「ユ・スンホ、スーツだけ着てくれ」とスーツ姿を絶賛された記事+夜中に見終えた「主君の太陽」と韓国ドラマのちょいちょい   

2015年 09月 12日


10日くらい前の、Kstyleリポートって言うのに、「ユ・スンホ、スーツだけ着てくれ」って言う記事が…。



d0289252_14374235.jpg



男性なら誰でも存在する「スーツ発」。このスーツの足を最高昇華させた代表「スーツ・ボーイ」がいます、まさにユ・スンホだ。

※ スーツ発=슈트발、ある人の容貌や状態が、それによって力を得たってときに「××
발」と言うらしいです。つまり、スーツによって魅力がますます見えるって感じかな。by Yo。

最近、「DMZ国際ドキュメンタリー映画祭」参加で目が回るほど忙しいユ・スンホが映画祭よりも注目される「スーツ発」でリアルタイムキーワードを占領している。軍除隊後、水が上がったビジュアルを誇示しているユ・スンホは、参加する公式席上に完璧なスーツ姿を誇る。



ということで、内容を大ざっぱに書かせていただきますと、スンホ君のスーツコーディネートに関して、次のようだと言っている…のかな。


「国民の弟」から「国民の兄さん(オッパ)」へ。
真の男に生まれ変わったユ・スンホの格別な「スーツ発」について調べてみた。



  • ユ・スンホ独自のコーディネート法は、すらりと伸びたスリムフィットでクラシックを、ピョンピョンはねるアイテムを加えてトレンディーをと、両方を表現している。



▼「スリムフィット」スーツの最強者




d0289252_14403682.jpg



  • スーツ着用するときに最も重要なのはフィットすること。ユ・スンホは、175cmに60kg台前半でスリムフィットを演出するために最適化された体型である。→体に軽くくっつく程度の「スリムフィット」を愛用。スリムフィットは足がはるかに長く見えて、また、ジャケットの肩のラインに逆三角形の男性らしいフィットを演出することができる。

  • パンツにカラーのデニムを合わせることもあり、スーツパンツ以上に最近のトレンドのフレンチシックを演出できる。

  • 肩の骨から1〜1.5cmの外側にジャケットの肩の線が位置させるのが良い。僧帽筋(首の後ろ側から背中と肩に広がる筋肉)が発達した体型であれば(スンホ君のようななで肩気味の体型?)、パッドをつければはるかに「それぞれ」が生きる。



▼スーツ、クラシックは基本「ウィット」を加えなさい




d0289252_14404468.jpg

「会いたい」(2012年)と「欲望の炎」(2010年)の製作発表会のスンホ君。



  • ユ・スンホ流スーツコーディネート法の2つ目の公式は、スーツに「ウィット」を加えて、1つのアイテムでポイントで「ウィット」を加え、スーツの重さを回避している。



d0289252_14404858.jpg

2012年秋の「王になった男」「桃の木」のVIP試写会のスンホ君



  • ユ・スンホのように「ウィット」あふれるスーツを演出している。シャツ、タイ、シューズ、カフスリンクなどのアクセサリーで、スーツのディテールを完成させている。
    ↑
 単色シャツに派手なボウタイ。古典的スーツに、アーガイルパターン、カラフルな靴下、あまり目立たないカフスリンクやタイホルダーをマッチさせる。


テレビリポート、元記事はここをクリック



ということで、スンホ君のファッションは、彼の175cm、60kgくらいの体型(←前に45kgって書いてあったけど、60kg台まで乗っけられたんだろうか?Yoは、行っても50kg台と踏んでいますが)の彼には、スリムなパンツで逆三角形の形を作るのがお似合い、20代の彼には、あまり堅苦しい形でまとめるより、軽いテイスト、遊びのあるアイテムを加える方が今風で似合うってことかな。
とにかく、、、



スンホ・ファッションは絶賛されております★



d0289252_23184355.jpg



最近、喋りもファッションも一流って感じ…★



ファッションは、それぞれの国によって違うし、流行もちがうから、日本男性のスーツと比べると随分趣きが違うよね。
スーツの袖にデザインがって言うのが流行っているようで。スンホ君も多々、このタイプのお袖のものを着ています。

韓国の方は、日本人に比べると芸能人は背も高くて細長い人が多いし、男性でも明るい色を着たりすることが多いような。韓服も日本の着物より色合いが艶やかだし、日本は渋い。最近のキャリーぱみゅぱみゅちゃん(どこがひらがなでどこがカタカナ?知らないYo)とかは、かなりこれまでの日本の常識を破った色合いを見せているけど。


今、「主君の太陽」を見終えて、ジソブ氏がスーツ姿にシャツとスカーフを選んだりしているのを見て、大社長のファッションしてはあまりにカラフル。「これがお遊びじゃない場に行くときの服ぅ〜っ?」ってびっくりしちゃったけれど、オレンジとか黄色とかピンクとか、男性でもよくお召しになりますよね。最初は…


うぉーっ??


って思うけど、意外にすぐに「そう言うもんなんだあ」って納得しちゃうYoでありました。



ジソブ氏のお召し物、どこかに出てるかなと思ったら、OSTの動画にあれこれ出てるのを発見。
音楽もヨカッタと思うので、動画を貼ってしまいます。






https://youtu.be/dOvjvIqRyqY


この手の曲は好きですね。
このテンポがYoの肌に合う。


ついでにバラードも…。







https://youtu.be/KubCpS1EEjk


下手なバラードを聞くと、Yoはむずむずしちゃうんですが、韓国のドラマに使われているバラードは、OKなことが多い。
これも大丈夫。しっとりしっくり来てます。


実は、この「主君の太陽」最終話のDVDを夜中に見ていて、本日は1日空きでお家の片付けをするはずが、寝不足でエンジンかからず、怠惰な1日を過ごしてしまった。
だけど、これもおもしろかったよ。


コン・ヒョジン氏演じる女主人公テ・ゴンシルは、事故の後3年間生死を彷徨って、幽霊を見えるようになったって言うのが、「Who are you?」の意識がなく6年間いて、目覚めたら幽霊が見えるようになった」や、「アラン使道伝」のイ・ジュンギ氏演じウノも幽霊が見えるとか、ああ、韓国ドラマってこう言う設定が多いんだって一瞬思ったけど、ディテールがきっちり作られていて、さすがの韓流ラブコメ。

過去に初恋の女性チャ・ヒジュを失ってから、文字を読めなくなった、大会社の社長、大金持ちのチェ・ジュンウォンのソ・ジソブ氏も


またまた良いキャラクターを作り出し、


皆が「ジソブ氏を主役に」と思うわけが分かりますよね。
だって、おもしろいもん。

相手役のコン・ヒョジンさん、これも魅力的な女優さんだなと思った。
いわゆる整形美人とは違った感じの独特のお顔立ち…、多分、生で見たら色白で超美人なんでしょうが、画面で見るとそれ程飛び抜けた美人ではない。だけど、


演技、上手いわあ


なんとなく出演分量からするとジソ氏より長かったような。
ラブコメの女王とか?演技、細かいし。
やっぱり、上手い人は予想外の演技を見せてくれるよね。


先日見た「星から来たあなた」も、ドラマの中心を流れるものがはっきりしていて、しかもディテールを細かく作ってあるので、「お見事!!」と思ったけど、「主君の太陽」も同様に、度々泣かされました。


主人公のチュグン(主君=チェ・ジュンウォン)の初恋の人、チャ・ヒジュ。チュグンと一緒に誘拐され車の爆発で亡くなった被害者だとされて、チュグンは初恋の相手を失ったことで苦しんでいるのだと、周囲の人々は思っていたが、チュグンは、このヒジュが誘拐事件の共犯者だったかもしれないと疑って、心に大きな傷を負っている。
幽霊が見えたとき、チュグンに触れると幽霊が消えるので、チュグンを頼るようになる、女主人公のテ・ゴンシル(=テヤン=太陽)。
無遠慮に近づくテ・ゴンシルを鬱陶しく思うチュグンだったが、徐々に彼女を受け入れるようになり、お互いに愛情を抱くようになる。

そこに現れる、ハンナ・ブラウンという謎の女。彼女は、チュグンを誘惑しようとする。
ラスト近くで、このハンナとチャ・ヒジュの関係が明らかになった場面、ほんとにチュグンの想いが可哀想で泣いちゃいましたよ。ほんの一瞬のジソブさんの悲しそうな演技、このドラマでは悲しいジソブはほとんど出て来なかったけど、


やっぱり ジソブに苦悩、激お似合い☆


スンホ君と一緒だね。


以下、DATV様より写真お借りしました。
http://datv.jp/p000541/gallery/#ad-image-24



d0289252_22085065.jpg


若かりし頃のチュグンと、チャ・ヒジュ。
男性はINFINITEのエル君だそうですが、存在感、ちょっと弱くて、女性の方が目立った。キム・ボルムさんだそうです。


ドラマは、当たり前に行くかと思ったら、そうではなくて、ふんふん。。。


あ、サーモンピンクのジソブ氏が、いました!!




d0289252_22074097.jpg



それから、その後、母のいないチュグンを可愛がり、あれこれいらぬお世話をする伯母のチェ・ソンラン、これを演じているのが、「会いたい」の掃除のオバサン、「ブラインド」の孤児院の院長先生、古くは、太王四神記なんかにも出演している大女優のキム・ミギョンさん。




d0289252_21241105.jpg



このお方が、兄が会長で年下の夫が副社長って言う、いわゆる財閥のお嬢様からオバサマになったって言う設定なんだけど、あらら、綺麗でビックリ。色白い!!
何をもって、人は、美しいって思うんだろうって考えてしまったけど、ほんとに綺麗って感じるのよ。色気?肌の色??口紅の色??
とにかく、お顔の色とメイクや着ているものが似合っていたってことですね。


お手々広げたジソブ氏のチェ・ジュンウォン、カワイイ。。。



d0289252_22062387.jpg



なにしろ、韓国のお名前、チャ、チ、チュ、チェ、チョ、チャン、チョン、多くて、なかなか覚えられない…(vv;)。。。
髪型が、トップを盛った感じで、日本では見かけない形です。


このドラマを見たら、ジソブ氏もお顔が小さいんだって思った。なにしろ、水泳選手歴が長いから、胸筋が発達していて、ガタイがいい。
彼が動画にもある、白いふわっとした生地のシャツをお家でお召しのときや、蝶ネクタイを締められているときは、ふーん、と思ったけど、韓国だは常識なのよね、きっと。




d0289252_22054996.jpg



d0289252_22044466.jpg



非整形型美人のコン・ヒョジン氏。
「星から来たあなた」のチョン・ジヒョン氏もそうだったけど、上手くて見入って飽きない。
名前がね、ジヒョンとかヒョジンとか、似てるのよ。
もう載せる度に、名前が違っていないかチェックがタイヘン。




d0289252_21335770.jpg



あと、彼も素敵だったよ。OSTでも歌っていて、お歌も上手い。

テ・ゴンシルを想う、チュグンの部下にして、有能なカン・ウ役のソ・イングク君。
ああ、これがあの有名なイングク君ね。
これも、ソ・イングクに似た、あれ、忘れちゃった、有名な超売れてる俳優さん、なんとかグクだったんだけど。「ピノキオ」の…、ああ、イ・ジョンソク君でした、似てるよね、名前。
似てない??
Yoの中では名前の最後が「ク」ってだけで、もう全部同じ名前に感じちゃう。。。


「イケメンですね」のナンバー2男子、これも名前が出て来ない、CNの、チョン・ヨンファ氏の演じたカン・シヌ君。彼も、想う女性が他の男性に惹かれているのを見るときの目が何とも素敵だったけど(日本版は、彼の素晴しさを踏襲できなかったと思う)、こう言う立場の男性を丁寧に描くのが得意な韓国ドラマ。
ああ、そうか、ドラマの時間が長いからこういう周辺の人のこともしっかりキャラクター見せられるのね。




d0289252_22184565.jpg



「イケメンですね」で、初々しかった主演のパク・シネ姉さんは今や韓国で大人気女優。すっかり綺麗になって、スンホ君と仲良くCF。




d0289252_22234945.jpg



あちこち、話題が道に迷っておりますが…、ブレスレットしてるスンホ君も好きだわ〜。
ブレスレットって、どことなく手錠を嵌められたような(??)圧迫感があって、Yoは好きです。アクセサリーの中で一番身につけることが多いかも。
ブレスレット・ハリーも好きだったなあ。



d0289252_22293236.jpeg



で、「主君の太陽」に戻って…、
向き合っているのが、ソ・イングク君ですが、
同じく、テ・ゴンシルのライバル的なテ・イリョンを演じたキム・ユリさんも…




d0289252_22025036.jpg



コメディタッチの演技がおもしろく、ドラマにメリハリつけてヨカッタです。


あと、チュグンのお世話をするキム室長のチェ・ジョンウさん、



d0289252_21501333.jpg


この人の温かさも「星から来たあなた」のチャン弁護士(また、チ××)役のキム・チャンワン氏に共通するものがある。



d0289252_21531318.jpg


なんか、いい人そうなのよね。
包容力がある雰囲気の演技、このお二方。
あちこちでお見かけするベテランの演技派俳優さん。悪役もしてるけど、この2つの役はハマっていた。
「プロポーズ大作戦」のイスルのお父さんも同様でしたね。


さてさて、スンホ君のファッションから「主君の太陽」へ、また、スンホへ、「主君の太陽」へと、旅してまいりましたが、


「主君の太陽」で、夜中に見て泣けてしまった部分…、高齢で年下の夫の子を妊娠し、出産を迷うチェ・ソンラン(←チュグンの伯母さんよ)にテ・ゴンシルが語る言葉。


「見つめ合い、一緒にご飯を食べて笑い合う、
 そんな輝く瞬間が、
 愛を守る大変さを吹き飛ばしてくれる」



この言葉を思い出しながら、ソンランが夫と共に、娘と過ごす姿を想像する場面、泣けましたね。幸せそうで。
なんで、こんなに幸せそうな場面を作れるんだろう。


このドラマの作家さんーお名前すぐに出て来なかったので、作家さんと呼ばせていただきますがー上手いし、ちゃんと主張がある。

うん、スンホ君も「キム・ソンダル」の次は、そんなしっかり作られたドラマに出会えるといいな。


ということで、スンホ君のファッション賛辞から、本日視聴を終えたドラマについての、ほんの片隅部分のみの感想で。
あ、そうそう、「主君の太陽」の幽霊、かなりどぎつい白塗りにくまどり、特殊メイクもありです。
最初はギョッとしたけれど、テ・ゴンシルと一緒にだんだん慣れてしまった。




d0289252_23184355.jpg



スンホ君、やっぱりただ今、水分をたっぶり吸い上げて、まさに伸びようとしている若い木って感じ。
画面からも漂う、みなぎるエネルギー。
スバラシイ。
あの勢い、見習わねばいけないね。



台風でいろいろ大変だった方、早く良い状態になれますように。
気候も不順、皆様、ご自愛くださいね🍀





by Cloudia-Yo | 2015-09-12 23:29 | ユ・スンホNEWS | Comments(2)

Commented by rippledrs at 2015-09-16 13:16
えぇ~「スーツだけ着てくれ?」(^_^;)
賛辞の言葉がオーバーなのはあちらの常ですけど、スーツだけじゃ嫌だな←強欲(笑)

でも確かに、以前はスーツを着ても七五三というか、「着せられてる」感があったのに
今はちゃんと着こなしている等身大のスンホくんになりましたよね\(^o^)/

私はどちらからというと「会いたい」の時のブルーカーディガンのような
きちんとしているけれど肩肘を張っていない、柔らかな感じが好きです❤
コートなんかもとても似合っていたし、「会いたい」の時のスタイリストさんは
スンホくんの良さを引き出す衣装を用意してくれましたよね♪

最近の長めのパーマヘア、好きだな~❤ おでこ出しても許す!(笑)
Yo様はスンホくんのファッションや姿勢や癖など、本当に細かく観察なさっていて
すごいな~って思います(*^。^*)

「主君の太陽」、視聴お疲れ様でした(^^)v
スンホくんも次はいい脚本のドラマをやってくれるといいな~♪って期待しましょう!
Commented by Cloudia-Yo at 2015-09-19 20:33
>りぷるさま、こちら遅くなってしまってごめんなさい!!
りぷるさんのコメントいただくと、なんだかとっても元気になれます。
ありがとうございます!!
「スーツだけ着てくれ」、その訳でいいのかちょっと分かりませんが、とにかく似合うって言葉の最上級と思っていればいいですよね。

りぷるさんの言われるとおり、確かに「着せられてる」感、なくなりましたよね。
スンホ君が、ファッションについても学びたいとか、GRAZIAインタビューでだったか、言っていましたよね。除隊中に日々撮影で忙しい毎日から離れて、いろいろ感じたんでしょうね。
ああ、うちの息子も、その時期にやたらオシャレになったかも??

そう言えば、ほんとに「会いたい」のスタイリストさんは良かったかも。
彼の髪の毛、撮影前に櫛でふくらませていたけど、それも正解。ペシャってならない方が魅力的に見えますよね。

私も長めOKで、オデコだしもOKだったんだけど、現在、まさかのハリー・ヘアになってましたね。「同じ時間の中の君」もハリー・ヘアだったけど。
スンホ君の形状が、いろいろ気になっちゃって、ちょっとうるさいよなって自分でも反省。
スンホ君、みあね〜!!

スンホ君、とにかく除隊後、快進撃なので、きっとドラマもいけるでしょう。
ジソブ氏を見てると、急がず、確実に演技していて、はずれがなくて、スンホ君もこういう風にいけるといいのかもって思います。ほんと、期待(^^ 〜♪
名前
URL
削除用パスワード