キム・ソンダル、新たなスチールカット、ユ・スンホ女子など+想像ネコ他+THE STAR到着!!   

2016年 07月 15日



「キム・ソンダル」新たなスチール公開




d0289252_13312225.jpg




サン・クリームを塗らないユ・スンホお嬢様は、屋外での撮影にかなり日焼けをしておりますが…、
ほんとに、コ・チャンソクさんと「幻想のケミ」!!!




d0289252_13312732.jpg




なごむなあ…。
チャンソクさんも、満足そう。




d0289252_13313200.jpg




どう見ても、シウミン君が年下だね。
やっぱりカメラを向けられると、ピース(Vサインらしいけど…)をしてしまうユ・スンホ二ム。




d0289252_13313521.jpg




両班のお嬢様役のソ・イェジさん、こんなに柔らかい表情をしたのを、
見たことがありませんでした。
モニターを見ているお二人だそう。




d0289252_13313845.jpg




???
1人はシウミン君だけど…、
もう1人は???
まさかね。。。




d0289252_13314297.jpg




撮影の合間、砂そりで遊んでいるらしい。




d0289252_13314580.jpg




よく見るけれど、白い板はレフ板というのだそうです。
光を反射させて顔に当てて、顔に影が出ないようにするもの。



映画やドラマを見ていると、そう言う状況の中で演技していると思ってしまうけれど、撮影現場はスタッフがいっぱいなんだよね。
そう言う中で、すぐに演技に集中するのは、やっぱりプロだよね。




☆「想像ネコ」のアジアドラマチックTVでの放送
        本日最終回でした!!




いろいろな見方があるでしょうけれど、とにかくこのドラマ、よく撮ったよなあと思う。
猫ちゃんにこれだけの演技をさせたのは、お見事。
そして、この猫を愛するヒョン・ジョンヒョン役、日々猫ちゃんと生活をしているユ・スンホニムだからこそできた、べたべたの愛情演技。



d0289252_16075434.jpg



ああん、そんなお顔で、こっちを見つめないで〜!!




d0289252_16080887.jpg




小さい頃に猫で怖い思いをしたYoは、実はあまり動物が得意ではないのですが、この「想像ネコ」のジョンヒョンとポッキルの接触を見ていると、ふかふかの猫ちゃんの手触り、猫ちゃんの体温まで、こちらに伝わってくるようで癒されます。
そうそう、人ってやっぱり生き物と接していると癒されるのよね。それが人間相手でも動物相手でも。


なんとなくこのドラマ「想像ネコ」、韓国で放送されている途中で、「リメンバー」が放送開始となり、地上派できっちりがっちり作っている「リメンバー」に視線が移ってしまったような印象。放送開始のときに「ユ・スンホのTVドラマ復帰作」として、かなり話題で、オ・ナウ役のチョ・へジョンさんが新人だったので、ユ・スンホの相手役にふさわしくないみたいな、ネットでの大騒ぎがあったりして、かなり注目されたけれど、途中からあまり話題に上らなくなってしまった感。


でも、猫ちゃんとのダルダルに、このドラマの存在価値ありだって言う気がします。
疲れたときに、このドラマのビデオを見ていたら、尖った神経もほぐれて、元気になれるような、そんな気がする。


ドラマ的には、「MAMAMOO」ソラさん演じたスインの死に至る部分の心情が全く見えないので、主人公ヒョン・ジョンヒョンの心の傷みが、どことなく浮き上がって見えてしまう部分あり、また、相手役オ・ナウも溌剌としていて、演技は下手ではないかもしれないけれど、でも、深みはなくて説得力に欠けてしまう、かな。
登場人物、それなりのキャリアのある人もいたけれど、シーンの作り方がやっぱり即興生放送の得意なMBCevery1的だったかも?


でもねえ、最終回のポッキルとジョンヒョンのシーンは、ほんとに泣ける。
亡くなってしまったスインとブランコに乗って話すジョンヒョンと、この最後のポッキルと話すジョンヒョン、これはほんとに俳優ユ・スンホの、視聴者の心を揺らす演技だったのではなかろうか。
邦題は「想像ネコ〜僕とポッキルと彼女の話〜」、やっぱりYo的には、メインは「僕とポッキル」であって欲しかった。


それでも、Yoは、DVDが発売になると言えば、手元に置いておきたいと思う、ユ・スンホがいるので、既に予約しました。
ああ、金遣いが荒い。


このドラマに、忙しい中で出演したユ・スンホニム、「リメンバー」の撮影と多少はかぶっていたのかしら?
ユ・スンホニムは最近のインタビューの中で、出演を続けて突っ走り続けたことを反省していた。
確かに、ある意味、忙し過ぎたって言うことはあるかもしれない。だけど、前にもYoは書いたかもしれないけれど、1年間の4つの映画とドラマで、全く違う面を見せ続けたユ・スンホニム、これは入隊中に彼が演技をしたいという渇きに襲われて、そのエネルギーを4つの役で放出させたものだと思うし、若いときに、そのエネルギーに任せて出演をしまくってみるのも、後になれば、「あのとき経験したのが良かった」と思えることだと思う。


最初から安全な道を予想して進むより、時には爆走してみるのもいい。
ただ、ユ・スンホニムはもう主演俳優の位置に立っているので、その爆走にはいつも結果がついてまわり、彼はその結果に責任を感じなければいけない。だからこそ、ちょっと辛かったかもしれないけれど、除隊後最初の1年間に、本能のままに爆走してしまって、良かったと思うのであります。


退廃から純粋な愛に生きる人に変わるファニ、とにかく明るくクールで弾ける人物キム・ソンダル、猫といちゃいちゃの日記のような日常を見せるヒョン・ジョンヒョン、死刑宣告された父の無罪を勝ち取ろうとするが、自らも病気を抱えてほんとに可哀想な状況の中で必死に生きる弁護士ソ・ジヌ。
この4人の人物を、ここまで別人として演じられた、そのユ・スンホの力と可能性を短期間で見せる、注目すべき機会だったのではなかろうか。




d0289252_15481139.jpg



哀しみ、怒り、愛情、安らぎ、そして、笑いまで。
欲を言えば、女性への愛はまだ発展途上中だけど、俳優として、かなり鮮烈な印象を残せた。
それに、何と言っても、やっぱり綺麗だからなあ。
美しいものは見ているだけで癒される。


というわけで、興行成績が良い状態で、こちらまで全身の筋肉がほぐれたような解放感を感じて、ルンルンしているYoでございました。



さて、確か一昨日、ユ・スンホ表紙「THE STAR JULY 2016」、韓国より到着しました。
   ↑
最近、今日のこと、昨日のこと、一昨日のこと、記憶が曖昧です💦

いらっしゃいませ、アメリカン・ボーイ・ユ・スンホニム!!




d0289252_15280951.jpg



表紙と目次のページのユ・スンホニムの写真の他、4ページ、写真とインタビュー。
インタビューは韓国語なので、まだ読めていません。
モノクロでまぶたのみならず、目の下までシャドウを塗ったと思われる、アメリカン・ボーイ・ユ・スンホ。
以前に少年ユ・スンホが違う面を見せた「ELLE」のグラビアとかと同様、「これがユ・スンホ?」みたいなお写真ですね。
「いつもと違うお顔のユ・スンホ」がテーマかなあ。


ユ・スンホニム、オテテだけでなく、アンヨもスジスジです。




d0289252_15402219.jpg



サンクリームを塗らずに運動しに出かけ、日々鶏の胸肉を食している成果ですね…。
(@@#)。。。


最近、キム・ウビン君が、ドラマ「むやみに切なく」で、ムッキムキの上半身を披露したようですが、韓国俳優さん、「美しい顔」にもこだわるけど、やっぱり兵役があるせいか、肉体の鍛え方もちょっと日本とは違うみたい?
キム・ウビン君、ボディビルダーみたいだった。
うーん、願わくば、ユ・スンホニムにはキム・ウビン君のような肉体を手に入れて欲しくはない。
ジャケットの下にシースルーのインナーを着るくらいは許すけど、あと10年くらいは割れてる腹筋を見せるのは勘弁…ね。
ちなみに私、いい年して背筋割れてます!?


明日・明後日はまた、「キム・ソンダル」の舞台挨拶ですね。
お顔の傷は治ったかな…?
マスクマン、健気過ぎて、泣けちゃうからね。


ユ・スンホニム、ファイティン!!




by Cloudia-Yo | 2016-07-15 16:31 | キム・ソンダル | Comments(2)

Commented by kahorin at 2016-07-16 09:25 x
想像猫終わりましたね~♪
私も今月だけ契約して、バッチリ捕獲しました(mm*)
しかし超短くてビックリでした(笑)
でもスンホ君とポッキルとの絡みが可愛すぎて萌えまくりですね(๑•ᴗ•๑)♡ポッキルって本当におとなしい子ですねぇ♪
うちにも18歳にもなるハルモニ猫がいるんですが、抱っこもあまりさせてくれないし、今はヨボヨボで反抗しないけど、若い時はなかなか凶暴で生傷絶えずでした。゚(T^T)゚。゚   
でも、近くに猫がいるだけで癒されます♪
このドラマでもスンホ君の演技力が炸裂ですねv(*'-^*)-☆ ヨジャたちはさほどキレイでもなく微妙な方達が多かったのでスルー(笑)スンホ君が一番美しいですわ(〃艸〃)変顔も可愛い♡

2015年に4つの作品ですべて違う顔を見せてくれたスンホ君は本当素晴らしい俳優ですよね!
周りからの期待も大きすぎてプレッシャーもあるかもしれないですが、本人がいいと思って出た作品はペンにとってはどれも大好きな作品になりますから、あまり考え込まずにこれからも頑張ってくれたらいいなと思います♪大好きな演技を思いっきり楽しんでもらいたいです(mm*)

雑誌到着したんですね♪私は買ってません(^^ゞ
また紹介してください(笑)
ツタヤの無料の冊子にペンミのスンホ君が載ってましたよ♪
A4の半分くらいの大きさの小さいものでしたが…。
もしご存知なかったら、ツタヤへGoしてください~(^_^)v
Commented by Cloudia-Yo at 2016-07-16 14:30
> kahorinさま、終わりました。。
どうしようかと思っちゃった。気が抜けました。
「想像ネコ」30分、8回なんですよね。
一番美しいのはスンホ君、まさしく!!(笑)
スンホ君の隣にいたら、よほどじゃないと…ね。
恋愛より猫に注目。猫ちゃんとのハグに癒されますよね。
大人しそうだけれど、なかなか思うようには動いてくれなくて、撮影は大変だったみたいです。
スンホニムの家のミョンウォリとだったら、もっと上手いケミで撮影できたとか、スンホニムは言っていました。
でも、ポッキルと、十分ですよね。

作品の当たり外れは、本当に主演俳優さんにとってはプレッシャーになるでしょうけれど、なんでもいいから見たいですよね。
いつもスンホニムは一生懸命だから、そういう意味で、見ていて応援したくなるし。
あまり待たせずにドラマの中の姿も見せて欲しいですね。

ツタヤですね、ありがとうございます!!
ちょいちょい韓流雑誌にも顔が出るようになりましたね。
「キム・ソンダル」がここまで来れば、日本での注目度もアップするかな。
とにかく、kanorinさんの言われる通り、演技を楽しんでもらいたいですね💕
名前
URL
削除用パスワード