「ヨ・ウンとミンギュ、見てますよ」の巻♡   

2019年 06月 22日

アンニョンハセヨ〜♡
オレンマニエヨ〜♡
ご無沙汰いたしました。

この間、皆様にもいろいろなことがあったかと思います。地震など、大丈夫だったでしょうか?
気候も少々しんどい感じですが、元気を出して頑張っていきましょうね。

私も、あれこれ私的に、いや、公的にございまして(ブログが私的で、仕事は公的、よね?)忙しく、ブログはなかなかアップできなくて。代わりにインスタグラムで、LaLaTVで見た


「ペク・ドンス」のヨ・ウン


画像をアップしたりしていました。



現在の一番人気は、これです。

  ↓






ドラマの中での、人物設定は・・・

朝鮮王朝、有名な正祖イ・サンの祖父英祖の時代、殺星(サルソン)の下に生まれたとして、父に疎まれ、父の死後、清の暗殺集団、黒紗燭籠(フクサチョロン)の天(チョン)に拾われたヨ・ウンは、その能力故に、後継者と目される。
英祖の後継者、次男の世子は、大国である清の意のままになる朝鮮であってはならないと考え、宮廷を牛耳ろうとする老論派とも対立し、清の皇帝の石碑を斬りつけるなどの行動に疾る。
王の忠臣ペクサモらは、世子を守るために、ペク・ドンスら子ども達に武芸の鍛錬し、王を護衛する壮勇衛を作るが、そこに、ヨ・ウンも天(チョン)の命令により、黒紗燭籠(フクサチョロン)のスパイとして潜り込む。共に暮らす内に、ドンスとヨ・ウン、そして、ヤン・チョリプの間に友情が芽生え、苦楽を共にするが、やがて別れの時が来た…。


そして、2019年6月21日(金)の放送は、第16回。ドラマの中盤でした。
既に、ヨ・ウンは、ドンスの元を去っています。

黒紗燭籠(フクサチョロン)に戻ったヨ・ウンは、天(チョン)が自分の武芸を磨くために旅に出てしまったので、事実上、黒紗燭籠(フクサチョロン)を率いる立場になっている。
黒紗燭籠(フクサチョロン)と通じている、老論(ノロン)派の大監ホン・デジュは、ヨ・ウンを意のままに使おうとする。
それが、こちらのインスタにあげた部分。









と、こんな状況で、ドンスの敵側であるホン・デジュの命令に逆らえないヨ・ウンの苛立ちをよく表しているシーンでした。




★ ペク・ドンス プロモクリップ

「ペク・ドンス」の日本の公式サイトによる予告です。
限定公開なので、動画を貼れなかった💦



動画はこちらで






d0289252_11373200.png



0分45秒くらいのところの、ふっと目を上げるヨ・ウンの表情に、ドッキーン💘としてしまいます。
その前の、荒っぽいアクションシーン・・・


d0289252_11385508.png


ここから、一番上に載せたヨ・ウンの表情に繋がり、そして、



d0289252_11385957.png



「ユ・スンホ」のお名前が表れるのは、最高ですね〜♪
大好きだわ、この予告動画。


ヨ・ウン、かっこいい〜💕


こちらは、「ペク・ドンス」の日本の公式サイトに載っていますが、




LaLaTVでは、平日の早朝6時半から連日放送で、どんどん見れるのが嬉しい。
改めて見ると、黒くなるほどに、魅力を増していく、ユ・スンホ・ヨ・ウン。

5年前、Yoが、ユ・スンホニムの入隊中、センイルにスライドショー動画をアップしようと思って、ハリーのを作るつもりで、なんとなくその前に作ったのが、これなんですが…、








なんとなく、このシーンで作ってみた、試作品的なスライドショー動画でしたが、今、ヨ・ウンの画像をゲットしようとしてネットをうろつき、このシーンのドラマの動画に出会ったら、5年前の「なんとなく」が「必然」だったと納得。


今回出会ったのが、この哀しいヨ・ウンの動画。


★ 무사 백동수.E12.110809_13









あまりに辛そうなヨ・ウン。



d0289252_11592533.png


d0289252_11593633.png


d0289252_12005733.png


d0289252_12022656.png

d0289252_12023781.png


d0289252_12030888.png


d0289252_12033214.png


d0289252_12033880.png


d0289252_12034759.png

ウナと一緒に泣いてしまった。

米びつに閉じ込められる世子は、命を永らえるためにヤン・チョリプを身代わりにして宮廷から抜け出し、その世子の脱出の手伝いをするはずだったヨ・ウンは裏切って情報を流し、世子を襲う黒紗燭籠の側に立つ。そして、天(チョン)の命令で、教官であったイム・スウンにも剣を。
あまりにも辛く哀しそうなヨ・ウンだった。

そこにドンスが現れて、ヨ・ウンを問い詰め、



d0289252_12080309.png

怒ったドンスがヨ・ウンに殴りかかると、


d0289252_12120364.png


d0289252_12133307.png


d0289252_12134225.png


d0289252_12135091.png


d0289252_12154071.png


d0289252_12155915.png


怒鳴る声も男っぽく
が、二人の争いを見たジソンが止めに入る。


d0289252_12182548.png


d0289252_12192548.png


ドンスを刺すのを止めようとしたジソンが、ドンスに刺される。
ヨ・ウンもも傷ついて、



d0289252_12185317.png

d0289252_12211273.png


d0289252_12213785.png


刀で自分の身体を支えている姿にもドッキーン💘
上から撮ってるって、このシーンの撮り方も絶妙。



d0289252_12215753.png


d0289252_12220577.png


ドンスと言葉を交わした後、笑みさえ浮かべる、ヨ・ウンの感情の幅の広さに魅せられます。
やっぱりヨ・ウンは、ユ・スンホに最も似合った役だったかも???

ユ・スンホニムは、正しい人であるように育てられ、嘘もつくのも嫌がる性格で、だから、余計にドンスや友、自分の身の周りの人を裏切らなければならないヨ・ウンの哀しさを、感じていたのかも?

ヨ・ウンの見せる笑みは、来るべき時が来た、その絶望と安堵?

とにかく、深くて、魅力的💘
教官であるスウンが亡くなり世子も亡くなって、ドンスが泣き叫ぶけれど、それよりもヨ・ウンの辛そうな表情の方に泣いてしまうYoでした。

上の方に載せた、Yoのスライドショー動画、今、作ったら、もっと良い画像をたくさん入れただろうと思ったりします。「ペク・ドンス」のシーンの撮り方、やたら凝っていて美しく、画面として、もっとおもしろいものがたくさんあったので。


と、このシーンの画像を探していたのではないのに、ここで止まってしまいました。
ビジュアル的には、長髪バラリの髪型の方が好きなのですが、このシーンのヨ・ウンは観る価値絶大にありですよね。




そして、アジドラさんでは、

「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」がスタート。



d0289252_13245343.jpg


こちらは、木・金曜日の朝9時半から。
追っかけ放送が、7月4日(木)から始まり、放送は、同じく木・金曜日の夜10時から。


番組のサイトはこちら。

     ↓





このシーン、少々寝不足で、見ながらウトウトして、気づいたら終わってた😰😰😰
でも、大好きなシーンです。



d0289252_13291131.jpg


「ロボットじゃない」は本当に楽しく見れて、しかもホロリとさせられる。
シリアスなシーンが得意な俳優ユ・スンホが、これまでと違う表情をたくさん見せてくれるドラマであり、アジアでも人気。また、彼自身がすごーく好きなドラマ。


さて、「ペク・ドンス」のヨ・ウンと、「ロボットじゃない」のキム・ミンギュと言えば、ファンミのお花企画「Close to U」と深い関わりがあるんですけど。???
そう、お好みのキャラ人気投票で、1位「ヨ・ウン」、2位「キム・ミンギュ」だったんですよね。大人気の「世子イ・ソン」を抜いた、この2つのドラマのユ・スンホ・キャラ。ユ・スンホニム自身が、ファンミで、「最も印象に残っているキャラは、ヨ・ウン」と答えたことがあり、また、今回のファンミで、「最もお気に入りのドラマは『ロボットじゃない』」と答えていて、彼の思うとおりに、ファンの人気も高いという結果です。

その人気の2作が、今、日本で同時に放送されているという、とってもありがたい状況。



d0289252_13375142.jpg


d0289252_13375428.jpg


d0289252_13375620.jpg


d0289252_13375928.jpg


d0289252_13381101.jpg



LaLaTVは、J:COM、スカパー、CATV、auひかりで、アジドラはJ:COM、スカパー、ひかりTV、CATVで視聴可能。ただし、有料かな。

なんか、Yoもよく分からんのです。Yoの住まいはJ:COMは不可で、たまたまCS視聴可能にする工事に来たお兄さんが、「韓国系を見るなら、LaLaTVかな」といった、それだけで、これを見るに至った。
KNTVを見たくて、ひかりTVにした。ひかりTVは、めちゃくちゃ画像が綺麗です。


そして、、、abemaTVでは、「アラン使道伝」の放送が!



d0289252_14553299.png


d0289252_14553974.png


玉皇上帝、たまにしか出てこないけれど、やっぱり美しかった。
こちら、「プロポーズ大作戦」と「会いたい」の間に出演したドラマですね。ヨ・ウンの1年後くらい。

abemaTVでの開始時間は日によって違うけれど、平日の10時15分くらいから?

こちらは無料です。







さて、彼の最新作「ボクスが帰ってきた」は、まだ日本放送の情報が来ませんね。



d0289252_16035220.png


韓国での次回作の情報も、「『スーパースター ミス・リー』への出演は選択肢の一つ」という公式ニュースを最後に、その後は情報なし。Yo的には、俳優ユ・スンホには、しっかり選んで、深みのありそうなドラマを選んで欲しい気持ち。うん、「ミス・リー」でなくて良いよなあ。


個性の際立つ俳優のキム・ジェウクさんが、どこかのインタビューで「20代はやりたいキャラで出演を決めたが、30代はドラマ自体がおもしろいかどうかで出演を考えるようになった」とか語っていました。そうなのかもしれないなあ。
俳優ユ・スンホは、まだ、20代半ばで、好きなキャラで選んで良い(選ぶのが当然の)年齢かも、とも、思った。作品全体を見渡して考えるのは、もう少し後でも良いのかも?ね?


本当にヨ・ウンは魅力的💕
ただ、現在の演技者としての俳優ユ・スンホは、安定し、深みを増し、表現も広がり、重さと軽さを自在に表現し、おもしろさも増し、イケメン度、ますますアップ。身体も声もしっかり作り上げた感。主演俳優としての魅力と実力を着実に身につけた。
今の彼にヨ・ウンみたいなおもしろい設定で、深くて、泣いてもいいから可哀想過ぎない役を演じてもらえたらいいなあとか思った。



あと、私、スンホ王子と関係なく、最近、gyaoで「凍える華(原題:天上の約束)も見ちゃったりして。子役俳優ユ・スンホがその演技力を見せつけた「拝啓ご両親様(原題:両親への手紙)に、スンホ演じるジュンの叔母さんの役で出ていたイ・ユリさん主演。イ・ユリさん、ドロドロ復讐ものに多々出演の女優さんで好きなタイプではないと思っていたのだけれど、KNTVでやってる「春が来るのかな?春」もおもしろくて。



「春が来る〜」は、韓国ドラマにありがちな、二人の人の魂が入れ替わるという設定だけど、中身はおもしろい。韓国ドラマは設定より、表現で見せるなあと思う。
イ・ユリさんの濃いアイメークもちょっとお気に入り。化粧濃くても、カッコ良ければいいじゃん?


ユ・スンホニムもファンミで言っていたけれど、「奇想天外なことが起きる」韓国ドラマ。「交通事故で、家族を失くす」パターンは多発を超えて、日常茶飯事。その事故で家族を失ったり記憶を失ったり。
俳優ユ・スンホ、真剣に役を演じながら、「奇想天外なことが起きてる」って、実は心の中で思ったりしてるのが、おもしろいわよね。




さーて、私、久々のブログ・アップで、ちょっと助走しないと飛び上がれない感でしたが、ヨ・ウンの画像をキャプっていたら、勢いがつきましたよー。このブログを始めた最初のきっかけはハリーだったので、その前に放送されていたヨ・ウンについては、深く触れていないのだけれど、またまた改めて、あまりにもユ・スンホに向いていたと思う次第。
私もヨ・ウンでユ・スンホに堕ちた人間なので、スンホ・ペンの中でベテランとは言い難い。それでも、もうすぐ7年ですよ。桃栗3年、柿8年か。まだ、柿は生りませんね〜。

ユ・スンホニム、今頃、バイクに乗っているのでしょうか?それともドライブ?
あ、お歌の練習も始めると言っていたので、そんなことをしている可能性もあるかも?
台本、読んだりもしているかな?
彼より少しお兄さん世代の人気俳優さん達が、今、続々除隊してきているので、それぞれがこれからどんな演技を見せてくれるのかも気になりますね。


そうそう、ファンミの記事が、韓流雑誌に載っていました。

「韓流旋風vol.85、2019 7月号」「韓国TVドラマvol.91」

久々に、買ってしまった。。。


d0289252_14373198.jpg

どちらも1ページずつの記事です。


d0289252_14373414.png


こんな感じで、画像は同じものが使われていました。
あちこちで見た、この写真、彼はやっぱり大人になったなあと思う。事務所を変わって、趣味などで人との関わりも広がり…。事務所は、彼を大人の人気と実力を兼ね備えた俳優として接して、サポートしてくれるだろうし。


ファンミを思い出すと、本当に幸せな記憶だったと思う。あまりにも素敵なユ・スンホニムに会えたことが幸せだったし、また、同じように彼を素敵と思う方たちとお会いできて、本当に嬉しく楽しかったです。


最近、想いを共感するっていうことが、必ずしも簡単ではないし、話しても通じないってこともあったりすると痛感。俳優ユ・スンホ、本当の自分を見せてもいいと思うようになったと発言していましたが、私も俳優ユ・スンホと同じように、そろそろ自分らしくして良い時期かなと思ったりしております。ハハ。
我が家のナムピョンとは、ディテールにおいては、完璧にずれてるんですが、お互い不干渉で成り立ってるので、それはそれで成立していて良いんです。(実は、尊敬している部分もある)。あれこれ手を出す私、自分のいた状況で、自分らしくいられない場所っていうのもあって、そろそろ自分らしくいられる場所のみに存在することにしようかな…。と、まあ、そう思ったら、服の選択まで違ってきて、人間って不思議ね〜。解放感♪

というわけで、その自分らしい場所の一つは、このブログでもあるわけなので、今後も、好きなものを「好きだ〜っ」と大声でわめきながら、行こうと思っております。


私のファンミの記事、相変わらず、東京ファンミを書いていないんですよね〜💦
毎回、東京ファンミは各社から記事が出るので、こういうことになる💦
だけど、彼ってちょっと感覚が普通の人と違っていて、おもしろいから、思い出して書きたい気持ちはあります。



最後に、ヨ・ウンの、一番上にあげた動画辺りの、ちょっと美しい色合いのキャプを。



d0289252_13564936.png

ウナ〜💕



韓国ドラマの青と緑に光の入る画面、本当に美しくて好きです。
夜の照明に緑は、素敵✨


それでは、皆様、お身体、ご自愛くださいませ。
またね〜!



更新を通知する



by Cloudia-Yo | 2019-06-22 16:16 | ヨ・ウン(ペク・ドンス) | Comments(2)

Commented by rippledrs at 2019-06-27 01:49
Yo様、ご無沙汰してます~💦
手が痛かったり転職とか子供のこととかいろいろあって、なんだかゲッソリしてましたが、
久しぶりにウナの画像見たら元気出ましたよ~💕ありがとうございます!

しかし、久々に見た教官を刺すシーン、なんと悲しい場面でしょう(泣)
今考えると10代の子のする演技のレベルじゃないですよね! 凄すぎる!!
いろいろな意味で、彼の持っているポテンシャルを最大に引き出してくれる
役どころだったということでしょうか?! ヨ・ウンは永遠ですっ💖

実は新しく仕事を始めることにして(バイトですが)、人前に出る仕事なので
今までのようにパソコンの前でボサッとしているのと勝手が違います。
少しは身だしなみに気を付けるようになれるかな・・・と期待してますが💦
でも、週4ぐらいなので遊びには行けますからね♪ 
また夏休みにでも会いましょう(^O^)/

玉皇上帝、1度しか見てないけどまた見たくなってしまったな~( *´艸`)
スンホくんも楽しそうで、見ているこちらも楽しかったですよね♪ 
1週間で2キロ落ちるほどスケジュールがハードだったので、癒されるかも~(^_-)-☆
Commented by Cloudia-Yo at 2019-06-28 07:36
> りぷるさま、お久しぶり!!
りぷるさんもいろいろあったんですね。げっそり、大丈夫ですか?1週間で2キロ?
こちらもあり得ないようなことが2回もあって、ちょっとビックリな日々を過ごしておりましたよ。人間ドックで、体重は昨年より減っていて、1年で2キロ減でしたが、その前の年に3キロ増えていて、お腹周りにお肉がいっぱい。サイズに自分でビックリでした。。(^^;;
りぷるさんは、ご飯、ちゃんと食べてね〜。

ウナがね〜、やっぱりこの辛さが胸に迫って。同じ気持ちにさせられちゃう、スンホ・マジックですね。ほんと、凄い。
本当に俳優ユ・スンホのためにあるようなキャラクター!!
今、「ペク・ドンス」見てますよ。
三つ子の3人、顔が覚えられない。似てるから。1人は韓国のドラマ放送中、CFに出てました。出世したのかな?
玉皇上帝の方は、abemaTVで配信中に見ると、特別出演で出番が少ないので、なかなか出てこない。全部見てると長いから、リアタイ視聴でなく、その後のビデオで見る方が、登場の場面のみ見られる。ジュンギさんゴメン。

夏にお会いできたら、嬉しいです〜😀
名前
URL
削除用パスワード