「リメンバー」2話キャプ1/3〜裁判の開始と父を案じる息子ジヌ★   

2015年 12月 14日

「リメンバー」12月10日に2回目の放送がありましたが、私、いっぱいキャプって、その後、台詞を少しでも載せようと…。
アップまで時間がかかりました。
既にもう月曜日、木曜の放送から4日も経ってしまった。。。


「リメンバー」は12月9日の初回放送の視聴率7.2%。2回目の放送では9.7%にアップし、順調な滑り出し。
が、その後、ポータルサイトでの反応がリアル検索語で上位に位置して、「リメンバー」についての投票では8000人に達し90%が「良い」と答えたとか。

あれこれ、「リメンバー」について、また、スンホ君のこれまでの歩み+「リメンバー」主演と言うニュースなど、溢れているよう。


こんな感じのニュースとか…
  ↓

▼ユ・スンホ「水木ドラマ」男たちの競争の中で生き残る
 ユ・スンホの疾走が始まった。
http://sports.donga.com/3/all/20151211/75321234/1



やっぱりさすがのSBSが気合いを入れて作っているドラマ、映画「弁護人」のユン・ヒョンホ作家、監督がイ・ジャンミンスンホ君のただならぬ気迫が、ほんとに尋常でない。
3年待った時間の爆発って言う感じ。
スンホ君のボロボロ泣く姿には、こちらも号泣ですよ。




d0289252_13303775.jpg



やっぱりスンホは泣かせる俳優だあ。


泣かせる俳優、泣かせない俳優。
最近多々見ているイ・ジョンソク君にも泣けるのよね。
前にも書いたけど、演技が上手くても泣けない人もいる。


スンホ君がSBSでほぼ3年ぶりの地上波ドラマ復帰。
2014年のSBS演技大賞で主演3作品がヒットの功績により特別賞を受賞したのは、イ・ジョンソク君。「君の声が聞こえる」「ドクター異邦人」「ピノキオ」の3つに主演。最新作の「ピノキオ」が2015年の初めまで、どれもスンホ君の入隊中・復帰前のドラマと言ってもいい感じ。
俳優ユ・スンホが入隊により演技を中断していたお留守のときに、一気に主演俳優としての地位を固めたジョンソク君。
あれこれ見たら、最初から天才子役だったユ・スンホと違って、この辺りから演技をつかんできたと思える成長ぶりが分かった。


「君の声が聞こえる」と「ピノキオ」は、万人に受け入れられた温かみとフシギな魅力のあるドラマだったし、ジョンソク君ご本人がスランプに落ちたと言っていた「ドクター異邦人」、ドラマの流れ的には、「んん?」と言うところがあったけれど、このドラマの主役パク・フン、この役をやったイ・ジョンソクは「エライ!」と思ったよ。
映画「君に泳げ」のときに、主役2人の内、スマートな天才チョン・ウサン役でなく、ソ・イングク君のやったチョ・ウォニル役をやりたかったって言うその気持ちが分かるし、私もこの映画のDVDレンタルしたとき、「ドクター異邦人」を見ていたので、ウォニル役をやった方がジョンソクの魅力がより多く出たのではないかと思った。
ある意味「ドクター異邦人」のパク・フンにはハチャメチャなウォニル的なところもあって、軽さと重さの変化がハンパなく、凄かった。




d0289252_14230574.jpg


女性に対する愛情を演じるのが上手いジョンソク君。女性を主体的に愛する役の方では抜群。ドラマ後半で行動の主体が女性に移っちゃって、ちょっと混迷。
「ピノキオ」の後、ジョンソク君はドラマ出演をしていなくて、中国のテレビに出たり、広報大使をしたり…。
その間に、今度はユ・スンホの復帰&進撃ね。。。

スンホ君の全力疾走は続きそうだけど、ジョンソク君にもまた良いドラマに出て欲しいものです。

ユ・スンホ君とイ・ジョンソク君、どちらも現在ほんとに演技が上手く、安定して見せるけれど、ルーツと経験が違うとこんなに違うのかと思うくらい、いろいろな違いがあって。
おかげで、Yoも随分冷静にスンホ君の演技を見られるようになったかも。
ジョンソク君の魅力の1つは、自分自身がほんとに「演技をしたい」と思い続けて、それが花開いたと言うところかな。そして、感情と身体の動きのバランスがいいこと。


スンホ君はと言えば、「リメンバー」で見せつけたのは、想いの深さ。
一番上の画像のシーンなど、これは、誰にもないレベル。。。



父の弁護をドンホに拒否され、地域住民には迫害され、1人家に帰って泣くシーン。
殺人魔の息子として群衆の憎悪の標的として卵をぶつけられたジヌ。たった1人残った家族である父の身を案じる想い、父の無実であると晴らしたいと思いながらできないもどかしさ、国選弁護人は信頼できず、ドンホも冷たく、地域の住民からは殺人犯の息子として怒りの対象と言う人格を否定されたような立場、孤独。
その全部を全身で表したような、ジヌの号泣。なにしろ、泣き1つにも裏にいろいろたくさんこめられている。


ジヌの泣きだけのこのカットがかなり長く、監督もきっとスンホ君の泣きの演技をどうしても長く撮りたくなっちゃったんだろうな〜。
そう、「会いたい」のときには、1カットが長過ぎて、ちょっともたれてしまうのではと言うシーンもあったけど(←これは、スンホ君のせいではなく、編集作業の問題かも?)、今や、俳優ユ・スンホ、途切れることなく、感情を爆発させている感じ。


小手先ではない表現を歓迎すると思われる韓国の方々、このスンホ演技を賞賛しないはずもなく、第3回の放送を前に、かなりの盛り上がりを見せているよう。


うん、主演俳優の、ここまでの気迫ありっぱなしって言うのは、なかなかないと思う。
ほんとに撮影現場にいられなかった21ヶ月の辛さを、今詰め込んだ感じ。まだ、満22歳、人生の中で、最もエネルギーに溢れている年齢のスンホ君だし、30歳の俳優には出せないエネルギーでしょうね。



そして、このスンホ君のもの凄い大熱演、それを上手く受けたパク・ミニョンさんの自然な演技、ナムグン・ミンさんの異常ぶり(=怒り調節障害の異様な表情)、そして、パク・ソンウンさん、とにかくカッコ良かった。
「ユ・スンホとパク・ソンウンのケミにも注目を…」とか言ったのは、監督さんだったかな?確かに、この2人の関わりがおもしろくなりそうでした。

パク・ミニョンさん、製作発表会では明らかにお姉さんだったけど、ドラマの中では、しっかり女子大生に見えて、ジヌを思う気持ちも好感が持てるし、期待できそう。


年齢7歳差は「星から来たあなた」のチョン・ジヒョン×キム・スヒョンのカップルと一緒とかって言うニュースも出てました。←ヒットが期待されるって意味のニュース☆



ということで、キャプですが、1話分を3分割しましたが、それでもスマホで画像が多過ぎて見れなかったら、その旨おしえてくださいませ。
次からのアップのしかた、考えます。^^;)。。。
それから、あらすじ、かすかに聞こえるドラマの韓国語にあれこれのニュースなどで、なんとなく載せましたが、



あらすじは、確実とは言えないので、
ご参考までってくらいです。
ご容赦くださいませ!!

ドラマそのまま書いているので、
ネタバレもありです。








「リメンバー」2話




勾留されている父と面会するジヌ。




d0289252_11405426.jpg


「ジヌ、ごめん」とジェヒョク。



d0289252_11405774.jpg


「何を…。やめてよ」と父ジェヒョクに言うジヌ。



d0289252_11410235.jpg


d0289252_11410569.jpg


「心配しないで」と父を励ますジヌ。


そこへ国選弁護士チョン・ジェウィが入ってくる。




d0289252_11411105.jpg



d0289252_11411515.jpg


「供述書は強制的に書かされたのです。私は無実です」とジェヒョク。



d0289252_11411839.jpg


チョン弁護士は、「今も犯行を認めているのはどうか。間違って認識していたのでと、善処を訴えると量刑1年で出られますよ」



d0289252_11412321.jpg


弁護士の誠意のない対応。
「本当に無実です」と言うジェヒョク。



d0289252_11413293.jpg


チョン・ジェウィは、「国民参加裁判(管轄住民が陪審員になる裁判)のときにも無実の振りをしていなさい」。

ジェヒョクの無実を信じる様子もない。
「私は無実です」と言うジェヒョクに、弁護士は「100点です。その表情でいきましょう」と。
ジヌは、「僕の父さんを無実だと信じてるんですか?弁護士が信じなかったら、誰が信じるんですか?」と抗議。




d0289252_11413772.jpg

それに対して、チョン弁護士は、「信じてます、信じてる…」と渋い表情を浮かべた。




d0289252_11414149.jpg


裁判所の前…



d0289252_11414509.jpg


イナは、同じ法学部の学生ナム・ヨギョンと裁判所で会う。


そして、スリの事件で関わったジヌの姿を見つけて、
「学生さん、覚えてる?」と気軽に話しかける。




d0289252_11415191.jpg


しかし、ジヌにはイナの声が聞こえない。
裁判所の玄関には、殺人事件の糾明を訴えるプラカードを持った人々が集まっていた。
ジヌは護送されてきた父の姿を追う。
「父さん、父さん…」

車を降りて裁判所に入るジヌの父ジェヒョクは、何度も後ろを振り返る。
息子ジヌの姿を探すように。



d0289252_11415690.jpg


ジェヒョクが中に裁判所の中に入って行ったとき、
突然、「殺人魔の息子だ」の声が上がる。
ジヌに駆け寄った男が、ジヌの胸ぐらを掴み、ジヌの首から指輪と鎖が落ちる。
冷酷な殺人者に対する怒りの矛先をジヌに向けた群衆が投げつける卵。
ジヌは抵抗することもできず、立ちすくんでいた。




d0289252_11420389.jpg







裁判の日、国選弁護人がドンホに話す誠意のない言葉を、トイレで耳にしたジヌ。
「オ・ジョンア殺人事件の弁護を…」と話すチョン・ジェウィ。



d0289252_11420773.jpg



d0289252_11421197.jpg



d0289252_11455190.jpg


それは、父の無実を信じるジヌには、辛いこと。



裁判が始まる。



d0289252_11455691.jpg



d0289252_11460019.jpg


入廷する父を、傍聴席で心配そうに見つめるジヌ。
「父さん…」



d0289252_11460461.jpg


被告人席に座ったジェヒョクは、ジヌを見る。

ナム・ヨギョンが陪審員の宣誓をして、裁判が始まる。



d0289252_11460882.jpg


勝利を信じる検事は誇らしげ。
被告人ソ・ジェヒョクを殺人で起訴したと話す。
一方、ジェヒョクの弁護をする国選弁護人は、どもってしまい、傍聴席から笑いが。



d0289252_11461181.jpg


検事と弁護人の実力に差があることは歴然。
心配そうに俯くジヌ。



d0289252_11461579.jpg



d0289252_11461803.jpg


父の容疑を聞くジヌ。
被告人は女子大生オ・ジョンアの首を締めた後、何回も刺したと話す検事。



d0289252_11462097.jpg


休廷になる。
休廷中、パク・ドンホは国選弁護人チョン・ジェウィと話していた。


イナは、辛そうなジヌの傍に寄って、「これ、あなたが落とした…」と言って、



d0289252_11462234.jpg


裁判所の前で、群衆に胸元を掴まれたとき、外れて落ちた指輪と鎖をジヌに渡す。




d0289252_11464796.jpg



d0289252_11465079.jpg


指輪を受け取り泣いているジヌ。


そして、再び公判。



d0289252_11465491.jpg


殺人現場に行ったときのことを検事に聞かれたジェヒョク。
家で待つジヌに電話したとき、ジェヒョクは自分がどうして林の中を歩いているのか、分からなかった。



d0289252_11465736.jpg


裁判の状況に耳を傾けている弁護士ドンホ。



d0289252_11470091.jpg


「覚えていない」と答えるジェヒョに、検事は、「覚えていない、記憶喪失だと言うなら、殺人をしたことも忘れているのではないか」とジェヒョクを攻撃する。
ジェヒョクは、うろたえながら、「違います」と答える。

しかし、検事はさらに陪審員に向かってアピールを。




d0289252_11470347.jpg




d0289252_11470691.jpg


「覚えていないだと??」
ジェヒョクの友人である被害者ジョンアの父は怒る。
被告人席のジェヒョクの後ろから、ジェヒョクを羽交い締めに。
怒るジョンアの父に「ほんとにやっていない」と言うジェヒョクだったが、なおも怒り狂うジョンアの父は、ジェヒョクの首に刃物を突きつけ、「殺人魔、死ね」と。
法廷は騒然。

まさにジェヒョクの首を刺そうとしたそのとき、ドンホが止めに入り、刃物を叩き落とした。
裁判官に自分が弁護士だと言って、頭を下げる。
そして、自分の弁護士の名刺をジェヒョクの傍に置く。







ドンホを見たジヌの脳裏に突然蘇った記憶。
納骨堂でのこと。



d0289252_12002878.jpg



d0289252_12003254.jpg



納骨場、同じ日に来ていたドンホ。




d0289252_12003629.jpg








裁判では、父が罪を犯したという形に。



d0289252_12004023.jpg


父の無実が認められず、涙を流すジヌ。




d0289252_12035572.jpg


裁判所から車で連れて行かれるジェヒョクに必死で声をかけるジヌ。
「父さん、父さん、大丈夫?」

ジェヒョクは、ジヌに「大丈夫だよ、心配するな」と言う。
父が乗せられた護送車を追いかけるジヌ。




d0289252_12040281.jpg


裁判所を立ち去るジヌの後ろ姿を見るイナとナム・ヨギョン。



「リメンバー」2話キャプ2/3につづく…。








by Cloudia-Yo | 2015-12-14 16:13 | リメンバー#1~#20 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード