本日は号泣記念日〜麗しのヨ・ウンさま★ラストシーン   

2016年 09月 18日


先週終わったイ・ジョンソクくん主演の「W」は現実とウェブの世界を行ったり来たりする物語でしたが、Yoにも現実と仮想の世界の行ったり来たりがあります。


Yoの現実の生活はfacebook、Yoの頭の中にあるユ・スンホの世界は、当ブログと同じCloudia-Yoの名前でやっているTwitterなのですね。
最初は、2012年の夏には、facebookでもちょろちょろ「ペク・ドンス」のこととか書いていたんですが、その後、facebookでは韓流のことは封印して、あっちの世界とこっちの世界、分けているんです。何故かといえば、仕事関係の人に「こんなときに、ブログを書くのに多大な時間を費やして、仕事を進めていないじゃないか」とか、批判されたくなかったからで…。実は、私にもそれなりの防衛本能はあったりする。^_^


が、そのfbさん、最近の方針だか、過去を振り返るっていうのを積極的に進めてくださり、「1年前の今日はこんなことを書いていた」とか
「2年前は〜」とか、勝手にお知らせしてくれる。どんなものがその何年か前の思い出として出てくるのかは、一体誰が決めているのか?
その思い出の投稿に先週出てきたのが、なんと「ペク・ドンス」。
9月14日に「来週の火曜日で『ペク・ドンス』が終わる」って書いたんですよ。そのときにYoが書いたのは、こんなこと…



歴史を取り上げたドラマチックなお話もさることながら、俳優達の立ち姿の凛々しさとアクションの美しさ、切れ味に魅了されてしまった。真直ぐであるより複雑であることを選んでしまった日本では、こういう凛々しさってなかなか見られないかも。



これを書いた後、10月の2日から、私のヨ・ウン関係のYouTube動画のfbでのシェアが始まっておりました。
さて、この「ペク・ドンス」最終回だった来週の火曜日っていうのが何日だったのかしら、と、思って、2012年のカレンダーをめくり、また、テレ東さんのペク・ドンスのページ(ラインナップ第29話)を見てみたら、それはなんと…


本日、9月18日 でした。


この9月18日がどういう日なのかというと、私にとって


ヨ・ウンを演じた
ユ・スンホという俳優に
衝撃を受けた
  号泣記念日 だった。



ヨ・ウンのラスト、わけもわからず、ただひたすら号泣してしまった。
Yoの目は大洪水でした。



ToT.....,,,.ToT......ToT....!!!!!


この出会いのおかげで、本当に私の人生は随分変わったと思う。






2013年の8月19日3時57分、ユ・スンホニムの入隊中、キャプって非公開アップにしてあった、29回のヨ・ウンのシーンがあって、それに別の画像も追加して、本日、このページを作成。

どこかのページでもヨ・ウンのラストをアップしたような気も…?




d0289252_03281724.jpg


これは、久々にドンスの味方として闘ったシーン。





d0289252_01364309.jpg







d0289252_01370730.jpg



d0289252_01371286.jpg



ウナの哀しい目…





d0289252_3551989.jpg

d0289252_3552283.jpg

d0289252_3552558.jpg

d0289252_3552864.jpg

d0289252_3553141.jpg

d0289252_3553410.jpg

d0289252_355378.jpg

d0289252_3554192.jpg

d0289252_3554484.jpg

d0289252_3554715.jpg

d0289252_3555122.jpg

d0289252_3555466.jpg

d0289252_3555884.jpg



ウナ〜ッ!!!!!


ドンスは叫び、Yoは号泣。




d0289252_356357.jpg


これは、酔っ払いドンスが、ウナを夢見るシーン




というわけで、おそらくあっちこっちで目にされている画像でしょうけれど、Yoにとっては、やっぱりここが「はじまり」だったわけです。この出会いは、ある意味、Yoの一生を左右するくらいの出来事だった。



「死ぬならお前の手で死にたかった」


苦しい息で、途切れ途切れに言うヨ・ウン。




先日も書いたばかりだったよね、確か、ヨ・ウンのラストに泣いたって。
どうも、真面目なYoは、ブログを読んでくださる方に「ネタバレ」を載せるのが気がひけて、いつも肝心な部分、言葉を濁してしまいます。


先日アップしたページで、「ヨ・ウンは自殺した」って書いてあった記事のその「自殺」っていう言葉を、私は書きたくなくて、「××」にしてしまった。

ヨ・ウンの最期が「自殺」という言葉で済まされるのが嫌だったんですよね。
自殺じゃない、Yoはそう思っている。

友であるドンスと共に生きる道を願いながら、結局は運命がそれを許さなかった。
ドンスは、自分に闘いを挑んでくる。
もう引き返せない状況にあって、友であるドンスを死なせなくない、そうであったら、自分が死ぬしかない。
そういう死だったと思うので。
つまり、友を生かすための自分の死だったと思う。



それでも、自ら、ドンスの剣の上に落ちていったんだから「自殺」でしょ、と、言う方もいるかもしれない。
でも、ヨ・ウン自身は死ぬことを望んでいたわけではなく、生きようとしていた。
だけど、死ななければならなかった。

ああ、また、泣けてきた。

まだ18歳だった俳優ユ・スンホが演じたヨ・ウン、その最期にあんなに泣けたのは、生きたいのに死を選んでしまったという、その切なさ、哀しさだったのかな。

ずーっと、「ヨ・ウンの死」という言葉を言いたくなかった。
これまで、いつも私は「ヨ・ウンのラスト」とか、そんな風な別の言葉を使っていた。


4年目にして、やっと「ヨ・ウンの死」を言葉にした。

今日は、4年めの号泣記念日。
そして、改めて、ユ・スンホが演じたヨ・ウンが何故あんなに悲しかったのか、何故あんなに泣けたのか、やっと分かった記念日。



新しいドラマ出演の話も聞きたいところだけれど、瞬発力のあり過ぎる俳優ユ・スンホが、「このキャラクターは演じてみたい」と思う、そんな役柄に出会うまで、しばし待つこともしよう、そんな気持ちでもあります。




d0289252_02255000.jpg



d0289252_02255457.jpg



d0289252_02255779.jpg



d0289252_02260065.jpg



d0289252_02260287.jpg



d0289252_02260568.jpg



d0289252_02261498.jpg



d0289252_02273862.jpeg



世孫の一行に襲いかかるシーン。
これも好きですねえ。
あまりにも刺客で、
見開いた目が意志のを感じさせて
笑みさえ浮かべているのに、
どこか哀しい。。。




こうやってみると、ユ・スンホニムはアクション、とっても苦労したようだけど、器用な人が演じるのとは違う、独特の魅力がある。
やっぱりアクションでも目がものを言う。
だとすると、やっぱりアクションのある時代劇ができるといいかなあ。



どこかでアップしたようなって思ったら、やっぱり当ブログで以前に最終回のことを載せていた。
こちらの方は、ドラマの筋をちゃんと追っている。
   ↓
やっぱりヨ・ウンに泣いた…ペク・ドンス最終話のスンホ君☆☆☆〜〜





さて、センイルから1ヶ月過ぎてしまったので、リンクを貼るのは本日がラストにします。
センイルお祝いスライドショー動画、大人になったユ・スンホニム中心のものです。


ヨ・ウンの画像は、「朝鮮魔術師」のところと、ユ・スンホニムの演じたキャラの4コマのところに出てきます。









by Cloudia-Yo | 2016-09-18 03:12 | ヨ・ウン(ペク・ドンス) | Comments(2)

Commented by kahorin at 2016-09-19 11:24 x
Yo様お久しぶりです(*..)
コメント子無沙汰してしまってすみません(^^ゞ
わたくし事ですが初めての転職をこの歳でしまして(笑)先週から研修が始まりお勉強の毎日です(⌒o⌒;A
いつも読み逃げで申し訳ないと思いつつ…(^_^;)←汗;
いつのまにかブログの雰囲気も様変わりしていて(@O@)オォー☆素敵です((◎´∀`人キュン☆

号泣記念日ってタイトルもすごいですね(笑)
ヨウンの運命と戦い、友を生かすために自らの死を選んだ…本当に切なくて号泣ですよね(TmT)ウゥゥ・・・
素晴らしい演技を見せてくれた当時高校生のスンホ君♪スンホ君じゃなきゃあの名シーンは生まれませんでしたよね…
それを自殺ですまされたくない気持ちもよくわかります♪

Yo様もFBやられてるんですね♪私もそちらは自分の日記みたいな使い方で子供たちの事などをメインに書いてます!CNネタはほとんどなしで(笑)○年前の投稿が上がってくる機能もいいですよね♪
私もアメブロの方にCNやスンホ君のマニアネタ(笑)をあげて使い方を分けてますv(*'-^*)-☆
毎日の自分の日記代わりとしてシンプロもやってますけど(笑)

雨も多く、まだ暑い日が続きますが、Yo様もお体に気をつけてくださいね(^_-)-☆ブログ更新いつも楽しみにしてます(mm*)
Commented by Cloudia-Yo at 2016-09-19 17:32
> kahorinさま、こんにちは!!
ありがとうございます。
新しいお仕事を始められたんですね。おめでとうございます!!
ちょっと、ブログスキン、今回は明るくしてみましたが、良かったですか??

ウナとの出会いも4年も経ってしまいました。時の経つのは早いですね。
伝説のヨ・ウン、あまりにも適役でしたね。
これからまた、素敵な役に出会えると良いのだけれど。

FBの過去の出来事、最近やたら頻繁にお知らせしてくれますけど(笑)。
FBは、息子が動画を載せてくれたりして、今は離れていても簡単に様子が観れるので、そういう意味でも楽しめますね。
あちらも「いいね」をしてあげると、嬉しいみたい。

大手のアメブロのブロガーさんなんですね。
昔なら日記を書いたり写真をアルバムに貼ったりするところ、今は、ネットに載せて大切な思い出も保管と言う感じですね。
シンブロって、今日初めて知りました。いろいろあるのね!!

実は、私も最近、新たにバイトを始めてしまったんですよ。
面接とかして、「〜〜〜ですけど、大丈夫ですか?」と聞かれて、目をキラキラさせて(のつもり)「大丈夫です!!」と元気に答えたら、週1回のみでも雇ってもらえた。
kahorinさんのお仕事と違って、研修なし、頭は使わない。だけど、覚えることはいろいろあったりして、終わった後で、別の仕事に駆けつけたり。
でも、新鮮です。
新しいお仕事、kahorinさんは、きっといろいろ準備されて、突入したんでしょうね。
ファイティ〜ン!!
名前
URL
削除用パスワード