アラン使道伝 ソウルドラマアワード2013で最優秀ドラマ賞受賞   

2013年 09月 12日
d0289252_12582563.jpg


我らがユ・スンホ君が玉皇上帝役で特別出演している
   「アラン使道伝」日本公式サイトのニュース・・・



2013.8.28


「アラン使道伝」、イ・ジュンギ 
   ソウルドラマアワード2013 W受賞!



来る9月5日に開催される世界的なドラマ授賞式「ソウルドラマアワード2013」にて、「アラン使道伝」が最優秀ドラマ賞、そしてイ・ジュンギが韓流ドラマ部門の男性俳優賞を受賞が決定致しました!


合計48ヶ国、225個の作品で歴代最多の出品国数と出品作数を記録し、世界的なドラマ授賞式として位置づけられた「ソウルドラマアワード2013」が今年も華々しく幕を開きます。

2012年1月から2013年5月まで、地上波3社で初回が放送され、15ヶ国以上へ輸出、または輸出額300万ドル以上を記録した作品を候補に、オンラインユーザーの人気投票と専門家たちの審査結果を総合し、韓流ドラマ賞部門が選定するソウルドラマアワード2013」。


その結果、MBC「アラン使道伝」とSBS「夜王」が各々最優秀賞、優秀賞に選ばれ、韓流ドラマ賞部門の男優賞はイ・ジュンギ、女優賞はスジ(Miss A)に決定いたしました。多くの作品の中から、W受賞という快挙を成し遂げた「アラン使道伝」、そしてイ・ジュンギにドラマファンから熱いコメントが続々と寄せられています。


「ソウルドラマアワード2013」は来る9月5日、午後5時10分より125分間MBCにて生放送で中継される予定。
ドラマ「TWOWEEKS」撮影の合間を縫って登場するイ・ジュンギの勇姿に期待が高まります。


d0289252_241258.jpg


元記事URL
http://www.aransato.jp/news/130828.php





で、以下は、楽天infoseek woman News K-popの記事です。


2013/09/08 16:58
「ソウルドラマアワード2013」大賞に「Prisoners of War2」
「ソウルドラマアワード2013」で男性演技者賞を受賞した俳優イ・ムンシク


イスラエルのドラマ「Prisoners of War2」がことしの「ソウルドラマアワード」大賞に輝いた。

去る5日午後、ソウル国立劇場で開かれた「ソウルドラマアワード2013」授賞式で、シリアルシリーズ部門最優秀作品賞は、スペインの「Grand Hotel Season2」が選ばれた。同部門の優秀作品賞は韓国の「追跡者THE CHASER」が受賞した。

また、最優秀作品賞短編部門では、フランスの「The Jewish cardinal」が、ミニシリーズぶもnではドイツの「Generation War」はそれぞれ受賞。

男性演技者賞はKBSドラマスペシャルに出演したイ・ムンシク、女性演技者賞は「Elementary シーズン2」のルーシー・リウが受賞した。

さらに、5つの分野で構成された韓流ドラマ文門では、「アラン使道伝」が最優秀賞に選ばれ、優秀賞は「野王」、男女俳優賞はそれぞれイ・ジュンギとスジが受賞した。

韓流ドラマ主題歌賞は「Dr.JIN」のOST「生きても夢のように」を歌った「JYJ」のジェジュンが選定された。

ソウルドラマアワード組織委員会と韓国放送協会が主催する「ソウルドラマアワード」は、全世界のドラマを対象に2006年から毎年開催されている。ことしは、歴代最多となる48か国から225作品が出品された。


元記事URL
http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/wowkorea_116634




男性演技者賞受賞のイ・ムンシクさんと言えば、「善徳女王」のチュクパン等、個性的な演技派俳優さんですね。「カン・チョルジュン公共の敵1-1」にも出ていました。






それでは

麗しい玉皇上帝のお姿など・・・



d0289252_1149234.jpg

天上界の三人衆・・・玉皇上帝、閻魔大王、死神ムヨン


d0289252_11503159.jpg

ペク・ドンスでも共演のパク・ジュンギュさんとユ・スンホ君。人見知りのスンホ君も打ち解けた雰囲気。


d0289252_11532123.jpg

天上界には、ドレスを着た美女がいます。


d0289252_11535344.jpg

この髪型が似合うのは、スンホ君しかいない??


d0289252_11541620.jpg

玉皇上帝がお花に触ると、、、


d0289252_11543028.jpg

お花が皆光り出すんだよ〜。


あら、閻魔も光っている!!パク・ジュンギュさん、閻魔がほんとにお似合いでした。
d0289252_11553382.jpg

碁盤を見つめて、慌てる閻魔。彼は玉皇上帝に勝ったことがない。

d0289252_13154398.jpg


                       ↑
上帝と閻魔が碁を打つとき、碁石を置くと、碁盤の上で水が動くような、これがなんとも言えず好きでしたね〜。生理的に、この水の動きが好き!!





誤字、重複、意味不明が多々あり、い〜っぱい修正しました!!
     ↓



以下、ネタバレ満載
       「アラン使道伝」感想。。
            ↓



「アラン使道伝」受賞のニュースを見つけたとき、ちょうど最終話の視聴を終えるところでした。

ユ・スンホ君の玉皇上帝を見たいがために見始めたこのドラマ、韓流ドラマ部門の最優秀作品賞とイ・ジュンギ氏の男性俳優賞受賞とのこと。


タイトル「アラン使道伝」となっていますが、幽霊アランと使道(サト)の役職についているキム・ウノが主人公で、正しくは「アラン&使道の伝」という感じ…?



元々の民話「アラン使道伝」というのがあるのだそうで、ウィキペディアによると・・・

「このドラマは16世紀末、朝鮮時代の慶尚道密陽(ミリャン)に伝わる幽霊伝説に基づいて製作された作品で、幼いころから幽霊が見える両班の庶子キム・ウノと生前の記憶がない幽霊アランが自分の死とウノの母の失踪の真相を求める内容とファンタジー要素で構成されている。この作品は兵役を終えたイ・ジュンギの復帰作であり、シン・ミナの時代劇初出演作品となった。」とのこと。
ふーん。。。


どうだったかって? → → → おもしろかった…。


何がって、ストーリーの独自性が…。



主人公のウノが両班(ヤンバン)の父と奴婢(?)の母の間に生まれているなんていうのは、高い身分の家族を持つという韓国ドラマにありがちなシチュエーション。また、幽霊のアランは生きていたときのことを覚えていなくて、ウノに「記憶喪失症」と呼ばれる。記憶喪失も韓国ドラマお得意のパターンではありますが、幽霊の記憶喪失ということで、ちょっと趣きが違う。そして、母親探しもある。ウノは行方不明の母親を探そうとする。韓国ドラマにありがちなシチュエーションを多用しながら、その中に独自性をも出したところが◎。


画面もファンタジーっぽくなるよう、天上界の色合いや、幽霊とか怨霊(?)が消えるところのCGなども綺麗に作ってある。

 人間離れした美しさの玉皇上帝ユ・スンホ君

白を基調に木々の緑、オレンジや黄色のポピーみたいな花を配したこの天上界がお似合い☆

スンホ君、いつも青い衣裳がとても似合っていますが、この白も似合うよね〜♪




どんなストーリーかと言うと・・・



使道になったウノとアラン



おてんば幽霊のアランは、天上界の玉皇上帝のところにまで自分の死の真相を聞こうと出かけるが、すげなく「知らない」と言われ、これまでの幽霊から人になれと言われる。が、人になっても何故か死なない。が、満月が2回上るまでが、その真実を知るために使える時間。

ウノは、何故か幽霊が見えるが、ちょっと投げやりな雰囲気を持つこのキャラクター。


母のかんざしを持っていたアランの記憶が戻れば、自分の母親の行方も分るかもしれないと思い、協力をすることになるウノとアラン。この2人のコメディ・タッチの掛け合いはテンポもよく、おもしろい…。




怨霊のホンリョン(中身はムリョン)

ウノとアランの前に立ちはだかる怪しい大巫女。ウノの母親とうり二つ。


d0289252_1242254.jpg
この方、お顔がコワイ…。


実は、ウノの母親は400年前から生き続ける怨霊ムリョンに身体を乗っ取られてしまったのだった。
ムリョンは生き続けるために、新たな身体を得るためにジュワル若旦那を使って、娘を探しているという超悪者。




死神ムヨン

アランは現世での幽霊の復讐を禁ずる玉皇上帝の命令に違反する者として、この死神ムヨンに追いかけられる。

d0289252_120094.jpg
ムヨンさん。いつも白塗り、お疲れさま…。


怨霊ムリョンは、実は死神ムヨンの妹。しかも兄妹に生まれ変わる前には恋人だったとか?
予告とか見たときは、この死神さん、玉皇上帝や閻魔大王の下の超脇役かと思っていたら、かなりの重要人物だったことが判明!!

で、この死神さんが悪の権化になってしまった妹と閻魔大王から使わされた任務の間で苦悩する。

ドラマにおける苦悩は、常に魅力!!

なんてったって、登場人物が苦しむ姿を視聴者は見たい!!って、

視聴者は皆サドってことでしょうか!?




イ・ソリム(死ぬ前のアラン)とジュワル若旦那

アランは、実は優麗(←幽霊の誤植!!なんか、やけに綺麗な誤植!!)になる前は深窓のお嬢様イ・ソリムであり、死ぬ前に、チェ大監(デガン)の養子、見目麗しきジュワル若旦那に恋し、自ら進んでいいなずけとなり、命を投げ打ってでも彼を助けようとしたという事実も判明。

このジュワル若旦那、貧しさから抜け出したいがために、ホンリョンの手先となり、ホンリョンが乗り移る身体を得るための娘探しをするというわるいヤツ。が、アランが自分のいいなずけ、生きているときには全く興味を示さなかったイ・ソリムだとは気づかずに恋してしまう。

イ・ソリムとジュワル若旦那との関係は、ありきたりでなく、ちょっとおもしろい。

加えて、シン・ミナさん、幽霊になる前のイ・ソリムを大人しい夢見がちなお嬢様という形で演じていて、こういう役もやるんだって。ただし、おてんば幽霊のキャラクターの方がずっと生き生きとしていますが。

アランと生前のイ・ソリム、
キャラクターが全く違うところがミソ☆



d0289252_1253760.jpg
これは、ジュワル若旦那でなくウノですよ。



イ・ソリムだったときのアランはジュワル若旦那に恋していたが、ウノと互いの目的を達するため協力している内に、2人の間に愛が…。しかし

やがては消えていかなければならない運命のアラン。




玉皇上帝と閻魔大王

ドラマはあらかじめきちんと組み立てられ、そこから創り上げた感。アランとウノを天上界から見守る玉皇上帝。何を企んでいるのか、存在感があります。



人間界に降りてきたときの玉皇上帝、つまり、

ロン毛でない、うなじ丸出しの姿で出てくるスンホ君、これまた、

後光が差している!!ほんとに美しい!!

こんな雰囲気を出せる子は、他にはいないよ!!


ちょっと今、その画像を載せられなくてザンネン。


我らがユ・スンホ君の演じる玉皇上帝と閻魔大王のやり取りもおもしろい。

このお二方、MBCベスト・カップル賞にもノミネート

相性抜群のカップル。

閻魔大王のパク・ジュンギュさんは、ユ・スンホ君の心境も理解していてくれたようで、ありがとう!!


ちなみに、このベスト・カップル賞の受賞者は、「ポゴシプタ」の主人公お二人と「アラン」の主人公のお二人でした (v v)...。

d0289252_11562344.jpg

仲良く魚釣り…。



とにかくユ・スンホ君の玉皇上帝のビジュアルは抜群!!写真で見るよりはるかに髪型も似合っているし、たまに人間界に出現するときの姿も麗しく…。

この天上の世界が、メルヘンチックなお花畑のような画面で、ドロドロのムリョンを見た後では癒されます!

死神や幽霊達が消える際のCGもシンプルだけれど、効果的。
日本のドロドロCGのリアル過ぎてゲゲゲって思うのより、これくらいで十分な気が…。←あまりに高級なCGについていけない私は前世紀の遺物??


ラストは・・・


ウノは、ムリョンの力が弱って、母親の姿になっている母と涙の再会。実は、イ・ソリムの死は、ムリョンが自分の手先としての務めを全うできなかったジュワル若旦那をかんざしで殺そうとして、それを見たイ・ソリムが彼を助けようと身代わりに刺されたということだった(かな?すぐ忘れちゃう)。ウノの母の身体からムリョンを追い出し、死神ムヨンと共同して、怨霊のムリョンを消滅させる。ムヨンも消滅する(ように見えた)。

アランは、全てを解決できて天上界に行けたとしても、ウノのことを忘れてしまうのはイヤだと思う。
          ↑
なんか、この辺がちょっと分りにくくて、理解が難しい…。と、私の無能をストーリーのせいにする(@,@)〜*

愛って、愛していたことを忘れたくないものなのかな〜?


ウノとアランは、アランの死について書かれている書物のある三途の川の手前の何とか言う場所に2人で探しに行くが、そこで、ウノはアランを死なせたのがアラン自身であり、また、自分が6歳のときに既に死んでいたことを知る。


ウノは、復讐しか頭にない母親が息子を顧みなかったための飢え死にだった??この子どもの目のくまが…。アワレよ。
このとき、玉皇上帝がウノを生かしてやったので、彼は後に玉皇上帝のためにいつか働く者として用意されたということだったらしい。
閻魔が人間界に使わしたムヨンのことを頼りにならんと思った玉皇上帝の策…。


2人のこの三途の川の「何とか(@@!)」にいられる時間が過ぎてもウノは戻って来れず、
2人は「サト〜ッ!!」「アラ〜ンッ!!」と叫びながら、
あえなく消えてしまう。


が、が、が・・・

ウノとアランが子どもに生まれ変わって、出会う。
ここまでで私の全く触れていない、ウノの下僕トルセと巫女のパンウルというのがいて、トルセは、パンウルと恋人になり、パンウルは2人の三途の川の「何とか」行きをも手伝っている。この2人の子どもとして、ウノが生まれ変わる!!

同じ時期に生まれ変わったアランは自分達が生まれ変わりであることを覚えているが、ウノは忘れていて…文句を言われる、というコメディ・タッチ。

アランが幽霊であったときにウノに呼ばれていた「記憶喪失症」という名前を、今度はアランがウノに向かって言うが、最後は大人になったウノとアランの生まれ変わりが愛し合って、2人の愛が成就する…という明るいエンディング。

ファンタジーのラストとしては

悲しませておいて幸せにしてあげるという
   ハッピー・エンディングで、
       涙と笑顔の両方を狙い上出来?



こういう終わり方がいいよな〜。
最近ごひいきの俳優さまが、なかなか幸せになれなくて、辛い思いをしているので…。



イ・ジュンギさんは、「2人の関係がとても切ない」と語っていましたが、そこまで涙ボロボロにはならなかった、かな。。
でも、応援したくなる、そんなカップルでしたね。

ジュワル若旦那の消されていた記憶が蘇り、自分の悪事について知って、アランに対しての申し訳なさで涙を流すところはなかなかでした。


最近見た韓国ドラマと比して・・・


最近見た韓国ドラマ、復讐(→復讐の相手が実の親だったものも多々あり)、出生の秘密、恋愛より家族、最後は「家族」になる…と、こういう展開が多かった。→ネタバレ、ゴメン!!
が、この「アラン」は韓国ドラマのネタを多用していてもファンタジー要素が強いので、「またか」感はない。

生死を扱っていてもタッチが軽いので、見るのは楽。ドラマの雰囲気が明るく、登場人物が愛に揺れて思い悩む部分もきちんと見せている。

が、視聴率はイマイチだったそうで…。
そう言えば、あまりドキドキせずに見られてしまった。って、私がスンホ君が出ていないところをながら作業で見ていたからというのもありますが…。


このようにいろいろなネタが交錯するというのが、連続ドラマとして放送するにはちょっと分りにくいらしく。この手のものは視聴率が低迷する?
「鮫」でもそうだったようだし。

私のようにDVDで一気に見てしまう人には全然問題ないんでしょ〜。
日本版のDVD、修正が入っているのかな?

韓国で低迷しても、
  アジアで売れる場合も多々
あるようで…。

「赤と黒」もその類い??


とにかくこのドラマ、他とは違うものを出したファンタジー性あり、それが、この受賞につながったなったのでしょうか?

それに、最終的に出来上がったものが素晴らしければ、私としては問題ない訳で、、、。
もの凄い勢いで撮影して慌てて放送してしまう韓国ドラマは、放送終了後にじっくり完成させて、海外にお出ましになるという感じ?←これは、単なる私の想像デス…。




と・に・か・く、、、
スンホ君の出演したドラマが受賞できたことは、嬉しいことです。



おめでとう、ユ・スンホ君!!

あなたの出演したアラン使道伝、
 ソウルドラマアワード2013で受賞ですよ〜!!



撮影が暑くて暑くて我慢強いあなたでさえちょっと怒りたくなった、玉皇上帝の「アラン使道伝」、華々しく受賞ですよ〜!!

聴こえてますか〜?スンホ君!!



d0289252_12535265.jpg
  スンホ君、ちょっと紫がかった青色の背景がとってもお似合い♡


画像は、「アラン使道伝」公式サイトさまなどにかなりお世話になりましたm(_ _)m...。



アランがジュワル若旦那に刺されて死んで、でも、死ななかったとか、ウノの母親が復讐の相手として命を狙っていたチェ大監の悪事がばれて捕らえられる、など、いろいろあるのです。
が、今回はこのくらいで…!!



お・し・ま・い


余談・・・
  ↓

   




あ、あと、音楽もおもしろかった。アップテンポの仮面舞踏(by MCスナイパー)、時代劇でこののり、このミスマッチ、おもしろいですね〜。発想の自由さが私好み!!
ドラマにおけるアップテンポの曲の質の高さは重要・・・と思う☆



それから、ufufu。
閻魔大王の全く動かない首に対して、スンホ君の玉皇上帝は首がフワフワ動く…。
スンホ君、身体柔らかいんだよね。ダンスしていても、動かなくていいところが動いたりして…(笑)。

そう言えば、ハリーでも語気を強めるときに、首(というか、頭)が動いていたな…。

身体の柔らかい人は、頭も柔らかい、と言うのが私の持論。かくいう私は身体が超カタい。
私もスンホ君のように脳みそを柔らかくして、身体も柔らかくしたいもんだ…。

by Cloudia-Yo | 2013-09-12 09:30 | Comments(13)

Commented by YOU at 2013-09-12 23:14 x
Yo様
こんばんは(^ ^)
受賞とってもおめでたいですね(((o(*゚▽゚*)o)))
私はあと二話残してますが、確かにストーリーとても面白いと思いました。ラストは実際観てみないと分かりませんが。受賞は納得納得(^-^) パクジュンギさん、フクサモより
閻魔役の方が好きです!スンホ君の上帝も
麗しくて、艶めかしくて、可哀想なキャラでないところが好きです。地上に降りてきた
人間風の上帝も素敵でした♡ ストーリーの半分が天上シーンなら尚更良かったのに…。

主役のイ・ジュンギさんの少しひねくれた俺様キャラも、外見はともかく、ジュワル若旦那の切ないキャラも良かったです。
イ・ジュンギさんこれが除隊後復帰作品でしたでしょうか? スンホ君も除隊後、主演で代表作になるような素敵な作品に出会えますように♡
代表作になるような映画の主演もいいなぁ。
欲張り過ぎでしょうか?(^^;;
Commented by suzy1-9no at 2013-09-13 01:39
Yo様、こんばんは。アラン、スンホ君のビジュアルはもちろん、他のキャスト・ストーリーがいいですよね!
そして受賞もとてもおめでたいことです(ノ^∇^)ノワイワイ
8月終わりぐらいに視聴完了して、最終回はまだHDDに残してあります。特別出演だということで露出は余り期待してなったんですが、思ったより上帝様のお顔が拝めてニマニマしながら見てましたよ。
上帝様の前髪、試行錯誤したようで何回か変わりましたね。最終的にはサイドに流れる短め前髪に落ち着いたようで・・・。スンホ君が美しいので髪型はさほど気になりませんでしたが~♫
ででで、Yo様と同じところにツボってたのでテンション上がっちゃいました!!
碁石を置いたときの、水がポチャーーーーンってなるところщ(゚ロ゚щ) 私もあのシーンがとても好きです❤❤
人間界のあのお姿も凛々しくてステキですよね(≧∇≦*)
思わずナウリーって叫んでしまいそう・・・。
長くなりましたが、ドラマ受賞の情報ありがとうございました!
Commented by テヒャン at 2013-09-13 10:07 x
Cloudia-Yoさま、初めまして、数か月前に「ヨ・ウン堕ち」してしまった普通の主婦のテヒャンと申します。10歳の男の子の母です。

先週から、「ヨ・ウン堕ち三人衆」様たちのブログで、Yo様を拝見しており、興味を持ち、お邪魔しました。主に、スンホくんと、ナムギルさんを応援されているのでしょうか。私が最初に、気になりだしたのは、善徳女王で観たピダムだったので、ブログに彼のことも色々書かれているようで嬉しく拝見しております。ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

とてもよく、韓流の研究をされているようで、素晴らしいと思います。私は、まだまだドラマの種類を知りませんので、ブログなどを参考にスンホくんや、韓国ドラマについての勉強(笑)をさせて頂きたいです。

お仕事、お忙しいようですが、楽しく拝見させて頂きたいと思います。お身体お大事にブログも頑張って下さいね。
,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’  

アラン・・・も評判が良いようで気になっております。「王の男」を昔観て、大好きになりました。
Commented by Cloudia-Yo at 2013-09-13 10:22
>YOUさま、おはようございます!!

YOUさまと私、名前が似ているせいか(!?)感じることが似ていますね〜。ほんとに玉皇上帝は可哀想でないから安心して見ていられました!!
出番が少ないから、すっ飛ばして見ることも可能(>_<)**(←いいよーな、わるいよーな…)。スンホ君の主演だったりしたら、最初から最後まで食い入るように見つめ続けなくてはいけないので、集中力がいります(!?)。

ジュワル若旦那がビミョーな位置にいて、主人公みたいにたっぷり悩んでいましたよね。感情の複雑さったら、ウノ以上で主演級。ヨン・ウジンさん、頑張っていました!!
最後はエッというところにさりげなく現れます。ムヨンもですよ。お楽しみに♪

イ・ジュンギさんは、除隊後初の出演で受賞で万々歳な結果。ほんとにスンホ君も良い作品に巡り会えると良いですね。
アラン使道伝の撮影の暑さの体験も、スンホ君の軍隊に適応できたことや優秀な成績に繋がったのではないかと思っています〜(^ ^)v スンホ、ファイティン!!
Commented by Cloudia-Yo at 2013-09-13 10:37
>suzyさま、そう、あのポチャーンですよね。「心もポチャーン」です!!
あれと、死神とかが消えるときに残る煙のCGも美しくて、この作品の格調を高くしていると思います(^^)/

スンホ君、首の丸出し(←表現がツタナイ)も魅力的。suzyさんがブログでアップされていたペクヒョンの後頭部同様、美しいですよね。画像だけ見たときは、「なんで白髪まじり?」と思いましたが、本編を見たら、「やっぱりただの黒髪より白が入った方がいいよな〜」と思いました。上帝の衣裳もディテールにこだわったデザインで☆

とにかくスンホは美しい。こんなことを毎回叫んでいる私はアホだと思うんですが…。でも、彼のこの美しさは内面の純粋さ、美しさあってのもの。だから、ユ・スンホはスゴいんだと、改めて思う次第☆
Commented by Cloudia-Yo at 2013-09-13 10:57
>テヒャンさま、こんにちは!!コメントありがとうございます!!

スンホ君の作品ということで「善徳女王」を見ていたら、キム・ナムギル氏のピダムがおもしろくて、続いて見た「赤と黒」のシム・ゴヌクも変幻自在の感じで、彼にも注目するにいたりました。
ただ今は、スンホ画像を取るのに忙しく(!)、ちょっとナムギル休業中…。(←「赤と黒」を放り出したままで)

研究というか、なんだか言いたい放題で…(汗)。。
でも、スンホ演技を一生懸命見ていたら、いろいろ発見もあり、スンホ君の言っていることを知りたいがために、韓国語の簡単な本を持ち歩いて電車の中でパラパラ見たり、いろいろ生活も変わりました!!
いろいろ知るにつけ、スンホ君は予想外に独特でほんとにおもしろい子だなあと。
加えて、心にドーンとくる何かが彼にはありますよね。

10歳の男の子、昔うちにもいましたね〜。今はスンホ君と同じくらいの背の、同じくらい胴体の細いナムジャになっていますが。(←母に似ず細いんですよ)
子育て、頑張って!!スンホ君で楽しみましょう!!
Commented by テヒャン at 2013-09-13 13:01 x
Yoさま、素敵ですね。スンホ君似の息子さんがいらっしゃるんですね?
ヽ(*゜∀゜*)ノ

内面からにじみ出る気品・・・って、やはり、うちの息子には、なかなかマネできないですね。顔の作りの美しい俳優さんは星の数ほどいらっしゃるけど、でも・・・スンホくんの あの 意味不明の気品は一体???

スンホ画像集め、頑張って下さいね!☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚☆
Commented by Cloudia-Yo at 2013-09-13 13:25
>テヒャンさま、息子がスンホ君に似ているのは体型だけです。スンホ君みたいに謙虚じゃないし(笑)。あ、それに身長は同じくらいでも足はあんなに長くない(<_<)。。。

ほんとに、スンホ君の美しさと魅力は心の反映だと思いますよね。オンマの愛情と教育のおかげかな。あんな子に育ててくれて「ありがとう、オンマ」ですよね。
共演の俳優さん達も皆、スンホ君といると幸せな気分になるって言いますよね。彼はまじめだからきちんとし過ぎていて、辛い部分もあったのかな。。
画像集めで幸せな気分になり、ついつい時間を使い過ぎて、自分の首を絞めているYoでした!
Commented by rippledrs at 2013-09-17 02:13
Yo様、遅くなりました!!
アラン使道伝、ソウルドラマアワード2013最優秀ドラマ賞受賞、
本当に嬉しいニュースです\(^o^)/
評価はイ・ジュンギくんだったかもしれませんが、スンホくんやサモ・・じゃなく(笑)
閻魔のパク・ジュンギュさんが華を添えたからこその受賞だと思います(*^_^*)
でも、MBCベスト・カップル賞にもノミネート・・・って・・・まだまだ女性とは
カップルになれないスンホくんですね←それで良し(笑)

私も「生理的に、この水の動きが好き!!」←この「生理的に」ってとこに
ツボりました(笑)
Yo様って時々可愛い表現されるので、それを見つけるのも楽しみです(*^^)v
視聴者は皆、サド・・・もナイスです(^o^)v

このドラマ、ある意味ポゴより引き込まれて、昨年夢中で見ていました!
オープニングの曲?あれがワクワクさせました~お化け屋敷に入る気分?(笑)
「ドラマにおけるアップテンポの曲の質の高さは重要」←さすがにOSTたくさん持っていらっしゃるYo様の深いお言葉・・・(^-^ゝ

丁寧な記事をありがとうございました!
Commented by rippledrs at 2013-09-17 02:15
P.S
お知らせで申し訳ございませんが、このドラマをちっとも評価していない、私のところのランキングが発表になりました(-_-;)

ご不満かとは思われますが、お時間ございましたら見にいらして下さいね(^_^)v

ここのところ一日おきに仕事で徹夜しているため、なかなかお邪魔できず、
申し訳ございませんでした(>_<)
Commented by namikicchi at 2013-09-17 16:07
Yo様~こんにちは~(*^・^*) 
先日はnami☆のブログへお越し下さりありがとうございま~す
(*ノ▽ノ)
お仕事お忙しいのに、かなり精力的な記事アップされてて・・・
ほんとにスゴイです~!
実は私、まだ「アラン使徒伝」途中なんです~(* ̄Oノ ̄*)コッショリ  
難しすぎるお話の内容がイマイチ、ん?(・・;)ってピンと来てないおバカちゃんだったもので、今回Yo様の所で、かなり噛み砕いたわかりやすい説明を読ませていただいたら、おお~!なんだかスッキリ☆(〃ω〃)しました。勉強させていただいてありがとうございます~。続きが楽しみで~すヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ 
先に写真とかで上帝様のビジュアル見てて、
「まったくスンホくんに何で白髪頭させるのかしら~ヾ(`д´;)もう~」
って最初違和感バリバリで視聴入ったのですが、天界の上帝様見たとたんハレ~(*/▽\*)って思ってしまったパボです(´∀`)アハハ~
りぷるちゃん家のドラマランキングの記事で、
まだドラ桜をご覧になってないとコメされていたのですが、きっとYo様もベクヒョンにハマると思うので是非見て欲しいです~
( ̄ー ̄)ニヤリ 
Commented by Cloudia-Yo at 2013-09-17 20:30
>りぷるさま、お気遣いいつもすみません!!

ほんとに、「スンホ君、女性よりも男性とのペアのが良い」という驚愕の事実!?
だって、ペク・ドンスでは「ヒロインはヨ・ウン」なんて言う説もあり、ヨ・ウンのペク・ドンスへの愛の方が、ジソンのドンスへの愛より遥かに深そう!!YouTubeでも、ボーイズ・ラブみたいな取り扱いの動画多々ありだし。(@_@)!!
ジョイに対するラブラブはかなり自然に見えましたが。彼も大人になったんだ…。。

音楽は、ちょっと必要もあって、ほんとにいいと思ったら、わりと買ってしまう。「ペク・ドンス」もDVD購入をためらって、最初にOST買ってしまい、でも、我慢できなくてDVD買ってしまった(><)!これは家族に㊙…。高いアクセサリーを買う訳でもないし、「少しぐらいは楽しみがあってもいいじゃない」と心の中で言い訳。まあ、うちの夫も「もやさま」のDVDを買いまくっていたようなので、少しくらいは許されてしかるべきかと??

丁寧というより、ダラダラと長くて読むのがイヤになりそうな記事、見てくださり、ありがとうございますm(^^)m


Commented by Cloudia-Yo at 2013-09-17 20:54
>namiさま、いつもいつもありがとうございます!!

ほんとに、スンホ君、画像も癒されますが、動いている玉皇上帝は麗しいですね。人間離れしていて、トンデモナク美しい!!

8月半ばにちょっと仕事のけりがついて、でも、実はあまり暇ではなかったんだけど、スンホ君のミンジェや、いろいろな画像をちょっと見る心の余裕ができたら → → → スンホ君の素晴らしさに取っ捕まり、再びスンホに夢中の日々…(ナムギルさんの「鮫」も終わってしまったし)、勢いに任せて記事を多発〜。反省…☆
でも、ヨ・ウンもいいし、ハリーもやっと動画で見られるようになったら、やっぱりスゴくてどっちに行こうかと忙しい。ハリーが出てくると、目が釘付けです〜。語らずにはいられない。とんでもない19歳俳優でしたね。

「ドラゴン桜」、娘が見ているのをチラチラ見ていて。なので、結末だけは知っているんですが、じっくり見る暇がなかったので、namiさんのお薦めどおり、ただ今の「先生はエイリアン」(!!)の次に行こうと思います♪
名前
URL
削除用パスワード