邦題は「リメンバー 〜記憶の彼方へ〜」   

2016年 03月 31日

いよいよ明日4月1日、「リメンバー」がKNTVで日本初放送ですが…




d0289252_10582757.jpg

※写真、KNTVさんのサイトよりお借りしました。



日本では、キム・ナムギルさんの「サンオ(鮫)」のタイトルが「鮫〜愛の黙示録〜」になっちゃったりする、「リメンバー 息子の戦争」はどうなるのかと思っていたら、



「リメンバー  

 〜記憶の彼方へ〜」




そっちかあ。

情緒がありそうなタイトルにするのが、日本式。
なんとなく曖昧にするのも、日本式。

韓国のサブタイトル「息子の戦争」は、パク・ソンウンさんの演じたパク・ドンホの存在がかなり重要と思えるもので、権力と闘うことが主に思えたし、息子が父のために戦争(闘い)にはしるという気持ちが重視される感じに受け取れた。


記憶の彼方に行っちゃう?
誰が?
確かにだけど?
「記憶の彼方に」じゃなくて、「記憶の彼方へ」だからねえ。
「記憶の彼方にある」じゃなくて、どう考えても「行っちゃう」感じ…。
ふうん。。。日本的発想だ。


でも、でも、とにかく韓国放送終了後、1ヵ月半程で日本放送をしてくださるKNTVさん、ほんとにほんとにありがとうございます!!

が、まだ、Yoは視聴の見込みがついておりません。
いち昨日がイベントだったので、本日は、それに時間をかけてと思っていたけれど、あれこれ片付けねばならない仕事も溜まっていて…。


無理かも…?


ああん、録画してあげましょうかと言ってくださったsimekoさま、もしかしたら、もしかしたら、お願いしたいかも…です。


KNTV「リメンバー」サイトはこちら!



企画意図には、こんなことが書かれていました。


重度のアルツハイマーのため息子の顔さえ忘れてしまった無実の死刑囚。最愛の父を救うため弁護士になった息子は、生まれもった“過剰記憶症候群”という特
殊能力を武器に、たったひとりで巨大な悪に立ち向かっていく……。兵役を終えたユ・スンホが、『会いたい』以来、2年半ぶりに地上波ドラマに復帰した話題
の法廷サスペンス。韓国観客動員数歴代8位を記録した大ヒット映画『弁護人』(13)の脚本家ユン・ヒョンホが、初めてテレビドラマの脚本を執筆したこと
でも注目を浴びた。

見どころはなんといっても、頼もしく成長したユ・スンホの渾身の演技。中盤の号泣シーンではもらい泣きする視聴者が続出、瞬間視聴率が跳ね上がるというエピソードを残している。
(以下、略)



「見どころはなんといっても、頼もしく成長したユ・スンホの渾身の演技」、はいはい、そう宣伝していただけると、ほんとに嬉しいです、KNTVサマ。

だって、だって、ほんとにあの気迫は凄かったですよ。終了後1ヵ月くらい腑抜けになってしまったって当たり前くらい、頑張った俳優ユ・スンホ。。あ、「腑抜けになって」と言うのは、言葉のあやですよ。
彼は、ちゃんと元気に俳優業を休息しているだけの模様。



「リメンバー」、14話と15話のソ・ジヌ。




d0289252_11353146.jpg





d0289252_11295161.jpg





d0289252_11283170.jpg




d0289252_11290799.jpg




d0289252_11291726.jpg



大人になったユ・スンホssi。
ほんとに、「会いたい」ハリーのときの微妙な表情の変化にはますます磨きがかかって、深みもあって…。


なかには、まだ青いユ・スンホの魅力をなつかしく思う方もいるでしょうが、それでもあのギンギンのオーラは、これまでよりもさらに強い光を放っている、Yoはそう思うものであります。



2012年の1月、高校卒業寸前の…



d0289252_11481326.jpg




d0289252_11481511.jpg





このときのユ・スンホssiもほんとに美しくて、美少年の魅力がいっぱい。





d0289252_11483554.jpg



「ペク・ドンス」終了後、数ヶ月、何だか自由な感じで、とっても生き生きしていたけれど。

ヨ・ウンは、スンホssiの作り出したキャラクターの中でも秀逸だったし。



d0289252_12105030.jpg




d0289252_12110663.jpg



ね?




d0289252_12451998.jpg




by Cloudia-Yo | 2016-03-31 12:18 | リメンバー | Comments(5)

Commented by shiba-rika at 2016-03-31 14:27
Yoさま☆
안녕(ノ´▽`)ノ
なかなか遊びにこれなくってごめんよぉ(´;ω;`)
Yoさまお仕事忙しいよね大丈夫??

そそ!邦題・・・・・・・・ちょっとあれ?ってなったんだけど(笑)原題のサブタイトルの方がしっくりくると思うだけに少し残念です。でも日本放送が早かったからありがとうございます、かな?kkk

ほんとにもらい泣きしたスンホくんの泣き演技は日本語字幕でみたらもっともーっと泣いちゃいそうです(〒_〒)ウウウ心して見る!!

あ、Yoさま、録画ならRiverも協力できると思うよ♪なんかあったら相談してね(*´ω`*)
Commented by Cloudia-Yo at 2016-03-31 14:49
> shiba-rikaさま

ありがとうございます!!
うちのマンション自体はケーブルなしだそうで、KNTVの〜〜通信のページまで行ったんだけど、今日は自宅事務仕事でそこから先に進みません。
ダメだったら、助けて〜となるかも。。。

ほんとに、記憶の彼方へ???
は?オディエ??
(笑)
闘争心が消えてっちゃったよね。ついでに記憶もぶっ飛んで行っちゃった…みたい。。。
でも、ほんとに放送してくれるだけでもありがたいから、文句は言えません、ね?
KNTVさん、ほんとにありがとう!!!です。
Commented by Cloudia-Yo at 2016-03-31 16:53
Riverちゃん、つづき‥
またまたいっぱい泣けそうだよね。
泣かせるスンホは素晴らしい⭐︎
Commented by rippledrs at 2016-03-31 21:56
ぎゃはは・・・(≧▽≦) あ、久しぶりに来ていきなり爆笑しててすみません(^^ゞ

だって~「なんとなく曖昧な日本的発想」ってこの前、言われたばっかりなんですよ、私・・・(^^ゞ
国に出す書類の、かなり長い企業説明や経営努力の文章を添削してもらったら、
「とっても良く書けているんですが、全体的に曖昧なんですよね~、オブラートに包んでいるっていうか・・・」って
言われたばかりで・・・(^▽^;)
日本って、物事をハッキリ言うのを避ける人種ですからね~。
それに、親のために戦うっていうのが、親孝行がそれほど美徳とされない日本の風潮に合わないのかも?
韓流に慣れている私たちにはスンホくん演じたジヌやドンホの心情が良くわかるけど
日本で受け入れられるには「記憶」をテーマにした方がわかりやすかったのかなぁ。

KNTV、見る目処が立たなかったのですね。
私もアンテナ付けられなくて、Riverちゃんにお世話になっちゃうかも~(^▽^;)

やっとセールが終わって(まだ後処理でバタバタしますが)4月からやっと腰を据えてお花企画も頑張れます♪
スンホくんファンミまで22日!! 体調整えて会いに行きましょうね(^O^)/
Commented by Cloudia-Yo at 2016-04-05 18:25
>りぷるさま、こんばんは〜!
遅くなって、ごめんなさい。
いろいろ作業月スッタモンダありまして。
やっと第1弾が終わりました。

そうなんですよね。
私もいつもオブラートで曖昧にするのが得意です。
韓国と日本、感情の表し方は正反対かも?

記憶、確かに記憶もテーマの1つではあるけれど、そう言えば、リメンバーも記憶ですよね。

あのスンゴイ緊張感のあるスンホ演技には「息子の闘い」くらいのものはあっても良かったかも。

ケーブルテレビは難しいわ…。
うちのマンション、区域外だそうで。
光のチューナーをレンタルして(゚o゚;;

そう言えば、ファンミの前に、想像猫を見る必要あり?
わあ、迫ってきますよね。

お花のこと、ほんとにお疲れ様です。
よろしくお願いします。
スンホssiの笑顔のために、頑張りましょう❣️
名前
URL
削除用パスワード