キム・ソンダル、初日に13万人動員、ユ・スンホのコメディ演技!!+朝鮮魔術師日本公開+ユ・スンホ インタビュー   

2016年 07月 07日

ユ・スンホ主演「ボンイ・キム・ソンダル」、昨日7月6日に韓国公開されましたが、観客の反応は上々のよう…??
NAVER映画サイトでも、評判は上々。


映画を見た人のコメントは…

  • やはりユ・スンホ!愉快で面白い映画ですよ〜。
  • 観覧客暖かく、大きくなったユ・スンホと演技内面が出会って良い作品を作っていた!
  • 早朝に映画見てきたです。 早い時間だと年齢帯が高かったが。 皆面白がるようですね。 私もおもしろく見ました。 チョ・ジェヒョンさんの演技が山のように支えるので強固ですね。 キョンイも可愛くてキム・ソンダルも愉快です。 頭が複雑になることなく、すがすがしく楽しめば良いようです。
  • 面白い動画を楽しんで無料で見たので、非常に満足。大衆の評価とは異なり、評論家たちは、過去ソン・イェジンの「海賊」のときと同様に、B級情緒がある娯楽濃い時代劇物には、決して寛大することができないか、春。 「単純に楽しい」だけでジャンルの目的を達成したものである。

試写会で見たが、両親を連れてもう一度見に行くと言う人もいる。つまり、もう一度見てもいいと思うおもしろさって言うことですね。
このサイトの分析では、この映画を最も好きな年代は20代女性ということですが、男性からも悪くない感じ。


パク・デミン監督がひたすら楽しめる映画をという考えで作った、そのとおりに映画は仕上がっているようですね。
文芸作品でなく、10代・20代・30代・40代以上、様々な年代の人が楽しめる娯楽映画で、複雑・重厚な内容でないことをあーだこーだ言う評論家もいるようで、その辺をちょっと心配していたのですが、「笑って見られる」ということが、その単純さよりも強く感じられるおもしろさだったということかな。

ユ・スンホニム自身も「ただ楽しんで見て欲しい」と言っていたけれど、笑えるだけのユ・スンホ演技を見せることができたようです。


ホッ💕


ユ・スンホニムの初日舞台挨拶、またまた出てしまった…。




d0289252_04474306.jpg


キャップの逆さかぶり…💧

そして、なんだか二の腕がさらに太くなって、もうすぐお顔の幅に追いついちゃいそう…。
どーしよー。。。


ほんとにユ・スンホニム、こういう場所に現れるときのお洋服とかも、正直、一貫性がない(@@;)。。。



d0289252_04481346.jpg



この日は、逆さかぶりにキャップに加えて、Tシャツにダメージ加工のジーンズ。
気楽に見て楽しんでくださいねって言う感じ?
この日の写真を見たら、「リメンバー」打ち上げの日、おひげうっすらで登場した彼を思い出してしまった。



d0289252_04544587.jpg



今まで、映画広報に全く姿を見せなかったヨン・ウジンさんも登場。




d0289252_04482815.jpg



この日はノーメイク、口紅もなし、だよね。
最近のインタビューの写真と随分イメージが違う。
なんだか丘にあがった船乗りのお兄ちゃんみたいな…。
そっか、お水がザブーンって言う、それもこの映画のクールなシーンだから、船乗り??



d0289252_07235794.jpg



インタビューで、ナイーブな内面を語るユ・スンホはオディエ?
先月のインタビューから2週間で、また腕が二周りくらい太くなった。
もしかして、もしかして、運動に凝ったユ・スンホニム、鉄アレイじゃなくて、バーベルを持ち上げに入ってしまった(>〆<)!?

ほんとにどれがほんとのユ・スンホなのか??
結局、自分でも分からなくなっちゃってるんじゃない?
っていうか、彼は、いつも同じではいたくない人ってこと?
その日のメイクする、しないは、誰が決めるんだろ?

またまた、この変身ユ・スンホに、胸がざわざわしてしまうYoでありましたが、。


記事のタイトルは…

  • ユ・スンホときめく公開初日舞台挨拶の立場
  • ユ・スンホ「素顔にTシャツだけでも、ハンサムだ」
  • ユ・スンホ公開初日映画を選択いただき、ありがとうございます
  • ユ・スンホ「ファンに呼ばれて、退場しながらも眼差し自動反射」
  • ユ・スンホ - ヨン・ウジン「笑い満開、公開日舞台挨拶
  • ユ・スンホ女心溶かす三日月微笑み


ほとんどnewsenさんの写真&記事です。
すっぴんだから??



TTUにアップされていたお写真もあって…




d0289252_07401591.jpg



「朝鮮魔術師」のときに比べると、とってもリラックスしているみたい。
あのときは「リメンバー」の撮影もあって、忙しかったものね。




d0289252_07310563.jpg



1人だけ頭が小さいユ・スンホニム。
そっか、この日は皆ラフにって言う感じ?
コ・チャンソクさんもキャップの逆さかぶりが一緒。韓国では流行なのかしらねえ。




d0289252_07335339.jpg



映画館での記念撮影かな。
活気溢れるライティング。




d0289252_07350451.jpg



ヨン・ウジンさんと、コ・チャンソクさん、チョン・ソクホさん、ユ・スンホニムとパク・デミン監督かな。
楽しげで、よいわ〜。
ヨン・ウジンさん、オシャレだ。。。



とにかく、映画の前売り率は1位。


1위 봉이 김선달 NEW   ⇦キム・ソンダル
2위 도리를 찾아서 NEW  ⇦ドリーを探せ
3위 굿바이 싱글 (▼1)   ⇦グッバイ・シングル
4위 비밀은 없다 (─)   ⇦秘密はない
5위 사냥 (▼4)      ⇦狩り
6위 레전드 오브 타잔 (▼3) ⇦レジェンド・オブ・ターザン
7위 셀: 인류 최후의 날 NEW
8위 본 투 비 블루 NEW
9위 환상의 빛 NEW
10위 우리들 NEW



元記事 → 김혜수 ‘굿바이 싱글’ 100만… 유승호 ‘봉이 김선달’ 예매율 1위




そして、そして、今朝のニュース…


「ボンイ・キム・ソンダル」、
公開初日ボックスオフィス1位
ユ・スンホコミック通じた





d0289252_07021507.jpg



映画「ボンイ・キム・ソンダル」が公開初日ボックスオフィス頂上に上がった。

7日、映画振興委員会統合ネットワークによると、6日に公開された「ボンイ・キム・ソンダル」は、この日、13万6615人の観客を動員した。試写会などを合わせた累積観客は14万9008人である。

「ボンイ・キム・ソンダル」は、大同江を売ったキム・ソンダルの痛快な詐欺を描いた映画。国民の弟ユ・スンホが初めてコメディーに挑戦して注目を集めた。またコ・チャンソク、ラ・ミラン、EXOシウミンなどが出演した。

「ボンイ・キム・ソンダル」は、これまでのボックスオフィス1位を守っていた「グッバイシングル」を抜いて公開初日1位に上がる底力を発揮した。


韓国元記事はこちら!!



キム・ヘスさん主演の「グッバイシングル」は、10日程で観客動員が124万人だそう。その「グッバイシングル」を超える6日の観客動員数だそうで、なかなかヒットな感じで、それを上回ったって言うのが、それこそなかなかの出来映え☆
多くの人に見てもらおうと大型試写会を開催したという「ボンイ・キム・ソンダル」。試写会で見た人からも好評を得て、まずは順調な滑り出しのようで嬉しゅうございます。
   ↑
実は、上の記事を読んで、涙を浮かべたYoでありました。




さて、船乗りスンホと対照的にナイーブな雰囲気のインタビュー画像。


▼ 守ってあげたい、
 国民の弟ユ・スンホの悩み
(「ボンイ・キム・ソンダル」)






d0289252_01260600.jpg



d0289252_01265087.jpg



d0289252_01271714.jpg



d0289252_01274703.jpg



d0289252_01275183.jpg




インタビューを要約してしまうと…



国民の弟がいつのまにかふらり大きく入隊をして男になって帰ってきた。
同年代子役俳優の中で断然引き立って見えたユ・スンホは、全国民が彼の成長を見守った。重い重圧の中でユ・スンホは、一回の乱れもなく、黙々と自分のフィルモグラフィーを広げ完全な成人演技者に成長した。


正しいイメージの中にあるユ・スンホ、全てが完璧に見える中に、悩みをいっぱい抱えていた。青年に成長したと見えたユ・スンホの中には、まだ小学生のユ・スンホがいた。


「朝鮮魔術師」のときは除隊後初めての作品なので、緊張して震えたが、「ボンイ・キム・ソンダル」は、チャンソク先輩、ミラン先輩、ミンソク兄さんが一緒にいて、心強い家族のように感じられて、負担が軽減された。


幼稚園のときから仕事をしているため、仕事をしていて自分がまだ小学生のときのように感じることがある。自分が年下であるという状況が長かったため、今は撮影現場に自分より年下の人がいるが、「自分は大人なのか?」と思う。その状況に慣れることができない。


軍隊には、現在の状況から抜け出したい気持ちもあり、どちらにしろ行かなくてはいけないところであり、子供の頃、兵士になるのを夢見たこともあって、早い時期に入隊したが、入ってみたら、すぐに1年9ヶ月で十分だという気がした。


兵役を早く終えたのは、身軽だ。けれど、軍隊に逃げたいと思うときもある。
最善だと思って作品を選択しても上手くいかないとき、否定的な反応は信じられず、大きな傷になる。心が痛いよりも体が大変な方がまだ良い。
「リメンバー」の視聴率がよくて、気分転換になった。


お酒も好きではなく、ストレスの解消法はない。外で遊んでいれば、人に(ユ・スンホだと)気づかれる。時がきて、時間が解決するまで、我慢する。


子役からずっとやってきて、大衆に見守られていることが負担でもあった。恋愛をしたり、友達と自由に遊ぶこともできないが、同年代の人が仕事を探すのが大変なときに、安定して働ける、失うものがあった分だけ得るものもあったと思う。


作品に出会うと命をかけて最善を尽くして完成するべきだと義務感もある。高校のときに読んだ本に「人にはそれぞれ1つだけ才能があるものだが、それが何か見つけるのが難しい」と書かれていた。自分の俳優としての才能を両親が見つけてくれたのだと思う。
自分が上手にできる部分を磨く、最も得意ことでやっていくと心に決めた。


除隊後、休まずにやってきたが、自分によゆうがないと、自分にとってもスタッフにとっても大変だと分かったので、これからは欲を出さずにゆっくりとやっていきたい。
次の作品は明るいものより憂鬱な作品となることもある。メローより悲しいヒューマンドラマが良い、スリラーや悪役もやってみたい。 「ボンイ・キム・ソンダル」のようなコミックも良い。もっと楽しくすることができると思う。


韓国元記事はこちら!!



と、こんな感じでした。

いつも見られているという重圧、主演俳優としての重圧、たくさんのものを抱えながら、ひたすら一生懸命演技に邁進するユ・スンホニム。
兵役を終えて、大人になって、彼のナイーブな内面は少し楽になったのかと思っていたけれど、むしろ、一段と複雑になっているのかもしれない。
でも、その複雑さがあるからこそ、俳優ユ・スンホの演技があるし、彼が幼い頃から天才子役と言われた由縁でもある。
何より、そのナイーブな内面から生み出す演技、その俳優という仕事が自分の天職だと気づくことができた現在のユ・スンホ。


彼は、「自分は演技でいく」という意志を、日本ファンミでも、歌わない、踊らない、ひたすら演技を見せる、ということではっきり示して、その気迫がファンにとっては心地よかった。


このナイーブな青年をどうするかと言えば、ひたすら、「頑張って」「いつもあなたのことを応援しているから」と思って、見つめ続けるしかないでしょう。



応援しているからね、ユ・スンホニム
海を隔てた日本より…。




さてさて、「朝鮮魔術師」、日本公開、10月22日(土)だそうです。
新宿と心斎橋のシネマート。



d0289252_09184000.jpg


韓国で話題を呼んだ3作品「韓国映画セレクション2016 AUTUMN」シネマート新宿&シネマート心斎橋にて公開決定!

Kstyle記事




Yoはその日、イベントありの日だけど、朝から晩までではないので、行けるかな…?
どういう時間帯でやるのかなど、詳細はまだ出ていないみたいです。


とにかく、何があってもひたすら応援、いつもいつも彼の演技を見つめる私でいたい、です。
書類作らなければいけないのに、またまたブログに走ってしまった…。




by Cloudia-Yo | 2016-07-07 09:34 | キム・ソンダル | Comments(2)

Commented by まい at 2016-07-07 20:54 x
Yo様こんばんは~。

PCの復旧おめでとうございます(^O^)。
スンホ君ニュースラッシュの今は焦りますね~。

映画の評判もGOODなので、ご挨拶の時もあんなに気の抜けた近所のお兄ちゃんみたいなの~?。
Yo様の言うととおり、腕も逞しくなっちゃって~!。
筋トレにはまってるのかしら?。
しかし、シウミン君とのグラビアとはギャップがぁ…(^-^;。
まぁそのギャップにも萌えますが…❤。

いきなりの「朝鮮魔術師」ロードショー決定にビックリですよ!。
映画館もご近所なので、今から前売り特典が楽しみです~。
Commented by Cloudia-Yo at 2016-07-09 05:31
> まいさま、おはようございます!!
ありがとうございます。なんとか復旧しましたが、今でもまだ衝撃の余韻でドキドキしています。

ほんとに、読み切れない量のインタビュー!!
でも、そろそろ次のネタ、新作のお話が聞きたいですよね。

映画公開のご挨拶、かなりプレッシャーもあったんじゃなかろうかと思って、私は緊張して眠れなくて、顔を洗わないで、そのまますっ飛んできちゃったのかな…とか、想像してしまいました。
なんだか、腕の筋肉が人並み外れて(?)すごいですよね。22歳くらいだと、男性はそろそろ大人の体型になって筋肉もつくようになってくるとは思うけど、多分トレーニングもまじめにやってしまうスンホニムだから、人並み外れてすごい勢いでやっているのかも?
あんまりつけすぎないでね、スンホ君〜(><)〜*
出てくる度に違う顔をしているユ・スンホニム、ほんとにドキドキさせられますね〜。

さて、「朝鮮魔術師」、ついに来ましたね。
まいさんのお家も映画館に近いんですね。
私も前売り券を買いに行こうかと思っています。
ファンミのときに販売されたファイルやecoバックも、持っていると予想以上にテンションが上がって、ルンルン楽しくなっちゃって、労働意欲が湧く。
これだけ効果があれば、高くはなかったなあと思います v(^^)v

映画公開を楽しみに。でも、その前にドラマ、プリーズ!!
名前
URL
削除用パスワード