予告編動画公開とムービートーク・ライブのキム・ソンダル★   

2016年 06月 17日

ムービートーク・ライブも放送されたユ・スンホ二ム主演の「キム・ソンダル」。

一昨日の新しいポスターに続いて、新たな予告編が公開されました。









https://youtu.be/Ca9nFh_srVw



ポスター同様、やっと登場したキム・ソンダルの敵チョン・デリョン。
そして…




d0289252_10221403.jpg



これまでほぼ「笑」のみだったキム・ソンダルの、こんな不敵な表情も。
そうそう、ユ・スンホニム、こっち系が上手くいくと、さらに深まりおもしろいはず。
うん、でも、これがいっぱいでなくてもいいよな。
キム・ソンダルの場合、策略をめぐらすときもあまり深刻過ぎない、それがクールでかっこいいのかも??
ユ・スンホニムが「余裕がかっこいい」と言っていたけど、そのとおり。


この予告編動画、どちらかと言うと前回の予告編動画に比べてあっちこっちに散らばった感じ。
前回はユ・スンホ変身のキャラに集中だったけど、今回はそれに物語の断片を散りばめて、「チリバマッチャッタ」。
でも、来週のショーケース、7月6日の公開に向けて、とにかく「おもしろそう」という好奇心を維持させるものであれば、内容はどうでもいいと思ったりして。


これと同時に、ムービートークで主演俳優に対する好感度をアップさせたのは正解だな。
私、一連の4人で宣伝方式にどっぷりはまり、シウミン君、コ・チャンソクさん、ラ・ミランさん、皆好きになっちゃって、この4人の映画、どうなるか見たいって気持ちになっちゃいましたもの。

そして、映画全編を見たときに「あ、それもあったの?」ってくらい、メインの部分は隠しておかないと、映画見て「あ、これだけで終わり?」になっちゃうから。

予告編にチラッと、ソ・イェジさんらしき姿も見えたような?
問題は、超重みのあるチョ・ジェヒョンさんに対したときに、俳優ユ・スンホがどの程度の深みを見せられるか。面白みという点では、パク・デミン監督、キャラといい、様々なシーンといい、かなり考え尽くして作っているような気がするので、あとは中心がしっかり見えるかどうか。そこが上手くいけば、最上級のおもしろい映画になりそうな気がする。


ああ、ドキドキだあ💔


昨年6月7日にクランクイン、9月17日にクランクアップの映画「キム・ソンダル」なので、演技についてはもう変えようもないけれで、広報活動もいろいろあるから、とにかく


ユ・スンホ、ファイティーン!!p(^_^)q




さてさて、昨日は上述の「キム・ソンダル」のムービートークライブがありました。
Yoは木曜日は仕事が遅い日で、終わってから、「お、まだやってる時間だ」と思ってNAVERのユ・スンホ検索で出てきた「ムービートークライブ」のリンクをクリックしたら、出てきたんですよ、ユ・スンホニム。

日本のテレビでもよくやる、箱の中に手を突っ込んで、何が入っているか当てるってやつ。
スンホニムはヘアピース(カツラ)にこわごわ触れていた。

なにしろ通信状況が劣悪で、動画というよりほとんど静止画で、それでも、リアルタイムでiPhoneでスンホニムのお姿を眺められたのは初めて。とっても嬉しくて、スクリーンショットで撮った。


画像、めちゃくちゃ悪いですが…。




d0289252_10251771.jpg



d0289252_10284842.jpg



d0289252_10264533.jpg




d0289252_10270822.jpg



ユ・スンホニムは、基本バラエティでなく俳優で勝負の方針なので、ゲームをするのが放送されるなんて言うのは、あまり見られない光景かも。



これについてまとめた記事がいっぱい出てましたが、あれこれいっぱい載せてあった記事をご紹介。



[TVオンエア]「ボンイ・キム・ソンダル」
ユ・スンホ・シウミン、愉快・爽快・痛快
「特急ファンサービス」



映画「棒ギムソンダル」の俳優たちがファンとの愉快な出会いを持った。


「ボンイ・キム・ソンダル」(監督バク・デミン・製作エムピクチャーズ)のネイバームービートークライブが2日夜、ポータルサイトネイバーVアプリで生中継された。この日の放送には、主演俳優ユ・スンホ、コ・チャンソク、ラ・ミラン、シウミン(EXO)が参加し、作品の話を交わした。

「ボンイ・キム・ソンダル」は王も騙して、所有者のない大同江も売った伝説の詐欺師ギムソンダルの痛快な詐欺を描いた映画だ。ユ・スンホは、朝鮮八道を縫う詐欺師キム・ソンダル役を引き受けたし、コ・チャンソクが偽装と臨機応変の達人ボウォン役を、ラ・ミランは詐欺一味の紅一点である卜債強奪専門ユン・ボサル役を、シウミンはキム・ソンダルを崇拝して詐欺の一味に合流する「詐欺師の有望株」キョンイ役を引き受けて熱演した。




d0289252_10153336.jpg



この日の放送では、作品の中、自分のキャラクターの話、撮影現場でのエピソードなどを伝えた。劇中の王の扮装をして、女装までして詐欺を働くキム・ソンダル役を演じたユ・スンホは、「ひげをつけた王の扮装が最も記憶に残る」と述べた。ユ・スンホは、「以前に何度も王を演じたが、ひげをつけて演じたのは初めてだ。ただ、女装は思ったより似合わなくて意外だった、軍隊を行ってきて、女性らしいラインがなくなった」と言って笑いを誘った。シウミンは「ユ・スンホが運動をたくさんした。(映画を)見ればびっくりするだろう」と冗談を言ってファンの歓呼をかもし出した。

劇中、ユン・ボサルとラブラインがあるボウォン役を演じたコ・チャンソクは「ラ・ミランとの『友達以上恋人未満の関係(썸')』を演じることがとても大変だった」と言って笑いを加えた。ラ・ミランは、この撮影直前までユ・スンホとシウミン顔だけ見ていて、(自分は)孤独だったとのこと。するとラ・ミランは、「私も(ラブシーンに)没頭することができる力が必要だった」と冗談をし、コ・チャンソクは「迷惑」と冗談で応酬をして笑いを誘った。続いてラ・ミランは、「前作の『応答​​せよ1988』での姿を探るのは難しいだろう。監督が(ラ・ミランは)美しい姿で出てくると話したが、実際に信じることはできない」と言って、映画に対する気がかりを加えた。

シウミンは初の映画挑戦にも幸せな経験をすることができたとして、映画チームに向かって感謝の意を伝えた。シウミンは「初めての映画なので、実際に恐れる心があったが、その必要がなかった。三人ともみんな親切たし、撮影現場の雰囲気が暖かかった」と述べ、死んだふりの演技をしていて本当に眠ってしまったエピソードを公開して目を引くこともした

続いて四人は「Show me the 詐欺」というコーナーを通じて芸能感を誇った。作品についての話は、多くはないのが惜しかったが、映画を待っている観客に楽しさがいっぱいのファンサービスを送信する時間だった。コ・チャンソク、ユ・スンホ、ラ・ミラン、シウミンはMCパク・キョンリムの進行に沿って、様々なゲームをした。ラ・ミランはきらびやかなラップの実力を誇ったし、シウミンとユ・スンホは、全身を使ってファンに向けたハートを飛ばした。

愉快な興行公約も続いた。ユ・スンホとシウミンは、先にVアプリの放送を介して公言したように「ボンイ・キム・ソンダル」が1000万観客を突破する時に女装をしてVアプリ生放送を進行すると述べ、ラ・ミランは、全国の舞台挨拶を介してファンと近く疎通するという公約を掲げた。愉快なファンとの出会いのように映画も観客に楽しさを贈ることができるか、成り行きが注目される。 「ボンイ・キム・ソンダル」は、来る7月6日に公開されて観客たちに会う。



※( )内は、Yoの注釈です。


韓国元記事はこちらをクリック!(TVデイリー)



ユ・スンホニムの言っていた王の扮装はしたことがある、
これ??



d0289252_12143923.jpg


「王と私」の成宗の子役、やっぱりなで肩のユ・スンホニム。




d0289252_12144215.jpg



子役のときから演技抜群、涙もお得意。。。





ライブの放送だったのですが、これからリプレイもされるようです。
VLIVEでの放送はこのタイトルでした。
 → 영화 '봉이김선달(Seondal: The Man who Sells the River)' 무비토크 라이브




d0289252_12075538.jpg


これは、CJエンタテインメントのfacebookに出ていた画像だそうです。
ユ・スンホニム、大分お肉を蓄え、筋肉もたっぷり?
これで次の撮影でも元気にいけそうだぜ!!



このムービートーク、時間が夜9時でしたが、この日6月16日は、シウミン君のEXO復活の新曲「モンスター」が、1位に。
こっちの番組もあって、9時からになった?
(TTUに、「ムービートークが9時からって言うのは遅い」って言うコメントがあった)。












いやあ、やっぱりEXOの切れ味は凄いし、声質の違うメンバーの歌を上手く構成して、魅力的。
最初のヒット曲「MAMA」のときより、年齢も経験もアップして、チームワークも抜群。どこかで「忙しくて大変だけど、メンバーに癒される」と言っていたのはD.Oだったかな?
EXOは、多少ハードなムードの曲の方がパワーがある気がする。まだまだ若いからね、強弱のテクニックを使うより、ひたすらエネルギーを見せる方が強さがあるという気がする。


Yoは、これまでダンス歴が長くて踊りの上手いカイ君ばかり見ていたけれど、シウミン君、さすがに見せる、魅せる。どこがって、このコ、踊っていてもお顔がちゃんと見えるんだよな。存在感があるのは、メンバーの中で一番年長だということもあるだろうけれど。


この前、買ってしまったEXOの雑誌。
これの最初にシウミン君とカイ君、それぞれのみのページがあった。



d0289252_11480325.jpg



「キム・ソンダル」公開前のこの時期にEXO久々の新曲も速攻で1位となり、絶好調。

映画公開のためのお膳立てはバッチリ。これで映画のインパクトがあれば、良い興行成績を得られるかも。興業成績が全てではないけれど、ヒットして俳優ユ・スンホの未來が明るく開けるといいと願ってしまうYoであります。

ラ・ミランさんのみならず、確かシウミン君も「ユ・スンホが出るから出演を決めた」とか。
シウミン君の絶大な宣伝効果に感謝だわ〜。



なかなかユ・スンホ記事を載せてくれない日本のサイト、やっとムービートークの予告が出ていました。
innolifeさんのムービートーク予告



LaLaTVさんも、最近やっとユ・スンホ登場シーン入りの「欲望の炎」の番組予告が流れるようになりました。
「日本の韓流雑誌は、ユ・スンホの取り上げ方が少な過ぎるんじゃない?」って思ったりしてしまう。
ま、いいけどさ。誰がどういう態度を取ろうと、俳優ユ・スンホの未來は明るいんだから。



このキム・ソンダル4人衆の中では、一番末っ子で、演技のときの貫禄と違って、可愛いところが度々見えたりして、それを見るとオロオロしてしまう。



d0289252_11524262.jpg


これは、製作報告会のときの動画のキャプですが、これ、ユ・スンホニムのお得意のアンヨ。
可愛いよなあ💕

「リメンバー」の製作発表会のときにもこのアンヨしてたんだけど、画像、見つからない…。




d0289252_11553830.jpg



これは、mydailyサマの記事に出ていた可愛い目つきのユ・スンホニム。
小顔で細長くてカッコイイスンホニムでした。ちょっとお借りしてしまいましたm(- -)m




さてさて、Yoは本日これから新大久保ランチ、その後、夜は新宿で「純情」です。

ということで、本日もきちんとまとめるつもりで書き始め、何のまとまりもなくつぶやきを散らかして終わる結果となった、当ブログでした。
ご来訪、ありがとうございました!!





by Cloudia-Yo | 2016-06-17 12:26 | キム・ソンダル | Comments(2)

Commented by リッツ at 2016-06-17 22:31 x

こんにちは~ いつも読み逃げですみません
私は去年の京セラでのEXOのコンサート行ってきましたが、アガシ達のパワーは凄いので、7月韓国で舞台挨拶こみで映画を見たいと考えてますが、EXOぺんとの争奪戦になりそうで、不安です・・・朝鮮魔術師のときは渡韓日程が先に決めるから、舞台挨拶が釜山だったので映画しか見ることができなくての、リベンジなんだけどなぁ~
ヒットしてたくさんの人に見てもらいたい気もあるしねぇ
Commented by Cloudia-Yo at 2016-06-20 00:53
> リッツさま、こんばんは〜!!
レスが遅くて、ごめんなさいm(_ _)m
コメント、ほんとにありがとうございます!!

わあ、EXOも行ったんですね。チケット取れました??
私は最初のときに申込して落ちて、以来チャレンジもしていません。
アガシ、ほんとにムービートークでも若者の書き込みが多かったんでしょうね、きっと。
うーん、EXOのファンは多いし、熱そう〜。
でも、そう言うファンもユ・スンホニムの実力に目を奪われる結果になるといいですよね。

「朝鮮魔術師」に続いて、「キム・ソンダル」にも行かれるんですね。
私も飛んでいきたいけど、お外は無理だわ…。
なんか、劇場がどんなことになってるのか、気になりますね。
子どもも見られるから、家族連れも見込んでいるみたいな感じ?
上手くみられるといいですね。

想像猫、ありがとうございました。
お礼を言っていなくて、ごめんなさい!!
とても楽しく、やっぱり美しいスンホニムが見れて、嬉しかったです。
名前
URL
削除用パスワード