リメンバー#5、魅力的なユ・スンホのジヌ☆とりあえずキャプのみ★   

2015年 12月 24日


とりあえず、「リメンバー」第5回、一部分だけキャプったのをアップしてしまいます。


どうだったかって…


予想をはるかに超える
弁護士ソ・ジヌだった!!!




d0289252_13393721.jpg




d0289252_13392711.jpg




d0289252_13393088.jpg




d0289252_13400422.jpg




d0289252_13400737.jpg




d0289252_13401942.jpg




d0289252_13402819.jpg




d0289252_13403245.jpg




d0289252_13403407.jpg




d0289252_13404009.jpg




d0289252_13404269.jpg




d0289252_13404452.jpg




d0289252_13405210.jpg




d0289252_13405517.jpg





オデコの出ている弁護士ジヌ。
高校生ジヌのときは、パク・ソンウンさんの存在感とおもしろさが主になっている感じで、この第5回からが成人したジヌ。
韓国ドラマは4〜5回までが子役俳優による場合が多いので、同じようなパターンだけど、「リメンバー」は、本来子役がやるかもしれない部分を、スンホ君本人がやってしまって…。どう変わるかと思ったけど。



高校生ジヌより
遥かに魅力的☆




ほんとに魅力があるんです。
出てきただけで、満足できる。

演技上手い
美しい
笑顔あり、陰もある

表情の1つ1つに見入っちゃう。


秘密の部屋があって復讐の対象者を貼り出すって言うは、韓国ドラマでよく出てくるパターンだけど、それが当たり前に終わらないで、ジヌにはジヌの必然的な理由があると、理解できる。
そこに「復讐のみに生きる」みたいな短絡な発想がなく、ジヌがジヌなりに全てを解明しようとしているのが、静かな説得力で分かる。


視聴率もさらに上がったそうです。

▼リメンバー - 息子の戦争、視聴率13.4%記録「水木ドラマのトップ」
http://www.etnews.com/20151224000032#close_kova


水木ドラマの1位をキープ。


正直、俳優ユ・スンホ、どこまでできるかと言う気持ちもあったけれど、ユ・スンホのソ・ジヌは見事だった〜💗


押しと引き、強さと自然体、父との4年ぶりの面会では、高校生のときと同じ息子の微笑も織り交ぜて、冷徹な弁護士の魅力と日常会話の力の抜けた(力み過ぎない)部分も見せて、冷た過ぎて、見る人が辛くならない程度の冷たさで。
発する言葉も力強く。

「会いたい」のハリーに匹敵する、あるいは勝るかもしれない魅力あるキャラを演じている。



ドラマの内容は、イルホ・グループの副社長を、自分が後継者となることを阻止する素材として排除しようとして、ニセの強姦事件をでっちあげたナム・ギュマン。
その弁護を、買って出たジヌ。


そこに、法廷で容赦のない弁論を展開する天才弁護士ジヌ、父ジェヒョクとの対面の切なさが加えられ、シーンの切り替えが巧みなので、飽きず、なにより、感情やシーンの深みを創り出す音楽の使い方が素晴しい。

音楽が、感情を先行するように流れるので、視聴者の感情が湧き上がりそうになったところで、演技が始まるのが、父ジェヒョクとの4年ぶりの対面シーン。
父が、「初めてお目にかかりますよね」と言ったときのジヌの表情、母の指輪のペンダントを見せて、ジェヒョクがジヌだと気づいたときの表情の変化、嬉しそうでもあり、哀しげでもある(父の身を思えばでしょうね)、その辺りが見事。

そして、弁護士としてのジヌの部分も、表情が本当に自然に変化していって、これは「会いたい」後半のハリーの表情が変わって行くことを見ているだけで惹き付けられたのと同じ。


この上手さにこの美貌☆



「朝鮮魔術師」は、ちょっと美貌が先行し過ぎたかなと思ったり。(←見ていないですけど)
が、「リメンバー」は、「美貌の…」と言う修飾語も使われたけど、さすがのユン・ヒョンホ作家、内面の変化や、ドラマの展開をしっかり見せてくれている感じ。

イナとの再会が、弁護士と検事と言う裁判を通じて敵対する立場になっているけれど、これも多分、早々に解決されるのではなく、じっくり見せてくれそうな予感。

とにかく、これを語らずにはいられない、、、


ドキドキのユ・スンホのジヌ


でした。


あらすじなどは、また…。





by Cloudia-Yo | 2015-12-24 14:31 | リメンバー#1~#20 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード