<   2019年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

ユ・スンホニム、予備軍も5年目+秋夕のご挨拶など   

2019年 09月 13日


アンニョンハセヨ♪

「Singles8月号」に、ユ・スンホニムのグラビアが載せられ、前回のページにも素敵なそのBカットを多々お借りしましたが、この雑誌、創刊15周年とのことで、インスタsinglesmagazineに、彼のお祝いメッセージがアップされましたね。






髪の毛をカットしていないし、お召し物から見ると、グラビア撮影時に一緒に撮影されたものと思われますが、グラビアはちょっとアンニュイな部分もあるけれど、ご挨拶は礼儀正しい雰囲気のペウニムです。
15周年って長いけれど、ペウニムがドラマ「カシコギ」で演技を始めてからはもっと長い。彼の方が「Singles」よりお兄さんってことよね。


私は見損なってしまったのだけれど、インスタdandyyoo93のストーリーズに、下の画像が流れたらしいです。



d0289252_00490822.jpg

5년차 끝
내년이면 예비군도 끝 : )

5年目の終わり
来年予備軍も終わり:)


2014年12月に21ヶ月の兵役を終えて転役となったペウニムですが、韓国の兵役は、その後、8年間は予備軍として、いつでも出動できるように備えるという状態になるらしく、年に1回の訓練があるらしい。5〜6年目は、20時間くらいの訓練があるとのこと。
日本ファンミで、「転役になって5年目」と言って、その時間の流れを感慨深げな様子だったと思いますが、1〜4年目までの予備軍は宿泊して訓練するけれど、5〜6年目になると宿泊なしで、合計20時間くらいの訓練があるらしい。だから、5年目になるというのが、新たな区切りに入ったわけで。正確には予備軍は転役後8年目までとなるようですが、訓練があるのは6年目までだそうで、ペウニムが予備軍の訓練に行くのも、あと1年ということになるわけですね。

彼が早い時期に兵役に就いた理由について、いろいろ語られていて、自分で選んだのではなかった俳優という職業から一度離れたかった、友達が入隊筋きに一緒に入隊したかった、また、俳優という職業の重圧から逃げたかったなど。そして、芸能人としては異例の早さで入隊して〜Yoは入隊したと聞いた時、ハラハラと泣いたけど〜今になってみると、早い時期に入隊した彼の選択は、彼の抱えていた事情の解決だけでなく、様々な意味で良い結果をもたらしたと思えます。そう、入隊して俳優をやめてしまったらどうしようと、そんな心配もYoはしましたが、彼自身、「演技をしたい」という気持ちが強くなり、除隊の日には軍隊の中に残してきた友達を思い、涙をこぼしながら、「カメラが嬉しくて」と言っていた。親御さんが薦めて選んだ職業だったけれど、それが自分自身も欲する「演技」の道だったと気づいたということで、それから約1年間、彼はものすごい勢いで映画とドラマの出演を続けて走り続けた。その除隊後に出会った様々な作品が、彼にとってはすごく大切な作品になっていると、韓国のファンミーティングでも触れていたようです。

当方、7月末に続いて、9月1日にも「Close to U」関係のりぷるさん達お友達と新大久保でランチ会をした私。そこで、チコりんさんが「早い時期に入隊して、ほんとによかったわ」と力説していましたが、Yoもその考えに賛成。
がむしゃらに演技を続け、趣味も見つけ、交友関係も広がり…。「ボクスが帰ってきた」の撮影を終えて休息時期に入って、もう1年以上になるような気がするけれど、まだ7ヶ月ほど。でも、次のニュースが欲しいなあ。


▶︎ストーリージェイカンパニーのポスト〜俳優さん一覧

ウリ・ペウニムは、13番目に登場。(多分カナタラ順)

13.ユ・スンホ

d0289252_08322931.jpg



d0289252_08323231.jpg



写真出処 - SBS「複数が帰ってきた」スチールカット

制服スンホ常に正しい
相性のように似合う制服ビジュアルリーズ更新して
全身投げたコミック演技による演技変身も好評そのもの


d0289252_08323523.jpg


d0289252_08323742.jpeg


最近誕生日パーティー記念ファンミーティング
ファン一緒にんですけれど
ファンの方々幸せな誕生日を過ごしたスンホ俳優



d0289252_08324052.jpg


写真出処 - 「シングルス」のグラビア

今年も活躍するスンホ俳優お楽しみください





▶︎ ストーリージェイカンパニーの秋夕メッセージ

ユ・スンホニムの新所属事務所のストーリージェイカンパニーでは、所属俳優さん達の秋夕のメッセージを公開!!

「幸せな秋夕」。
 キム・テヒXユ・スンホXソ・イングク、
 歴代級★祝日の挨拶


d0289252_08224604.jpg


(抜粋)
이어 보기만 해도 행복해지는 고수정, 김성철, 김서경, 박민정과 배유람, 유승호, 이경재, 이시언, 이진희, 이현진은 “즐겁고 행복한 한가위 되세요”, “즐거운 추석 보내시길 바랍니다”, “여러분 배부르고 건강하고 즐거운 추석 보내세요”, “우리 모두 즐거운 한가위”, “추석. 즐거운 추석이에요”, “행복하세요”라는 환한 인사로 보는 이들을 웃음짓게 만들었다. 

(翻訳)次のような感じ?
続いて、見るだけで幸せになるコ・スジョン、キム・ソンチョル、キム・ソギョン、パク・ミンジョンとぺ・ユラン、ユ・スンホ、イ・ギョンジェ、イ・シオン、イ・ジニ、イ・ヒョンジンは「楽しくて幸せな秋夕になりますように」 、「楽しい秋夕送られるよう願います」 、「皆さんがお腹いっぱで健康で楽しい秋夕を過ごしてください」、「私たち皆、楽しい秋夕」、「秋夕。楽しい秋夕です」、「幸せに」という明るい挨拶で見る人々を微笑ませた。

上の挨拶の内、どれがユ・スンホニムのものかというのが、黒っぽいお洋服に黒い文字だし、小さいので💦 なかなか難しく💦「우리 모두 즐거운 한가위(私たち皆、楽しい秋夕)」、これかなあ??と、思ったけれど、違うような気がする。いつものペウニムだと「〜니다」「〜세요」で終わりそう。


d0289252_09022070.jpg

個々のメッセージを、ストーリージェイカンパニー様がちゃんとポストに載せてくださっていたので、載せさせていただきます。
「유승호」のサインの下にメッセージがあって、最後はお得意のニコニコに絵文字。
大きく載せてもらっても、やっぱり読めない💦
とにかく、幸せに過ごしましょうね。

追記:
ユ・スンホニムの書いた言葉を載せてくれてあった記事がありました。

유승호는 "즐거운 한가위 되세요"
ユ・スンホは、「楽しい秋夕を過ごしてください」〜〜

やはり、「세요」」で終わっていました。アタリ!!
元記事のリンクを貼りました。
  ↘︎



(追記終わり)


これらの秋夕のご挨拶記事を見て思い出したのは、「そうだ、キム・テヒさんは大スター」ということと、ペウニムが子どもの頃、好きな芸能人、IUの前は、パク・シネで、その前は、キム・テヒと書かれていたことがあった。キム・テヒさん、美人でお勉強もとってもできる方。ペウニムが幼い頃に憧れていた芸能人と同じ事務所に所属することになったわけなんだあ。

とにかく、ストーリージェイカンパニー様、見たいと思うメッセージをしっかりペウニム達からファンに届けてくれて、情報公開のノウハウには長けているようで、やっぱりありがたい。個人事務所でしっかり育てられて、今、また、新たな事務所であれこれ心配せずに仕事を進めていければ、本当に幸いです。ヨカッタ・・・。



▶︎その他の記事

韓服の似合う俳優さんに関する記事にも登場。


d0289252_07485089.jpg



(抜粋)翻訳はこんな感じ?
良く育って良く変わったというアイコン ユ・スンホは映画からドラマまで韓服を着たとの相性深く消化する俳優で有名だ。 公開された写真の中ユ・スンホは赤色が漂う韓服を着て、花のように豪華な微笑を浮かべて、女心を揺さぶってあまりあるほど優れた史劇ビジュアルを誇っている。 ユ・スンホは「君主:仮面の主人」放映終了インタビューで「事実、夏史劇をすることを知らなかったが、1,2月に天気がとても良くないからそうなった」として「現場で常套やかつらを使って韓服を着るのに、衣装が美しく見えるにはシルクが厚くなる他なかったよ。 やむを得ずドラマのためにしなければならない部分なのに、衣装チームで毎日申し訳ないといった。 そのような衣装チームにとても有難くて申し訳なかった」と付け加えた。

冬から撮影を始めて、衣装が美しく見えるよう、厚手のシルク素材が使われて、当然、夏には暑い。それを衣装シームが「暑くて申し訳ない」と言って、それをペウニムがまた、暑い衣装になるのは仕方ないのに、謝る衣装シームの言葉がありがたかった、ということですよね。人に対する気遣いがたくさんのユ・スンホニム。

時代劇って、髪型のためか衣装のせいか、お顔の配置の美しい人が似合う。はっきりして綺麗な発声もできて、ユ・スンホニムには本当にお似合いだけど、この4つ並べられたイ・ソンの写真を見るに、
やっぱりやっぱり、、、
世子イ・ソン、魅力的〜💕

時代劇が似合うし、輝く美貌なものだから、製作側もたっぷり視聴者サービスをしてくださって…。左下のオレンジ色の戦闘服(?)なんか、袖も裾もふわっと広がっていて、どう考えても、実際にこれを着て戦おうとしたら、袖が絡まり、裾にけっつまずくだろうと思われますが、それでも、イ・ソンが目立つし、オレンジ色も似合っていて艶やかで、黒っぽくなりそうなシーンなのに華やかさ満載。
この4つの姿を見るに、このドラマを見た時、ペウニムの重厚な存在感と美しさに大満足だったことを思い出します。やはり、この役は、俳優ユ・スンホにとって、生涯のキャラクター、人生キャラクターとなることは間違いなし。

この記事で、他にあげられていた俳優さんは、
カン・ダニエル、カン・ドンウォン、キム・スヒョン、パク・ソジュン、パク・ボゴム、防弾少年団、ソン・ジュンギ、そして、我らがユ・スンホ、続いて、イ・ジュンギ、チャ・ウヌ

それぞれに美しいお写真が載っていますが、こうやってみると、ウリ・ペウニム、欠けるところなく美貌です。




とりあえず、本日はここまででアップいたします。
これから、2ヶ所のイベントをちょい見して、その後、仕事にまいります。体力、持つかなあ?

皆さま、良い1日を送れますように。
여러분, 좋은 하루 되세요💕


更新を通知する




by Cloudia-Yo | 2019-09-13 08:02 | ユ・スンホNEWS | Comments(1)

Singles ユ・スンホ美貌オーラ満載Bカット公開♡   

2019年 09月 12日


アンニョ〜ン♪

本日、2回目のブログアップです!



d0289252_08314735.png


久々に見た、新たなお顔のユ・スンホニム💕
(こちらは、動画のキャプです)。


前回のページにも載せさせていただいた、彼の所属事務所ストーリージェイカンパニーのインスタですが、、、






そこにあった嬉しい情報。NAVERのポストに公開された、「Singles」のBカット✨

こちらにユ・スンホニムの素敵なお姿がいっぱいで、久々にテンション激⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎


まずは、「お、素敵な雰囲気のペウニム💕」。
ビューティフォーなお出迎え。


d0289252_08394873.png


「Singles」に出ていた画像かなと思って見ていたら、、、



d0289252_08300777.jpg


ちょっと内股方向に立てられたお膝が細くてすんなり。
色っぽい💕


d0289252_08472784.jpg


d0289252_08482795.jpg


Yoの大好きなホワイトタートルのペウニムも…😍


d0289252_08491142.jpg


あ?


d0289252_08491487.jpg


あ、


d0289252_08491819.jpg



あ、あ、あ、、



d0289252_08492335.jpg


あ〜〜〜〜っ!



d0289252_08492945.jpg


ホワイトタートル、似合いすぎ〜💕
白は彼のピュアな部分にぴったりあって、魅力増大。



この白で捕まった後、


d0289252_08555288.jpg


黒の襲来を受け、、、


d0289252_08583067.jpg


スタッフの方も、彼のお手手の魅力をよくご存知で
しっかりアピール!


d0289252_08555835.jpg


うーん、私の隣でこんなポーズをして欲しい💕


d0289252_08560275.jpg


もう見境なく、あれもこれもお借りしてきました💦


d0289252_09012423.jpg


こちらの画像も、大きめの画像で見ると更に色っぽいのよ💕


d0289252_08560961.jpg


d0289252_09023305.jpg


この子の表情は、本当におもしろい。
多彩✨

あなたは今、何を考えているの〜っ??
「そんな顔しないで、こっち向いて〜っ」
そう言いたくなるような
でも、それが私の見たい顔。
正面からのフェイスラインと流し目、美しい。
完璧、捕まえられました。。。


d0289252_09053294.jpg


またまた、お手手画像もプレゼント。
最近はハンドルを握ったり、
ウェイトトレーニングで鍛えたりもしていたし(?)、
白魚のようなお手手だったハリーより、
男っぽくなった10本の指✨
20代男子の頼れるお手手。


d0289252_09083877.jpg


またまたビューティフォーな…😍😍😍


d0289252_09092961.jpg


このグラビアでは、モリ長く
短い方が良いかなあなんて思っていたけど、
これもまた別人のようなユ・スンホも魅力的と再確認。


d0289252_09103953.jpg


さらに、ビューティフォー✨✨✨


d0289252_09114928.jpg


どっちの角度から撮っても完璧と、以前にも書かれていたけれど、
本当にお顔のライン完璧💕


d0289252_09145524.jpg


d0289252_09152252.jpg


d0289252_09145952.jpg



d0289252_09155945.jpg


またまたホワイト、カムサハムニダ〜💕


d0289252_09165303.jpg


d0289252_09165922.jpg


d0289252_09170504.jpg



「집으로(邦題:おばあちゃんの家)」公開で、可愛いスンホを見せた後で、大人スンホの魅力を劇的にアピールという、ストーリージェイカンパニー様の戦略に、しっかりはめられました〜!



全部は載せきれなかったので、こちらのページでご覧くださいませ。





NAVERのサイト画像で、、、

d0289252_09280393.png


画像の右下をタップすると、拡大のボタンが現れます。それをタップすると、大きい画面がポップアップすると思います。
ペウニムの美貌オーラ、小さい画像で見るよりさらに増大!!!



このサイトで素敵な動画もYouTubeにアップされていましたが、動画はここに貼れないみたいなので、リンクを載せますね。下の画像部分をタップしてみてくださいませ。




動画を見るに、やはり、この事務所の製作力は素晴らしいかも。


このページの1番上の画像と共に、こちらの動画からキャプらせていただいた笑顔のペウニム💕

d0289252_08320661.png


こんな風に超美しいお顔で、目の前で微笑まれたら、どーする??
スタッフが羨ましいかも?
でも、仕事が終わっちゃったら、辛いかも?

一気に幸せになれる画像をアップしてくださった
ユ・スンホニムとストーリージェイカンパニー様


감사합니다〜💕


そして、皆さま、
今日も良い1日を!!!


更新を通知する




by Cloudia-Yo | 2019-09-12 11:34 | ユ・スンホグラビア・雑誌 | Comments(0)

天才子役ユ・スンホ主演「おばあちゃんの家」再公開の巻   

2019年 09月 08日


アンニョンハセヨ。

台風「ファクサイ」、瞬間最大風速50mという、これまで経験したことのないような強風に、街で倒れた木を見つけることも多々。
皆さまのお住まいの地域は大丈夫でしたか??
この暑さなので、冷房の効かない状態も大変。。。千葉に住むチングは、停電は復旧したけれど、信号がつかなくて困ると言っていました。被害に遭われた方々が、早く正常な生活ができるようになることを祈ります。


様々に不安になることなどもありますが、そのような状況の時にも、元気を出すには「ユ・ス・ン・ホ」。
韓国のお誕生日ファンミーティング以降は、大きなニュースもなかったかと言うと、ありました!!


18年ぶりに主演映画
「집으로(家で 邦題:おばあちゃんの家)」
再公開


ポスターに書いてあるとおり、9月5日から韓国で「집으로(家で 邦題:おばあちゃんの家)」再公開。韓国の秋夕の時期に公開され、家族で楽しめる映画という感じ?再び名作を見る楽しみと共に、若い世代にとっては、ユ・スンホの子役時代の作品を見れるという意味もあるとか。



再公開のポスターには、タイトルの上に、「会いたい、私のおばあちゃん」とも書かれている。


d0289252_10130065.jpg


都会で母と生活していた少年サンウは、母の仕事の事情で、田舎で一人暮らしをしている祖母の家に預けられることになる。


d0289252_01581424.png

d0289252_02024700.png


「カシコギ」に続いて、この映画でもインラインスケートを披露。長い間、彼のプロフィールで、趣味の1つは確かインラインスケートと書かれていました。最近やっと、ドリフトとか書かれるようになったけれど。

この映画のおばあちゃん、サンウの母の母というより、サンウの母のおばあちゃんではないかと思うくらい、見た目の年齢差が…。言葉を発することができないハルモニ(おばあちゃん)に都会っ子のサンウはいたずらをしたり、わがままを言ったり。でも、ハルモニは怒ることもなく、黙々とあれこれサンウのために。ハルモニは声を出せないので、愛情の表現は言葉でなく、ひたすら行動。その愛情によって徐々に変わっていく2人の関係。心というものを深く捉えようとするところが韓国の作品には多く見られるけれど、その良さが詰まった映画と言えますね。



d0289252_02051383.png



あれこれいたずらもするわんぱくなサンウ。ハルモニに髪を切ってもらう時には、サンウはうとうと眠ってしまい、気づいたら前髪がベリーショート。ちょっとだけ切ってもらうつもりだったのに、短くされ過ぎて泣きわめくサンウ。意気揚々と荷物を持って出かけたのに、転がって怪我をして泣いたりも。泣いている彼も可愛くて、本当に子どもらしい子ども。サンウは、自分が何をしてもハルモニが怒りの言葉を発することがないのは愛情なのだと徐々に分かるようになって、熱を出したおばあちゃんを優しく看病したりするようにもなる。


d0289252_02405517.png


カメラの前で、自然に入り込んで様々な表情を見せてくれる、子役ユ・スンホ。わざとらしくキャラを見せようとはせず、映画の中で自然に存在している。
2012年に「ペク・ドンス」でヨ・ウンと出会い、まずは「ヨ・ウンのファン」になった私は、その後、「ユ・スンホのファン」に変わったのが、この作品「おばあちゃんの家」を見たからで、あまりにも自然に存在し、とにかく可愛くて。ヨ・ウンを演じたのが高校生だと知った衝撃に続いて、このサンウのふわっと自然な可愛さに「ただ者じゃない!」と思い、そうしたら、その次に「会いたい」のハリーが出てきて、激ハマりしてしまった。視聴者は皆、おばあちゃんと同じ気持ちで可愛い孫を愛してしまいますよね。


このハルモニのファッション。日本のモンペの裾のゴムがないような、ダボっとしたパンツ。先月、初海外の初韓国で、あちこち歩き回って、宗廟に行った後で地下鉄の駅を探して歩いていたら、たまたま見つけたのが広蔵市場(광장시장=カンジャンシジャン)の入り口。計画なしの1人旅だったので、そこに入り込んで、ファッションと食事の店や屋台が延々続く、この通りを歩いていた時、ハルモニ役のキム・ウルブンさんがお召しになっていたパンツによく似たデザインのダボっとしたパンツ(多分、綿製品?)が吊り下げられているのを発見。「今でも履くのね〜」と思いました。


さてさて、この「집으로(家で 邦題:おばあちゃんの家)」、予告動画の視聴も120万ビューとか。

8月5日にNAVERにアップされた予告動画・・・



その後、8月20日にアップされた予告動画・・・








上にも書いたように、可愛くて、感情表現が多彩だけれど、そもそも演技しているのでなく、普通にそこに存在している感じのサンウ。現在の俳優ユ・スンホを語るのに、視聴者を引き込む自然な演技、姿形の良さ、そして、その外形から醸し出される雰囲気・オーラ、これが外せないけれど、サンウ役の子役ユ・スンホは、単に上手い演技というのとは別格の何かがある。
この映画で彗星のように登場して、その可愛さで韓国国民に愛される存在になった子役ペウニム。韓国でのファンミーティングに友達として登場したキム・ソギョンさん、最近とても仲の良さそうなユ・スンホ×キム・ソギョン ペア。ソギョンさんにとって、俳優としてはトップクラスでありつつ年下であるユ・スンホってどんな感じの友達なのかなあと思ったけれど、意外にも「可愛い」だったようで、「君主(邦題:仮面の王イ・ソン」で共演したエルくんも「スンホは笑うと目が無くなって可愛い」と言っていましたけど。俳優ユ・スンホの「可愛いオーラ」は18年経った今も健在の模様。


正統派の良い子キャラでなく、ちょっとひねてる役とかで、彼はすごーく魅力を見せることがある。「善徳女王」キム・チュンチュもちょっとクセがあったし、「勉強の神」ファン・ベクヒョンは反逆児。最大にクセのあるキャラは「会いたい」ハリーでしたが、満19歳で演じたサイコパス演技は凄かった。このサンウ役も単なる良い子ではないことで、より魅力的な役になったのかも?
「水で煮た鶏に怒った子どもだった」というような表現が、このサンウ役を演じた彼に対して使われていて、子役ユ・スンホの代名詞みたいになっているけれど、素直で優しい部分と相反する部分の混在も魅力。都会っ子のサンウの、ちょっと小生意気な部分も、彼が演じると可愛くて説得力があって、惹きつけられます。あどけなく無邪気な部分、わがままな部分、優しい部分、様々な部分、幼い頃から、人の性格を立体的に作り出すのが得意だったのね。



この집으로(家で 邦題:おばあちゃんの家)」、2002年の公開時に450万の観客動員で、NAVERでは、10点満点の評点で★が9.33という高評価がついていて、9月5日に再公開されてから、10日現在★9.44に上昇していました。今回の公開後にポイントを入れた人は皆10点を入れてる〜。

新たにつけられたコメントは、次のような感じ。
(訳、間違っていたら、ごめんなさい!)

・感動的で最高の映画です。
それはあまりにも涙男(물남)ㅠㅠ本当の家族のような映画だ。
・殺して(中略)出血して、そのような映画でなく、心このような暖かい映画たくさん出たらいいですね♥? 最高の映画でした。



NAVER の映画で検索すると、、、


d0289252_10421142.png

こんな感じに、高得点の作品が並んでいますが(9月11日現在。この評点、日々変わっています)、10番目に出ていたのが、あの名作「メアリー・ポピンズ」。懐かしい。



d0289252_04521158.png

おばあちゃんにチキンを食べたいと言って、チキンの説明をするシーン。


d0289252_04521523.png


「チキンを食べたい」と言う孫のために、一生懸命なハルモニは、鶏を1羽買ってきて丸ごと煮るというご馳走(←タッカンマリ?)を作る。けれど、都会っ子のサンウは、ケンタッキーフライドチキンが食べたかったと言って、怒ってすねて泣く。

時には傍若無尽な部分もある都会育ちの子ども。「子ども」という存在の様々な側面が生き生きと描かれる一方、言葉を発することができないが、孫への大きな愛を持っている、田舎に暮らすハルモニ。相反する環境にいた2人の徐々につながっていく心、そこに、韓国らしい温かさがいっぱい詰まっていて、ストーリーの流れに没入してしまうのは、女性監督であるイ・ジョンヒャン監督の手腕とも言える。

全く演技素人のキム・ウルブンさんには、プロの俳優さんとは違う自然な存在感があって、子役ペウニムも小手先のテクニックより本当の心を見せることを要求されたと思われる。彼の俳優としてのスタートの頃にこの演技をしたことは、その後の俳優ユ・スンホにとっても、大きな意味があったかも、ね?

彼は最近、子役の時は大変だったと話していて、この映画でも監督にそれではダメと怒られて泣いたこともあったと、確かどこかで読んだ。そのような経験、彼にとっては忍耐のいる経験だったのだと思うけれど、その積み重ねが、今のあの滅茶苦茶上手い演技の素になっているのでありましょう。



その他、公開されている<집으로...>の動画


2002年の予告動画のリンク・・・
(画質はかなり古い感じ)



動画の最初の部分に、子役ペウニムのちょっとシリアスな雰囲気の部分がありますね。
映画の公開は2002年4月5日。



公開後の監督と俳優のインタビュー動画のリンク・・・





映画の中と違ってオシャレをしているハルモニとちょっとシックな黒っぽいお洋服をお召しになっているユ・スンホニム、インタビュー部分をキャプ。



d0289252_01050308.png


Q.<집으로...>에 출연하게 된 계기는?
시골에서 서울까지 찾아와서 그러니 어떡하겠어.
할 수 밖에...

Q.<家で>に出演することになったきっかけは?
田舎からソウルまで訪ねてくるからだからどうするよ。
することの他に...


d0289252_01050609.png

내가 안한다고 하니까 우리 아들한테 찾아왔었어.
안그랬으면 안돼. 이 영화는...
우리 상우하고 사진도 못 찍을뻔 했어.

キム・ウルブン 'おばあちゃん’役
私がしないというと、私たちの息子を訪ねてきた。
そうでなくなってはならない。 この映画は...
私のサンウと写真も撮れないところだった。

監督さんのラブコールがすごかったってことかな?


d0289252_01061136.png


Q.<집으로...>의 촬영을 마친 소감은?
할머니랑 같이 찍어서 좋구요.


Q.<家で...>の撮影を終えた所感は?
おばあさんと一緒に撮って、良いです。


d0289252_01062017.png


d0289252_01073189.png

그냥 빨리 끝나서 좋아요.

ユ・スンホ 'サンウ’役
ただ、早く終わって良いです。


d0289252_01073498.png



この映画での2人は本当の「祖母×孫」のように、仲良さそう。ちょっとはにかみながら、おばあちゃんとの撮影は良かったけど、早く終わったのも良かったと言うスンホくん。本音の発言が可愛くて、周囲の笑いを誘っていましたが、このハニカミ具合も可愛いし、声もめちゃ可愛い。
最近のペウニムもドラマの撮影終盤で、共演者と一緒の撮影が楽しいけれど、早く終わって欲しいとも言っていて、子役の時も今も主演は大変で、共演者と過ごす時間は楽しいけれど、疲労もしていて早く解放されたいってことですね。「ボクスが帰ってきた」の時のことを、東京のファンミでだったか、「寝る時間もなく撮影するけれど、身体がそれに慣れてくる」と話していて、今は辛さにも順応できる、堂々とした主演俳優ぶりを感じさせてくれてましたけど。


韓国では、この映画の他に「マトリックス」も再公開されるとかで、再公開っていうのは、なかなかないことで、よくよく考えたら重大事件!!

ペウニム自身は、この再公開のことを、

「過去に多くの関心と愛を受けた作品が再公開されるが、私が出てきた作品が選ばれるので、言葉で表現できないほど嬉しく光栄だ」

と語ったとのこと。
子役は大変で撮影が辛かったと言っていた彼も、最近は、子ども時代などの姿が映像として残っていることが良いと、自分の歩んできた時間の辛さもプラスに考えられるようになったよう。幼い頃の自分自身の記録であるこの映画が公開されることを喜ぶペウニムですが、韓国のファンミーティングでとても明るい表情だったのは、事務所で多くの人と「同じ釜の飯を食う」ことになったことの期待と共に、この再公開の決まった嬉しさもあったかも?



8月30日にアップされた予告動画のリンクも・・・




これは、昔のポスター?


d0289252_01135758.jpg

개구쟁이 7살.
엄청 연상녀와
귀(?)막힌 동거를 시작한다.

いたずらっ子7才.
ものすごく年上の女と
素晴らしい同居を始める。

기(가)막힌には、直訳で「気が詰まる」
「素晴らしい」という意味にもなるらしいです。

同苦同楽

苦楽を共にする



セピアカラーの英語版・・・


d0289252_01144944.jpg

もう1つ・・・


d0289252_01152008.jpg

この画像も、この映画のものらしい。
ユ・スンホニムが入隊する前に、髪を切って写真を撮った時、確か、後ろの壁に貼ってあった。
この元気な可愛い少年が、あのような美貌の俳優さんに成長したのは、奇跡だ❗️

次回作が待たれますが、新しいドラマ出演のニュースは、この映画の公開が終わったら、かな? とか、すぐにそちらの方に結びつけてしまいたくなります。俳優として人としての成長が著しいユ・スンホニム。今度はどんな姿を見せてくれるか、移籍した新事務所の立ち上げはあれこれ整うのに時間もかかるでしょうし、事務所が落ち着いたら、ドラマ出演も決まるのではと期待。


私、韓国にいる彼を見たら、なんだか安心してしまったりもしました。以前は、遠い世界の王子様と思っていたのが、もう少し身近になったという意味で。新しい事務所に馴染んでいる様子のペウニム(=배우님=유승호님)を見て、とっても安堵。幼い頃からの事務所サン・エンタテインメントは個人事務所で、本当に彼をよくここまで真っ当な素晴らしい俳優に育ててくれたと思う。独自の環境の中で育ってきた彼が、多くの俳優さんと一緒の場所にいることになった。この事務所の移籍と共に、同じ趣味を楽しむ友人もできて、公私にわたり、積極的に他者とコミュニケーションをとるようになった俳優ユ・スンホ。以前の、私生活が全く謎で簡単には触れられないようだった雰囲気がなくなって、親しみ易いお兄さん的な雰囲気も。容易に触れることができないような、独特の雰囲気も魅力だったのだと思うけれど、これから新たな時代のはじまり。入隊して、入隊前の子役からの俳優生活にいったんピリオドを打ち、除隊後、新たに走ってきた彼は、除隊後のすべての作品で、自分にとってとても大切な時間を過ごしたと考えているようだけれど、その除隊後の作品で様々な新しい経験を重ねて、作り上げた現在があり、ここでまた新しいステップがはじまる。さて、これから俳優ユ・スンホがどんな風になっていくのか、ドキドキ。

「ボクスが帰ってきた」日本放送決定の声も聞きたい。今は、映画よりドラマに出演して欲しいなあ。


つい最近まで、彼のインスタのプロフィール画像に出ていたトイストーリー4のキャラが、この子。


d0289252_02513040.png

近隣のスーパーで、同じキャラの画像の載ったこれを見つけて、


d0289252_02561724.jpg


思わず購入したのですが、12日3時現在、なんだか黒い丸のみになってる💦

ストーリーズにアップしたり、ネコちゃん達をアップしたり、いろいろな新しいことをしている彼。意外にも洋画をよく見るようなので、トイストーリーが好きなのかなあと思ったりしていたんですけど。


新事務所のストーリージェイカンパニー様で、新しい「麗しのペウニム」画像がアップされたので、貼らせていただきます。







「Singles」Bcut??


d0289252_03133907.png



このインスタをよく読んだら、、、ちょっと嬉しいところに行き当たり…。それは次のページでアップしますね。

それでは、また!!


更新を通知する





by Cloudia-Yo | 2019-09-08 12:20 | ユ・スンホ | Comments(0)