ユ・スンホ君のヨ・ウン馬上アクション#2+#3+α   

2014年 01月 24日

ただ今、「会いたい(ポゴシプタ)」のあらすじ&感想をアップ中ですが、ちょっと、インターミッション。
あはは、先日も東方神起とEXOの動画で休憩したばかりですが…。

ユ・スンホ君の演じるハリーが素晴らし過ぎて、って、1つのカットでも表情がビミョウに変化するので、必死でキャプリまして、それはまた、見ていただきたいんですが、今日はまたまたしつこく「ペク・ドンス」ヨ・ウンの馬上アクション・シーンを…。
ちょっと、文字を書くのに疲れてしまいまして…。(*_ *)・・↘
ということで、「会いたい」のように詳細な台詞を入れたりしないで、ひたすら画像を並べる、でいきたいと思います。


共演のペク・ドンス役のチ・チャンウクさんが言っておられました。

「スンホはしっかりしています」

このアクション・シーンを見ても、彼が馬に乗りながらもずっーと気合いの入った表情で、入魂の演技を見せてくれています。
うーん、エキストラの皆様は、アクションに一生懸命だし、ドンスもあまり切迫感なく、ヨ・ウンだけが大人の演技、真剣…に見えなくもない。。。
スンホ君は、既に「太王四神記」でタムドクを演じたときに、キハ役のパク・ウンビンちゃんと並んで楽しげにパカパカ馬を走らせていたし、乗馬は好きだと言っているし。
馬上アクションでヨ・ウンが大活躍なのは、きっとウマに乗るのがウマかったからなんでしょうね♪←←←ちょっとサム過ぎました…ミアネ〜。







d0289252_21401560.jpg




d0289252_21402366.jpg
d0289252_21404198.jpg




d0289252_21404548.jpg
d0289252_21405018.jpg
d0289252_21405312.jpg

d0289252_21405602.jpg
d0289252_21405917.jpg
d0289252_21410121.jpg
d0289252_21410331.jpg
d0289252_21410757.jpg
d0289252_21411126.jpg
d0289252_21411240.jpg
d0289252_21411526.jpg



d0289252_21424886.jpg



d0289252_21425173.jpg
d0289252_21433219.jpg
d0289252_21433587.jpg
d0289252_21434094.jpg
d0289252_21434415.jpg
d0289252_21434878.jpg


d0289252_21435145.jpg
d0289252_21435642.jpg


d0289252_21443972.jpg
d0289252_21444296.jpg

d0289252_21444568.jpg
d0289252_21444911.jpg
d0289252_21445255.jpg
d0289252_21445686.jpg
d0289252_21445967.jpg

d0289252_21451171.jpg
d0289252_21451520.jpg
d0289252_21455455.jpg
d0289252_21455853.jpg
d0289252_21460162.jpg
d0289252_21460603.jpg
d0289252_21461014.jpg


d0289252_00111857.jpg


d0289252_00082747.jpg


d0289252_21461953.jpg



d0289252_21462285.jpg


d0289252_21481279.jpg




d0289252_21481663.jpg




d0289252_21481961.jpg


d0289252_21483180.jpg




d0289252_22022694.jpg
馬上から刀を拾って、戦おうとするヨ・ウン…






d0289252_00151387.jpg

d0289252_00101389.jpg


d0289252_21483981.jpg




d0289252_21484381.jpg








d0289252_21484794.jpg






ユ・スンホって、
利かん坊の男の子のような、
後ろを振り返ることのない、
エネルギーがあるんだな…。








コメントをくださったりぷるさま、YOUさまに、追記(1月30日):
やっぱり、スンホ君かな…?
d0289252_10304737.jpg
輪郭は同じですね。。。





by Cloudia-Yo | 2014-01-24 23:23 | ヨ・ウン(ペク・ドンス) | Comments(9)

Commented by rippledrs at 2014-01-25 12:37
きゃぁ~~~❤ Yo様、私も馬上シーンは大好物なので、また新たな記事として
見せて下さって嬉しいですぅぅ~♪(*^。^人^。^*) ♪
以前のよりもさらに細かいカット割り、剣を取る手まで~~素晴らしい❤
そうですね~♪ スンホくんほど馬を自在に乗りこなす若手俳優さんがいるでしょうか?
子役の頃から馬を練習してきて、その後もきっと好きで乗っていたのでしょうね♪

運動はそんなに得意そうじゃないのに(笑)、殺陣のシーンや馬に乗るシーンでは
誰よりも俊敏に、格好良く決めてしまうんだから・・・根っからの俳優向きですよね。

「利かん坊の男の子のような、
後ろを振り返ることのない、
エネルギー」
あぁ、なんかわかります( v_ v*))❤ 可愛くてつい、心配してしまうけど
でも本当は彼は私達が思うよりずっと強いエネルギーと熱い心を持っていて、
どんどん置いていかれてしまいそうで、また目が離せないんですよね~(#^.^#)

あぁ、もうどうしてこんなに魅力的なんだろう~❤
しばらく・・・素敵なサジンを上下スクロール繰り返して頭に焼き付けてから歯医者に行こうっと(笑)
Commented by YOU at 2014-01-25 22:01 x
Yo様

こんばんは(^^)
何度見てもウナの馬上アクションシーン素敵です。(≧▽≦)
こんな凛々しさで、現在の部隊での訓練も難なくこなされているので
しょうね(*´▽`*) ご自身が言われる程、運動不得意には見えません
よね。 そこには、たゆまぬ努力があるのでしょうが。。そういう意味でも
格好良いです♡♡ 

ペク・ドンスの予告も見せて戴きました。天(チェ・ミンス)さんもやっぱり
格好良いです。^^

今、悲しき恋歌視聴中なんですね。私は悲しき恋歌と先生はエイリアン
は未だ手つかずです。 エイリアンは後回しかな(笑)
Commented by Cloudia-Yo at 2014-01-26 23:17
>りぷるさま、コメレス遅くなりましたm(_ _)m
実は、よくよく見たら、剣を拾う場面、「アレ??」と思ったりして…。
チ・チャンウクさんのインタビューで「ユン・ソイは、運動神経抜群で、スタントマンなしで全部自分で演じた」って言っていて…。
あまり、大写しにしない方が良かったのかしらって。綺麗なお手々はスンホ君風なんですが。
ま、いいか!!

でも、やっぱりヨ・ウンはほんとに魅力ありますよね〜。
腰細いな〜。細すぎると思っていたんだけど、りぷるさんと同じで(だったよね?)、だんだんそれも魅力に思えてきた(^^;)
運動神経鈍いとか言いながら、彼はきっと苦手なことがあっても、妥協しないで頑張っちゃうんでしょうね。おそらく運動能力がなければかなりキビシイ軍隊でも成績優秀になっちゃうくらいだから。

いっぱいサジンを取ってスクロールすると、ちょっと動画っぽく見えますよね。
上から3枚目の横顔が(ちょっとボケてますが)妙に男っぽくて、これで高校生かいって感じで、ドキドキしちゃいました、私☆可愛いヨ・ウンとこの男っぽさの同居が、スンホなんですよね〜♪


Commented by Cloudia-Yo at 2014-01-26 23:56
>YOUさま、こんばんは!!
実は、昨日「悲しき恋歌」完了。8話も一気にみてしまい、体調不良になりそうで。やっと立ち直ったところです。

「悲しき恋歌」は、スンホ君がときどき回想シーンに出てきて、最後にもまた…。
クォン・サンウ、キム・ヒソン、ヨン・ジョンフン(ハン・ガインの旦那サマだそう)、その他の人たちもよろしくて…。ピュアな初恋も納得、音楽がいい感じに切なく奏でられ、満足でしたよ。恋と友情の間で悩むのも納得。
ハン・ガイン、夫にするならナムギルよりヨン・ジョンフンだろうなって、思ってしまった(笑)。

ソン・スンホンが兵役の問題で途中で降板となり、その穴を埋めるため、台本をかなりきちんと作ったそう。クォン・サンウ、さすが…と思いました。
「エイリアン」は、後回しでも(笑)。YOUさまの「高速視聴」に似た「ながら視聴」で見ましたが、スンホ君の悩める部分をすっ飛ばして見てしまったので、後日再視聴かな…。

さて、チェ・ミンス氏、カリスマですよね。「太王四神記」で存在感あり過ぎで怖かった…(><)!!
「ペク・ドンス」では、チンジュを可愛がったり、大泣きしたり人間らしさもあり、私も好きでした〜♪
Commented by rippledrs at 2014-01-27 15:57
すみません! 追コメ失礼します(>_<)
え?Yo様がキャプった、剣を拾うシーン、スンホくんでしょう?!;゚д゚)
違うんでしょうか??? ご紹介いただいた動画、目を凝らして見るも
スンホくんだと言う先入観が邪魔をして、しかも一瞬なのでわからなかった・・・(^_^;)

そうしたら!! 私のブログに来てくださる椰子の木さんと言う方がスンホくんを描いてくれようと探していた動画の一部分が!!

Yo様ご紹介の動画の、40秒ぐらいのところに、雨が降っている中ヨ・ウンが横に剣を振るところ
ありましたでしょう? このカットってこの一瞬だけだったんですよね?!
いくら探しても出てこなかったんですが、予告に入っていたんだ~~(^_^;)
やっと見つけました~\(^o^)/ありがとうございました♪

Yo様も腰細いの、好きになってきました?(*^m^*) ムフ
私も自分が危ない域に足をつっこんできたぞって自覚が出てきました(笑)
まぁ、若いコトは素晴らしい!美しい!(これって日本人特有かしら?)

上から3枚目~♡ 顔が小さいから首が太く見えますね(笑)
それにしても白い喉元がいいですね~(*´▽`*) ♡
おっと、だんだん変態になってきたので(笑)、また遊びに来ま~す(^o^)丿
Commented by Cloudia-Yo at 2014-01-27 20:51
>りぷるさま、いらっしゃいませ!!
どうなんでしょう???
よくよく見ると、スンホ君より面長のような…???
あごも長いような…???
、、、どうかな、、、。
まあ、なんにしても、細い腰のスンホ君が馬上で伸び上がって剣を振るっているところは素敵です。ナンノコッチャ( * _ * ")...。
「ポゴシプタ」の終盤で、ハリーがスリムなパンツを履いているので、ラインがばっちり見えるところあり、スンホ君、細いけれど大臀筋はちゃんとついているようで、私、安心いたしました。ahaha・・・。

予告動画は一瞬なので、その気で見ていないと見逃してしまいますよね。
別の動画のヨ・ウンも、カッコ良過ぎてキャプってしまい、近々アップの予定。
また、ハリーさまはハリーさまで、ストーリーは厳しくても、演技に「魅せられて」しまいます。
Wind is blowing from the Aegean〜(^o^)〜♪
「Aegean」ってエーゲ海だったんだ・・・!!アジアかと思っていた。。。

「悲しき恋歌」のクォン・サンウが予想外に「トッテモヨカッタ」と思ったんだけれど、何故か夢中になるのはスンホ君。
この差は何なんでしょうね!?と、スンホ病完治不能の呈のYoでした☆
Commented by Cloudia-Yo at 2014-01-27 20:56
>りぷるさま、つづき…。
私も若者に対する思い入れの強さに、最近自分でも「mumumu…!?」です。
30過ぎより、20代…??
自分はいくつだと思ってるんだって。

だんだん、りぷるさんの細かな描写に納得していく自分がコワイ(笑)。。。
とにかく、若いということは素晴らしいですね、ね、ね!!
Commented by YOU at 2014-01-27 22:26 x
Yo様
こんばんは(^ ^)
ほんとだ(゚o゚;; 画像引き伸ばすと別人に
見えますね。でもご本人がぶれて映っているような気も…。スタントマン使うのは
よくある事だからいいと思いますが、ファンとしてはどの部分がご本人かって細かな事とっても気になりますよね(*^^*)

昔、少し天国の階段でクォンサンウさんお見かけしましたが、全然印象に残ってなくて^^; 悲しき恋歌、ポゴのレンタル争奪戦に敗北したら観てみようと思います(笑)
Commented by Cloudia-Yo at 2014-01-27 23:17
>YOUさま、一瞬、ドキッとしたんですね。画像小さくしようかしら、なんて…。
私としては、「細いウェストはスンホ君」と思っているんですが、この画像ウェスト見えないので判別できない(笑)。

さて、クォン・サンウさんについては、今までそんなにいいと思ったことがなかったんですが(←失礼な発言!!)、この「悲しき恋歌」に関しては、ああこれが新しい四天王のと言われる所以かと思いました。
ドラマ自体は派手ではないし、「わあ、おもしろいっ」って言うタイプではないけれど、主役の3人がそれぞれの想いを切々と演じていて、「ポゴ」のスヨンという人を納得できないような、ああいう意味不明な行動がなかったので。ピュアだな〜って。しっとりしたいときにはいいドラマ?
加えて、アクションは跳び蹴りなど、派手でこれも若さ爆発。
2005年だから、クォン・サンウさん20代の終わりで、ある意味、ピュアな人を演じるのに一番いいときだったのかも…。
でも、全20話、ちょっと長いですよね(-, -)・・・。5話からあと、一気に見てしまいましたが。(^ ^;)スンホ君最後までチラチラ出てきていたし、ですよ。
名前
URL
削除用パスワード