プロポーズ大作戦2話前半 +ユ・スンホニム除隊+ファンミetc. *主演の韓国ドラマ   

2014年 11月 22日

あんにょん♪




寒くなりましたが、お風邪等ひかれていないでしょうか??




来月4日、スンホ君は除隊。あと11日♪

きゃー★

\(^o^)/
   



Yoは、ただ今仕事が立て込んでおり、加えて、寒いのが極端に苦手…。アシ、イタイ。。。
が、気持ちは、スンホ君除隊の日を前に、舞い上がっております♪


しつこいですが…。もう、気もそぞろ…♡
そして、やっとアップの本日の記事、長いよ〜★
ベコの画像多くて、見づらい方、みあね〜!!
だけど、チョー可愛く、チョー美しいです、ベコ♪



11月24日追記:

いよいよD-10となりまして、カウントダウンと行きたいところですが、検索されたときに、私の記事で一番最初に出てくるのは、最新の記事になるようなので、今回のこの長々しい記事をなるべく皆様に見ていただきたいのと、スンホ君ファンミのお花のお知らせのこともあり、Yoは心の中で数えております。
皆様も指折り数えて待ちましょう!!
大阪ファンミも、あと1ヶ月☆

(追記終わり)





除隊日、スンホ君のお出まし予定は…


やはり朝9時の模様。

前回の記事でも書いたとおり、ユ・スンホ君の公式ファンカフェTTUでは、12月4日、スンホ君の転役(除隊)お祝い訪問をする人のために、当日朝6時ソウルを出発の貸し切りバスをチャーターする模様。1人2000円ほどの料金で、利用者の受付をしていますが、華川(ファチョン)のイギジャ部隊に個人で行く方は、現地でユ・スンホ転役お祝い訪問の垂れ幕を訪ねてきてください、とのことです。

が、このお知らせに「12月華川(ファチョン)の激しい風など恐ろしくない」みたいなことも書かれています。日本の今の気候とは違い、韓国の冬はかなり寒く、下手すりゃ戸外での撮影時、お酒も凍っているそうですし、華川は北の方。行きたいと思う方は、その辺り、ご覚悟を。
バスを利用したい方は、やはりTTUの会員になっていないと難しいかと思います。事前に振込もしなくてはいけないし、キャンセル不可だし。

という、ちょっと中途半端な情報提供で、ごめんなさい。

TTUは、こちらなんですが・・・
    ↓
http://cafe.daum.net/skyhigh-0817/

会員でないと見れない部分も多々。
会員になるのに、どうやってなったかなあ。もう2年近く前で、忘れてしまった。
必要なのは、自分の名前とニックネームとEメール・アドレス、パスワードくらいだったかと。

これについては、後日。。。


私の韓国語と言えば、喋れません、読めません。
でも、ドラマを字幕で見て、「会いたい」の言葉を必死で書き取り、TTUの情報を、翻訳機で翻訳しながら、翻訳では分かりかねる言葉は類推を繰り返し、時々、コメントしたりして、最近は、なんとかTTUの記事を理解できるようになりました。
    ↑
最近、とみに体当たり的行動人間に変身中のYo!!


ちなみにTTUにコメントを寄せる方は、高校生とか若い方もとても多い模様。
「スンホ兄さん、試験が終わりました」とか、そんなコメントもありよ。



TTUに載った「유승호」の文字の入った情報



なんだかよく分からないんですが、Daum(韓国のネット・コミュニケーション)のサイトのニュースかな?
こんなのが載っていました。
     ↓

そばにいる場合は
(※)見せたい芸能人、男性スジ43.31位に挙げたヘリ37.4カン·ソラ7.6、それぞれ23位に名前あげた女性選んだ1は、イム·シワン27.92ユ·ヨンソク25.73ユ·スンホ18.9占めた


(※)←この部分、Yoはなんて訳していいか、分かりません。リラックスできるっていう意味かな?韓国語、ムズカシイ…。


スジは「九家の書」主演のMiss Aのスジ。ヘリはGirl's Dayというグループの方らしいです。カン・ソラちゃんは、スンホ君主演の映画「40 minute」や「ドリームハイ」でヒロインでした。ま、人気の芸能人さん。スジは、可愛いけど、どことなくサラッとしていて、私は好きですね〜。
イム・シワンさんは、ZE:Aのメンバーで、「太陽を抱く月」でホ・ヨムの少年時代を演じたそう。ユ・ヨンソクさんは、「九家の書」で主人公ガンチのライバルのような仲間のようなパク・テソを演じたお方で、私としては、準主役の男優さんは、コン役のソンジュンさんの方が好きでしたね。
(KNTV様の九家の書サイトに、キャストのお顔等あります→http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=26143

この「隙を見せたい云々」元記事はこちら
    ↓
http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20141120093709218


この中にユ・スンホニム(유승호님) って、どう??癒し系って意味かな?ユ・ヨンソクさんって、人気あるのかな?





<呼び方のこと>
     
  11月28日追記。現在、この件、またまた、迷い中。韓国語に詳しくないのに、いろいろ言うと皆様を惑わせてしまうかも。みあね〜。
  でも、以下、削除せずに載せておきます。


突然現れた、「ユ・スンホニム(유승호님)」。
いつの間にか、当ブログでのユ・スンホ氏の呼び方が、「スンホ君」に戻ってしまいました。が、スンホ君の除隊も近づき、大人の俳優として復帰される彼に、目下的で失礼かもと、また思うYo。
ただ、日本語で「スンホさん」って言うと、ちょっと他人行儀な感じで…。その国の言葉にしかないニュアンスってありますよね。
ファンミでお会いしたときのためにも、日本語の「様」とか「さん」にあたるらしいニム(님)に慣れておこうかしら、と思うYoでありました。

ちなみに、TTUでユ・スンホニムを呼ぶときに推奨される呼び方は、

(유)승호씨, (유)승호님, 승호 오빠, 배우 유승호, 배우님, 유배우님 등등
      ↓
(読み方)
ゆすんほし、ゆすんほにむ、すんほおっぱ、ぺうゆすんほ、ぺうにむ、ゆぺうにむ 等等



(訳すと…)
(ユ)スンホさん、(ユ)スンホ様、スンホ兄さん、俳優ユ・スンホ、俳優様、ユ俳優様 等等だそうです。
最初に俳優が付く場合のみ、敬称がいらない??




ということで、スンホニム…


匂い立つばかりの美しさを残しての入隊でした。




d0289252_21020558.jpg



「匂い立つばかりのハリー」と思って、前にキャプッた画像から探していたら、前にはそれほど「(♡♡)〜♪」ではないと思っていたこの画像なんですが、、、

あれえ?

本日は、このハリーに胸がドキ〜ン、きてしまいましたよw(*_*)w

どうもスンホニムの除隊が近づいてきたら、これまでと違う表情にもピリピリ感じてしまう。


ドキーン★ ズキーン★★ ガッシャーン★★★


日本の男優さんではあり得ないくらい、赤い口紅ハリー様♪
スンホニムは、赤い口紅とか、赤い傷とか、赤い花とか似合うんだよね。
(注:ここで言う赤とはあざやかな濃いピンクも含む)
やっぱり、美しいですよ〜。




d0289252_21010343.jpg



こちら赤い傷がチョーお似合いのヨ・ウン様…。
ほんとに赤い傷がある方が、より美しく見えるから不思議…。。。
日本では、ヨ・ウンでスンホニムのペンになられた方が圧倒的に多い模様ですが…。
もう、どのヨ・ウンの表情を見ても、ああ、これいい〜♡って、なっちゃう。




d0289252_21034336.jpg



赤い(ピンク)お花に寄り添うスンホ様。
ファンミの主催者A・R・A様からお借りしました。
このスンホニムは、ファースト写真集のときに撮影したものと思われますが、写真集には入っていないんですよね。
でも、私、このスンホニムのお顔、かなり大好きなんです。


除隊、じょたい、ジョタイ、JOTAI…。


頭がそれでいっぱいで、え?
もうあと半月弱ですよ〜、あれえ〜っ♪
もう、ただ今、ジョタイスイッチが入り、今までにも増して、スンホ画像を見ると、異様な反応が…。
なんだか胸がドキドキ。
え?
これって、恋する乙女の例の奴じゃない??


タ〜イヘン!!


ついに頭がイカレタ。
あ、いや、心がイカレタ。。。




さて、「人って、誰かのために行動をすると、その人への愛情が深くなる」って、以前にどこかで聞いたんだけれど、誰かにプレゼントをしようとしたりして、その人が喜んでくれるかなあなんて考えると、心が繋がる気がする。


こちらのブログで何度も載せていますが、ユ・スンホニムの日本でのファンミ、大阪、東京、それぞれの会場を華やかにしてスンホニムをお迎えしたく、スタンド花を贈る企画、ただ今進めております。
参加してくださる方を募集しております。
11月末まで、あと数日間募集です。


締め切りマジか?いや、間近!!



スンホニムのファンミにお花を贈る企画、こちらについて、詳しくは以下に。。。


Yoの募集の記事。詳細載せてあります。
   ⇩
http://cloudiayo.exblog.jp/21253198/


今回の企画を、ご一緒に進めていただいている、「ひまわり畑より」りぷるさんの記事。
   ⇩
http://rippleyumi.exblog.jp/23197980



何気なく始めたこの企画だったんですが、関わっているといろいろなことが気になってしまい、韓国で復帰を大歓迎されるであろうスンホニム、わざわざ除隊直後に日本に来てくれるのに、大歓迎ムードがなければ、申し訳ない…。
Yo心配…。


とにかく盛り上げよう!!


もうこうなったら、「会いたい」のメイキングDVDにあったみたいに、キャーキャーの黄色い声も「スンホく〜ん」のかけ声でもなんでもやりますよ〜!!
     ↑
(かけ声は「スンホく〜ん」でも許されるかな。日本の「君」は「さん」より親愛の気持ちを表せたりするんだよね。ムズカシイ…)


私、昨日、やっと覚悟を決めて、大阪行きの予約も完了。


ホッ☆


自分の中の羞恥心というものを、全て取り払う覚悟ができたYoでありましたあ(^^)?


とにかく、、、

日本に温かく
お迎えをしたいものです♡




うわーん、どれくらい「おじさん」になっているかなあ?
21ヶ月経ったって、まだ21歳ですものね。若いよね。
あの少年ぽさーいや、かなり長い間ほんとに少年だったんだけどー失くして欲しくないよな。
人気俳優さんで、これまでこんなに早く入隊した人って、ほとんど前例がない??だから、若い時期に入隊した人の変化 って情報ないし、予想がつかない。


スンホニムは人見知りが激しかったそうだけれど、「会いたい」で共演したユチョン氏も「明るく前向きだと分かった」とスンホニムのことを言っていましたね。昔からの知り合いだという「ペク・ドンス」に出演していたユン・ソイさんは、確かスンホニムのことを「中学生の頃はデコピンをしたりしていた」いたずら少年の雰囲気もあったようなことを言っていた。「会いたい」メイキングDVDを見ても、かなり表情が明るいですよね。
軍隊で動じない姿勢を身につけていれば、人見知りや緊張するのも多少変わっていて、ニコニコのスンホ君を見られるかな〜?
入隊中にスンホ君が休暇中に訪問したというソ・ジソブ氏も、「スンホは本物の男になっていた」とコメントしたし。



どうかな?

どうかな?

どうかなあ?




ずっといろいろ想像して、スンホ君除隊の日からファンミまでのことで頭がいっぱい、脳みそが完璧ごった煮状態で、妙に混乱してきたな〜と思ったら、Yo、風邪に襲われました(ー ー;)



知恵熱??(・_*;)?




さて、お日様の下にご登場のスンホニム…



d0289252_22333634.jpg


入隊前「会いたい」ドラマ撮影開始の頃は、頬がふっくらしていても、終わる頃には…



d0289252_21482536.jpg


頬、くぼんでる…。顎、とんがってる…。
なんかスンホニムの部分だけ画像修正しちゃったんじゃないかってくらい、上のインタビュー・スンホニムと違う透明感あるお顔。
撮影が忙しいと、「食べるより寝る」になってしまうと言うスンホニム。
今はきっと、軍隊で3食きちんと食べて、ほっぺた膨らんでることでしょう。



今、あちこちに散らかったスンホニム画像を整理しようと試みておりまして、あちこちのファイルに何が入っているか見ていたら、「プロ作製作発表会」っていうファイルがありました。
私としては、オデコ隠しスンホニムが好みと思っていたんですが、



d0289252_01561075.jpg


これを見ても目が吸い寄せられて…

(♡o♡)〜*
可愛いなあ〜♪
加えてお肌ツルツルッ☆





もう、末期です。


何を見ても、ドキドキ&ズッキーン。



さて、「プロ作」、見れば、またまた可愛いスンホニム。
だけど、なにしろ出番が多い、っていうか、最初から最後までほとんどベコ。
キャプも台詞も多くて、ちっとも進みませ〜ん。


が、大阪行き、予約して、心すっきり。


平常心を取り戻すためにも、「プロ作」に集中したいと思います。
私って、やっぱり演技とかを必死で見ているときの方が「私らしい」模様。



「プロポーズ大作戦」の第1話、これより前の部分はこちらです。
第1話は。3分割でした。
    ⇩
http://cloudiayo.exblog.jp/i43/





プロポーズ大作戦2話前半のあらすじ



時のコンダクターにもらった薬を飲んだベコ。
気がつけば、高校??

「愛してる」と言って、キスをしそうなイスルとチャヌク。
「あいつら、何してるんだ!!」とベコは怒る。

ベコが「だめだーっ!!」と大声で叫んだとき、明かりが点いて、これが演劇の練習だと気づく。
2001年と書かれた垂れ幕の下がる高校、チャヌクに「今は何年だ?」と尋ねたベコ。




d0289252_02121014.jpg



自分が2001年に戻ったことを分かり、大喜びする。

そのとき、誰かがベコの頭を後ろから叩く。
振り返るとイスル。
「邪魔しといて、にやにやするな。バカ」と。


イスルの後を追いかけるベコに、イスルは「今朝も私一人で当番をやったわ」
ベコは、「イスルが怒っていた理由はこれか?」と疑問に思う。

「映画のチケットで許してあげる」とイスル。
映画館に行くことを楽しげに話すイスルだが、未來からやって来たベコには意味が分からない。
怪訝な顔をするベコに、イスルは、
「やっぱりね」と。



d0289252_22013389.jpg



「期待した私がバカだった。
 もういい、ほっといて」




そのとき、チェリたち、女子が色っぽいダンスを踊って、それに男子が群がっていた。



d0289252_22121414.jpg



チェリに夢中なテナムは、「チェリが見せ物になる」と言って、それを阻止しようとする。
テナムの恋を「見込みがないから諦めさせるべき」と言うチャヌクだったが、




d0289252_01035389.jpg



ベコはその言葉にむきになって反発して、




d0289252_02145172.jpg


踊っているチェリたちを写真に撮ろうとする男子たちを止めさせようと、彼らの中に割って入る。
そして、ベコはテナムに言う。




d0289252_01113890.jpg



「諦めるな。ユ・チェリはずっと一緒だ。
 諦めなければ手に入る!!」




ベコの熱さを不思議に思うテナムとチャヌク。

教室に入ったベコは、自分の席がイスルの隣であることを知った。




d0289252_01173175.jpg


「よし、ついてるぞ。
 あとはチケットの手配だ」




そのとき、教室に入って来たイスルが、ベコにCDを渡した。

「はい、これ」



d0289252_02161037.jpg

「なに?」とベコ。



d0289252_02170920.jpg


イスルは、「借りてたCD」



d0289252_01224358.jpg


「ああ、あああ」と、未來から戻ったベコは相づちを打つ。

イスルは「忘れっぽいのね」と、ちょっと不満げ。
「頭の中、大丈夫?」

ベコは「チケットのことは心配ない」と。
イスルを怒らせまいとベコは必死。

そのとき入って来たチャヌクたちがベコの持っているCDを羨ましげに見ると、ベコに
「聴きたい。貸せよ」




d0289252_02182405.jpg


彼らのやり取りに、イスルは慌てて
「貸して」と、CDを取り上げて、ベコのリュックの中に突っ込む。

ちょっと不可解なイスルの行動に、思わずベコたちはイスルの顔を見る。



d0289252_01322520.jpg


「テナムに貸したら、CDを駄目にされた」とイスルはCDを貸したくない理由を言う。
「ずっと聴きたいなら、貸さないで」



d0289252_01355950.jpg



「…だってさ」と、イスルの言葉を尊重して、テナムに言うベコ。

そのとき、先生が入ってくる。
「おまえらが待ちに待っていた席替えをする」




d0289252_02193996.jpg



男子は廊下で待ち、女子が自分の好きな席に座る方式。
テナムはチェリの傍に行きたいし、ベコはイスルの傍に決まることを願っている。



d0289252_01382817.jpg




d0289252_22210856.jpg



ベコもイスルの隣の席を確保したい。
教室から出てきたイスルは意味ありげな表情でベコを見る。




d0289252_22243389.jpg



イスルの表情の意味を、思いめぐらすベコ。




d0289252_22212661.jpg


教室に入ったベコは、、、




d0289252_02205900.jpg



「カン・ベコ、考えろ、慎重に選べ」と自分自身に言う。




d0289252_01461917.jpg


「俺がイスルなら…?」と必死。


イスルが選んだ席を当てようと考えるベコに、チャヌクが「カン・ベコ、こっち!!」と呼んだ。



d0289252_01593482.jpg



教室の一番後ろの自分の隣の席に座った男子をどけて、ベコを座らせようとする。
「朝、席取りを俺に頼んだだろう?」
チャヌクに呼ばれ、チャヌクの隣の席に座るベコ。


そのとき、女子が教室に入ってくる。




d0289252_02220197.jpg


ベコは、教室に入ってくるイスルの様子をじっと見つめていた。
女子が席を選んでいるときに窓から教室の中を覗き見できた長身のチャヌク。テナムは、彼にチェリの席を教えてもらい、チェリの隣の席を確保した。

ちょっと怒っているようなイスル。
そんなイスルの様子をじっと見ているベコ。





d0289252_02054160.jpg



「イスルは元の席のままだった。俺の隣の席だ。
 俺がイスルでもそうした。予想はできたのに、何故座らない?」
自問自答するベコ。



d0289252_02230987.jpg



「何故、俺はこうなんだ?」

授業が終わって、イスルに声をかけようとするベコだったが、イスルは無視するように通り過ぎた。
「過去に戻っても、素直になれない自分に苛立つ」

突如、ベコは廊下に出て、チャヌクとテナムを呼び出す。




d0289252_02252475.jpg


笑顔を作って、ベコは言う。

「カネ、あるか?
 映画のチケット2枚分くらい」

2人は合わせて、510ウォンしか持っていなかった。



d0289252_02261511.jpg


「全然、足りない…。
 しかたない、映画は明日にするか。戻ろう、戻ろう」
そう言って、ベコが教室に戻ると、イスルとチェリが映画の話をしていた。
イスルは言う。
「今日、ベコと。楽しみよ」とイスルは嬉しそうな顔。
ベコを見つけたイスルは、ベコにも笑顔を見せる。

「お?」



d0289252_02272101.jpg


「席のせいじゃなかった?」
そのとき、イスルが机の上に載せた本「映画とは何だ?」を見つけるベコ。
「ああ、そうか、思い出した。怒っているのは、チケットのせいだ。
 イスルが楽しみにしているのに、俺はふがいない。
 映画一本で人生が決まる」

突然、ベコは廊下に出て走り、校舎を出る。



d0289252_02280479.jpg



監視カメラもどうにかすり抜けて、学校の外へ。
そして、映画館の前に立つベコ。

「愛は不変のはず。イスルの気持ちは変わらない。
 そうとも、変わらせない」


教室では、ベコがいないことに気づいたイスルは、チャヌクに「ベコは?」と聞いた。
チャヌクは「ヤボ用。チケット」と答える。
ちょっと嬉しげな表情を見せたイスル。

「無一文でどうしよう?」と思うベコは、街頭で献血の勧誘に遭った。
これでチケットをもらえると大喜びのベコは、献血に。



d0289252_02292256.jpg

「求めよ。されば、与えられん。
 捨てる神あれば、拾う神あり」
ベコは、上機嫌。
「俺ってついてる!」



献血をしながら、イスルと映画館にいることを妄想するベコ。



d0289252_02304050.jpg


そのとき、献血が終わる。



d0289252_22254594.jpg




d0289252_02314500.jpg


「今どき、感心な学生さんね」と言う看護士さんに、
「何か、お忘れでは?献血でもらえるとか…」と言うベコに、「あーら、ごめんなさい!」と、看護士さんが持って来たのは、パンと牛乳。


ベコの聞いた「献血で映画のチケットがもらえる」という情報は、ガセネタだった。


その頃、学校は給食の時間。
イスルたちは、チケットのために学校の外に出たベコのことを話していた。
「野球の観戦チケットを探しに言ったのでは?」と言うイスル。
「私の彼は野球でなく映画が好きで良かった」と言うチェリの言葉に傷つくテナム。
ハンガン高校の身長187cmの生徒が彼だと言うチェリ。チェリは、自分に想いを寄せるテナムは身長が低いから自分の好みではないと、暗に言っているのだった。



映画のチケットをもらいそこね、がっかりして、街を歩くベコ。
そのとき、大食い競争の2位が映画ペア鑑賞券だというチラシを手にする。



d0289252_18001295.jpg



そして、チケットをゲットすべく、その会場に向かう。



高校にいるチェリは、イスルに長身のハンガン高校生である彼氏のことを「性格がいまいち」と打ち明けていた。

チェリは、イスルに「せめて好きな男子にサインを送れば?」と言うが、イスルは


「鈍くて、気がつかないんだもの」


思わず、ベコに対する気持ちをつぶやく。


「サインを送っても、すれ違いばかりでダメだわ」


とチェリに言う。



その頃、ベコは、



d0289252_02325309.jpg




d0289252_18064564.jpg



残り2人になるまで頑張り、



d0289252_18110376.jpg



ここで降参と言って、ついにチケットをゲット…。喜ぶベコ。



d0289252_18071224.jpg


が、残る1人がそこで敗退し、ベコは1位になってしまった。
映画のチケットをゲットすることに、またしても失敗。




d0289252_18145032.jpg



ついに時間切れ。チケットを手に入れられないまま、学校に戻る。


ベコは、ため息。
そのとき、男子生徒が声をかけてくる。
「カン・ベコ、チケットが欲しい?」と、気の弱そうな冴えない風貌の彼は言う。




d0289252_02335306.jpg



「おまえに関係ないだろ」と怒って立ち去ろうとするベコ。



d0289252_18205490.jpg



が、彼はベコの腕を掴んだ。




d0289252_18221512.jpg



必死な様子の彼を、ベコは見つめる。



学校の中では、「カン・ベコが告白?」と大騒ぎになっていた。
「皆の前で」「まじ?」などと皆が言っているのを聞いて、冷ややかな表情のイスル。
チェリはイスルの手を掴んで、その告白現場に向かう。

ベコは女子生徒を前に言う。

「君が好きだ。初めて会った瞬間、セクシーな脚に腰つき、僕に微笑む甘いくちびる」

ベコの告白に、嬉しそうな彼女。



d0289252_02345336.jpg



d0289252_02353758.jpg


その様子を「正気?」と言って呆れているチェリ。
ベコの告白の様子を見つめるイスル。




d0289252_18291017.jpg



「君のおかげで、夜も眠れない。
 いつも隣にいたのに、愛だと気づくのが遅過ぎた。
 君と向き合えなかった僕を許してくれ。
 僕の気持ちだ」

ひざまずいて、封筒を渡すベコ。



d0289252_02362223.jpg



封筒を開けて、中を読んだ女子生徒は、ベコの顔を見ると、ベコに平手打ちを。




d0289252_02370532.jpg


「ふざけないで。ムカつく」と去って行く女子生徒。
「あんまりだ」
ベコの告白は、あのさえない男子生徒の代わりに手紙を読んだのだった。


皆、呆れて去って行く。

イスルが見ていたことに気づいたベコは、慌てて



d0289252_18305158.jpg



「チケットのために…」と言うが、
イスルも、ベコに背を向けて、去って行った。




d0289252_02374944.jpg


「待って、チケット!!」


イスルを引き止めようとするベコに、チャヌクは
「正気か?」


そこへ彼らのクラスの先生がやって来て、ベコが告白の代償にもらった映画のチケットを取り上げてしまう。




d0289252_02383506.jpg


「だめだ〜!!」



「チケットに人生がかかっているんだって」とベコの行動の説明をするチャヌク。
「ばか」とベコの行動に腹を立てているイスル。



先生に怒られたベコが職員室から出てくると、告白の主であった男子生徒がベコの傍に来た。




d0289252_18424709.jpg



「僕のせいでごめん」と謝る彼。
ベコが彼の書いた手紙を返すと、
「それでも…、頼んでよかった」と彼は言う。




d0289252_18443160.jpg



「君には悪いけど、自分で告白するよりいい」




d0289252_18445750.jpg



その言葉にベコは彼の胸ぐらを掴む。


「よかった?俺に悪い?
 好きなら、伝えろ」




d0289252_18453538.jpg

声を荒げるベコ。




d0289252_18455311.jpg



「断られても引っぱたかれても、自分で言え!
 幼稚な歌詞を借りず、好きだと言え。
 後悔するぞ。胸が張り裂けそうで。
 平手より千倍痛くても、どうにもできない」



ベコは彼の元を去る。

教室に戻ったベコの頬には平手打ちの跡。
ベコは、手を上げて、先生に言う。



d0289252_18520633.jpg



「席を変えてください。
 黒板の字が見えません」



ベコは、イスルの隣の席に移動することに。

「なんで、この席?」
自分の隣に移動してきたベコに聞くイスル。




d0289252_19021822.jpg


「字が見えないから」
「両目、2.0なのに?投手は視力が命よね」



d0289252_19084161.jpg



イスルは、ベコの言葉が嘘だと気づいているが、ベコの隣だと当番も掃除も押し付けられ、授業もさぼると、ベコに憎まれ口をきく。
イスルの後を追い、校舎の外に出るベコ。
そのとき、イスルはガムを踏んでしまう。ガムが取れずにいらつくイスルを、ベコはひょいとかつぐ。



d0289252_19233670.jpg



そして、ベンチに座らせ、イスルの靴の底についたガムを取ってやる。




d0289252_19235469.jpg



自分のためにベコがしていることを見たイスルは、初めてベコのいる小学校に転校して来たときのことを思い出す。
上履きを忘れたイスルに、無言で自分の上履きを置いて、裸足で走って行った優しいベコを。




d0289252_19242773.jpg



「ほら取れた。履いてみろ」

ベコが差し出した靴を嬉しそうに履くイスル。
ベコが立ち去ろうとすると、イスルは
「あなた、バカ?代わりに告白?よくやれる」と怒る。
「ち、誰のために…」




d0289252_19543922.jpg


「私のせい!?」
「ごめん、約束を破って」
「最後の詰めが甘いのよ。期待してないし、平気」
「俺だって頑張ったんだ!2枚のチケットに振り回されて」




d0289252_19545509.jpg


「頬まで引っぱたかれて、情けない」

怒って去ろうとするイスルの背中にかけた、ベコの言葉。


「ごめん…。
 頑張ったけど、
 結果が出ないと意味はない」






d0289252_19255207.jpg



ベコは辛そうに言う。


「しょせん俺は、約束も守れないような頼りない男だ。
 ほんとにごめん…」


イスルは、去ろうとするベコに言う。



d0289252_20380861.jpg



「あるわ!
 意味はあるわ」




d0289252_19322954.jpg



「ちょっぴり私も嬉しかった」




d0289252_19440661.jpg



「結果はダメでも、気持ちは受け取った。
 私との約束を守ろうという気持ち、
 ちゃんと届いてる」






d0289252_19442213.jpg



「カン・ベコ、今日はお疲れさま」イスルはそう言って教科書を受け取る。




d0289252_20015920.jpg



「なんだ?微笑んだぞ 
 俺に笑いかけた」



d0289252_19443793.jpg



「やったぞ!!
 戻った甲斐があった!!」






d0289252_19445243.jpg



しかし、去って行くイスルは、ふと表情を曇らせた。




d0289252_19452306.jpg


ベコもそれに気づくが…。



プロポーズ大作戦2話後半につづく…





プロポーズ大作戦2話前半って…




 ベコの顔


「会いたい」ハリーにどっぷり浸かっていた私にとって、「ペク・ドンス」のヨ・ウンは見れば、すぐに「いいよなあ」になれるんだけど、「プロポーズ大作戦」の第1話、ベコの後悔の述懐、ベコのビックリ顔、すぐにはのめり込めないものがありました。ユ・スンホニムの演技は、ハリーで行けるところまで行っちゃっていて、ハリー演技を見ると、これが演技派俳優ユ・スンホと思え、文句のつけようない。とにかく目が離せなかった。

「会いたい」が2012年の終わりなら、この「プロ作」は2012年初め。私のこのドラマ視聴は2回目なんですが、どんなもんかなあって。初回見たとき、いいドラマだよなって思った記憶はあるんだけど…って感じ。


が、第2話になって、本格的に高校生ベコ登場し、学園ドラマ的な雰囲気で、高校生、いろいろやらかしていいよなあって気がしてきた。高校生のやることってピュアですもんね〜。


ベコの表情は、これまでのドラマでは見たことがないタイプ。
ああ、口の動かし方がこれまでと違うのね。
これは山Pの「プロ作」とは全く違う、ユ・スンホ独自の演技☆
大体、彼のお口はかなり変幻自在に動くのだけれど、役柄により、あまり動かさないようにしていたりして、ヨ・ウンやハリーは、一定の形までしか動かさない。
だけど、ベコは思う存分ですよ。

と、思ったら、、私、なかなかのめり込めなかった、この「プロ作」、楽しくなってきましたよ〜♪
この表情の作り方は、他の高校生物「勉強の神」や映画「40 minutes」などにはない表情で、まさに、俳優ユ・スンホお得意の完璧なキャラクター作りですね。




d0289252_22184328.jpg


口をとがらせる。



d0289252_01143019.jpg


目は、まんまるくする!!


第1話から「おもしろ顔のベコがたくさん」って思っていたし、高校生ベコは可愛くて母性愛を刺激するし、だったんだけど、、、キャプを本気で始めたら、あれえ、時折、妙に美しいベコが☆

献血のシーンなんか、スンホニムが本来持っている明るさが見えて、お茶目でチョー可愛い。が、イスルの靴のガムを取ってやるシーンになると、時々とっても麗しい。このシーンは、想う女性のために尽くすベコなんだけれど、その男らしい場面のベコ、やたら美しいのよね。


スンホニム、ふと顔を上げるとか、ふと振り返るとか、そういう時にいい顔見せてくれますよね。ほんとに美貌☆
それから、イスルに席を変わったことで憎まれ口を叩かれて、席を立ったイスルに対して、ベコが何事か思っている横顔大写しの場面、こういう意味ありげな表情は上手いですよね、スンホニム。

ハリーが癖のあるキャラクターNo.1だとすれば、ベコは癖のないキャラクターNo.1ですよね。見始める前は、それがつまらないかなとも思ったんだけれど、彼の表情、十分楽しめます。





 このドラマで使われる言葉&音楽



このドラマ、初めて見たときにも思ったけれど、意味の深い言葉が散りばめられていて、それが「いいドラマだな」と思わせてくれる。

今回の部分では、ベコが、テナムとラブレターをベコに代読させた男子生徒、この2人の恋に対するベコの加担のしかた、励まし方、これは、自分自身が後悔した部分であって、その自分の後悔をこの2人にさせまいとする、ある意味、友情のようでもあり、自分自身への言葉でもある。そこがおもしろいよなあ。


そして、チケットを手に入れることを失敗したベコが、イスルに「結果が出せなきゃ意味がない」と言うと、イスルは「意味はある。その想いは受け取った」と言う。ベコの辛そうな言い方が、私の大好きな辛いユ・スンホニム。これに対してのウンビンちゃん、あったかいですね〜。好きです。
ほんとに、この2人だと、息が合いますよね。やっぱり、子どもの頃からの共演の賜物。だって、こんなときからですものね。




d0289252_21005484.jpg




このときは、ウンビンちゃんの方が1歳お姉さんだから、スンホニム、ちょっと弟みたいですよね。


そうそう、ベコのキャラクター、弟的な可愛さと、男らしさのミックス、って感じ☆
当分男らしさは出て来ないかと思ったら、もう第2話から出てきていますよ。


今回の、最後の部分、ベコとイスルが言い争って、イスルがベコの背中に向かって声をかけるところ、どうしてもベコの背中の画像を入れたくなりました。
背中で、イスルの言葉を聞いている、これがいいのよね。これができるのはスンホニムの長い演技経験故だわさ〜。


それから、絶対外せないのが、音楽。優しい雰囲気を作り出しているし、日常的だけれど、深みがあってレベルが高い。
私、DVDで見ているのですが、これって、韓国放送のときも音楽はこの入れ方だったのかしら?


Yoは稚拙な音楽は嫌いなんです。この「プロ作」音楽は、合格☆
音楽については、後ほどまた、細かく…。



なにしろ、前回の記事アップから10日経ってしまいまして、必死でやっと第2話前半。
ほぼ全編スンホニム登場。これは、高校を卒業したから出られたドラマですね。分量がハンパない。
でも、これに出演したことで、彼が力をつけたことは確かだな、きっと。


こちらも2話後半につづく…



いろいろ不備もあるかもだけど、取り急ぎ、アップしてしまいますよ。




さて、以下、自分ネタです。


ついにスンホ君との初お目見えが実現しそうで、ファンミでブログでお知り合いになった皆様とお会いすることもありそう…。
なにしろブログの私は「裏の顔」。(★_★)
「表の顔」の私とは随分違うんで、、、。


顔と言えば、鏡を見たら、私の顔、、、。なんか張りのないじゃん。
ていうか…


タイヘ〜ン!!顔、膨らんでるしっ!!



な、な、な、何故?


そう言えば、昔(ほんと、昔)、40代くらいの美人女優さん、顔がむくみ気味、「日本酒が好き」って言ってるのを聞いて、「ああ、お酒を飲む人は、糖分で顔がむくむんだ」って子ども心に思ったんですが(←太ってるんじゃないんです、顔だけがむくんでた)、、、


そうだ、私のこの顔は、お酒のせいだ!!

    ↑
「年のせい」を無理やり無視の姿勢のYo。。。



で、禁酒、というより酒削減措置に入りました☆
夜、1人でパソコンに向かい、スンホ君のお顔を眺めながら飲酒、至福のときだったんですが、麗しきスンホ君と自分のギャップを埋めるため、無謀な挑戦を決意した私。


そう思って、ちょっと止めてみたら、夜、12時を過ぎると、あれえ?



飲みたい

飲みたい

飲みたーい



私、完璧アル中であることが判明いたしました、ハイ。
 

かくして、酒削減を始め、半月くらい、で、結果、、、


大分、お顔のむくみが引いてきました。
ところが、むくみの代わりに大胆にも現れたものが!!


皮膚の折り重なり、つまり、シワって奴…



ユ・スンホニム
あなたは、むくみとシワ
どちらがお好き?




とにかく、今年のクリスマス、大阪オリックス劇場と東京日本青年館大ホール、むくみをしわに付け替えたお顔で登場予定のYoでした!!
お楽しみに!?







by Cloudia-Yo | 2014-11-22 22:15 | プロポーズ大作戦#1~#2 | Comments(10)

Commented by rippledrs at 2014-11-23 10:57
ぎゃははは(*>∀<*)ノ Yo様、可笑しすぎるぅ~(ノ∇≦*)
ユ・スンホニム、むくみとシワ どちらがお好き? ←って(爆)
Yo様、アル中?(笑) 私、ここ数ヶ月お酒やめたんです!
・・・って言うか、家飲みをやめたんです。←忙しくて飲んでる暇がない。
でも、全然痩せませんし、むくみもシワもそのままです(-_-;)
だからお酒のせいじゃないかもしれません。
私との共通点は、夜更かし??ナンテ(^^ゞ

あぁ、今回のベコは、痛々しいシーンばかりでしたね~(>_<)
だいたいあんな細い体で献血なんかしたら倒れちゃうし、
パンだってそんなに食べたら具合悪くなっちゃいそうだし、
イスル担ぐのだってきつかっただろうなぁ~o(T◇T o)

なぜか、そういうことばかり気にしてしまう回でした(^_^;)
でもイスルに努力を認めてもらえたときの笑顔は最高~❤(#^.^#) 可愛い~♪

私も高校は共学だったので、こういう男女乱れたワチャワチャした感じ、懐かしいです。
席が隣になるって、重要ですよね!! 隣になった男をその後10年も好きだった私って一途でしょう?^_^;
(ナニ変なこと告白してるんだ??(笑))

誰もが通り過ぎてきた高校時代をついつい思い出す、素敵なドラマでした。
スンホくん・・・いやいや スンホニムが等身大の演技で、貴重な作品ですよね♪
⇒スンホニム・・・考えてみます(~_~;)
 自分のブログは日本語だからいいかな、などと逃げてる私(笑)
イギジャお迎え・・・行きたかったな(・ω・、)
でもどんな様子か、お知らせいただいて有難いです。
今回もボリュームたっぷりな記事をありがとうございました(*^^)v
Commented by kahorin at 2014-11-23 17:58 x
またまたお邪魔します(*^-^*)ゞ

盛りだくさんな内容のUPありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
除隊の日もカウントダウンでスンホペンは気が気じゃないってところですね(^^;
私はスンホ君除隊の日は名古屋でCNのライブなんですが(▼∀▼;;)なんと!チングのおかげでアリーナ1列目の神席来ました~♪ d(⌒o⌒)b♪余談でした(^^ゞ

カンベコ~(mm*)
ハリーとウンのクールなお顔に((◎´∀`人キュン☆でしたが、ベコはスンホ君のいろ~んな顔を見られたので、萌えどころ満載(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡でもベコも時々見せるクールなお顔にはもう…(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)イケメン過ぎ~(〃艸〃)
出番が多いのも嬉しいことで(mm*)
続きも楽しみながら作業してくださいね♪楽しみにしてます♪☆o(≧▽≦o)☆♪
Commented by youna at 2014-11-23 22:29 x
Yo様、こんばんは
ほんとにもうすぐなんですよね!!
私はカンベコに魅せられて、放送中のハリーを見てる途中で、行く事を知りびっくり><
でも気がつけば、あっという間だったような^^;
心の中で『お帰りなさい』を言います。

なかなか思うように行かないベコ。何とかしてあげたくなる~
カンベコの可愛かったり悲しかったりなお顔、キャプを見てるだけで*^^*
いつも思うけど、大変な作業ですよね。
ありがとうございます。
そうだ、ファンミの時、皆さんお手紙とか書かれますよね?
Commented by Cloudia-Yo at 2014-11-24 16:58
> りぷるさま、笑っていただき、ありがとうございます!!
嬉しゅうございます♪
りぷるさん、アル中になれないくらい忙しいのに、いろいろありがとうございます。
そう、確かに夜更かし共通点。美容の大敵、これもお顔が崩れている一因だな。
私も今後に向け、身体立て直します(?_?)

さて、ベコのかつぎ方、お姫様抱っこよりはずっと楽ですよね。ジノンはお姫様抱っこをさせられて、ものすごく苦労したみたいだけど、ベコのこれは腕力じゃなくて、タイミング??スタッフも、ベコのキャラクターとスンホ君(←また戻っちゃった)の体力を計算して、このかつぎ方を編み出した?
ほんと、献血不可になりそうな体重かもですよね。
でも、そのベコより更に細い眼鏡君。体重30kg代かなあって思っちゃった。スンホ君でも、ものすごーく細いらしいのに、眼鏡君は棒的??

「スンホニム」は、記事アップしてから、また考えちゃった…。
日本だったら、「君(くん)」は目下だけでなく、親愛の情でもあるんですよね。ビミョー…。
彼自身はなんて呼ばれたいのかなあ。

高校、私も共学でしかも男女比が3:2。思い出すと男多いなあって感じだったけど、文化祭とかはワイワイしてましたね。雨の中、文化祭の後夜祭(だったかな?)、皆で肩組んでたき火を囲んで、世界史の先生も誘ってあげたら、「こうするとあったかいもんだなあ」って先生も嬉しそうだったりして。そのときばかりは、先生を「仲間に入れてやった」目線…。
確かに席が近くなることで、恋が芽生える確率大よね(笑)。あら、りぷるさん、一途な乙女、やっぱり♡

2話になったら、ベコの画像並べるのが嬉しくなって、急にこの「プロ作」、やる気になりました。(><)!!
やっぱり人並み外れて可愛いよね、スンホ氏。←突然「スンホ氏」出現。
迷うYoでした。。。
Commented by Cloudia-Yo at 2014-11-24 17:15
> kahorinさま、こんにちは!!
いらっしゃいませm(_ _)m
え〜っ?CN、神席ですか?スバラシイ!!
どうすると、そんなことが可能なの??
スンホ君のことは気にせず(??)、しっかり楽しんでいらしてくださいませ♪

ほんとにベコは、ある意味表情の変化がすごい役ですよね。ウンの表情が可愛い&美しい&切ないの間、ハリーの表情が優しげ&クール&悪の間で変化するとすれば、男らしい&美しい&可愛い&ひょうきん…。
スンホ君(スンホニムから、また戻ってしまいました)にとって、このドラマも必死で作り上げた独自のキャラクターだったんだなあって思ったら、急にやる気になりました。
あ、ほんとに秋は忙しかったんで、じっくりキャプすることが先週まではちょっと難しかったというのが、進まなかった理由なんですけど…。
ほんとにスンホ君は麗しいお顔ですよね〜♡
おそらく歩みはのろいと思いますけれど、よろしくお願いいたします(^ ^:)
Commented by Cloudia-Yo at 2014-11-24 17:34
>younaさま、こんばんは!!
いよいよ10日ですね〜♪
ほんとに入隊発表は衝撃でしたが、長い21ヶ月、今から思えばこんなに早く終わって…。
除隊間近の今になれば、あんなに早く兵役に就いたことは、賢明な選択だったと思えますね。

じっくり見ていくと、ほんとにこのドラマ、ハートのあるいいドラマだと思えるんですね。日本のドラマのリメイクだけど、とっても韓国的。
私が記事をまとめるときは、キャプとかを途中でやめると順番が分からなくなっちゃうので、一気に行った方がいいときもあり、書くときは体力勝負で突っ走る感じです(<_<+)。
でも、そうやってスンホ君の素敵な表情を見つめているときは、とっても幸せです??
そして、それを見ていただけて、ほんとに嬉しい。ありがとうございます♪

ファンミのときは、手紙を書かれる方もいるでしょうし、このブログにコメントをくださっているまいさんが、大阪会場でメッセージクマを送りたいと言っていらして、時間が合えば、そこにコメントを入れることもできるようです☆
Commented by YOU at 2014-11-24 22:12 x
Yo様

あんにょん(^ ^)
除隊、FM、年末近しで気がそぞろです(o^^o) 皆そうですよね。やらないといけない事は沢山あるのに、気ばかりがあせります!
ダイエットや禁酒も皆さん頑張ってらっしゃるのですね。残念ながら私は週ニの飲酒は止められないみたいです。今週はwineです(*^^*)

大阪行きの段取りも完了されたのですね。
泊まりか夜行バスかでしたよね?
呼び方迷いますよね…
スンホニム、ペウユスンホ、スンホ氏…
どんな雰囲気を纏って登場されるのでしょうか??私が熱愛する青い色香は当然消えているでしょうね。新たに大人の色香で登場された時に、自分の中でどんな化学反応が起きるかも楽しみであり不安でもあります(#^.^#)
でも、兎に角即来日して下さるスンホ氏に感謝の思いを伝えたいですね(^^)

プロポーズのベコがこの告白を頼んだ子の胸ぐらを掴んで怒った所と、ベコにイスルが気持ちはしっかり受け取ったって言うシーンはとっても好きです(*^^*) 色々素敵なシーンが思い出されます。有難うございます(^^)
Commented by Cloudia-Yo at 2014-11-25 22:34
>YOUさま、あんにょん♪

ついに10日を切りましたね。
ほんとにやらなきゃいけないことがいっぱい…。私もかなり焦っています!!
ダイエット、全然体重が減っていませんでした。ボジョレーヌーボーも、いっちゃいましたよ(><)!!
禁酒じゃなくて、減酒(笑)。。。

大阪行き、長時間同じ姿勢は腰の調子でかなり辛いので(ブログを書くときは長時間同じ姿勢なんですけど(★_+))、ちょっと夜行バスはキツイかな、と。決めてしまったら、覚悟ができました!!だんだん楽しみになってきました(^^)

そうなんですよね。青い色香も魅力で…。入隊していなければ、徐々に変わっていくのだけれど、21ヶ月、やっぱりあの時期の男子、軍隊にいたら、一気に変わっているかしら?
今が絶好調の時期に入隊して、30歳くらいで除隊になる方は、やつれて(?)おじさんぽくなっていることが多い。。。
スンホ氏は若いから、まだピチピチかな。軍隊もうまくなじんで過ごせているようだし。
スンホニム、実はまた迷っていて…。スンホssiの方がいいのかな、とも。

プロ作の第2話は、おもしろい回ですよね。なんとなくじっくり見ていたら、スンホ君がこのドラマで何をしたかったのかが分かる気がしてきて、のめり込む気になりました。
イスルは、ベコに優しい言葉をかけるところがいつも魅力的に見えますね。第1話ではっか飴を渡すところも好きでした。
ベコが眼鏡君やテナムにちょっと攻撃的に「諦めるな」と言うところ、これはやっぱりスンホ君ならでは、と。この辺り、男っぽいですよね。
日本人より男っぽい。何故かなあ。

あ、「ホ・ジュン」おもしろいです。飽きないで、見たくなる。
先日は「ジャイアント」のヒロイン役だったパク・ジニさん演じるイェジンが、ホ・ジュンへの想いを語る部分で、泣けました。
放送時間も65分に延びて、カットも少ないし。テレ東さん、ありがとう、です(^ ^;)
Commented by namikicchi at 2014-11-26 17:14
Yo様(=´∀`)ノ
こんにちは~体調その後大丈夫ですか?

すっかり出遅れてます、ごめんなさ~い
わ~い、べコがいっぱぁい~♡
.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。おかげで癒されています~♪

Yo様が悩んでらっしゃる「スンホニム」についてですが
私、韓国語で使われている“ニム”の雰囲気っていうか言い回しの持つ雰囲気がいまひとつわからなくて使えなくて・・・。
で、前に調べたんですよ~
先生ニム(ソンセンニm)、先輩(ソンベニm)とか肩書きとか職業につく場合が多いとか。
あとは名前+ニムは不自然で、あえて使うならフルネーム+ニムの場合がほとんど、ということらしいです。
○○ssiも、それほど親しくない時はフルネーム+ssiらしいです。
TVの司会者がゲスト呼ぶ時によく言いますよね

私はさすがにオッパ~とは呼べないけど・・・(〃∇〃)テレッ☆
とか言って
ファンミで叫んでたらミアネヨ
( *´艸`)ククッ
Commented by Cloudia-Yo at 2014-11-28 19:48
>namiさま、あんにょん!!

こちらこそ、お邪魔してもコメントしていないことがあって、ごめんなさい!!
ベコ、やっぱり可愛いですよね。
だんだんおもしろくなってきました。が、
進まない。。。
出番多い。。。
嬉しいけど。。。

除隊したら、主演が多いだろうなあ♪

スンホニムの件、ありがとうございます。m(^^)m
難しいですよね。確か1947年(だったかな?)より後に生まれた人は、スンホ君に対して、敬称を使ってくださいってTTUに書いてあった。年齢枠、まだ到達しない(笑)。
韓国の場合、フルネームで呼ぶときが多いですよね。
結局、このnamiさまにいただいたコメントにより、スンホ君に戻りそうです。

「オッパー!!」って大声で叫んでいるnamiさんの姿、見えましたよ(笑)。
盛り上がりましょうね♪
名前
URL
削除用パスワード