ユ・スンホ事務所のオフィシャル・インスタグラム スタート!!!+マレーシア Play Up Advance画像+完璧な魅力の俳優ユ・スンホ   

2018年 06月 06日


ユ・スンホニム、マレーシアのショッピングモールのイベントに登場で、こんなに動画を撮って許されるのか、というほど、たくさんの画像や動画が流れて、「やっぱり東南アジアは自由なのかしら」とか、「暑くて熱い?」とか思ったりしておりました。

が、とにかく、今回のユ・スンホニムのお姿があまりに素晴らしくて✨✨✨


と、思っていたら、5月のTalk to U(TTU)の出来事に対する回答として、「インスタグラムを始める」という言葉どおり、所属事務所であるサン・エンタテインメントがオフィシャル・インスタグラムを開設。


(名前)유승호 Official by San Ent.
(ユーザーネーム)yooseungho.san.official

@yooseungho.san.official





私、未だに、インスタグラムの構造が分かっていなくて💦
インスタグラムにログインしてから、上のどれかを入力して検索すると、候補が出てきて、見つけられるって感じ?


6月5日現在のプロフィール画像は、これ❣️



d0289252_22593860.jpg

多分、枠は円形ですが。



時代は、ブログ → Twitter → Instagram なんでしょうか?
あれこれ言うより、本人のお顔を見せてって感じ?
でも、やっぱり、ユ・スンホニムの笑顔が動いていたら、言葉に勝るよねえ。見たいもん。あまりにも素敵なので。



下の写真集の画像を最初に公開して、それをプロフィールに設定したのでしょうね。



d0289252_23110952.png



写真集の方は、ファンクラブ会員は、既に予約受付中ですが、一般受付は6月15日から。


ファンクラブ会員の申し込みは → こちらから
一般の申し込みは → こちらから

お値段は、9720円(2冊分)+1000円(2回分の郵送料)+216円(システム利用料)
合わせて、10,936円だそうです。




さて、マレーシアでのイベント、主催者側でも画像をアップ。

「ふーん、マレーシアかあ〜」って、平たい狭い空間でファンとご対面の遠い国での小さなイベントかと想像していたのが、麗しいユ・スンホニムの画像続々噴出で、ファンにとって待望のイベントって感じになってしまいましたよ。




d0289252_00025784.jpg


こちらは、Facebookのリンクです。
       ↘︎



こちらは、Play Up AdvanceタグのTwitter。
       ↘︎


Facebookの画像が素敵なので、お借りします。
(リングは上に貼ってあるものです)。



d0289252_02052726.jpg


d0289252_02050420.jpg



d0289252_02025456.jpg



d0289252_02010044.jpg


d0289252_02021106.jpg


フォトタイム?



d0289252_02024092.jpg


d0289252_02020197.jpg


ちょっと控えめに小さいハート💕


d0289252_02190984.jpg


私、隣で手形を取っている、オバサマになりたい。



d0289252_02191237.jpg



記念に手形とサイン。


d0289252_02251303.jpg

商品を持ってアピール…かな。


2・3階まで吹き抜けで、上からもユ・スンホニムを見られて、熱気あふれる会場の模様。



d0289252_02201563.jpg


床が、ピンク・カーペットですって。
やっぱり、濃いピンクって、気持ちを明るくさせるかも、ね。



d0289252_02063134.jpg


d0289252_02283432.jpg


d0289252_02284483.jpg


d0289252_02284628.jpg


ユ・スンホ、最高💕
この自撮りポーズ、3つともいいわあ😍
大好き❣️
周りが熱いから、スンホニムにも勢いがある感じ。


さて、男性とも記念写真。
どなた??


d0289252_02215921.jpg


会社の方??


d0289252_02220156.jpg


d0289252_02243265.jpg


d0289252_02245412.jpg


なんだか、皆さん、すごーく楽しそうで。
そりゃそうよね、こんなに可愛くて美しくてかっこいいユ・スンホニムが間近にいてくれて、一緒に写真に収まってくれちゃったりしたら、顔も自然に笑っちゃうでしょ。



Facebookに載せられたコメントは・・・


ファーレンハイト88に集まった巨大な群衆は、その顔に激しい興奮と笑みを浮かべ、イベントを祝福してくれた私たちのスター、ゲスト、Oppa YOO SEUNG HOを、根気強く待っていました。


ファンが、いかに熱かったか分かるコメントですね。


Yoがチングに誘われてFacebookを始めたのが2012年の初め、ブログを始めるより前だったんですが、この時には、「ふーんFacebook?」くらいの感じだったのに、今はなんでもかんでもFacebook。
おかげで、マレーシアの、こんな画像も見られて、ありがたいことです。


ユ・スンホニム、最近の韓国でのインタビューで、「これからは本当の自分を見せたい」的なことを言っていた。
このマレーシアでのイベント、「オッパ、オッパ」って、あちこちから声が聞こえ、サインしている最中にも「彼女はいますか?」なんて質問が飛んできて、「いないいない」って感じで、ユ・スンホニムが手を振ったりして。
かっこつけず、ありのままで、でも、それがすごーく素敵。そんな感じのユ・スンホニム。
「ロボットじゃない」のドラマに出演して、彼の中身が変化して…。それは自信?
ミンギュを演じていて、スビンちゃんを相手に、普段の自分がするような反応をしたと言っていて、それはこれまでにないことで、彼にとって自分の殻を破る、そんな役割を果たしたのが「ロボットじゃない」だったのかなあ。


あまりにも楽しそうで、最高に美しくて、最高に自然な笑顔で、こちらまで心がふんわりしてくるわ〜💕


彼にとって、海外にも出て行くようになって、俳優人生の新たなページが始まるのかなあ。
多分、この勢いは切れることないでしょうね。



そして、ファンとの関わりについて・・・


TTUに、事務所のインスタグラム開設と共に、公式メール開設も伝えられました。

サン・エンターテイメント(ユ・スンホ所属事務所)はユ・スンホ俳優を愛してくださるすべての方々とのコミュニケーションするために、さらに努力します。

このような言葉も添えられていました。
最初に、TTUを公式ファンカフェに認定する際に、「ファンカフェに問題が起きたら、公式を返上する」という条件があったようで、ちょっと悪い夢を見ているような、公式返上の一件でしたが、今のユ・スンホニムの表情を見ていると、全く心に曇るところがなく、前向きに新しいやり方で進んでいこうという意思が感じられて、どんなことでも投げ出すことなく、一生懸命やり遂げようとする彼に、良い結果がついてくるのだと、安心しました。



今日も話題があっちこっちに飛んで、最終回だった「ロボットじゃない」と、これからどうなるか楽しみな「仮面の王イ・ソン」にあまり触れられなかったんですが、本日、久々にTwitterのヘッダー画像を変えました。
ミンギュ・オンリーだったので、ただ今BS放送中の「仮面の王イ・ソン」に敬意を表して。



d0289252_01210501.jpg



この麗しき世子様のお顔をメインにして、ミックスしました。
こんな風に、、、


d0289252_01241057.jpg



世子様の美しいお顔ばかりで行こうかと思ったけれど、やっぱりカウナがいた方がロマンチックだろうと思って、、、



d0289252_01264332.jpg


この画像が目の見つめ合いっぷりが良かったんだけど、花びらがお顔に、、、。



d0289252_01264739.jpg



なので、こちらをミックス。


俳優ユ・スンホの魅力は、演技力なんだけど、やっぱりやっぱり美貌も素晴らしくて、美貌に柔らかさがプラスされた2017年、ユ・スンホはビジュアル完璧男になっちゃいましたね。
「君主」、NHK BS「仮面の王イ・ソン」ですが、このドラマの世子イ・ソン、「ロボットじゃない」のキム・ミンギュ、美貌はどちらも完璧です。時代劇版、現代版、どちらにも似合う美貌の持ち主、



ユ・スンホ、素晴らしい✨


さて、現代版の美貌が見られる「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」、先週最終回放送終了しましたが、早くもアンコール放送のお知らせ。



d0289252_01480526.jpg



〜君に夢中!〜
6月24日(日)スタート
毎週(日)前7:00~9:30 ※2話連続放送


日曜の朝、これを見ながらお目覚めなんて、すがすがしい1日を遅れそう。
私って、才能のある子を見て「この子は凄い」って気づくのが得意で、ハハ。けっこう、身の回りでこの子は凄いって思った子がやっぱり伸びてる。以前に知り合いの子が新体操を始めたと聞いて、「向いてる」って言ったら、今、全国大会に進出したり、とか。


ユ・スンホニムと出会った時も、「え?なに?この子、いったいどういう子?」でしたが、「普通じゃない魅力」に魅せられ、その後、ハマるとどこまでも行っちゃう演技力に驚いて、その才能を信じてきた。
もちろん「サランへ〜💕」でもありましたが。


「ロボットじゃない」、演技者として1つの目標に到達した感があり、キャラが魅力的、かつ、ドラマは泣ける。
Yoにとって特に大好きなユ・スンホドラマの1つになりました。



d0289252_03252157.jpg




by Cloudia-Yo | 2018-06-06 03:31 | ユ・スンホNEWS | Comments(4)

Commented by kumi at 2018-06-06 18:29 x
Yo様
マレーシアのファンの多さには ちょっとびっくりと嬉しい😃
スンホ君💕も良いお顔ですね(^O^)/

「ロボットじゃない」が終わって 残念です(T . T)
癒しが〜
ミンジュには本当に癒されました💕
次回作が楽しみです❣️
Commented by Cloudia-Yo at 2018-06-07 07:48
> kumiさま
マレーシア、本当に予想外に熱くて、海外では日本でしかファンミをしなかったけれど、皆、待っていたんでしょうね。

kumiさんも頑張ってKNTVまで視聴して、熱いですね。
今、次回作を検討中とニュースにも出ていました。
本当に楽しみですね💕
Commented by YooSeunghoburogu at 2018-06-12 17:51
初めまして、アツコといいます。

突然コメしてすみません。

Twitterで「仮面の王イ・ソン」「ユスンホ」と検索すると、「Cloudia-Yo」さんの素敵なツイートを発見!
そこからブログにたどり着き、読ませていただきました。そしてコメントさせていただきます。

私は「仮面の王イ・ソン」でユ・スンホ君に心惹かれこの3週間、ユ・スンホ君の演技を堪能しています。
「イ・ソン」の6話で一気にキュンキュンしてしまった。録画しておいてよかったぁーと。
「仮面の王イ・ソン」最高です。ユ・スンホ君が世子様だったからこそだと思います。

ユ・スンホ君とは息子といってもよいくらいの年齢差なのですが、素敵な方だとトキメク感覚。ハマるというまでは、ちょっと怖くて自重していますが、
「仮面の王イ・ソン」は全話視聴を終え、「リメンバー」「キム・ソンダル」「朝鮮魔術師」は視聴しました。そして最近はユ・スンホ君を思わない日はないほど。
韓国歴史ドラマが好きなので、「善徳女王」「ペク・ドンス」「太王四神記」は過去に視聴しています。
過去のユ・スンホ出演作品も視聴&再視聴してみたいと思いますが、「想像猫」を見始めたのでその後「ロボットじゃない…」を見たいと思う今日この頃です。

Yoさん(こうお呼びして大丈夫ですか?)のスンホ君愛があまりに大きいので、このような初心者のコメントはご迷惑かもしれませんが、想いを少しでも共有したい気持ちです。
お勧めのユ・スンホ出演作品があれば教えていただけるとうれしいです。(「会いたい」も視聴したいのですが、私はユチョンがちょっと苦手なので、ためらっています。)

ユ・スンホ君の情報も楽しみにしております。引き続きブログ読ませていただきますね。
Commented by Cloudia-Yo at 2018-06-12 23:55
>アツコ様、コメントありがとうございます!!
迷惑なんてとんでもない、とっても嬉しいです。
とても元気づけられるし、自分の考えも広がってありがたいです。

「仮面の王イ・ソン」の世子役は、「俳優ユ・スンホ、ついにやってくれた」と思える素晴らしい出来栄えでしたね💕
私も全然若くなくて💦 時々、自分はバカかと思いますが、最近の彼の演技を見ていると、それだけの価値のあるお方だと思えます。
美貌と演技力、しかも性格が良い✨

「ロボットじゃない」は「仮面の王〜」とは正反対の彼の魅力があって、甲乙つけがたい。どちらも好きですし、そこまで違うキャラを作れる彼は凄いと思っています。

「会いたい」は、ユ・スンホ・ファンが見ると、ヒロインや展開に腹を立てたりしますが、「ユ・スンホのためのドラマだった」なんて韓国で記事に書かれたほどでユ・スンホ演技は凄かったですよ。
19歳のユ・スンホの悪役、本当に魅力的。

キャラが好きなのは、映画「ブラインド」が良くできた映画だと思います。ちょっと怖いシーンもありますが。
「欲望の炎」の出生の秘密に悩むキム・ミンジェ役も私的には好きですが、ドロドロもので、長いです。

子役時代の「おばあちゃんの家」や「カシコギ」、長いけれど、「拝啓ご両親様」、「仮面の王イ・ソン」のホ・ジュノさんの子どもの自閉症児役を演じていますが、私の友達は、このドラマで彼に注目したと言っていました。ユ・スンホの全てを知りたい場合には必須(笑)。

私がちゃんと見れていないのが「勉強の神(ドラゴン桜)」なんですが、この反逆児役も評判が良いよう。レンタルがTSUTAYAにしかないとか。

様々なキャラを演じていて、「ペク・ドンス」のヨ・ウンはすごーく彼に向いたキャラだったと思いますが、やっぱりこの「仮面の王イ・ソン」と「ロボットじゃない」で、大人の主演俳優としての存在感と魅力を印象づけたと言えるかな。

コメントをいただいて嬉しくなって、長々喋りまくってしまいました。
これからもよろしくお願いいたします!!
名前
URL
削除用パスワード