ユ・スンホセンイル記念 ユ・スンホ衝撃の変貌★ハリー登場!!   ポゴシプタ第5話 〜韓国ドラマ「会いたい」〜   

2013年 08月 17日
8月17日

 ユ・スンホ君 満20歳のセンイル(誕生日)


         おめでとう!!



「スンホ君のセンイルに何をしよう?」と思い、始めたスンホ画像探し。行き着いたのは、最新作「ポゴシプタ」での演技爆発、あまりにも美しいハリー!!

予告動画の「白シャツ★カン・ヒョンジュン(ハリー)の泣き」場面
d0289252_21233952.jpg
「お誕生日に泣きかい?」と思う方もいるかと思いますが、どうも私は泣きに弱く…(TT)(TT)(TT)...。
しかも、この白シャツ、ああああああ”〜!!
ちょっとたまりません・・・よ。
しかも、結局本編では出てこなかったんですよね。この場面。よって、貴重です。


スンホ君、泣くのも泣かせるのも一流 ですしね。


昨年秋から韓国で放送されたスンホ。スンホ君はこのハリーで衝撃の変貌を遂げました。
この「ポゴシプタ」韓国での放送は、ヨ・ウンでスンホ病になった私がブログを始めた引き金。最新ドラマのスンホ君、そして、彼自身もこの役に出会えてよかったと言っている「ハリー」を、ここに載せます☆


多くの方がご存知のとおり、彼は、3月5日に兵役の義務を果たすために韓国の陸軍に入隊し、現在イギジャ新兵教育大の助教の任に就いています。
なので、彼の新作は、早くても2015年…。スンホ君の「ポゴシプタ」に続くドラマを、私は切望しております☆


スンホ君は「ポゴシプタ」第5話で、主人公ハン・ジョンウ、イ・スヨン(別名、ジョイ・ルウ)と三角関係を演じる悪役ハリー・ポリスン(=カン・ヒョンジュン)として登場します。
ちょっと、キャプったら、あのときのドキドキが蘇ってきました…。で、私にとって「ペク・ドンス」と並んで記念すべき作品「ポゴシプタ」のスンホ君を、本日は載せることにします。そう、あともう1つスンホ病のきっかけになった作品があるんですが…。それは、「おばあちゃんの家」の子役スンホ君なんですよね☆この子はスゴイ子だと思った。。


私は完璧にスンホ病なので、「ポゴシプタ」でも正直なところ、カン・ヒョンジュン&ハリーにしか興味がない。ご了解を。。



第1話からは…

第1話から第4話、ちょっとネタバレ。これから見る方は、次の項目まで飛ばして読むのが良いかも。

子役のアン・ドギュ君が、カン・ヒョンジュンの子役を演じています。
カン・ヒョンジュンの父親は愛人カン・ヒョンジュの生んだ子どもヒョンジュンのみに莫大な遺産を相続させようとしたために、異母兄ハン・テジュンがそれを阻止しようして、カン・ヒョンジュンを母親と引き離すという暴挙に出る。ヒョンジュンは、テジュンの放った猛犬に片足を噛まれ、一生癒えることのない傷を負う。


ハン・テジュンを恨むヒョンジュンの母親カン・ヒョンジュは、ハン・テジュンに拘束されながらも、ハン・テジュンの息子ジョンウの誘拐を企てる。一方、初恋の相手ジョンウの誘拐現場を目撃したイ・スヨンは追いかけて、自分も捕らえられてしまう。
スヨンが誘拐犯に暴行され、ジョンウは怖くなって逃げ出し、残されたスヨンはその後、誘拐犯のいなくなったときに逃げ、カン・ヒョンジュンと叔母のヘミの乗る車にぶつかる。ヒョンジュンはスヨンを連れて行こうと言う。

ヒョンジュンは、以前に自分が監禁されていたときに優しい言葉をかけ、火事にあったときに助けようとしてくれた少女イ・スヨンを救うため、傷ついたスヨンを捨てていこうとする叔母の前に立ちはだかる。スヨンにずっとそばにいて欲しいと願うヒョンジュンは、スヨンの行方を探すキム刑事の車のブレーキに細工をして、事故死させるなど、子どもとは思えぬふてぶてしい行動を見せる。


そして、第5話、いよいよユ・スンホ登場…

以下、ひたすら、スンホ中心に取り上げております。


ユ・スンホ★ハリーの初登場場面…

d0289252_2234663.jpg
フランスで新進デザイナーとして仕事をするジョイ・ルウ(イ・スヨンの別名)の若いパトロンであり恋人である、金融ブティックを経営するハリー・ポリスン。
ジョイは、先輩デザイナーとのいざこざがあったとき、「私が訴えられたら、大金持ちの恋人が良い弁護士を付けてくれると思うわ」とサラッとハリーに言ってしまうくらい、2人の絆は深い。


d0289252_2235133.jpg

2人が車で走っているとき、ハリーに何事か電話が…。顔色を変えるハリー。

d0289252_2235461.jpg


ファッション・ショーの途中、ジョイはハリーの姿が見えないことに不安を感じ、部屋に。
そこには、疲労したのか眠っているハリーがいた。
ジョイはひたすらハリーを頼っている。

d0289252_2235864.jpg

ホッとして、眠っているハリーを見つめるジョイ。

d0289252_224220.jpg

ハリーの傍らで眠ってしまったジョイを見つめるハリー。

d0289252_224637.jpg

ジョイを見つめる目の優しさ・・・。

眠っているジョイを置いて、ハリーは韓国での自宅へ。
車を走らせながら、ジョイに電話を。

d0289252_2241085.jpg

電話の向こうで「何かあったの?」と聞くジョイに、ハリーは、しばし沈黙。
そして、「叔母が死んだ」と。

d0289252_2241339.jpg

驚くジョイに、ハリーは「ジョイ、大丈夫か?」と逆に気遣う言葉を。
車は、韓国のハリーの家に着く。

杖をついて、車を降りるハリー。
このシーン、下の方で書きましたが、この杖が!!靴が!!ハリーの姿が!!と美しさ3段がまえ!!

d0289252_2241832.jpg

そこには、ハリーの帰宅を待っていた刑事ハン・ジョンウが。
とんでもなく広いハリーの家。ハン・ジョンウは、この家の入り口に数多くの監視カメラがあるのを見つけていた。


ハリーが初めて主人公ハン・ジョンウの前に姿を見せる場面。。
私が第5話で1番大好きなハリーの表情デス・・・。
d0289252_20592365.jpg

この振り返ったハリーが、とんでもなく美しい。冷たいオーラが冴え冴えとして。

車から降りたハリーは落ち着いた様子で、自ら「ハリー・ポリソンです」と名乗る。


d0289252_2243770.jpg

ハン・ジョンウに手を自分から差し出すハリー。
ハリーの挨拶に、ハン・ジョンウもハリーの手を握り、「ハン・ジョンウです」と応える。

ハリーの叔母の遺体の確認に警察へ。
d0289252_224513.jpg

叔母の変わり果てた姿によろめくハリーを支えるジョンウ。
このよろけっぷりが…???
叔母は、ハリーの韓国の自宅プールで溺死。そのため、ハリーは警察に呼ばれて、韓国のハリーの家に戻ることになったのだった。

d0289252_2244695.jpg

ジョンウに車で家まで送られるハリー。ジョンウを見つめるハリーの心の中にあるものは??
このシーン、よく見ると、ハリーが実にいろいろな表情をしています。
ガラス越しなので、画像が鮮明ではないのですが。

d0289252_2245578.jpg

叔母を亡くしたハリーに励ましの言葉をかけるジョンウに、ハリーは笑みを浮かべて別れる。
韓国の記者をして、「杖をつく姿まで美しい」と言わしめた、ハリーのお姿!!




さて、この第5話…


ハリーとジョイの優しい関係と2人の美しさで、YouTubeでも、多々取り上げられ、2人の幸せな時期の象徴のように扱われているシーンが多々ある回です。
正直なところ、出だしのグレイのコートを着たハリーは、ちょっと叔父さんぽくし過ぎかな、と。(←ゴメンネ♡)

が、次の眠るハリーと目覚めるハリーは美しく、2人の関係も優しい愛情があるように見えて、しかもハリーの目に何か別の想いが浮かんでいるようで、魅力的。
車の中の2人のシーンも、よくよく見ると、スンホ君、深い演技をしていて表情の繊細な変化がお見事!!

何か心の中にありげな表情は、スンホ君お得意。

声が低くて、ご本人が「自分は若いので甘えた感じにならないように、硬い声を出すように努めた」と言う落ち着き。共演のユン・ウネさんも「スンホさんは演技になると声が変わる」とか「声が大人っぽいので(実年齢差が9歳であっても)演技はやり易かった」とか言っているのが、確かにそーだろー、です。


さあ、これから何が起こるのかと、ドキドキさせてくれた第5話でした。そう、ヨ・ウンに嵌まっていた私、「おばあちゃんの家」で、子役ユ・スンホ君の才能に雷で打たれたような衝撃を感じ、この「ポゴシプタ」で完全に「俳優ユ・スンホ」に嵌まっちゃったんだよな〜♪


ハン・ジョンウが待っているハリーの家に車で着いて、降りるところ、これが私としては、タイヘンなお気に入りの場面で…。何がって、車から降りるとき、ドアが開いて、杖、そして、片足を地面につく。ハン・ジョンウに呼ばれて、こちらを向くハリー。

全てがトンデモナク美しい!!


これは、ハリーが復讐の相手と思っているハン・テジュンの息子ジョンウに初めて会う場面、その緊張感が、雪の残る背景の冷たさとマッチして感じられ、それを作り出したスンホ君に拍手です。
ジョンウに「ハリー・ポリスンです」と名乗るハリー。実は、本名の「カン・ヒョンジュン」という名前で呼ばれることを嫌っていた(←後に分かる)ハリーが、ジョンウ父子の前でこの名前を名乗ることは、かなり大きな意味を持つ。初めてジョンウを見るハリーは穏やかな風を装ってはいるけれど、そのまなざしの氷のような雰囲気、その目の奥にある得体の知れない何か。そんなものが感じられます。

重要なシーン
スンホ演技はそれをしっかり物語っている…。


そして、このハリーの美しさ、満19歳のスンホ君、人間としてある意味最も美しい、この年齢だから見せられる瑞々しい美しさを画面いっぱいに振りまいています。そう、入隊が決まったとき、彼のこの今の美しさが見られなくなるのも、とてもショックだった…。


叔母のミッシェル・キムの溺死は、子どもの頃のキム刑事の死に次いでハリーの身の周りで起きた第2の死亡事件。これは事故か、殺人か、と興味を引かれましたね。


ポゴシプタの第5話が放送された昨年11月下旬には、私、まだブログを始めていなくて、後半ほどには詳細に見ていなくて…。久々に第5話をじっくり見たら、麗しいハリー、意味ありげな眼差しのハリーがあちこちにいて、ハリーにのめり込んで行った頃を思い出しました♪

ハリーは、冒頭にも書いたとおり、スンホ君自身が「このキャラクターに会えて良かった」と言っている役。彼の身近な人達も放送時に「ハリーがとてもいいよ」と言ってくれたとのこと。
私にとっても、この役は語りがいのある役だったんですよね。特にこの後、回を追うごとに新たなスンホ演技が出来上がってきます。この先のスンホ演技爆発まで、追って行くかな〜!?

さて、悪役ハリー、

ハリーのどこが「悪」なのか?

スンホ君自身は「ハリーの言っていることは、ほとんど全てがウソだと思うので…」なんて、言っていましたが。この第5話の何がウソで何がホントだったのか…。お楽しみ!!
そう、私は結末を知っていて、ドラマの後半部分についてはサンザン当ブログのカテゴリ「ポゴシプタ(ポゴシッタ)」にある記事にたくさん書いてしまっているのですが、ここでは結末のネタバレはしないことに。。
   ↑
が、後半部分について既に書いた部分も、「ドラマを見ていないと何のことだかちっとも分からん」という内容です。あしからず(><)!!



    さあ、ここから始まります

      ユ・スンホ 衝撃の変貌!!



回を追うごとに、成長を遂げるスンホ演技。
彼がこのハリーという役に必死で取り組み、確実に何かを掴んでいく、それを目撃した衝撃は今でも忘れられません…。(T T)。。。



「ポゴシプタ」は、秋にいよいよ日本で放送されるそう…。
新大久保の駅に「ポゴシプタ放送!!」の看板が出ていました。
日本語字幕で見たいものです。



今、、
私、ナムギルさんの「赤と黒」が途中で、視聴中なのは「欲望の炎」、実は、ヨ・ウンもキャプり始め、時間ばかりかかって。しかも、私的に先日のイベント終了の余波もありただ今沈没中。寝ながらキャプ→日々家族にゴメンナサ〜イです。

追記:
「ペク・ドンス」の1年前2010年のドラマ「欲望の炎」、DVD視聴で、ただ今40話付近を見ています。
ここでは、スンホ君はハリーと正反対のピュアでほんとに「可愛くて、善良で、真っ直ぐな子」キム・ミンジェを演じています。その良い子っぷりが半端ない!!

「善」がミンジェなら、「悪」がハリー☆

ドラマの出だしの部分では、「23歳のミンジェ役は、高校2年生のスンホ君、ちょっと落ち着かないかな」感がありましたが、物語が進むに連れてちょっと複雑な内面を抱えたミンジェを創り上げています。
泣ける(T T)(T T)(T T).....。
これもまた、ユ・スンホならではの完璧なキャラクター作り。
全50話でちょっと長いですが、血のつながらない息子ミンジェを財閥の会長にさせたいと願う主人公ユン・ナヨンや周りの人達のドロドロの権力欲などが嫌にならなければ、あとはサラサラ見れます。

♪ヨ・ウンも大好きだけど・・・
       キム・ミンジェ、かなり好きだな♪


最初のアップから、大分修正を繰り返し…。最初の写真も差し替え☆

by Cloudia-Yo | 2013-08-17 00:00 | 会いたい#5~#21美★ハリー | Comments(8)

Commented by YOU at 2013-08-17 22:46 x
Yo様
こんばんは^ ^
今日は、皆さんとスンホ君のセンイル御祝いできて幸せでした♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
アジア中の彼のファンが祝った事でしょう。昨年の今頃は、全く未知の国だった事を思うととっても不思議です(*^^*)

ハリーは未だ大分先の視聴予定ですが、
あまりにも皆さんが絶賛されているので
観るの少し恐いです^^;
これ以上病んでも…
でもでもユチョンさんに好感持てるように
なったので少し愉しめるかも~_~;
ナムギルさんの後悔なんてしないも別意味恐くて観れないヽ(;▽;)ノ

ミンジェは兎に角ヴィジュアルが可愛く、美しい♡ですよね?性格は内に秘めたるモノがあっても少し純粋過ぎかも(笑)でもどんな役でもファンを魅了してしまう のが凄い所です!怒涛のように視聴した中で私の中に残ってる印象的なシーンは初めの方でインギに向かって純潔について説いているシーンです(#^.^#)もっといいシーンあったと思うのだけど…権力闘争に掻き消されてしまったようです(苦笑)
そして、善のお姉さんよりも悪の権化ユンナヨンの方が好感度高し!

Commented by Cloudia-Yo at 2013-08-17 23:57
>YOUさま、こんばんは & m(_ _)m。。

ハリーは美しいけれど、ヨ・ウンとは全く違う。ヨ・ウンより「演技・演技・演技〜!!」って感じです。スンホ君の軍入隊前最後の作品という、もの凄い気迫をひしひしと感じます。ドラマのラストが「あぁ〜?」ですが…。
ナヨンのお姉さんには、、そうなんです〜。「もう!!とっとと話せよ!!優柔不断!!もごもごしゃべるな〜!!」と暴言を吐きそうに〜。
ナヨンは、いいんじゃない?頑張ってるし、多少問題ありでもミンジェ可愛がり母性愛あるし、と。「欲望」、ただ今爆走中、トマラナイです♪

ミンジェは父子関係で悩んでいるところが「おお〜ッ、さすがスンホ!!」と。
いつもミンジェ・アボジを見ると、チュンチュ・ハラボジだと思ってしまう…。有名な俳優さんなんだろうな〜と思いながらも「なんてヤツ!!」と怒(笑)。暑いのでコメント過激で、ミアネヨ〜。。

私も「後悔なんてしない」は、う〜ん、今のところ、パスデス。ナムギルさんが、これで実力を認められたそうですが。相手役が…タイプでなく…(笑)。

元気に勤務しているユ・スンホ君のお誕生日、皆でお祝いをできてほんとにヨカッタですね☆
Commented by namikicchi at 2013-08-18 08:11
Yo様〜おはようございます( ´ ▽ ` )ノ
昨日はブログ上でしたが、一緒に乾杯できて嬉しかったです!(#^.^#)
スンホくん、きっと充実した幸せなお誕生日だったでしょうね。
これからもaiさんや皆さんと一緒に除隊までカウントダウンして待ち続けたいなぁ、と思っております(=´∀`)
どうぞよろしくお願い致します☆(*^^*)☆
ポゴ、最初の辺りから掘り起こし出すと、以前見たのとはまた違う発見や感慨があったりして楽しそうですね〜(^ω^)ふふっ♫
美しいハリー♡ガッツリ堪能させていただきました〜
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
Commented by Cloudia-Yo at 2013-08-18 10:58
>namiさま、おはようございます!!元気なコメントありがとうございます!!

皆でお祝いできて、ヨカッタですね。よそにはない結束力?ヨ・ウン三人衆をはじめ、皆様のおかげ(笑)。スンホ君の名前「承豪」の承には確か集めるという意味があるとか。皆の気持ちを自分に集めると共に、まとめてくれるスンホ君でもある?

「ポゴ」の最初はスンホ演技合格だったけれど、その後、韓国記事で多少難癖つけられて、私も辛かった(TT)。。。ネットでスンホ君に対してちょっとでも批判的な記事に遭うと、それを打ち消すために必死で良く書かれている記事を探していました。(・。・)""""♪
結果的には、必死で大人の演技にチャレンジし続ける彼の成長にドキドキして、彼の演じるキャラクターだけでなく、ユ・スンホという人間に惚れてしまいました♡♡♡

ハリー画像、見る方からは「ふーん」くらいの出来かもしれませんが、「あああ、このハリーの表情だよな〜」と思う画像をやり直しを繰り返しながら、一生懸命取ってきました(><)v
でも、「ポゴ」はスンホ・ペンにとっては、ちょっと胸の痛いドラマですよね。

スンホ君、早く帰ってきて欲しいですよね!!じっくり待ちましょうね〜☆


Commented by suzy1-9no at 2013-08-18 23:21
たびたび失礼します。(先に言っておきますね。3件もコメント入れたので、レスつけなくて大丈夫です)

とうとうハリーにたどり着いてしまいました・・・(๑→ܫ←)
私にとってハリーは禁断の果実です~~c(>ω<)ゞ イヤァ~
実はまだドラマ自体1話しか見れてないんです。画像で見るぶんにはウットリ眺めていられるのですが、ドラマは果たして耐えられるか???話が進むにつれてきっと心が折れそうになりますよね。
もうハリーしか眼に入りません。他の共演者そっちのけ・・・あれ?どこぞのドラマでも同じようなことが・・・ハッヽ(゚Д゚;)ノ!! ド、ドンスだ!!!
それにしてもYoさまの観察眼はすばらしいです!!スンホ君の細やかな表情を汲み取るなんてщ(゚ロ゚щ) それと杖の突き方まで賞賛されてたのは知りませんでした。。。さすが、スンホ君。何しても絵になるんだなぁ❤
ステキなハリー画像ありがとうございました。心の洗濯完了です♫
Commented by Cloudia-Yo at 2013-08-19 00:19
>suzyさま、3つもコメントを入れていただいて、とっても嬉しいです。うちはコメントくださる方が少ないので、コメレス全然負担ないですよ〜。

「ポゴシプタ」放送時は、韓国でのMBCの放送時に帰宅していないことが多かったので、夜中の1時頃に動画を探して、翻訳を載せてくださる方の記事を見て、というスゴイ見方をしていました。幸い、昨年の11月頃は仕事が割合暇だったので(><)e..。

私もハリーしか目に入らないので、ユチョンのジョンウにはほんとに冷たい視線で。。ハリーの美しさは、ヨ・ウンとは異質で、完熟しかかっている果物みたい。噛んだらジューシー←変な表現!?
特に後半のハリーのスンホ演技は気迫と深みがあって、脚本は問題ありとも思うんですが、スンホ君は見事に魅せてくれますよ〜。「毎日会いたい悪い男」とも韓国で書かれていたよう。ただ、スヨンが「ジョンウや〜」って言うと、正直イラッとします・・。と、そんなドラマですが、機会があったら、スンホ君の絶品演技、見てくださいね♡
Commented by rippledrs at 2013-08-19 18:56
Yo様
遅くなってごめんなさい!! 日曜までずっと東京で遊んでました(^_^;)

先日はセンイル乾杯&おめでとう企画へ来てくださって、ありがとうございました♪

なんだかグッとYo様が近くなった気がして(勝手に)、もう嬉しくて嬉しくて~ヾ(≧∇≦*)ゝ

とうとう、ハリー、細かく行っちゃいますね~ヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪
(こんな顔文字ばかりになってしまってスイマセン!興奮してます♡)

「全てがトンデモナク美しい!!」⇒同感!同感! 狂い死に(笑)
私はDATV撮っているんですが、まだ6話までしか見ていなくて・・・
もったいなくて見られないんです(+_+) あ、でもai様のところでもすっかり
画像もあらすじも見ていますからお気遣いなく♪

このあたりのハリーがまだ、心に暗いものは持っているけれど、少し幸せそうで
イイですよね~♡ ペクドンスの9話~10話と同じような感覚?

話が進むにつれ、どんどん追いつめられて、苦しい顔が多くなるから
この辺りは貴重です(*^。^*)

Yo様、キャプみるみるクオリティーが高くなりましたね~ヽ(*^。^*)ノ
高画質で素敵なスンホくん、堪能させていただきました!
ありがとうございましたo(*^▽^*)o
Commented by Cloudia-Yo at 2013-08-19 19:40
>りぷるさま、こちらこそ、ご一緒のセンイルは楽しかったです〜。入れていただいてありがとうございました。スンホ君も喜んでいるでしょう(!?)

りぷるさん、楽しくいっぱいあそべました〜?
私はやっと来た夏休み、延々「欲望の炎」でした…。ミンジェ可愛くスゴイ勢いでラストまで行ってしまった・・・。仕事が一段落であちこち徘徊させていただいています♪
皆さんのブログやコメント、楽しげでいいなあと思って。私、パソコンなので顔文字がなかなか作れず…。りぷるさんや皆さんのコメント、楽しくm(_ _)mデス。。。

ハリーとヨ・ウン、昨年嵌まった原点に戻ってみたら、やっぱりいいですね♡ハリーの演技は語りがいがあり〜、気迫がスゴイ。ヨ・ウンとハリーに出会ったために、私の人生変わってしまった(笑)。

幸せそうなフランスにいたときの、絶世の美しさのハリーが、確か第20話の回想シーンで出てきますよね。ハリーは、ずっとフランスでジョイと暮らせばヨカッタのに。何で韓国に戻ってきたんだろ〜って。あ、帰れなくなっちゃったのか…。自業自得...デスネ。
また、これからハリーと一緒に泣きます…。(TT)。。。
名前
URL
削除用パスワード