ユ・スンホ、モンクレールを着てセクションTV芸能通信出演、KNTV放送+ニュースあれこれ   

2016年 07月 24日


「キム・ソンダル」、昨日までで1,981,480名の観客動員。
うーん、あともうちょっとだあ。。。
頑張れ〜!!


さすがに今週末は、映画館での舞台挨拶もなく、ユ・スンホ関連ニュースが何もないかなあと思っていたら、ちょいちょい記事を出してくださる方がいて…。


これ!!




d0289252_08373542.jpg


セクションTV芸能通信には、ユ・スンホニム、6月に「キム・ソンダル」主演の詐欺団の方々と4人でも出演しましたが、映画公開寸前の7月3日にも単独で出演。


こんなタイトルの市民日報様(시민일보)のニュース。
     ⇩
「ボンイ・キム・ソンダル」ユ・スンホ ストライプブレザーに公式席上ルック完成



内容は、「暗いトーンのTシャツとパンツに華やかなブレザーをマッチして完璧なポイントルックを演出した。ストライプパターンが素敵なホワイトブレザーにカジュアルな感覚と高級感のあるムードを加えた層洗練されたスタイリングで視線を集めた」。

モンクレールのストライプのジャケットを着て、少年の面影が跡形もなく、青年ユ・スンホが感じられたという。


韓国元記事はこちら!!


AyaさんがTwitterで、「モンクレは人気」と教えてくださいましたが、
最近のファッションについて無知のYoが検索してみたら、




d0289252_09070864.jpg



こんな感じのジャケットで、お値段が20万円くらい…。

モンクレールは、元々はフランス、今はイタリアに本拠を置くブランドらしく、ダウンジャケットが人気だそうです。
確かにダウンジャケットのシルエットが美しいわ。





d0289252_09132692.jpg



モンクレール、ウルトラライトダウンのページ



キャップにTシャツのユ・スンホニム、でも、公式のTVインタビュー、「キム・ソンダル」広報では「今どきのファッション・アイテムもしっかり着こなして、大人の雰囲気を見せるんだ」と思えるニュースでした。




そして、もう2つくらい出ていた、


⭐︎ ユ・スンホニュース



1つは、「ブロードウェイ42番街」というミュージカルに出演するキム・ソンギョンさんのために、コーヒー・紅茶のデリバリーを贈ったというニュース。
ユ・スンホニムは、キム・ソンギョンさんとは「太王四神記」で、対立する役、叔母と甥の役で共演。「会いたい」でも、叔母と甥を装った役柄で、積極はなかったと思うけれど共演。




d0289252_09550616.jpg



真ん中のブルーのヘアバンドをしているのが、ソンギョンさんかな。

関わった方に義理を果たすユ・スンホニム。


ユ・スンホニムとキム・ソンギョンさん、普段「ママ」「息子」と呼び合うほどの親交を築いてきたそうです。
   ↓
韓国元記事はこちら!!



贈ったユ・スンホニムの画像が、デリバリーのトラックの上の方に載っていますね。
右は、贈り先のキム・ソンギョンさんかな。




d0289252_09591283.jpg





キム・ソンギョンさんは、こんな後輩のいる事を喜んだとのこと。


韓国元記事はこちら!!



この方、声が大きい(笑)。
よって、「太王四神記」でのアクの強い敵役は迫力あった。
それに対して、堂々と負けずに倒す少年タムドクの迫力が凄かった。



d0289252_10274971.jpg


タムドクに向ける目が怖すぎる…



d0289252_10283729.jpg

これは、父を亡き者にしようとする策略にきづいたタムドク




ど迫力の悪役に対して、ナイーブな雰囲気を持ちながら、その頭脳で太刀打ちしたタムドクを見事に演じたタムドクは見事で、だから、Yoは、タムドク大好きですね〜。ユ・スンホの芯の強さが見えるドラマで、同時期に撮影した「王と私」の成宗子役より、タムドクの方がキャラ的には数倍好きです。



キム・ソンギョンさんの声の大きさ、迫力の元の1つでもあるけれど、メインはミュージカルで活躍しているようで、なーるほど!!
やっぱり舞台系の活動をしている人は、押しが強いですよね。

キム・ソンギョンさん、貧しくて両親と離れて育ったそうで、そういう人生を生きて来た人間の迫力が、演技にも表れていると思う。


キム・ソンギョンさん、「会いたい」では、カン・ヒョンジュンの母親のカン・ヒョンジュに命令されて、カン・ヒョンジュンが異母兄ハン・テジュンの元から逃げるのを手伝う看護士役でした。
けれど、そんなに良い人ではないので、ヒョンジュンを捨てて大金を持って逃げようとするけれど、自分がいなければ大金は手に入らないという子供ヒョンジュンの言葉に、ヒョンジュンとスヨンを連れてフランスに飛ぶ。そして、その後、ハリー・ボリスンの叔母として過ごし、韓国のハリーの豪邸で終末を迎えるという…。


次の数行、ネタバレ!!


前にも書いたけれど、2回ともユ・スンホの手にかかってしまう…。
タムドクは、王位を狙う叔母を自殺に追い込み、カン・ヒョンジュンも叔母を装うミシェル・キムを死に追いやる。
そう考えると、ユ・スンホニム、ペク・ドンスでも容赦なく多くの人を死に追いやり、冷酷に死に追いやる役がお得意。
この3つの役、ヒットですよね〜!!










d0289252_09520281.jpeg



d0289252_09530557.jpeg






もう1つ、「想像猫」で、ヒョン・ジョンヒョンの親友役をやったキム・ミンソクさんとの仲良しショットのニュースも出ていました。




d0289252_10315708.jpg



韓国元記事はこちら!



「想像猫」では、常に帽子をかぶっていたミンソク氏?
確か、お目目が切れ長で、「ユ・スンホに似ている」と学校で言われていたとかいうニュースもあったような…?

「想像猫」からの縁で仲良しになったと云うことらしい。

金髪だと、別人のように可愛く柔らかく見えるキム・ミンソク氏。
「想像猫」のユク・ヘゴン役は、ガサツな雰囲気だったけど。
最近、ドラマ「ドクターズ」にも出演、活躍が目立ち、人気歌謡のMCにも抜擢と、上昇中のお方。

??
キム・ミンソクって、EXOシウミン君の本名も「キム・ミンソク」だったんじゃないですか??



と言うわけで、本日はあれこれでした。


日曜の韓国、ぜひぜひ、映画館で「キム・ソンダル」を見ていただいて、今日・明日には200万突破といきたいものです。
ハイ!!


そうだ、大切なことを忘れてた!!



今日夜中3時から

ユ・スンホ出演

「セクションTV芸能通信」

KNTVで放送です!!



by Cloudia-Yo | 2016-07-24 10:49 | ユ・スンホNEWS | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード