ポゴシプタ13話Vol.2 深まるハリーの苦悩、ヒョンジュンの陰(韓国ドラマ「会いたい」) 〜ユ・スンホ ブログ1年〜   

2013年 12月 25日


🎄Merry Chrismas!!🎄



サンタさんは、来訪されましたか?



私は、サンタさんになりまして、先週土曜と本日24日、あちこちうろつき…。
同じ場所をぐるぐる何周もして。ほんと怪しげ!!
最後に店員さんにニッコリ笑顔で「ありがとう」と言うよう、心がけてはおりますが。

ちなみに、うちの姑は、うちの娘への誕生日プレゼントを購入後、そのままお店に預け、娘に「お店に取りに行って」とメールしたそうな…。
すぐに若い店員さんとかとお友達になってしまう、スゴい人です。



そう言えば、今年は随分街でサンタの格好をした若者を見かけました。
アルバイト?サークルの飲み会幹事の印?
まあ、あの赤いサンタのお洋服で電車に乗るなんざ、日本人も変わったもんだよな〜(☆_☆)。。。


追記(12月26日):
昨夜は、この13話のハリーさんのような、ベージュのおしゃれなコートを着た、まじめそうな若いお嬢さんが、赤いサンタ帽を被って1人で歩いていました。サンタ帽って今年のファッションなんですか〜?



さて、本日サンタのお買い物に出たついでに本屋に立ち寄り、韓流雑誌のコーナーに行ってみたら、多数、2013年版とか2014年版とかの分厚い韓流俳優年鑑的な本が5種類くらい出ていました。
ちょっとお高いので、取りあえず、ユ・スンホの項目を立ち読み。
(ナムギル・ファンの皆様、時間がなかったので、チェックしませんでした。ミアネ〜!!)


「会いたい(ポゴシプタ、ポゴシッタ)」も日本で放送され(地上波はまだですが…)、スンホ君の成人俳優としての演技力に対しても徐々に認知されて、どの俳優年鑑でも、それなりの扱いをされているのを見て、ホッと安心。


大体、どの雑誌にも主な出演と俳優の演技の特徴とか書いてあり、中には身長も…。どこでも、ユ・スンホ身長は175cmとなっていますが、その中に、1冊だけ体重も書いてあるものがありまして…。


え、え、え、えぇっ〜!!


なんと、「身長175cm、体重45kg」とありました。

よ、よ、よ、よんじゅうご〜???



うちの息子が、ナムジャとしてかなりのガリガリで、身長173cmくらいで、体重、それでも55kgとか言っていて、スンホ君、それより10kg軽いって?

ホントカイ?


う〜ん、やはり軍隊に言って、3食きっちり食べる生活になって、ほんと正解…。
イギジャ部隊でのサイン会でも、頬が少しふっくらして、ほんと正解…。


衝撃の事実…。

まあ、雑誌社の書き間違えということもあるかもしれないので、あまり信じないでくださいね。
だって、ユ・スンホ血液型、ほんとはA型なのに、どうどうとB型とかO型とか書いてあるのを見かけたことあるし…。

あまりの衝撃に、どこの出版社のなんて言う俳優年鑑だったか、見忘れて帰ってきてしまいました。あしからず…(> <)!!

「45キロの衝撃の巻」でした。





さて、先週末、もう1つ、またまた衝撃の出来事がありまして…。


「ポゴシプタ13話Vol.1に続いて、即、Vol.2を」と思っていたら、


またまたPCダウン。。。!?





前回のダウンと同じ症状で…。起動不可ですよ〜。
私の荒っぽい使い方がいけないのかと思いきや、インストールしたものに問題ありで、Macさまの方にも事情があったよう。

今回も電話での相談では拉致が開かず、またまたサポート・センターへ。なんと、1ヶ月半前と同じスタッフにお世話になりました。あーあ。

なんか、また違う子になってきた感じのうちのジェインちゃん(=PC)。妙に白々しいのは、画面設定が明る過ぎるせい。あ、これは自分で直せばいいのか…。

ブログを始めて1年、いろいろな方とブログを通じてお知り合いになれて幸いでしたが、いろいろ予期せぬことも起きました。
パソコンの起動不可&初期化というとんでもない事態も2度。まあ、人並みにPC使用のトラブルも経験したということになりますか…ね?


このPC起動不可に加え、私のガラ携も古すぎて、もう起動不可寸前。
が、何故かジェイン(PC)の入院中は、比較的巧く動いてくれました。もしかして、ジェインに焼きもち焼いていたのかな??
そう言えば、ガラ携には名前もないし…。スカーレットとでも呼んであげましょうか。。。





さて、このネット環境の悪かった期間、夜寝る前にスンホ画像等を見ないと落ち着いて眠れない!!
で、これはいい機会と思い、机の後ろに隠してある、とは言え、娘には「お母さんたら、こんな大きいもの買って!!」と言われ、完璧にバレている品物ーユ・スンホ写真集ーを久々に開きました。



☆ 久々にユ・スンホ写真集のスンホ君とご対面…




☆ 日 本 版 ☆
 
d0289252_23434460.jpeg



☆ 韓 国 版 ☆

d0289252_23425717.jpeg

画像デカイ〜!!


最近、ちょっと、ハングルの音を読もうと努力していて、お、韓国版「. 」の後は「クリゴ」!!
やったぁ、読めた!!
と、お喜びの私。
嬉しくて、「クリゴ、クリゴ、クリゴ」と連発。。。

さて、写真集は…
少年のようにかわいい笑顔のスンホ君。水もしたたるスンホ君。ナイーブにうずくまるスンホ君。麗しいお顔のスンホ君。自転車に乗るスンホ君。
あれこれ見ていたら、突然涙がこぼれてしまった…。

私は完璧ビョーキだから…。でも…。スンホ君のありのままに存在する、その居方に(TT)…。

何なんだろう?
私は彼のような才能を持ち合わせている訳ではないけれど、もう少し若かった頃、必死だった頃のことを思い出してしまった。
「チャレンジをすることが、後できっと力になると思って頑張っています」とか言っていたスンホ君。
スンホ君が続けてきた挑戦、かつての私にも、どこか似た気持ちもあったような…。
彼の頑張りを見ていると、私の中にほんの少しだけ残っている、「ひたすら前を見続けていた自分」が、泣きたくなるのかもしれない…な。私自身の姿勢は、今や「淡々と積み重ねる」に変わっているんですが。


4月に急逝された写真家のポリさん。
スンホ君のいろいろな表情、いろいろな姿を、しっかり画像に残してくれて…。
彼女の遺作となった、このユ・スンホ1st写真集。ずっと以前から俳優ユ・スンホを見てきた彼女ならではの、「ユ・スンホの写真」に溢れていました。
そして、その「ユ・スンホの写真」は、私の心も洗ってくれた感じです。
最後に、素敵なお仕事を残してくれたポリさんに改めて感謝です♡


先日、韓国で限定販売した「ユ・スンホ・カレンダー2014」は、売り切れ&増刷なしですが、こちらの写真集の日本版は、今でも売っている…、ばかりか、なんと大幅値下げになっている!!KJ-netで、8,820円だそう。
韓国版の方は、楽天市場などで取り扱っていますが、ただ今品切れ中だそう。
韓国版、「製本が悪い」という噂もありましたが、うちに来た子は大丈夫だったような…。
日本版、韓国版、共にAmazon.co.jpでの取り扱いもある模様です。
                 
                       ↑  ↑  ↑

            2013年12月24日時点での情報です。




日本版はDVD等付属品が多数ついていますが、韓国版の方は写真集とポストカード10枚のみなので値段が半分以下ですね。ただ、韓国版はあまり大幅値下げになっていないし、送料とかもあるので、今は日本版の方がお買い得??
と、思っていたら、なんと、ただ今このブログを打っているPCの左側の広告部分に「ユ・スンホ/1st写真集/TRAV…」が、出現。「送料無」と書いてあります。これは、韓国版の模様。
クリスマスと年末のお楽しみにお買い求めくださいってことかな?


写真集に癒してもらったので、再度表紙の画像を載せてしまいました♪
カテゴリの「ユ・スンホ写真集」のところにも、ちょっと載せてあります。




実は、私こんなものも持っています…。




☆ ユ・スンホ・キーホルダー ☆

d0289252_00124325.jpg

プリンタで白黒スキャンしてしまったので、ちょっと暗いですね。ちょっと深刻な表情のスンホ君が、表と裏に…!!
新大久保の韓流雑貨店で購入…。
家の鍵を開ける度、閉める度に、スンホ氏のお顔を眺めてにたつくことができます(> <)!!
いつもバッグに入っていて一緒にお出かけですよ♪

こんなことで幸せになれるんだから、おめでたい私…。



さて、本題に。
いろいろ脱線しましたが…



ポゴシプタ(会いたい)13話の後半…



毎回迷う「カン・ヒョンジュン=ハリー・ポリスン」、「イ・スヨン=ジョイ・ルウ」の名前の書き方。
ここは、ジョイの方がいいとか、ここはスヨンの方がいいとかあって、ここまで入り乱れた書き方で、m(_ _)m

ハリーは、まだ「ハリー」と書いておりますが、ジョイに関してはほとんど「スヨン」の感覚になってしまっているので、今回より「スヨン」と書きます。
ハリーは、スンホ君自身が「ハリーに出会えてよかった」とか言っていて、本名のカン・ヒョンジュンより「ハリー」としておいた方がいいかな…と思っています。




画像を取ろうとして、何回もスンホ演技のところを行ったり来たりしていると、あら、こんなところでもスンホ君、表情にものすごい変化をつけていたのね〜、と気づくこと多々あり。
最初にざらっと13話を見たときは、ジョンウとスヨンのキスに腹が立って、「13話の哀れなハリー…あああ」なんて、ちょっと落ち込み気味でした。
が、じっくり見ていたら、その表情の変化の細かさに「やっぱりスンホ、スゴいじゃん」と、なんだか楽しくなってきまして…。
「Vol.1」の方も、画像を追加してしまいました。


13話って、ジョンウに対するスヨンの態度が変わってしまう回なので、ほんとにハリーの哀れ度90%くらいな感じです。
ただ、その分、ハリーが具体的に動き始めるし、美しいハリーと、すんごい目の尖ったハリー、これまで面に見えていなかったハリーの性格も新たに見え始め、俳優ユ・スンホとしては、力を発揮し始めた感。


俳優年鑑等に「卓越した演技センスを持っている」という形容詞が俳優ユ・スンホにつけられていましたが、いいこと言ってくれるなあ、と私喜んでおります。






隠し部屋のハリー(つづき)


スヨン(=ジョイ)が14年前に住んでいた場所でジョンウに電話をかけたと気づいたハリーは、自宅に戻り、隠し部屋で酒を飲んで酔っぱらっていた。そこへ、チング(秘密の友達)からのチャットで、ハリーの母が生きているかもしれないと知らされたが、それを信じなかったのが、13話の前半部分。


スヨン(=ジョイ)が家に帰ってきた。部屋の中を「ハリー、ハリー!!」と探している。そのスヨン(=ジョイ)はハリーと自分が2人で写っている写真の額を見つめる。



これ、ハリーのお部屋のバスですよ…。
カーテン1枚だけで、いきなりバス。
って、そういうものか…。
日本家屋に生きる私には、(☆_・)!!
       ↓
d0289252_09045754.jpg


壁を1枚隔てた隠し部屋にハリーはいた。




ハリーを探していたスヨン(=ジョイ)だが、ジョンウから電話が。何回もスヨン(=ジョイ)が電話したことに気づいて、ジョンウは電話をかけてきたのだった。
発信がジョンウであるのを見て、にっこりと笑みを浮かべる。
そして、電話に出たスヨン(=ジョイ)は「ジョンウ…」と親しげな口調。
                    ↑
            韓国語では「ジョンウや〜」なのですよね。で、かなり親しげ。。


d0289252_09081485.jpg


親しい者への想いが込められたジョイの声。
その声を聞いたハリーは、この状況に笑い出す。苦しげに顔を手の平で覆って笑うハリー。
スヨン(=ジョイ)の心に、今、大きな変化が起きていること、そして、それは14年間を共に過ごしてきた自分とスヨンの関係に危機をもたらす可能性をはらんでいると感じたのだった。



ジョンウに「聞きたいことがあって」と言うスヨン。
スヨンの声には、旧知の間柄の者との会話するような親しみがあり…。



d0289252_02192612.png

スヨンにとって、ジョンウがもはや憎むべき相手ではなくなった、その衝撃に、ハリーは口元に苦しげな笑みを浮かべながら、目には涙を…。




同じ頃、ジョンウの傍にいたチュ刑事は言った。
「ミシェル・キム、カン・サンドク、ナム・イジュン。3つ目の事件ですね」
     ↑
2人は死んで、ナム理事は行方不明。





ハリーの家で



ジョンウとチュ刑事がハリーの家にやってくる。ハリーの叔母ミッシェル・キムの死亡についての捜査するためだった。
スヨン(=ジョイ)がハリーの元に帰ると言ったため、ジョンウはスヨンに近づくことに多少のためらいがあったが、スヨンがジョンウに聞きたいことがあると電話で話したため、スヨンでなくジョイと友達として付き合うならいいだろうと、ケーキを買って訪れた。


チュ刑事「ハリーは携帯を切っていて、家にいないんですか?」
スヨン「私も連絡が取れないんです」
ジョンウはスヨンに対して、ため口を使い、チュ刑事に咎められる。


曇った表情のスヨンにジョンウは「ハリーと喧嘩をしたのか?」と。
ジョンウは、ハリーが怒ったら自分がスヨンを守るという態度。
スヨンも微笑みながら、そんなジョンウと話す。



スヨンはジョンウにキム刑事が死んだことについて聞きたいと思っていた。
14年前、ジョンウの拉致事件の後、スヨンの死亡記事が出たが、その後、スヨンからの電話を受けたジョンウは「スヨンは生きている」と気づいた。それをキム刑事に告げたとき、キム刑事はこれからスヨンのところに行くとジョンウに電話で話し、その後、車の事故で崖から転落して亡くなったことを告げる。
スヨンは、自分を探すためにキム刑事が命を落としたことで涙ぐみ、ジョンウは、スヨンの辛い気持ちを思って、手を握った。
キム刑事を殺した犯人を自分が捕まえるというジョンウに、スヨンも失くした記憶をたどって、犯人を捜すことを手伝うことに、同意する。



そこへ、突然ハリーが現れる。
無言で立つハリー。


d0289252_01362375.jpg

彼の目には敵意が浮かんでいた。


d0289252_01365883.jpg

「どこへ行っていたの?」とスヨン。
ハリーは、ジョンウに視線を向けながら

「今のおまえには、   
 俺が見えないだろう」




そして、笑顔を作って言う。「ハン刑事さんに文句を言っている訳じゃありませんよ」


ジョンウ「電話をください。待っていますから」

d0289252_10002874.jpg

ハリー「そうですね。待つのは得意でしょうから。叔母の話もそのときにしましょう」
ハリーの笑顔は消え、ジョンウに対して再び冷たい眼差しで言い放つ。


「帰ってください」


ハリーは2人に背を向ける。


d0289252_01451754.jpg


d0289252_01500951.jpg

一方的に帰れと言うハリーの、我が儘にも思える態度に怒ったチュ刑事は
「自分勝手過ぎますね。遊びにきた訳じゃないんですよ!!」


d0289252_01501256.jpg

チュ刑事の言葉に、ハリーはまた、冷たい眼差しを送る。
チュ刑事は思わず口をつぐんだ。
「ミシェル・キムの借名口座の持ち主はパク・ソンヒ。ジェギョン療養所に長期入院していたが」と尋ねるチュ刑事。
ハリーは「知りませんね。今日は帰ってください」
敵意とも取れる表情
で、背を向けて行ってしまい、ジョイはおろおろと、その後を追いかける。



チュ刑事はジョンウに言う。
「おまえ達、どんな関係なんだ?

手を繋いでいるおまえ達を見て、

ハリーが殺しそうな目をしていたぞ。

すごい性格だよ」




ハリーの部屋で
    〜ハリーの想い、スヨンの想い〜




d0289252_10252194.jpg



ベッドの上に座り、ヘッドフォンをして、書類を見ているハリー。
ジョイが「ちょっと話そうよ」と言ってハリーのヘッドフォンを取ろうとすると、ハリーは

「出ろ」

「私に怒っているなら、私に言って。最近になって分かったことが多くて。最近の私の状況を少し理解してもらえないかしら」
そして、スヨンは、14年ぶりで母親に会い、ジョンウが刑事になっていたこと、キム刑事が亡くなったことなど、思わぬ事実を知ったと話す。


しかし、ハリーは



d0289252_11305203.jpg


「イ・スヨン!!

  聞きたくないから、
   出ろって言ったんだよ!」




d0289252_11513215.jpg

「そんなにたくさんの人が
おまえのことを待っていたって?」

ハリーは、自分だけを頼りにしてきたスヨンが、自分以外の人に愛情を取り戻し始めていることを感じていた。


「それじゃあ、おまえを、
  おまえだけをずっと見てきて、
   無視された俺はどうなる!?」



d0289252_11543929.jpg

スヨンは、「家族を見つけて、本当のことを知って、一緒に喜んでくれてもいいでしょう」
自分の気持ちを告げて、ハリーに理解を求め、ハリーの手を握るスヨン。


d0289252_12110468.jpg


しかし、ハリーはスヨンの手を振りほどく。
それでも、スヨンは自分の気持ちを分かってほしいと、ハリーに共感を求める。
「ジュナ。私はあなたの目の前にいるわ。気が狂いそうなのよ」
フランスにいたときに自分が思い描いてきた状況と、実際に韓国で見た母達の状況が違っていた辛さを話すスヨン。


d0289252_12150609.jpg

「狂いそう?

それなら、揺れないように
手伝ってやろうか?」




d0289252_12204439.jpg



ハリーは、ジョイの肩をつかみ、声を震わす。



d0289252_12255683.jpg



「ハン・ジョンウだけが
  14年間待ってきたんじゃない」




d0289252_12264894.jpg

「ハン・ジョンウはだめだ!!
     忘れろ…!!」



ハリーも理由を言わないまま、
必死でスヨンの想いを自分の方に引き戻そうとしていた。






無言のハリー



自分の部屋で、ハリーとスヨンが写っている写真を眺め、手に取ったジョイ。
そのとき、ハリーの杖の音が聞こえる。



必死で声をかけるスヨンを無視して、ハリーはエレベーターに乗る。


d0289252_11185366.jpg


ジョイは「ハリー、初めてのけんかでどうしていいか分からないよ…」
しかし、ハリーは、歩み寄ろうとするスヨンかたくなに拒絶して、無言のまま出かけてしまう。




ファン・ミランの店



ジョンウはファン・ミランの店で、亡くなったハリーの叔母ミシェル・キムがファン・ミランに多額の金を貸したという借用書について、尋ねている。

ミランは、「30億?」と驚く。
「このビルをハリーに取られてもしかたない」とジョンウ。
「ナム理事を訴えてやる」
「行方不明ですよ」
ミランは、これまで敵対視していたジョンウに突然すがる。
「ナム理事を捕まえてちょうだい」


そこへ、ハリーが入ってくる。

ミランは言い訳する。
「私、このお金をみたことないのよ」


d0289252_12591153.jpg


ナム理事の出国を止めたが、家族は海外に移住し、親戚もいないから困っていると告げるジョンウに、ハリーは言う。
「忙しかっただろうに、仕事はちゃんとやっていたんですね」


ハリーはミランに言う。
「チェギョン療養所を知っていますよね」


d0289252_13001507.jpg

ミランは慌てる。
「チェギョン療養所?」
口ごもりながら、「知らないわ」と言うが…。
ハリーは、そのミランの様子から、ハン刑事(=ジョンウ)ならミランが嘘を言っていると見て取れるだろうと分かるだろうと言う。



ハリーは、ハン刑事と話したいから席を外してくれるよう、ミランに言う。


何故、ジョイがスヨンであることを隠していたのかと問うジョンウに、ハリーは


d0289252_13033846.jpg


「スヨンが隠したがっていたから。       

スヨンが望むことなら、 
 どんなことでもしますよ」



ジョンウは、「それならスヨンと自分が友達として、付き合うことを認めて、今日のように怒ったりしないで」と言う。


d0289252_13035957.jpg


ジョンウはチュ刑事に電話をし、チェギョン療養所に向かう。

ジョンウが出て行った後、ハリーは何者かに電話をする。


「ハン・ジョンウが動き始めた。
   用意はいいな…?」






チェギョン療養所


ハン・テジュンは、チェギョン療養所で院長を話をしていた。
302号室のカン・ヒョンジュの面会時間は何時かと言う電話の録音を聞く。
その声は、子供の頃のカン・ヒョンジュンの声に似ている。
テジュンは、院長に金の入った封筒を投げる。
「14年前のことにあんたも関わっていることを忘れないことだな」



その頃、スヨンはキム刑事の車が転落した場所を訪れていた。
「おじさん、スヨンが来ましたよ」
そして、キム刑事が自分たちを追いかけていたときの記憶、これまで封印してきた記憶を、思い出そうと思い始めていた。



チェギョン療養所を訪れたジョンウとチュ刑事は、療養所から出て行くハン・テジュンの車とすれ違う。
父親がこの療養所を関係があることを知るジョンウ。
院長は、ジョンウたちが尋ねる借名口座のことやサンイル銀行の会長について知らないというが、ジョンウは彼の言うことが全て嘘だと見抜いていた。

2人が、捜査令状を取って、このチェギョン療養所を一気に捜査をと話しているとき、叫び声が。


14年前のジョンウの拉致に関わったカン・サンチョルが
転落して死んだ。



転落の様子を病室の窓から平然と見ていたハリー。


d0289252_14044987.jpg

ジョンウは、彼の上着にジョンウたちの家族の写真があるのを発見する。


屋上からそれを見ているハリー。

「俺を恨むなよ。

おまえ、俺、スヨン、3人を
こんな目に遭わせたのは、
おまえの父親ハン・テジュンなんだ。


原罪は、ハン・テジュンにあるんだ。

ハン・ジョンウ、走れ。
駆けて、ハン・テジュンを捕まえろ。

俺はこの足だから、走れない」



d0289252_14050634.jpg

ハン・ジョンウが見上げると屋上に黒づくめの男がいた。ジョンウは彼を追いかける。

ハリーはそのすきに、病院を出て…。


スヨンがキム刑事の転落現場で、キム刑事を殺した犯人を捕まえるために、失った記憶を取り戻そうと誓ったとき、ハリーは車でチェギョン療養所を後にしていた。


d0289252_14051818.jpg

不敵な笑みを浮かべて…



第14話につづく…



で、、、
私の思うこと…





ハリー、いろいろ!!



13話の後半、そう、ハリーがまあ、コロコロと表情を変えて、スゴいですよ〜。



だって、
最初は、隠し部屋で衝撃を受け、苦し紛れに笑ったり泣きそうな目になったりしているハリーで。

次は、ジョンウに近寄っていくスヨンに、思いっきり「俺のことを見ていない」とかって恨み事を言い、かつ、チュ刑事にさえも、「帰ってください」なんて、自分の方の事情によるイライラの感情むき出し。

次いで、いろいろ事情を話し、ハリーの共感を得ようとするスヨンに、「俺はどうなるんだ!?」と怒るハリー。

それに続いて、歩み寄ろうとするスヨンに無言の攻撃。

その次は、打って変わってファン・ミランに対して「外向きの美しい微笑」。
そして、ジョンウにも穏やかな表情を見せ、かつ言葉は負け知らず。

その後、ジョンウを見送ったら、チングにいよいよ行動を命じる。

最後は、いよいよ悪役の本性を発揮。
カン・サンチョルの転落を、無表情で眺めている、お顔は可愛いんだけれど、ついに死亡事件に関わりがあることが、ほぼ発覚。
車の中では、悪の微笑。


こうやって書き出してみると、ハリーがどんだけいろいろな面を見せたかがよく分かる。


これに加えて、13話前半は、

隠し部屋で母のくれたペンダントを手にニンマリする意味ありげな場面。

屋台の好きなジョイ(=スヨン)と一緒に飲もうとして、嫌いな屋台に出かけて、ジョイを呼び出そうとする可愛さ。

それが、ジョイがジョンウと一緒にいると知って、衝撃を受けながら、ミランに対して取り繕う、意地を見せる。
が、握りしめた杖に、辛さというか、痛みというか、怒りというか、そんな複雑な感情がいっぱい。

次の隠し部屋では、ジョイが再び出かけていってしまい、またまた衝撃で「だめだ、ジョイ!!」と叫び、
車で追いかけて行った先では、ジョイが自分でない人(=ジョンウ)に親しげに電話をしようとするのを見て、とんでもない孤独に襲われる。

で、隠し部屋で大酒飲んで酔っぱらう。

で、母ヒョンジュの画像を見せられ、ハン・テジュンに対する復讐の言葉を口にし、怒りを露にする。



もう、これだけいろいろな感情を、次から次へと見せたら、スヨンとキスして、スヨンを取り戻したと思って、でも、スヨンは「ハリーを置いていけない」と言って、友達で我慢しようかと思う、ジョンウと比べても、多彩過ぎますよね〜☆

第13話、あまりにお気の毒なハリーさんなので、先ほども述べたように、「見たくない」の気持ちもあったんですが、じっくりいくと、

スンホ、やるじゃ〜ん!!

と、思わざるを得ません。


私的には、隠し部屋の酔っぱらいシーンのけだるさが、まあ、成人した日にお酒を飲めるようになって、まだ、1年弱の俳優ユ・スンホ、よくやるよなあ、と思う。なんかこのシーン、色気があって魅力的。
  ↑
韓国の成人は、数えの20歳になる年の元日、らしい。
「ポゴシプタ」撮影時は、まだ満19歳だったけれど、成人になっていたということで、お酒はOKになっていた模様。
まじめで羽目を外さないスンホ君、成人になった途端、お酒を買いに行って飲んだとかいうお話…。




それから、お得意の冷たい眼差し!!

スヨンとジョンウが手を繋いでいるときに、背後に出現する、この恨みの眼差し!!すごいですね〜。
この目が大好き。
チュ刑事が文句を言ったときに、チュ刑事にギロッと向ける目も、好きですね。

チュ刑事が「殺しそうな目」と評しましたが、いいこと言うね〜。

あらすじに載せなかったんですが、チュ刑事が療養所でハリーのことをジョンウに話していて、
「ハリーの顔がすごい」とか言っていて、要は、スゴい美形で、頭が小さくて、眉がキュッとか?
この言葉、おもしろいなぁ、と思いましたね。このチュ刑事役のオ・ジョンセさん、いい味ですよね。


そして、言い訳するスヨンを怒り、「ハン・ジョンウはダメだ!!」と言うハリー。
ここは、ハリーの必死の想いがはっきり見えていて、秀逸。
スンホ君、こういうシーンの目が、無言のところとはまた別の形で尖っています。
スヨンの肩を掴んで、下を向くところ、これ私的には、かなりツボです☆


このシーン、台詞と表情の組み合わせをじっくり見たい感じ♪




ドラマのリズムを作る
   惹きつけるキャラクター




このオ・ジョンセさんが、「会いたい」の韓国放送終了後のインタビューで、俳優ユ・スンホについて語っていたのが、「(スンホが)演技するのを見るだけでも幸せでした。最も若いのに、最も大きい兄のように立派でした。私とユチョンが撮影会場でふざければ、ほほえましく笑っている。本当に良く育ってこのような俳優になったことで、皆に満足をされていました」とのこと。

ユ・スンホ君、演技はベテランの域。そして、皆が、子役からよくこんな風に育って良かったって、言いますよね。

俳優さんの持つ「味」って、そのドラマをおもしろくするかどうかに、とても重要。

オ・ジョンセさんは、少々暗い展開のこのドラマに、リズムをつける役割を果たしているし、スンホ君は、うーん、やっぱり惹きつけるよね〜。目が尖ったり、穏やかで温かい雰囲気になったり…。


この13話付近では、最初の登場の第5話の頃より明らかに痩せていて、ファン・ミランの店に行ったときのベージュの良い生地を使った、高そうなコートをお召しのハリーさん、まあ、なんとも麗しく、穏やかな表情の下に、スヨンを失いそうな哀しみがあって、余計美しさが輝いてしまっている、と、思うのは、私だけ?


彼の演技は、内から滲み出てしまう感じ。感情が自然に湧き上がってきている…。
作ったんではなく、彼は感じてしまうんでしょうね。


キム・ナムギル氏も「赤と黒」のときに、気持ちが高まって台本にはないキスをしてしまった場面があったとか。
ジョンウとスヨンのキスはね〜、湧き上がる感情って言う感じではなくて、ちょっとパス…。
ユチョン・ペン、ユン・ウネ・ペンさん、ごめんなさいね〜。


「ハン・テジュン、ファン・ミラン、ナム・イジュン理事、カン・サンチョル、カン・サンドク、ミシェル・キム」とハリーがチャットで6人の名前を並べたということは、この人たちが全て彼の復讐の対象であるということで…?
ここで、カン・サンチョルの転落死を高見の見物的に見ていた訳だし、ちゃんと見ていれば、実は、彼らの死等にハリーが関係している、と読むべきだったんでしょうね。

昨年、韓国放送を視聴していたときには、韓国のお名前にも慣れていなくて、誰が誰だか分からなかったような。
実は、今も「チュ刑事?チャ刑事?チェ刑事?」なんて、確かめながら書いている始末でございますが。




◇ スンホ君のお手々


以前に、私のお気に入りブログの「ユ・スンホきだりっけよ」のnamiさまが書かれていたかと思うんですが、スンホ君、ほんとにきれいな手をしていて、このドラマ、度々手のドアップがあるので、楽しめます。


杖を持つ手、スヨンと握り合う手、そして、今回は、スヨンが「ジョンウや〜」と言うのを聞いて、ショックで笑いながら顔を覆う手!!
まあ、きれいな指!!
これは見物なので、画像にも入れました。。。






以下、ネタバレあり!!

未視聴の方は、読まない方が良いかも…です。



悪役ハリーの魅力


この13話のハリーは、思いっきり我が儘。
自分の感情に任せ、訪ねてきた刑事にも「帰れ」と無礼なことを言う。
でも、その我が儘な言動に妙なリアリティがある。

だって、ハリーはあれだけスヨンにべた惚れなのに、スヨンはジョンウにちょっと迫られたら、さっさとキスしてしまい、それを申し訳ないと思う様子もない。

ドラマの前半では、とにかくハリーとジョイ(=スヨン)が仲が良く、お互いを支え合って、お互いだけを頼りに思って14年間を生きてきた風。


ドラマのラスト21話で、実はスヨンも自分の気持ちを隠してきたとか言い出すのだけれど、ね。


とにかく、この13話まででハリーがスヨンに対してしてきた悪いことと言えば、14年前、キム刑事の車に細工して、彼を事故しさせたこと。ただ、これは、「ハン・テジュンが追ってきて、命の危険を感じたので、追って来られないようにしたのかも?」という説もあり?

あと、これも14年前、スヨンの死亡記事がねつ造されて、新聞に出たとき、それをスヨンに見せて、「おまえのことを待つ人は誰もいないから、一緒に行こう」と誘ったこと。


12歳の足を傷つけられ、母と引き離され、殺されそうな不安を抱えた少年というカン・ヒョンジュンには、罪ある人というよりは可哀想という見方をしてしまうし、その原因となったハン・テジュンを恨むのは当然とも思えるよな…。
ただ、返す返すも、とっととフランスに帰れば良かったのに、と思う。復讐しようなんて思わないで…ね。


12歳のカン・ヒョンジュン(=ハリー)は、ジョンウの誘拐は母が仕掛けたことだと何故知ったか?
なんて、ことは、どこにもなかったようだけれど、ああ、叔母のチョン・ヘミ(=ミシェル・キム)がいらぬことをいろいろ喋ったという話だから、ヒョンジュンにもその辺のことを、皆知らせてしまったってことかな。


カン・サンチョルが死んで、その死にはハリーが関係しているらしいと見えてきて、ハリーが不敵に笑いながら、車で事故現場を後にするのだから、ハリーの悪役ぶりが具体的な行動として初めて表され、いよいよ悪役の本領発揮。

でも、スヨンのことを愛しているハリーよりジョンウの方をスヨンが選ぶのは、ハリーにとって、ほんとにお気の毒と思ってしまう。第5〜6話付近の「ハリー&ジョイ」を見ていると、「なんで、スヨンはジョンウが良い訳?」と。

普通、三角関係で、間に入り込む役をやる人って、どことなく無理矢理入り込んでやった感があるんだけれど、スンホ氏演じるハリーにはそれがなくて…。
ジョイに対しているときのハリーがあまりにピュアに彼女を愛している感じだったなので、その関係は素敵だったし、ジョンウにスヨンを取り戻してくれなくてもいいよって言いたくなる。


ユ・スンホは不思議な子だ…。


写真集もそうなんだけれど、やっぱり彼はピュアで…。
人並み外れて、誠実で純真で…。
それが、悪役ハリーの「ワル」以外の面での深まりに繋がっている感じ。


それと共に、ユ・スンホ君は、「冷淡・冷酷・怒り・憤り」という悪役の持つ面を見せることにも長けていて、この表情が魅力的。
そして、スヨンを失うかもしれないという不安がもたらす「哀しみ・嘆き・動揺・焦り」、それが、ハリーの心をかたくなにしてしまい、「冷静さを失った行動」、つまり、「我が儘で自分本位な行動」を見せるという、ひじょうによくできたキャラクター作り☆

ここまで深いとなると、頭で計算しただけで作り上げられるものではなく、撮影時に集中することによって、自然に湧き上がってきた部分も多かったのではなかろうか…?

これが「卓越した演技センス」なんですね。

「おばあちゃんの家」のときから彼が持っていた、そのものズバリに入り込んでいける才能。


ユ・スンホ君、撮影の後半になって、身近な人たちにも「ハリーがとてもいい」と言われたと言う。
ほんとに…


1つ1つのシーンで、
ここまで違う顔を見せる俳優さんは、
なかなかいないでございましょう♡




「怒るスンホ」が魅力的であることは、これまでにも度々感じていましたが、

「冷淡ハリー」、「殺しそうな目のハリー」、
  今回はこれがとっても魅力的でしたね〜♪



それから、いつも青いお召し物のスンホ君がお気に入りだったんですが、

今回は、ベージュのコートと、それを着たときの表情が
 とってもお似合いでした♪



あと、

「おまえには、俺のことが見えていない」が
  スンホ君が言うと、「良い台詞だな〜っ」と♪




ああ、スヨンに抗議するハリー。
なんか泣きたくなっちゃうな…。




12月25日未明、早くも追記、これもネタバレ…:

そう、重要な言葉について触れずにいたので…。

ファン・ミランの店でハリーがジョンウに言う言葉、

「スヨンのためだったら、何でもする」


これが実は、スゴい大きな意味のある言葉で…。
だって、ハリーはスヨンのために既にXXXをしちゃったんだもの。
既に死亡が発覚しているのは、2名。キム刑事も入れれば3名。

スヨンが、いなくなれば良いと思った人、スヨンに余分なことを言いそうな人。。
スヨンを失わないためにXXXをしてきたハリーが、ハリーの部屋の場面では、必死で「ハン・ジョンウはダメだ」を必死で繰り返すんですね。
でも、ハリーの中にハン・ジョンウをXXXしようと言う考えはなかったようで。これは、「ハン刑事さんのこと、嫌いじゃない」と言っていたけれど、12歳のとき、チョン・ヘミに閉じ込められた家で爆発が起きて、命さえ危ない状況に置かれたカン・ヒョンジュンを、ジョンウが助け出した…から??

このドラマ、よーく考えないと、意味の分からない部分がたくさんありますね〜。

この「スヨンのためなら、どんなことでもしますよ」という言葉、ほんとの意味「スヨンのためなら、殺人さえも厭わない」ということがが分かるとゾゾッとしますが、その「ワル」ぶり、ハリーの想いの強さ、愛情の強さ、その両方の面から、「よく言った!!」とも思えてしまう、言葉だったりします…ね。





by Cloudia-Yo | 2013-12-25 00:15 | 会いたい#5~#21美★ハリー | Comments(6)

Commented by rippledrs at 2013-12-26 12:25
Yo様~♪ 自宅サンタが忙しくて遅くなりました~(^^ゞ Merry Christmas~★デシタ
Yo様がサンタになって?? まさかコスプレ?(笑)
私も子供、甥っ子姪っ子たちにプレゼント配るのが大変でした~(+o+)
それぞれに好みがあって、難しくて~(^_^;)
やっと一息ついたと思ったら、今日はうちの子の誕生日・・・こんな日に産むんじゃなかった(笑)

ところで、13話後半、ハリーの心に同調すると可哀想で可哀想で・・・見るに堪えないけれど、Yo様が仰るように本当にいろいろな顔を見せてくれた回でしたね♪

スンホ君の持つ不思議な透明感と、「あまりにピュア」で憎めないハリー、悪いことしても〝仕方ないよ”と思わせてしまうこの引っ張り込み方は、たぶん本人も意図していないところでしょう。
このドラマ、ハリーをもっと憎めれば「ジョンウとスヨン、幸せになって良かったね~♪」とすっきりしたのかもしれない…なんて思ってしまいます(~_~;)

それこそ仕方ないですよぉ~スンホくんが魅力的過ぎるから~(〃∇〃)って感じです(笑)
隠し部屋で酔っぱらってけだるい様子、いいですよね~❤あのシーン一時停止して、一緒に飲もう・・・なんて昼間から馬鹿なこと考えている私でした(^_^;)
Commented by Cloudia-Yo at 2013-12-26 23:16
>りぷるさま、酔っ払いハリーと飲むなんて、さすがの発想☆私もやろうかな~。

ほんとに、スンホ・ハリーが素晴らし過ぎ、ドラマが何を主にしていたのか不明になってしまいますね。
スヨンとジョンウには冷たい視線を送るのみ、思いやり微塵もなし。(-_-メ)
ドラマを見ながら、こんな見方でいいのかと、葛藤デス(´~`;)

スンホ氏、上手過ぎるよね…v(>_<)v
14話ハリーさんはますますステキな模様∞

さて、私のサンタは家族のプレゼント買いってことなんですが、そう言えば…、今月半ばにイベントでサンタのワンピース着ました(+_☆) あまりタイプでないことをしたので、翌日から2日間風邪を引いて、エラク体調悪かった…(笑)。
Commented by YOU at 2013-12-28 20:51 x
Yo様
こんばんは(^^)
凄い!Yo様キーホルダーお持ちなんですね\(◎o◎)/!
私は写真集に付いていたクリアケースやマウスパッドも家族の目にふれないように隠しまわる始末で、カレンダーなんて夢のまた夢です(^_^;)一応、写真集は娘たちが、母の日に買ってくれましたが、嫌韓流であり、マザコンの次女はスンホ憎しの体勢なので。。長女は微妙に
スンホペンで、ハリーを視聴できる日を楽しみにしてます(*´▽`*)

携帯はスカーレットちゃんなんですね。オハラさんでしょうか?それしか
浮かびませんが、ビビアン・リーが美しくて名作の中の名作ですよね(^^)勿論キャラクターの魅力も大きいですが。スンホ君も作品名
出していましたね。。

年末の激務で、癒しを戴きに来ましたが、やはりハリーは癒しよりもドキリとする多彩な表情が多いですね(#^^#)

益々、寒くなってきましたが、未だ未だ主婦は年末大忙しですね。体調くずさないようご自愛下さいませ(^^)/
Commented by Cloudia-Yo at 2013-12-28 22:47
>YOUさま、お忙しい中ありがとうございますm(_ _)m

ユ・スンホ・キーホルダーの存在は私しか知らないし、カレンダーも、家族の寝静まった夜中にのみ登場(笑)。クリアケースも同じで!!
うちも娘は同じくスンホ憎しで…。娘は一時期、地上波の韓流ドラマをかなり見ていたんですが。

でも、娘さん達が写真集を買ってくれるなんて、素敵〜(^^)☆
ちゃんと、お母様の喜ぶものをと思っているのですね。

さて、ほんとにハリーはドキリよね(☆ ☆)。時々は、とんでもなく色っぽかったりもして…。
今、14話の画像を取りながら(←ほんとはやらなくていけないことが他に山ほどあるのに)、どんどん可哀想な表情になっていくハリーに(T T)...。
スンホ・ハリー、ご本人も「ハリーを演じていたら、目が尖った」とか言っていましたけれど、スンホ君、整形なしで別人の顔を作れそうな、変貌ぶり。しかも、何種類も…!!

携帯、間違えました!!スカーレットでなくて、キャサリンですね。ブロンテつながり…。うちの携帯、ビビアン・リーほど美人ではないので!!

YOUさまも、お身体に気をつけて、お過ごしくださいね(^O^)♡
Commented by namikicchi at 2014-01-04 15:57
Yo様
今年も宜しくお願い致します~
今頃こっちに来てしまいました、すみません~о(ж>▽<)
だいぶ前に記事読破して、「きゃ~o(≧▽≦)o私の名前が載ってる~!!しかもブログ名まで!」って思ったのですが気恥かしくて来れませんでした。
(^_^;)あはは~実は恥ずかしがり屋のnami☆です。
私の大好物のハリーのお手、いっぱいキャプってくださってありがとうございます!
スマホ持つ手、顔を覆う手、スヨンの肩をつかむ手…
其々に胸キュンです~♪
手フェチ部のSuzyちゃんもRiverちゃんもきっと喜んでますよ~!!
ね~ゞ(^o^ゝ)≡(/^_^)/"
「会いたい」の総復習もできるし、Yo様のブログはスンホくんの宝石箱や~v(T▽T)イエーイ
って彦摩呂か?!( ゚▽゚)=◯)`ν゚) ぱーんち!!!


Yo様、だいぶスンホくん病が進行していますね~またもや症状悪化してますよ
手遅れですね~笑
長期入院してどっぷりヤク漬けして下さいね~(*^0^*)/
Commented by Cloudia-Yo at 2014-01-05 02:44
>namiさま、強烈なお言葉、ありがとうございます(^ ^)w
まさしく、もう回復は見込めませんよ。「会いたい」後半をキャプしたりしていたら、どんどんヤバくなってきました。
ただ、ざらっとドラマを見ていても目が惹き付けられちゃうのに、それをじーっと眺めながら、「ここだ!!」と画像を取っていたら、もう、正気ではいられませ〜ん。

なんで、この子はこんなに手が色っぽいんでしょうね〜。顔だけでなく、手まで研究してるのかしら???
顔と同じくらい表現していて、ちゃんとキャプらないで捨ててしまったら、もったいない…。
スヨンの肩をつかむとグワワワワ〜ン。結局、手も物語っているってことかな(v v)??

お断りもせずに勝手にお名前を拝借して、ごめんなさいね。と、言いながら、これからもやってしまうと思いますが(笑)。
恥ずかしがらずにいらしてね。文章、いつも長過ぎるので、面倒だったら、すっ飛ばして読んでくださってOKです。ウン。ウン。ウン。ヨ・ウン。。。あれ???
名前
URL
削除用パスワード