「朝鮮魔術師」の内容、新たな情報♪   

2015年 11月 07日

ここのところ、スンホ君ニュースは「朝鮮魔術師」「想像猫」「リメンバー」日々、何かが出ている感じ。
特に、「リメンバー」主演のパク・ミニョンさんの最近の写真と過去のラブシーンの記事などの材料が多いので、ネイバーのホットトピックキーワード、「ユ・スンホ - パク・ミニョン」セットで10位以内に登場したりしていたみたい…。


12月後半に「スターウォーズ」が公開になるらしく、これがEXOとコラボだそうで、売れそうだよねえ。「朝鮮魔術師」はそれより前に公開になるのではないかと、Yoは勝手な想像をしたりしています。ヒットするかどうかは、他の映画の公開状況にも左右されるかも…?
カン・ドンウォンさんたちが主演の「黒司祭」は、初日で19万人の大盛況ぶりだそう。「朝鮮魔術師」、どうなるかなあ?
映画的には、ヒット確実の出来上がりだと思うよ。。。




で、11月7日追記:


ロッテエンタテインメントさんのFacebookのトップ画像がこれになっていました。




d0289252_11380785.jpg


何度見ても麗しいスンホ君のファニ💕


ロッテエンタテインメント(롯데엔터테인먼트)のFbはこちら
https://www.facebook.com/lotteent.movie/?fref=ts


(追記終わり)




さて、戻ります。。。

そのような中、「朝鮮魔術師」の内容について、ちょろっと情報が流したりしている模様。


機械翻訳+独断の修正です。


ユ・スンホ - コ・アラ主演「朝鮮魔術師」1次予告編



d0289252_20493318.jpg

d0289252_20493651.jpg


ユ・スンホとコ・アラ主演の映画「朝鮮の魔術師」1次予告篇が公開された。

「朝鮮魔術師」は、朝鮮最高の魔術師をめぐる愛と対決、運命に逆らうこれらの話を盛り込んだ。

平安最大遊郭ムーランルー(←勿浪楼)の誇りであり、義州の宝である朝鮮最高の魔術師「ファニ」(ユ・スンホ)。彼は子供の頃、清の魔術師「グィモル」(クァク・ドウォン)に濫用された痛みで歪んだ行動を日常行っていた。そんな彼を理解することのは、グィモルの手から一緒に逃げたの妹「ボウム」(チョ・ユニ)だけ。

一方、姫「チョンミョン」(コ・アラ)は、私行団の護衛武士「アン・​​ドンフィ」(イ・ギョンヨン)と一緒に清の11番目王子の妃で婚礼を払いに行っている途中、義州に留まる。彼女はそこで出くわしたファニに運命のように惹かれる。チョンミョン王女だろうとは夢にも思ってなかったファニはやはり初めて感じた感情に変化が始まる。

しかし、これらの愛がまま咲くも前、過去の悪縁に恨みを抱いたグィモルは、復讐のためにムーランルーに来る。ここでチョンミョンを清に上げるられた商品を狙ったムーランルーの主人「キム・ガプソ」の陰謀まで加わってファニとチョンミョンに闇が宿るようになる。








https://youtu.be/R5V8rfxVNN8

同じ動画を、別の方がアップです。


今回公開された1次予告篇は、朝鮮最高の魔術師「ファニ」に扮したユ・スンホが魔法を使って舞台の上にびっくり登場する姿から始まる。長い髪をなびかせ、パフォーマンスを繰り広げるユ・スンホの顔には、喜びと悲しみ、苦悩を垣間見ることができる。深く、様々な表情は、彼の作品でどんな演技を披露するのか期待を高める。

また、運命に逆らう姫「チョンミョン」役のコ・アラも既存の作品とは違うたおやかな魅力で風変わりな魅力をプレゼントする。また、過去の恨みで歓喜を狙う清最高の魔術師「グィモル」に扮するクァク・ドウォンは、「ファニ」役のユ・スンホと避けられない対決をして、作品の重みを高める。

特に映画の主な背景となる平安最大遊郭ムーランルーの華やかさと「運命をかけた最後の舞台が繰り広げられる」というフレーズは、壮大な物語を期待させる。

独特の素材のこの作品は、映画「バンジージャンプをする」と「血の涙」、「後宮:帝王の妾」など毎作品、美しい映像と繊細な演出で強烈な印象を残したキム・デスン監督の新作である。 12月封切り予定。



韓国元記事
http://stv.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20151106500286



d0289252_04012309.jpg


その他に、チョ・ユニさんが、盲学校に行って、盲目の役の研究をしたとか…
「ファニのためならどんなことでも躊躇しないキャラクターで熱演」とか
http://economy.hankooki.com/lpage/entv/201511/e20151106133536143520.htm




d0289252_04093845.jpg


清の最高の魔術師であるクァク・ドウォンさんが、昼夜を問わず中国語を必死で学んだとか…、
「朝鮮魔術師」に出演を決めた理由を「一度魔法という新鮮な素材が良かった。ここで、人間の欲望、身分上昇などの複合的な話が絡んでおり、映画で表現されると、どうするかと言う期待感で選択することになった」と明らかにした。以前の作品での悪役と今回のグィモル役割の違いについて「より一歩進んだ悪役で、風変わりな魅力を見つけることができるだろう。何よりもビジュアル的な面でも新鮮に感じるだろう」と言ったりとか。
http://osen.mt.co.kr/article/G1110286157





d0289252_04194743.jpg




コ・アラさんは、スジ主演映画「桃梨花歌」と比較してどうかとか…、
「最近公開された1次予告篇で、彼女は優雅で洗練された韓服姿を披露した。衣装を担当したチョ・サンギョン衣装デザイナーはコ・アラの衣装について「もう少し純粋で美しい画像を強調しようと努力した」と伝えた。また、コ・アラは「韓服の状態のために外形的な姿から、私の部分まで態度を変えようと努力した」とし「数ヶ月間書道教育も通って、マナー教育も受けた」とか
http://news20.busan.com/controller/newsController.jsp?newsId=20151104000227

個人的には、国民の初恋ペ・スジさん好きですね。
桃梨花歌」は、ハングルで「도리화가」なのですが、機械翻訳したら「道理画家」になっていた。ヤバイヤバイ。一瞬画家の話かと思ったけど、女性としては初のパンソリの道に進むお話だそう。


ということで、あれこれ、「朝鮮魔術師」のファニとその周りの状況をちょろちょろニュースとして出しているって感じだな。


何にしても、姫との恋愛あり、ダイナミックな魔術あり、悪い奴との対決あり、美しいムーランルーのセットもあり、衣裳も独得の色合いで、一般人が楽しめる材料がいっぱい込められているよう。


3種の記事氾濫の中で、どこかで見たよなあと思っていた11月11日に何かの製作報告会があるって言う話。昨日TTUでユ・スンホ俳優様のスケジュール、正式に出ていました。
11月11日には、いよいよ「朝鮮魔術師」の製作報告会が開かれるそう。
ここで、公開日も発表されるのかしら?


その前に
、11月8日にもスンホ君の登場がある模様。
8:00から、汝矣島公園、アディダスMBC+マイロンソウルに参加だそうです。


また、新作のスンホ君画像が出回りそう💕
うふふ




本日はスンホ君の画像が少なかったので、予告動画のキャプで、ちょっと遊んでしまった。





d0289252_08424236.jpg





d0289252_08424658.jpg




同じ画像から取ったんだけど、スンホ君のお顔をセンターにするかちょっと右にするかで、随分印象が違うなあ。
こういう遊びが好きなYoでした。

うーん、ファニ、麗しい💕
想像猫のヒョン・ジョンヒョンと同じユ・スンホがやっているとは思えない…☆





by Cloudia-Yo | 2015-11-07 08:51 | 朝鮮魔術師 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード