ロボットじゃないDVDレンタル&U-NEXT配信開始、日本版予告動画がいっぱい☆+仮面の王イ・ソンDVDも最終回までレンタル開始のはず+タムドクの素敵なシーン   

2018年 09月 21日


暑い暑い夏が終わったような、まだそこにとどまっているような、そんな9月ももう下旬。
ご無沙汰しておりました。

「太王四神記」の第2回〜4回をgyaoで配信中は、夜を徹してキャプって、夜明け近くに「やっぱり大量のキャプは体力が必要だ」とか思ったりしておりましたが、8月から9月の初めにあれこれイベントなどがあり、お別れもあって、疲労で精神がひん曲がったりもしておりまして、気持ちが浮上するのに少々時間がかかりました。ちょっと元気になったら、「これは全て夏の暑さのせい」みたいなことを言って、丸く収めようとしたりして😓


我が家のパソコン、ネット接続すると、すごい勢いでU-NEXTの「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」独占配信中、また、30日だか31日だか無料配信OKの広告が飛び込んできますが、これは、私がしょっちゅう「ユ・スンホ」「ロボットじゃない」のワードを書きまくっているから、親切に教えてくれるのでしょうか?
皆様はそんなことない??


d0289252_23301144.jpg


この画像が、すごい時はパソコンの画面の右上と左に2つ現れたりする。先日は、YouTube動画を見ていたら、動画開始前の広告が「ロボットじゃない」の予告だった。いつもは「広告をスキップ」の表示が出たら、すぐに広告をすっ飛ばすのに、「きゃああああ」と叫んで、その後、3分超の広告動画、最後までしっかり視聴です、もちろん〜💕


「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」公式サイト

        ↘︎




こちらに行ってみたら、予告動画やメイキング動画がいっぱいで、ビックリ。
わざわざ、YouTube動画の方まで行って、貼り付けました。


まずは、トレイラー。









第1回無料公開動画
(第1回分全編でなく、2/3の40分近くの動画です)








ユ・スンホニムのお声で、ご挨拶・・・









スペシャルPV(その1)・・・








スペシャルPV②・・・








スペシャル🖤ダイジェスト・・・








60秒スポット・・・








メイキング、撮影の合間・・・









もう1つメイキング・・・









そして、例の???・・・








こんなとこまで見せちゃっていいの〜っ??
Yoの好きなシーンが次々に予告動画の中で公開されてる〜っ!!!

が、それでも、本編を見たらきっと予想していなかった素敵な感情を味わえると思います。




とにかく、これまでになくDVD発売が華やかな感じ、これまでになく公式サイトがポップな色合いで、「ラブコメ、ラブコメ、ユ・スンホ待望のラブコメ〜っ💘」と、天も地もルンルンでスキップし出すようなムードに満ち溢れていますが、


このドラマ、「ロボットじゃない」を評するなら・・・


これまでひた隠しにされていた新しいユ・スンホの姿が見れるけれど、軽いコメディでなく、やっぱりユ・スンホだからこそできる中身の深〜いラブコメです。

ミンギュはくるくる変わる表情が魅力的で、ジアへの想いに揺れるミンギュが切なくて、彼に対するジアの愛も本当に優しくて、この2人のラブが素敵で、心に沁み入って、心に水分たっぷりな気分になる。


現代、少々人間関係に疲れて傷ついて、病んでしまったりもする。時代の変化の中で、人の手を借りずに生きる方法も多々あるようだけれど、やっぱり人は人と共に生きることを欲し、それが叶う時に幸せになれるし、困難を乗り越えようとする力も湧いてくるのだという、そんなことを、ものすごく丁寧に噛み砕いて見せてもらえる感じ。

アジ3がジアの経験を通して身につけていく「人間らしさ」。「人が人であるために必要なことって何?」ということがアジ3の側からもミンギュの側からも分かる、そんな深さがあって。これは多くの方に好かれるドラマになるでしょう。




このようなDVD、
我が家から一番近いと思しき ゲオ様では、こんなディスプレイでした。


d0289252_23381117.jpg



d0289252_23382731.jpg


「ロボットじゃない」のタイトルには、5色の色使い、華やかでございます。


ユ・スンホニムの紹介も、しっかり除隊後の主演3作品のタイトルが載せられていて、うんうんうん、3作品とも、主演俳優としての力を見せつけたと言えるドラマで、こんな風に3本並ぶと、嬉しいですね〜♪
「リメンバー」も、レンタルが好調だったり、韓流ライターの方が良いドラマだとご推薦コメントを書かれていたり、シリアスなドラマとしての評価は高いようで、ユ・スンホニム演じる最年少弁護士ソ・ジヌもやっぱり美貌が輝いて、法廷でのシーンなど見どころもあり、ラストシーンの彼の演技も見事だったし。



d0289252_21204664.jpg


これは「仮面の王イ・ソン」では180度転向して、世子を守るイ・チョンウンに変身した、悪い奴ぺ・チョルスのお顔が、ガラスに映っております。これは、弁護士ジヌが牢獄に収監されたぺ・チョルスと面会して、宿敵ナム・ギュマンの側にいるチョルスを自分の側に引き入れようと持ちかけるシーンですね。なんとかダンディ・フォームとかいうお洒落な髪型のソ・ジヌ。

1つ1つ、着実に前進を続けているユ・スンホニム。「ロボットじゃない」の2年前で、今見ると、やっぱり2年分若い。



私の行ったゲオ様では、「ロボットじゃない」DVDが通路横に置かれていて、その横には、なんと0円のフリーペーパーが吊るしてあって、DVDは購入してしまったので、レンタルしないのに、ピリッと取って、いただいてきちゃった。


オモテはユ・スンホニムのインタビュー。



d0289252_23394156.jpg


裏には、「ロボットじゃない」だけでなく、「仮面の王イ・ソン」の作品紹介もあり☆



d0289252_23572991.jpg



「仮面の王」も「ロボットじゃない」、どちらもほんとに好きですう💕



d0289252_21263895.jpg


d0289252_21264925.jpg


亡き母の大切な食器を手に取る、これもなんだかツボ。



d0289252_21272428.jpg


チングモードを装うジアのアジ3




妻家房さんで、「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」とコラボ、衣装3点の展示などを9月いっぱい、丸の内オアゾ店でやっていますが、今度は美容室がコラボのお知らせ。こちらは、抽選でDVDのプレゼントなどもあるらしいです。ほんとに今までにない盛り上がり。

詳細は、それぞれ下のリンクで、ご覧ください!


「ロボットじゃない~君に夢中!~」×妻家房タイアップ決定!

MODE K’s×「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」 タイアップ決定!




さて、めっちゃ華々しい「ロボットじゃない」に対して、「仮面の王イ・ソン」、こちらの公式サイトで予告動画はシンプル・・・










格調高く、ナレーションなしで、ユ・スンホニムの素敵な声が胸にドドーンと響くよ。
余分なものを省いたシンプルな仕上がりだけど、さすが媚びることなくストレートに訴えかけるNHK様と思ったりして、ちょっと感動。
というか、このメインテーマの「Monarch Main Title」の曲が流れると、私、期待で胸がドキドキしてきてしまうんだわ。最初のフレーズの繰り返し、インパクトありですよね。私は好きだわ〜。

ところで「Monarch」って何さって思って、機械翻訳にかけたら、「君主」と出た。これがなんだかすごーく嬉しくて、「君主」、そうなのよ、韓国のタイトルは「군주」で、久々に会えたこのタイトル、久しく会えなかった恋人に会えた気分。
それにしても「Monarch」で、ロシアやトルコの王宮のソフトクリームみたいな丸くてとんがっている建物を思い浮かべてしまった私。本当にパボ。。。


「Monarch Main Title」の全曲はこんな・・・








前にも書いたかもしれないけど、この似たようなフレーズの繰り返しから展開していくメロディが、刺激的。
この音楽、どうやって探してきたんだっけ?URLを控えておけばよかった💦

予告動画で2曲目に出てくる曲のようなしっとりした「愛の歌」もいっぱいの「君主(仮面の王イ・ソン)」のOSTですね。聴きやすいバラードがいっぱいなので、秋に聴くにはぴったりかも、です。


予告動画の3曲目、「少しの間」、呟くような声から始まって、男の叫びっていう感じのパワー全開の歌声に変わる、こういうのも好き。ヨ・ウンとの出会いで「ペク・ドンス」にハマった時、お高いDVDを購入するのをためらい、最初に買ったのは「ペク・ドンス」のCDでしたが、「男の悲哀」って感じの曲が好きでしたね〜。


というわけで、とりとめもなく、DVDの予告の動画を載せてみたりして、それぞれ公式サイトに行けば見れるんですが、何が出てるのか、並べて確認したくて。


さて、「ロボットじゃない」と「仮面の王イ・ソン」、この2作品に夢中になっているYoは、それに気を取られて、先月作ったユ・スンホニムのセンイルお祝い動画に、なんとこれなくしてはユ・スンホは語れないと思われる「勉強の神」のファン・ベクヒョン、「アラン使道伝」の玉皇上帝、「プロポーズ大作戦」のカン・ベッコ、「ブラインド」のキソブなどの画像を入れ損なったという💦💦💦
ベクヒョンの画像探してたのに、それを途中で忘れてアップしてしまった。
ベッコ・ファンの皆様、ベッコも美しくて可愛いですし。キソブ、好きだし。ベクヒョンは多分ユ・スンホニム自身もお好みの役だったのではなかろうか?玉皇上帝はなんたって、神様の役ですから。
これらのキャラのファンの方々、ミアネ〜。


なので、ここでちょっと画像を乗せておきます。



d0289252_21331397.jpg

勉強の神
良い子の役が多かったユ・スンホニムが反逆の眼差し。

共演していたイ・ヒョヌくんもユ・スンホニム同様、子役から良い俳優さんになったと評判。
コ・アソンさんも主演女優になり、
ジヨンさんは、チョ・ユニさんと結婚したイ・ドンゴンさんと付き合ってたっけ。
皆、大人になりました。


d0289252_21372552.jpg

ブラインド
ポスターなど、キソブの深い眼差しチョア〜💕



d0289252_22413591.jpg



プロポーズ大作戦
パク・ウンビンちゃんと一緒の、このシーン


d0289252_22441751.jpg


「ロボットじゃない」のこのシーンを見た時に、
プロ作のシーンが浮かんじゃった。

やっぱりベッコも可愛かったな。



YouTubeで見つけた、神様になったユ・スンホニム









d0289252_22360625.jpg




最後に・・・

キャプしまくった「太王四神記」の画像



d0289252_10572574.jpg


d0289252_10580363.jpg


このヨン夫人の「そんな純粋な顔をして」というタムドクに向けた言葉、いいですね〜。
無能な振り、何も分からない子どもの顔をしたタムドクが、父である王に毒を盛って殺そうとしているヨン夫人を追い詰めるんですね。
タムドクの凛々しさを、台詞で表していて、そういう意味で、「太王四神記」の最初の部分、第4回目までの子役タムドク部分は、タムドクという人間を、周りの人物の台詞でとても上手く説明している。

タムドクとヨン・ホゲは、ドラマの中ではタムドクの方が確かちょっと先に生まれているのだけれど、俳優さんの年齢差はかなりの逆転で、そこがちょっと気になるけど。(「善徳女王」でも、チョンミョン王女子役のシン・セギョンさんが、ユシン役のイ・ヒョヌくんに比べて、大人過ぎて気になった)。でも、タムドクは凛々しいし、ヨン・ホゲはタムドクの策略に対して上手く演じているので、このキャスティングで良かったということにしておこう。ヨン・ホゲ子役のキム・ホヨンさんは、現在、韓国のミュージカルで華々しくご活躍とのこと。



d0289252_11101161.jpg



ヨン・ホゲを前に、ふてぶてしい表情で、王の命を奪うために盛られた毒の壺を見せるタムドク。



d0289252_11150177.jpg


毒を盛ることに加担した王の御医のことを語るタムドク。



d0289252_11131322.jpg

d0289252_11115162.jpg


そして、従兄弟であり、唯一の友であったホゲの元を去る時に発した言葉「ミアネ」。

父を守るために見せる冷徹な行動と、その奥にある友を思う気持ち、その葛藤が本当に魅力的なタムドク。


途中、タムドクとは別の場面で登場したのが、ちょっと「向井理」似に見えてしまって、「誰だろう、この人?」と思ったお方。頭は凄いけど、若いオーラがあってカッコ良かったのが、なんと「リメンバー」でユ・スンホニム溺愛発言多発されたパク・ソンウンさんでした。



d0289252_11191080.jpg


d0289252_21194865.jpg


リメンバーでは、こんな大人のおじ様に。



ヨン夫人役のキム・ソンギョンさんもそうだけど、ベテラン俳優さん、やはりお若い頃は、皆麗しかったのね。あ、今は演技の方が凄いっていう意味ですよ。



d0289252_22544084.jpg


タムドクと対決するシーンのキム・ソンギョンさんもめちゃ綺麗。



d0289252_23020839.jpg


2人が手を握り合うのは、12年後。
これ、Twitterで使用済みのネタです。




また改めてアップするかもしれないけれど、子役タムドクのもう1つ好きなシーン・・・



d0289252_23121037.jpg

ヨン夫人と対決した後、育った土地の帰って、旧知の人々に会い、
屈託のない笑顔を見せるタムドク。



d0289252_23133611.jpg



布の染色を教えてくれたおばあさんが年を取り、染色をする気力がないと聞いて、



d0289252_23144934.jpg


子ども達に教えながら、布を染める。


d0289252_23182621.jpg



d0289252_23193892.jpg


染め上がって、干してある布が風にたなびく。


d0289252_23204879.jpg

おばあさんが布を染めたことに気づいた時には、
もうタムドクの姿はなかった。



この川で染めた布を水にさらすシーンが、レンタルで初めて「太王四神記」を見た時に、何故か泣けて泣けて。
闘わなければいけないタムドクの中にある優しく純粋な少年の部分。彼の内なる悲哀が感じられるのか、それとも、ひたすら虚飾のない自然さがそうさせるのか?
そして、今回見たら、韓国ドラマに多々登場されるキム・ヨンオクさんの「メシを食って行けばいいのに」にも泣けちゃいましたね。


最後にタムドクとキハが馬に乗って一緒に走っているシーン。



d0289252_23382034.jpg



d0289252_23391484.jpg



このシーン、パク・ウンビンちゃんがインタビユーで、ユ・スンホニムがウンビンちゃんが馬に乗るのに不慣れだったので、走りやすいように助けてあげたとかで、「ユ・スンホは優しい子だ」って言ってました。

ウンビンちゃんも、ドラマなどに次々に主演して活躍中。このドラマでは、スンホニムとウンビンちゃん、ヨン・ホゲ役のキム・ホヨンさんと仲良くなったとか、どこかで読みましたが、このシーンのウンビンちゃんの表情がキラキラしてていいなあ、と、思ったりしました。



ということで、丁寧に文字校正とかしてると、また、アップし損なうので、とりあえず、例によって雑にアップさせていだきます。



最後に、しつこく、センイル動画、貼らせていただきます。














by Cloudia-Yo | 2018-09-21 00:39 | ロボットじゃない | Comments(2)

Commented by kumi at 2018-09-22 10:21 x
Yo様
懐かしさ満載ですね❣️
ウンウンと見てしまいました(^O^)/

丸の内オアゾ コラボみんなで行きたかったですね!
近くまで行くけど なかなか行けませんですね。
天候が不安定なので 身体に気をつけてくださいませ⚠️
Commented by Cloudia-Yo at 2018-09-24 23:51
> kumiさま、いつもいつもありがとうございます。
除隊以後の作品が充実していますが、やっぱり子役時代や高校生の時の出演作品も良いですよね。
いつの間にか会員登録していたamazonプライムで、「会いたい」を見れるので、久々にすっ飛ばしながら見たりもしているんですけど、やっぱりハリー役も芸術品ですね。世子役と同じくらいのパワーがあった。

オアゾ、本当に行きたい。残りの日にち少ないですよね。どーしよー。
kumiさんも、身体の疲労をなるべく溜め込まないようにしてくださいね🍀
こちら、iPhone起動不能になってしまいました。
名前
URL
削除用パスワード