リメンバー#11、2/3、優しく冷たいジヌの眼差し…   

2016年 01月 27日



d0289252_12245336.jpg


リメンバー第11回の真ん中の部分です。
ユ・スンホ君演じるジヌだけでなく、いろいろな人があれこれ登場します。

ジヌの優しさと敵を攻撃する強さ、魅力的なキャラになっていると思う。



当然のことながら、かなりネタバレです。

ご注意を!!


韓国語、まだまだなので、間違いもあるかと?
「こんな感じなんだ」でご容赦くださいませ…。





第11回の中盤部分…




裁判で弁護側と検事側、激しく対立を見せたパク・ドンホとホン・ムソク。



d0289252_01385736.jpg


声を荒立てて、熱い闘い。



d0289252_01392272.jpg


ところが、裁判が終わった後の駐車場で出会った2人は…



d0289252_01400583.jpg


にっこり笑って、握手を。


一方、ナム・ギュマンはTVの取材を受けていた。



d0289252_03505119.jpg


d0289252_03510808.jpg



穏やかなムードを漂わせたギュマン。



d0289252_03534070.jpg


「私にとって、社員は家族だ」と溌剌をした雰囲気で語るギュマン。



d0289252_03521377.jpg




ドンホはイルホ・グループの会社の前に着くと、



d0289252_03542504.jpg


抗議のプラカードを持った人たちが。


ドンホがギュマンの部屋にいるのを見て、「あれ、呼ばなかったのにどうして?」とギュマンは言う。



d0289252_04304362.jpg


ギュマンは「裁判のために頭が痛い。ところで、最近ソジヌに会うか?」と尋ねる。
ドンホはにこやかに
「いやあ、ナム・ギュマン社長さん、グループの中に入られて、仕事がどんなにか多かったんですね。
 これから私がいる限り、社長は大変なことにだけ気を入れてください」
自分がギュマンのために忠誠を尽くすという姿勢。
ギュマンも
「分かったよ」と穏やかに言った。



d0289252_04424217.jpg


にこやかな笑顔で、丁寧に頭を下げるドンホ。
ドンホが帰った後、「パク弁護士は変わりましたね」とアン秘書。
ギュマンは
「電卓叩いて計算しているんだろう。だが、一度裏切った者は二度裏切らないとは言えない」
ドンホを信じ切ってはいなかった。





ナム・イルホ会長が会社に現れたときに、抗議のためにプラカードを持っていた人々の中から、1人の男が飛び出し、「父さん、父さん!」と止める声も振り切り、イルホの前に電球をばらまいた。



d0289252_04000892.jpg


電子レンジの故障は電球会社の電球のせいだとして、停止に追い込まれた電球会社の社長が、イルホに助けを乞う。
けれど、社長は、ギュマンの指示で取り押さえられ、イルホは、電球の入っていたケースを蹴って、会社の中に姿を消した。



ジヌが事務所に戻ると、ドアの前にイナの母が立っていた。




d0289252_04591375.jpg



d0289252_04592998.jpg



「おばさん…」呼びかけたジヌが中に入るよう促したが、
イナが検事をやめたことを怒っていたイナの母だったが、ジヌにランチ・ボックスを渡す。
「これを…」
「すみません。早く家に帰らせます」とジヌ。
イナの母は、無言で立ち去る。



d0289252_05114496.jpg


d0289252_05115504.jpg


イナの父は、家を出たイナを心配しているが、イナの母はまだ検事をやめた娘を許せずにいた。



d0289252_05153105.jpg



d0289252_05153603.jpg


ジヌはイナに食事を。
「いっぱい食べて」とジヌ。
イナは「ソ・ジヌのラーメンおいしい」と笑顔。



d0289252_05184027.jpg


ジヌも微笑んだ。



d0289252_12545070.jpg


キムチを食べて、「お母さんの味に似ている」と言うイナに、ジヌは
「お母さんが来たんだよ」と告げる。そして、
「もう、家に帰った方が…」
イナが母に逆らって家を出てきたことを心配しているジヌだった。



d0289252_12562608.jpg


イナは「家に帰る。だけど、母さんに堂々と私の名刺を見せたい。私はまだ初心者弁護士だから」




イルホ電子の社屋内に、ミソ電球社長の息子が抗議のために、1人でプラカードを持って立っていた。



d0289252_13032747.jpg

そこにやってきたドンホは、「今、裁判を引き受ける人はこの弁護士しかいないだろう」と言って、彼にジヌの名刺を渡した。


ドンホは、父の交通事故死した際、担当した刑事に会う。



d0289252_13500514.jpg


ドンホの父の死に隠されていることがある?

ミソ電球の社長の息子は、ドンホに渡された名刺を見て、ジヌの下町法律事務所を訪れた。
ジヌは留守で、ヨン事務長が応対。
「ソ・ジヌ弁護士は?」
「今、留守ですけど、事件の依頼ですか?」



d0289252_02291134.jpg



ジヌはその頃、裁判で偽証をしたクァク・ハンス刑事に、飲食店で会った。
クァク刑事がジヌに命を救われたから真実を話すと言いながら裁判で更に偽証を重ねたために、ジヌは父の殺人犯と言う汚名を拭うことができなかった。
ここで会ったのは偶然かと言うクァク刑事。


d0289252_14000885.jpg


「クァク刑事さん、また新たな営業ですか?」



d0289252_02441607.jpg


ジヌは、クァク刑事に話があると。
クァク刑事を信じて証人台に立たせたジヌを裏切ったクァク刑事は、
「社会の新人は苦労が多いよね。私の関わった骨太事件のことを聞いてみないか?」
ジヌに皮肉を言う。
ジヌは
「あんたに警告するよ。そんなものをヒントにする必要があるかな?」



d0289252_14002485.jpg



d0289252_02465587.jpg


あんたが打った後頭部、いつでもあなたに返せるってことだよ」



d0289252_02534292.jpg


それでも、ナム・ギュマンの力に、ジヌが勝てる訳がないと思っているクァク刑事。


d0289252_14451823.jpg

d0289252_02591101.jpg


ジヌは、彼に意味ありげな微笑みを見せて立ち去った。



d0289252_02591567.jpg

クァク刑事は、その店の個室で食事を。
その部屋には招き猫が置かれていた…。



イナは事務所に訪れたソン弁護士から、オ・ジョンアの父の自殺事件について資料を受け取る。


d0289252_14522245.jpg


イナは、当時の担当刑事に会って調査を。



一方、ソ・ジヌは警察の会議室に押しかけた。



d0289252_03074584.jpg

そして、クァク刑事たちの密談を撮ったUSBメモリーを振りかざし、警察の幹部たちに「見たくないですか?」と。
「やめろ」と叫ぶクァク刑事。
追い出されそうになったジヌだったが、警察幹部は
「ちょっと、あなたは誰ですか?」



d0289252_03135850.jpg


d0289252_03161619.jpg


「ソ・ジヌ、弁護士です」


d0289252_03222285.jpg

焦るクァク刑事。

警察幹部がジヌの話を聞く姿勢を見せ、ジヌは彼を見る。



d0289252_03185881.jpg

ジヌは、クァク刑事たちが食事をした個室に置かれた招き猫に細工をして、盗撮カメラを仕込んでいたのだった。


d0289252_03244963.jpg


警察幹部たちが見ている中、クァク刑事が被疑者ハン・ジソクに美味しい情報を提供し、賄賂を満足げに受け取る姿が映し出される。


d0289252_03322739.jpg


映像が流れ、苦々しい表情のクァク刑事。


d0289252_03352453.jpg

悠然とそれを見るジヌ。
動画には、クァク刑事が金を受け取って酒に酔っていて、ナム・ギュマンのことを「金持ちの怒り調節オタク」となじり被疑者と一緒に笑っている姿まで写されていた。
動画を見た警察幹部は怒り、この件を調査をすることになった。



d0289252_03432168.jpg


怒って出て行く幹部たちを見送るジヌ。



d0289252_03440722.jpg


茫然として残っているクァク刑事に、ジヌは

聖書にこんな言葉がある。
 あなたの罪があなたを訪ねて行くだろう」

ジヌの逆襲を受けて、悔しい思いのクァク刑事。
そのとき、クァク刑事の電話が鳴る。

ジヌは、
「電話を取って。
 私の前で礼儀を問う必要はないよ。
 あなたの部屋に招かれざる客たちが行ったということだ。
 動画だけでは不足しているだろうから、ネタをいくつか投げたら、すぐ聞いてきたよ」




d0289252_03515585.jpg


クァク刑事は、かかってきた電話で自分の仕事場に捜索の手が入ったことを知った。



d0289252_03555632.jpg


突然の逆転に衝撃を受けるクァク刑事を不敵な表情で見ているジヌ。

追い詰められたクァク刑事は、ナム・ギュマンに助けを求めるために電話をした。



イナは、殺人事件で亡くなったオ・ジョンアの納骨堂を訪れて花を手向けたが、そこにジョンアにあてたジョンア父の手紙があるのを見つけた。


d0289252_04005594.jpg


筆跡鑑定を依頼したイナは、自殺したとされたオ・ジョンアの父の遺書の筆跡が、彼のものではないと言う鑑定結果を得た。



d0289252_04053214.jpg


イナは、オ・ジョンアの父が亡くなったとき、遺書があったので自殺がと言ったホン・ムソク検事を思い出していた。



クァク刑事がナム・ギュマンの会社に行ったとき、ギュマンはパソコンを開いてにやりと笑っていた。
アン秘書室長が止めるのも聞かずギュマンに会おうとするとクァク刑事。
「いいよ」とアン室長に言うギュマン。
助けを乞うクァク刑事。
けれど、ギュマンは
「私が、なんで?」
「え?」とクァク刑事。



d0289252_04152672.jpg


「私の怒り調節はちょっとしかできないんだよ」



d0289252_04180035.jpg


「何故、助ける必要があるのか分からないよ」
そう言って、ギュマンはパソコン画面をクァク刑事の方に向けて、警察の会議室で流されたのと同じ動画をギュマンも見ていたと知らせる。
「金持ちの怒り調節オタク」と言って笑っているクァク刑事の姿が映し出されていた。


d0289252_04234542.jpg


クァク刑事は床にひざをついて、「酒を飲んでいて…」と言ったが、ギュマンはその言い訳に取り合わなかった。
「クァク刑事さん、人は同じじゃないんだよ。
 あんたみたいにこういう風に床にひれ伏さなくてはいけない人もいるし、私は違う。
 それをあんたは知らないのか?
 もし、私の秘密をばらすと脅迫するつもりなら…」
ナム・ギュマンは、クァク刑事の耳元で


d0289252_04293424.jpg


「おまえを殺すかもしれないよ」と囁いた。



d0289252_04313162.jpg


「分かった?」
そう言ってギュマンは微笑んで、クァク刑事の肩を叩いた。
満足そうなギュマンだったが、立ち上がると表情は冷たく変わった。
クァク刑事は恐怖を感じていた。




事務所の隠し部屋のジヌとイナは、壁に貼られたクァク刑事の写真を見ていた。



d0289252_04370157.jpg


クァク刑事も陥れたジヌ。
警察に引っ張られるか、ナム・ギュマンにやられるか。



d0289252_04411314.jpg


イナは、ジョンアの父の遺書とされたのは彼が書いたのではなかったと告げる。



d0289252_04451015.jpg


イナは
「鑑定院に三箇所行ってみたら、手書きが違う。
あなたとタク検事からもらった資料まで加えるとホン・ムソクのしっぽをつかまえることができるかも」





d0289252_05052466.jpg


ホン・ムソク検事はカン・ソッキュ判事を食事に誘った。
カン・ソッキュは
「初動捜査に別荘が抜けていました。最も重要な場所を最初に調査していなかったということで…」
ムソクは
「君が再審裁判から手を引くことになって、未練が残ったいるのだろうが、その事件はもう終わった。
 罪を犯した人も死んでいる」
断固として言った。
「いいえ。罪を犯した他の人がいることがあります。
 疑わしい部分も多いですよ」

カン・ソッキュはそう言って、ムソクの言葉に屈しなかった。



ヨン室長が、ミソ電球の社長の息子がジヌの留守中に依頼をしてきたことを伝えた。
そこへ本人がやって来た。



d0289252_10075924.jpg

「ソ・ジヌ弁護士さん?」


d0289252_10102337.jpg

彼はジヌの手を取って、「助けてください」と言った。
けれど、ジヌは彼の手をほどいて、今は忙しいので駄目だと言う。



d0289252_16022914.jpg


社長の息子の依頼を断ったジヌだったが、かつて自分が父ジェヒョクのために同じように弁護士ドンホに弁護を依頼に行ったことを思い出していた。



d0289252_16050830.jpg


そして、「ミソ電球の事件を引き受ける」と電話をした。


ナム・ギュマンはホン検事とソク・ジュイル社長に会って、自分に対して訴訟を起こしたミソ電球を潰そうと相談し、その後始末を任せた。
ギュマンはジュイルに
「今回の裁判の弁護士ソジヌだそうだ。パク弁護士、口先だけで忠実かどうかを知っているか心配したが、今回、よく見せてください」と吐いた。



イルホ・グループの社屋の前で、必死でビラを配っているミソ電球社長の息子。



d0289252_16305846.jpg


そこへジヌが…。



d0289252_16330596.jpg


「その裁判、私が引き受けます」
ジヌの言葉に、社長の息子のほおがほころんだ。



d0289252_16454953.jpg


ジヌに会いにミソ電球の社長と息子がやってくる。
ジヌは真実を暴くと。



d0289252_16493840.jpg




一方、ギュマンはパク・ドンホに言う。
「パク弁護士の実力をよく知っている」
ドンホがジヌを助けようとしたことを、いまだに気にしているのだと言う。
ドンホは、「裁判というの人生かける戦いじゃありませんか?私の人生がこれからどんな風に変わるのかか私も分からないです」と冗談めかして言った。




ジヌはミソ電球の社長の息子とミソ電球の工場へ。



d0289252_12113523.jpg


父のために必死の息子。


道でバッタリ会ったジヌとイナ。
2人は一緒に事務所まで行くことに。



d0289252_23473042.jpg


ジヌが右に進もうとすると。



d0289252_23473482.jpg


「どこ行くの?」



d0289252_23474760.jpg


「事務所。事務所だよ」と言うジヌに、イナは「こっちよ」と言う。



d0289252_23480597.jpg

一瞬考え込むジヌ。



d0289252_23480900.jpg


笑って…、
「考え事してて…」



d0289252_23481379.jpg


「行こう!!」とイナを手招きして、先に歩き出す。




事務所の隠し部屋…



d0289252_23572961.jpg

薬を飲んだジヌには…



d0289252_00140586.jpg

苦悩の色が…。



d0289252_00084418.jpg


裁判の資料を手にして見つめるジヌ。
彼の標的イルホ・グループに関係する人々の相関図を見上げた。


d0289252_00175083.jpg


d0289252_00084876.jpg

ナム・ギュマン、そして、その頂点にいるのは、ナム・イルホ。


d0289252_00085188.jpg


彼の目には、イルホ・グループに対する怒りが。




つづく…



最近、ラーメンとキムチとかが妙に食べたいYoは、ソ・ジヌ・ラーメン、ジヌに見つめられながら食べたいです。
美味しそう…。


なにしろ、今日はもう13回放送なんですよね。はは、「会いたい」の13話は腹立ちっぱなしだったような?
ただ今、絶好調のスンホ君。
ソ・ジヌは、彼にとってある意味、記念碑的キャラになりそう。


まあ、誰かと話したり、クァク刑事に意味ありげなことを言うジヌ、陥れて誇らしげなときなどのジヌ、目の動きがおもしろ過ぎて。
ほんとに見てると飽きない。観察したくなっちゃうし、見惚れてしまう。




クァク刑事役のキム・ヨンウン氏が、こんなコメントをしたそうです。
   ↓

スンホさん合わせたときに心からを尽くして演技しているというのが感じられた。
年齢私の方が上だがのように水が流れるよう非常に自然な演技真正性披露することを学ばなければならないと思ったよ。
なぜ、そんなに
多くの方々がスンホさん人間味演技力を褒めているか、直接対面してみると合点ができた

韓国元記事はこちらをクリック!



あの目で向き合って、射抜くように見つめられながら演技したら、「うぉう!!」って思っちゃうよね。
「会いたい」のときも刑事役のオ・ジョンセさんが、「彼の演技するのを見ていると幸せな気持ちになる」みたいなことを言っていたよね、たしか。
ユチョン氏も、メイキングDVDで、スンホ君を絶賛していたし。


とにかく、スンホ君が真実を見せたいと言うその姿勢は、やっぱり見えてくるんだと思う。


目の奥から真実の光が発せられている感じ☆


その光の強さが、「ほんとにこの子は凄い」と思う由縁。そして、「この子は特殊だ」と思う由縁であります。


その凄い演技を、作家さんにしっかり段取りしてもらい、監督さんにきちんと盛りつけていただければ、凄いことになると思うんですけど、「リメンバー」最後まで、疾走を続けていただきたいものです。


韓国の水木ドラマ、MBCではチャン・ナラさんとかチョン・ギョンホさんとか、しっかり見せてくれそうな俳優さんが出演する「もう一度ハッピーエンド」って言うのが始まったらしいです。「リメンバー」が終わるまで、視聴率取らないで欲しい!!お願い!!





追記:ファンミのお花を贈る件

すみませ〜ん、これについてのお知らせ、ちょっと今日はムリそうで、明日か明後日くらいにアップします。


さらに追記:

ユ・スンホ君の日本ファンミのお花を贈る企画、アップしました。
下記のページをご覧くださいませ。
  ↓
http://cloudiayo.exblog.jp/22823449/




by Cloudia-Yo | 2016-01-27 13:07 | リメンバー#1~#20 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード