想像猫…スンホ君、またしても完璧なキャラ作り★   

2015年 10月 15日


もうご覧になっているかもしれませんが、スンホ君の出演が決まった「想像猫」、ヒョン・ジョンヒョンの画像が公開。



d0289252_05024553.jpg



スンホ君の製作陣とのミーティングでの言葉、前回もアップしましたが、抜粋でここにも載せておきます。


ユ・スンホ、軍除隊後初の復帰作で「想像猫」選んだ理由は?


ユ・スンホは、製作陣とのミーティングで、「個人的に2〜3年前から猫を育てるされ、多くの愛情を交わしヒーリングになった。『想像猫』の台本を見て主人公が猫を介して傷を受けた心を癒していく姿に大きな共感を感じた」と伝えた。

また、ユ・スンホは、「『想像猫』という人気ウェプ漫画は、動物が一緒に公演するユニークな形式のTVドラマで作られる点と、異なる時間と人生を生きている人と猫の同居を介して、互いに違うようで似ている生活
の慧眼で私のような大韓民国の多くの青春の夢を応援することができて良かった」と作品の選択の理由を明らかにした。



実生活で猫ちゃんとの愛情溢れた生活で、心癒されることが多々あって、また、漫画自体にも共感を得て、若者たちが青春の夢を抱くのに励まされるものだったので、そう言う作品に出たいと思ったってことでしょう。

そして、スンホ君が演じるヒョン・ジョンヒョンは、頑固で自己中心的で周りとの摩擦を生み出すような性格だが、一方、猫のポクギルには心を開き、愛情を抱いて、頑張ると言うキャラクター。
スンホ君は、人と容易にコミュニケーションを取れる人間ではないヒョン・ジョンヒョン、人気があって多くの人の中でかっこよく生きている人とは違う、そんな人物の雰囲気を、もう見せている!!

髪のボサボサ感、ちょっと丸まった背中、勢いなく組んだ足、そんなところが、外見のさえない、まだ夢に到達できていない若者って感じ。
若いときから自分の道を見つけて、自信たっぷりで突き進んで行く人もたくさんいるけれど、多くの若者はいっぱい悩んだり、不安を感じたりしながら、自分の道を見つけて行くものね。
スンホ君が「大韓民国の多くの青春の夢」と言う表現をしたことは、きっと兵役を経験した、その演技者として空白の時間に感じたこと、同年代の若者たちと接したことにもよるのかも?と、Yoは勝手に推察。



一気に演じるキャラになれてしまう、それはスンホ君の長い演技経験によるのだけれど、このキャラ作りの安定感は、多くの人が安心して役柄を任せたいと思わせるでしょうし、最近度々キム・ユジョンがスンホ君と共演したいと言ったとか、他の誰かも(名前忘れちゃった)そう言ったとか、そんなニュースが出るのは、スンホ君の演技の上手さで、共演したら自分の中の可能性が引き出されそうな気がするってこともあるんでしょうね。



イ・ヒョンジュPDは「想像猫は、国内初の試みとなる猫素材ドラマで、夢をあきらめない青春を慰める存在である「猫」を介して、生活の中で重要な価値と感情についてを話して、愛して生きていく方法を学ぶヒーリング劇である。 」と伝えた。



韓国元記事
http://www.ajunews.com/view/20151014164432665



この画像とスンホ君や監督の考えを見ただけで、ドラマの意図が明確なので、いけるかもって気がします。



11月末、MBCエブリワンで放送予定。
視聴対策、11月末までにじっくり練りたいと思います。
韓国語、もうちょっと聴き取って、意味が分かるようになりたいなあ。



前回のページであちこち間違いも見つけたんだけど、本日もう1つ別のニュースあって慌ててます。
ページを分けてアップしたいので、「想像猫」は、ここまでで!!




by Cloudia-Yo | 2015-10-15 10:37 | 想像猫 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード