ポゴシプタ14話Vol.3ユ・スンホ渾身の演技                  多面性を持つハリーの複雑な感情                         (韓国ドラマ「会いたい」)    

2014年 01月 16日

d0289252_23231006.jpg
ハリーの心の中の隠されていた部分が徐々に明らかに…。


追記(1月22日):

「ポゴシプタ(会いたい)」第14話、3分割でアップになってしまいましたが、何故かと言えば、それだけユ・スンホ君演じるハリー・ポリスン(=カン・ヒョンジュン)の表情が刻々と変化していく、その1つ1つを捨てがたかったから…。
この回の俳優ユ・スンホ演じるハリーは必見です!!





◇ ファン・ミランの店で働くスヨンと死亡事件の捜査
  


ファン・ミランの店で働くことになったスヨンは、新進デザイナーらしく、積極的にあれこれと指示を出す。
ミランに敵意を持っていたのに、スヨンがミランの店で働くことに同意したことをいぶかしく思うミランに、スヨンは「じっとしていたら、気が狂いそうで」と言う。
そこへ、ハン・ジョンウからスヨンに電話が。
スヨンはベルルースで1シーズンだけ働くことにしたとジョンウに話し、ジョンウはスヨンに何かあったのかと案じる。

チェギョン療養所で屋上から落とされたカン・サンチョルの遺体のポケットから家族写真が出たため、ジョンウは捜査から外された。
サンチョルの弟カン・サンドクの直接の死因は口の中に入れたドライアイスではなく、口を覆ったおしぼりであったし、ジョンウの先輩チュ刑事は、サンチョルの死因は溺死だったと告げる。サンチョルの遺体は凍っており、死んでから1日以上屋上に放置され、ジョンウが来る時間に合わせて屋上から落とされたと。

ジョンウがチェギョン療養所に行くことを知っていたのは?
チェギョン療養所に行くと連絡を取ったのは、ハリーの家からだった。つまり、ジョイとハリーはこのことを知っていたと。
ジョンウは思う。
「ジョイとハリーが?そんなことあり得ない…」
ジョンウは思い出す。ハリーが「チェギョン療養所について知っているだろう」とミランを問い詰めていたことを。
「そんな…」

ジョンウは「溺死、おしぼり、水の拷問…」と、事件に関連した言葉を手帳に書く。
そして、刑務所の掃除のおばさんの取り調べに行く。

おばさんはおしぼりでサンドクが死んだこと、また、ジョイの携帯がなくなっていたことを、ジョンウが問い詰めようとすると、答えを濁す。ジョンウが「おしぼりは、おばさんの仕業じゃないんだろう」と言い、また、カン・サンチョルの殺人犯はジョンウを狙っているらしいから、犯人を捕まえるために話してほしいと言う。

すると、おばさんはイ・スヨンのことを「まだ好きなんだろう。スヨンが犯人でも、捕まえられるのか?」と。
おばさんは、おばさんがサンチョルの口にドライアイスを入れたとき、サンドクの部屋に入ってきた人物は、女のハイヒールのような足音をさせていたと話す。
「ト、トカ、ト、トカ」と。

その頃、警察にやってきたキム刑事の娘ウンジュは、ジョイが「街灯から280歩」という言葉を知っていたとチュ刑事から聞いた。それは、スヨンの日記に書いてあった言葉だった。ウンジュは、ジョイがスヨンなのかもしれないと気づく。
だが、ジョイとスヨンの指紋は一致しなかったのだとチュ刑事。



 チェギョン療養所に残された落書き
   連れ出されるカン・ヒョンジュ




ハン・テジュンはチェギョン療養所に来ていた。
「まさか殺人までするとは…」
カン・ヒョンジュ(ハリーの母)のいた部屋の壁に落書きが。
それは14年前にカン・ヒョンジュンが隠れ家に残した落書きと同じだった。
ハン・テジュンは憎々しげに言う。
「カン・ヒョンジュン!!」


d0289252_22584744.jpg



カン・ヒョンジュは両側から抱えられるように連れ出されていた。
「今、向かっている。女を用意させろ」とテジュン。
ヒョンジュは言う。
「どこに…行くんですか…?ハン・テジュンのところ?ハン…テジュン…」と空ろな様子で聞く。




◇ ハン・テジュンを訪ねた
    ハリーとジョンウ
〜駐車場の2人〜


d0289252_22582056.jpg


その頃、ジョンウは、父ハン・テジュンのオフィスを訪ねる。テジュンの部下ユン室長がいたが、彼は無表情。
そこへ、ハリーが入って来る。
ユン室長は「会長は留守にしています」と。
ハリーは「約束をしているんです」と言うが、ユン室長は取り合わない。



d0289252_22584382.jpg


帰るハリーをジョンウが追いかける。



d0289252_07522838.jpg

ジョンウは、ハリーに聞く。
「サンイル銀行の借名口座のことで不安じゃないんですかね?
 (ハン・テジュンの)捜査の依頼をしておきながら、一緒に仕事をするつもりなんですか?」
「仕事は仕事ですからね。借用書のことを知る前から、話は進んでいたことだし」
「今からでもやめてくださいよ。俺が不安になる」
「俺は損をするビジネスはしませんから、心配しなくても大丈夫ですよ」


そのとき、ジョンウは掃除のおばさんの言葉を思い出す。「ト、トカ、ト、トカ」。
ハリーの足を見るジョンウ。


d0289252_07584267.jpg


それに気づいたハリーは、

「足を怪我している人を見たことがないんですか?」



d0289252_07594396.jpg


「いや、杖から音がするんですね。普通はゴムがついていて音がしないのに」
そのとき、ハリーは…


d0289252_08043836.jpg
d0289252_08094159.jpg


突然杖を振り上げて、ジョンウの目の前に突きつける。



d0289252_08154736.jpg


「どうしてこんな形なのか不思議でしょう?」


d0289252_08164922.jpg


「ジョイが作ってくれたんですよ。直接聞いてください」
 

d0289252_08204453.jpg


「もう一度ジョイに会う機会をあげますよ」

それを聞いたジョンウは
「会う機会をあげる?ありがとうって言うようなことでもない。
 それって俺たちで決められることなのかな。スヨンが嫌だって言ったら終わりだし…」


d0289252_08233561.jpg


ジョンウはさらに言う。
「俺はハリーのことで好きなところもあるんだけれど、
 いつも言うでしょう、スヨンが望むならって。
 言葉だけだったら怒りますよ。俺も怒ったら恐いんですよ」



d0289252_08293410.jpg
d0289252_08300526.jpg


ジョンウは言う。
「一緒に酒でも飲みましょう」



d0289252_08340369.jpg

「断ったら怒りますか?」

「そんなことでは怒りませんよ」


d0289252_08342993.jpg

ハリーは微笑む。




◇ ハン・テジュンの家
  ハリーの母カン・ヒョンジュ




その頃、ハン・テジュンは、チェギョン療養所から連れ出したカン・ヒョンジュを自宅に連れてきていた。

突然のことに抗議する妻ミランに、テジュンは

「カン・ヒョンジュンが人を殺したんだ。

 何をしでかすか分からないから、近くに置いとかないとな。
 まさか自分の母親が捕まっているのに下手なことはできないだろう」

不審に思われないように、使用人を全て辞めさせるというハン・テジュン。


アルムは、ジョンウの叔母として連れて来られたカン・ヒョンジュと対面する。

カン・ヒョンジュは空ろな眼差し。



d0289252_04012268.jpg


「笑うとそっくりね」
ヒョンジュは、ぼんやりと無言でソファに腰掛け、ヒョンジュを見つめるアルムにぎこちない笑顔を見せ、また、不安そうな落ち着かない様子を見せる。




◇ ハリーの車で
      ジョンウの叔母…?

  


結局、ハリーの車に乗ったジョンウ。ハリーの杖に書いてあるフランス語を読む。

「我らを救いたまえ」


d0289252_02454919.jpg


「フランス語が分かるんですか?」
「パンを買うくらいは」
「酒を飲むこと以外はできるんですね」
「その中でも一番上手いのは取り調べですね」

そして、ハリーに言う。

「スヨニとはいつ出会ったんですか?」

「どうして俺たちのことを知りたいんですか?
 見つけたんだから、それでいいじゃないですか」


「見つけたのに、何度もジョイだって言い張るから…」


そのとき、ジョンウの携帯に電話がかかってくる。
相手は、ジョンウの妹アルムだった。
「トップ・シークレット」と。

そして、アルムは
「兄さんに似てる。すごく綺麗」と。
「おばさんが家に来たんだよ。兄さんのお母さんの妹だって」

「急に何がおばさんだ?」



d0289252_02430866.jpg


思わず、ハリーは耳をそばだてる。

「トップ・シークレットだって。後でまた電話するから跳んできて」

ハリーは息を呑む。
電話から漏れ聞こえるアルムの言葉に驚いて、
ジョンウに目を向ける。




d0289252_02452026.jpg


ハリーの様子に気づかず、ジョンウはアルムと電話を続ける。
「少し正気じゃないけど、兄さんに似てる」



d0289252_03485298.jpg


「正気じゃない?
  
いたずらだったら怒るぞ」


d0289252_17315277.jpg

ハリーは動揺していた。

今、テジュンの家に連れて行かれたのが誰なのか。


d0289252_03485681.jpg


ハリーは、自分と死んだと思っていた母の間に
何かが起きているのを感じ取っていた。





◇ ハリーの家


エレベーターから降りたハリーとジョンウをスヨンが迎える。
ジョンウが来たことに少々驚くスヨン。
ハリーは「ハン刑事さんが、飲みたいと言うんで」


d0289252_17265119.jpg


「着替えてきたら、つまみを作るから」と急いで部屋に入るハリー。

親しげに話すジョンウとスヨン。
ジョンウは「ハリーのところに行ってみて。何か不安そうだ」


部屋に入るなり、パソコンを開いてチングが以前に送ってきた母の画像を見るハリー。



d0289252_18121544.jpg


ハリーは、車の中でのジョンウの言葉を反芻する。
「急に何がおばさんだ?」「正気じゃない?」



そして、チングとチャットをする。
「どこにいる?」
「なんでしょう?」
「ハン・テジュンのところへ行け。ハン・テジュンがハン・ジョンウの叔母という人を連れてきたのか、確かめろ」
「どうしたんですか?」

「母さんなのか、確かめろ」

そこへ、ノックの音。



d0289252_18135516.jpg


ハリーがドアを開けると、スヨンが立っていた。
ただならぬ形相のハリーに、スヨンは「大丈夫?」と。
「探しているセーターが見つからなくて、探してくれる?」



d0289252_20124546.jpg


「分ったわ。私を呼べばよかったのに」
スヨンが部屋に入ると、ハリーは苛立った眼差しでドアを荒々しく閉める。

ジョンウは、ハリーの様子に
「野郎、リラックスしてくれよ」とつぶやく。

ジョンウが2人を待つ間にビリヤードをしていると、足音が聞こえてきた。

ト、トカと。
振り返ると杖をついたハリーだった。

そして、また、足音が。

それはスヨンのヒールの音。
2人の内のどちらかが、殺人事件の犯人なのか?


ハリーが「座ってて」とつまみを作りに行こうとすると、

スヨンは「いいよ」と言ってハリーの腕をつかんで止めて、

自分がキッチンに行く。
「焼酎はつまみが多いとだめだから、あまり作らないよ」とスヨン。
「ジョイは焼酎マニアなんですよ。座って」とジョンウを促すハリー。



d0289252_23280189.jpg


キッチンにいるジョイの足音、そして、ハリーの杖の音。
2人の足元に目を向けたジョンウはスヨンに「靴綺麗だね。100点」

ジョンウのスヨンへの親しげな言い方に、
ハリーはジョンウにチラッと目をやる。



3人はテーブルにつく。



d0289252_23430958.jpg


「スヨナ、見せたいものがある。可愛いだろ」
ジョンウはチェギョン療養所のカン・ヒョンジュの病室の落書きの画像を見せる。
「お母さんと手をつないでる」



d0289252_23434487.jpg


「ネックレスもしてるんだよ。ほんとに可愛いだろ」とジョンウ。
スヨンは、この絵のネックレスに鍵の形をしたペンダント・トップがついているのに気づく。ハリーに贈られた鍵の形のペンダントに触れ、ハリーの方を見ると、ハリーもスヨンを見つめていた。



d0289252_23444748.jpg


ジョンウはハリーに「もう一度見せましょうか?」と言って、画面をハリーに向ける。



d0289252_23440758.jpg


画像をじっと見て、ハリーは笑みを見せる。

「ちょっと」と、パソコンを開くハリー。

そこへチングからのチャットが。



d0289252_23572632.jpg


「ハン・テジュンの家が何か変です。中に入れません」
「今すぐ、直接確かめてくれ」
「もし、本当にハリーのおかあさんだったらどうしましょうか?」

ジョンウの顔を見るハリー。
「何かあるんですか?」とジョンウ。



d0289252_23540411.jpg

「別に…」

ハリーはチングとのチャットを続ける。

「おもしろいな。              
 母さんはハン・テジュンの手に、      
 ハン・ジョンウは今、俺の目の前にいる。  
 母さんのことを確かめろ。同じ目に遭わせてやる」


そこへ、またジョンウの妹アルムからジョンウに電話がかかってくる。


「叔母さんの写真?」

とアルムに聞くジョンウ。


d0289252_23583077.jpg


その言葉を聞いたハリーの顔色が変わる。

ハリーはパソコンを置いて、座り直してジョンウに尋ねる。



d0289252_23591775.jpg


「どうしたんですか?」

「妹が叔母さんの写真を送ってくれると…」
ハリーはジョンウを食い入るように見つめる。

「実は、母は早くに亡くなっているんです。継母が来て、写真は全部片付けられたし、だから、母さんの顔を知らないのに、叔母さんが俺に似てるって。綺麗だって」ジョンウがスヨンの顔を見ながら言う。
スヨンはジョンウが叔母の登場に嬉しさを感じていることを知り、ジョンウに微笑んだ。

そのとき、アルムからメールが来た。



d0289252_00034456.jpg


ハリーは再び座り直す。

ハリーは、数日前にチングから送られてきた自分の母親の画像をスヨンに見せてしまっていた。
ジョンウが叔母だと言われたカン・ヒョンジュの画像を見せたら、自分がジョンウの家に関わりのある人間であることが、スヨンに分かってしまう。

ジョンウは、メールで送られてきたカン・ヒョンジュの画像を見て、「本当に綺麗だ」と嬉しそうに言う。



d0289252_02234652.jpg

自分の母の画像を見ているに違いないジョンウ…思わずハリーの手が動く。


d0289252_02193484.jpg


そして、ジョンウは、スヨンに「見せてあげようか」と言って、スヨンの横に座り、画像を見せようとする。



d0289252_00152408.jpg


スヨンが画像を見ようとする瞬間、ハリーは咄嗟に杖を握りしめ、



d0289252_01472986.jpg


ハン・ジョンウの携帯電話を叩き落とした。

スヨンを杖から守ろうと、ジョンウはスヨンに覆い被さった。
思わず、ハリーに怒りの目を向けるジョンウ。



d0289252_00160118.jpg


ハリーの顔には尋常でない何かが浮かんでいた。


第15話につづく…




で、私の思うことを…



◇ 魅力的なハリー満載の14話



いやあ、この第14話後半のハリーの表情・演技は、素晴らしい。魅せる。惹き付ける。


まず、駐車場シーン、大好きなんですね〜♡
ここでの意味ありげなスンホ君の表情、そして、台詞が…!!

「足を怪我している人を見たことがないんですか?」ってジョンウに言う、その顔とその声が、
かっこよくて、しかも何かありそうで…。


彼のこのひと言の中に、ハリーの性格も想いも、彼の持つ冷たさと陰と怒り、そして、哀しみと…、そんなものがくっきりと見える。
杖をついている自分、それはジョンウの父ハン・テジュンのせいで…。ハリーがそんな自分の足を見られることに苛立っている。
スゴいよあ〜、かっこいいよな〜♡

ほんとにこの杖をついて歩くハリー、
ジョンウに発する言葉、圧巻です!!


ここで、対するジョンウ君、「会う機会をあげる?それって俺たちがきめられることなのかな」って文句を言うんですが、

内容的には完全にジョンウの勝ちなんだけれど、
演技はハリーの表情が深過ぎて、
どうしてもハリーのみに目がいってしまう。

   ↑  
ハリー中毒・スンホ中毒の私だから…??


杖の下の部分をハリーに突きつける、この振り上げるところがかっこよくて、この杖の下を見せてから、ハリーの顔が鮮明になる演出、好きですね〜。杖がものすごく強調され、重要な小道具としての役割を果たしている。急いで撮影する韓国ドラマにしては、凝ったカット。


続いて、杖を下ろしてからのハリーの表情。杖の下の音が出るのは「ジョイが作ってくれた」と言う。
実は、これがハリーにとってはとっても重要であることが、最終話で分かるんだと思うんですが、

この杖は「我らを救いたまえ」と書かれていて、
ハリーにとって自分の身体と共に精神の拠り所であり、
そこにジョイの手が入っている、
つまり、生きる支えってことかな…?


杖には、おそらく自分が歩けなくなったこと、ハン・テジュンが自分と母親に対してした仕打ちに対する怒りや復讐心も込められていただろうし。
その杖の側に、ジョイもいるんだという主張なのかも?そして、「ジョイに会う機会をあげる」なんて、ハリーはまだジョイを自分の側に置いている。


これに対してジョンウは、会うかどうかはスヨン次第、「スヨンが望むなら」とハリーが言うのは好きで、スヨンの望みどおりにすると言うのが嘘だったら怒るって言う訳だけれど、これを聞いているときのハリーの表情が深い!!
ジョンウの表情は、ちょっと物足りない…。←ああ、また言っちゃった。みあね〜!!


「一緒に酒でも飲みましょう」とジョンウが誘う、このときも、ジョンウの表情がハリーに比べて普通過ぎた。
ハリーは、最後に笑うんだけれど、ちょっと常人とは違う何かが表れて表情で…。
ここのハリーさんの微笑、いつもと唇も違うんだよね。

大金持ちのイケメン・ハリーさんのときのキリッと結んだ口と違う、頬も違う。
あ、普通は頬の筋肉を上げて笑うのに、頬の筋肉を落としたまま、口だけ笑ってるんだ。
それが、内面と表情の違いを形にして見せている。



テクニシャン・ユ・スンホ、すごっ☆


ユ・スンホ、なんでこんなにシーンによって変えられちゃうのか、スゴいよな〜!!
「演技は現場で学ぶ」と言って、大学に進学しなかったスンホ君。

若いのに、このテクニシャンぶり。脱帽です。

演技の上手い俳優さん、主役としてステキな俳優さん、そういう人はたくさんいるけれど、繊細な表情、というか、表情をはっきり形にして動かして見せると言う意味でのテクニックは、ユ・スンホがナンバー1ではないかと…。

駐車場シーンのラストに載せた画像、この顔はこれまで見たことのない、ユ・スンホの新たな顔☆
ほんとに、おもしろい俳優だと思う。




◇ オンマの登場に揺れるハリー


さて、この14話で、いよいよハリー、本名カン・ヒョンジュンは、既に亡くなっていると思っていた母が、生きているのかもしれないと思う。


最初はテジュンの罠に過ぎないと思っていた母の生存情報。ハン・テジュンはまだ自分を12歳の子どもだと思って嘘の情報を流し引っ掛けようとしていると、鼻で笑っていたハリー。しかし、ハリーの車でアルムからかかってきた電話の声を漏れ聞いて、「ハン・テジュンの家にやってきた叔母さん」、それが即ち、自分の母かもしれないと感じて、これまでにない動揺ぶりを見せる。

この動揺ぶり、この演技がまた、お見事で☆


車の中で、ジョンウとアルムの電話の内容に、「えっ!?」と思う、そのときのハリーの目。まず正面を見たまま、一瞬はっとした様子を見せ、それから、横目でジョンウを見る。
そして、ジョンウは電話を切った後は、動揺して、目が左に行ったり、右に行ったり…。

このあっちこっちに目線を変えるのは、スンホ君のお得意のテクニックだけれど、しかも、その動き方が妙に魅力的!!
そして、左右に揺れる眼差しから、ハリーの心の動きや内に隠している想いがありありと見えてくる。


この車の中の動揺と、ハリーの家で、自分の母の画像をスヨンに見せられそうになったときのうろたえぶり。ハリーのドキドキがものの見事に見ている側にも感じられる演技の出来映え。ハリーがどれだけ慌てているか、その表情のみならず、ソファの座り直しという動作にも表れている。演技、細かい!!


スンホ君の「ポゴシプタ(会いたい)」について、日本のテレビで放送されるときのインタビューが、いろいろな雑誌でも載せられているんですが、最近見たもので「母が演技の先生で…」と訳されていました。これまではオンマの存在を具体的に分かる訳し方はされていなかったので、「ああ、これが本当…?」って思いました。
オンマと一緒に必死で予習したってことかな。
ただ、スンホ君の場合、もう中学生くらいから撮影現場では1人だったそうで、一般的に子役俳優さんは親御さんが付き添って撮影に臨む場合が多いけれど、それとはちょっと違っていたそうです。
母の手助けと自立、まあ、よく育てられたものだと思います。


続く、ハリーの家に帰って来たときのハリーの心のざわつきと、それを表す歩く動作や、目つき☆
部屋に入るときの動きも、パソコンを開く尖った目つきも、ドアをノックする音にチラッと目を右にやるその動き、ドアを開けて、前に立つスヨンを見たときの歪んだ表情、スヨンを中に入れてジョンウとの間を引き離すようにドアをバタンと閉めるところ、どれをとっても、ドキドキしてしまう。


着替えて部屋から出てきたときには、スヨンに親しげな言葉をかけるジョンウに向ける冷徹な眼差し。
そして、ジョンウの携帯電話に母の画像が送られてくるときの、14年前に亡くなったと思っていた母が、もしかしたら生きているかもしれないという複雑な想い。ハリーが「叔母さん」という言葉に反応するとき、このハリーの一挙手一投足に、こちらはもう惹き付けられて、彼に見入ってしまう。

ハリーの感情を、
こちらも同じようにドキドキしながら体験し、
かつ、
彼の持つ心の奥の陰の部分に魅せられるという感じ。



彼は、スヨンに自分がハン・テジュンの異母弟であるという事実を隠し、14年前の事件について全てを知っている(←おそらく叔母のキム・ヘミに教えられて)のに知らないと嘘もついているし、ハン・テジュンいわく「カン・ヒョンジュンが人を殺した」と言っているので、もう彼が殺人犯でもあるのは確実。

やはり、いろいろなことを知っている、そんな能力のある人物っていうのは魅力的であり、しかも、ハン・テジュンとの関わりを知られたくないという弱みもあり…。弱みがあるから深みあるヒーローになる。それは、「ウルトラマン」などのヒーローが皆弱みを持っていて苦しむ姿があることがあるからこそ、魅力的なヒーローとなることからも分かる。


優しい微笑みと眼差し、嫉妬する冷たい眼差し、復讐心と怒り、それに加え、この14話では、母への想いも表れて…。動揺し、母の身がどのような状況にあるのか知ろうとし、しかも、スヨンには母であることを隠そうとする…。
もう、ハリーの感情のオン・パレードとなってしまった「会いたい」!!しかも、その感情表現が並みでない!!



オンマの状況に対する不安とその底にある期待!!スヨンの笑顔も美人だし可愛いんだけどね…。でも、興味はもう全面的に「ハリー」に行ってしまいますよ、やっぱり☆



◇ ハリーの嫉妬


この、オンマに関する出来事のもたらす様々な感情に加え、この14話辺りからハリーの嫉妬心がいよいよドロドロ化。
これまで微笑みというオブラートで包んでいたハリーの本音が、段々表情となって表れ始める。
それと共に、ハリーの本性も表れてくる。


そこここに、ハリーの隠れた嫉妬心が表情にふっと浮かぶ。
ジョンウとスヨンが親しげな会話を交わす、このブログの一番上の画像もしかり。
しかも、嫉妬心と共に、ハリーの哀しさのニュアンスも…。


杖で携帯電話を叩き落とす、つまり、この子には人へのいたわりなんか全然ないという面がある。
我が儘で、苛立ってドアをバタンと閉めたり…。

だけど、彼の味方をしたくなってしまうのは、何故?

あまりに母の件が心配そうで、辛そうで…。
ドキドキしてしまう。

泣く演技より遥かに深い、ハリーの表情。
これだけきめの細かい感情表現、なかなかない。


もう、この子の置かれている状況に、どっぷり浸かってしまって、彼の内面を深く理解してしまっている私がいるのでした。






◇ 本日の結び


スヨンの行動は解せないので、見るのが辛い部分があるとしても、


このハリー演技
見逃したら損!!



14話のハリーは、嘆き、嘘を話し、スヨンに愛を語り、苛立ち、オンマを案じ、嫉妬し、自分の出生を知られることを怖れ…。
ああ、それから、一番大切な「俺のことを愛していないと知っている」がありましたね。
ほんとに哀しいハリー…。
スゴ過ぎました!!


感情のオン・パレード☆





以上、3分割した第14話、やっと終わりました。
お立ち寄りいただき、ありがとうございます。m(_ _)m...!




追記(1月17日):

先日購入したブーツの形が、なんだかハリーのブーツに似てるよな〜、なんて思って、思わず撮影♪

d0289252_00381977.jpg

あれ?
ちっとも似てないか…。
でも、私の中では、これは「ハリー・ブーツさん」よ。

いつも思ってるんだけど、ハリーさんの履くブーツのシルエット、ほんとに細〜い。


ブーツと言えば、、、



d0289252_01243636.jpg

このお方の…


d0289252_01250742.jpg

このブーツが…☆

「善徳女王」62話、壮絶な場面での、この足元が、何故かとっても可愛く見えてしまい…、
とっても気になった。

この靴、素材はナンなのかしら?
俳優さん、演技に支障がないくらい、動き易い靴なのかしら?
なんて、余分なことを考えてしまった。


ああ、でも、やっぱりナムギルさんのピダム、かっこ良くて、切なくて
これも男らしさ全開の演技、かつ、若さがあり…。。。
この場面に流れる音楽も美しかった。
「善徳女王」はほんとに音楽が歴史の荘厳さを表していて、ダイナミックだった…。


ナムギルさん主演の映画「海賊」は、夏に公開だったかな?← ← ← 夏公開だそうです。
また、素敵な演技を見せて欲しいものです。


若いって未熟なところもあるんだけれど、その真っ直ぐなところが魅力だったりして…。
年を重ねて上手くなると、それが消えておもしろくなくなっちゃうこともある。
時が過ぎて行っても、若いときの真っ直ぐなパワーを失わないで欲しいものです。。。





最後に

d0289252_01393535.jpg

使用前…

(しどろもどろスンホに、横でユン・ウネ笑う)



d0289252_03473025.jpg

使用後…



そして…

d0289252_23114986.jpg
現在(2014年1月16日)…



TTUさまよりのNEWSです。

16日第27師団(イ・キジャ部隊)新兵教育大対公式カフェには訓練兵に教育中のユ・スンホ君の姿も上げられたそう。
雪の中、訓練兵に説明をしている。一層凛々しくなった…と。


元記事のURL
  ↓
http://m.news.naver.com/read.nhn?oid=382&aid=0000166771&sid1=106&sid2=221&backUrl=

この他にも、
NAVERのニュースに出ていました。
  ↓
http://m.news.naver.com/read.nhn?oid=057&aid=0000259305&sid1=106&mode=LSD&fromRelation=1

http://m.news.naver.com/read.nhn?oid=011&aid=0002453866&sid1=106&mode=LSD&fromRelation=1

http://m.news.naver.com/read.nhn?oid=073&aid=0002374382&sid1=106&mode=LSD&fromRelation=1


※excite blogの新管理画面というので、ブログを書いているんですが、何故かリンクを貼れなくなってしまった。すみません、コピーペーストしてご覧くださいませ☆


Suzyさまのブログ「Siesta!」に動画も紹介されています。
   ↓
http://suzy19no.exblog.jp/20247518/



元気そうな姿を見られて、ホッとします。
韓国の冬は、とんでもなく寒いのだそうですが…。
スンホ君、頭が小さいので、助教の被る野球帽がデカイ。顔が埋まっている(☆_☆)!
いよいよ軍服務もあと数日で折り返し地点。←3月5日から、ほぼ10ヶ月半経過。
誠実で頑張るスンホ君、元気で12月4日の転役(除隊でなく、転役が正式の言い方だそう。りぷるさんのブログ「ひまわり畑より」に詳しい説明があります)の日を迎えて欲しい。。
そして、何より、軍隊が訓練のみで終わる、国と国との間がそんな状況であって欲しいと願っています。





お・し・ま・い☆



なのに、、、

1月21日未明追記:

なんで、追記かって、「ポゴシプタ」が韓国のMBCで放送されてから1年経った。加えて、スンホ君入隊から10ヶ月半、残り半分!!これを祝わずにいられるかって、今日は酒盛りだ〜!!


d0289252_00180680.jpg

と思って、マッコリを買ってきた。
ハリーの自宅の酒盛りにはジョイのお好みの緑の瓶の焼酎だったから、ほんとは焼酎の方がヨカッタのかな。
マッコリの缶の隣にいるのは、韓国ドラマのDVDを借りるレンタル・ショップのすぐ近くの花屋さんで買ってきたミニ・シクラメンちゃん。250円。あら、ほとんど葉っぱしか写っていない。
壊れかけのガラ携で撮っているので、画像悪くてミアネ〜!!






by Cloudia-Yo | 2014-01-16 14:56 | 会いたい#5~#21美★ハリー | Comments(11)

Commented by Suzy☆ at 2014-01-19 02:08 x
Yoさま、すっかりご無沙汰してしまいすみません~クスン(U_U)。。。
ハリー14話ですね・・・私はいったい何話まで見たのかさっぱり思い出せなくなってますが、Yoさまのところですっかり視聴した気分になってます♪ヽ( ´ ▽ ` )ノ なんてったって素晴らしい解説付きですからね!!普通に観るよりも何倍も楽しめます!
テクニシャンスンホ君(笑)・・・私も納得です(///ω///)テレテレ
ハリー役がスンホ君でほんとに良かった。複雑な感情表現がずば抜けてる!!!かと思えばしどろもどろな記者会見をするスンホ君・・・落差が激しくてキュンキュンします。
スンホ中毒患者じゃなくても、間違いなく多くの女性の目を惹きつけるでしょうね(o´ω`o)ぅふふ
Yo様のブーツ、つま先のフォルムが似てますよね!最初は足元・・・いづれはてっぺんまで??どんな方なのか想像中♪(・・*)。。oO

さすがYo様、スンホ君の情報収集が早い!!
リンクたくさん貼ってありますね~ヾ(゙ε゙*)
TTUが贈った例のあったかベストは着てるのでしょうか・・・気になります。
Commented by Cloudia-Yo at 2014-01-19 08:32
>Suzyさま、おはようございます!!
あったかベスト、ほんと!ちょっとでもぬくぬくできていたらいいな、と私も想像してしまいました。(@_@)
昨夜Suzyさんのところに行ってYouTubeまで出ているのを知り、「Suzyさん、早い!!」と思いました。忘れ去られずに話題にのぼるのは嬉しいですよね。\(^^)/

スンホ君、「ペク・ドンス」のときも、製作発表会ではどう見ても子どもなのに、ヨ・ウンになるとあれですからね〜。いつもは謙虚で人見知りで…、ほんとに演技になると変わりますよね☆なんていう子!!
14話のスンホ君が素晴らし過ぎて、画像を取りながら嬉しくなっちゃいましたが、これからのハリーを思うと、この14話みたいに喜んでいられるか、ちょっと不安。。。

私のてっぺんの方は、あんまりおもしろいものではありませ〜ん。
なので、「変なobasan」と想像していてくださいませ(笑)。

Suzyさん、お忙しそうな様子。お身体に気をつけて!!
Commented by YOU at 2014-01-19 13:15 x
Yo様
こんにちは(^^)
わぁ~( *´艸`) 私のPCの画面多分この駐車場でのお顔ではないか
と推測します。どこで拾ってきた画像かよく判りませんが(^^;)
素敵な表情。。と思い設定しました。この記事に上げられてるプルシァンブルー?というかオリエンタルブルー?のコートが同じ服装です。
同じ服装の違う場面かもしれませんが。。

本当に演技に関しては、テクニシャンというのが相応しいですよね^^
でも演技外となると、オーラゼロの天然素材になったりしてヌナの心を
ガシっと絡め取っちゃいますね(#^^#)
次々と部隊での凛々しい姿が報道されて、益々転役後が今まで以上に
楽しみです。アクション物が充実しそう(*´▽`*)

おぉ~久々のピダム!!善徳の音楽は良かったですよね(^^)
お話もよくてDVDポチッとしそうになりました(笑)

海賊はピダムを彷彿させるヴィジュアルですね。こちらもとっても楽しみです(#^^#)
Commented by Cloudia-Yo at 2014-01-20 01:33
>YOUさま、こんばんは☆
わぁ〜(←こちらも!!)、YOUさまのパソコン、開いたらハリーなんですか?す・ごい…。。。パソコン開いて、ハリーがいきなり出てきたら、顔はニンマリ、心はドキドキ、かしら?
うちのジェインの画面は、家族が開くこともあるので、元々あった銀河です。

ハリーさん、大金持ちだから、一度お召しになったコートは脱いだらほとんど使い捨てのようw(*o*)w。
同じ色のコートも、今ちょっと見ただけで3着はお持ちのようですよ。
この駐車場ハリー、いいですよね〜☆この辺りから、スンホ君の表情がどんどん深まっていく感じです。
14話からが入隊の発表後の撮影ですね、多分。一つ抜けた感じ!!

さて、私も久々に動くピダムを見たら、「やはり、ピダムはスゴかった」と思いました〜。ご本人は、痛みのある人間を今はやりたいとか言っておられましたが、ナムギルさんの場合は、やはり、少しユーモラスで粗野な部分のある方が、より魅力的なんじゃないかな〜と。
「海賊」はどんなキャラクターなのでしょうね。長髪は大賛成〜!!
Commented by rippledrs at 2014-01-21 09:35
遅くなりました~\(^o^)/
スンホ君入隊から10ヶ月半だったんですね~♪ なんか感慨深いですね! 
まだまだと思っていたけれど、もう半分来ただなんて・・・(T_T) ウルウル
一日遅れてしまうけど(?)うちの冷蔵庫にもソウルマッコリが入っているので乾杯しましょう~~(^o^)丿笑

14話のスンホくん、本当に良かったです!!
「この写真が特に好き」って言おうと思って、上からリストアップして行ったら、ほぼ全部になってしまった(笑)
渾身の演技・・・という題にふさわしい、
「泣いても笑っても怒っても、すべてが深くて美しい」芸術的な演技でした(*μ_μ)

あ、そうなのですか・・・このあたりで入隊を発表したんですね!
いろいろなことがふっ切れて、自信に満ちた様子が伝わってきます。
14話以降も楽しみにしております♪  ゆっくりで結構ですので頑張って下さいね(*^_^*)
DVDを見る暇がないので、Yo様のところで楽しませていただいちゃおう❤と勝手に期待してるりぷるでした(*^^)v
Commented by YOU at 2014-01-21 20:22 x
Yo様

こんばんは(^^) そうなんです。うちも時々、家族が使用するので長女がカレンダーよりPC画面の方が恥ずかしくない?って真面目な
顔で訊かれちゃいました(^^;) でもお祖父ちゃんもこの子男前
やな。。と言っていたので嬉しくて設定したままです。夫は見ない振り。。
ちなみに携帯は今はミンジェです^m^
太陽を抱く月視聴完了しました。評判通り素敵な作品でした(^^)
ペク・ドンスでは泣けなかった私ですが、切なさに大分泣いちゃいましたよ(#^^#)そして、今、屋根部屋のプリンスに入りました。これも
評判高かったですよね。

スンホ君入隊から折り返し地点なんですね。何だか感慨深いです。
今は、寒くてソウルマッコリ買ってなくてチャミスルで私も御一緒に乾杯です(^^)/



Commented by Cloudia-Yo at 2014-01-21 23:24
>りぷるさま、こんばんは🌙
りぷるさんがマッコリで乾杯だって言うから、また、買ってきちゃいましたよ。かんぱーい!!
  ↑
缶マッコリを売ってなくて、JINRO1リットル入りを買ってきてしまった。。。

さてさて、ほんとに14話のスンホ君はスゴかったですね〜。どこを切っても金太郎☆
自分で取ってきた画像なのに見てると嬉しくなっちゃって、珍しく自分のブログを何回も見つめてしまった…。ほんと芸術的で見入ってしまう(^^)q
先日も、ちょっと20話のハリーさま登場場面を眺めていたら、(☆o☆)あまりに素晴らし過ぎて、キャプに走ってしまいました…!!

14話のハリー、ジョンウの叔母というのがオンマなのか気になって、何回か座り直すんですが、これはその内にぜひ動画で見てくださいね。この動きがまたよろしくて…慌てて腰を浮かしてモゾモゾって座り直す、それが絶品(@o@)!!可愛いですよ。足細いし…。
そう言えば、駐車場ハリーさま、スタイル抜群☆★☆

昨年10月くらいに終えるつもりだった「ポゴ」記事がもう半年近くで、まだ7話もあるぅ〜!!でも、りぷるさんの励ましの言葉を胸に。。。ユルユルまいります…。
ありがとうございます(T T)...!!
Commented by Cloudia-Yo at 2014-01-22 00:06
>YOUさま、あら、こちらが長々りぷるさんへのコメントを書いている間に、お越しいただいて、では、3人で一緒に「かんぱ〜い!!」

我が家は、先日携帯の充電が上手くいかない件で、夫が私の携帯の画面をおそらく初めて見て…。ヨ・ウンが自殺しようとするちょっと前、天の前に片膝ついてかしこまっているところの画像で。一瞬、妙な空気が流れましたが、無言でした(笑)。
PC画面にスンホ君を載せたら、娘が絶対怒るので、ザンネン、載せられません〜。。

「屋根部屋」はテレビでちょろっと見たんですが、設定のおもしろさの中に作品を貫くテーマがきちんとあって、ヨカッタと思いました。ヒロインのハン・ジミンがけなげで。彼女、「イ・サン」でも、どこかけなげで応援したくなった…。
以前にどこかで「ユチョンはユン・ウネとよりハン・ジミンとのラブ・シーンの方がいい」って書いてあるのを見ましたが、確かに清い感じがしました。

Commented by Cloudia-Yo at 2014-01-22 00:13
>YOUさま、続きます。。。

今、「ポゴ」と併行して、スンホ君の出ていた「悲しき恋歌」をそのまま視聴中なんです。
クォン・サンウがスゴく好きと言う友人がいて、「へぇ〜?」って思っていたんだけれど、このドラマの彼は確かにさりげなく切なくて、韓流のトップ・スターだって言うのを納得しました。
ユン・ゴンの歌が良いので、主人公の気持ちにもすっと入っていける。質の高い音楽は作品を深めますよね。
あと、ヒロインの叔母さんをやっているチン・ヒギョンさん、いると飽きないタイプの演技。主人公たちはすごい勢いですれ違っていますが…。でも、気持ちのすれ違いではないので、ドロドロしていなくて、気が楽。

「太陽を抱く月」評判いいですよね。私もその内に見なくちゃ♪
Commented at 2014-04-16 21:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Cloudia-Yo at 2014-04-17 11:48
>鍵コメさま、コメントありがとうございます!!
思うに、ユチョン・ファンは主人公ジョンウが幸せになれば喜び、スンホ・ファンはハリーを何とかしてあげたいと思う…、韓国放送時もネットでの両者のファンのバトルが凄かったとか。スンホ・ファンである私は、どうしてもスンホの演じるハリーに感情移入をしてしまうんですよね。ユチョンの熱狂的ファンで、スンホの演技を見ても心が動かない人は、それほどハリーに同情もしないので、ジョンウとスヨンが上手くいけば、心安らか、「ヨカッタ〜」と言えるのかも…?
ただ、犯罪者に対する厳しさは、日本とはちょっと違うのかもしれませんね。日本では犯罪者や精神に問題のある人が主人公で、その内面や激情に突き動かされた行動を、「一人の人間」として描くことがよくありますが、韓国はそこまで自由ではないのかもしれないとも思います。
監督さんも「ハリーは自滅する」と描きたかったのかもしれませんが、スンホの演技が凄くなり過ぎて、途中の描き方がちょっと違ってしまったのかも…。←あれ、前にも書いたかな?
過激発言も歓迎です。また、鍵コメでどうぞ!!
名前
URL
削除用パスワード