ロボットじゃない、二次ティーザーの麗し過ぎる俳優ユ・スンホ★사랑해〜♡   

2017年 11月 17日


ついに出ました!!


☆「ロボットじゃない」12月6日初放送☆


2017.12.06から2018.01.25まで
毎週水、木|午後10:00
放送局の都合により放送日時は変更されることがあります。





d0289252_02005583.jpg




そして、第二次ティーザー





コメディ満載の第一次ティーザーから打って変わって、今度は切な〜い。。。




d0289252_02002564.jpg


d0289252_02004027.jpg


d0289252_09165891.jpg


d0289252_02004472.jpg


d0289252_09154325.jpg


d0289252_09154873.jpg


d0289252_02004776.jpg


誰??この足、、、!!


d0289252_02005130.jpg


d0289252_02010316.jpg


d0289252_02011202.jpg


d0289252_02011669.jpg


d0289252_02011904.jpg


d0289252_02012357.jpg


d0289252_02012703.jpg


君が人間なら良かったのに


d0289252_02013075.jpg


d0289252_02013309.jpg


d0289252_02013821.jpg


d0289252_02014359.jpg



なんだか、色合いといい、光の入り具合といい、Yoのとっても好きなタイプだわ〜😍
音楽も切な過ぎて、、、


うわあ、待ってたよ〜
完璧男キム・ミンギュう!!!




ハマってしまうのが、「そこにまでホレルか〜?」なんだけど、ミンギュが歩いてくる足元です。
ん?この足は誰?って思うんだけど、この足首、このつま先の上げ方、この足の着地、スンホニムでしょう!!!
足首まで、


사랑해〜💕



「足首まで色っぽ過ぎる」って思うのは、私だけ??
スンホニム、製作発表会などで座っている時も、合間につま先を上げるのが得意なので、この歩くシーンでも、つま先が綺麗にキュッと上がりますね〜。
とってもお気に入りの足元なので、3つもキャプっちゃった、うふふ。



スンホニムのふわふわヘアも好きだし、茶髪も好きだし、光がピカーンっていうのも、スンホニムにあまりにも似合うし。



d0289252_02190619.jpg

PCキャプ


d0289252_10121662.jpg

iPhoneキャプ


恋するミンギュの眼差しがめちゃ優しい。。。



え〜っ?


「人間なら良かったのに」ってミンギュに言われて泣いちゃうのは、人間の女性チョ・ジアでなく、ロボットのアジ3の方?
学習能力抜群のアジ3が、もしかして、ミンギュへの愛に目覚めちゃうとか??なんかそれもワクワクだわ。むかーし読んだ手塚治虫氏の「火の鳥」で、人間じゃないムーピーのタマミに恋しちゃう主人公のお話があって、それも劇的だったけれど、人間じゃないものに恋しちゃうっていうことが、切ない演技が超得意のスンホニムの技を見せる、とってもとっても嬉しい設定なのかもという予想に。
コメディと共にメローの切なさも満載なのかしら?ロマンチックコメディへの挑戦と共に、やっぱりファンは切ないスンホも見たいでしょ〜。嬉しい。



d0289252_10142281.jpg

d0289252_10143660.jpg


ハリーの美貌に大人の男と内面の深さを塗り込んだ、キム・ミンギュさま😍😍😍
囁く声も、胸にズシーンと来ますわよ。
最近、声もさらに抜群に響かせている俳優ユ・スンホですね〜🎶



このティーザーで、その辺の攻め方がさすがと思えるチョン・デユン監督?質の高い画面作りでも、ドラマに大きな期待を抱かせるね〜。音楽もしっかり使うつもりなのでしょう?

最近、感情にズシシ〜ンと入り込んでくるドラマのどの部分に来たかというと、的確な音が演技に組み込まれていると、再確認しております。「リメンバー」も抜群の音楽がシーンの緊迫感を盛り上げていたし、ちらっと見た「六龍が飛ぶ」とかも、壮大で重々しいムードに音楽の役割は大きかった。


前にも書いたかもしれないけど、「君主」の仮面の世子の登場シーンから、世子の温室シーンに移る部分の、音楽から入って、世子の声が聞こえてくる、そして、その後で、世子の顔が見える、このシーンが抜群〜。この音楽先行でセリフと映像が後から追いかけるという、これで、仮面をつけなければいけない世子の人生の哀しさに一気に引き込まれる。



d0289252_10241363.jpg

d0289252_10250935.jpg


最後に、花の溢れる温室にいる美貌の世子が姿を見せるのよね〜。



さて、「ロボットじゃない」のこの二次ティーザーを見ていたら、もしかしたら、「朝鮮魔術師」でも、こういうのが見たかったのかも?と思ってしまったり。そう、「朝鮮魔術師」のファニも大好きだし、しっかりDVDも購入し、日々、枕元に置いてネンネしていますけど、作品としては、心情のアプローチがもっと多様で良かったような気もするので。


また、ドラマについて勝手な想像をしていると「あれ、違った?」ということになりそうだけど、まずはかなり印象的なティーザーの噴出ではあると思う。


「ロボットじゃない」の公開されたティーザー、全て超お気に入りのYoでありました。

ティーザー、全部、ここからも見れます。

      ↘︎





さて、

MBCのストライキ終了・・・



MBCでは、9月4日に始まったストライキでドラマ撮影が順調に進められず、途中で放送休止を余儀なくされるなどの事態に陥ったようでしたが、社長の解任ということで、ストライキを終えたそうです。MBCは73日ぶりにゼネストを終了し、芸能局は正常化されたし、ドラマ国道に再起動をかけるようになったとのことです。

そして、チョ・ジョンソクさんの11月末に鳳翔開始の「トゥカップス」、そして、スンホニムの「ロボットじゃない」の放送開始で、その屈辱を洗い流せるかといういうニュースが出ていました。
スンホニムに関しては、こんな感じ。


「ロボットじゃない」は、人間アレルギーのために適切に女性と付き合ったことがない男が、ロボットを演じる女性に会って恋に落ちる姿を描いたドラマだ。 「彼女はきれいだった」と「W」で連打席ホームランを放ったチョン・デユンPDがメガホンを取っただけでも、信頼されて、ユ・スンホ、チェ・スビン、オム・ギジュンなど、一度も演技で大衆を失望させたことのないしっかりとした内面の所有者が相次いで出演を確定して、期待感が一層高まった状況である。




はい、失望させることのない、満足できる内面演技のできる俳優ユ・スンホですね〜。

あれこれすったもんだしたらしいMBCですが、これから正常な状態になって、撮影も順調に進められると良いですね〜。スンホニムは、いつも危機の時期をうまくすり抜けられる、そんな運勢を持っていると思えるお方なのよね。
「ロボットじゃない」の放送開始の時期が予想より遅かったけど、出演決定が遅かったスンホニムにとってはキャラ作りなどの準備に時間をかけられて、良かったかもしれないですね。



ということで、「ロボットじゃない」、今回はどうなることやらと心配することなく、あと、20日くらい、ひたすら楽しみに待つことができます。
チョン・デユン監督さん、視聴率よりも自分の作りたいドラマの形というものをしっかり見据えている感じであり、つまり見せたいもの、そして、どう見られたいのか、それがはっきりしているので、それなりに意味のあるドラマに仕上がるのではないかと思いますね〜。

スンホニム、力のある監督さんの作品に声のかかる、実力を認められた成人俳優さんになられたということですね。


最後に、この角度が大好き。
キム・ミンギュ氏の、iPhoneでのキャプです。




d0289252_10360962.jpg


美貌 麗し〜💕





by Cloudia-Yo | 2017-11-17 10:56 | ロボットじゃない | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード