ロボットじゃない、ヒーローのプロフィール写真&ロボットチームのキャラ紹介などが公開☆   

2017年 11月 18日


登場人物のプロフィール画像が公開!!

キム・ミンギュ役
ユ・スンホ


d0289252_07405399.jpg


ちょっとグラビアのような
今までのドラマにはない…



チョ・ジア役
チェ・スビン


d0289252_07405787.jpg


おりこうさんなイメージから
ちょっと脱却?



ホン・ペクギュン役
オム・ギジュン


d0289252_07410182.jpg

あれ?いつもの鋭さがなくて
天才ロボット工学博士なのに、なんか隣のおじさんみたい…



そして、
アジ3役
チェ・スビン


d0289252_07410489.jpg

健気に愛も学んでいく
アジ3?




ということで、スンホニムは、美貌はますます光り輝いているし、その上、「リメンバー」では見られなかった日常的な表情も見られそう。
「リメンバー」「君主」と続いた10代の役もスンホニムが演じる、というのはなくて、今回は大人の役に徹しているのかなあ。


やっぱり見たい、俳優ユ・スンホの美貌



何しろ、外見から何から何まで全て兼ね備えた「完璧男キム・ミンギュ」

うーん、私はアジ3が好きになってしまいそうだ。。。

「ロボットじゃない」も放送開始まで20日を切って、いよいよ初回放送に向け、次々に情報を出して、視聴者を引きつけようという作戦実行中。



<ロボットニュース>

「ロボットじゃない」についてのMBCから発信したニュースを載せるページ
     ↓
http://www.imbc.com/broad/tv/drama/robot/news/



最新版は・・・


<ロボットじゃない>天才的な頭脳X超えられない四次元の壁(넘사벽)「サンタマリア」ロボット研究チーム公開




d0289252_01221526.jpg

アジ3を作ったのは、鉄腕アトムを作ったのが天馬博士であるように一人によるのでなく、オム・ギジュン氏演じるホン・ペクギュン氏と共に研究チームの精鋭たちが作ってるってことですね。
顔だけ見ててもインパクトのある演技をしそうな方々のお写真、そして、紹介。

29歳から33歳っていうことで、それぞれに適齢期??



d0289252_01223601.jpg


ホン・ペクギュン(33歳)
チョ・ジアのチジル元カレ
ニックネーム: 白カビ、赤カビ
趣味: アジを見守る



d0289252_01223904.jpg


パイ(31歳)
国内と海外を渉猟した主席研究員
融合技術研究担当
サンタマリアチームの紅一点や予備役のような存在
特徴: 考えが複雑になる時、円周率を覚える



d0289252_01224599.jpg


ホクダル(30歳)
国内組主席研究員
エンジンなどのハードウェアを祀る
'アジ3'を王女のように祀る
純情マッチョ、気質多い
特徴: 映画’猿の惑星’の類人猿に似たビジュアル




d0289252_01225092.jpg


サンイプ(29歳)
海外組主席研究員
人工知能に関するソフトウェア担当
普段はゾンビ、働く時はビル・ゲイツの反転男
特徴: 私の辞書に秘密はない




以上、それぞれの写真に載せられているプロフィール部分を訳してみましたが。
あまり正確でないかもしれない訳ですけど、アジ3というロボットが個人的な趣味で地下室で作られたのではなく、華々しい研究の対象として、「サンタマリア」なんていうチームのメンバーによって作られているらしいっていうのは分かった。
チームの名前が「サンタマリア」で、人間もどきを作るのに「聖マリア」という名前をつけて、ここからしてコメディなのかも?
「類人猿のようなビジュアル」って、ご本人にはとっても失礼な言い方だけど、インパクトはある。


ドラマというのは、場面にも広がりがあったほうが魅力は増すので、閉鎖的空間でなく、描かれた方がおもしろくなるのではないかと推察いたします。
「リメンバー」と同じく、またしても真冬になってしまうので、戸外での撮影とかは寒いけれど、寒いのはきついと言いながら、冬が一番好きだというスンホニム。韓国でも北方の仁川市の出身だから、寒いのに強いのかな。



12月6日開始、1月25日終了予定、16日間放送の32部作だそうで、「君主」と同じく、韓国放送では30分くらいで1部、1日に2部ずつ放送の形式。15歳以上観覧可。



<製作陣紹介>

企画ハンヒ - 自己発光オフィス、死ぬと生きる男病院船 企画
製作キム・ジンチョン - 輝いたり与えたり黄金の虹、メイクイーン、華麗なる誘惑 製作
脚本キム・ソンミ - 輝いたり与えたりなど
イソクジュン -
演出チョン・デユン - W、彼女きれいだった
よ おばあちゃん(邦題:おばあちゃんありがとう) 演出


製作の方のこれまで関わったドラマ名、「화려한유혹」、機械翻訳で、「カラフル誘惑」って出て何だろうって思って調べたら、あの有名な「華麗なる誘惑」でした。


<企画意図>

生きてきた日々が蓄積されるほど、傷もたまる。本気を尽くしていた時間が深いほど、傷も深い。
へこんだ傷に人々は、その場所をお金で、仕事で、お酒で埋める。
そして、他人を疑って裁断して自己保護の防御膜を張る。
私がそうで、あなたがそうで、私たちのすべてがそうだ。
「人間アレルギー」という病気は、まさにそのような現代人の姿を極大化させたものである。
ところが、絶対裏切らず、私だけを見て、最後まで私のそばにいてくれる存在が
示された場合はどうか。恋に落ちない道理はないんじゃないか。
その存在がロボットであってもだ。

興味深いことに、人工知能ロボットを学習(ディープラーニング)させる過程は、
人間が他人との関係を結ぶ方法と類似している。人間の感情、味、習慣等のすべての情報を数え切れないほど入力し、また、入力してこそ、ロボットはこれを認識して反応することができる。
人間もやはり他人との関係を結ぶ時、お互いに自分の情報を入力するのではないか。
ですから、人工知能ロボットを学習させるというのは、人間一人を作るのと同じである。
どのような情報を与えかによって結果は異なるしかない。

この作品は、人のために受けた深い傷で人間アレルギーにかかった男がロボット(?)に会って
癒される話だ。真心を尽くしてロボットを飼いならして学習させる過程を通じ、
他人との関係を結ぶ方法を新たに学んで、それによって人生の地平が広がり、
再び世の中に進むこと話だ。そのロボットがロボットではなかったなら、さらに幸せなことだ。
このように、心を通い合わせることができる単一の存在だけあったとしたら、人間は壊れない。

また再び傷つくか、恐ろしい。
あなたが誰かに真心を尽くした時間は消えない。
あなたという宇宙の中で輝く星になるだろう。



企画意図に、Yoは、いたく共感いたしました!!
なるほど、人工知能のご本をいっぱい読んで、このドラマを組み立てられたチョン・デユンPDの腕に見せ所というところでしょう。

最近は、ロボットがお家の中で家族やペットの代わりに存在するっていうことも多々ある時代になっているし、ロボットによる癒しは、本当に身近な出来事になりつつあるし、そして、人間関係による傷と癒し、これも、今の私たちにとって重大なテーマなんではないかと思ったりしている。


「ロマンチックコメディ」で楽しげかしらという当初の予想よりもずっと深〜いテーマを持ったこのドラマ、深〜い演技のできるスンホニムが、明るい笑顔と情けなくズッコケタ部分という新たな武器を身につけて登場したら、これは見もの!!




前に、すっ飛ばしてしまった、「ロボットじゃない」ニュース。



d0289252_12192624.jpg


蜂蜜のケミとか、そういうのは決まり文句なので、すっ飛ばしても、ま、いいかなあ、と思ったりして。。。



d0289252_12241414.jpg


スンホニム、大好きな車をかっ飛ばす?いや、多分、最初にスタートするシーンが多々かもだけど。
楽しげだなあ。
いいなあ、そばに行きたい。。。




d0289252_12242841.jpg


いっつも可愛いスンホニムの首をかしげるポーズ。
ブルーシャツに黒ジャケット、ありそうでなかったこの色合わせ、すごーくお似合い。



d0289252_12294685.jpeg


別人のような台本リーディングの、キャップ・スンホニム。




ロボットじゃない、MBCのページはこちらから




さて、世の中は「Twitter」から更に「Instagram」の時代に入り、最近は、特に「Instagram」での交信が多いようで、Yoも最近「cloudiayo」だか「Cloudia-Yo」だかの名前で、ちょろっとやっております。
が、やっぱりメインは、当ブログでいたいと思っております。

最近、高齢の家族が入院したりもして、落ち着かないので、家の中も散らかり放題。それでも、やっぱりスンホニムの姿を追いかけることが、癒しです。

「君主」もしっかり見ています。
多分、貯まったキャプも何千枚(笑)。その内、放出したいなあと思っています。


本日は、これかな??



d0289252_13051242.jpg


現在、世子とカウンの仲を引き裂こうとする者なんかがいて。ちょっと腹の立つ展開だけど。


嘉礼都監別監のお衣装が、あまりに色っぽくて、王や世子の結婚を進める役割を果たすお役人なんだけど、自分がお嫁に行っちゃいそうな、色っぽさだよ〜💕



d0289252_13100723.jpg


世子に一途なファグンを演じたユン・ソヒさん、ソウルドラマアワードで新人賞を受賞されましたが。



d0289252_13094065.jpg


これが、明日出てくるはずのシーン。

楽しみ〜😍




by Cloudia-Yo | 2017-11-18 13:18 | ロボットじゃない | Comments(2)

Commented by kumi at 2017-11-19 17:44 x
Yo様
情報が出てきましたね!
人間アレルギーって どんな風に演じるのかも楽しみです(^O^)/
ロボット制作チームも面白そうです。
スンホ君💕の 映像も素敵ですね!
私も病院通いなど いっぱいですが Yo様のブログに癒されるています。
Commented by Cloudia-Yo at 2017-11-20 00:38
> kumi様、こんばんは!!
いろいろ出て来て、魅力的なスンホニムがいっぱいですね〜♪
弱みとか痛みのある人間を演じるのが、スンホニムはお得意だから、きっと笑えて切ないキャラを準備してくれているのではないでしょうかね〜?
ロボットチーム、お顔からして皆インパクトがありますよね。
スンホニムの画像や情報などと共に、kumiさんのコメントにも、癒されています。ありがとうございます!!
病院通い、お互いに心身くたびれますが、スンホニムの美しいお顔を眺めながら、頑張りましょうね。 ^^)v
名前
URL
削除用パスワード