朝鮮魔術師5色のポスター公開★+リメンバー・想像猫の新たな共演者など+無頼漢   

2015年 10月 26日

前回のページ、あれこれミスがあり、直さなくてはと思っていたところへ、


スンホ君主演の「朝鮮魔術師」の
新たなポスターと記事が(@@)〜♡



記事はいろいろあったんだけど、ポスターが1枚ずつ載っていたのは、こちら。
    
    ↓


ユ・スンホ - コ・アラ主演「朝鮮魔術師」
 5種のキャラクターポスター公開




※ ファニのポスター、スンホ君のお名前が手書きです。
 ちょっとクセのある文字…。もしかして監督が書いたとか??←勝手な想像。。。




d0289252_12123329.jpg


全てを賭けた最後の舞台 ファニ  ユ・スンホ
모든 것을 건 마지막 무대-환희 유승호




d0289252_12123837.jpg


運命に逆らう愛 チョンミョン  コ・アラ
운명을 거스른 사랑-청명 고아라




d0289252_12124285.jpg


盲目の待つ(人)ボウム  チョ・ユニ ←訳、ビミョウです。
눈먼 기다림-보음 조윤희





d0289252_12124937.jpg


心に秘めた忠実な気持ち  アン・ドンフィ  イ・ギョンヨン
마음을 숨긴 충정-안동휘 이경영




d0289252_12125305.jpg


命を賭けた復讐 グィモル  クァク・ドウォン

목숨을 건 복수-귀몰 곽도원





衣裳、高そうだ…(@@+)!!


チョンミョンなんて、刺繍してあるよ。
色合い、綺麗…。さすが、キム・デスン監督の美意識。



記事内容は、こんな感じ…。




「朝鮮魔術師」ユ・スンホ、コ・アラ、チョ・ユニ・
 クァク・ドウォン、ギョンヨン、5色ポスター公開




d0289252_09031737.jpg


※1対4のポスター★



映画「朝鮮魔術師」のキャラクターポスターが公開された。

26日「朝鮮魔術師」(監督キム・デスン・制作ウィドスフィルム)は、俳優ユ・スンホ、コ・アラ、クァク・ドウォン、イ・ギョンヨン、チョ・ユニの姿が盛リ込まれた5種のキャラクターポスターを公開した。

「朝鮮魔術師」は、朝鮮最高の魔術師をめぐる愛と対決、すべての運命に逆らおうとする話を盛り込んだ。毎作品ごとにキャラクターの感情線を繊細に描き出して美しい映像美を追求するキム・デスン監督の新作「朝鮮魔術師」は、キム監督の演出力でのしっかりとしたドラマと最高の俳優たちの熱演が加わって映画ファンたちの期待を高めている。また、20代の代表俳優ユ・スンホが軍除隊後、選択した最初の作品で映画ファンたちの熱い関心を集めている。

公開されたキャラクターポスターには、「朝鮮魔術師」だけの特別な雰囲気が盛り込まれている。 「全てを賭けた最後の舞台 - ファニ」、「運命を逆らった愛 - チョンミョン」、「命をかけた復讐 - グィモル」、「盲目の待ち人 - ボウム」、「心を秘めた忠実な気持ち - アン・ドンフィ」で区切られたフレーズがドラマチックな話を予告する。特にキャラクターポスターを介して初めて公開されたコ・アラ、クァク・ドウォン、チョ・ユニ、イ・ギョンヨンの姿は、美しい外観を持った朝鮮時代最高の魔術師ファニ役のユ・スンホを巡って広がる事件に対する気がかりを加えている。

今回の作品を通じて破格的なビジュアル変身を披露したクァク・ドウォンは、過去の恨みでファニを狙う清最高の魔術師グィモル役を演じ、劇中ファニ役を引き受けたユ・スンホと避けられない対決を繰り広げる。ここではファニとの出会いで運命に逆らおうとする姫チョンミョン役のコ・アラ、ファニの子供の頃の姉であり、鍼治療と弁舌、美貌まで兼ね備えた盲目の妓生ボウム役のチョ・ユニ、清に姫をお連れする私行団の護衛武士アン・ドンフィ役のイ・ギョンヨンは、様々な見どころはもちろん、深みのあるストーリーで観客をひきつけるだろう。

これらの俳優たちと一緒にパク・​​チョルミン、ソン・ビョンホ、チョ・ダルファンなど名品助演たちが結集して、新旧の演技派俳優たちの調和を予告した。既存の韓国映画で見ることができなかった独特の素材で、風変わりな素材や新しいキャラクターなどを介して、全世代の観客の心をひきつけることが「朝鮮魔術師」チームの覚悟だ。
12月封切り予定。


韓国元記事 → http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=14458159471003983008




その他の「朝鮮魔術師」記事…



ユ・スンホからコ・アラまで
「朝鮮魔術師」5人5色の文字ポスター



d0289252_12004959.jpg


※2対3のポスター★
 2の方がファニとチョンミョンでなく、ファニとグィモル!!(@@)
 ラブより闘いかな…?


(抜粋)

「朝鮮魔術師」の5種のキャラクターポスターが公開された。

26日配給会社ロッテエンターテインメントが公開したキャラクターポスターは、朝鮮最高の魔術師ファニ(歓喜)役を引き受けたユ・スンホを中心に、コ・アラ、グァクドウォン、イ・ギョンヨン、チョ・ユニの姿が盛られた。各キャラクターの圧倒的なビジュアルは映画ファンたちの目をひきつけて期待感も一緒に垂直上昇させる。



韓国元記事 → http://news1.kr/articles/?2468345




はいはい、垂直上昇の期待感!!


「うなぎ上り」以上の垂直上昇で、よろしくお願いいたしますよ♪




最近のスンホ君の記事は、日本の韓流ニュースでもだんだん取り上げられるようになったので、すぐに綺麗な日本語訳も出るのでしょうね。

記事の内容はこれまでに既に知らされていることが多々なのですが、とにかく


「朝鮮魔術師」のファニが美しい姿で現れるのは確実★


ユ・スンホファンと言えば、ほとんどの方がヨ・ウンの美しさの再現を期待し(ハリーの美貌も凄かったけど)、スンホ君にヨ・ウンのようなビジュアルの役柄をまた演じて欲しいと願っているでしょう?これは期待大ですよね。


ある意味、ファニの美しさを見せつける前に、別のドラマ「想像猫」で、ちょっとゆるめの可愛いヒョン・ジョンヒョンを演じてしまうのは、印象を強めるために良いのでは、とか。
それに、きっとスンホ君の中にはカッコイイ一定の役ばかりをやると言う印象を持たれないために、いや、きっと自分自身の可能性を広げるためなのでしょうね。いろいろなキャラクターを演じたい気持ちもあるかも?


ファニのみだった1次ポスターに続いて、徐々にいろいろ公開していって、公開に向けての期待感をあおる、それが上手く行って、12月公開にたくさんの観客の方が劇場を訪れてくれたらいいなあ。
配給の大手のロッテエンターテインメントさんも、製作費も賭けた時代劇大作、きっと一生懸命宣伝してくれることでしょう。


※先程アップしたときに製作をロッテエンターテインメントと書いてしまいましたが、配給でした。製作はウィズアスフィルム。


うーん、日本語字幕版が日本で公開されるのはいつかなあ。
さて、以前から書かれていたこと、クァク・ドウォンさんがビジュアル的に凄い変身をするそうで、特殊メイクでもするのかしら?
ポスターをよく見たら、お爪がちょっと伸びてますよ。
楽しみ。あのクァク・ドウォンさんの深みと緩急を心得た演技の迫力にビジュアルまでもの凄かったら、コワいものがある…かな?






「リメンバー」と「想像猫」「朝鮮魔術師」も
 ラブの比重が気になる…よ




ここのところ、スンホ君自身より、ドラマの相手役の女性のことがかなり芸能記事に出ていて、「リメンバー」の方は、パク・ミニョンさんの過去のドラマのラブ・シーンの写真が多々。「ミニョンさんとスンホ君の演じる年上女性と年下男性のケミ」がほとんどでしたね。

最近、韓国では、適度な年齢の女優さんが少なくて、入隊前の男優さんと30歳くらいの女優さんが共演することが多いよう。パク・ミニョンさんは6歳年上ってことで、ユチョン氏とほぼ同年齢。「会いたい」では、スンホ君まだ高校を卒業したばかりで、ユチョン氏と年齢差があった感じだけど(ドラマの中では感じない年齢差)、今は兵役を終えて主演映画2本、それもかなり力のある監督の作品を撮り終えたという状況なので、かなり大人っぽくなっていて、さほど差はなかろう?
パク・ミニョンさんは映画よりドラマ中心の活躍らしい。

けっこう、「年下の男」、Yoは好きですね。韓国ドラマ、年下の男との愛がけっこう多い。



さて、パク・ミニョンさん出演の方には好意的な反応なのに、「想像猫」のチョン・ヒェジョンさんにはかなり否定的なネットでのコメントが出たりしたようで、ヒェジョンさんはSNSも閉鎖し、傷ついた状態とか。
Yoも「えっ?」と思ってしまったキャスティングだったのですが、活躍する俳優チョン・ジェヒョンさんの娘ということで、その恩恵で役を得たと思われてしまったよう。
演技派俳優ハ・ジョンウ氏のように、父が有名な俳優であることを隠して演技にチャレンジしてきた人もいるとか、ニュースでもやっていたようです。


今、話題の俳優ユ・スンホの相手役にするにはヒェジョンさんは役不足と思われてしまったようですが、製作側は純粋に彼女が役柄に似合うと思って、オファーしたとのこと。
親子で同じ職業と言うのは、親の七光りの恩恵を被れるか、あるいは、偉大な親に追いつけなくて悩むか、と言うこともあるけれど、演技する人のDNAを受け継いで、一緒に生活していれば、その環境で育つこと自体が、既に俳優業のための勉強になっていることも多い。
森山直太朗さんの家では、皆で歌ってるとか?あの森山良子さんと日々歌えば、そりゃあ、歌も上手くなるでしょう?

最近、姿勢も家族で似ることがあるな、と思ったりして。
スンホ君もファンミの時に見た立ち姿が綺麗だったものね。俳優さんのスッと伸びた背筋と一緒に生活していれば、自然にそのオーラも身につくってこともあるでしょう。

スンホ君の相手役でなければ、さほど記事が出ることもなかっただろうとのこと。今をときめくユ・スンホが主人公であるだけにたくさん記事が出てしまって、やっかんだ人が多かったみたい。
私もやっかんだ…。


だけどねえ、二代目は強いのよ。やっぱり…。


くやしいけど。Yoはいつも、そう思っちゃう。


ドラマはあくまでも「人間と猫のケミ」が主であるとのこと。「男性と女性のケミ」は佃煮程度で20%くらいってことかな?
と、思ったら…

スンホ君演じるヒョン・ジョンヒョンの初恋の人にママムのソラさんがキャスティングされたとか。こちらも演技初だそう。
ママムは、2014年にデビューしたグループ。
ソラさんは1991年生まれだから、やっぱりちょっとお姉さんだね。




d0289252_12495141.jpg


韓国元記事
http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=201510231427621114&ext=na


ソラさんの動画…





https://youtu.be/k9kP8F3FZPk


こんな人に恋するジョンヒョン、かあ。
当たり前に、カッコ良い美人に惚れちゃうってことね。



さて、「リメンバー」は、女性の役割、どれくらいのパーセンテージ???
パク・ミニョンさんが相手だったら、彼女の存在も50%近いところまで行くのが必至。
どうなるんだろう???

ラブラブ???

たいへんだあ…。

「会いたい」のときは、結局スヨンに受け入れてもらえなくて、スヨンとのラブシーンはなくて、それも腹立たしかったけど、やっぱりスンホ君にまだ、ベッチョリのラブシーン(←表現が汚い)はやってもらいたくないYoでございます。


ん?
朝鮮魔術師は???



イ・ジョンソク君のラブシーンは受け入れられるのに、スンホ君のラブシーンは見たくない…、これは一体何なんでしょう?
オンマ目線で心配してるってこと?ヤキモチではないような気がするんだけど…。


スンホ君にハマってから、ラブシーンが気になって、日本人のキスシーンはどうってことないのに、韓国俳優さんのキスシーン、苦労してるんだろうなあって思っちゃったりして。実際にお付き合いしたことがないのにキスシーンを演じるのは大変だよなあって。


「朝鮮魔術師」のキム・デスン監督は、あの「後宮の秘密」の監督で、スンホ君に変なラブシーンをやらせたりしてないよね??
美意識はスゴイものがある監督で、美しい俳優さんが好きなのではと推察するので、スンホ君をきっと美しく撮ってくれていると思うけど…。



追記:



アップした途端に見つけた記事、「リメンバー」のスンホ君の敵役は、ナムグン・ミンさんだそう。


そして、12月9日、初放送!!





d0289252_14050544.jpg


これまた、豪華なキャスティング☆
デビューは、キム・デスン監督の「バンジージャンプをする」だったのよね、確か。
お顔も声も良くて、雰囲気があって、こちらも緩急自在の俳優さん。
キャストが良ければ、さらに期待も高まります。
ナムグン・ミンさん、ユチョン&シン・セギョン氏の「匂いを見る少女」でも悪役でかなりのサイコパスだったとか。


スンホ君、ほんとに、成人俳優としての申告式を終えたと言う状態だった3年近く前の「会いたい」。
その後の演技の空白があっても、超豪華なメンバーの中で主演できる俳優ユ・スンホへの期待度への高さ、本当だったのね。


来たね〜、俳優ユ・スンホの時代♪



※ 最初に追記をアップしたときに間違えてしまいました。
 この方、ナム・グンミンさんでなく、ナムグン・ミンさんなんですよね。漢字だと「南宮 民」。
 韓国のお名前で名字が二文字は珍しいよなあって、前から思っていた…。



(追記終わり)



おまけの「無頼漢」を見たの件 …ナムギル・ファンの皆様、おまけでごめんなさい。。。


先週見た、キム・ナムギル&チョン・ドヨンさん主演の「無頼漢」を見て、嬉しかったこと、昨年7月にスンホ君主演映画「ブラインド」を劇場で見たときに比べると、ところどころ韓国語が分かり(ただし字幕付だからですが)、映画の中で出てくる看板やキャスト名、読めたこと!!
一瞬で読み取ることはできないけれど、お店の名前とか読めると、手探りの盲目状態から少し、韓国映画の中に入り込める気がした。
それだけでも大分違うよ〜♪


さて、先週見たキム・ナムギル&チョン・ドヨンさんの「無頼漢」、エンディングの音楽が「お…!!」と思って、映画館の7階で映画を見た後、6階のグッズ売り場に行ってCD買ってしまった。。。
家で音楽を聴いていたら、「ああ、いいよなあ」と。改めてあれこれのシーンの空気・緊張感が思い出されたりして。
昨日のYoは10月最後のイベントだったので、かなりすっとんだ物言いで、ナムギルさんファン、「無頼漢」ファンの皆様には申し訳なかったなあと、反省しております。


キム・デスン監督の映画もそっちの類いだったんですが、映画自体の好き嫌いに関わらず、心や記憶に残る映画ってあるもので、「無頼漢」もそんな感じ。
後になってに、残りそう。
なので、もうちょっとだけ…。



多少ネタバレです。あらすじ、「全くなし」です。あしからず!!
  ↓

まず、一番良かったナムギルさんは、心惹かれてしまったチョン・ドヨンさんの前で、彼女の愛人のパク・ソンウンさんを倒そうと、車から出る場面。
この場面の葛藤するナムギルさんが好きでしたね〜。
私はどうもナムギル氏の葛藤に弱い。これは「善徳女王」でも同じ。愛するトンマンと敵対する実母ミシルの間で揺れ動くピダムがとっても魅力的で。


チョン・ドヨンさん、迫力ありましたね。
恋人は逃亡、多額の借金をかかえていて、追い詰められた中で生きている、その日常の雰囲気は抜群。
その哀れさとそれでもかつての栄光にしがみついているような綺麗な服に身を包んで出かけて行く、そこに彼女の生き様が現れていて、全身でそれが見せられるチョン・ドヨンさんはやっぱりなかなかスゴイ女優さんだな、と。


ピッタリした服を着て出かけて行く場面、抜群の体型で、追い詰められていても高い自尊心があることを感じる。
ほんとにこう言う場面が、「渇いている」。心の潤う余裕のない人生、素肌に風が冷たく当たってしまうような、そんな感じ。


つけの取り立てに行って、相手に迫るところ等も印象的。
もうちょっとナムギルさんに重みが欲しかったかも。
ナムギルさんと2人で水辺に立つところ、ここが唯一の潤いだったのかな。2人の心が近づいた瞬間なのかも?


水辺のシーン、予告動画の中にチョロっと出てきます。






https://youtu.be/oeo6q0NlpWU



例によって、ポロッと呟いただけになってしまいましたが、結果、


この映画のいろいろなシーンは、
おそらく記憶に残るものになりそう

では、あります。


フランスとか、あっちの方の人が好みそうな映画かも。
カンヌでは、誰だかが「この映画で良かったのがキム・ナムギル」って言ったとか。
カンヌに行ったってことは、ナムギルさんにとって世界に打って出たって感じであり、彼にはそれなりの資質はあるんだと思う。ビジュアルもイケメン&スタイルも抜群、そして、声もいい&演技力あるなどなど。

映画は、音楽もバンドネオンみたいな音で奏でられて、異国情緒があります。




スンホ君には、ひたすら純粋に演技に集中して、今はいろいろなものを身につけて欲しいな。
彼は、入隊前に必死で出して地位を確立しなくてはいけないと俳優さんと言う状況ではなく、思いっきり長いスパンで頑張っていけるのだから、売り出そうとしなくても、結果は自ずから出てくると思います。


桃李もの言わずとも、下おのずから道をなす


ファイティン
ペウ・ユ・スンホ♡




いつもまとまらなくて、長くて、ごめんなさい…。
ご来訪、カムサハムニダ!!




by Cloudia-Yo | 2015-10-26 14:02 | 朝鮮魔術師 | Comments(6)

Commented by rippledrs at 2015-10-26 21:27
え?また新たな女が出たんですか?!(笑) ママムのソラさん?
う~ん、正直言って、もう女はいらんです(;¬_¬)
でも仕方ないんですよね~! イケメンには女をたくさん配置しなきゃいけないから(笑)
これから、私たち、スンホくんのLOVEシーンをたくさん見なくちゃならないんですね。
辛いですね・・・(。-ω-。) でもそれがなきゃ話にならないですものね。・+゚゚(うд´。)゚゚+・。

そして、朝鮮魔術師、5種類のポスター・・・・あの、言っていいですか?
スンホくんの以外はいらん(爆) 
かろうじて大写しにしてもいいのは女性二人で、あとの男性は~~(;・∀・)

でも、最近と言うか、日本でも流行っているんですよね。
キャスト一人一人のポスター。全体写真だけでいいじゃないか~って思うのですが。
大河ドラマなんかでもた~くさん作っていて、「花燃ゆ」の舞台が群馬なのであちこちに
「これ誰?」ってポスターが張られていますppp
俳優さんにとっては嬉しいでしょうけどね♪←主役以外のファンの人にとっても。

あ、二代目の話ですが、うちの子と同期の子役ちゃんの中に一人「七光りちゃん」が
いたんですが、その子はすでに有名なミュージカルの舞台に立っています。
その他の子は、うちの子と同じように名もなき少年役をずっと頑張っています。
もちろんそれなりの才能がなければダメですが、2代目には下積みはいらないんだな・・・って思います。
それが現実です。でも、親の光がなくても本人の努力次第で光れることもありますよね!!

急に寒くなりましたね。 相変わらずお忙しそうですがご自愛ください(^_^)v
Commented by Cloudia-Yo at 2015-10-26 22:36
>りぷるさま、あんにょん♪
女が出たんですよ〜。「想像猫」の原作にはあるのかしらねえ?
あれこれ新人の女性を出すのが、このドラマの製作側の方針なのかしらね。
スンホ君のラブシーン、いやですよねえ、やっぱり。。。でも、今年中に1つぐらいは出ちゃうのかしら??

はは、ポスター、スンホ以外はいらないね。確かに。スンホ君のポスターのドキドキに比べると、他は普通のポスターだったし…?
でも、クァク・ドウォンさんの爪は、化け物になっちゃいそうな予感をさせる爪ですよ(笑9。以外にチョンミョンが影薄いような…。スンホのビジュアルに負けちゃってる。

そうなんですね、日本でもキャスト1人1人のポスター、そう言えば新宿の駅で何かのドラマのキャストが大写しで1人1人並んでいるのを見た気がする。
ああ、大河ドラマもありそうですね。

私もチングが二代目で、勝てないなあって思うことが多々あるんですよ。逆に息子は少しは二代目の恩恵を被っているかもとか思ったりもして?
でも、スンホ君だって、一代目ですよ〜!!一代目にも天才はいる!!大丈夫、努力すれば大成功あり、ですよ。

こちらも昨日あたり、風がビュービュー吹いていましたが、そちらも?
りぷるさんもお身体に気をつけてくださいね。
私の忙しいはスンホにのめり込んでいるから仕事が進んでいない、だけかも…です。はは。。。
Commented by まい at 2015-10-27 02:06 x
Yo様こんばんは~。

いよいよですね~(^O^)。
私にはまだファニよりもウナが帰って来た感が強いので、早くファニに溺れたいですわ~。

ドラマの共演女子様達は、パク・ミニョンさん以外は良く知らないので、先入観無しで見てみたいです。
濃いラブシーンさえなかったら言う事ないです(--;)。

リメンバーはナム・グンミンですか~(^^)!。
彼のドラマは見た事があるのですが、声が素敵で、良い人の役ばかりってイメージだったので悪役は楽しみ(^-^)。
スンホ君はリトルジソさんって言われてたけど、ナム・グンミンさんは、その昔リトルヨン様って言われてた時があったなぁ~。

リアル視聴に向けてPCも新しくし、ただ今練習中です。
上手く行くといいけど…(--;)。
駄目だった時は、Yo様のレビューに期待!!(プレッシャーかな?(^-^;)。

急に寒くなって来ましたね。
お忙しくされてるYo様…ご自愛下さいね。
Commented by Cloudia-Yo at 2015-10-27 03:22
> まいさま、こんばんは♪
いよいよですよ〜♪
11月末に月曜ドラマで想像猫、12月9日に水木ドラマでリメンバー、併せて、朝鮮魔術師も公開なんて、待っていたものが一気にやってきて、どうしたらいいんでしょうって感じですよね。
仕事がますます手につかなくなりそう。。。

想像猫、さらっとした作りになりそうな予感で、女性陣も雰囲気だけで重たい演技はないのではないかと?(Karaのヨンジ主演の恋禁術師がそうなので、勝手に予測)
あんまりハードなラブシーンは、いくらスンホ君が「大人の男」で「男の色気たっぷり」だとしても、ノーサンキュウですよね。

ナムグン・ミンさん、今、ちょうどLaLaTVで「抱きしめたい〜ロマンスが必要」をやってるんですよ。ヒロインに三角関係でからむ二番手の男性役。温かみがあって、基本いい人そうな俳優さん。
前作の「匂いを見る少女」では悪役をバッチリやったそう。かなりいけそうな雰囲気。
リトルヨン様って言われてたんですね。なるほど…。
「バンジージャンプをする」の高校生役はちょっとだけだったけど、他にも前に何かの時代劇で見たような….笠を被っていた、確か。

PCも新しく?万全の体制ですね。\(^^)/
こちら、リアル視聴できたとしても、韓国語解読不能かも、期待うすです。

そう、無頼漢、見ちゃったんですよ。確かまいさまも見るとか言われてませんでしたか?
変な感想を書いてしまった…。
そちらもお風邪等引かないよう、気をつけてお過ごしくださいね。ご家族と猫ちゃんたちも。
Commented by YOU at 2015-10-27 22:12 x
Yo様

あんにょん(^^)
朝鮮魔術師の色彩やトーンが凄く好きです(*^^*) あちらにしてはとてもシックな色合いですよね(笑) スクリーン全体の印象の緋色も素敵です。 デスン監督だからかな??
でも、思ったよりファンタジー色が強いのでしょうか?? だとするとちょっと心配(^^;)

なんとなくどの作品もメロウはあるけれど、そんなにガッツリではなさそうな感じで安心してますが、実際開けてみないと判りませんよね(-_-;)
でも多分慎重なスンホ君はガッツリメロウは早くには選ばないでしょう(^^)

無頼漢、映画なのでレンタルでまた観てみます。チョン・ドヨンさんて大大大女優さんのせいか私が視聴すると、彼女だけ3Dみたいに近くで生々しく見えるんです(笑) 面白い現象だなぁと思います。スンホ君が3Dで見えれば良いのですが(´▽`*)
Commented by Cloudia-Yo at 2015-10-28 03:55
> YOUさま、あんにょん♪

色合い、素敵ですよね。深みがあって。デスン監督がどんな風に仕上げるつもりなのか、ドキドキです。
「後宮の秘密」もそうだったけど、監督の美意識は独特で、格調高い…かも。
あまり独特過ぎて、観客が引いてしまわないで、スンホ君の魅力で押せるものならいい…??
魔術をどう見せるつもりなのかな?

そうですね。スンホ君自身がメロウは30歳過ぎてからとか答えていたし、ガッツリではないかも…、ですね。そう願いたい。

チョン・ドヨンさんが彼女だけ3Dって、的確な表現だわ。
彼女のお身体だけが、浮き立って見えます。妙に生々しく見える…。ムラムラした空気がまとわりついている。キム・ヘギョンと言う女の生々しい人生が、身体の周りにぷんぷんしている感じ…です。
彼女がずーっとそれで押しまくるので、それに対するナムギルさんの出方にちょっとムラがあったような。シャツから出たおへそにすきが見える(笑)。
この女性、可哀想な人生なんだけど、全然泣けないんですよね。泣ければいいってものでもないけど。共感するには至れない。
ご覧になったら、感想をお聞かせくださいね。(^_^)w

そう言えば、キム・デスン監督の主人公たちも一緒に泣く気にはなれなかったような?
「朝鮮魔術師」は共感できる映画になってるかな?
思うに、ポスターの出来栄えから見ても、今のスンホ君なら3Dで浮き立って見える可能性はあるかも?
名前
URL
削除用パスワード