ユ・スンホファンミ終了後 挨拶動画キャプ★+画像お遊びの巻+スンホ演じる人気キャラは?+検討中の新作ドラマ   

2019年 05月 23日

アンニョンハセヨ!!

夢見心地のユ・スンホFANMEETING2019から、早くも半月が経ってしまいました。
ファンミで積極的に次回作を引っさげて、また日本に来たいと語っていたユ・スンホ王子、昨日、検討中の次回作「슈퍼스타 미스리」 について、公式に発表がありました。

それは次のページでということにして、当ブログ、まだ東京ファンミのこともアップしていないですが、その前に、日本公式ファンクラブYoo & Youのサイトでアップされた、こちらのことを!

     ↓

☆スンホ王子のファンミ終了後のご挨拶動画


現在、この動画は、ファンクラブ会員限定の動画。Twitterで、海外ファンの方に、動画のリンクを貼って欲しいと言われたりもしたのですが、あまり無謀なことはしたくないので、とりあえずキャプで。



d0289252_01133618.png

d0289252_01414464.png

d0289252_01421295.png

d0289252_01421642.png

d0289252_01183505.png

d0289252_01434461.png

d0289252_01185535.png

d0289252_01435503.png

d0289252_01440910.png

d0289252_01441888.png

d0289252_01192037.png

d0289252_01443393.png

d0289252_01444406.png

d0289252_01445109.png

d0289252_01445809.png

d0289252_01451091.png

d0289252_01452010.png

d0289252_01452771.png

d0289252_01453636.png

d0289252_01454309.png

d0289252_01461506.png

d0289252_01462887.png

d0289252_01464139.png

d0289252_01161800.png

d0289252_01464827.png

d0289252_01535732.png


「東京と大阪でファンミをやります」という、ファンミ前のご挨拶動画はちょっと緊張気味な感じだったので、「事務所の指導が入っているのかしら」なんて、変な想像をしてしまった私でしたが、この動画では打って変わって、本当に楽しそうでリラックスして、言葉もスラスラと流れ出てくる感じ。それだけでなく、1フレーズ話す間にお顔を右に向けたり左に向けたり、可愛くて魅力的。VIP試写会などでもインタビューに応える時、あっちこっち向いて、飽きさせない彼、顎の方向もよく動いて、「クリゴー」って言う時に、ちょっと顎を引く、その仕草も可愛い。
カフェとかで向かい合って、こんな風にスンホ王子があっち向いたりこっち向いたりするのを近くで眺めたりしてみたいものです。

日本のファンミ、幸せでいてくれたなら、本当に良かった〜❣️
そして、そして、日本に、「来年もまた当然来ます」って。うわあ、本当に毎年来てくれるのぉ〜?では、毎年、お花企画頑張らなきゃ。

俳優ユ・スンホ、しっかり考えて行動する人なので、やはり撮影現場での真摯な姿勢と同様に、ファンミのことも一生懸命考えていたのよね。
東京ファンミで、「本格的に歌の練習を始める」と発言して、「うわあ」と思ったのだけれど、それもきっとよくよく考えて決めたことなのでしょう。この歌のこと、Yoはあの「オ・セホ!」の叫びの凄さからしても声帯は見事なものと思うから、きちんと練習をすれば歌えると思うし、やると決めたらおそらく習得するまでは諦めないでやりそうな王子で、ピアノも情緒豊かに弾けるし、感情表現は天下一品なので、きっと素敵なお歌を聴かせてくれるようになることでしょう。
同じ事務所のソ・イングクさんも俳優さんでありながら、お歌も歌えるので、そうなるんじゃないかなあと思ったりしてましたが、王子のの決めたことは、「はい、楽しみに待ちますよ〜💕」の姿勢でいきましょうね。



○ Yoのお遊びの件


先日、大阪ファンミのその2をアップして、ちょっと義務を果たしたような気分になり、その後、東京ファンミについてアップするにはちょっとブレイクが欲しくて、ずーっと気になっていたブログのPC画面のヘッダー画像、「2018」という文字が入ったまま放置していたのを、やっと「2019」に変えました。



d0289252_10163576.jpg


ブログのスキンをエキサイトブログさんのものの中から選んでいるので、このヘッダー画像の横幅が限られてしまっていて、画像が小さくなっちゃう💦 それでも、私、画像を組み合わせたりするのがすごーく好きなので、しばし遊んでしまった。時間のある時に、もう少しあれこれスキンを変えることにも挑戦したいのだけれど。。。
当ブログをご覧いただくのはPCよりスマホの方が多いようで、最近のエキサイトブログさん、PC画面の表示では見られないのかな??


そして、Twitterの方も、長らく世子様だったので、スンホ王子のお顔をいっぱいのものに変えてみたくて、こちらでも遊んでしまった。


d0289252_23554764.png


あれ?これはボツにした方でした。
下のが実際に変えたものです。


d0289252_00103747.png


Twitterの縦横の長さを調整しないと、スンホ王子のお顔の上が切れたりしてしまって、それがちょっと面倒。
最初は、ボクス以外のグラビアなどの画像も引っ張ってこようかと思ったのに、ボクスの画像をYoのコレクションの中から探していたら、まあ、表情が七色というか多彩というか、おもしろくなってしまって、結局、今回はボクスのみにしてしまいました。

画像が小さいので、組み合わせる前の画像を載せておこうかしら。


d0289252_03262855.png


d0289252_03264817.png


d0289252_03281894.png


d0289252_03274341.png


d0289252_03282701.png


d0289252_03273290.png


あら、何故か、見つからない画像があります。どこから持ってきたのか、記憶になくて💦(PCかUSBに入っているんだけど…)。


彼のお顔は、前・横・斜めで雰囲気が違うし、撮影の初めの頃は少しふっくらしていたほっぺが、撮影が進むにつれてどんどんこけていくので、別人みたいに見えたりします。

「リメンバー」では深刻な表情の多かったし、「仮面の王イ・ソン(原題:君主 仮面の主人)」では時代劇なのでさほど崩れた表情がなかったのが、「ロボットじゃない」でものすごーく可愛い表情や、怖がったりすっとぼけたりした表情なども出てきて、「ボクスが返ってきた」では変幻自在に。それって、彼自身が演技に関して開眼した部分もあるってことなのだと思う。

最近、ユ・スンホニムより少し年上の人気俳優さんの除隊が続いておりますが、彼らが不在の間に主演俳優としての力を確実なものにしてしまったユ・スンホニム。韓流ライターの田代親世樣が、韓流雑誌で以前に「今後、ユ・スンホが人気俳優さんの中で、飛び出るのではないか?」と予想されていましたが、そのとおりになりましたよね。新人で人気の出ている俳優さんもいますが、スンホ王子の巧さに並ぶ人はそういないでしょ。


さて、上の画像を組み合わせるのに、Kizoaというサイトで編集していたら、そこで、コラージュのテンプレートがあって、これ良いかもと思うのがあって、そこで引っかかって、これも作った。無計画、行き当たりばったりの私。

       ↓






このお花の部分、Kizoaさんのものなんですが、色合いがちょっと気に入った。
丸い枠が落ちてくるのと、中の画像が落ちてくる、そのスピードを合わせるのに時間がかかってしまった。
Kizoaさんで作ったものをYouTubeにアップするのは簡単なので、YouTubeにアップしてしまいました。
動画でなくても良いみたいだけど、ね😅



さて、りぷるさんのブログでもうアップされていますが、「Close to U」お花企画にご参加の皆様の


☆キャラ人気投票


第1位は・・・こちらだったんですね。


★ヨ・ウン★

51人中27票


d0289252_03592886.jpg


「ペク・ドンス」の最初の方の可愛いヨ・ウン画像を持ってまいりました💕



d0289252_05055572.jpg


上の画像とは別人のように、大人のウナ



ご参加の皆様からいただいたお花企画の申し込みメールからお好みのキャラを表に書き出している時、「おお?またまた、ヨ・ウン?」でした。やっぱり、ヨ・ウンが今でも絶大な人気❣️
ヨ・ウンを見て俳優ユ・スンホにハマったという方がとても多くて、驚いた。というか、当然と言えば当然で、私もその内の1人です。この役が日本でのユ・スンホ・ファンを増やしたということで、あれから7年経ってもやっぱりヨ・ウンなわけですね。その間、ずーっと彼を応援し続けていらした方がいっぱいいらっしゃるわけです。素晴らしい❣️

ヨ・ウンは泣きたいほどの気持ちをいっぱい抱えていながら、実際には涙することは少なくて(1回だけ?)、耐えているからこそ、余計にその切なさが心にズシンとくる。「男は黙って、心で泣く」そんな感じが、特に日本人好みなのかもしれませんね。

本当にお顔は完璧な美貌で、男っぽさもチラチラ見せつつ、しかも少年の魅力も漂わせ…。複合の魅力。
そう、少年っぽさっていうのもまた、凄い魅力なんですよね。ミステリアス、不安定の魅力。
殺星の元に生まれたと父に疎まれて、チョン(天)に拾われ、能力があるが故に、フクサチョロンを離れられないウナ。友であり、生死をかけて一緒に過ごしたペク・ドンスと決別することになる、友と運命の間で翻弄されるキャラ。スンホ王子も「ずっと可哀想だと思って演じていた」と語りましたが、切ない演技は、本当に俳優ユ・スンホの最も得意とするところ。やっぱりやっぱり魅力的。



さて、現在のスンホ王子は、前回ファンミまで、ドキマギの不安定さが垣間見えた。が、今回はすっかり光り輝く王子様になっていました。天才子役から脱皮して大人の俳優としてやっていけるかという不安を抱えながら戦ってきた日々。それが、「ロボットじゃない」で「この作品が好きだ」と韓国での本放送時の視聴率に関わらず自信を持てるにいたり、同時に海外でこのドラマはとても好評で、それまでの不安を払拭できたのかと思う。それに、身体を動かす趣味もできて、精神的に辛い時、お家の中でじっと時間が過ぎるのを待つのみでなく、発散することができるようになったというのもあると思いますが、彼が、誰がなんと言おうと、このドラマはいいと言える、そんな心境になったと知った時、Yoは前にも書いたけど、泣きましたよ。だって、それまで本当に何年もの間、戦い続けてきたのだから。


ということで、ヨ・ウンに継ぐ人気キャラ第2位は「ロボットじゃない」の


★キム・ミンギュ★

51人中16票

d0289252_04223461.jpg


私、この青いコートで、指折りながら切ない心を吐露するミンギュが大好きで。



d0289252_05022741.jpg


スンホ王子が東京ファンミで、2人で本当に泣いたと語っていたシーン。



両親を亡くし、人間アレルギーで人と触れることなく大人になったミンギュとロボットのアジ3を装うジア、本当に心が洗われるドラマです。毎回視聴する度ににYoはボロボロ泣いていた。悲しくて泣くのだはなく、なんだか胸の中にあった塊が解放されて、自然に涙が出ちゃう感じ。

きっとミンギュが他のキャラよりも人気だったと知って、スンホ王子も喜んだことでしょう。



そして、第3位は、


★世子イ・ソン★

51人中13票


d0289252_04520440.jpg


d0289252_04285946.jpg


製作発表会で、監督さんが「ユ・スンホの人生のキャラになるだろう」と予言されたこの役でしたが、このドラマを見た時、俳優ユ・スンホの存在感が凄くて、押しも押されぬ感。魅力いっぱいの世子でした。このドラマは、視聴可能な方が多い、あの国営放送NHKのBSプレミアムで放送され、新たにファンになられた方もたくさんいらっしゃいますね。なかなか日本で大人の俳優として広く知られないと不満に思っていたYoとしては、この大ヒットが大変嬉しゅうございました。

ポニーテール世子、すごーく好きなんですが、ラスト近くの威厳のあるシーン、内面の深みも素晴らしく、俳優ユ・スンホ凄かった。彼の演技には、1つの言葉の裏に、彼自身のたくさんの「納得」があって、だから、深みと幅がドッシリと心に響くんですよね。



第4位は・・・

Yoの大好きな


★ハリー(カン・ヒョンジュン)★

51人中9票


d0289252_10472849.png


愛するスヨンを引き止めようと泣いて、それでも不敵な笑みを浮かべるハリー



d0289252_09571837.png


一緒に過ごした時期を夢のように回想したりも
(これは、テレビ東京なのではカットされていたシーン?)


ハリーは俳優ユ・スンホの登場の時から、美貌が話題になって、最初はハリーの内面が明らかにされない、そんなおもしろさがあって、ドキドキ、かつ、イライラしながら見ましたね〜。ジョイ(イ・スヨン)、何やってんだあって。初恋に惑わされて(?)ハリーよりジョンウの方に傾くジョイに「なんて、ヤツだ」と腹を立てておりました。スヨンがジョンウに近づくほどに、こちらはどんどんハリーの味方をして、ストーリーに腹をたてる。イライラが募るのに、ハリーは美しくて、終盤のドロドロに傷ついたハリーの演技が凄過ぎて。
韓国ドラマでは、ハリーもヨ・ウンも主役だけれど、日本的に言えば、準主役。それだからこそのひねれた部分があって、おもしろい役だった。



そして、第5位は・・・




d0289252_05161630.png


「ボクスが帰ってきた」は俳優ユ・スンホの笑顔も満載。




d0289252_05171974.png


そして、完璧な美貌と色気✨



安定感を身につけた俳優ユ・スンホだけれど、最新作の「ボクスが帰ってきた」で彼が演じた高校生は、「リメンバー」の父を想う可愛い息子のソ・ジヌとはまた違った高校生。大人のように未来を見通すのでなく、今、その感情のまま走る、そんな時期をよく表現していて、魅力のある高校生ボクスでした。
日本放送は7月?かな。


第6位には、除隊後の2つの映画の


★ファニ★

d0289252_10304536.jpeg


d0289252_10320714.jpg


そして、


★キム・イノン(キム・ソンダル)★


d0289252_11241889.png


d0289252_10361080.jpg


除隊後の2つの映画で、魔術師と詐欺師に挑戦したスンホ王子。
魔術のテクニックもCGなしで頑張った王子。魔術ショー(?)のシーンでは、めちゃかっこよかったし、ちょいワルな感じから、恋する女性のために命がけで戦うファニは、ユ・スンホニムにお似合いでした。
そして、「キム・ソンダル」の詐欺師では、漁師やお坊さんのみならず、女装まで披露。この女装、存在が妙に気になるシーンだったし、内官や王の扮装をするシーンなど、笑えるシーンも多々。
キム・ソンダルの撮影の終盤で、ものすごーく痩せてしまっていた王子。今はちゃんと体重を復活させようとしているようですが、当時は今ほど彼の想いを聞く場所がなくて、とても心配しました。

Yoは両方合わせて、7回か8回、劇場で見ましたが、どちらも美貌の役柄で、もう俳優ユ・スンホと言えば、「=イケメン」になっていましたね。そして、キャラごとに違う顔を創り上げる💕

スンホ王子、あまりエロティックなものでなければ、映画出演も希望します。



現在、検討中の「スーパースター ミス リ」でも、何から何まで揃ったKグループ社主の末息子イム・ジョンウ役、金のスプーンの役みたいですが、タイトルロールは女性の名前になっているので、ヒロインがいて、その相手役っていう感じになるのかなあ?
だとすると、ヒロインは誰??
と、あれこれ気になりますが、日本では、それより前に「ボクスが帰ってきた」の日本放送ですよね。放送決定のニュースが待たれます。


さて、Yoは、これからバイト…。今日はバイトの後、お家に帰れる♪

それでは、また!



更新を通知する




by Cloudia-Yo | 2019-05-23 11:37 | ユ・スンホファンミーティング+花企画 | Comments(4)

Commented by kayoppe1414 at 2019-05-23 21:23
Yoさま。検討中のドラマ、昨日から今日にかけて、色々情報が出てきましたね。原作の漫画では結構濃厚なシーンが有るんですね。ビックリしました!!漫画とドラマは全然違うと思いますけど。少し心配になったりしましたが、26歳になるスンホさんですので、大人の色気も出してもイイのかな、と思いました。どの作品を選択しても応援しますけどね❤️ 次回作も楽しみですが、「ボクス」の日本放送が早く決まってほしいです。早く見たい~!!
Commented by Cloudia-Yo at 2019-05-23 23:00
> kayoppeさま、こんばんは!!
正直、この作品でなくても良いのではなかろうかと思ったりしています。よほどキャラ設定がおもしろいのでなければ。俳優ユ・スンホは色気だけで売るお方ではないので、とか、思って。
でも、ストーリー、おもしろいのかしらね?
とにかく、急がず、ゆっくり、慎重に選んでいただきたい😅

「ボクス」の方は、まだ予告が出ないみたいですよね〜。新大久保の駅には、ヨ・ジングくんの「王になった男」の広告が出ていて、そっちが去っちゃってからかなあ、と、思ったりもしています。
Commented by ちゃえ at 2019-05-24 21:30 x
Yo様。

ユ・スンホFANMEETING2019東京公演お花企画に初参加させて頂きました。月日が経ちすぎてしまい💦御礼の挨拶というにはお恥ずかしい限りですが、その節は本当にありがとうございました✨

韓国ドラマ歴が浅く、ファン歴も【ロボットじゃない】からでして、このファンミでは新しい世界を知った感じがしています。

今はユ・スンホさんの作品ドラマを観る事や、Yo様のブログを読むのが楽しみで仕方がない日々です。Yo様の視点は私にとってとても新鮮なもんで(^^)

急激に暑くなりましたのでご自愛くださいm(_ _)m
Commented by Cloudia-Yo at 2019-05-25 12:10
> ちゃえさま、こんばんは♪
こちらこそありがとうございました!コメントも感謝です。
スンホさんも、日本のファンの愛を感じてくれたみたいで、本当に良かったですよね。

そして、、、ようこそ、スンホ・ペンの世界へ✨「ブログを楽しみで」と言っていただくと、とってもとってもありがたくて…😭 スンホ愛、共有できるのは楽しいですね。

「ロボットじゃない」のスンホ王子も本当に素敵でしたよね。このドラマを見て、スンホ・ペンになってくださる方、たくさんいたらいいなあと思っておりましたが、ファンになってくださって嬉しい限り。
ミンギュ、可愛かったですが、ファンミの彼を見て、どんな感じでしたか??
新しいドラマの話もちらほら出ていますが、彼のことだから、きっとまた違うキャラをしっかり作って登場してくれることと思います。
それより先に、日本ではカン・ボクスですね。ボクスも可愛い笑顔とかっこよさ満載で、俳優として本当に充実してると思います。めでたく日本放送に至ったら、楽しみましょう❣️

私の友人が、熱中症になったとか言っていました。
ちゃえさんも、どうぞ、ご自愛くださいね🍀
名前
URL
削除用パスワード