カテゴリ:鮫(サンオ)( 6 )   

「鮫」監督版DVD製作中止について、10/9〜26追記あり   

2013年 10月 05日
私のブログにいらしてくださる皆様、既にご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、キム・ナムギル氏主演の「鮫」の監督版DVDの製作が中止となったという、とても残念なニューズが入ってまいりました。


10月26日追記:

現在、予約購入された方に、Innolifeによる返金の手続きが薦められています。
個々にメールで返金についてのお知らせを送信しているそうです。
メールの不具合などで届いていない方は、「サンオ資料室」で対応してくださっています。
不明の点がありましたら、「サンオ資料室」ブログでご相談ください。

こちらから!!


以下は、これより前の情報です。

10月9日「サンオ資料室」のブログに(株)ENEMediaからの謝罪文がアップされました。


購入予約をしたファンへの謝罪、日本でInnolifeを通して購入した場合はInnolifeにより返金の手続きがされ10月中には完了するように進められるとのこと等が書かれています。



「サンオ資料室」謝罪文の載っているページはこちらから




Innolifeが※ 『サメ』DVD監督版 発売取消に対する公示 ※ を発表しております。(「サンオ資料室」の上記のページにもURLが載っています)。
Innnolifeの謝罪と、返金の手続きについて書かれています。
…10月10日追記


Innolifeの発売取り消しに関するページはこちらから





返金についての詳細が、「サンオ資料室」でアップされました。…10月13日追記


返金についての詳細はこちらから






以下は昨夜(10月8日)訂正した、私の文章です。
上記の謝罪文などの方が最新の情報です。



このブログで監督版DVDについて興味を持たれて、予約された方もいらっしゃることと思い、きちんと返金がされることを見届けるのが、なすべきことと思っております。

「サンオ資料室」でこの件について対応されていますが、監督版DVD予約の告知のときのように「詳細はあちらへどうぞ」のみで済ませることはできないと思い、この記事を打っている次第です。


「鮫」というドラマ、キム・ナムギル氏、その他の出演俳優を応援したい、見たいと思い、予約された方―私もですが―そのファンの熱意があったにも関わらず、製作にいたらなかったということは残念であるだけでなく、ファンでいる気持ちさえも失ってしまう可能性のある出来事で、これは、ファンにとっても俳優さん達にとってもとても不幸なことであると思います。


10月6日追記:

今回のことは、俳優さん達には監督版DVDに参加できるかどうかの確認がなかったということのようで、俳優の側に非はないらしいです…。


10月8日夜追記:

今後の経過については、大筋のことはこちらでもお伝えしたいと考えましたが、詳細は「サンオ資料室」をご覧いただいた方が良いかと思います。情報は一本化しないと混乱を招くので。
「サンオ資料室」のJUNさんが、注文した皆さんの抗議をまとめて、企業と事務所側に予約したファンに対する謝罪をするよう申し入れるということです。

→ 10月7日、コメントは締め切られて、まとめられているそうです。

→ 10月9日、EMEMediaより、謝罪文が届き、今後の精算処理についてのコメントを受け取り。



サンオ資料室の関係ページはこちらです。
      ↑    
上の方にある謝罪文のページに行っていただく方が良いと思います。




以下、ドラマサンオ監督版DVD決済サイトにある、日本語に翻訳されているJUSTOPさんの文章を載せます。
(監督版DVDのカフェの文章から差し替えました)。

が、今の段階ではまだ確定していない部分もあるようで…。
韓国では、返金作業が始まっているようですが、日本ではまだ始まっていないようです…。

     
10月中に返金を完了するとのことです。(10月9日追記)



以下は10月4日現在に載せられた文章です。

サンオ監督版に関係する皆様、こんにちは。

サンオ監督版についての重要なご連絡があります。
結論から先に書かせていただくと、サンオ監督版DVDの生産は全面白紙化となりました。

これから韓国の流通会社ENEメディアの責任の元にInnolifeから払い戻しが行われます。
(詳細は後日ご案内致します)

一度は生産可能だと判断したのに決定が覆った原因は、監督DVDの制作に必要な人々(スタッフ、俳優、制作会社関係など)のスケジュールやDVD制作のための意見が合わず参加は困難だという結論が出たからだそうです。
放送局も推進カフェも、監督版推進の段階では知らなかったスケジュール上の問題、契約上の問題、意思疎通上の問題などがあったそうです。

このように悪いお知らせを伝えることになってしまい本当に申し訳ございません。
良い話をお伝えしたかったので心が痛みます。

この結論に至るまでには長く様々な交渉を続けてきたために、こんなに多くの時間が必要だったそうです。

これまで関係している会社の本当に多くの方々が私達監督版DVDを熱望するファンの期待に答えようと諦めず頑張ってきたことは確かです。
けれどもファンの熱意だけでは叶えられないことがありました。
私達が熱望するサンオ監督DVDもその一つのようです。
サンオ監督版DVD制作の推進を請け負った者として、皆様の希望を叶えてさしあげられず本当に申し訳ありません。

ドラマが終了してから始めればよかった。
前払いでは無かったら良かったのに。
今となっては推進会の運営者としていろんな後悔や無念な気持ちが残りますが、その時々で最善を尽くしてきたことも事実なので仕方のないことでしょう。

今更ながら監督DVDの不合理な生産決定の環境がもどかしいです。
ファンの注文数量を確保してから生産が決定され、生産が決定しなければ制作に必要な公式的な段階を始められず、その段階になれば我々ファンにはわからない様々な問題が出てくる、このような現状がとても残念です。

それにも関わらずすんなりと生産されてきたこれまでの監督DVDを考えると、今回のような初めての展開にただただ「サンオ」の極めて酷しい運命を感じます。
生産のための環境が整っていても監督DVDを欲しいファンが少なく生産できないことがあるように、今回のようなケースもあるのだろう・・と思うより他にありません。

私達、推進会のメンバー達もサンオのファンである皆様同様に監督版DVDの発売を待ち望んでいたので今回の決定には虚脱感を否めません。
万感入り乱れますが...思いだけではどうにもならないことがあるとご理解いただけるとありがたいです。
この知らせにがっかりなさる皆様にお伝えしたい言葉は多くありますが、まずは払い戻しについてお知らせいたします。

ご存じのようにサンオ監督版は予約生産の商品です。
私達から離れた部分で問題が起こり予約した通りに商品を作ることができないのなら、注文した商品の代金は払い戻してもらうしかありません。

現在、KBSメディア、ENEメディア、Innolifeの3社で返金に関する詳細な打ち合わせを行っています。

3社は、販売されない商品の返金で発生する損失について交渉中です。
担当部署の個人の判断では決定できない内容なので、返金の詳細について決定事項のご案内をできるまでに少しお時間をいただくことになりそうです。

返金についてのご連絡は3社の社内方針が決定した後に改めてお知らせ致します。

一度にご連絡できず申し訳ありませんが、まずはこのような状況になったことを、取り急ぎご報告させていただきます。

予想もしない結果となりましたが、払い戻しが完了し推進会と推進カフェが役目を終えて解散する日まで、推進会一同最善を尽くして頑張ります。

ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ございません。

http://cafe.daum.net/sharkdvd/





監督版DVDのカフェにもコメントが載っています。
7日までこの記事に載せてありましたが、韓国向けの部分もあるようで、確認ができないので、混乱を避けるために削除しました。
   ↓

監督版DVDのカフェはこちらから

カフェのコメント1はこちらから
カフェのコメント2はこちらから
   ↑
ログインしないと見られない。





今回のことは、俳優さん達にとって、「そんな話は聞いていない」という状況だったのかもしれませんし、今、ナムギル氏は映画「海賊」の撮影中。途中入院する事態にも見舞われたほどで、楽ではない毎日を過ごしているのでしょう。
ただ、この監督版DVDを手に入れたいと思うほどに、応援しているファンの気持ちに対するコメントは欲しいと思っています。


このブログで私の大好きな表情や演技ではないことを話さねばならないことは、正直なところ、躊躇する気持ちもありますが、情報を発信してほったらかしにはしたくないので、あえてアップすることにしました。
このブログを見に来てくださった方を思い、今後の状況を見守り、必要なときには声にも出したいと思っています。


速やかに返金の手続きが済むことを願うと共に、また、日本の熱いファンの思いを俳優や関係者の方達がしっかりと受け止め、その上でナムギルssiが現在撮影中の映画「海賊」で、彼の持つ才能を存分に発揮した演技を見せてくれることを願っています。


演技は、その人の生き方も見えるもの。
ナムギルssiの衒うことなく精一杯に取り組む姿を見たいです。

by Cloudia-Yo | 2013-10-05 04:12 | 鮫(サンオ) | Comments(13)

「鮫」第20話(最終話)その2   

2013年 07月 31日
いよいよラスト。。さあ、このドラマの結末は…!?
あらすじではなく、ほとんど画像と感想をちょっとのみ。
それでもネタバレになります。



「鮫」第20話(最終話)その1はこちらから



d0289252_10365711.jpg
ドラマ残り9分のイス



d0289252_4272873.jpg
義父ヨシムラジュンイチロウと本音で対峙。


いろいろ解決。普通の感じ。
んんん、このまま追われる訳ないよな。
本日、あまりにすんなりで。
とっても嫌な予感。


d0289252_4301327.jpg
あ、もうおわりに近づき、スポンサーのテロップが…。



へウと会う約束をした公園に着いたイス。
あああ、嫌な予感…。



d0289252_4353557.jpg
d0289252_4354295.jpg

d0289252_451989.jpg
案の定!!イスの首に何者かが拳銃を突きつける。




d0289252_14293047.jpg
あああああ、まただ!!
ナムギル氏はいつもこの運命…!?


こんなことをしたのは、悪いヤツ、へウの祖父。監獄の中で高笑い。



d0289252_9355273.jpg

イヒョンはこれから手術
兄の身に起きたことを知らない


d0289252_9361282.jpg

d0289252_9362269.jpg
眠ったままのイスにキスをするへウ。
イスも手術?

l追記:「イスは免疫体系の異常で手術を受けなければならない妹のイヒョン(ナム・ボラ)に自身の肝臓を移植した」のだそうです。イスは脳死状態で意識が戻らないので、イヒョンに肝臓を移植したということらしく…。




d0289252_9365363.jpg
止まっていた時計が動き出す
これには、このドラマに流れる「何か」を感じた



そして…

水の中に入っていく黒い服のへウ。
自殺??
と思いきや…

d0289252_9372025.jpg

イスの作った「鮫」のペンダントを海に流すへウ。
これってどういう意味!!!…!?
そんなことしないでよ〜!!
→これは、「鮫を水に戻して息をさせてあげる」意味があるよう??「イスが息をするようになる」という願いもあり?


ラストシーン
d0289252_938574.jpg


結局、イスは助かったのか、助からなかったのか、不明…。
「自分で考えて」という監督の提示?サン・テグジュペリの「星の王子様」的な、全部は語らない芸術的姿勢?
→やはり、イスは最期を迎えたのだということが、後になって分かりました。


最期に、これまでの様々なシーンが…
d0289252_9271729.jpg
このナムギルさんの表情がめちゃくちゃいい!!
このドラマの中で生きてきたって感じ
これが見られただけで、この「鮫」満足!!



出演者1人1人の画像が名前と共に順に流れ…。


d0289252_9374819.jpg

最後に、김남길(=キム・ナムギル)の名が…。

これで「魔王」3部作も終わり。
キム・ナムギルで幕を閉じたってこと…。いい感じ。



ここからは、私のつたない感想です。
↓ ↓ ↓ 


実は、「鮫」あまりちゃんと見れていないのです。
韓国語、どなたかのお世話にならないと分からないので、ひと言ひと言をじっくり分かるようになるまで見る時間的余裕がなくて…。
スンホ君の「ポゴシプタ」の韓国放送中は、比較的仕事が暇だったので、何回も見直して、韓国語の翻訳されたものと照らし合わせるということができたのですが。

言葉をリアルタイムで理解できないので、ちょっとドラマの流れをつかみにくい状況で、韓国語を理解できたらもっとのめり込めたかもしれません。それでも語ってしまう私の無責任、ごめんなさい。


ドラマとして…

ドラマの中心にあった大量虐殺とか拷問とかっていう部分が画像だけで処理されているので、少々臨場感に欠けて、例えば、日本の横溝正史シリーズのように、なんか不気味な雰囲気とか、異様な雰囲気とかをはっきり打ち出してしまえば、「恐ろしい、忌まわしいこと」と思えたのでしょうが…。

これも、途中、うとうとしながら見てしまった回があるので、しっかり見ていればもっと臨場感を感じたのかも。


最後は、イスの植物状態が衝撃と言えば衝撃なのでしょうが、特にドキドキする展開はなく、ただ、「ああ、やはり…」で絶句。
ただ、この回は音楽が上手く流れていて、なんとなくの雰囲気を作り出していた感じ。よって、切なさも感じ。


ナムギルさん…

本日(既に昨日…)の最終回、先程も書いたテロップの流れている部分のナムギルさんの表情がとても良くて、このドラマでこれが見られたから、未来は明るいという感じでした。

ナムギルさん、中盤まで少々表情が辛そうで、肋骨損傷で痛み止めを打ちながらの撮影だったというのが少し響いていたのではないかと、想像してしまいます。
ただ、ここ数回は、別人のよに表情が柔らかくなり、ナムギルさんならではの自由な表情が見えてきました。
もしかしたら、これはナムギル氏の演技だったのかもしれないけれど。。。

テロップの流れている部分、、ここは彼の表現力が見事に現れていて、人生を感じた!!

「善徳女王」でブレイクし、次のドラマ「赤と黒」では兵役のため、3話切り上げとなってしまったナムギルさん、大ブレイクしたピダムとゴヌクという2つのキャラクターの後、除隊後初のドラマでどのようなキャラクターを創り出すか、ナムギルさん自身も超えるべきものは「赤と黒」のシム・ごヌクというとおり、それはたいへんな課題だったことでしょう。
でも、その彼の悩みが吹っ切れて、このドラマは終了したと思えます。
この20話では、彼独特の台詞の温かい響きが魅力的で、これが出れば、次の出演となる映画「海賊」では生き生きとしたナムギル演技を見ることができるだろうと、期待。
山賊の役だそうで、これはきっとナムギルさんに特に向いているはず。

未来は明るい!!
最後はほっとして終わった「鮫」でした☆


登場人物は…

正直、相手役は他の方でも良かったかと。ほんとに美人なんだけれど、悩む部分はため息ばかりで、あまり変化がなくて。それが私のドラマへの没入を妨げている感じ。
女性はむしろイ・ハニの方が表情に深みがあった。

へウの発する言葉をその場で聞き取れたら、ちょっと違っていたかもしれません。おそらく事件の内容などを語る部分が多かったかと思うので、それで抑えた口調、表情の変化もない状況だったのかも?

かわいかったナム・ボラちゃん。キム・スヒョン役のイ・スヒョクさんも存在感あり。
ええ、ナム・ボラちゃんの義父は、ペク・ドンスで、天(チョン)にやられちゃったあの人ですよね。パク・ウォンサン。良い役回り。
イスの友達キム・ドンスを演じたイ・シオン、いい味でした。

主役の周りの人達、特に悪役がちょっと緩い感あり、もう少し凄みがあると良かったな、と。
凄みってなんだろうな。中から出てくるいやったらしさ??
ご本人が実は善良であることが見えないくらい、演技がドロドロしていたら、やっぱり迫力ありますよね〜。


カメラワーク…

あと、カメラワークが普通じゃなくて、台詞を言う人がわざわざ画面の端にいたり、反対側が何かの影になっていたり。これが独特がけれど、ある意味見にくい。
電話をする2人を画面を分割して同時に顔を出す場面が多々。これってあまり効果的とも思えなかった。右と左の画像の質が違いすぎるので。

独創的であり、かつ芸術的であることは難しいな。。きちんと締めていかないと?


結局のところ…

あまり上手くキャプれませんでしたし、でも、でも、とにかく、最後にナムギル氏の持ち味の柔軟な演技が感じられて、次のナムギル氏出演作に期待を感じさせてくれたので、私的にはひじょうに嬉しかった。ホッとした☆

や〜、ところどころはちゃんと泣きましたよ。
が、動画を見て、翻訳見ながら、キャプるという芸当をやってのけたので、集中力に欠け、かなりよろしくないコメントで、ごめんなさい。m(_ _)m.....

「サンオ資料室」のJUNさま、台詞おせわになりました!!



8月1日追記:
1日経って、徐々に「あれ、イスは死んじゃったのか…?」という惜別の情が…。
イヒョンにあんなに優しかった兄は、再びイヒョンの元から離れ、今度こそ帰らぬ人となった、それがじわじわときまhしたね…。イヒョンの病気のために、脳死となったイスの〜〜が移植されたということなんでしょうか。

無責任極まりないアップ、お許しくださいませ〜!!

ドラマの結末で主人公の死で終わるということは、この先の人生がなく、そこまででくくられてしまうということ。新しい事実を生み出すことがない、ということは、やはり哀しいことですね。イスが復讐のために自分の人生をかけて、でも、その復讐が終わった先にもう新たなページを作り出すことがないとしたら…。その閉ざされてしまう人生が哀しいな TT...。

そんな気になってしまったのは、最終話のナムギル演技が生き生きしていたからで、最終話にふさわしい良い出来、とてもバランスの良い演技だったのではないかと思う次第です。もしかしたら、この「鮫」でナムギルさんは新たな何かをつかんだかも…!?

それから、、、

このドラマの持つ社会性、過去に実際に起きた事件などは言葉を詳細に理解することによって分かるものなので、演技と台詞を同時に理解できないと、ちょっと難しかった。これは、ひとえに私の責任!!←韓国ドラマ製作者は、ドラマを翻訳を読みながら観るというお客の状況まで理解する義務は全くないので。

もしかして、「鮫」と日本語字幕で観られる日が来たら、どっぷり浸かれるかもしれません。。。


8月3日、またまた追記:
この「サンオ」、映画にしてコンパクトにやったらヨカッタのではなかろうか???






このドラマの監督版DVDについて


10月4日、残念なことに製作中止になったとのニュースが入りました。
予約した方への返金はきちんとされる模様です。

「韓国ドラマ サンオ資料室」こちらをご覧ください。
また、10月5日アップの私の記事こちらにも、コメントを載せました。



現在、監督版DVDというものの作成が検討されているそうで、それについて、下記のURLのブログ「韓国ドラマ 鮫(サンオ)資料室」に載せられています。
私もこのことについて、まだきちんと理解できていないのですが、早い時期での対応が必要なようで、とりあえずここに載せておきます。

追記:
監督版DVDの製作には、ある程度の人数が集まらなくてはいけないということで、日本で650個の予約が必要だそうです。DVD予約意志を伝える期限は8月18日(日)まで延長されました。変更された告知文をMoreに載せます。→下の追記のように、決定。




さらに、追記:

キム・ナムギル主演「鮫」監督版DVD制作決定!!

  8月22日まで先注文の予約延長されたそうです。

リージョンが韓国版ですが、リージョン・フリー機は数千円〜1万円以内で購入可能(amazon等でも購入可能)。日本語字幕なし。ただ特典映像他、一般のDVDにはないものが添えられる予定だそう。
ナムギル熱烈ファンの方、応援したいという方、情報は、当ブログの右の列にある、私のお気に入りブログ「韓国ドラマ サンオ(鮫)…」をクリックすると、そちらのブログに書かれていますが、最新版の情報は「韓国ドラマ サンオ(鮫)資料室」以下のURLで。

http://sangeo.exblog.jp/19494159/
コード埋め込みの技術をマスターしていないので、コピーして検索をお願いいたしますm(_ _)m



8月26日追記:
監督版DVD製作決定し、韓国企業イノライフにて決済する形となり、期限は2013年08月31日 22時00分までだそうです。詳しくは「サンオ資料室」へ。



この件に関して、私は告知のみをお手伝いしています。
予約に関しては告知の内容にしたがって手続きをお願いいたします。

by Cloudia-Yo | 2013-07-31 10:07 | 鮫(サンオ) | Comments(7)

「鮫」第20話(最終話)その1   

2013年 07月 31日
イスに幸せは訪れるか??

最終話の動画を夜中に観まして(韓国での放送です)、思わず画像を並べてしまいました。

d0289252_3203799.jpg



d0289252_311228.jpg
 屋上のイスとスヒョン


d0289252_3115035.jpg
スヒョンに殴られたイス

  
d0289252_3144323.jpg
そう、イスは生きていた     
d0289252_3154788.jpg

ま、19話で死んでしまってはお話しにならないですよね。


d0289252_316182.jpg
イスの狙いは?
義父吉村のパソコンを開き、情報をUSBに入れる。


d0289252_3173992.jpg
ヨンヒにUSBの内容を見てと託すイス

d0289252_318637.jpg
何をしているのか、へウたち(!?)←画像入れながら、この無責任な言葉に、私、自分で大笑い…。
ごめんなさい!!

d0289252_318428.jpg
へウの祖父の悪行がへウの手で流される。

d0289252_319599.jpg
とてもやばそうな、諸悪の根源、へウの祖父


d0289252_3192158.jpg
レストランで念願のスパゲッティを一緒に食べるイスとイヒョン、そして、スヒョン
イスの優しい目

d0289252_3193656.jpg
3人の幸せなひととき
イヒョンはほんとにかわいい

しかし、スヒョンに車で送られたイヒョンが倒れて

d0289252_322582.jpg

d0289252_324522.jpg
イヒョンを案じて、イヒョンの義母と話すイス(だったと思う…) 。  

d0289252_3253926.jpg


d0289252_3264633.jpg

義父ヨシムラジュンイチロウと話をするイス
イスに「生きていて良かった」と言う吉村
しかし、イスは吉村の隠していた情報を…!?


え〜
ナムギルさんばかりキャプったら、誰と会話しているのか不明になってしまう始末!!
見直す余裕なく…m(_ _)m

とにかく…第19話でキム・スヒョンに撃たれて海に落ちたかと思われたイスは生きていた。
そして、へウの祖父の悪行を暴くために画策する。
へウの祖父は捕らえられる。
一方、イスの妹イヒョンが倒れ、ドキッとさせる。死んだかと思った。
この子はほんとに可愛い。この子がいないと、このドラマひたすら暗かった、と。
あと、キム・スヒョンも存在感あり。
ナムギルさん、一段と「らしさ」が出てきた感。



→「鮫」第20話(最終話)その2につづく。

台詞等は、私がお気に入り登録させていただいた「韓国ドラマ サンオ(鮫)資料室」などをご覧くださいませ。





追記:


「鮫」監督版DVDについて

10月4日、こちらでお知らせした監督版DVDが残念なことに製作中止になったとのニュースが入りました。
予約した方への返金はきちんとされる模様です。

「韓国ドラマ サンオ資料室」(こちら)をご覧ください。
また、10月5日アップの私の記事(こちら)にも、コメントを載せました。m(_ _)m

by Cloudia-Yo | 2013-07-31 09:54 | 鮫(サンオ) | Comments(3)

鮫第19話の画像1   

2013年 07月 30日

ひたすら、画像のみ…。

d0289252_2574256.jpg



d0289252_2575826.jpg



d0289252_258572.jpg



d0289252_2581268.jpg



d0289252_2581887.jpg



d0289252_2582689.png



d0289252_258325.jpg



d0289252_2584119.jpg



d0289252_2585317.jpg



d0289252_259434.jpg



d0289252_30256.jpg



d0289252_313742.jpg



d0289252_315171.jpg



d0289252_32537.jpg



d0289252_331773.jpg

by Cloudia-Yo | 2013-07-30 03:20 | 鮫(サンオ) | Comments(0)

KBS 鮫の映像クリップ 画像   

2013年 07月 30日
d0289252_131948.jpg
 イ・シオンの視線から愛情が…。仲良さそう。


d0289252_1311254.jpg
 ナムギル&イ・ハニ 真剣な眼差しから


d0289252_1311685.jpg
 笑い…和やかなムード

by Cloudia-Yo | 2013-07-30 00:00 | 鮫(サンオ) | Comments(0)

「鮫」Teaser   

2013年 05月 20日

KBS월화드라마 상어(SHARK) 1차 티저 (Teaser1)


KBSdramaさまの動画
http://youtu.be/KVNLf9kUQw8





KBS월화드라마 상어(SHARK) 2차 티저 (Teaser2)


KBSdramaさまの動画
http://youtu.be/spLJYw5tY28





KBS월화드라마 상어 3차 티저 (shark Teaser3)


KBSdramaさまの動画
http://youtu.be/0kRmDnYIZbc

by Cloudia-Yo | 2013-05-20 22:00 | 鮫(サンオ) | Comments(0)