ユ・スンホFANMEETING 2017その7〜大阪ファンミレポートP.2   

2017年 11月 01日

アンニョン!!

昨日、大阪ファンミの第1弾をアップして、そのあと、きのこご飯を炊いて、仕事して、義母を病院に連れて行って、その後、ちょいと会議があって、その後、家で仕事して、お、頑張った、私!!
そして、今、パソコンを開いたら、ドキドキしてきてしまったあ。なんだか、幸せな気分。

が、そこから、大変長い時間が経ってしまいました。結局、義母は救急車で入院することになり、なんと、救急車と一緒に消防車が来た(@@;)。。。
今時は、救急車と消防車はセットで来るのだと、今日、知り合いが教えてくれましたが、びっくりした。


と、そんな風にいろいろありましたし、スンホニムの「ロボットじゃない」ニュースもあって、そちらをちょこっと先にブログアップしたりしましたが、とにかく、これをもう1回。1ヶ月経ってしまった大阪ファンミのことです。
日々の出来事に忙殺されて、記憶がだんだん曖昧になってきてしまった。
内容、間違っていたら、ごめんなさい!!



TTUサマがアップしてくださったファンミ動画を、自分のブログのページに貼ったので見たら、もう、もう



カワイイ〜💕



なので、もう1回動画を貼っておきますね。




★ 20170930 일본 오사카 팬미팅 포토타임
 ※ Don't edit or remove the logo.

 日本大阪ファンミーティングフォトタイム
 ※ロゴ切り取り、二次加工禁止です。









いっぱい笑顔を見せてくれて、本当に嬉しくて、泣きそうだあ。泣いたあ。。。
昨日アップした大阪ファンミのP.1で、自分の撮った画像を皆、放出してしまったので、Talk to U(TTU)の画像をお借りしてまいりました。
以下、「Talk to U」と画像の中に書いてあるものは、ロゴ切り取り禁止、二次加工禁止です。



d0289252_04174629.jpeg


スンホニム、良いお顔してるよね〜。


そして、ファンミのレポートの続きです。
P.1で書いたスンホニム初の趣味のお話の次に、

「君主」の画像が出た?←記憶、オプソヨ。。。


ヘンセ:
伝統衣装がよく似合いますね。赤も青も。
ご覧になった人は?

会場のファンが手を上げる。東京ファンミよりはかなり多くの人が手を挙げた。


※ 画像は、TTU様からお借りしたものを、Yoの趣味で勝手に並べたもので、本文とは関係のない、フォトタイム画像です。



d0289252_04221578.jpeg




「君主」の役柄 について・・・


スンホ:
世子イ・ソンの役ですが、理由も分からないまま、仮面をつけて過ごさなければならなかった。その15年間、仮面を被ったままだったが、自分のせいだと知った後、民と共に生活をしていくという、そういうドラマです。

ヘンセ:
「会いたい」のキム・ソヒョンさんとのロマンチックなシーンもありましたね。

スンホ:
ロマンチックな部分もたくさんあるし、美しいロマンス、犠牲あり、切ない部分もあり、ソヒョンさんとのキスシーンもありました。
この「君主」の中で数少ないキスシーンで、普段より気をつけて、張り切ってやりました。


張り切ってえ??? ハハハ。。。 確かに素敵でしたけど、ね。
なんとなく、キスシーンも主演俳優の大事なお仕事の1つって感じで、それもこなせるスンホニム?
はあ、大人の俳優さんなんですねえ。。。by Yo


ヘンセ:
戦うシーンもありましたね。

スンホ:
王様の役なのに、アクションシーンがあるとは思わなかったです。← このお話、その場で聞くと「そっかあ」って感じです。予想外にあれこれ働かされる王様だったってことね。。。by Yo


「君主」動画 上映。

ポニーテールの世子が剣術の練習をしているシーン、「アパママ(父上)」と叫ぶシーン。
Cf: 東京ファンミのページ → こちらから!!



このメイキング動画ではないんだけど、アクションシーンの練習と「アパママーッ」と叫ぶシーンが出ているので、参考のため、貼っておきます。









ヘンセ:
刀が重量感があるように見えましたが?

スンホ:
刀は軽いと言えば軽い、重いと言えば重い。
キラキラ光る部分があるのは真剣(本当に切れる剣)です。
皆でアクションシーンをする時はプラスチック。バストアップの時は真剣に替えられてやっています。

ヘンセ:
似合いますねえ。← 刀を持つのが素敵だという意味。by Yo

スンホ:
小さい時から時代劇が似合うと言われていました。← はい、時代劇、どれもハマってました。お顔が良いからね〜。 by Yo

ヘンセ:
時代を問わず、ですね。← あれもこれも似合うと褒めちぎるヘンセさん。 by Yo
次のドラマは?

スンホ:
次のドラマは、早く決めました。
「ロボットじゃない」、キム・ミンギュと言って、人間アレルギーにかかった人ですが、一緒に生活する内に???ロマンスコメディです。

「君主」が日本で放送になるところだけれど、スンホニムは早々と次のドラマを決めてくれて、「君主」の前に1年以上お休みをしたので、ファンとしてはとってもありがたく、嬉しいことでございます。by Yo


ヘンセ:
トークコーナーでした!!

ヘンセさん、明るく元気な雰囲気です。by Yo



ヘンセ:
スンホさんと言えば名俳優さん。

ヒストリー を振り返りたいと思います。

アンケートを取りました。

どのスンホが好きか?

スンホ:
(あげられた6つの役)全部が大好きで、撮影に臨みました。 ← Yoも、この6つの役は特に好きですねえ。



6つの役 画像は、ちょっと違うけど、こんな感じの場面でした。



d0289252_03212966.jpg

賢く凛々しく可愛く
そして、どこか切ないタムドク☆



d0289252_03223296.jpg

新たなキャラになりきった
反逆児ファン・ベクヒョン★


d0289252_03225343.jpg

永遠に語り継がれるヨ・ウン
歴史的美貌輝くシーン☆


d0289252_03230313.jpg

こちらも永遠に語り継がれるハリー
悪の目つき輝くシーン★



d0289252_10231676.jpg


弁護士役のかっこよさ満載のソ・ジヌ☆



d0289252_03232031.jpg

「君主」でこれからKNTVで見られる
大人の男の美貌と魅力、オーラも備えた世子イ・ソン☆



顔の配置やパーツ、変わってないのに、なんでこんなに違うんだろう?
上から、多分、撮影は2006年、2009〜2010年、2011年、2012〜2013年、2015年〜2016年、2017年、という感じ。やっぱり並べて見ると、タムドクからファン・ベクヒョンへの3年間の変化は大きいし、ハリーからソ・ジヌへの3年間もまた然りですね。

この6つのキャラはYoもとっても好きですよ〜💕
昨日の電車の中で、そう言えば、チュンチュやキム・ミンジェが入ってなかったなあって思ったりした。
ミンジェの悩み度は、好き。
「熱烈に恋に生きる男」、もうやってるじゃん。しかも7年も前!!
すごいな、俳優ユ・スンホ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 
あ、カン・ベコもだった。。。by Yo


スンホ:
「君主」は終わったばかりなので、記憶に新しいです(が)。

やっぱり、「ペク・ドンス」? ← 日本語でした。

ヘンセ:
やっぱり?
水を飲む?

確か、スンホニム、床に置いてあるストロー付きペットボトルのお水を飲んだ。
何故、床に置いてあるんでしょう?
ファンにかがんでペットボトルを取るスンホニムのお姿を楽しんでいただくため?
うろ覚えだけど、膝をあまり曲げずにペットボトルを取る姿がカッコヨカッタような気がします。 by Yo

スンホ:
「リメンバー」ももらっているかな。(←得票のことを、想像して)

ヘンセ:
昨日と違う?(←と、思わせぶりに)

ここで、結果を見た。
「会いたい」以降の4作品はボードの下の方まで、シールが貼られていて、最も密集しているのがヨ・ウンだった。

スンホ:
やっぱり、ペク・ドンス!← 再び日本語。
韓国でも、ペク・ドンスは、男性のみならず、女性にも人気があります。
アクション、ストーリー展開で人気がある。


ヘンセ:
ターニング・ポイントになった作品は?

スンホ:
「リメンバー」です。
職業が「リメンバー」では弁護士の役でした。弁護士の言葉はふだん使う言葉と違い難しかったです。
「君主」「会いたい」「ペク・ドンス」でも自分の人物を作り上げられたが、本物の弁護士が見て、「あんな弁護士いない」と言われないよう、頑張った。
弁護士になったら、良かった。

スンホニム、弁護士の弁論の部分も見事に覚え、それは弁護士の知識も一緒に覚えたという意味でした。
「リメンバー」の撮影時は、心身の疲労が激しかったと推察されるので、彼が「ターニング・ポイント」と言って、新たな一歩になったと取れる発言をしたので、すごーく嬉しかった。by Yo


ヘンセ:
頭もいいし、声もいい。
昔は、声が高かったですね。← またまた褒めちぎるヘンセさん。スンホニムのことを褒めて伸びるタイプだと言ってましたね。by Yo

スンホ:
軍隊で、ずっと声を張り上げていて…。

ヘンセ:
声が太くなった!

以前に、スンホニム、「キム・ソンダル」で女装して、女性の声の出し方をネットで調べたりもしたけれど、軍隊に細い声を置いてきてしまったらしく、「女性の声を出すのは無理だった」と語っていましたね。by Yo



次は、「おばあちゃんの家」のこと。

スンホ:
可愛いですね。

ヘンセ:
ベースは変わっていない。

スンホ:
小さい時のまま、変わっていないと言われます。

韓国の方がよくされるお顔のお直しをしないで、演技力を持ったまま、自然に超美しいお顔に成長してしまったスンホニム、性格も素晴らしく、皆が「よく育った」というけど、本当にそう言いたくなるよね。by Yo

ヘンセ:
動画で、声の高いスンホさんに会ってみたい。


「おばあちゃんの家」の動画 上映。

田舎暮らしのおばあちゃんに「ムースないよね」と言う都会育ちのサンウ。
おばあちゃんが髪を切る間に寝てしまう。

スンホ:
あの時、本当に泣きました。
これはあんまりだよ。髪も切れない、誰がここまで切ってって。

ヘンセ:
鏡を見た瞬間?

スンホ:
本当に悔しくて泣きました。
あの時代は真っ直ぐに切るのは流行じゃなくて、このヘアスタイルで学校に行くのが恥ずかしかった。

子役時代、何かと苦労が多かったと、最近のスンホニムが話されていますが、ドラマに出たりしている時に学校に行くと、学校であれこれ言われるのが辛かったとか、話していたこともありましたね。by Yo


このシーンを演技してと言われ、

スンホニム、鏡を見て、大きな声で演技した。

ヘンセ:
進化し続けるスンホさん!!


アフレコのコーナー
アクター ユ・スンホ劇場


「君主」の動画が流れ、スンホニムと抽選で選ばれたファンと一緒に、字幕の言葉をアフレコするもの。


ヘンセ:
本当は東京でやっていて、大阪では別のものをと思っていたが、東京のクォリティが高かったので、大阪でもやろうと言うことになりました。


2名のファンが客席から呼ばれて、舞台上に。

ヘンセ:
いつからファンですか?

ファン1:
「太王四神記」で。(ヨン様から入って、スンホさんに行ってしまった)
ファン2:
小さい頃から、大人になって。
ファン:
綺麗すぎる。
すごい素敵です。

東京同様、世子とカウンが仲良くいるところへ、ファグンが来るシーン。

スンホ:
はい、いいです。(네, 좋습니다.)

東京ファンミでは、ファンの演技が上手くて、皆、驚いたけれど、大阪のファンは、二人とも舞台上で後ずさり。

ヘンセ:
ファグンは、(世子)イ・ソンを片思いしているので、嫉妬の表情を、カウンは、ファグンが一緒に三角関係で来ている。
嫉妬、嫉妬、根底には、世子のユ・スンホさんが好き、です。


状況を説明してもらっても、お二方とも、演技するよりボーッとしている感じだったかな。 by Yo


大事なセリフがあったけれど、アッタカイ。
ヘラヘラしていたファグンさん。
かっこいいし、どうでもいい(ですね)。← ファンの心理を解説するヘンセさん。

スンホニムが、カウンの手を取るシーンで、

スンホ:
僕は楽しめました。

ヘンセ:
私が止まらない。

スンホ:
大変緊張されて、でも、前まで出てきてくれて、演技して、
たくさん褒められましたね。


ヘンセ:
「君主」の次は、メナードのリューメくんです。
名だたる男性が、化粧水の妖精として登場。透明感のある役。

スンホ:
(そのシーンのセリフを、足元のモニターを見ながら話す)
キョモカワイイネ。デモ、オハダハキレイダヨ。

(舞台に上がってきたファンを見て)
疲れてる方ですね、ピゴネ(
피곤해)

ヘンセ:
褒めちぎってくれてもいいですよ。

スンホ:
네 ← スンホニムのお得意の「デーデー」って聞こえる「ネーネー」=はい、はい。

ファン:
もう、限界かも。

とか、演技をしたけれど、舞台に上がった時は、後ろに下がっちゃった。
でも、「ええわあ」とか演技して、スンホニムはハグして、、、でしたよね、確か。



ここで、スンホニム、一旦退場。

カレンダー購入した30名に、スンホニムがサインするための抽選。

そして、日本のファンミーティング・ヒストリーの動画上映。


そして、お着替えをしたスンホニムが客席のドアから登場。
赤のチェックのシャツを着て、白いTシャツに、丸の真ん中に横棒のあるペンダントヘッドの金のネックレスをつけてました。


ファンからの質問に答えるコーナー



d0289252_04352570.jpeg


d0289252_04352821.jpeg




Q:韓国語で好きな言葉は?

スンホ:
サランヘヨ、は、ありきたりかな。
ヘンボク(
행복)が好き。


Q:まだ若くて、活躍されると思いますが、結婚はいつ頃?

スンホ:
僕はまだ25歳です。よく分からないけれど、30歳過ぎてから。
日本は結婚は何歳くらいでしますか?

ヘンセ:
したい時!!

ファン:
男性だったら、40歳でも50歳でも。

スンホ:
結婚する準備はできています。← そう言った??


Q:ご飯のお供は?

スンホ:
キムチです。
ラーメンのスープにご飯を入れて食べる。

ヘンセ:
意外と庶民的。

スンホ:
僕は両親と住んでいるので、母が作ってくれます。


次は男性のお客様が当てられました。男性だったので、無理やり指名された。

男性:
嫁と来ました。スンホさんに聞きたいこと、、、ないんですけど。
彼女はいますか?

スンホ:
いません。

男性:
理想の女性は?

スンホ:
性格が良くて、嘘をつかない。僕の目から見て可愛い。

「僕の目から見て可愛い」っていう表現が、「おおっ!!」でしたね。そうよね〜、客観的に見て美人かどうかでなく、スンホニムが「可愛いなあ」って思える部分があれば良いってことよね。良い回答だわ〜。 by Yo


Q:息子がスンホさんみたいになって欲しいと思っています。ビジュアルは諦めていますが、アドバイスを。

スンホ:
どのような助言が良いか難しい。
(が、)自分の家族を信じてあげることは大事。

ヘンセ:
スンホさんのお母さんは、信じて育てた?

スンホ:
아니요(アニョ=いや)!! ← ヘンセさんの言葉の後で、この「アニョ」の言葉が出るのが、ものすごーく早かった。ヘンセさんが「信じて育てた」と言った直後に発せられた。そして、その後で、言ったのが、これ
   ↓
いっぱい話し合いをしました。

ははーん、そっかあ。それがこのような良い子を作る秘訣なんだなあって、Yoは納得いたしました。

そして、質問コーナーが終わりで、、、

スンホ:
思ったことのないような質問が出てきた。でも、皆さんの熱気が伝わって嬉しいです。

スンホ:
心の用意をしていましたが、

ヘンセ:
昨日は東京でジェスチャーゲームをしましたが、ファンミーティングが終わってホテルに行く間に議論になったことがあります。


要は、昨日見せてくれたスンホニムのジェスチャーが不可解だったってことでした。
スンホニム、右手を肩から真っ直ぐ横に上げ、肘から先を上に直角に。左足の桃を90度くらい上げて、膝から下を下げるポーズで、右手と左手を交互に動かす。

会場にこれは何かと問うと、「カメ」「スパイダーマン」などの答えが返って来た。

ワニでした。

ヘンセ:
スンホさんの見てきたワニが違う。

スンホ:
これからワニはこれです。← 強引に押し切ろうとする、負けてはいないスンホニム。 by Yo



d0289252_04315762.jpeg


ヘンセ:
歌は得意?(と、スンホニムに問う)

スンホさんに

「この歌なんだ?」のコーナー

ヘッドホンで聞こえた歌をそのまま歌ってもらいます。
回答権はファンに。

スンホ:
最新曲はあるんですか? ← ちょっと心配そう。 by Yo

ヘンセ:
昭和の時代の歌です。

ということで、開始したスンホニムが耳で覚えた歌のタイトルを当てるというゲーム。
ヘッドホンをして、必死で曲を聞き取ろうとする、スンホニムのお姿は、なかなか可愛い。
飾りっ気なくて、でも、感じ良いのよ。
スターというのは、多くの人に「感じ良いなあ」と感じさせなきゃいけないんだから、やっぱり大変だあ、と思った。


スンホ:
(最初に「糸巻きの歌」を歌い)僕の実力はまあまあです。

スンホ:
そうですよね。
ただもう、凄い。どうして、皆当てたんですか? ←「ヤーヤーヤー」の曲を歌って、ファンが曲名を当てた。


ヘンセ:
残念ですね。 ←???なんだったかな。 by Yo

スンホ:
初めて聞きました。(サカナの歌)

ヘンセ:
天才かも。クォリティの高さ。

スンホ:
チェーバイ

スンホ:
そうみたいですね。

と、いう風に、イヤホンで、初めて聞いた日本の歌を、自分で聞きながら歌って、それをファンが当てるというものでした。
一生懸命、聞き取ろうとしているスンホニムの表情が可愛かった。

ヘンセ:
声だけでない、耳のいいですね。
では、凄い可愛い愛嬌ポーズ をしてください。


スンホニム、親指と人差し指の小さいハートを両手で、作った。
こちらの写真は、3年ほど前の韓国ファンミのスンホニムが小さいハートを作っている、TTUのお写真💕



d0289252_10310812.jpg


今よりずっと若いなあ、やっぱり。
※ こちらも、二次加工、ロゴ切り取り禁止の写真です。



ここで、

スンホニムからの手紙のコーナー



今日は楽しんでいただけましたか?
今では古い友人に会うように、言葉は違っていても、来る度に熱烈に歓迎してくださる皆さんに感謝の言葉を伝えたい。
もし、作品が成功して、日本でまた呼んでいただけたら、来たい。


というような、心のこもったお手紙でした。
はい、いつも「熱烈に歓迎」ですよ〜😍



ファンからの手紙朗読

高校生のお母さんと73歳のお孫さんが7人いるという方が、ラブレターを読まれましたよね。
確か、そうでしたよね?


スンホニムの言葉でないので、さらっと聞いて終わってしまったのですが、お二人がいろいろな作品を一生懸命見られたり、スンホニムのお顔の2つのほくろの好きと言われたり、また、スンホニムを8番目の孫として、これからも見ているという言葉を読まれて、その言葉にじっと耳を傾けているスンホニムの表情が印象的でした。
日本に来て、こんな言葉を聞いたことは、きっとスンホニムが韓国に帰って撮影が始まった時、大変なことがあっても凄い力になるんじゃないかと思えて、よかったなあと思えたんですよね。

韓国のネットなどで作品についてあれこれコメントをする人たちとはちょっと違う年配の方が、日々の生活の楽しみとして彼のドラマなどを見ているということ、それは、これまでスンホニムが知ることのなかったファンの姿かもしれなくて、優しいスンホニムだから、きっとこういうファンのためにも頑張ろうって思ったのではないかと思います。 by Yo


ヘンセ:
(日本でのファンミーティングは)どうでしたか?

スンホ:
日本に来て、本当に楽しかったです。
すぐに新しいドラマの撮影が始まります。その前に日本に来て楽しい時間を過ごして韓国に帰ることができます。
皆さんも楽しく過ごせましたか?
皆さんは、僕が歌った歌は忘れて、かっこいい姿だけを覚えていてください。



d0289252_04310197.jpeg



この後、カレンダーのサイン当選者の方々へのサインがされて、客席の2階、そして、1階は上手側から順に握手会に突入。
こちとら、下手側だったので、ほぼ最後のグループになって、その間、TTUの方とお話もしたり、写真を撮らせていただいたりしていました。SNSはダメですよ〜と言われたので、画像は載せられませんが、普通のお友達同士の写真に写るような表情を見せてくれたのが嬉しかったですね。

そして、お隣の席でTTUの方の言われたこと、「スンホさんは、本当は歌が上手いんです。でも、自信がないんです」。
そうそう、私、「リメンバー」でお父さんと一緒に歌って踊り出すシーン、スンホニムの声がしっかり出ていて、声帯が鍛えられているから、ちゃんとレッスンを受ければ、歌も上手になるだろうと思ったりしていたんです。

それから、「スンホさんは嘘がない人です」ともおっしゃっていました。
Yoの知り合いの知り合いの方がスンホニムのそばで仕事をしていたことがあるとかで、「スンホさんはいい人だよ」と言っていらしたとか。
共演俳優さんからも「いい人」のレッテルが貼られるスンホニムは、確かに「清々しく良い人」。
本人の中では普通にしているつもりなのでしょうけれど、ご両親が「嘘をつくな」「人に迷惑をかけるな」と教育されて、納得できないことは徹底的に話し合って、そうやって大人になったんでしょうね。
家族と徹底的に話し合って、大学進学をやめる代わりに兵役に就く時は海軍
(スンホニムは、子どもの頃から海軍に行きたがっていた)でなく陸軍にするなんていう取引をしてしまったりもする、そんな家族であることが、大阪のファンミの言葉の調子から感じられて、なんかYoとしては、実体の見えない影のようだったユ・スンホ像がクリアに見え出したような気がして、大阪に行けたことがとっても満足でもありました。
本当に、なんでもそうやって知りたがる、迷惑なファンなんですよね〜。


愛は、見つめること、相手のことを知りたがること?


ハハハ🤗
🤗🤗



d0289252_04282829.jpeg


d0289252_04291881.jpeg


d0289252_04290613.jpeg




韓国から来た熱烈ファンであるTTUの運営の方々と一緒に、ファンミの席に座って思ったのが、韓国のファンも日本のファンも同じだということで。

スンホニムは「우리
배우님(
私たちの俳優様)」

皆が一緒に素敵な彼が素敵な演技を続けていけるように、願っていけたらいいなあと思います。


国と国の関係は時により変化しますが、好きなものは好き、良いものは良い。天才バレエ・ダンサーのセルゲイ・ポルーニン氏が「世界に足りないものを補うのが芸術の役割」と言っていますが、文化も同様。乾いた関係や乾いた心を癒すのが、ドラマであったり映画であったり。

もちろん、好みは芸術同様いろいろあるでしょうけれど、どのような状況にあっても好きなものは好き、良いものは良いと言える自分でいたいなあと思います。



d0289252_04255994.jpeg




なにしろ、美貌がすごくて、演技はやっぱり天才だし、これはついていくしかないでしょう。




유승호 사랑해〜💕




握手会の前に、私たちの前の席の、ちょっと年配の方達が、TTUの運営の方に、スンホニムに伝えたい言葉を韓国語でなんて言えば良いのかと聞いてたりされてました。

Yoは、またまた準備もなく、うんうんウンウン、う〜ん、
幸せでいてね〜と言いたくで、


「행복하세요
〜‼︎」と叫んだ。



スンホニムに素敵な姿を見せて欲しいけれど、それと共に、幸せな気持ちで過ごして欲しいと願っています。


TTUの方々に、「なんて呼ぶのが良いのですか?」と聞いて、やっぱり「
승호씨」が良いかもと教えていただいたのですが、どうも崇めたてまつりたくて、ちょっと堅いと言われた「승호님」になってしまうYoでした。

私の後ろで、握手会、スンホニムに「あ〜」と言われていたTTUの方々、羨ましかったなあ。
振り返る余裕もないほど、緊張していた、私???



ということで、なんとか、大阪ファンミについても本編、終了いたしました。
その他、「あれ〜!!」っていうことがあったんですが、また、後ほど。

忘れられない、いろいろなことが満載の「ユ・スンホFANMEETING 2017」でした。



スンホニム
幸せにしてくれて、ありがとう
だから、幸せでいてね〜🍀




by Cloudia-Yo | 2017-11-01 11:05 | ユ・スンホファンミーティング+花企画 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード