人としての自分と日常の自分とを分けて、日常は隠したいと思っていたらしき彼が、人と関わることを望むようになって。それが、演技でも肩の力が抜けて、そのためにより多くの表現をすることに繋がったのかも?

「ボクス〜」で共演した、キム・ドンヨンさんが、ユ・スンホニムとの共演のことをインタビューで語っていましたが、「セリフを与えれば、スンホがとても確かに受け取ってくれる。 リアクションも最高」「セリフだと思えないほど言葉がドンドン合う」とのことで、「ボクス〜」で、ユ・スンホの共演者とのケミが抜群との記事も出ていましたが、彼自身も、相手の方との間に生まれる自然なセリフのやり取りが楽しかったのではないかしら?

「ボクス〜」主演の他の4人はそれぞれに所感記事が出ていましたが、ユ・スンホニムは事務所移籍があって、まだインタビュー記事は出ていませんね。「DAZED」には、インタビューは載るのかどうか。もし、なかったとしても、きっと、BSカンパニーさんがそんな機会を設定してくださるでしょう。



ロサンゼルス到着時の動画も・・・





これは、ファンが撮ったみたいですね。サインまでしてもらったようで、ずるーい、うらやましい〜。



ロサンゼルスの空港ファッションは



d0289252_02385174.png


韓国より温かいから、ジャンパーを脱いで、代わりにキャップとマスクを身につけたユ・スンホニムでした❣️



d0289252_08110459.png


キャップと白マスクもお得意のアイテム。
今でもマスクをするのは風邪を引きたくないから、と言うのもあるかな?お仕事の時、病気はできないものね。 Yoの知り合いの子役ちゃんも、いつもマスクしてますが。

ブラックでまとめたロサンゼルス到着のファッションですが、お召しになっているフード付きTシャツ(?)は、NIKEで、おそらく、ファンカフェTalk to U(TTU)がファンからの気持ちを集めて、「ボクスが帰ってきた」の打ち上げに際してプレゼントしたものだと思われます。ファンの気持ちを大切に受け取るユ・スンホニム。

うーん、ブラックがお似合い。ファンの方も、ラフなスタイルの方を好むと分かって、楽に着られるお洋服をプレゼントしたんですね。ラフで、おしゃれな雰囲気のあるものをプレゼントするとファンも楽しめますね〜。



d0289252_02452396.png


たくさんのお荷物を自分で運ぶ、働き者のユ・スンホニム。
何が入ってるのかな?衣装??




さて、ロサンゼルスに到着したユ・スンホニムが、インスタグラムにアップした画像は、最初にチーズバーガーで、2回目もチーズバーガー。



d0289252_08120084.png


d0289252_11155188.png


ユ・スンホニムのコメントは「私の愛 ハンバーガー」「私の愛 ハンバーガー2」

ハンバーガー、やっぱり好きなのね〜。
ああん、なんだか、チーズバーガーが食べたくなっちゃった。パクッ!


彼のインスタは、ただ自分のカッコイイ画像を見せるだけでなく、彼なりの考えが見える写真とコメントなのでおもしろい。2012 年、撮影された自分の写真の中で「好みのものは?」と聞かれ、「世の中を風刺してる感じで、気に入った」とコメントして、変わった言い方をする子だなあと思ったけれど、ちょっとの間に、彼なりのスタイルを確立した感のあるユ・スンホニムのインスタです。


インスタ「dandyoo93」は、こちらから

    ↘︎





ロサンゼルスでの撮影は「DAZED KOREA 3月号」のグラビアだということですが、2月号表紙はブラックピンクのリサだったようです。


d0289252_09224501.png

d0289252_09224839.png


表紙がAタイプとBタイプがあるみたいで、欲しい人は両方買えってことかしら???
実はブラックピンクのリサちゃん、私、好みです。この方もTwiceに日本人のサナちゃん達が入っているのと同じく、タイから引っ張ってこられて、練習を重ねてブラックピンクとしてデビューした方だけれど、ダンス覚えがめちゃくちゃ良いそうで、タイでは、子どもの時からずっと踊っていたみたい。キャリアもあるから安定感も抜群。
ブラックピンク、衣装を着て踊っている時はさほど思わないけど、めっちゃ細くて、「人間か?」って思うくらい。やはり常人とは違う。。。


さて、「DAZED」、以前に、ユ・スンホニム、アディダス関連のグラビアで登場してましたね。
「DAZED」は、ファッション系の雑誌かな。


d0289252_01265893.jpg


d0289252_01270180.jpg


2017年だったみたいです。
この時は、この後にNYLONのグラビアが出て、そちらの方がちょっと印象が強かったけど…。


NYLONのグラビアはこんなでしたね。

    ↘︎
   

d0289252_01285752.jpg


ユ・スンホニム、めちゃ素敵でした。
これはヘルシンキだったけど、除隊直後にパリで撮った「GRAZIA」のグラビアもめちゃ素敵で、


d0289252_01382079.jpg


海外に行くと、いつも新たなお顔、新たな魅力を見せてくれるユ・スンホニムなので、今回も期待できそう。


スタイリストさんのインスタグラムでは、「#perfect 👍✌」のコメントと共に、撮影の様子らしき画像が公開。



d0289252_01153417.png


うん、確かに、この姿に生きてきた背景が見えるような、素敵な画像…。


この画像は、こちらのインスタグラムからお借りしました。
   ↓




このスタイリストさんは、ユ・スンホニムのみの専属でなく、いろいろな方のファッションを担当されているようですが、度々一緒に仕事をされているみたい。

「ボクスが帰ってきた」が終わった時に、インスタグラムでこんなコメントを。

미모가 열일했고 연기는 놀라웠던 #강복수 👋
때샷이 많고 씬도 많아 쉬는 날도 적어 고생한 #뜽호
너무너무너무수고했어~!!!!누구보다 잘 알기에 #토닥토닥 #쓰담쓰담 해주고픔🤗👍 잘했어!!

訳はこんな感じ?
  ↓
美貌が凄かったし、演技は驚くべきだった#カン・ボクス👋
団体行動が多くてシーンも多くて 休む日も少なくて 苦労した#トゥンホ
とてもとても苦労した~!!!! 誰よりよく分かるので#トントン#なでなでしたい🤗👍 よくやった!!


一生懸命、演技に邁進したユ・スンホニムの苦労に対するスタッフの温かい言葉。
少年から大人になっていく彼の成長も感じているのでしょうね。

こちらのインスタに。

   ↘︎




そして、ユ・スンホニムのdandyoo93のインスタグラムにもロサンゼルスで撮ったと思われる画像が…



d0289252_01195811.jpg


黄昏の海に佇むクールな男、だね〜💕

彼の魅力は、画像の中に彼の心が見えることで。
写真家の方、彼を撮ろうと思うなら、彼の精神を理解しようとしないとダメだよね。


我が家では、去年はナムピョンに遠慮して、夜中だけ開いていたユ・スンホ달력、1年遅れで、堂々と公開に至りました。2月も素敵なユ・スンホニム。



d0289252_08420034.jpg


そうなのよ、彼が何かを感じている、そういうのが素敵。
Talk to Uが販売を担当した2018年カレンダー、本当に素晴らしかった。

今年のカレンダーは、事務所の移籍もあって、販売なしだったけど、来年はBSカンパニーさんが作ってくれるかなあ?


ロサンゼルスで撮影の「DAZED KOREA」は、日本でも、amazon、にゃんたろうず、Q100などで購入できる模様です。2月14日現在、まだ、予約はできないみたいですけど。


ということで、告白されたい男子の5位にもなったというユ・スンホニムの現在について、でした。



d0289252_10120075.jpg


韓国元記事はこちらから



本日の最後は、ボクスの優しい笑顔で💕



d0289252_10053506.png



ウリ・ペウニム、サランへ〜💕




更新を通知する





by Cloudia-Yo | 2019-02-14 10:40 | ユ・スンホNEWS | Comments(0)

ユ・スンホ、BSカンパニーと契約のニュース☆   

2019年 02月 09日


d0289252_10305375.png


d0289252_02194877.png


最近の彼は、本当に幸せそうで、演技にもおもしろみが増して、とっても素敵なんですけど、、、


「ボクスが帰ってきた」終了したら、次に来るはずのニュースは?
そろそろ来るかなあと思っていたら、やはり、昨日2月8日に来ましたね。
ユ・スンホニムの所属事務所との契約について・・・

や・は・り…

これまでの事務所「サンエンタテインメント」とは契約せず、

「BSカンパニー」と契約とのこと。

비에스컴퍼니 (BSカンパニー)」はキム・テヒ、ソ・イングク、ハン・チェヨン、イ・シオン他、活躍中の俳優さん数名を抱えている会社。

所属している方々のお写真、、、


d0289252_19373882.png

あら、キム・ソギョンさん、ぺ・ユランさんも。「君主(仮面の王イ・ソン)」で仲良しになったと思われる方々ですね。
イ・シオンさんは、「リメンバー」で悪役ナム・ギュマンの秘書にして元同級生の役でユ・スンホニムと共演していますが、このBSカンパニーは、イ・シオンさんのマネージャーが始めた割と新しい会社らしい。イ・シオンさん、「ロボットじゃない」の初回、ジアがミンギュに依頼された限定フィギュア購入の列に割り込みをする、ちょっと問題な男の役で特別出演もしていましたね。



韓国のあちこちの芸能ネットニュースで、公式の発表として出ましたので、ちょっとお借りします。



d0289252_21254435.jpg



俳優ユ・スンホがBSカンパニーと専属契約を締結し、2019年、新しい巣で力強い跳躍を開始する。

温かい容貌と演技力、独特の柔らかな魅力で大韓民国代表俳優として愛されているユ・スンホが、俳優キム・テヒ、ソ・イングク、ハン・チェヨン、イ・シオンなどが所属しているBSカンパニーと一家族になって一層活発な歩みを続けていく。

2000年のドラマ「カシコギ」で子役俳優でデビューしたユ・スンホは、2002年に全国に水炊きシンドロームを起こした映画「家」を通じて大衆に名前三文字を強烈に刻印させた。枠にとらわれない演技力と可愛らしい魅力を見せてくれて、大衆を一気にひきつけた。

以後ドラマ「太王四神記」、「善徳女王」、「勉強の神」、「欲望の花火(邦題:欲望の炎)」、「ペク・ドンス」、「君主(邦題:仮面の王イ・ソン)」、「ロボットじゃない」などと映画「マウミ」、「4時間目推理領域(邦題:40 minutes)」、「ブラインド」、「朝鮮魔術師」、「ボンイ・キム・ソンダル(邦題:キム・ソンダル〜大河を売った詐欺師たち)」など時代劇と現代劇、ロコからジャンル物まで、時代とジャンルを問わず様々な作品で俳優としての真価を発揮している。

特に心に響く繊細な感情演技は作品を重ねるごとに深さを増すだけでなく、次の作品が期待されるほどの俳優としての素晴らしい成長を見せている。全国を揺るがした無垢な笑顔は、いつのまにか女心を溶かすトレードマークとして登板し、男性美まで加えて演技力とスター性を兼ね備えた最高の俳優として認められている。
このように安定した作品活動で俳優として着実に内面空白を積んであげたユ・スンホは、BSカンパニーとともに、より一層旺盛な活動を広げる予定だ。

これに、BSカンパニーの関係者は、「演技力とスター性を兼ね備えたユ・スンホと共にすることになり、この上なく嬉しく心強い」とし「ユ・スンホの魅力をさらに輝かせることができる良い作品を通じて大衆に会うことができるようBSカンパニーが惜しみなく支援するものである。さらに飛び立つユ・スンホの歩みに多くの関心と期待をお願いする」と伝えた。

一方、BSカンパニーと一緒に新しく跳躍する俳優ユ・スンホは、最近SBS月火ドラマ「ボクスが帰ってきた」放映終了後休息を取って次期作を検討する予定である。



韓国スポーツ朝鮮元記事


記事の抜粋させていただこうかと思ったんだけど、ユ・スンホニムについて書かれた内容もBSカンパニーさんのコメントも、削るところがなくて、すみません、バッチリお借りしてしまいました💦



「君主 仮面の主人(仮面の王イ・ソン)」での演技が重厚で気迫が素晴らしく、ロマンス演技も合格点となり、続く、「ロボットじゃない」でロマンチックコメディでも、「ユ・スンホ、こんな演技もできるんじゃん」と思わせる新たな魅力を見せ、「頭脳明晰、金のスプーン」キャラから一転、カッコよく見せるのをやめて、出前もする、中華料理屋の可愛い息子、でも、時々とんでもなくカッコイイ、ちょっと壊れたヒーローのカン・ボクス役で視聴者を魅了してくれたユ・スンホニム。
「ボクス〜」でも、ユ・スンホが出演すれば、深みとおもしろみのある場面を見れると証明した感があるので、BSカンパニーサマ、とってもお得なお買い物をしてしまったと言えますよね。「この上なく嬉しく、心強い」、そうでしょう。

これまでの個人事務所だったサン・エンタテインメントさん、サンは、確か「山」だったのかな?
子役だったユ・スンホニムと、「演技力のある立派な俳優」という目標に向けて、長い間一緒に登ってきた山、1つの山頂に到達して。次の山に登る前に、大事な息子を独り立ちさせたという感じでしょうか?
日本ファンミでチラチラお見かけしたサン・エンタテインメントの代表様、ちょっといかつい感じの方かと思っていたけれど、温かさも感じられる方でした。俳優ユ・スンホをここまで育ててくれて、本当に感謝です。彼はこんな素敵な俳優さんになって、ドラマなどで楽しませてくれて、私ども、楽しい日々を送れています。감사합니다!!!

そして、BSカンパニーサマ、儲けに走らず、金の卵、いや、金の鶏(?)、俳優ユ・スンホがキラキラ輝くキャラと作品をいっぱい生み出せるよう、大事に大事に扱って、全力でサポートしてくださいませよ❣️



「ボクスが帰ってきた」について、ネタバレありの感想を書こうかと思っていたら、こちらの大きなニュースが出てしまい、まず、それを書かせていただきました…。
皆様、もうご存知でしたか?



これだけで終わるのも何なので、上の記事で書かれていた、ユ・スンホニムの出演ドラマなどの画像、どこかでキャプったものを載せますね。



d0289252_00130448.jpg

ドラマ初主演「カシコギ」のタウム

髪の毛のあるシーンはちょっとだけ。
お父さんを思うこの子に泣けた。


そして、今でもユ・スンホを語る時に必ず出てくる、この映画、都会っ子の孫が田舎に住むおばあちゃんの家に預けられて、ケンタッキーフライドチキンを食べたかったのに、おばあちゃんは鳥の水炊きを作って、違うと泣きわめく、でも、その交流が心温まる映画…



d0289252_23201424.jpg

d0289252_23203588.jpeg

d0289252_23210462.jpg

「家で(邦題:おばあちゃんの家)」サンウ

この、ぬいぐるみを持って出かけていくシーン、可愛くて大好き。



上の記事に出ていた作品も、画像を並べてみました。



d0289252_22241887.jpg

「太王四神記」
身を守るため、能力を隠す王子タムドク

凛々しくて、大好き💕


d0289252_22384223.jpg

d0289252_22362423.jpg

「善徳女王」
軟弱な男を装う知将キム・チュンチュ

コミカルな部分と策略を張り巡らせる部分を併せ持った魅力的なキャラ。



d0289252_22292017.jpg

「勉強の神」反逆児?ファン・ベクヒョン

このドラマだけ、ちょろちょろしか見られていないの。。。
「お顔が小さくて、妙に存在感のある子だなあ」が、第1印象。
そうだ、次はこれを見る手立てを真剣に考えよう。



d0289252_22410264.jpg

「欲望の花火(邦題:欲望の炎)」
ユ・スンホが挑戦した恋する男役 キム・ミンジェ

出生の秘密に悩む財閥3世、天使のように純粋な心を持ったキャラ。


d0289252_23355705.jpeg

d0289252_22485093.jpg

「ペク・ドンス」ヨ・ウン💕

私と衝撃の出会いをしたヨ・ウン。
あ、反対か。私が一方的に「衝撃の出会い」をしたんでした。


d0289252_22551063.jpg

d0289252_23020728.jpg

「君主(邦題:仮面の王イ・ソン)」
義に徹して王になるための道を歩む世子イ・ソン

美貌と男っぽさがますます素晴らしくなってきた。



d0289252_23040712.jpg


d0289252_23052254.jpg

「ロボットじゃない」
恋に悩む男 キム・ミンギュ

男らしさより、恋する男の可愛さがいっぱいで
いっぱい泣いたね〜。


<映画>

d0289252_21574836.jpg

「マウミ」チャニ

チャニ、可哀想で、泣けた。



d0289252_22312367.jpg

「4時間目推理領域(邦題:40minutes)」ジョンフン

殺人を犯していないことを証明できるかという、賢い子の役だけど、
ストーリー展開はちょっとユルメでした。


d0289252_23092812.png

d0289252_22432412.jpg

「ブラインド」キソブ

キソブの髪型好き。
地下鉄のシーンがカッコイイ。



d0289252_00574561.jpg

こちら、日本でリメークされるそうで。
このポスターでも、ユ・スンホニムの目が深い💕



d0289252_23165732.jpg

「朝鮮魔術師」ファニ

美貌の天才魔術師で、恋する男。



d0289252_23115973.jpg

「ボンイ・キム・ソンダル(邦題:キム・ソンダル〜大河を売った詐欺師たち)」
キム・イノン

美貌がますます、うなぎ上り⤴︎⤴︎⤴︎
お休みなしの映画撮影で、ちょっと体重は⤵︎⤵︎⤵︎



あら?ドラマの中に「会いたい」カン・ヒョンジュン役がはいっていなかった。
ま、時々は抜いても良いですか?



そして、、、「ボクスが帰ってきた」カン・ボクス💕




d0289252_02100521.png


d0289252_23533521.png


d0289252_00020823.png


d0289252_00013556.png


d0289252_00014280.png


d0289252_00061648.png


可愛くて、表情が楽しくて、笑顔が本当に素敵で、
見ているだけで、気持ちがフワフワしてくる〜💕
そして、優しくて、カッコよくて、
本当に魅力的なキャラ😍


d0289252_23551920.png


ユ・スンホニム自身の優しさが、演技の中にも表れてるんだろうな。
ほんとに魅力的だったから、やっぱり記事にもそう書かれるよね〜。
そして、カン・ボクスだけでなく、ソン・スジョン、オ・セホ、他の方々も魅力的。監督さんの手腕かなあ。



最後に、ほったらかしにしてあった、Yoが4年前に作ったYouTubeスライドショー動画、ヨ・ウンの画像をチョロッと組み合わせたものなんですが、最近もチョロチョロ見てくださる方がいらして、「いいね」をしてくださる方もいらして、ありがたいことで、久々にブログの中にも貼ってみます。深くて魅力的と評判のユ・スンホニムのお目目に焦点を当てたものです。








あれこれ仕事も溜まってるんだけど、今から数時間寝て、2月9日5時50分から、SBSplusの「ボクスが帰ってきた」放送を見ようと目論んでおります。




更新を通知する





by Cloudia-Yo | 2019-02-09 02:23 | ユ・スンホNEWS | Comments(2)

ロボットじゃないにハマる☆   

2018年 01月 09日

アンニョン♪

松の内も過ぎて、2018年も本格的に始動。
今年はどのようなことが待ち受けているのでしょうね?


행복하세요♡


幸せだと感じられる年になればいいなと思います。


さて、2018年三ヶ日にも放送があった韓国MBC水木ドラマ「ロボットじゃない」、これのおかげで私は新年早々幸せだった。



d0289252_10354499.jpg


俳優ユ・スンホの初めての「ロコ(ロマンチックコメディ)」。
1月3日・4日が第17回〜20回の放送でしたが、この回は特に、、、


TT...TT...TT...



ボロボロだった。←泣きがです。
ユ・スンホニム演じるキム・ミンギュと一緒に泣いてしまった。それも1回じゃなく、4回くらい泣いた感じ。
切ない場面だけでなく、嬉しさに満ちたシーンでも泣いてしまったよ。ミンギュと一緒に心が癒えていく感じ。
もう、あれこれの日常のために乾いた心を、もう一度潤わせてくれる潤滑油系の点滴みたいなドラマです。


「ロボットじゃない」のサイトには、「ロアが私の心臓に根をおろしました」など、このドラマに心惹かれる、いや、どっぷり共感している視聴者意見などが載せられたりして、本当に心にどしんと根をおろす感じを持った視聴者もまた多いようですね〜。もちろん、私もです。


「ロボットじゃない(略称ロア)」は、このドラマを見ていて涙の出る頻度と視聴率が全く一致していないドラマで。。。
正直派手な展開や入り組んだ背景はないんですよね。シーンもユ・スンホとチェ・スビンの心の動きが大半を占めている。


「あれー、視聴率が上がらないじゃん⤵︎」と思うと腹立たしかったりして、しばしYoの気持ちも⤵︎になっちゃったりしますが、それでも、そんなことに惑わされちゃいけない。
もしかしたら、このドラマを見ても「心が揺り動かされることがないよ」っていう人もいるかもしれないけど、そういう人はどうでもいいんです。感受性が違う人種なんだから。そして、心を揺り動かされる人が、実際にたくさんいるんだから。


という意味で、この「ロア」、特殊なドラマだと思う。見ようとしない人もいるけれど、見て大好きになる人も多々いる。



感性刺激ドラマ✨



「ロボットじゃない」の放送開始は、11月上旬かと思っていたら、放送するMBCのすったもんだの影響で、結局12月上旬まで延びてしまった。MBCのストライキとか、様々な事情や会社トップの交代などもあり、「ロボットじゃない」は不利な状態で放送開始になったかもしれなくて、「黒騎士」などの他局の水木ドラマに視聴率をもっていかれている感あり。
ですが、それでも、「ロアが良いドラマだ」という視聴者も多く、Yoとしても、迷うことなく、「ロアがいいよ〜!!!」とあちこちで言い続けるしかないと思ったりしております。


実際、スンホニムとスビンちゃんの演技はとっても良い♡
スンホニムは流石の深い表現力。相変わらずの人の心に直接働きかける感情表現。重要なシーンでの説得力は凄い。アジ3に惹かれていくシーンでは言葉も表情も、全身で、感情を伝えて、その上、これまでのドラマで見たことのない自由な表情をたくさん盛り込んで、可愛く、カッコよく、切ない。
そして、スビンちゃんはロボットのアジ3のふりをする割には動きが柔らかすぎる感もあるけれど、スビンちゃんの感情表現が繊細で、可愛さもあって、とっても魅力的。Yoは特に、アジ3のふりをするジアと、アジ3の演技が可愛くて好きですね〜。



放送もいよいよ後半に入り、「ロア」というドラマの内容について言及している記事も出てきました。



▲[これ 一度見る]「ロボットじゃない」★★★★



d0289252_09273638.jpg


(抜粋)


設定は多少荒唐無けいだ。 だが、俳優の安定した演技力と非現実的な容貌はこのような不可能性も跳び越えるようにさせる。

だが、'ロボットじゃない'を単純なロマンスドラマとだけで片付けるには惜しい。 ドラマは人と人の真の関係に対して話す。 今、TVを見ているあなたに心を交わして、真心をつくす人がいるのか尋ねる。 傷つくことを怖がり、自分の保護膜を厚く積んで生きていく人々に'再び手を差し出してみなさい'で提案する。 そのような意味で'ロボットじゃない'は、胸に暖かくて、教育的だということすら感じたヒューマンドラマだ。



そうなんですよ〜!!!

主人公のキム・ミンギュは、人への不信感によって人間アレルギーという病にかかり、長年人と接触することなく生きてきた。それをアジ3という人間型ロボットが故障したために、アジ3になりすましてミンギュのそばで過ごすことになったチョ・ジアの温かさで徐々に治癒していく。ジアの演じるアジ3を頼り、そして、ジアがいないところでも人と接触できるようになっていく。
そして、ロボットだと思いながらも、アジ3に心惹かれていくミンギュと、また、ロボットを演じながらミンギュに惹かれていくジア。

上にあげた記事では、チェ・スビンさんについて、「ロボットと人間を行き来して1人2役を無理なく消化している。 さわやかながらも愛らしくて、気さくなようで自然だ」。

そして、ユ・スンホニムについては

ユ・スンホの存在感も欠かせない。 その中で最も熱く働くのは光る容貌だ。 ユ・スンホは子役時代から磨き上げた硬い演技力に削っておいたような容貌と花微笑で女心を惹きつけている。 劇中ミンギュは気難しい性格の'三段棒'として知られているが、知ってみれば暖かい男だ。 視聴者たちはジアがミンギュに陥る瞬間に共に没頭して、いつのまにか二人のピンク色ロマンスを共に応援している。


韓国元記事はこちらから



「ジアがミンギュに陥る瞬間に共に没頭して、いつの間にか二人のピンク色ロマンスを共に応援している」、これは、個人の見解でなく、おそらく、「ロアが良い」という視聴者の状態を的確に表現しているコメントだと思う。うん。


「演技は良いけど、ドラマ自体はどーかと思う」というのと違って、「演技が良くて、ドラマも引き込まれる」、それが、「ロア」なんですよね。


だから、MBCのストなどのすったもんだがあって、放送開始が遅れるなどのすったもんだもあって、あれこれ不利な条件が重なって「ロア」の視聴率がいまいちだとしても、「信じて見なきゃいけないドラマ」だと思う。
ユ・スンホニムがこのドラマに出演して、こんな彼を見られたのは、ファンとしては本当にありがたく幸せなことであるし、また、彼自身にとって、このドラマに出演したことは、絶対に長い目で見たら大いなるプラスだと思う。

まずは、、、


幸せにしてくれて、ありがとう♡



主演俳優は、どうしてもドラマの視聴率などに責任を感じてしまう立場にあるけれど、若い彼が更に飛躍するためには、とっても大事なポイントとなるドラマだと思うし、彼のナイーブで深い感情を思う存分見せられるドラマだと思うので、この選択は正解でしょう。

そして、ユ・スンホニムには、

幸せになってね♡



もう一つのニュース・・・



▲[ドラマトーク]「ロボット」ユ・スンホXチェスビン、成績は残念ながら素顔ロマンスに期待を


(抜粋)


d0289252_01390652.jpg


「ロボットじゃない」を見守る視聴者は言う。 「軽く見ていたドラマに思わず没頭するようになった」と。これは八割が俳優の役割だ。ユ・スンホは、子供の頃に裏切られたトラウマで人間を警戒しながらも孤独になっているキム・ミンギュという人物を見事に消化している。チョ・ジア(チェ・スビン分)をロボットと知りながらも惹かれる心をどうすることができない混乱も繊細に表現した。


d0289252_01394260.jpg


チェ・スビンもまた同様。アジ3というロボットとチョ・ジアという人、また、アジ3のふりをするチョ・ジアまで、他の見方をすれば、1人3役を演じるにも、ユ・スンホと感情線を築いていくのに不足がない。特に最後の3日の放送でアジ3をリセットする場面は視聴者の目頭を赤くするのに十分だった。ユ・スンホとチェ・スビンは、互いに心があっても近づくことができないもどかしさを幻想的な呼吸に表わした。


韓国元記事はこちらから



この2つの記事を書かれた記者さんたちが言われるとおり、ドラマ「ロボットじゃない」は、2人の演技が良くて、序盤のストーリー展開のインパクトが少々弱かったなどの点はあるものの、「ロア」にはまリ、このドラマの行く末を見守り続けるファンがいる。そんな状況です。



ということで、どこにハマったかは、次のページに送ります。


今日は、バイトの後、幼馴染を新宿デート。30年ぶり?






スカパー!

冬の5大テーマ祭り「韓流・華流」をもっと見る




第2回プラチナブロガーコンテスト



by Cloudia-Yo | 2018-01-09 10:54 | ロボットじゃない | Comments(2)

ロボットじゃない、あれこれのニュースと麗しきスンホニムのおててなど★   

2018年 01月 03日


現在、「ロボットじゃない」韓国MBCでの放送は、16回までが終了。
本日10時から17回放送が始まります。

1回が30分ほどで、1日に2回、水木で4回分が進み、32部作なので、いよいよ後半戦ですね。
本日の放送が始まる前に、このページをアップしてしまおうと、慌てているYoです💦



さてさて、新年になって「ロボットじゃない」、連日、MBCさんより放出された画像で、次回放送を盛り上げようという感じです。
年末には、ユ・スンホニムがMBC演技大賞最優秀賞で、チェ・スビンさんは優秀演技賞、現在実力を認められ、波に乗っている2人が主演する「ロボットじゃない」です。

オム・ギジュンさんも「被告人」の演技で、SBSの方で受賞された模様。「被告人」のオム・ギジュンさんは確かに凄かったと思う。
ちなみに「被告人」主人公を演じたチソンさん、SBSの大賞で、奥様のイ・ボヨンさんが最優秀演技賞だそうです。夫婦で活躍で、しかもレベルの高い演技を披露されて、凄いカップルだなあ。



さて、「ロボットじゃない」のネットニュース・・・


「로봇이아니야」の「로」と「아」を取って

通称(愛称?)「ロア」♡



「冬のソナタ」が日本で「冬ソナ」って言われていたみたいなものですね。


▲「ロア」ユ・スンホ、休み時間
 →グラビア現場で作られた特急ビジュアル




d0289252_04512048.jpg


俳優ユ・スンホが撮影休み時間までのグラビア現場に変えるビジュアルで目を引く。

2日MBC水木ドラマ「ロボットじゃない」側が公開した撮影現場のビハインドカットはユ・スンホのグラビア顔負けの温かいビジュアルが盛られている。

ユ・スンホは、劇中の人間のアレルギーという致命的な欠点を持つキム・ミンギュに扮した。容貌から能力、財力に至るまで、何一つ陥ることのない完璧な男。毎回シムクン名場面を誕生させているユ・スンホは、明るい笑顔と表情で可愛さを噴出しながらも一瞬カリスマで武装して男性美を発散している。

今回公開されたビハインドスチールは、次の撮影のために待機している時間にも引き立って見えるユ・スンホのビジュアルが視線をひきつける。壁にもたれて飲み物を飲む姿もありきたりを拒否する。ほのかなメローの目つきを装着しているユ・スンホは、けだるい雰囲気を存分に漂わせて妙なセクシーさを呼び起こしている。

それだけでなく、太陽の光が入る窓際に座って穏やかな笑みを浮かべているユ・スンホの姿は少女漫画から新鮮な飛び出した王子様を連想させる。グラビアと言っても遜色のないユ・スンホのビハインドカットはときめき指数を高めている。

「ロボットじゃない」は、毎週水、木曜日の午後10時に放送される。


韓国元記事はこちらから



MBC側から提供される写真と情報を元に、各社の記者さんが記事にするのですね。
そこで、出てくるのが、インパクトのあるタイトル合戦。


今回は、以下のような感じのタイトル!!
タイトル部分から韓国ネットニュースの元記事に飛べます。
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

・「ロボットじゃない」ユ・スンホ、ビジュアル男神のビハインドカット公開 "ドラマなの?グラビアよ?」

・「ロボットじゃない」ユ・スンホ、現場ビハインドもグラビアのように... 「照りつける」ビジュアル
照りつける=열일、激しい勢いを表す言葉だそうです。→もっと!コリア

・「ロボットじゃない」ユ・スンホ、水だけ飲んでもグラビア「女心強奪」の魅力

・「何をしてもグラビア」「ロボットじゃない」ユ・スンホ、水上がった、漫画から飛び出してきたようなビジュアル

・「ロボットじゃない」ユ・スンホ、グラビア顔負けの「魅力ファスブン(貨水盆)
貨水盆=どんなに使っても減らない →♡ 화수분(貨水盆) ♡

・「グラビアではない?」 <ロボットじゃない>輝くユ・スンホの特級ビジュアル

・「ロボットじゃない」ユ・スンホ、ビハインドカットでも目立つ「温か」

・「ロボットじゃない」ユ・スンホ、休み時間捕捉「何をしてもグラビア人生」

「ロボットじゃない」ユ・スンホ、熱く輝く美貌X生まれつきの雰囲気

・「漫画から飛び出した男認証」... 「ロボットじゃない」ユ・スンホ、代替不可ビジュアル


コピーを見ていると、韓国語のお勉強にもなります。

특급 비주얼=特級ビジュアル
대체불가 비주얼=代替え不可ビジュアル
만찢 비주얼=漫画を破って飛び出してきたビジュアル

만찢남=漫画を破って飛び出してきた男
매력 화수분=魅力 貨水盆=「魅力無尽蔵」って感じ
열일 미모=太陽が照りつける美貌(激しく輝く美貌)
비주얼 남신=ビジュアル男神

ユ・スンホ賛辞、美貌と雰囲気に溢れているというだけでなく、もう仮想ビジュアルの漫画だったり、太陽ギラギラだったり、神だったり。
とにかく人間離れした美貌と、やっぱり華やかさも備えた俳優さんです。
そこに、極上の演技力まであるんだから、もう、どうしようもない。

💖がいっぱいになるしかないでしょー。




一方、チェ・スビンさんと2人でシャボン玉、無邪気なユ・スンホニムの姿も公開されております。



d0289252_21261218.jpg


あと、ブランドのお洋服を完璧に着こなしている画像とかも公開。
ファッションもかなり楽しめる「ロボットじゃない」!!
スビンさんより、スンホニムのファッションの方がいっぱい変わる。
女性よりも着せがいのある俳優ユ・スンホ。



d0289252_21280286.jpg


ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)シティコート


d0289252_21280411.jpg


ボン(BON)ムスタングジャケット


d0289252_21280843.jpg

ウ・ジンウォンのロケットランチ(ROCKET X LUNCH)製品



この黄色のアンゴラセーター、今までのスンホニムにはない色だったように思うけど、本当に可愛くて、Yoもお気に入り。
お高いお洋服も着こなせるスンホニムなので、いっぱい着ていただきたいです。ハイ。



〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜




さて、ちょろっとだけ、あらすじ と お気に入りシーン を。
日本語字幕放送をする時に新鮮な気持ちで見たいから、今はあらすじを知りたくないと思う方が読んでも、さほど邪魔にならない程度にしておこうと思いますが…。



幼い頃、人に対して不信感を持ってから人間アレルギーになって、人と接触すると皮膚は腫れ上がり、呼吸困難まで引き起こし、注射を打たないと死にそうになってしまうキム・ミンギュ。

金融最大株主で、多くの人から恨みを買うほどの力を持つミンギュだが、人間アレルギーのため、人のいる場所に出かける時はマスクに三段棒を持って、人と接触しないように防御する。

その彼が、アジ3というロボットの性能を自分の家で確認することになったが、アジ3が故障してしまった。アジ3を作成したサンタマリアチームのホン・ペクギュン博士は、アジ3の顔を昔の恋人チアに模して作ったため、その元カノのチアにアジ3の代役を頼む。
チアも代役に応じて、ミンギュの家で過ごすことになる。

大きな家に一人で住み冷徹に見えたミンギュを間近で見る内に、チアは孤独な彼の心を次第に理解するようになる。ミンギュも、チアをロボットだと思っているためか、チアに触れても人間アレルギーの症状が出ないばかりでなく、チアと共に人の多くいる場所に行くことまででき、次第にロボットのアジ3を頼る心が生まれてくる。


さあて、どうなることか???

何しろ、ミンギュとアジ3に扮したチア、2人の心が本当に切なくキラキラしている感じです。




徐々にアジ3に惹かれていくミンギュの、これが切ない。


d0289252_21094318.jpg


酔ったミンギュがアジ3を前にして、話すシーン。


d0289252_21095600.jpg



公式ファンカフェTalk to Uでも、俳優ユ・スンホの手オタの方が多々おられるようで、
彼の美しい指にドキドキしちゃうのは万国共通の模様。



d0289252_21095992.jpg

d0289252_21095992.jpg

d0289252_21100559.jpg

d0289252_21102166.jpg

d0289252_21102323.jpg

d0289252_21103360.jpg

d0289252_21103632.jpg

d0289252_21103875.jpg

d0289252_21104329.jpg

d0289252_21105026.jpg



酔って寝入ってしまうミンギュが切なく、そして、



d0289252_21121419.jpg

アジ3のふりをするチアの目もじんわりと心に響く。
Yoのお気に入りの14回のラストシーンです。


ユ・スンホニムとスビンさん、感情の表出がとっても似合っているようです。
やっぱり、スビンさん、場面の掴み方が上手いのかも。
「短い時間の間に急速に成長した」というチョン・デユン監督のおっしゃるとおり、適切。
特に、アジ3のふりをするシーンが抜群。

そして、そして、ウリ・ユ・スンホニムは、上の青いコートのシーンでも分かるとおり。
あの1シーンで、どれだけの感情を見せられたか。



さすが、ペウ・ユ・スンホ✨


あと、10分で放送開始なので、アップします〜❣️



スカパー!

冬の5大テーマ祭り「韓流・華流」をもっと見る




第2回プラチナブロガーコンテスト



by Cloudia-Yo | 2018-01-03 21:51 | ロボットじゃない | Comments(8)

ロボットじゃない、ユ・スンホ×チェ・スビンのケミ+チョン・デユン監督インタビュー   

2017年 11月 09日

出ましたね〜。

新たな「ロボットじゃない」画像。




d0289252_07023006.jpg



d0289252_07181850.jpg


何回かキム・ミンギュのお顔が公開されていますが、髪の毛はウェーブありのふんわりで茶髪。
背中越しに写されたお顔のラインがギリシア彫刻のような美貌☆
そうなのよね、スンホニム、お耳の形まで完璧に美しい、です。


きゃあ、きゃあ、きゃあ〜💕




記事の内容な、こんな感じ・・・



ユ・スンホ×チェ・スビン
くらっとする+コミック、初めての出会い



(抜粋)


漫画を引き裂きたような視覚的なカップルのくらっとケミに視聴者たちの期待感も精一杯高まった状態だ。

「ロボットじゃない」は、人間のアレルギーのために女性を作ることができない一人の男が、避けられないようにロボットを演じる女性に会って恋に落ちる内容のドラマだ。生涯初のロマンチックコメディに挑戦するユ・スンホと確かな演技力で本流の女優隊列に上ったチェ・スビンの蜂蜜の組み合わせが実現され、一気に下半期最高の期待作に浮上した。

今回公開されたスチールの中のユ・スンホとチェ・スビンはお互いをじっと見つめていて、目を引く。好奇心いっぱいの表情で眼差しを交換する二人の姿が見る人々を自然にシムクン(=ドキドキ)にしていること。強烈な目つきとカリスマで武装したユ・スンホとビーグルのよう明るい微笑を浮かべているチェ・スビンの相反する姿は、どうのこうのしながらも、息をのむような雰囲気を演出しており、二人の主人公のキャラクターへの期待感がより一層高まっている。

二人は「シムクン」アイコンタクトだけでなく、誰にも止められないコミック本能まで兼ね備えており、視聴者の好奇心をさらに醸し出す。特にヘルメットをかぶったチェ・スビンは、自分自身を見ているユ・スンホを茫然と見つめてながら、武装解除して笑顔を作って見せるなど、様々な表情で、見る人々の満足げな微笑を醸し出す。

また、ユ・スンホとチェ・スビンは今回の作品を通じて初めて演技呼吸を合わせるのが信じられないほど、素晴らしいケミを披露しており、現場スタッフたちの賛辞を一身に受けているという裏話だ。二人は撮影の合間に演技に対する悩みを分けることも、時にはお互いのモニタリングをするなど、新たな挑戦になる「ロボットではない」について無限の愛情を誇示した。

これに 'ロボットではない」の制作陣は、「ユ・スンホとチェスビンは初めての演技呼吸というのが信じられないほどの蜂蜜ケミを発散している。二人は休み時間にも一緒に演技しを合わせて見て、演技に対する悩みを分け合っている。ドラマの完成度と作品性のために最善を尽くしているので、視聴者の方にも多くの期待をお願いします。
特に劇中 「ミンギュ」と「チア」がどうのこうのしながらも、お互いに自然に同化されていく過程は、ドラマの最大の視聴ポイントに作用するだろう」と二人の俳優に向けた信頼を表わした。


韓国元記事はこちら



このように、二人の主人公の息がぴったりであり、魅力的だということで、撮影がとても良い感じに進んでいるというように伝えられております。





そして、この記事の前、1〜2日前に出ていたのが、チョン・デユン監督さんのドラマに関するインタビュー。




d0289252_09424041.jpg



かなり詳しく、ドラマについて語られていて、この芸能ネットニュースのタイトルには、やっぱりスンホニムのお名前がいっぱい!!
(何故、色がこうなっているのか、不明です💦)


・「ロボットじゃない」チョン・デユン監督「ユ・スンホ、目つきが本当に魅力的」(一問一答)

ロボットじゃない」PDユ・スンホ子役からて..が魅力的[一問一答]

「ロボットじゃない」チョン・デユンPD「子役から見てきたユ・スンホ、魅力的な目つきにキャスティング」

「ロボットじゃない」PD「ユ・スンホ目に魅力的...セリフがなくても感情表現が可能"[インタビュー]

「ロボットじゃない」チョン・デユンPD「ユ・スンホ、常に真正性のある演技が利点」

ロボットじゃない」PDユ・スンホキャスティング...どんな演技も真正性込め

「ロボットじゃない」PD「子役から見てきたユ・スンホ、ミンギュ役ふさわしい」[一問一答]

「ロボットじゃない」PD「パク・ソジュン→イ・ジョンソク→ユ・スンホ...キャスティング満足」

パク・ソジュン・イ・ジョンソク、次のユ・スンホ...チョン・デユンPD 目の肥えた、また、ヒットするか

「ロボットじゃない」、チョン・デユンPDが直接明らかにしたドラマのすべてのもの[一問一答]



スンホニムについては・・・


スンホさんの演技を子役の頃から見てきた。どんなキャラクターを演じても、常に真正性を示すことが、最高の長所であるようだ。特に目つきがとても魅力的だ。悲しみ、喜び、愛、ユーモアをセリフがなくても目に溶かし出すことができる俳優だ。ミンギュにぴったり適役だと思った。


そして、キャスティングについて・・・

演出がすることの中で最も重要なことはキャスティングだ。キャスティングさえうまくいけば、演出ができること(=演出の苦労)が大幅に減る。それなので、他の要因に悩むよりキャラクターに合った適役キャスティングをしようと努力する。パク・ソジュンさんやイ・ジョンソクさんも全てその役割にも合う俳優だったので、良い結果を出したようだ。今、最高の演技を見せてくれたその二方にも感謝する。


と言うことで、最近、ドラマの中で俳優としての魅力を多々見せることに成功中のパク・ソジュンさんとイ・ジョンソクくんを主役にしてドラマを撮影しているチョン・デユンPD、俳優ユ・スンホに注目して、キャスティングしたって言うことは、かなり期待できるのではないかと、改めて思う次第。


イ・ジョンソクくんの「W」の監督さんと言うことで、チョン・デユンさん、「話題性のある方」くらいに思っていたんですが、よくよく考えたら、スンホニムが昨年末、MBCの演技大賞の授賞式でプレゼンターとして最後の方で登場したスンホニムが発表したのがこの「W」で、あれこれの分野で受賞している、ある意味大注目されたドラマだった!!


そして、その他の部分のドラマに関するチョン・デユンさんのお考えを読んだら、「ンンン、この方、すんごくしっかり作り上げる人なんじゃないかしら」と思った。作品に関して、どう作り上げるかを立体的に計算している感じで、「あったま、良いお方??」と思ったら、ソウル大学のご出身とのことでした。



作品としても、納得できたのは・・・


最近パニック障害や対人忌避症の方が多い。それだけ人々の間にやりとりの傷が多い反証だと思う。ミンギュの人間アレルギーもそのような社会像を反映している。ミンギュがアジ3(チア)に会って、(人との)関係と愛を学んでいく過程をずっと見守っていただきたい。これにより、ミンギュもチアもさらにロボットのアジ3も成長する。私たちの主題意識がここに接している。

ロボットなら、主に、ディストピア(=ユートピアの逆)を思い浮かべることが多い。しかし、私たちのドラマは、ロボットのユートピアを見せようとする。人と人との間をつなぐ技術と知能がある場合は、より豊かな生活を送ることができないだろうか?肯定的に見れば、ロボットがロマンチックコメディの素材としても悪くないと思う。


そして、「ロボットを素材にするためについての準備は?」という質問には・・・


▶人工知能の本をたくさん読んだ。美術で人を描くために解剖学を勉強するように、人工知能を作るためには、生物学、人文学、工学を網羅した、様々な分野で、人間の脳の研究と理解が必要であることが分かった。このような話をドラマとつなげれば、より新しい視点が出ないかという期待感があるる。



ドラマの視聴者にはあまり馴染みがない「ロボット」という素材と、ロマンチックコメディという組み合わせは、新たな挑戦とも思えるが、監督が「ロボットじゃない」を選択した理由については・・・


▶ほとんどのドラマは、最終的に同じ話をすると考えている。だからどのように異なって表現するかが非常に重要である。 「ロボットじゃない」は、ロボットの「ディープラーニング」という人と愛について話をする「新しい」方法論がある。だから非常に魅力的である。




なるほど!!
監督さんの視点が明確で、これだから、ちょっと一味違うドラマを作れるんだろうなあという気がします。
漠然としていないドラマづくりをされそうなので、おそらくスンホニムにとっても納得できる役作りをできるのではなかろうかと期待。


監督さんの「ほとんどのドラマは、最終的に同じ話をするので、異なって表現するかが重要」という監督さんのお話に納得。
韓国ドラマは、その中に「愛」や「家族」についてをテーマに持っていることが多く、日本のドラマの「こういう事件を描く」というのと違うんだよなあと、最近感じているところ。
日本のドラマは、その事件の複雑さを組み立てることに長けていて、「愛が…」というよりも、事件のおもしろさで見せる。が、韓国ドラマは、事件自体が複雑なことって、さほどなかったりして、それを取り巻く人々の感情を撮ることが多い。
監督さんは、その過程で起きる感情の変化という部分を、しっかり見せて、それをドラマ自体のおもしろさにしようということなのではないかと思う。
(韓国ドラマでも、最近KNTVで放送を終わった「被告人」は、事件自体が複雑で、おもしろかったけど)。


韓国ドラマは長いので、感情の変化をゆっくりじっくり見せることが可能なのよね。
そこが、Yoが韓国ドラマにばかり行っちゃう理由なのかとも思います。


そういう意味では、スンホニム、ディテールの表現に長けているので、とっても韓国ドラマ向き。
きっと、監督さんは、彼の感情表現と深い眼差しをじっくり見せてくれそうで、一気に、「ロボットじゃない」に対する期待感が高まりました!!



ちなみに、「被告人」は、本当におもしろくて、(最終回は見損なったけど。うちはひかりTVで見ているので、別の録画機器を買わないと録画ができないんですよ…。もしかして、Yoはビンボー?笑)主演のチソン氏、やっぱり演技は現在トップだと思えるような深みありでしたね。
妻が殺されて、主人公がその容疑者になるという、よくありそうなストーリーなのですが、ラスト近く、相対した敵に向けて吐く言葉に込められた怒りと悲しみの思いが、本当に深くて、本当に悲しくて、ブワーッと涙が溢れてしまった。


スンホニム、美貌と深い眼差しが、現在の大きな魅力ですよね〜。
が、結婚して、子どもも生まれた俳優さんであるチソン氏が、こんな風に魅力を増していく俳優でいられるなら、今、若く美貌絶頂期のスンホニムもそんな風に年を重ねていけたらいいんじゃないかと、ちょっと楽しみになってしまった。




ということで、本日、2つ目のブログアップでした。
少々、日常が混沌としている時は、むしろ、自分が自分らしくいるために、スンホニムを追いかける時間がさらに必要になるYoより、でした!!




by Cloudia-Yo | 2017-11-09 11:24 | ロボットじゃない | Comments(0)