ポゴシプタ17話Vol.2復讐の化身 その名はカン・ヒョンジュン 冷たく哀しいユ・スンホの眼差し 韓国ドラマ「会いたい」   +メイキングDVD Part2一部公開   

2014年 04月 26日

やっと、来れました。17話後半。
仕事がバタバタで…。


麗しきユ・スンホ君の悪役、復讐の化身カン・ヒョンジュン、
いよいよ本当の姿を現す…。



d0289252_14471233.jpg



この回、演技派ユ・スンホ君、実力発揮。
そして、更にステップ・アップ。


美しく、
演技深く上手く、
陰影に富んだ表情と、
優しく哀しく冷たい眼差し。

俳優ユ・スンホ、よく育った!!






と思ったら、もうテレビ東京の「会いたい」の方は残すところ最終話のみとなってしまいましたね。
当ブログ、追い抜かれて、行ってしまわれた…。



が、が、が、、、愕然!!


昨日放送の第20話。仕事がちょっと落ち着き、やっと最初から最後までテレビ東京の放送を見れたのですが…。

私の視聴状況
  ↓
午前9時15分、スヨンがハン・テジュンの車に乗り込む。



えええ?



これ、あのあのあの…、今、ここですかあ?
この後、麗しきヒョンジュン(=ハリー)様の大事な大事なシーンがあるんですけど…!?
本日の放送終了まであと5分しかない…よお。


と、思う内に、スヨンを乗せたハン・テジュンの車を追うチュ刑事の車の前にトラックが。。
やっと追いついたハン・テジュンの車にスヨンの姿はなく…。それをじっくり見せてくれちゃって。。



あああああ”〜!?



その次の場面、ジョンウが倉庫の前に立ってるぅぅぅぅ。
ここで、もうほぼ本日の放送は終了…(@ @。。。


うっそ〜!!



どういうことかと言うと、ドラマ全編を通じて、このシーンがベスト5に入ろうかというくらい、私の大好きな、



美しいヒョンジュン様の写るシーン、
大胆にも全面カットされたってことでした。




カットされたシーン
      ↘



d0289252_11214444.jpg

d0289252_11235182.jpg

フランスにいたときのハリー(=ヒョンジュン)とジョイ(=スヨン)のシーン。




この場面があると、2人がフランスでどうやって生きてきたか分かる。

何故、この素敵な場面をカットしてしまったのか??
それは、これがあると、ますますヒョンジュン人気が上がり、ジョンウとスヨンのラブ・ストーリーにはちょっとお邪魔になっちゃうからでしょう。

この回想シーンの前後にあった「ヒョンジュンが車の中で〜にょろにょろ〜」(←ネタバレなので、ここでは詳しくは語りません)のシーンも、韓国MBC放送時に韓国の記者の方が、「BGMさえも必要ないユ・スンホの素晴らしい演技」とか言われた名場面だったんですが、これもカァットォ〜(★_★#)!!



以前に、青セーターの最上級に美しいハリーもカットされてたし…。



第14話でカットされてしまった、ハリー様(4月26日夜追記)
          ↘



d0289252_19302365.jpg



スンホの美しいシーンは、
度々ぶった切られております。



という訳で、そのシーンをご覧になりたい方は、DVDをレンタルしてくださいませ。
               ↑
またまた、ユ・スンホ商品宣伝部長と化したYoでした。








さてさて、こちらのブログでは、

第17話 なんですが・・・


絶望の果てに、自らスヨンを送り出したヒョンジュン。
ついにヒョンジュンが真の姿を見せる17話後半…!!
私の大好きな、黒シャツのヒョンジュン様登場!!
なんたって、若き実力派俳優ユ・スンホ演技がおもしろい。


今回も長いっすよ…。(v v)。。。



ヒョンジュンに行く前に、状況を説明しますと…(←4月28日追記です)

ジョンウは、ヒョンジュが眠る姿を見て、度々「坊や」と言って点滴チューブのおもちゃを握りしめる彼女に「僕が見つけてあげますよ」と呟く。
ファン・ミランは、ヒョンジュと会ったときに泣き叫んだハリーの様子を見て、彼がヒョンジュの息子カン・ヒョンジュンなのだと気づく。
カン・ヒョンジュンから送られて来た復讐のメッセージに、ハン・テジュンは、ミランにカン・ヒョンジュンが自分たちの命を狙っているから、気をつけろと言う。
ファン・ミランは、テジュンに内緒で、ヒョンジュを連れ出し、自分の店ベルースに隠す。
ヒョンジュを連れて来たミランの娘、ジョンウの異母妹アルムの胸にある鍵のペンダントを、ヒョンジュは奪い、「ジュニにあげるの」と言う。

こんな感じの話になっています。
で、以下は、ヒョンジュン中心の内容です。





◇ ピアノを弾くヒョンジュン



このシーンもテレビ東京では、カットだったかも…?

1人ピアノに向かい、スヨンの好きだった「魔法の城」の曲を弾くヒョンジュン。
最初は右手で…。



d0289252_00554176.jpg


「両手で弾けるようになったら、聞かせてね」と言う、かつてのスヨンの言葉が、
このピアノの音に重なる。



d0289252_00560545.jpg


d0289252_00561264.jpg


d0289252_00561990.jpg


そして、両手でピアノを奏でるヒョンジュン。



d0289252_00571645.jpg



d0289252_00573045.jpg



d0289252_00574042.jpg


d0289252_00574476.jpg


彼が、スヨンのためにこの曲を弾けるようになった今、スヨンは彼の元にいない…。
彼はピアノを引き続け、画面は、スヨンの母のいる家になる。


その頃、母のいる家に14年ぶりに帰ったスヨンは、ハリー(=ヒョンジュン)をそのまま捨てては置けないと思い、眠っている母親に「今度はすぐに帰ってくるから」と言い残し、ヒョンジュンの家に向かおうとしていた。
    
この場面にも、ずっとヒョンジュンのピアノの音が流れ続けている。
←ヒョンジュンのスヨンへの愛の調べなんだよね〜!!




d0289252_00574778.jpg






◇ 荒れたハリー(ヒョンジュン)の家
 そして、隠し部屋





スヨンはハリー(=ヒョンジュン)にもう一度会おうと、ハリーの家に戻ってきたが、いつになくコートはソファの上に脱ぎ捨てられたまま、壁にかけられていたヒョンジュンとスヨンとの写真は床に落ち、ガラスの破片が散乱していた。
荒れているハリー(=ヒョンジュン)の状態を目の当たりにするスヨン。

スヨンは、写真の額の掛けられていた壁にボタンがあるのを発見する。
ボタンを押すと、壁が動く。スヨンは隠し部屋の存在を初めて知った。
恐る恐る隠し部屋の中に入ったスヨンは、壁に貼られた、14年前のスヨンの記事、ハン家の人々の写真等を見て、驚く。
それは、ハン・テジュンや暴行犯カン・サンドクに対する恨み、復讐が綿密に計画されたものであることを物語っていた。


隠し部屋の中にもガラスの破片が散乱し、ヒョンジュンの母の写真も無惨に床に落とされていた。そして、14年前に爆発した家から助け出されたときにヒョンジュンが大事に持っていたペンダントが落ちているのを、スヨンは見つける。
「ジュナ…」
狂った母と再会したときに「自分を分からない母など要らない」と言ったヒョンジュンの絶望を思うスヨン。


突然、隠し部屋の扉が閉まり、スヨンは中に閉じ込められる。
驚いたスヨン。

そのとき、声が聞こえる。
「ハリー、ファン・ミランよ」

「早いですね」と言うヒョンジュンの声。
それは、CCTVの画面から聞こえる声だった。

スヨンは初めて、この家全体がこの部屋で監視できることを知った。
この家に住んでいながら、ハリーに知らされていなかった事実。





d0289252_14550625.jpg



ヒョンジュンの声「ちょっと散らかってるけど…」
スヨンは、CCTVの画面で、ミランとヒョンジュンの様子を見ることになる。




d0289252_08481217.jpg


「1人なの?」と聞くミラン。



d0289252_05231021.jpg




d0289252_15020343.jpg


「俺はいつも1人ですよ」



d0289252_08481625.jpg

d0289252_08482178.jpg


「何故?スヨンは…?
 また、ジョンウに会いに行ったの?」



d0289252_15352931.jpg


無言でミランを見るヒョンジュン。

「スヨンがジョンウと会っているのはいやでしょ」

ヒョンジュンは目をそらす…。




d0289252_08482501.jpg


幽かな笑みを浮かべるヒョンジュン。



d0289252_08483040.jpg

d0289252_08483717.jpg


近づくミランを上目づかいで見る。


ミランは言う。



d0289252_08484463.jpg


「カン・ヒョンジュン…」



d0289252_08491605.jpg


「子どものときに、何度か会ったと思うんだけど」


そのミランの言葉を遮り、

「用件は?」ヒョンジュンは苛立たしげに言う。


「急ぐことないでしょ」



d0289252_08513579.jpg



「主人は敏感な人なのに、よく騙せたわね」




d0289252_08520728.jpg

d0289252_08521140.jpg


背を向けるミランを、冷たい眼差しで見つめるヒョンジュン。

振り返ったミランは言う。
「敬語を使うべきかしら、それともタメ口?」


ヒョンジュンは、それには答えず…、


d0289252_08524337.jpg


「何か飲みますか?」




d0289252_08532110.jpg


「私は足のことは知らなかったわ。
 あの人がひどい人だとは知っていたけど、
 子どもにそこまでするなんて…」




d0289252_08533637.jpg


「用件を!!」

ミランの言葉を遮るように言うヒョンジュン。


「あなたのお母さんを連れて来たいのよ」


ミランは自分がハン家からベルースに連れ出したヒョンジュンの母ヒョンジュをネタに、ヒョンジュンと取引をしようとしていた。



d0289252_08534097.jpg

ヒョンジュンは振り返る。

「主人はあなたのお母さんを日本に送ろうとしているけれど、
 14年目にやっと会えた母子にそんなことはできないわ」



d0289252_08534634.jpg



「ハン・テジュンにばれないようにできるのか?」

ヒョンジュンの言葉に、ミランは自分のビジネスが上手くいったらハン・テジュンと別れるつもりだと答える。




d0289252_08535131.jpg


ナム理事が銀行の信用を落とし、今、カン・ヒョンジュンが現れ、また、ジョンウが家に戻ったことで、ハン・テジュンは追いつめられていて、もうダメだと。



d0289252_08552795.jpg


ミランの言葉に苦笑いをするヒョンジュン。


ミランは言う。

「主人は、あなたが人を殺したって…」



d0289252_08553114.jpg


幽かな笑いを浮かべたヒョンジュン。

ミランは、「違うわよね?」

CCTVでその様子を見つめるスヨン。



d0289252_08573647.jpg


「まともに歩けないこの足で…」




d0289252_08574159.jpg


「どうやって人を殺せると?」


ヒョンジュンの答えに、「あんな脅し方をするからよ…」とミラン。



d0289252_08584651.jpg


d0289252_08585145.jpg


「いい知らせがありますよ」

ヒョンジュンの言葉に、ミランは笑顔を見せる。



d0289252_08591389.jpg



「金はいらない。
 全部やるから、母さんを連れて来て」



ヒョンジュンの申し出に、ミランは
「私、そこまで欲張りじゃないわ。必要なだけくれればいいのよ」

「そうだね。急に大金が入ったら、ハン・テジュンが疑うね」



d0289252_08591881.jpg

「賢いね」

ファン・ミランは言う。

「あ、イ・スヨン…」

ミランがこれから発する言葉を警戒するように、息を飲み込むヒョンジュン。



d0289252_09023003.jpg



「知ってるの?
 黒幕はあなたの母親だって?」





d0289252_09034067.jpg



d0289252_09045961.jpg



d0289252_09052383.jpg



「その言葉は…」




d0289252_09052876.jpg


「言うな」


d0289252_09055816.png



d0289252_09064478.jpg



d0289252_09064817.jpg


冷たい眼差しでミランを見るヒョンジュン。



彼は突然口調を変えて言う。

「ワインでも飲みますか?」




d0289252_09215308.jpg


d0289252_09222949.jpg


笑顔を見せて、ワインのグラスを出すヒョンジュン。



d0289252_09092406.jpg

「叔母は…」

d0289252_09100087.jpg

d0289252_09100880.jpg


「ワインを飲んで泳ぐのが好きだった」



d0289252_09104978.jpg


d0289252_09211473.jpg


「叔母って、チョン看護士のこと?チョン看護士はどこに?」

ミランの問いに、ヒョンジュンはミランを見つめる。



d0289252_09212556.jpg



d0289252_09245362.jpg


ヒョンジュンは、グラスを差し出し、乾杯を。



d0289252_09254265.jpg


ヒョンジュンとの取引が成立したと、上機嫌のミラン。



d0289252_09265498.jpg



ワインを飲むミランを見つめるヒョンジュン。




d0289252_09375733.jpg


その様子をCCTVの画面で見つめるスヨン。



d0289252_09341284.jpg


スヨンが見ているCCTVのカメラを見つめるヒョンジュン。



d0289252_09343700.jpg



「だめよ、だめよ」

CCTVを見ているスヨンに見せつけるように、カメラに冷酷な視線を向けるヒョンジュン。




d0289252_09354737.jpg

d0289252_04051071.jpg

d0289252_09355768.jpg

d0289252_09360120.jpg




d0289252_09404430.jpg


ミランの飲み干したグラスに、更にワインを注ぐヒョンジュン。

「スヨンにいろいろ
 話しそうだったから…」



d0289252_09411613.jpg


「旅行に行かせた」



d0289252_09440619.jpg


ヒョンジュンは何食わぬ顔。



d0289252_09444937.jpg



ヒョンジュンのその言葉の、真の意味を解さないミラン。

ヒョンジュンは続ける。


「もうすぐ会えますよ」



d0289252_09450358.jpg



「きっと、叔母は歓迎する…」






◇ ハン・テジュンへの復讐の言葉
 
〜ついに、姿を露にしたカン・ヒョンジュン


一方、ハン・テジュンは、ヒョンジュンに命を受けたユン室長に連れ出される。
警察が彼の車を追うが、途中、トラックに阻まれて、見失う。

ユン室長が、ハリー(=ヒョンジュン)が来ると言ってテジュンを連れて来た小屋。
テジュンはハリーが到着していないことに苛立ち、ユン室長はヒョンジュンに電話をする。

その部屋の壁際には、自転車が置かれていた。
その壁に、14年前に、ヒョンジュンが隠れ家に残した母親と手を繋ぐ子どもを描いた落書き、ヒョンジュが監禁されていた部屋にも残されていた落書きがあった。



d0289252_21250599.jpg




テジュンは、ハリー・ボリソンは他ならぬカン・ヒョンジュンだと気づいた。


ユン室長がテジュンに差し出した電話。それを手にしたテジュンは言う。



「カン・ヒョンジュン!!」




電話の向こうでヒョンジュンは言う。




d0289252_04352599.jpg


「復讐の化身は、
 足を引きずり訪れる」





d0289252_04352829.jpg




「罪を犯したら…」



d0289252_04353145.jpg


「遅くても必ずその報いが来る」



d0289252_04353370.jpg


「待たせたな」



d0289252_04353770.jpg



「ハン・テジュン!!」




d0289252_20524333.jpg



ヒョンジュンに絶対的服従をする存在のユン室長は、電話するテジュンの後ろで手袋をはめる。




d0289252_21202733.jpg


窓の外でその様子を見るジョンウ。
角材を握るユン室長。



d0289252_12111183.jpg




d0289252_04354237.jpg


「振り返るな!!」




d0289252_04354525.jpg


「もう遅い…!!」




d0289252_21242368.jpg




ヒョンジュンがそう言った瞬間、ユン室長がハン・テジュンの頭に向けて角材を振り下ろしていた。ハン・テジュンは倒れる。

そのとき、ジョンウが駆け込み、ユン室長に殴り掛かる。
しかし、意外にもユン室長は抵抗する様子がなく、ジョンウになされるまま。ジョンウに胸ぐらを掴まれたユン室長。ジョンウに向けるその眼差しには、激しい敵意が…。





◇ 血染めのミランと
 ヒョンジュンのメッセージ




隠し部屋に閉じ込められていたスヨン。その入り口が開けられた。

スヨンが部屋の外に出ると、床の上にファン・ミランが倒れていた。
起こそうとするスヨン。しかし、ミランは目を覚まさず、スヨンは、彼女が血に染まっているのを知り、恐れおののく。


そのとき、突然、「魔法の城」の曲が聞こえる。



d0289252_13333916.jpg



その音は、テーブルの上に置かれたパソコンからのものだった。

スヨンがパソコンを開くと、ピアノを弾くヒョンジュンの画像が…。




d0289252_13334327.jpg



「魔法の城」のメロディを片手で弾くヒョンジュン、そして、両手で弾き始めたとき、彼はその手を止める。
スヨンに向かって、言う。





d0289252_13335083.jpg



イ・スヨン。今日からおまえは人殺しの娘ではない。人殺しだ」
 



d0289252_13335322.jpg

「カン・サンドク、カン・サンチョル、ナム理事、そして、そこにいる女…。おまえが殺したんだ」


おののくスヨンに、ヒョンジュンは告げる。


d0289252_13335759.jpg


「ただの一度も俺を愛さなかった罰だ」


ここで、ヒョンジュンのメッセージは終わる。



ジョンウに捕まったユン室長は、自分に殺人を命じたのはイ・スヨンだと警察で証言していた。
その様子を見ているジョンウの元に、スヨンからの電話が。
「ジョンウを殺したい。私を傷つけた人たちを皆、殺す」と。
それは、かつて、スヨンがまだジョンウに心を開いていないときに「あの事件を知っている人を皆を殺したい」「ハン・ジョンウも…」などと言った言葉を、ヒョンジュンが合成して偽造した言葉だった。
ヒョンジュンは、全ての罪をスヨンに負わせようとしていた。


驚き取り乱したスヨンは、エレベーターの中でジョンウに助けを求めて電話する。

「ハリーが人を殺したの」と。

スヨンからの電話で、ジョンウはスヨンを助けように行こうとする。しかし、チュ刑事たちは、ユン室長の証言により「イ・スヨンは殺人犯だ」と言ってジョンウを止めようとする。ジョンウは拳銃を奪い、ヒョンジュンの家に向かう。
そして、ヒョンジュンの家を出て来たスヨンの手を握り、スヨンを捕らえようとやってきた警察、チュ刑事たちに銃口を向けて、スヨンを連れて逃げようとするのだった。



18話につづく…
 





 17話(主として後半)に思うこと…




17話のヒョンジュンはおもしろ過ぎました!!



◇ 前半部分(17話 Vol.1)について ちょっと 追加


17話前半、ヒョンジュンはついに「カン・サンドクを殺した」とスヨンに告げたが、スヨンのためにやったと言うヒョンジュンの言葉は、スヨンに受け入れられることなかった。
ヒョンジュンはスヨンを自分の元にいさせることはもはや不可能だと感じ、スヨンに「行け。行って、ハン・ジョンウに自分を捕まえさせろ」と自分の車からスヨンを送り出す。

スヨンを取り戻そうとして、チング(=もう1人のハリー=ユン室長)に「スヨンを殺してでも連れて来い」と言ったヒョンジュンだったが、実力行使をしても、スヨンが自分の元に帰っては来ないと悟ったヒョンジュンは、スヨンを離した。

14年間、お互いのみを頼り生きてきたヒョンジュンとスヨンの関係は、ここで終わろうとしていた。この場面でのヒョンジュンの喪失感を、ユ・スンホ君、若いのに、見事に表現していました。



大体、ヒョンジュン(=ハリー)関係の場面は、演技にメリハリがあるので、音楽もいちいち上手い具合に流されていますね。
この喪失場面でも、多分6/8拍子で切なさを誘うような音楽が、彼の表情を追いかけて流れます。

このシーンの、「スヨンが車を降りてジョンウと相談」みたいな雰囲気は、「ちょっとどうよ」って思うんだけど、ヒョンジュンの哀しみについての見せ方は、なかなかだと思うんです。ヒョンジュンの表情で彼の想いを見せ、車のドアを開ける手もまた、彼の悲しい覚悟を見せるって感じで。回想場面もついていて、いい感じ。

ここまでは、17話前半部分。




◇ ミランに
 ワインを飲ませるヒョンジュン




さて、私、このミランにワインを飲ませるシーンが大好きなんですね〜♡
これまでにないヒョンジュンの内面を多々見せてくれるシーンだと思うんですよ。




<ヒョンジュン演技…複雑な心理→悪役の魅力満載!!>


母との再会の衝撃、スヨンとの決別と、絶望の淵に落とされたヒョンジュン。おそらく誰にも会いたくないような精神状態のときにやってきたファン・ミラン。平静を装おうとするが、時折苛立ちを見せるヒョンジュン。

自分と母を傷つけ、自分からスヨンを奪う危険のあった人たちを亡き者にしようとしてきたヒョンジュン。ミランへの行為は、復讐にヒョンジュン自らが手を下すのを初めて見せた場面で、いよいよ彼がその正体を表すという…。



最初に、スヨンのいない、これまでになく衣服を脱ぎ散らかした部屋、妻に逃げられた男のように、「イ・スヨンは?」と聞かれて、「いない。自分はいつも1人だ」と言葉少なに答えるヒョンジュン。彼はミランの無遠慮な質問に、自分の絶望と哀しみを倍増させられる思いをしたはず。

このシーンでは、これまで財力を持つ取引相手としてミランの前にいたハリー・ボリソンとは違うカン・ヒョンジュンがいる。ハン家と縁のある出生は、彼にとっては決して楽しいもの、喜ばしいものではなかった。
「カン・ヒョンジュン」とファン・ミランに呼ばれたとき、そこに存在しているのは、14年前にハン・テジュンに傷つけられて逃げた男カン・ヒョンジュン。つまり、傷つけられても逃げることしかできなかった、弱い立ち場の人間だったってことで…。本来の彼がそこにいる。

俳優ユ・スンホは、その違いをしっかり演技で見せているね。

大人になって財力を得た彼は、強い人間ハリー・ボリソンとして存在した訳だけれど…。
ウン…。


スヨンに去られたこと、子どものときにハン家の別荘に住んでいたこと、つまりジョンウの祖父の子どもであったこと、ミランは次から次へと、既に傷ついているヒョンジュンの自尊心を傷つける言葉を吐く。

この出生のことを言われた後の、ミランの背中を見つめているヒョンジュンの、冷たい目。上に2枚画像を入れましたが、これも好きなんですね〜。この哀しくて恨みがましい目が…。



そして、スヨンに隠し続けてきた、14年前のジョンウの拉致事件の黒幕がヒョンジュンの母ヒョンジュの仕業であったこと、それを口にするミランに「その言葉は言うな」と言うヒョンジュンの冷酷な目。これもまた魅力的なんですが、この後、いよいよミラン殺害計画に入ってしまう訳ですね。
ナム理事に「スヨンは母親が黒幕だと知っているのか」と言われたときも、ヒョンジュンは同じ言葉を同じ眼差しで、言っている。
それは、ナム理事に対する殺意の確認とも思える場面でした。
彼にスヨンにこの秘密を教えてしまおうとする6人を亡き者にしようとしていた。それほど、スヨンを失うことを怖れていた。


俳優ユ・スンホ、内に怒りを秘めた言葉を吐くのがお得意☆



このやり取りで、ヒョンジュンはミランと一見親しい親戚のようでさえある。
冷たく、傷ついていて哀れで悲しく、時には大胆に、幽かな笑みを浮かべながら、親しみを込めた気安さでミランのグラスにワインを注ぎ、ミランの問いに対して、意味ありげな言葉を吐く。



・「叔母はワインを飲んで泳ぐのが好きだった」→ワインを飲ませて泳ぐようにしむけたヒョンジュンの犯罪を表している。…この辺、詳細は不明です。。

・「スヨンにいろいろ話しそうだったから、旅行に行かせた」→スヨンに秘密にしたいこと、ヒョンジュンの母が拉致事件の首謀者だったことを話しそうだったから、ミシェル・キム(=チョン看護士)を死の国に旅立たせた。

・「もうすぐ会える、叔母も歓迎する」→ミランを、ミシェル・キムと同じように殺す。ミランは死の国でミシェル・キムと会える。


とまあ、かつての殺人を臭わせ、また殺人の予告をしているって訳で…。


この美しく哀しく残酷なヒョンジュンの悪役っぷりが、
ぞっとする程魅力的ですね〜♪


このワイン場面、

「俳優ユ・スンホの余裕の演技力をご堪能ください」
 と言える場面☆




14話・15話でスヨンを抱きしめて、それをジョンウに見せつけたときのハリー(=ヒョンジュン)の不気味な微笑みと同様に、殺意をむしろ無邪気とも見える表情で包み隠し、ワインを注ぐヒョンジュン。



笑顔でやるから余計に悪役としては恐ろしいですよね。



そして、ワイングラスを持って、ミランがワインを飲み干すのを見ているヒョンジュン。このミランを殺そうとする意志を、CCTVを見ているスヨンにわざとらしく見せつけるヒョンジュンなんですね。


自分を捨てたスヨンに対する復讐って訳。


「これまで君の望むとおりに」と言い続けて来たが、ついに、スヨンを傷つけようとするヒョンジュン??

このCCTVのカメラに向けた視線も魅力ある、よって、あちこちで出回っている(!?)ハリーの表情ですね。



このヒョンジュンの複雑な心理を、
俳優ユ・スンホ、1つの表情の中にもいくつもの思いを込めて
演じていて…☆


ミランに対して、一見何気なく親しげにも見せるヒョンジュンであるけれど、

その裏には復讐心とそれを実行しようとする冷酷さ があり、

さらに、

その奥には、母とスヨンを失ったという、
どうしようもない絶望と哀しみ
がある…。

それが、彼の立ち居振る舞いから分かる。

だから、

ものすごーく、この場面おもしろい

と思うんですよ。



そして、私、そんなヒョンジュンの表情の画像を並べて、自己満足。。。




俳優ユ・スンホ、青い衣裳が似合うけれど、黒も似合いますよね〜。まさに「悪役の黒」!!
彼はこの黒い衣裳を着て、時には微笑を浮かべながら、煮えたぎる復讐心を内に秘め、ミランの殺害を謀るって訳です。


いやあ、この悪役、魅力あり過ぎ!!




<ユ・スンホ+ト・ジウォン、そのやり取り>


上に書いたことと重なる部分がありますが、この場面、俳優ユ・スンホの演技力は大好きなんだけど、ファン・ミラン役のト・ジウォンさんの演技も好きなんですね〜♪


ミランは、母ヒョンジュを見て激しく泣いたハリーが、実はカン・ヒョンジュンなのだと確信し、母親を渡す交換条件として、自分たちがテジュンの元を離れて生活するために必要な金を、ヒョンジュンから巻き上げようとやって来た。

ミランは無遠慮にヒョンジュンの胸の痛みを逆なでするような言葉を吐く。これまで、その財力のために常に優位に立っていたヒョンジュン(=ハリー)だったが、ここではそれが逆転して、ミランの方が優位に立っているように見える。
初めは、ミランの言葉に無言で冷笑するしかなかったヒョンジュンが「何か飲みますか?」と言う。これがいよいよミラン殺害のための行動の開始。


ミランは交渉が上手くいったと思い、打ち解けた表情を見せ、それに対して、ヒョンジュンは、その表情を親しい者に見せる日常的な雰囲気にに変える。
しかし、その言葉の中には、亡くなったミシェル・キムへの殺意、ミランへの殺意が、彼独特の皮肉られた本心が込められている。


俳優ユ・スンホ、ほんとに冷たい言葉を吐くのが得意!!これに対して、ト・ジウォンさん、むしろキョトンとして応ずる。この2人だから、平面的でない場面を作り上げられたと…。
押したり引いたり、憎しみの冷たい眼差しと笑顔、多彩な表情で見せるスンホ氏、そして、ト・ジウォン氏のきつさと柔らかさを交えた演技との絡み、これがこのシーンをおもしろくしていると思う次第。





d0289252_16454177.jpg


d0289252_16431385.jpg



彼女とスンホ君、かなり息が合ったのではなかろうか??
メイキングに出ていた、このシーンの撮影現場、2人でニコニコしていて、楽しそうでしたね。




d0289252_21554911.jpg
「会いたい」DVDの方のメイキングのシーン


ト・ジウォン氏、チ・チャンウク氏主演の高視聴率ドラマ「笑ってトンへ」にも、トンへの母親役で出ていたそうで、演技派の模様。




<このシーンの撮り方>


韓国ドラマの撮影を、「行き当たりばったり」とついつい批判してしまう、とっても失礼な私なんですが、このシーンの写し方は、かなりおもしろく、よくできている\(^ ^)/
実際の場面とスヨンの見ているCCTVの画面、それを交互に見せ、ヒョンジュンの声も生の声と画面から聞こえる声の二通りになっていて、それがヒョンジュンの冷酷さを表すのに効果的!!

生の声もいいけれど、画面から聞こえる、少々鼻にかかっているように聞こえるヒョンジュンの声が、また

よろしくて…♡






◇ ピアノの場面と血染めのミラン



スンホ君が自ら弾いたピアノ。
ジョンウに「ピアノを弾くんですか?」と聞かれ、「ジョイの好きな曲を2〜3曲」と答えたハリー(=ヒョンジュン)でした。
このピアノ、スヨンが好きな「魔法の城」。「両手で弾けるようになったら、聞かせて」とスヨンに言われた曲で…。
だから、この曲をスヨンの去った家で弾いているヒョンジュンの思いは複雑。
去られた哀しみと、おそらくスヨンに対する報復の決意、そんなものが込められているピアノのシーンだと思うのですが、ザンネン!!このシーン、テレビ東京の放送ではカットでした。

まあ、切々と弾くこのピアノがなくても、意味は繋がるんだけどさ・・・。
でも、趣はなくなりましたよね。
情緒豊かな、スンホ君のピアノ。ううう。やっぱり欲しかった。(T *)。。。


そして、血染めのミランを見て「ハリーが人を殺した」とおののくスヨンに宛てたヒョンジュンのビデオ・メッセージ。
「一度も俺を愛さなかった罰に、スヨンを殺人犯にする」と言う報復を告げるもの。この中で、ヒョンジュンは、愛するスヨンのために弾いたはずのピアノを、その想いを受け入れられないことにより、復讐の道具に変える…。

「愛情の破綻→復讐」という構図で、ピアノを使っちゃうんですね。

このスンホ君の弾くピアノは、最終話にも流れるので、監督さんとしては、スンホ君の弾くピアノを、このドラマの中でけっこう重要な位置に置いたのではないかと思う訳です。
ああ、結局、ピアノは「ヒョンジュンのスヨンへの想い」ってことかな?


このパソコンの画面のヒョンジュン、どう撮っても絵になる俳優ユ・スンホ君ではありますし、愛情の証だったピアノを復讐を告げるための道具に使うって言うのもおもしろい設定だと思うんだけど、全体の流れの中で、このパソコン画面、ちょっと描き方が異質な気もしてしまう…。




◇ テジュンに向けた復讐の言葉


そして、これこれ!!
テジュンに向けて、ついに吐く復讐の言葉!!
迫力ありますよ〜!!


映像として見ても、いい感じだし。
監督さんも、途中からスンホ君の写し方にかなり凝っている気が…。
スンホは画面になると絵になるからなぁ。


そして、声も、いい感じなんですよ。
これまでにも何回も書いていることなんですが、スンホ君は怒りの言葉を言うのがいつも魅力的。思いっきりよく、一気に行くのが、ステキです☆

これまでハン・テジュンにハリー・ボリソンとして近づいたとき、ヒョンジュンがテジュンに投げつけた意味ありげな言葉をテジュンが思い出すのは、私的には好きでしたね。




◇ スヨンのヒョンジュンへの想い

4月26日夜追記です。。


書き損なったんですが、スヨンはこの回で、「ハリーが食べるものも着るものも与えてくれて、学校にも行かせてくれた。だから、愛情のお返しはしたい」と日記に書き残して、14年ぶりに帰った、母のいる家を出て、再びヒョンジュンの家に向かうんですよね。
それで、ミランを襲う現場に遭遇してしまう…。

そうなんだよな。スヨンはけっこうヒョンジュンのことを思っているはずなのに…。どうしてもすっきりしないのは、やっぱりスヨンの急激なジョンウへの傾斜のせい??
スヨンって子は、「ハリーを置いて行けない。だから、ハリーと結婚する」とか言いながら、結局一番大事だったのは自分で…。ジョンウに「私がどれだけ辛かったか分かる?」みたいなことを言って、ジョンウの胸を叩いて抗議して、そこでハリーを捨てちゃったんですよね。
何回も同じことを言っちゃうけれど、スヨンがジョンウに気持ちを許すのが急激過ぎたのと、ジョンウに乗り換えちゃうときに、一気にハリーと距離を置いちゃったのが、やっぱり、「んんん?」なんだよな。

だから、後でいくら、「ハリーにお返しをしたい」とスヨンが言ってくれても、「んんん?今さら??」って感じ。

この後、可哀想なハリーは、もうボロボロでございますが、俳優ユ・スンホが素敵なので、なんとか最後まで行きたいと思います。





という訳で、この回、スンホ君があんまり素敵なので、止まることを知らず、長々と行ってしまいました。
ここまでお付き合いくださった方、ほんとにありがとうございます。

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m



あらすじは、途中力尽きて、入れなかったもの多々。
とりあえず、本日はこれで勘弁!!
重複している部分もいろいろあるかも…。
みあね〜!!





「会いたい(ポゴシプタ」第17話は、

 俳優ユ・スンホの魅力満載の巻でした!!




スンホ・シーンにいろいろな撮影テクニックを駆使されるけど、彼は、それに応える名演技を繰り広げられるよね〜。
そして、音楽も何故か彼の場面には、メリハリのある曲がついていて…、ああ、演技にメリハリがあるからか。
\(^^)/




かくして、残すところ4話となってしまったYoの「会いたい(ポゴシプタ)」。
テレビも来週月曜で終わっちゃうし(TT)。。。





「会いたい」のあらすじと感想は、下をクリックで!!
◎「会いたい(ポゴシプタ)」のあらすじと感想…会いたい#5〜 美★ハリー
◎ 韓国MBC「会いたい」放送時の感想…ポゴシプタ(ポゴシッタ)




★ おまけの画像

※4月26日夜〜27日未明に追記


「会いたい」DVDの方のメイキング・シーンです。



ミランにワインを飲ませている、緊迫した場面で…


d0289252_22534015.jpg


d0289252_22534513.jpg


監督に間違いを指摘され、「ああ〜」と、スンホ君。
素顔は好青年。


d0289252_22535092.jpg


続いて、CCTVのカメラに目を向けて、スヨンに見せつけるシーン。
ベテラン俳優ユ・スンホ氏、目を向けてからしばし静止。カメラがこの表情を捉えられるよう長めにポーズ。



あ、発見!!

彼の目って、切れ長だけど、涙袋が立派にあるので、尖った冷たい目つきと柔らかい表情、行ったり来たり、瞬時に切り換えることが可能なんだ…♪


尖った冷たい目つきの代表、この2つ。上の方でも書いたけど、ハリーの画像として代表的なもの、あちこちで出回っている奴です。




d0289252_04314170.jpg


左の画像が、上のメイキング画像でスンホ君が数秒間静止して撮られていたシーンですね〜♪
撮られる方向によって、随分印象が違う。
このシーンについて、おもしろくて、おしゃべりが止まりませ〜ん!!


ああ、ちょっと顎を引いた形にすると、切れ長が目立って、鋭い目になるんだ…。
スンホ・オンマは、彼の目が綺麗だと言われているそうで。きっと目の見せ方については研究ずみ?




ドラマについては、なんだかよく分からなくなってきた。
あまりに細かいところを見過ぎて、完璧混乱のYoなのでした。p(>_<)q
頭冷やさなくては…。






またまたの追記です。。。(4月30日)



どうなっているかと思っていた、第50回百想芸術大賞のノミネートについて出ていました。

◎各賞ノミネートについては…
Kstyle記事

◎百想芸術大賞人気賞
ただ今、TVドラマ部門の男性は「応答せよ1994」のチョンウ氏と「スリーデイズ」のユチョン氏が1位を競っている模様。女性は「総理と私」のユナ氏、続いて、「相続者たち」のパク・シネ氏となっているようです。
映画部門は、男性キム・スヒョン氏、女性クォン・ユリ氏がぶっちぎりで行きそうな模様。

제50회 백상예술대상 第50回百想芸術大賞 
  ↑
韓国のサイトです。現在の得票状況が出ているみたい。リアルタイムで表示されている模様。
凄い勢いで、ユチョン氏とチョンウ氏の順位が入れ替わっています。

쓰리 데이즈   박유천  31%    スリーデイズ  パク・ユチョン   
응답하라 1994 정우   29.7%          応答せよ1994    チョンウ
   ↑
4月30日午後。このまま行っちゃうのかな…。


と思ったら、5月6日現在…

ドラマ部門、ユチョンと競っているのは、キム・スヒョンに変わっていました。
映画部門もキム・スヒョン「隠密に偉大に」でぶっちぎりの勢い。

女性の方は、映画は「노브레싱」(ノブシレン)のクォン・ユリがぶっちぎりは変わらず、ドラマは、パク・シネがユナに猛追の状況。
と思ったら、10:15、パク・シネがトップに!!
10:22、男性のドラマ部門もキム・スヒョンがトップ。。。
やはり、実績のある人気者が強いってことか…。

この状況、ユチョン・ペンが、ほっとくかな??
(敬称略)

キム・スヒョン、強い…。私、この方をあまり見ていないんですが、「ジャイアント」で主人公ガンモの兄ソンモの子役で出ていたときに見て、「この子、演技に迷いがなくて、勢いがスゴイ、誰?」って思ったんです。このときから、ただ者でない、大物になる予感ありでしたね。


5月6日17:35現在、すんごい、、、。
人気賞のドラマ部門、男性キム・スヒョンが38.9%、ユチョン38.5%、女性はさっきまでパク・シネがトップだったのに、ただ今両者44.5%で、ユナが1位にいます。熾烈な争い、おもしろ〜い♪


5月7日未明、男性はキム・スヒョン39.9%、ユチョン39.6%、女性はユナ44.9%、パク・シネ44.8%。
先程までは逆でした!!

結果、どうなるか見物!!


5月13日現在の状況:
人気賞のドラマ部門、男性キム・スヒョンが49.6%、ユチョン40.9%、女性パク・シネが49.4%、ユナ43.5%。
最初の頃、ユチョンとトップ争いをしていた、「応答せよ1994」のチョンウさん、完全脱落、今や1桁違う。
映画部門も男性1位はぶっちぎりでキム・スヒョンだし、いよいよキム・スヒョンの時代到来か…。

あ、でも、キム・スヒョンも兵役は「まだ…」ですよね。
早く、スンホ、帰っておいで!!


5月16日現在の状況:
人気賞のドラマ部門、男性キム・スヒョンが55.1%、ユチョン36.4%、女性パク・シネが50.7%、ユナ42.5%。
キム・スヒョン、パク・シネが引き離しにかかっているという状況。2位の巻き返しは難しいかも…?

これで決まりかな?

スンホ君には関係ない話題なので、日々サイトを見て、気楽に眺め、おもしろがっていられる私なのでした。
来年の今頃、スンホ君はこの中に入っているかな?










まもなく発売のメイキングDVDの一部公開!!

ここから下は、4月26日に書いた記事です。


先行公開!5.9リリース

「もういちど『会いたい』スペシャルメイキングDVD Part2」より

NBCUniversal Entertainmentさまの動画






http://youtu.be/jxPjFBCJyPk

この下のmoreの部分に、地上波放送に関する怒りのコメントをぶちかましてしまいましたが、このインタビュー動画のスンホ君を見たら、ちょっと癒されました。
スンホ君、インタビューに答えるとき、役柄を演じていないときの顔は、製作発表会のときと同じでまだまだ若〜い。ご本人はイヤかもしれないけど、やっぱり弟的雰囲気の可愛さ。それが、演技に入ると凄みを見せるんだな。

スンホ君、素敵な笑顔を見せてくれてありがとう…。(^^)♡





Yo 怒りに震える(!!)の巻

   ※「怒りに震える」は、ユ・スンホ君の「怒りに震えるハリーを演じるのが難しかった」
    という表現を、お借りしたものでございます。w(><)w
    ↓
    ↓
    ↓



地上波放送カットのこと

一昨日月曜日に、日本での「会いたい」地上波初放送が終了しました。
60分以上のものを、日本の放送枠にはめるには、かなりのカットが必要です。
18話以降、カン・ヒョンジュンの心情に関する部分が多々カットされました。ジョンウとスヨンのキス・シーンもカットされていましたが。
最終話について、演技の神に取り憑かれたような演技を見せたユ・スンホのヒョンジュンのシーンが、カットされていました。

その結果、ドラマは綺麗な恋愛物語にまとまったのかもしれません。けれど、一俳優が長い時間をかけ、葛藤と努力の末に得た演技を、無惨にもカットできる神経というのが、私には理解できませんでした。
日本向けに編集する作業をどなたがやっておられるのかは分かりませんが、一俳優の迫真の演技部分をわざわざ失くした訳で、そのために、カン・ヒョンジュンという人物の深みはなくなり、平面的な悪役に終わりました。

ドラマが分かり易いことも大切かもしれない、けれど、作品は演技者があってのもの。個々の演技を見ることも、ドラマを見る楽しみの1つであると思います。質の高い演技をわざわざカットしてしまうというのは、「芸」に対する無理解であると思えるし、俳優を生かしてこそのドラマ、良い演技の見られないドラマはつまらないです。

感情に任せて語るのは厳禁と思っているのですが、今回はちょっと黙っていられませんでした。
お聞き苦しい点、ご容赦くださいませね!!





by Cloudia-Yo | 2014-04-26 03:26 | 会いたい#5~#21美★ハリー | Comments(13)

Commented by YOU at 2014-04-27 21:47 x
Yo様
こんばんは(^ ^)
お忙しい中の17話後半up有難うございます(≧∇≦)もう、この17話から最終迄は哀モードより悪モードが強くなるのでぞわぞわしっぱなしですよね!!
ヒョンジュンの表情が魅力的過ぎて
記事大変だったと思います。
ワインスンホだ!!
♪───O(≧∇≦)O────♪メイキングの和やかな様子も良かったですよね。青装束も良いけど黒装束も映えますね(#^.^#) 先日三回目の善徳終了したのですが、改めて観るとチュンチュも凄く青装束が多くて牛皮で出来た(甲冑みたいなの)まで他の人とは違ってブルーで驚きました(゚o゚;;
充分似合ってましたが。やっぱりチュンチュみたいな悪っぽいのが良いです(^ ^)ハリーよりずっと悪いですよね。
もう腹立つ程、可哀想な役柄は嫌だな
(^^;;

私もこのPCでのスヨンへの復讐の始まり的なシーン先へ進めば進む程違和感が湧いてきました。あれはなんだったの?的な感じの違和感。。 続く↓


Commented by YOU at 2014-04-27 21:57 x
そしてスヨン。。そうなんです。台詞の端々に確かにジュナに対する思いやりらしきモノがあるのですが、残念ながら言動一致ならず。。。そういう流れでも良いとは思うけれど兎に角あの超偉そうなジョンウへの急激な傾斜にはやはり違和感ありますよね。。
スヨンが常に家族としてハリーを愛していたというスタンスを見せるから違和感が余計生まれるのかもせれませんね。ちゃんとハリーと恋愛関係で結ばれていて、やはりどんな困難をも乗り越えて初恋(ジョンウ)を選んだというならもう少し納得しやすいかも。
まぁ、ハリーの許せない嘘が次々露呈した後でスヨンの許せない気持ちも解らないではないけれど、家族として愛してるっていう割にはジュナに対する行動がとても冷たいですものね。
でも、やっぱりジョンウの方が嫌だな。。全部は視聴してないから分かりませんが、14年間ハリーがスヨンを守ってくれたとは思わないのかな??
Yo様同様、頭冷やさないとオーバーヒート気味です꒰⁎×﹏×⁎꒱՞༘✡
Commented by Cloudia-Yo at 2014-04-28 04:48
>YOUさま、こんばんは〜!!
あれ、ユ・スンホ君の初悪役はヨ・ウンでなく、チュンチュでしたか〜? f(^_^;)昨日見た動画で、アルチョンをやっていた、イ・スンヒョさんが、他の役だったら、何がやりたかったかって言われて、「チュンチュがやりたかった」って言ってましたよ。
YOUさま、ワルっぽい子が好きってことで??「悲しき恋歌」でもそんな感じでしたよね。
17話は、思いっきり悪役でいいんだけれど、この後、先が思いやられますよね。

ジョンウは、父親の悪行を知ってそのときは膝をついて泣くし、父親には「あなたが父親で恥ずかしい」なんて言うんだけど、ヒョンジュンに対しては相変わらずスヨンを傷つける人間だから、自分がナイトになってやるみたいな…?
偉そう、まさしく、ですよね。刑事って、職業柄、偉そうなのかしら?
そして、PCの場面と18話は、抜いてもヨカッタ、むしろない方がヨカッタ感じかも。
うーん、やっぱり辛い「ポゴシプタ」ですね。
今、テレ東で撮った19話を見て、イライラしてきたところです。

スンホ君に早く帰って来て、いいドラマに出て欲しいですよね。
それを考えると、「プロポーズ大作戦」なんか良かったンじゃないかしら。
Commented by Cloudia-Yo at 2014-04-28 10:33
>YOUさま、ショックで…続きです。おはようございます!!
今日、テレビ東京の「会いたい」が終わりました。が、が、が…!!
YOUさまが絶賛されていた(←確か)倉庫の場面、真ん中半分以上カットでした。愕然。あの鬼気迫る、全編を通じて最も凄い、ヒョンジュン(=ハリー)がカットでした。
その結果、ヒョンジュンは悪役という立場にうまく納まった感じ。スンホ演技が凄過ぎた韓国版より、ラブ・ストーリーとしてはまとまったのかもしれませんが。
それにしても、日本のドラマは60分以上のものを55分に縮め、間にコマーシャルが長々と何回も。なんとか長い時間をやろうとして、8時25分寸前に「かわいい魔女ジニー」が終わった後、コマーシャルも入れずにいきなり「会いたい」が始まるという、日本にしては珍しい状況。なるべくカットを減らそうという努力は認めますが…。

とにかく、あの倉庫の「狂気のヒョンジュン」の叫び、想像を絶する演技がカットされたのは、もう怒り以外のなにものでもありませんでした。( ̄□ ̄;)!!
テレビの放送で、ユ・スンホのハリーを見たと思ってしまっては困る!!
Commented by YOU at 2014-04-28 12:35 x
えぇぇ〜!!ショック!倉庫半分以上カットですか?((((;゚Д゚))))))) 何故〜??それはかなりショックです…>_<… でもそうすると心温まるラブストーリーにおさまるのですね(笑)
何も知らない視聴者はストーリー的にはスッキリしますがファンとしては色々カットされても車中や倉庫はカットして欲しくなかったですよね。。凹みます。。折角の
地上波なのに。。
Commented by Cloudia-Yo at 2014-04-28 12:52
>YOUさま、私は今、怒りに震えておりますよ〜!!
あのトンデモナク凄い、人間業とは思えないくらい迫力のユ・スンホ演技、カットですよ〜。(怒)!!

ジョイに「生きるために自分は嘘をついて生きて来た」とか「おまえがいなければ、息ができない」とか言う。あれ、全部カットです。( ̄□ ̄#)!!
かくして、テレビ東京の「会いたい」、ヒョンジュンはその深い内面の叫びを視聴者に知られることなく、スヨンを傷つける悪役として、終わりました。。。
ほんとに凹みました。
これまでも、地上波でないテレビで見た方は、この形で見てたのかしら?そうだとしたら、俳優ユ・スンホの実力を60%くらいしか見ていないって感じです。

あああ、スンホ君、早く帰って来て、今度こそ卓越した演技力を日本の視聴者に見せつけてやってくれ〜!!
Commented by rippledrs at 2014-04-28 19:44
Yo様、昨日もレッスンで東京へ行っており、天気が良かったのでオープンカフェで
サンドイッチを食べながらタブレットでYo様の記事を読ませていただきました(笑)
こんな大作になんとコメントしたら良いか考えてしまい、来るのが遅くなってスミマセン(^^ゞ

まずは地上波放送のこと・・・私は15話ぐらいから見ていないので、どこがカットになったのか
わからずに見ていましたが、カットされたところをYo様が書いて下さったのを見たら
怒りが爆発しております!!\( `□´+)/ナンデー?!

もう、金曜日ぐらいから地上波は見ていません!(笑)
同じ1時間見るなら、コマーシャルもカットもない、スカパー版またはレンタルの方を見ようと
決心しました!! 一応、木曜までは欠かさず見てしまったので(笑)
話はだいたいわかります。(そこまでもやっぱり見直したくなってますが)

ピアノシーン、あったんじゃないですか!!←韓国の放送の時からないものと思ってた。
そうなんだ、そうなんだ、それは是非見なくては!!(*≧∇≦)pキャ~♡←今頃・・・
つづく↓
Commented by rippledrs at 2014-04-28 19:53
続き↓
メイキングのユチョンさんオンパレードを見ても、この作品が日本へやって来る時に
ユチョン仕様に作り変えられているってことですよね・・・仕方ないと割り切るには
釈然としない思いが残りますが、Yo様のようにスンホくん目線で活動を続ける方がいることで
もっともっと認知度が高くなれば、いつかは大きく扱われることでしょう(*≧∇≦)ノ

イ・ミンホ君やキム・スヒョンくんなどの新たな四天王と呼ばれる方々も25歳ぐらいだし、
スンホくんはこれからですものね・・・(*^_^*)→兵役も終えちゃったし(^_^)v

及ばずながら、私も意味不明なスンホくん画像で客引きをしつつ(笑)
ファンの方が増えてくれるように祈っています。

「監督さんも、途中からスンホ君の写し方にかなり凝っている気が…。
スンホは画面になると絵になるからなぁ。」⇒これ、笑ってしまいました!!
ペク・ドンスの時にもそうでしたよね♪ カメラワークがスンホくんの美貌を写すことに
従事している様子が可笑しくて・・・(*^m^*)

そういう意味で、ユチョンさんには「食ってしまってゴメンナサイです」(笑)
その仕返しだと思えば、カットにも腹が立ちませんね( ̄ー ̄)ニヤリ
Commented by Cloudia-Yo at 2014-04-28 21:35
>りぷるさま(m'□'m)大作=長過ぎ→こちらこそゴメンナサイです。
今日は朝から怒りが治まらず…。演技の神様に取り憑かれたようなスンホ演技をカットしてしまえる、無神経…。ああ、これが日本なんだって思いました。全体の流れを大切にして、一俳優の魂の込もった演技を捨ててしまえる。だから、チンマリ収まっちゃうんだって。才能の爆発を阻む。←チョー過激発言(*_*)

スンホ君は自分の周りの状況をプラスに変えていける人だから、「フン((( ̄へ ̄井)」って気にしないかもしれないけれど、。あのカットは酷すぎました。

今、帰宅途中なので、頭を冷やしてから、また…★
Commented by YOU at 2014-04-28 21:40 x
またまたションボリお邪魔します(-_-)
私、確かに絶賛、大絶賛しました、倉庫シーン。。だってスンホハリーはいつも凄い演技ですけれど、倉庫はその集大成とも言える程の鬼気迫る演技派爆裂ぶりを見せるとんでもないシーンですもの。ファンでなくてもきっと揺さぶられますよね!!
演技面でもですが、ストーリー面でも唯一
ヒョンジュンとスヨンが本音で、初めて各々の嘘と罪を認めて心が通じ合えそうな大事な場面があったと思いますが、そこも
カットかな?;^_^A 超偉そうな熱血刑事がヒョンジュンを刺激して豹変しちゃうけど。。またその豹変ぶりも素晴らしく(*^^*)

こういう事を踏まえるとやはり、主役が欲しいですね。作品選びは慎重にお願いしたいですが、脚本?台本?がなかなか仕上がらなくて、世論に合わせてコロコロ変わって最終回がどうなるかよく分からない韓国のシステムでの作品選びって、大変なのでしょうね。。
Commented by Cloudia-Yo at 2014-04-28 23:03
>YOUさま!!21話は、あの倉庫と病院、2つのシーンでスンホ君が見事に両面を演じきって、もう、主人公はユ・スンホになっちゃったんですが(←「本当の主人公はユ・スンホ」韓国の記事あり)、ヒョンジュンの胸の内を語る言葉がほぼ全部カットで、、スヨンが「私も嘘つき」と言うのもカット、ジョンウの「スヨンがおまえを許そうとしたのに、おまえがスヨンを陥れたからこうなったんだ」だけが残って、完全にヒョンジュンはただの悪者になっていました。
ジョンウが正義の味方のように、偉そうに(←YOUさまの言い方よ)語り、「会いたい」の結末の「がっくり」を超える、更なる「がっくり」「茫然」「許せん」を経験しました…( ̄□ ̄??
誰がカットしてるんでしょうね?途中からハリー絶賛になった監督が、あの場面をちょん切るとは思えないし…。絶対これは日本側だと思うんだけど。違うのかしら?
韓国ドラマ、長過ぎて冗長ってこともあるけれど、こうもぶった切られると、情緒がなくて、正直つまらないです。
5月半ばからテレビ愛知で放送になる模様ですが、テレ東系のようなので、きっと倉庫カット版ですよね。日本の放送局に不信感を抱いてしまいました。。。私。。。。。
Commented by suzy1-9no at 2014-04-30 10:07
Yoさま、あんにょん♪
やっと来れました・・・。すみません。
ポゴ、終わってしまいましたね・・・。
バッサバッサぶった切りされて、またしてもがっくりとした最後を迎えてしまいましたウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。
私もテレビ局に不信感抱きました!!
日本のドラマなんて見ないぞー(*「・д・)「!ガオー←関係ないです??
Commented by Cloudia-Yo at 2014-04-30 12:29
>suzyさま、あんにょん!!お忙しいところ、ありがとうございます!!

終盤近くでカットされたのが、ヒョンジュンが屋台で母と会うシーン、逃げる彼が14年前に潜んでいた家に転がり込み、苦しげに「スヨナ…」と呼び続けるシーン、倉庫に行く前、車の中で泣くシーン(&フランスの回想)、そして、倉庫のシーンの真ん中の激白部分。(TT)...!!!
ヒョンジュンの心の叫びは全部カットでした。(怒)!!この仕打ちって何??
これを切ったのが、日本側なら、「これが日本のドラマなのね」って感じ。
だから、情を大切にする韓国俳優さんの演技を上手いと感じるんだ…。←言ってしまった、悪口。
これでは、兵役に就く前、あれだけ苦しんで頑張ってこの役をこなした、俳優ユ・スンホが浮かばれません。

「ポゴ」ラストの「ええっ!?」は韓国ドラマに対してでしたが、今度は日本の放送局(あるいは編集者?)に対して、「えええっ!?」で…。
suzyちゃん、遠慮しないで「ガオー」って噛み付いてやって。(v_ v#)........??

地上波の「会いたい」見ていて、身体半分もぎ取られるみたいだった。つまらなかったあ←怒りに任せて、暴言、とどまるところ知らずのYoでした(<_<;)
名前
URL
削除用パスワード