ポゴシプタ第8話 いよいよCG男出現。。ハリーの美と毒     … 9/29追記有     韓国ドラマ「会いたい」   

2013年 09月 23日


軍入隊前に、このドラマに出て思う存分美しい姿を見せてくれたスンホ君!!
     
 ハリーの美しさ
      それだけでも見る価値十分

                   

       「ポゴシプタ第8話」!!
 


      でも、スンホ君の魅力はそれだけではありません!!    


d0289252_18235130.jpg
               ハリーのこの世のものとは思えないくらいの美しさ…☆



当ブログは、絶対的ユ・スンホ・ファン、ハリー・ファンという、かなり偏った立場で書いており、「会いたい(ポゴシプタ)」全体を追うことはしておりません。
ユ・スンホ君の演技を見たことのない方には意味不明の点も、多々あると思います。
ご了承くださいませ。。

スンホ君については、彼の出演ドラマを実際に見ていただくのが一番かと…。






足を痛めたハリー & ジョイにスヨンの影を見つけるジョンウ
                    ↑
              この言葉、イラッとして、小さくしてしまった…。


車の中から。ジョイの様子を見ていたハリーは、ジョイがジョンウが接近し、ジョンウがジョイを連れて行こうとする姿を見て、
d0289252_23215958.jpg

「ジョイッ!!」と車から慌てて降りて追いかけようとし、不自由な足をまた痛めてしまう。


ハリーは、この後、ハン・ジョンウの継母ファン・ミランのブティック、ベルルースの前でナム理事がファン・ミランと関わりのある様子を目撃し、ニヤリと笑う。


ジョンウは、スヨン母の働くレストランにジョイ(=スヨン)を連れて行こうとするが、ジョイは拒否。ジョンウを翻弄するため、一刑事であるジョンウには手の届かないような高級レストランに行き、高価なワインを注文したり、香港に買い物に行きたいと言ったりする。
しかし、ジョンウがスヨンを忘れていなかったということに気づき、心が波立つ。

ジョンウを振り捨てて、車に乗ったジョイは、ハリーとの電話でハリーが怪我をして病院にいると知らされる。


医師チェ博士に手当をされるハリー。
彼は、14年前に傷つけられた足のために、筋肉の移植手術も受けていたという。
チェ博士に、ジョンウと出かけたりしているジョイのことを「最近、言うこときかないから」と紹介するハリー。


d0289252_1915788.jpg


ハン・ジョンウがハリーに会いたいと電話をしてくる。ジョンウはハリーの家に来ることに。



d0289252_19262392.jpg
      ジョイさん、後ろ姿でカンベンね。
      あら、ハリーさん、ベッドでパソコン。体勢は今の私と一緒ですぅ♪


ジョイは、ハリーにハン・ジョンウが予想外に自分のことを忘れていなかったと語る。
自分はこの韓国で「過去のことを思い出すのが辛い、私はハリーがいなければ死んでいた。イ・スヨンであったことは忘れたい」と告げる、「明日、先にフランスに帰るね」と。
彼女にとって、韓国は殺人者の娘として、周囲から冷たい扱いを受け、また、暴行事件に会うという辛い場所だった。
そんなジョイの苦しみを思い、切ないまなざしで見つめるハリーは、「君が望むなら」と優しく言う。


d0289252_19153022.jpg
     
                ⇧  ⇧  ⇧

    麗しいハリー、優しいハリー、憂いを見せるハリーのオンパレード!!


その頃、ハン・ジョンウは異母妹アルムから、父に隠し子がいたという愚痴を聞かされたりしている。



大金を要求するナム理事と
       毒を見せ始めるハリー



ハリーの異母兄ハン・テジュンの妻ファン・ミランともなんらかのつながりを持っている様子のテジュンの部下ナム理事。彼は、ハリーが14年前に異母兄ハン・テジュンの手を逃れて姿を消したカン・ヒョンジュンであると知り、ハリーに近づいてくる。
ハリーはそんなナム理事に対して、自分の住む豪邸のことを(←なんてったって、昭和記念公園くらいの広さがある感じよ)、「母の命と引き換えに手に入れた家だ」と憎々しげに言う。

あんたを探し損なってハン・テジュンに冷たくされたが…」と言うナム理事は、それでもハン・テジュンの下で生き延びてきたのだった。
「イ・スヨンがどんなになったか見たくてね」と言い、スヨンをネタにハリーから50億ウォン以上の大金を巻き上げようとしている。
それに対し、ハリーは「犬は甘やかすだけでなく、働かせなければ太るだけだ」と逆にハン・テジュンの「非資金帳簿」を持ち出すよう指示する。←いよいよハリーは何かを始める??

ハン・テジュンは、ナム理事にVIPの取引相手であるハリー・ポリスンと会えるよう設定しろと電話をしてきて、会うことになる。



ジョイの前では聴かせたこと、見せたことがない、ハリーの荒い言葉、険しい眼差し。
              ↓           ↓

d0289252_2351762.jpg

ハン・ジョンウがハリーの家に来る。 
ジョンウは、ガン・サンチョルとの車の接触事故のことを聞く。ジョイが事故のときにひどく怯えている姿がCCTVに写っていたと。
そして、また、ジョイがジョンウの探すスヨンだと確信していると言う。

ハリーは自分達は、3歳か5歳くらいのときから養親のところで一緒にいたと語る。その言葉は、ジョイがジョンウに語った言葉、そのものだった。ハリーは幼い頃交通事故にあって足を怪我した、と、それでジョイは事故をとても恐れていると説明する。
それでも疑うジョンウに、「遺伝子検査でもしましょうか?」とハリー。ジョイも「ハリーの言うとおりにする」と。
ジョイは、「ハリーがいなければ、私は死んでいたわ」と。
ジョイとハリーの結びつきの深さを思い知らされるジョンウ。




ハン・テジュンをすっぽかすビリヤード・ハリー


ハン・テジュンは、ハリーに会おうと約束の場所で待つ。
しかし、ハリーは…

d0289252_052080.png

ハリーは怪我を理由に「行かれなくたった」と電話を。
ハン・テジュンは既に約束の場所に、部下のユン・室長と共に到着していた。
キャンセルの電話をするハリーは、自宅でビリヤードをしながら。わざとビリヤードの玉の音をさせて、彼がテジュンをおちょくったと分らせようとする。
ハン・テジュンも電話の向こうのそんなハリーの様子を察し、不快に思う。




ハリーの自宅の隠し部屋


ハリーは、14年前に母から贈られた鍵のペンダントを、そのケースになっていたペンダントから取り出し、身につける。


d0289252_2016459.jpg


隠し部屋には、ハリーの母の肖像画が。
そして、この部屋には、ハリーの自宅のあらゆる場所に設置されたCCTVが見れる大画面が。
帰ってきたジョイは、ハリーの姿が見えないので、探している。
ジョイの呼ぶ声に、ハリーはハリーとジョイの写真の裏にある隠し部屋を出て、部屋の鍵を開ける。




ハリーのキス


ジョイは、顧客を招待するパーティで履く靴を選んでと、恋人に甘えるような様子でハリーに言う。

と、突然ハリーは、ジョイの手をつかんで…
d0289252_2141910.jpg

今、身につけたばかりの鍵のペンダントを外し、ジョイの首に。これは、母の形見であり、ハリーにとって最も大切な品。


d0289252_1771970.jpg


ハリーはジョイに大接近…
結婚しようと言って、キスを。
          
                 !!!

d0289252_1784447.jpg

ジョイの目は空ろ、顔をそらして、ハリーのキスを受け入れない。
 
そんなジョイにハリーは「大丈夫、気にしないで。いつまでも待つよ」とジョイをいたわるように、言葉をかける。

ハリーの優しく、しかし、苦渋に満ちた表情。




ガン・サンドク殺人事件の捜査…


警察でハン・ジョンウは、ガン・サンドクの使った携帯がフランスの番号であったこと、彼を殺した犯人が女性らしいことをつかむ。
ジョンウは、サンドクの住まいの人の協力で、駐車場の撮影画像を見ることに成功。ジョンウは画像を見る内に、サンドクの家の駐車場に車を止め、怯えた様子で運転席にいるジョイの姿を見つけ、衝撃で涙を流す。




顧客を招待したハリーのパーティ



招待客と話をしているハリーは、足が悪いのは最近の怪我が原因であるかのように、片足に包帯を巻いている。
             サンダルから見える足の指、あららのカワイさ…。
             2番目の指が長い、ギリシア型。親より出世するという噂も…。
                ↓

d0289252_21123367.jpg

        ↑
ハン・テジュンは、このハリー・ポリスンが、車から降りた自分に自転車でぶつかってきたこの若者だと気づく。


        「ハリー・ポリスンです」

挨拶をし、
ハン・テジュンに握手を求めるハリー。

このオデコ・ハリー、すっごいインパクトでした!!

d0289252_21153619.jpg


ハリーはジョイの胸にかけたペンダントをハン・テジュンに見せようとしたり。
→ → → 自分がカン・ヒョンジュンであることを臭わせようともしている??

                      ↑
    頭のいいハリーさん、何をもくろんでいるのか〜?


この場面のジョイは胸のググッと開いて身体の線クッキリ見える黒の花柄ドレスを着ていて、艶かしい、デス。

d0289252_2184236.jpg


そこへ、警察が到着するより先にジョイを連れ出そうと、ジョンウ入場。


第9話につづく・・・





ではでは、、

ちょっと思ったことを・・・


ガン・サンドク殺人にドライ・アイスが使われたことが分り、「この殺人事件の犯人は?」という刑事物のようなストーリーも展開された第8話です。
うーん。最初に見たとき、え、誰が犯人?って感じでしたね〜。
ジョイのようでもあり…。


この回の薄緑のTシャツにモコモコ白カーディガンのハリーは、穏やかな表情に憂いを秘め、「彼にするならこんなのが最高」的ジョイを包み込む優しさと男らしさ、大金持ちで、ほんとに品がよく優しいジェントルマンのハリー。しかも、とんでもない美貌!!

けれど、ジョイのいない場面では、彼が別の面を持っていることが表される。


白カーディガン・ハリー、ナム理事との密談・ハリー、ハン・テジュン回想の自転車ハリー、オデコ・ハリー。この、1つのキャラクターなのに、場面によって別人のように変わってしまうというその変化っぷりが、キム・ナムギル氏と同じなんですよね〜。

ユチョンさんは、ハン・ジョンウで狂ったウサギとスヨンを探し続ける少年の日からの変わらぬ姿を演じているったって、それほど顔の変化がある訳でもなし。ところが、スンホとナムギルは、「激」変わりしてしまう。
このお二人、そのような特色を持つので、ほんとに良い監督さん、というか、彼らの特色をよく知って生かせる監督さんに会えれば、すっごい演技ができると思うんだけれど、それを分っている人でないと、せっかくの変化能力が十分に生かされず…?


さて、2番目の悪役部分、ナム理事との密談でのハリーは、深い。
ただただ悪いのではなく、いろいろなことを思いめぐらせていてれビミョウに表情が変化していくので、目が吸い寄せられてしまいます。声の調子も!!

加えて、かなり低い声。貫禄☆


また、ハン・テジュンとの約束をすっぽかすビリヤード・ハリー。我が儘お坊ちゃんのよう。
美しい顔には多少の棘や毒があった方が…。
それでも、演じるスンホ君自身の精神がピュアなので、その毒に美貌が損なわれることはない?

やはり人間、
  内面が美しければ、
     毒も美になる
 ってことだろうか??


ペク・ドンスの公式サイトや、どこぞの韓流雑誌でのスンホ君の紹介に「次世代主演俳優として、期待される」みたいなことを書いてあり、この若さでこの深さ、ただ者ではない。

とにかく、
       視聴者を惹き付ける演技力☆

これは、実際にスンホ演技を見なくては分らないでしょうね。


さて、オデコ・ハリーは。宝塚の男役みたい…デスネ。
「風と共に去りぬ」のレッド・バトラーのひげなしバージョン風。波打った髪型といい、完成系のオデコ!!
私の近隣のスンホ・ペンの皆様の間では、圧倒的にオデコでない前髪スンホが人気で。いや、私もですが…。
スンホ君自身は、大人になりたい感じで、けっこうオデコ・スンホが嫌いではない??

「プロポーズ大作戦」の日本放送前のインタビューでも、オデコ・スンホ。
スンホ君、小顔の上に顔の眉から上が占める割合が大きい。いわゆる水泳帽が似合うタイプ。→オデコが目立つ。
うちの娘がこのタイプ。私と違って水泳帽も似合い、中学校のときには「××さん、給食の帽子が似合いますね」と担任の先生に言われたらしい(><)v


さて、このオデコ・ハリー登場はビックリでしたが、「ワーッ、何か起きそう!!」とドキドキに
そして、ついに



ハン・テジュンとの正式再会場面

→正式でない再会は、自転車ハリーが銀行の前でハン・テジュンに激突した場面。

この前のハン・テジュンとの約束をビリヤードをしていてすっぽかすシーン、ハリーのいたずらっ子のような表情と毒気が魅力!!好きですね♪
ビリヤードの玉のカチンカチンいう音と共に、ちょっと小気味いい。



ジョイとの関係に戻って…

なにしろ、ハリーは、ジョイにジョンウと関わって欲しくない。が、第8話では、まだハリーとジョイの結びつきが深い。
14年前子どもだったカン・ヒョンジュン(=ハリー)は、傷だらけのスヨン(=ジョイ)を置いて行こうとするヘミに凛々しくも抵抗し、「君が行かなければ僕も行けない」と言った、そのおかげでスヨンは生き延びられた。
「ハリーがいなければ自分は死んでいた」と言っている。

カン・ヒョンジュンがスヨンを救ったことを、ジョイ、忘れないでよね〜!!

この2人の秘密めいた関係が、2人のビジュアルとも相まって、神秘的でもあり。ジョイを見るハリーの眼差し、応援したくなっちゃう美しさ。

ユン・ウネさん、韓ドラ10周年中間発表でチェ・ジウを抜いて現在1位。確かに「宮」でも「コーヒー・プリンス」でも可愛かった。YouTubeのハリーとジョイの動画に寄せられたコメントでも、「なんて美しいカップルなの〜!!」みたいな、欧米系の人のコメントもあったり。あっちの人から見ても、十分に美貌と言えるお姿のお二人。

ハリーの方に深みはあり…。

  心が見えるって
      どういうことなんだろうな…?



キス拒否シーンのハリーの美しさは人間離れしていて、天上界のお方が新たな姿で舞い降りたよう。なにしろ、お肌が光り輝いています。
キムチ食べるからこんなにお肌のきめが細かくてきれいなのかしら(?.?)

このとき、ハリーは外国の隠し口座の鍵かもしれないペンダントを、ジョイにあげちゃったんだから。気前がいいというか、それだけジョイを愛してるってことで…。



スンホ君のこのドラマでのキス拒否されシーンは2回、どちらも出色の出来で…。このシーンの画像をあれこれ見つめていたら、あまりの色っぽさに、ぞっとしてしまった。→追記にまた記載。

あ、あ、あ、
スヨンに顔を近づけて行く、顎のラインが…!!


スンホ君が思いっきり相手に対する優しい気持ちで演じているからでしょうか?

キスしてもらえちゃうより、

     ずーっとずーっと美しい!!


好きな人のために何かをしてあげたいと思う気持ちを、この作品のカン・ヒョンジュンというキャラクターを演じるときに生かす、と、確かスンホ君は言っていました。
彼は、チ・チャンウクさんも言うとおり、「とても根の優しい子」だから、女性を愛するときも、こんな風に相手を守ろうとするのかもしれないなぁ。

やっぱり、演技っていくら作り上げるものでも、本人の中にあるものは出るからね〜。
品とかも…。
スンホ君、「貧乏な役も、お金持ちの役もできる」とか、子役のときに監督さんだかに言われたそうだけど。


彼本来の優しさとピュアな部分と、悪役というか人間の心の中の狂気じみた部分、それを演じることがおもしろいと思う、彼の持っている正反対の要素が、ハリーというキャラクターをおもしろい人物に仕立て上げていますね。
彼は、本当に良い演技、深い演技をしようと、必死で努力しているのだけれど、相反するキャラクターを1人の人間の中に住わせることを可能にしてしまうのは、やはり彼自身が生まれながらに持っている才能、感性だと思います。。


この回のラスト、オデコ・ハリーがハン・テジュンに何かを仕掛けようとして、ついに行動開始→→→ドキドキ感が増してきた第8話でした。



彼の演技を見ていると、彼の演技の悩みや躊躇までが手に取るように感じられてしまい…。
       ↑
    単なる勘違いかもしれないけどさ〜。


ほっとけない。
    私が助けてあげるよ!!
                なぁんて。。



最後に、もう一度、CG男・・・
d0289252_17104915.jpg
                ※CG男(ナム)とは⇒「CGで作成したように完璧に美しい男」のこと。



長々お付き合いいただいて、ありがとうございました.m(_ _)m...。


第5話から営業中・・

★第5話はここから
★第6話はここから
★第7話はここから




    9月30日締切、韓流10周年人気投票!!
 
         この次のずず〜っと下にある記事をご覧ください。
               ⇩    ⇩    ⇩




追記はこちら
  ↓




スンホ君のキス・シーンが可哀想で苦手な私なんですが、第8話のスンホ君の画像を一生懸命取っていて、何回もハリーとジョイの接近シーンを見ていたら、ジョイに近づくハリーの動きに脳天かち割られた思い。。

彼の若さと、美しさと、そして、何よりこの場面に賭けた彼の想い、なんでしょうか??
そのスゴさにつかまって、「第8話はやっぱりこれだ!!」とばかりに、この画像ばっかりいっぱい載せてしまうに至りました。

スンホ君自身も「14年も一緒にいるのに、ジョイはハリーにキスをさせないんです。」と日本で放送される前のインタビューでも言っていたし。「ハリーの行動が当然で、受け入れないジョイがおかしい」くらいの気持ちがあったでしょう。このことで実際、「嫉妬した」とも言っていました。
この第8話のときにスンホ君の中でのジョイに対する思いはしっかり確立されていて、よって、このように麗しい「キスをしようとするシーン」が出来上がったってことでしょうか?

「プロポーズ大作戦」のときにも「キス・シーンが5回」とか「熱烈なキス・シーンは初めて」とかコメントをしていて、大人の演技をしたいスンホ君、おそらくかなり意識しているシーンと思います。
→この私のキス・シーン苦手は、も、も、もしかして、嫉妬!?あはあ〜?


が、今回は

「可哀想」でなく、「彼の気迫にノック・ダウン」

となりました。


ユン・ウネさんが、「スンホさんがキス・シーンを照れるので、(お姉さんとして)いろいろ話し合った」とかインタビューで言っていましたが、若者に「こうするといいよ」とアドバイスをしていて、本番で19・20歳くらいの若者の勢いに持って行かれてしまうってことは、よくあることで…。

スンホは、照れていたってやり遂せるという。若くても実績のあるベテラン俳優だからねぇ。
そう、後輩にアドバイスするときは、自分も一層頑張らんとね〜☆




9月27日、さらに追記:

この記事を最初にアップしたときは、とにかくハリーのあまりの美しさにやられてしまい、ちょっとそれ以外のことに目が行かなくなっておりました…☆
数日経って、ちょっといろいろ考えたことあり、またまた追記です。



今回の画像は(というか、5話から始めたハリーの画像アップ)、自分ではかなりお気に入りで。そりゃ、自分の好きな表情を一生懸命取ってきてるんだからね〜(^ ^)/
作者はそんなもの…。

りぷるさんのブログ(ひまわり畑より)のところで、「読んだ方がつまらなくても書きたいことを書く」なんて、見に来てくださった方にはたいへん失礼なコメントしてしまいましたが、これは私が長い人生(けっこう長いよ〜)でいろいろ悩んだりして得た結論でありまして。



りぷるさんのブログは
こちらから
   ↑
埋め込み、りぷるさんに教えていただきました。ありがとう!!



最後は自分が良いと思うこと、正しいと思うこと、好きなことをして、それで共感してくださる方とお付き合いしていくしかないのだと思っているのです。ただ、それを実行するにあたり、自分なりに一生懸命、最善を尽くすつもりではある訳ですが。

そう、スンホ君のお仕事を見ていると、そのようにしたいと思っている私の思いを、既に実践してくれているような気がするのです。その誠実な集中のしかた。
彼の仕事ぶりには虚飾というものがなくて、いつもありのままの自分を体当たりでぶつけてくる、そんなものを感じます。だから、私よりずっとずっと若いのに、尊敬してしまう。



演技とか舞台とかって、その人の中身まで見えてしまうものだと思っていて、実は、数年前に息子が演劇をやっていたことがあって、よく見に行ったのですが、一緒に演じている人達の性格が手に取るように分りました。息子がいつも「あの人はこんなで…」と言っている話と私が演技から受ける印象が一致していて。

また、知り合いのダンスの先生をしている方が「踊ると自分の中身が見えてしまうから、ダンスを磨くには、自分自身を磨かなければいけない」と書いているのを見たことがあって、「若いのに、すごいことを言うなあ」と感心した。←これ、前にも書いたかも??



俳優ユ・スンホの演技、特にこの「ポゴシプタ(会いたい)」では、彼が放送終了後に軍入隊を既に決めていたこともあり、この役にかける気迫には並々ならぬものがあったと思う。
これは彼だけでなく、韓国の男性俳優のかなりの人達に、軍入隊を控えて、その直前に必死の思いで取り組み、結果としてひじょうによい演技を見せるということがあるようです。が、スンホ君の場合は、人が最もエネルギーを発揮できる19歳という年齢でのことだったので、飛躍的な成長を見せることになったとも言えると思います。



この第8話でのハリー、この美しく、ジョイに優しく、彼女を14年も愛し続け待ち続けた姿、それは、ほんとに魅力的で、普通でないカップルを作り上げてしまった。彼の年齢の持つ透明感、神秘性が、非現実的な雰囲気を醸し出している。

だから、視聴者はハリーのジョイに対する思いに共感し過ぎてしまい、彼が実は悪い人間であったとしても責めることもなく、彼の想いと共に涙を流す結果になってしまったのだと思う。

8話の場面でジョイは美しく演じてはいるが、彼女が何故ハリーを受け入れられないのか、その葛藤が見えないので、ジョンウの存在に心が揺らされて行くのが、妙に現実的なムードに見えてしまう。あるいは、葛藤が見えなくても、もっと深い存在感があれば良かったのかもしれない。(←ルキノ・ヴィスコンティ映画みたいな、分らないけれど、こんなムード的な…。古い?)


ネタバレ、ごめん。。
  ↓
現実的過ぎるから、ジョンウとスヨンのキスがなんかイヤだったんだな…。←でも、DATVとかのインタビューでスンホ君自身が「スヨンがジョンウとキスする」とか、言っちゃってましたよね、たしか。



ええ、長々とまた追記しましたが、要は、

この第8話が、
このドラマでのハリーの位置を決めるのに
ひじょうに重要な回だった


と、改めて思ったので…。


実は、本日夜中に仕事をしないと追っ付かない状況に追い込まれ、そういうときに限って、浮かぶんだよな。「そういえば、ハリーは…」とか。
最近、以前より時間があり過ぎて、却って浅いところでしか考えられなかったんですが、人間、「今、それをやっている場合じゃないでしょ!!」というときに限って、あれこれ考えてしまう、天の邪鬼。



と思っていたら・・・


あらら、またまた追記の挿入です
     ↓


昨夜28日、

スンホ君のカン・ヒョンジュン(=ハリー)
  韓国「キャラクターアワード99」で26位
       見事ランクイン!!


という情報を「Chillax s!」のaiさまから教えていただきました。
専門家による、テレビ局の損得勘定なしの投票結果の模様。


このことに関する韓国の記事で、スンホ君のキャラクターについて、次のような記載あり(ほぼ、機械翻訳です…)。

「片思いで葛藤を経たり胸が痛い場面を演出したりもする」
「tvN ‘隣の家の美男’エンリケ金(ユン・シユン)とMBC ‘会いたい’カン・ヒョンジュン(ユ・スンホ)は、やはり初恋の代名詞に選ばれる」


チョット分りにくいですが、カン・ヒョンジュンはスヨンに愛を受け入れてもらえず、片思いで葛藤したり胸を痛めたりするが、そのキャラクターとして印象深い演技を見せた。初恋の痛みのような初々しさがあったってこと…かな?
このカン・ヒョンジュンの演技における恋愛の様相で独特のキャラクターを演じて見せたってことなんではないでしょうか?

そう、だから、この8話のハリーのいる位置が重要だったんですって!!


ちなみに、キム・ナムギル氏も「鮫」のハン・イスで54位にランク・インでした。
昨日、「鮫」の動画を見てやっぱり泣けました。演技はヨカッタと思うのだけれど、キャラクターとしての独自性というか、インパクトが、ピダムやゴヌクほどにはなかったのかも。あまりバタバタ動いたりしないキャラクターだったので。
魅力はあったと思うんですが…。

他のランキングについては、このページの下の方にあるaiさまブログをクリックして見にいらしてくださいませ。



29日未明の追記はおしまい。そして、話は以下に繋がって行きます!!


そうそう、2012年の初めのインタビューでスンホ君の言っていた言葉

「内面も華麗な人になりたい」

この言葉を言っていたスンホ君はまだ高校生で、少年のようだったけれど、

彼はどんどん成長を遂げています


男の子の成長は凛々しいよね。
「ドラゴン桜」のファン・ベクヒョンが、たった3年弱でこんなになっちゃうなんてね…。
まるで別人だよ〜・


除隊後の彼の変化も気になるところ…。





ところがです、9月28日、さらに、追記(この追記は、26位の追記より前のものです…):

ユ・スンホ君の出演した短編映画、

「記憶のかけらたち」
についてのニュース。

ク・ヘソン監督+ユ・スンホ主演映画、ソウル老人映画祭本戦進出とのことです。

「現在軍服務中である俳優ユ・スンホが主役を演じて熱演した。 ユ・スンホはこの映画で9分間の短い映像を通じて幸せだった思い出を象徴する役を担った。」とのこと。
ク・へそンさんは、韓国版の「花より男子」でつくし役をやっていたカワイ子ちゃん。「花より男子」では、そんなにスゴいなという感じはしなかった。が、いろいろ芸術的才能をお持ちの様子。


d0289252_151561.jpg
 オルチャン出身のク・ヘソン(オルチャン=最高に可愛い顔)。確かに可愛い・・。28歳。
  スンホの美貌には負けるけどさ☆


「この映画は歳月が流れて大切な記憶を回想する主人公の繊細な感情を美しい映像で入れたのが特徴だ。 現在軍服務中である俳優ユ・スンホが主役を演じて熱演した。 ユ・スンホはこの映画で9分間の短い映像を通じて幸せだった思い出を象徴する役を担った。」とのこと、

ク・ヘソン氏は「ユ・スンホ氏に助けられて感謝した作品なのに、今まで完成作をお見せすることができなくて申し訳なかった」として"俳優にとって重要なフィルモグラフィーなので、今からでも良い便りを伝えることができて幸いだ」とコメントしたそう。

元記事はこちらから


そう、スンホ君のお仕事が評価されるのはとにかく嬉しいことで…。「アラン使道伝」の受賞に続き、おめでたいことデス。よね?


この「記憶のかけらたち」、ちょっと、感覚的な作品。一時期YouTubeにアップされていましたが、現在存在しないとのこと。


このときのスンホ君の画像は、aiさまのブログ「Chillax s!」にアップされています。

aiさまのブログはここから




9月29日、終わりの言葉
  ↓

とにかく、あちこちでスンホ君の一生懸命なお仕事が軍服務中に評価されてきているのは、たいへん喜ばしいことで!!
だって、あんなに素晴らしいハリーの演技をしたのに、それについての賛辞が定着するか否かのときに入隊して、話題にも上らなくなったとしたら、それはとてもとても理不尽だし、もったいないことだと思うので。

頑張る人にはそれなりの結果がついてくると証明された、スンホ君入隊から半年後の情報でした♪



挿入した追記だらけで、ぐちゃぐちゃになってしまいました。ご容赦を!!

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m 





* ブログのスキンを久々に変えてみました *
 黒いと読みづらいかな〜?印象もクロい??
 が、文字に黄色とかいっぱい使ってしまっているので、淡い優しい雰囲気の色にはできない
 という運命にある私のブログなのでした(><)☆

by Cloudia-Yo | 2013-09-23 05:00 | 会いたい#5~#21美★ハリー | Comments(20)

Commented by suzy1-9no at 2013-09-24 02:58
Yoさま、こんばんは。
これ、ツボリました(≧∇≦)プププ⇒「当ブログは、絶対的ユ・スンホ・ファン、ハリー・ファンという、かなり偏った立場・・・」
小さいけどしっかり主張してますね♪同感です!!私もかなり偏った立場でコメント書いてますから~ヽ(^∀^*)ヘヘ
はぁ・・・ヾ(´ε`;)ゝ 美しいハリー画像にへばりついてしまいました・・・。ステキな画像ありがとうございます(๑→ܫ←)
ほんとカッコいいし、キレイだし、可愛いし「CG使ったってこんないい男いないわよ」って叫びたいです。←スミマセン・・・パボ丸出しで
ジョイのオバカ~~~ハリーのお陰で助かって、14年も一緒に暮らしてきたのに2回もキス拒否るなぁぁ!!・・・ん?やっぱり拒否ってくれてよかった??複雑な心境ㅎㅎ
私、オデコスンホ非推進派なので、スンホ君がオデコ出してるとワワワヮヽ(゚Д゚;)ノ!!って怯みます。水泳帽が似合うオデコ・・・(爆)
最近、密かに思ってたんですけど、Yo様の語り口に変化が見えるのは気のせいでしょうか?以前よりもググッとお近づきになれたように感じますヽ(^∀^)ノ
もしも気に障ったらごめんなさい!!
Commented by Cloudia-Yo at 2013-09-24 10:35
>suzyさま、おはようございます!!

韓流10周年の人気投票を見たら、ユチョン&ユン・ウネ人気のスゴさにビックリで…、そちら目当てでいらっしゃると、けっこうトンデモナイこと書いているし。友達からは「マニアック過ぎる」との評判で(笑)。。
スンホ好きの方でないと許してもらえないと思うので、但し書きを〜。

語り口、変わってますか?しゃべり方に統一性なく、行き当たりばったりで。地が出てきたのかも?最近とみにパボ化??

さて、ジョイって、いつの間にかハリーの恩恵を被っていたことを忘れちゃう。作家も忘れちゃったみたいだし。最後の方の撮影で、ウネさんはかなり体調不良でたいへんだったようで、ハリーのことなんかかまっていられなかったのかも?

とにかく、大人顔負け演技力、天才子役のスンホ君が、あんなお姿になってしまったのはほんとに奇跡ですよね〜。
が、除隊して、スンホ君が毎回オデコハリーになっちゃったら、どうします??
スンホ君はけっこう嫌いじゃないのかも、で。
願わくば、少なくとも上半分くらいは隠して欲しいですよね(^λ ^ #)... *

☆*+**+**☆~☆☆☆*+**+**☆~☆…☆*+**+**☆~☆☆*+**+**☆~☆*+**+**☆~☆
Commented by rippledrs at 2013-09-24 18:20
きゃぁ~♡ 「麗しいハリー、優しいハリー、憂いを見せるハリーのオンパレード」
ありがとうございます~~~ヾ(≧∇≦*)ゝもう、PCの前で悶絶してます(笑)

Yo様の記事に合わせて、ポゴを視聴していこうと思ったのに、7話途中で
止まっており・・・(^_^;)
もう、視聴再開!! 8話では足を怪我してしまうんですね!可愛そう(涙)

!!
おでこはあんまり・・・だけど、除隊後あればっかりになったら「やめてくれ」の嘆願書を
TTU経由で送るってのどうですか?(笑)

足の指、あららのカワイさ…⇒また新しい魅力を見つけて下さって~(≧ω≦)♪♪
足の指フェチ部、作りましょう♪←そんなに露出はないかもしれないけど(^_^;)

「やはり人間、 内面が美しければ、毒も美になる」   

う~ん、名言!! 毒を美しくするスンホくん、これからも毒々美を振りまいて
欲しいものです♪

今日はハイテンションですみませ~んm(*- -*)m

ん?Yo様、「ベッドでパソコン」なんですか?
何か色っぽいな~優雅だな~~(* ̄▽ ̄*)ゞ
今度からYo様のこと想像するとき、上の写真の「ベットでPC」になりそうです(^^)v
Commented by Cloudia-Yo at 2013-09-25 02:57
>りぷるさま、ハイテンション、嬉しいですよ。動いていると、もっとガガーンです。ぜひ、見てください!!
そろそろ、ハリーの魅力がこのドラマを別の方向に持って行ってしまう、そんな予感の第8話。←どーゆー意味??
動いてしゃべるハリーの美貌がスゴ過ぎて…。
この後の回は、いよいよ演技でガガーンですよ。熱烈スンホ・ペンの皆様には、ハリーのすんごい演技を目撃して欲しい♪

スンホ君は毒気のある方がより魅力を発揮。チュンチュも毒がある前半がおもしろかった気。悪役らしきヨ・ウンと悪役ハリーも大当たりだし☆
それか、ミンジェとかカン・ベコとみたいな、悩む役ですよね〜。
そんな大胆な演技のスンホ君、足の指を見たら、「スターだから日々かっこいい靴を履いて、足の指は靴の中で小さくなっているんだろうな〜」なんて想像してしまいました(笑)。

さて、私、ベッドでパソコン、というか寝床でパソコンという…。お膝の上にパソコン載っけて、その内くたびれて、ずず〜っと横になって、今度はお腹にパソコン載っけて打っている…。ごめんなさい、色っぽくも優雅でもない、シーンでございます。。言わない方がヨカッタかな〜??

Commented by rippledrs at 2013-09-28 04:36
Yo様、おはようございます!! 寝落ちして1時に起きました(笑)

追記読ませていただきました♪ リンクまで入れていただいて恐縮です^_^;
ありがとうございました! でも、読者の多いYo様にリンク貼っていただくと
正統派でまともな方がうちにたくさんいらして、怒られやしないかと心配(笑)

忙しい時ほど、スンホくんのことを深く考えてしまうのって何故でしょうね?
思いがけずスンホくんの顔を思い浮かべると、心臓が早鐘のように鳴ってしまいます(#^.^#)ヤバイ

先日、この記事を拝見していたら、隣で宿題やっていた息子が「見せて~」って言うので
「ダメダメ~これだけは!」って言ってしまいました(笑)
それ程までに色っぽい、「スヨンに顔を近づけて行く、顎のライン」ですよね(〃ω〃)ポッ
名言です!あの顎・・・にやられてしまうんですよね(*´エ`*)ウットリ

スンホくんの画像を見ていると、言葉を失ってしまって、ただただウットリしてしまい、
記事が書けなくなる私ですが、Yo様のように冷静に見つめることの出来る
大人に・・・早くなりたいです。
あ、実年齢はかなりイってますが精神的に・・・(笑)
Commented by rippledrs at 2013-09-28 04:43
(続き)
「読んだ方がつまらなくても書きたいことを書く」って誤解を受けるような
ご紹介の仕方をしたかもしれません(・_・;) ごめんなさい!!

私は、ちゃんとポリシーを持って、ぶれない記事を書いていらっしゃる
Yo様をとっても尊敬しています。

いろいろな外的要因(主にお客様のこと)ばかり考えて、道を見失いそうに
なっていた私にとって、一筋の光が見えたお言葉でした(*^^)v

でも、Yo様も人知れず、考えていたこともあったと知って、急に親近感が
湧いてしまいました❤ なんだか嬉しい~(^-^)

グズでいいかげんな者ですが、今後ともどうぞよろしくお願いしますm(__)m

Commented by rippledrs at 2013-09-28 04:50
あ、すみません!! もうひとつだけ!(^^ゞ
スキン、変えられたんですね♪ 墨黒がとってもシックで素敵です❤
ナビもなぜか左側の方が見やすいみたいです\(^o^)/

PC、TOPの風景はどこでしょうか?
心をどこか遠い場所に運んでくれそうなキレイな写真ですね(〃・ェ・〃人)
Commented by Cloudia-Yo at 2013-09-28 13:40
>りぷるさま、いつも丁寧にコメントくださり、お気遣いくださり、感謝です〜!!
色っぽいスンホ君、家族と一緒には見づらいですよね(笑)。

そう、私、りぷるさんと逆で、うっとり沈黙にならず、スンホ画像に魅せられると「きゃ〜、ヤバイ、ちょっと、なんとかして、ウソ〜、なんだこれっ?」とか一人で騒ぎまくるタイプです、きっと(^_^)。。。
家の中でも「キャー、ワー、痛い(←よくぶつかる)」。家族にも「ちょっと静かに落ち着いて」と言われ、日々ドタバタ。「なんなんだ、このドキドキは?何が私をそうさせる?」って思い、動揺しておかしな行動に走る…。

ブログを書き始め、最初は言いたい放題、が、その内言い尽くしてしまった感になり…。そこから先は、何が発見できるかなぁ、という感じですよね。時々でも自分の想いを外に出していければいいかな…。

誤解→全然大丈夫です!!私なんかも〜っとすごい誤解を受けるそうなこと言っているし(<_< )。

実は空を見るのが好きで、このスキン選びました。が、前のスキンの黒とビミョウに色が違うことが判明。←写真と写真の間の繋ぎに使った黒の色と違っている(+ +)。。
これも、ま、いっか…デス♪
Commented by YOU at 2013-09-29 11:18 x
Yo様
こんにちは(*´▽`*)
やっとお邪魔できました。ドラマアワードの投票が済まないとお邪魔
出来ない気がして。。やっと昨日web上で投票できました。(*^^)v

沢山の嬉しい記事有難うございます。私は未だ見てませんが、ファンの間でのこのポゴシプタの位置がとても面白く、自分が観た時どう感じるのかな?と楽しみでなりません。ハリーが魅力的なのは当然でしょうが。( *´艸`) ストーリーの流れとしては、きっとペク・ドンス的な流れなのでしょうね?  なんで???みたいな(-"-)
ほんと、kissを拒まれたハリーの顎のライン美しいです。。。

aiさんの所のランキングとっても喜ばしいですよね。私は新参者ですが、ファンの欲目かスンホ君の実力が実際には世に評価
されていない気がしていたので。元天才子役ばかりがズームされてて。。。それが、専門家の間で、26位だなんて!!!
家で小躍りしちゃいました。(#^^#) 
キム・ヘスさんも好きな女優さんだし、何といってもジュワル若旦那のランクインも嬉しかったです。アラン視聴完了し、とっても
良かったです。最後迄。←ここ大事!!
続く ↓
Commented by YOU at 2013-09-29 11:25 x
思いがけない所での若旦那の登場に救われた感もあり、最後のウィットにとんだコメディー風の終り方も好き。 主演のお二人よりも上帝は当然ながらムヨン、ジュワル若旦那で楽しんでしまいました( *´艸`)

ナムギルさんは思ったより低く、残念でした。
鮫という作品か、監督か相性が悪かったのかな?ヘアスタイルも悪かったのよきっと!(笑)
私も同感。多分スンホ君オデコ出すの好きなんだと思います。。。。周りも評価高いのかな?これが日本人との情緒の差?

演技者の内面が分かると言われる事とてもよく解ります。私の場合、勿論詳しい内面ではなく、画面や舞台を通して自分の触角に触れてくる部分みたいなもの。あまり上手く説明できませんが。それで興味を持って作品を観たり、インタビューを読んだりして、あれあれ?と興味を失う事も多々あるのですが、スンホ君の場合、知れば知るほど益々、好きになってしまい、益々自分の中で王子様化、偶像化してしまいそうで、ちょびっと自分が面白いけど怖いです。。。

数々の吉報スンホ君の元にも届いて、励みになればいいなと思います。アランが良かったので作品に恵まれていないとも思わなくなりました。復帰作期待できるかも^m^

Commented by Cloudia-Yo at 2013-09-30 11:05
>YOUさま、コメントされたこと、全て同感。やはり、YOUさまと感覚が似ているようです…。

実は昨日から妙に私、ハイテンションでして。「スンホ26位」が相当嬉しかったらしい。
だって、「ペク・ドンス」でも、ヨ・ウンがあんなに素晴らしい活躍ぶりで、「何が泣けたって、ヨ・ウン」だったのに、賞レースでは、スンホとチェ・ミンスが入っていなくて、ドンス、ジソン、コムソン、チンジュ(←こちらは役名で)が入っていたという不可解(そういう公式ができているようですが)。

「ポゴシプタ」では、最終話の出だし(つまり、このドラマの総括という位置)の2分半くらいは全部カン・ヒョンジュンの歴史なんですよ。ハリーでまたまたスンホ演技はステップ・アップ!!
この役での彼の偉業が正当に評価され、バンザーイです。

ジュワル若旦那も主人公より深かったですよね。28位だった「赤と黒」のシン夫人をやっていたキム・ヘオクさんも好きなんです。この人おもしろい☆

全てのキャラクターの中からで54位に選ばれたのだから、ナムギルさんも低くないのかも。うーん、最近、顔が変わった?
映画はきっといいんじゃないかなと思いますが。

Commented by rippledrs at 2013-10-01 08:52
Yo様、朝起きたらスマホに更新のお知らせが来ていたので、(今頃?)
また遊びに来てしまいました(^^ゞ
韓国「キャラクターアワード99」で26位のニュース、私もai様のところで見て、今でも上機嫌(笑)、
「こんなに評価されちゃっていいの~?当然でしょ!でもこういうのは除隊後にして欲しい(笑)、でもやっぱり嬉しい~~(≧ω≦)♪♪」
・・・・という、訳のわからない心持ちをグルグル、そわそわしています(^^ゞ

追記というにはあまりにも詳しい、丁寧なご感想、何度も読ませていただいているうちに
あれ?Yo様のお子様、演劇?(この前気付かなかったのか!ヾ(`д´;) )
詳しくはわかりませんが、何だか本格的にされていたご様子、私の不肖の息子も
表舞台には立っていませんが、ただいま勉強中・・・(^_^;)
スンホくんのように才能ある人を見てしまうと、勉強してどうなるとは思いませんが、
まだ何か(たぶん本人の欲や夢)が足りないのだと思い、今は時期ではないと思ってます。

Yo様のお子様は、きっとYo様似で誠実で真摯な、才能溢れる演技を披露していたことでしょうね♪

(続く↓)
Commented by rippledrs at 2013-10-01 08:57
(すみません、続き)
「記憶のかけらたち」、始め動画を見たとき(当時はありました)なんじゃこれ?って受け入れられなかったのですが、今ではこういう毛色の変わった作品ですら、愛おしいと思えるようになって来ました(笑)
入隊して半年が過ぎ、何でも手当たりしだい見たいって感じでしょうか?(^_^;)
でも「ソウル老人映画祭本戦進出」ってことは、かなり評価されてるんですね!驚きでした♪

あ、チェ・ミンスさんを語る会(笑)メンバーのYOUさんもいらしてる♪
私もジュワル若旦那大好きでした~\(^o^)/
今度、ホン・デジュのイ・ウォンジョンさんも語りませんか??ナンテ(^^ゞ

下らない話を長々と失礼しました~~ヾ( ^ _ ^ )
Commented by Cloudia-Yo at 2013-10-01 10:28
>りぷるさま、おはようございます!!夜中に書きかけの記事が何故か「送信」になってしまい、更新になってしまったのかも?ゴメンナサイ。。

ホン・デジュ!おもしろかったですよね♪迫力なくて物足りない敵役が多い中、ホン・デジュの憎々しい笑い方!!はまり役だったなあ、なんて、私も考えていました♪

さて、息子の演劇、劇団とかでなく学生のなので自己流。最初に見たときは、台詞の間がヘタクソで「あらら…」。でも、若いからスゴイ勢いで練習して、人と関わって一緒に作り上げる大変さとかも学んだみたい。
スンホ君くらいの身長なのに周りが背が低く、1人だけヒョロっと飛び抜けていました。
スンホ君、日本が嫌いでないなら、身長含め全て満点になるから、日本に移り住めばいい、そうすれば会えるかもとか、昨日、変な想像が頭の中を駆け巡っていました(><)!!

りぷるさんの息子さんも親譲りの演技の血だったですね〜。
70代くらいの方が若者に「才能というのは続けていれば必ず花が開くんですよ。だから、頑張って続けてね」と言っているのを聞いたことがあって…。先の見えない努力を、素敵に花開くときまで続けていられるかですよね、きっと(- ・)〜☆
Commented by YOU at 2013-10-02 15:19 x
Yo様
こんにちは(^ ^)
Yo様と感覚が似てると仰って頂けるなんて光栄です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
でも、お邪魔し出した当初から、ドラマの見方?好きな俳優さん?ベクトル同じだわ!!と私的には思っていました。(*^^*)なのでここまで懐いて来てしまいました^^;
そして、お話したい事が沢山出来てしまい、膨大なコメになったりしてご迷惑なことと思います。いつも申し訳なく思いますm(_ _)m
Commented by Cloudia-Yo at 2013-10-03 00:52
>YOUさま、こんばんは☆
コメント大量、歓迎ですよ♪いつもありがとうございます。
「善徳」との出会いも確かYOUさんのお薦めでしたよね。おかげでナムギルさんにどっぷり浸かってしまいました(^^)/

スンホ氏はいい子過ぎて…。私も最初ヨ・ウンに嵌まったときは友達に「私はこの俳優でなく、このヨ・ウンていう役に嵌まったのよ」なんて言ってたんですが、スンホ氏のちょっと変わった、でも一生懸命追い求めている姿、その生き方を見ている内に、人間に惚れてしまいましたね〜。
スンホ君、高貴な役をやっていたら、ほんとに王子様みたいになっちゃって。どこかにも「誠実な人柄」って出ていましたが、他人に迷惑をかけるのをスゴく嫌うし、それでいて、演技は気迫ありで。

除隊まであと1年2ヶ月くらい。このまま無事に終えられるといいですね。(^_^)..




Commented by YOU at 2014-02-08 23:19 x
Yo様
こんばんは(^^)こちらにも忘れないうちにコメントを(笑)暫く忘れられないでしょうが。。まず、8話の初めの次女の台詞「あら~とってもコートがお似合いで!」 ←超嫌味(-_-メ)
この8話、前半確実に優位に立っているハリーなので表情もとても穏やかで、ほんと大金持ちの包容力のある紳士という感じですね^^
オデコハリーのインパクトは改めて凄かったです。。

問題はkissシーン。。もう美しすぎて息を呑む感じですね。(*^^*) 
ジョイ拒否ってくれて有難う!!これは一回目の拒否ですが、スンホ君自身も嫉妬してしまうという。。これはファンならばkissしてあげて!
と言うべきなのでしょうが私の場合、未視聴部分ですが、初めに性的暴行被害者という点がどうしても引っかかってしまい、kissという性的行為を受け入れられないのは致仕方ないのでは?と思ってしまいます。
(ここはハリーと一緒) でも、それを被害者が乗り越えられるのは本当に好きな人とのkissなのかも。。と。やはりスヨン寄りなコメントですね、すみません(>_<)  続きます↓
Commented by YOU at 2014-02-08 23:22 x
続き。 ストーリーの後半、考えが変わる事に期待します(^^;)それに、この回の後半で、ジョンウとハリーでDNA鑑定の話が出た時、ジョイはハリーに従う、ハリーの為ならなんでもできる!命の恩人だもの!!と言い切ってる所で私にははっきり恩義ではあるけれど愛情ではないという風に受け取りました。このように3話だけの中にもあちこちスヨンが本当に求めているのはハリーではない!というメッセージ
があって、もう既に可哀相。莫大な財産を持ってしても、如何にスヨンを自分の庇護の元に大事に置いていても、14年間何もなかった時点で、犯罪の被害の傷を癒せる存在に成り得てないって事が何とも哀れで。。。
もっと繰返し観たらまた感想変わるかもですが、何分一泊二日しか
ハリーは滞在されませんでしたので(笑)
Commented by Cloudia-Yo at 2014-02-09 01:00
>YOUさま、さすが、すごい読みが深い…!!それ、衝撃です。作家の考えを、見事に読んでますね\(^^)/

私、初回視聴のときは韓国MBCの動画を見ながら、翻訳している方のブログを見ながらだったので、意味不明のところが多々ありで…。今は、どうなるか分かってしまっているので、初回視聴の「どうなるんだろう?」という気持ちは持てず…。ちょっと、宙ぶらりんで、みあね〜です。
韓国で放送されたときも、スヨンの傷を癒せるのは、やはりジョンウなのではって記事が出ていました。予告動画で、子どものスヨンとヒョンジュンが手をつないで歩いていて、スヨンが煙みたいに消えてしまうのがあったんですよね。それって、本編には確か出て来なかったと思うんだけど、この哀しさみたいなのが、私、結構好きで…。2人の関係を象徴している感じで、そんな状況を抱えているハリーって思うと、余計ハリーが孤独で哀しいですよね。
Commented by Cloudia-Yo at 2014-02-09 01:05
>YOUさま、続きです。
韓国ドラマには、「そして、家族になる」みたいなのが、よくありますよね。「欲望の炎」のミンジェも、家族になっちゃったし。日本の家族とちょっと違う気がします。「欲望の炎」、かなりおもしろかったんですが、実は、ミンジェが家族になっちゃったのが、私としては不満だったんです。

ハリーのキス・シーンは、ほんとに私も「ががーん」と来てしまいました。ハリーがあまりに美しく、色っぽくて。
おでこハリーはインパクトがすごいでしょ!?この辺りのみで、、ヨカッタ??(笑)。
スンホ君、おでこ出すと別人ですよね。(@_@)
名前
URL
削除用パスワード