年末のユ・スンホニムお仕事☆時代劇出演歴+酉年スター+フュージョン時代劇が旬+ファンの良識   

2016年 12月 29日

いよいよ今年もあと3日。
いよいよ明後日には、ユ・スンホニムの登場するテレビを二夜連続で見られると思うと、嬉しくて。
今日もバイトをしながら、その話をチングにしたら、「ほんと、嬉しそうね」と言われてしまった。
そうですよお。嬉しいもん♪



さてさて、公式なスケジュールのお話、前にもお伝えしたとおり、、、


・明日 30日(金)夜9:30
MBC演技大賞授賞式にプレゼンターとして出席

・明後日31日(土)夜9:00
SBS演技大賞授賞式に韓流スター賞候補者として出席




これは、TTUでスケジュールとしてアップされた、ユ・スンホニムの予定なのですが、どうも「君主」について進んでいるかというのは疑わしい?
シナリオリーディングだとか、撮影開始だとかいう噂もあったけど。

例えば、MBCが、30日にいきなり「君主」の主な出演者が一堂に会している映像を流して、視聴者をびっくりさせようとしているとか、いきなり「監督はこの人に決まっている」と発表して、衝撃を与えようとしているとか、そんなサプライズを用意している??「君主」を印象づけようとして、隠密でそんな戦略を立てているのでなければ、「君主」が具体的に進んでいるというのは、ガセネタかも?


「月の恋人〜〜(邦題:麗〜〜)に出演していたチン・キジュさんが、「君主」に出演が決まっていますが、この方もチン・ヒョンスさんと同じく、スンホニムの護衛武士だそうで。
悪役が誰かもまだ発表されていないし、脚本家は決まって、製作も決まっているけれど、監督の名前が出ていないんですよね、確か。



アップした途端に、悪役決定の記事を見つけました。
下の方に載せます!!


ついで、「来月撮影開始、5月から放送」の記事もあったのだけれど、アップしようとしたら、消えてしまった。
やっぱり、「撮影開始している」はガセネタらしい!?



こんな内容の記事が、出現‼️


29日放送界関係者によると、パクチョルミンとのチェ・ミナはMBC新しい水木ミニシリーズ'君主-仮面の主人'(演出ノ・ドチョル・脚本パク・ヘジン、以下「君主」)に出演する。


(中略)


「君主」は現在放送中の「重量挙げの妖精キム・ボクジュ」後続の「ミシングナイン」「発光オフィス」の後続で2017年5月放送予定だ。 来月撮影に突入する予定だ。



パク・チョルミンさんがスンホニムの師匠で、出演するのに加え、チェ・ジナさんがスンホニムの母の役で出演。
そして、ついに演出がノ・ドチョル氏と名前が出ました‼️


リンクを貼っておきます。

韓国記事はこちら



授賞式のプレゼンターとして出るのだから、MBCも気合を入れているのだろうし、「君主-仮面の主人」を演じるユ・スンホニムが酉年の俳優として取り上げられていたりもしています…。



▼ カン・ドンウォンからパク・ボゴムまで
「ジョンユニョン(丁酉年)」2017年に期待される酉スター





d0289252_01143885.jpg



非常によくできた俳優たちがあふれていることで有名な1993年。ユ・スンホ、イ・ヒョヌ、パク・ボゴム、ソ・ガンジュンが、その代表的な例である。

「君主 - 仮面の所有者」で「リメンバー - 息子の戦争」以来、約1年ぶりにテレビ劇場に復帰するユ・スンホ。 「君主 - 仮面の所有者」は、1700年代の朝鮮に実際に存在していた水の私有化を素材とする政治とメロが適切に組み合わされたフュージョン史劇で、朝鮮八道の水を理由して、強力な富と権力を得た組織編修会と対立し戦う皇太子の義に徹した死闘を描く。劇中世子イ・ソン役を演じたユ・スンホは、キム・ソヒョンと一緒に清浄なロマンスを披露し、2017年にもお茶の間にダルダルハムをプレゼントする予定だ。



韓国元記事はこちら


※ サブタイトルが「仮面の主人」か「仮面の所有者」か、統一していなくてゴメンなさい。正直、どちらだか、分かりません。



1993年生まれ、確かに独特の存在感を見せる方々が並んでいますね。

なんと、一回り上の酉年には、、、



d0289252_01171486.jpg



カン・ドンウォン、チョ・インソン、イ・ドンウク、チョン・ジヒョンの各氏がいるとのことで、男性の中に1人だけあげられたチョン・ジヒョンさん、さすがの存在感。男性3人も独特の持ち味を持った演技派の方々。




それから、別のニュースでは…



▼ パク・ボゴム、パク・ソジュン、
ユ・スンホ・イム・シワン
「時代劇」を選んだ理由?


まさしく「史劇の時代」、より厳密に言えば「フュージョン史劇の時代」だ。



d0289252_01274426.jpg



ヒットした「雲が描いた月明り」と「月の恋人(邦題:麗)」などがあるけれど、


(抜粋)

フュージョン史劇の勢いは来年も続く見通しである。

ユ・スンホはMBC「君主 - 仮面の所有者」にキャスティングされ、2017年上半期カムバックを発表した。イム・シワンまた、来年上半期に放送されるMBC「王は愛する」に出演する。

このようにフュージョン史劇が洪水を成し、青春俳優の選択を受ける理由は何だろうか?

まず、そこにはフュージョン時代劇の自由である。過去史劇というジャンルは、十分な経験と演技力を備えた中年男性俳優の専有物のように考えられた。 KBS「ホジュン」、「王建」など歴史的な出来事と人物をベースにした時代劇は現代劇とは異なり、高度の演技スキルとトーンが重要視される。

当時の時代劇で好ましい学ぶチョン・グァンリョル、チェ・スジョン、ユ・ドングンなど、すでに演技力を認められた貫禄の俳優であった。チェ・スジョンの場合、1990年代積み上げた青春スターのイメージを捨てて熾烈な努力の末に「
王建」の後の時代劇専門俳優という評判を築くことになる。
「ホジュン」のチョン・グァンリョルと「王建」のチェ・スジョンは、優れた演技力で大きな愛を受けた。 [写真= MBC「ホジュン」・KBS「王建」スチール写真]

これに比べてフュージョン時代劇は全く違う。最近人気を集めている「花郎」などフュージョン史劇の場合、実際の歴史に基づいているというより基本的な枠組みに想像力を加味したうえ、現代的な感覚と演出で、若い女性視聴者たちに身近に近付いている。フュージョンロマンス史劇の場合、歴史的考証に力を入れるよりも若いスターたちの起用と魅力的なキャラクターで人気狩りに出る。




「未生」で人気のイム・シワンさんも「王は愛する」に出演確定だそうですが、時代劇の難しさに比べて、若い俳優さんにとってフュージョン時代劇は演技に対する負担感が少ないので、最近アイドル歌手も多々出演している。


そして、韓国の時代劇が、海外で歓迎される理由・・・


「韓国の伝統衣装が美しい 」「時代劇は現代劇よりも神秘的な感じで、目新しい」とのことで、韓国時代劇が好きな理由を明らかにした。



パク・ボゴムさんも「正統派時代劇への出演は多くの準備が必要」と言っているそうで、それなりのお勉強が必要。コ・アラさんも「朝鮮魔術師」の前に時代劇初出演なので作法を勉強したとか言っていたけれど、どこか現代風でしたよね。
その点、我らがユ・スンホニムは時代劇の出演が多い。




さて、上の方で書いた、「君主」の悪役に決定したのはこちらの方!!ホン・ジュノさん。




d0289252_13245127.jpg


ホ・ジュノは皇太子役のユ・スンホと対立の構図を形成して、劇に緊張感を吹き込む予定だ。


韓国元記事はこちら


この方、確か、「拝啓ご両親様」で障害児を演じたユ・スンホニムのアッパの役でしたよね。
ちょっとクセのあるお父さんでしたが、今度は、敵役!!

悪役のボスが決まれば、大分決まった感じ。ホッ😌😌😌





☆ ユ・スンホ出演の過去の時代劇は?



d0289252_02320070.jpg



d0289252_02405288.jpg



d0289252_03135212.jpg



d0289252_02435180.jpg



d0289252_02455765.jpg



d0289252_03280364.jpg



d0289252_03093658.jpg



d0289252_02534319.jpg



d0289252_02501404.jpg



時代劇の画像は、上から・・・


不滅の李舜臣太王四神記王と私善徳女王 武士ペク・ドンスアラン使道伝アラン使道伝朝鮮魔術師 キム・ソンダル


アラン使道伝だけ2つ載せたのは、除隊後の2つの映画にちょっと髪型が似てるような気がして。



d0289252_02132736.jpg


この玉皇上帝だと、もっとファニに似てる。衣装も白いし、髪のずるっと感も。
玉皇上帝も美貌の持ち主だと思ったけれど、今のスンホはオーラが数倍になった感じ。
並べて見ると、除隊後の2つの映画の彼は「顎のラインが大人になった!!」と。


「男」の顎だっ!!



「キム・ソンダル」で話題だった女装のスンホニム、、、



d0289252_10354879.jpg


俳優ユ・スンホ、今年の映画ボンイ・キム・ソンダル生涯初の女装に挑戦した

映画の中女性に変身したユ・スンホは細かく韓服着てまっすぐな高尚な人誘惑する役割完璧に消化した

映画製作報告会でユ・スンホは「美しいかと思ったが、男だったよと自分女性扮装について失望感表わした観客はよく似合う」「きれいだったよという反応見せた



韓国元記事はこちら


そう、思うに、顔立ちはやっぱり男の骨格で、でも、妙にいじらしい、ある意味歌舞伎の女形のような、女性らしさを様式美として消化したような感じだった。「キム・ソンダル」の中で、ある意味、最も印象に残る役だったかも。



このように立派な時代劇の出演歴。
そして、1人1人の表情が魅力的。よくこれだけ違う役柄を作り出したと思うなあ、やっぱり。それぞれに独立した個性がある。
やっぱりやっぱり、彼は良い俳優さんだわ〜💕


だから、何があっても「私は味方!」というスタンスでいたいなあ。




☆ ファンの良識



なかなかお目にかかれないユ・スンホニム。
お休み期間も1年近くなれば、「少しくらいどこかでコメントしてくれても…?」とか思っちゃったりする。「生きてるの??」とか。ファンは勝手です。


そのような中、昨日、キム・ユジョンちゃんがストレス性ショックで入院したとかいうニュースを聞きました。大人気であれこれ賞を取れるかどうかとも言われている「雲が描いた月明り」があるのに、年末の授賞式に出席できるかも微妙とか。

彼女が映画「愛しているから」の舞台挨拶の最中に自分の爪を見ていたりしたのがよろしくない態度だとか言われ、そのことで謝罪したり、傷ついたりという状態からついに入院。まだ十代、演技歴はパク・ボゴム君より長くて、演技もしっかりしていても、やっぱり10代半ばの少女、ストレスにも弱い時期だし、時には集中力が切れてしまうこともあるかも。
そういえば、Yoの知り合いも、20代の前半のときに、習い事の途中でいっつも自分の爪を見ていたなあ。若いお嬢さんが爪を見るのは、どういうサイン??周りを見ないで自分を見る、自分の殻に入りたい?


ユ・スンホニムの舞台挨拶の動画なども多々アップされていますが、テレビ番組で編集されて放送されるのと違って、こういうものは、容赦なく全てのシーンを写されてしまう。
彼の公式ファンカフェTTUでは「俳優様のプライベートな部分の写真は勝手にアップしないで」と言いますが、確かに見られるつもりでないシーンを見られるばかりでなく、大々的に公開されて、場合によってはそれで批判されたり予期しないイメージを持たれたり、ということもあり得るし、やはり避けるべきなんだろうな。。。
今やネットも脅威、どこで叩かれるか分からない。


先日、ユ・スンホニムがフードをかぶってマスクをして、オンマのスーパーのお買い物に付き合っているらしきシーンがアップされていましたが、この格好なら、表情とか全く見えず、そのスタイルがファッショナブルとは言えないけれど、それも防衛本能なのかなあ。「僕を見ないで」サイン??



ジョンソク・ファンクラブ・・・


Yoが唯一日本の公式ファンクラブの会員になってしまっているイ・ジョンソク君は、スタッフがスタッフブログで近況を伝え、本人も画像をアップし、なにしろトップモデル出身だから、着ているものもいつも並みのスタッフでは太刀打ちできないくらい厳選したお洋服、そうやってファンにサービスをしてくます。でも、彼も「今はコメントしない方がいい時期」と思って、Twitterだったかインスタグラムだったか、とにかくお休みしていたときもあったらしい。気持ちが落ちているときに下手にコメントすると、読んだ人が歪曲して彼の気持ちを捉えることを恐れて、控えたらしいです。

ちなみに、ジョンソク・ファンクラブ、更新したら、彼の1年の歩みが裏にあれこれ書かれたクリスマスポスターとスタンドできるパーツのついたクリスマスメッセージ、そして、「更新ありがとう」プレゼントはジョンソク君の写真がポロッと入れられた透明のビニールケースが入っていました。



d0289252_11360460.jpg

d0289252_11363144.jpg


実は、スンホ関係のDVDとかも多々購入したので、更新するか節約するか迷ったんだけど…。そうやって綺麗な男の子の写真とかが送られてくると、テンション上がる。ナンバー2のジョンソク君なんですが。←ジョンソクペンの皆様、ミアネ〜。


やっぱりYoは


スンホが特別な男 なんですよ。



というわけで、、、


ブログを始めてたった4年にしかならない、ブロガーという言葉も未だに自分には似つかわしくないと思っているYoなのですが、ユ・スンホニムが望まないと思われる部分はそっとしておくに限ると思ったりするわけです。




☆ TTU、スタッフ募集の件


ユ・スンホニムのファンカフェで、新たに運営に携わる方を募集しているそうです。
運営委員の特典はほとんどなしだそうです。
これからユ・スンホニムが主演俳優として活発に活動をしていくだろうし、その意味で、公式なファンクラブとかを持たないユ・スンホニムの活動に対して、TTUがどういう役割をするのか、動けるスタッフのいることが必要だろうなあとも思っていたので、なるほど、、、でした。
この件に関して、協力するには語学力がないと無理だと思うので、「我こそは!!」と思われる方は、ご自分でTTUに行って内容を確認されるのが良いと思います。^^

まず、入隊前からの会員であることが必要などの条件があれこれある運営委員だし、あるいは、スタッフとしての参加もそれなりの技術を持っている方であることが必要のようですよ。




というわけで、2016年もあと3日、本日のYoは忘年会です。
忘年会で、私よりは若い大人たちの他、子どもたちの参加があって、ビンゴをやらねばならない(^◇^;)。
景品の買い付け&ラッピングなどもして。が、まだ、完了していない。
年賀状は買ったけれど、やっとCD-ROMのついた年賀状作成本を購入。が、プリンターのインクがない。
それでも、頑張って必死でやり終えようと思わず、こんな風に「まずはブログ」で過ごしているのは、余裕でしょ?(笑)


今日も、SBS韓流スター賞の投票をしてきましたよ。
彼が授賞式に登場したら、「キャー」って歓声が上がるのかなあ。なにしろ、成人して初の授賞式ですから。



ああん、ドキドキ💓

 

「ガンバッタネ〜、ホントニ…」と、また、泣きそうだな、Yoは…。




あ、最後に、2016年歌謡大祭典のこと。先日、LaLaTVで「2016 SBS歌謡大祭典」の放送をしていて、最初の方は、「ああ、可愛い女の子たちがキャピキャピ歌ってルンルン踊ってるわ」「可愛い声で綺麗にコーラスするよなあ」「若者もよく踊るし」くらいだったんですが、最後の方になって、最近急激にトップクラスのアイドルグループになった防弾少年団、歌って踊る姿は鳥肌モノ。胸がドキドキした。
これなんだよね、K-Popの凄さは。
EXOもやっぱりドキドキでした。

何だろうね、この胸ぐら掴まれるみたいなエネルギーは!?
これがやっぱりトップになれるグループの勢いとゾワゾワ感と、思った次第。



やっぱり凄いよ、K-Popのパワー☆



シウミン君に招かれて、EXOのステージを見に行ったスンホニムも、そんなものを感じて、「シウミンは凄い」とかの発言をしたんだろうな。
確かに、シウミン君、ステージではカリスマでした。




d0289252_13191983.jpg


本日のラストは
「リメンバー」11回の
ちょいと冷たいカリスマのソ・ジヌさん💔




by Cloudia-Yo | 2016-12-29 13:21 | ユ・スンホNEWS | Comments(2)

Commented by shiba-rika at 2016-12-29 17:51
Yoさま☆
안녕~(ノ´▽`)ノ今年もあと少しだねぇ。
お疲れ様です~体調崩してないかな?
少し早いけど年末バタつくだろうし、今年もありがとうの御挨拶に来ました♪

今年もスンホネタをたくさん発信ありがとうございました!本当にスンホ愛に満ちたブログだとつくづく思います♡来年は取酉年~スンホ年~~~(*´ω`*)彼のますますの活躍と飛躍を願って一緒に応援していきたいと思います。
River若干脱線することもあると思うけど大目に見てください(笑)

スンホニムの「君主」楽しみだね!!
エルくんの出演は嬉しいけどそっちに話題取られ過ぎないように・・・(; ̄ω ̄)ゞなんて思いつつ、スンホニムだもん!大丈夫だろうけどwあの演技力で圧倒してくれることでしょう。
今日は忘年会だっけ?飲み過ぎ注意です~(笑)楽しい時間を!そして年末年始はゆっくり過ごしてくださいね♪
Commented by Cloudia-Yo at 2016-12-31 19:17
> Riverちゃん、あんにょん♪
コメント、ありがとうございます!!

Riverちゃんのブログがないと、どうも勢いがつきませんよ。
こちら、幅広くでなく、もうスンホに絞るしかないと思って、そのような方針で行きます〜。
放送までは5ヶ月もあって、「その間にもう1本できるんじゃない??」ってくらい、またまた「待つ」ですが、彼も若いからじっくりやらせてあげなきゃね。←どういう言い方??
予告を見たら、やっぱり重みが凄かったので、休養して筋肉と体重だけでなく、パワーを蓄えられたかも。
やっぱり美しいし。

MBCは、ジョンソク当選でしたね。
彼もキラキラですよね。
スンホニムが「だぶるゆう」って発表したのが、なんか別世界に住んでる人が初めて遭遇したみたいだった。

ZOKUの方にお邪魔するようにするけれど、できれば、エキサイトも閉鎖しないで見ることだけはできるようにして欲しいな。

今年1年、お世話になりました。
来年もよろしくね。
良いお年を!!
名前
URL
削除用パスワード