リメンバー新作メイキング映像Ep.17+フリーハグ映像   

2016年 03月 06日


新たな画像が!!




待っていたよ〜!!
「リメンバー」の「Making Film Episode 17」



ここのところ、ユ・スンホ情報がほとんでなくて、出るのは、1993年生まれの俳優さんが活躍だと言うニュースに、パク・ポゴム君、ソ・ガンジュン君と一緒にユ・スンホの名前があげられていたのと、もの凄い量のパク・ソンウンさんのインタビューの中のスンホ賛辞。
俳優ユ・スンホの画像が出ているものを切望していたところ…。







http://tv.sbs.co.kr/vod_hub.jsp?co=sbs&type=ucc&content_id=22000164598




Yoの大好きな、ラストシーンのメイキング。
そして、撮影中の笑顔の俳優ユ・スンホ。
やっぱり、やっぱり、スンホssiは、撮影しているとき、役柄に入ろうとしているときが一番キラキラしている。



d0289252_14274586.jpg


この動画の画像をキャプったんだけど、次回アップします。
なにしろ、美しいよ、このジヌは。
大人ジヌでは一番適切な形の前髪ありジヌだったような…。
子どもっぽくならないで。




それから、もう1つアップされていました。
パク・ミニョンさんが、製作発表会のときに視聴率17%を超えたら、「女子大でフリーハグ&ピザをふるまう」の公約実行の様子。









SBSの動画、こちらから




d0289252_16095831.jpg

ソ・ジヌ:こ多かったということを



d0289252_16101649.jpg

実感することができ



d0289252_16500202.jpg

はいとても感謝して
ネ、ノム カムサドリゴヨ

「カムサドリゴ」って演技賞の授賞式とかで、俳優さんの受賞挨拶でよく聞きますよね。



これは、確か18日で、その後打ち上げで…。



d0289252_00375677.jpg




d0289252_00380837.jpg



パク・ミニョンさんは、フリーハグの後…




d0289252_13534859.png



ちゃんとお気替えしてました。



d0289252_00493831.jpg




2人とも穴あきジーンズで、ペアルックみたいとか書いてたニュースもあったような…。


スンホssi、リメンバー撮影中はとにかく美貌を強調で、髪もものすごく美しく整えられていた。




d0289252_00560760.jpg


待機中はピンを止めていたり…。
だから、思いっきり髪の毛を解放してあげたかったんだろうなあ。
打ち上げでのパサパサ感のある髪型は!!




でも、このピンの止め方、髪のどこをどうするためのピンなの?
お二人のピンの使い方の共通点は、分け目の辺りにピンってことだけど、


?????


よー分からん…。
誰か分かる方、おせーて。。。





☆ Close to U ☆

ユ・スンホssiのファンミにお花を贈る企画はこちら
参加申込詳細を載せたページ → http://cloudiayo.exblog.jp/22823449/
先程アップしたページ → http://cloudiayo.exblog.jp/22952572/




by Cloudia-Yo | 2016-03-06 14:42 | Comments(2)

Commented by まい at 2016-03-07 04:46 x
Yo様こんばんは~。

スンホ君ロス真っ只中なので嬉しいです~。
毎週水木は、リアルタイムでどっぷりはまっていたので、今は抜け殻の様になってしまってます。

ドラマ終わってしまったら、極端にスンホ君のニュースも(ナムグンミンさんはいろいろあるのに)ないし。
まぁゆっくり休んで、ファンミに備えてくれてると思う事にしましょ~(^O^)。
もう少しで生スンホ君に会えるですもんね‼。

お花企画のネーミング素敵~(^-^)。
いつもお二人には感謝しております。
お会い出来るの楽しみです。

Commented by Cloudia-Yo at 2016-03-07 10:13
> まいさま、おはようございます!!
ほんとにロスですよね。

やっぱりスンホ君はただ今、休息期のようですね。
ナムグン・ミンさんとパク・ソンウンさんはいっぱいインタビューがあるけれど、スンホ君は全くなくて、ね。
でも、ほんとに疲れただろうと思います。成人俳優としてのワントップ主演が続いて、重圧も凄かったはず。おそらくずっと集中しっぱなしだっただろうし。それをミンさんやソンウンさんが感じてくれて、ユ・スンホ賛辞を贈ってくれてヨカッタわ。
ほんとに1年ちょっとの間、頑張って走り続けたけれど、これ以上走ったら、ホネだけになってしまいそう。
ここでたっぷりお肉を蓄えてもらって、次回に備えて欲しいものです。
「日本ファンミで大歓迎を」と行きたいですよね。

ファンミ、東京と大阪、羨ましいなあ。やっぱり仕事を放り出せそうもなく…。
でも、お会いできるのを楽しみにしています!!
名前
URL
削除用パスワード