◆「赤と黒」の音楽 〜心に響く調べ達〜   

2013年 06月 26日
ユ・スンホ君の出演していた「善徳女王」を視聴してから、新たにいろいろなDVDをレンタルしてみたのですが、「善徳女王」でひじょうにおもしろいキャラクターだったピダム役のキム・ナムギル氏繋がりで借りた「赤と黒(原題「悪い男」)、これに心を惹かれてしまい、とりあえずは集中して視る道を選ぶことに…。

d0289252_15445745.png
キム・ナムギル氏演じるゴヌクの眼差し、変幻自在。
イ・ヒョンミン監督がナムギル氏について語っていたこと、「”悪い男”を表現できる幅が広いので、どれくらい悪く見せるか、そのバランス調整に頭を悩ませました。ナムギルさんが悪い顔をすると本当の悪人に見えるんです」。監督を悩ませるほど、多様な演技が可能なナムギル氏ということですね。
なるほど…。




「赤と黒」、その魅力は何だったかと言えば、ブレイクしたピダム役に続くゴヌク役、このキム・ナムギル氏の表現の幅広さ、魅力を存分に見せた主人公シム・ゴヌクの多面的キャラクター、他の出演者がナムギル氏同様はまり役で、説得力があり、おもしろい。音楽の質が高い。ドラマの編集が丁寧で、監督の力量を感じさせる、など。


で、どこから手をつけようか悩んだのですが、本日は、まず音楽から…。



「赤と黒」の音楽

このドラマの大きな魅力のひとつ、それはとにかく良い音楽が散りばめられていること。ドラマの雰囲気を作るのは監督の手腕によるのであり、映像によるものでもありますが、また、かなり重要な部分を占めているのが音楽。これがドラマの雰囲気を決定し、視聴者に対しての決定的刻印。この「赤と黒」の音楽は、放送開始前から話題になっていたという豪華なアーティストによるもので、質の高い音楽性で、このドラマのちょっとおしゃれで切ない雰囲気を作り出すことに大きな力を発揮しているのは確実。


これ以前に私が見た「善徳女王」や「ペク・ドンス」もいい音楽が使われていました。

「ペク・ドンス」の「プルケー」の歌詞で始まる「ヤヌエ」(←漢字が出ないので、カタカナで…。)を歌うのは、一体誰!?韓国人?男性?女性?と思っていましたが、この方BMK(Big MaMa KING)という韓国内で黒人音楽を代表する女性ボーカリストなのだそう。

突然ですが、ヨ・ウンとペク・ドンス登場…
d0289252_1611504.png
    ↑
ペク・ドンスを見た最初の頃はそうでもなかったんですが、最近やたら、この画面に心を惹かれてしまい…。ペク・ドンスとヨ・ウンが友達でいられた頃、一緒に同じ方向に進んでいるように見えた頃…。「ヤヌエ」というイメージにはこの画像がピッタリ、と私は思い、わざわざ持ってきました。。

この「ヤヌエ」の歌詞の冒頭は…

赤く染まった夕焼けが
太陽を飲み込んでゆく
黒く燃える俺の心臓は
消え入りそうな心を抱いて泣く
胸いっぱいこみ上げる
熱い涙を隠して
ひとり明日の希望に身を任す

これって、ヨ・ウンの気持ち???男らしくて…カッコいいです。。。


さて、この男らしいロマンを感じる歌を歌っている女性BMKさん、「赤と黒」でも「待つということは傷だけ残して」という歌を切々と歌っています。日本でただ今、K-POP流行中ですが、韓国の歌はそれだけでないと改めて実感。韓国の方は情緒を大切にされ、また、それを外に表すことをためらわない(悲しいときには男女を問わず、涙をこらえずにポロポロと流し、訴えかけるところが日本人とチョット違う)。なので、アピール度があると私は思う…。



d0289252_16412124.png
       OSTの裏面


「赤と黒」のOSTの中にある音楽はと言えば、「ときどきひとりで泣いてます」「独り言」を歌うキム・ヨヌ、大人のムード、夜のちょっと妖しい雰囲気の「オニバスの花」(←いばらの花らしいです。この曲のビートは音楽用語で何かありそうなんだけれど、今のところ調べられませんでした。)のチョンヨプ、囁くような歌声の4MEN(+チョン・ヘジン)の「告げよう」など。そして、呟くような「ネゲチャジャオン(私に訪れた)」で始まる優しいつぶやきの「どこに」の美(MIIII)。青春の胸の痛みを思い出すような(!?)切ない調べ。

キム・ヨヌさん、どこかで見た顔と思ったら、ユ・スンホ君の入隊前にナレーションを務めた「勉強する人間」で、テーマを歌っていた方らしく…。

他、ドラマの初めや終わり、何かが起こる場面で流れてくる「main title」と「sub title」も、物悲しくてドキドキします。「ゴヌク、どうなっちゃうの!?」、あるいは「ゴヌク、何をする気!?」でしょうか。

さて、「赤と黒」では、この他テンポの早い曲も明確な旋律、しかも途中で崩れることがない。もれなくレベルの高い音楽で、ドラマの中に丁寧に挿入されているのが、素敵☆ 以前にお借りしてアップしたヨ・ウンの動画「刀」に使われていた「Dogma」もおもしろいし、「Tatoo」の東洋的旋律は「善徳女王」の「硝子の盃」同様、不可思議な神秘性を醸し出しているかと。

心に響く歌声、思い出が蘇るような感覚に襲われる、おしゃれでちょっと哀しい音楽が満載、日本盤のOSTの後半に並んでいる(韓国盤は順番が違うらしいです)キム・ジス作曲・編曲によるピアノ中心の曲が、また、繊細で美しい。「愛する人に」「ずっと前に」「傷跡」「郷愁」の4曲は、心の中の微妙な揺れ動きを表現し得る音楽であり、遠い日の思い出を彷彿とさせるような調べ。似たような雰囲気でありながら、それぞれが切なかったり、優しかったり、不安だったり、と、少しずつ違うニュアンスを出していて、それがドラマの中に散りばめられると、それぞれのシーンが生き生きと息づく感じです。

うーん、音楽は人の感性に直接訴えかけてしまうから、これを大切に扱わなくてはいけないと実感です。

かくして、「赤と黒」OST、かなり気に入ってしまって。お買い得の感。ご存知の方も多いことと思いますが、amazonのサイトで各曲の障りを視聴できます。

赤と黒オリジナル・サウンドトラックの日本盤の方で、視聴可能。

CDジャケット
d0289252_14342481.png
amazonで、このCD部分をクリックすると、登録情報の下に、視聴サンプルが出てきます。

「赤と黒」OSTは、日本盤の他、韓国盤も出ています。が、こちらには日本盤にある「Prologue」の曲がありません!!個人的には、この「Prologue」入っていてラッキーでした☆










d0289252_14383824.png
iTuneでは、下記3曲のみ視聴可能&購入可能のよう。
・ときどきひとりで泣いています
・オニバスの花
・告げよう(4MENのみのヴァージョンです)









数ある名曲の中から、1曲くらいはお聴かせしなくては「赤と黒の音楽」というブログ・タイトルにふさわしくないと…

KNG soundtrackさまの動画をお借りした動画です。
↓ ↓ ↓

赤と黒OST ときどきひとりで泣いてます[가끔은 혼자 웁니다] - キム・ヨンウ(김연우)…キム・ヨヌとも書かれています。


http://youtu.be/9P4F0RD163s

歌詞も切なさ満載…。

「ミアネ…。(ごめん)」という言葉が、このドラマには何度も出てきて、歌の中にも出てくる。それが愛する人の思いを分かっていなかった、とか。「ミアネ」というこの言葉の中に、登場人物の優しさや相手に対する思いやりが込められている。

ゴヌクは財閥ホン家の長女であり人妻であるテラを復讐のために誘惑するが、このテラに対して「ミアネ」と言う。この言葉、一瞬ゴヌクが自分のテラに対する気持ちのウソを告白するのかと思って、ドキッとしてしまうのですが、その後に「あなたを愛してしまって」と続く。これは殺し文句で、この言葉をささやくゴヌクが本当に優しい。「冗談だろ〜!」と叫びたくなるくらい。

歌の中で、復讐のために真実を告げられない、自分の愛情も封じ込めているゴヌクの想いも込められている。1つ1つの言葉が心に響きます…。


さて、これらの音楽がこのドラマを全て見終わったときにどんな気持ちを残してくれるか、お楽しみ…。


これから、私としてはドラマの内容にチャレンジしたいと思っているのですが、どうなることやら…。
ただ今、韓国で放送中のキム・ナムギル主演の「鮫」、あまり見れていないのですが、彼の力を十分に見せられるドラマになっているのかどうか、少々案じております。ナムギル氏が才能ある俳優であるのは確かなので、それなりの評価がされる演技ができるといいな…と思う次第。



最後に、キム・ヨヌさんの「勉強する人間」の音楽と、ユ・スンホ君の映像も…。おまけです。

《Homo Academicus》Unreleased Video:Yoo Seung Ho!Miss You!


http://youtu.be/BvcgBCWl88Y
Baidu YooseunghobarさまアップのTTU動画をお借りしました。

実は、最初にこの動画を見たときから、「この歌を歌っている人は何者?」と思っていたんですよね。ハリのある豊かな歌唱力を披露しているこの方、実はまだキム・ヨヌだという証拠を見つけられないんですが、多分間違いないですよね☆
この歌声がとても印象に残っていたので、「赤と黒」の歌声と並べてしまいました。。



修正が得意な私(=1回では間違いだらけの私)は、またまた1回アップしてからあちこち修正を繰り返しております。

by Cloudia-Yo | 2013-06-26 17:03 | 赤と黒(悪い男) | Comments(6)

Commented by YOU at 2013-06-30 12:19 x
Yo様 こんにちは^ ^
赤と黒楽しんでらっしゃるようで良かったですo(^_^)o あいにく、私はOSTに疎く
お邪魔してよいものか悩んだのですが…
ときどき一人で泣いてます。は好きです!
ナムギルさんご自身も歌われてますよね?
あまりの怒涛の様々な視聴で、大分曲も忘れているのですが、私的には挿入の音楽で、カッチーニのアベマリアがとても印象的で、やはりいい曲だわと思いました(*^^*)
私の視聴の方は、太王四神記終わりました。善徳女王程の麻薬性はないものの、里見八犬伝、ロード・オブ・ザ・リング面白かったというのと同じ感じでファンタジー好きの私は大満足でした(≧∇≦)勿論、お勧めです。でも終わり方は賛否両論有り。次は王と私です。これが、なかなか視聴進みません´д` ;何故だか分かりませんが…

サメのストーリー良さそうに思いますが
兎に角見てみないとわかりませんね^^;

お忙しいと思うのでコメレスお気遣なく。
私もまた明日から忙しくなりそう´д` ;
でも、今年ももう半年終わってしまいましたね 早!(>_<)
Commented by Cloudia-YO at 2013-06-30 14:05
>YOUさま、ありがとうございます!!
突っ込みどころのない記事なので、コメントはいただけないだろうな〜と思っていたので、嬉しいです。スンホ君ファンの皆さんに見放されてしまうかもとも思ったのですが、今、興味のあるところに正直に行くことにしました。私も「アベマリア」大好きですよ〜。
スンホ君の子役時代も素敵で魅せられますが、やはり今のスンホ君を観たいと切望☆ 「ポゴシプタ」ハリーのちょっとした表情、やはり魅力的でした。なんという19歳!!「太王四神記」もダイナミックな感じでおもしろそうだと思っていますが、長いものには現在なかなか手をつけられず…(汗)。でも、その内に行きたいと思います!
「赤と黒」はちょっとじっくり行きたくて、こちらに時間がかかりそうで…。「鮫」の動画、ちらっと観ているんですが、韓国語なので掴みかねて、チラ見程度。ナムギルさん本来の縦横無尽の、枠にはまらない演技になるといいなと思っている次第。

気候不順の折、YOUさまもお身体に気をつけてくださいね!!
Commented by rippledrs at 2013-07-03 00:03
りぷるです♪先日はお越しいただき、ありがとうございました!

今、腱鞘炎で鍼灸へ通っているのですが、待合室にあった「Domani」に
キム・ナムギルさんが掲載されているのを見て、すぐにYo様のことを思い出してしまいました。

どちらかと言うと好きな部類の俳優さんですが、語れる程詳しくないので、
ひとつだけ書かせていただいていいですか?

「オニバスの花」という、曲のビートについて・・・実はドラムをやっていまして・・。
あ、でも用語には詳しくないのです! 基本的に体で覚えるタイプで・・・(^^;

こちらを参考にしたところ↓(すみませんリンクでなくて)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=LkYNr_jFCnk
基本は8(エイト)ビートですが、ハイハットとスネアに16ビートテイストな
刻みが入っています。・・・って良くわからんですよね(>_<)

バンドで昔やった、ドリカムの「朝がまた来る」にリズムが似ていたので
曲調は違いますが、ドラムはほぼ同じなので聞いてみてください♪↓
http://www.youtube.com/watch?v=6uyv1zeqB90&feature=player_detailpage
↑実は、このライブ、行きました。⇒関係ない話で失礼しました~m(_ _)m
Commented by suzy1-9no at 2013-07-03 00:33
Yo様、こんばんは(^^)
先日はコメント頂きありがとうございました♫
チョッとお話しましたが、全巻レンタルしたものの、手付かず状態で埋もれてしまってます。分身を作成したのでいつでも見られるのですが、気になってるうちに見ないとですね・・・。
気に入ったドラマがあるとOSTにも飛びつく私。
Yo様が紹介してくださってる動画のOST、いい曲ですね!
キム・ヨヌさん?初めて聞く名前ですが、ステキな歌声!!!
切なさがひしひしと伝わってきます。きっと見始めたら嵌ると思います。

そして、さりげなくペクドンスの画像が❤
このOSTも何曲かDLして今でも聞いてますよ♫
ナムギルssiも歌ってるんですね~。
韓国の俳優さんて歌が上手な人が多いですよねw(゚o゚*)w
Commented by Cloudia-Yo at 2013-07-03 04:00
>りぷるさま、ありがとうございます!!16ビートテイストな刻み、なんとなく分かりました♪
ドラムもできるって、多才ですね〜☆ドリカムは私も好きです〜。この方達も、感性そのものを叩きつけてくる感じが本物の才能っていう感じでいいなあと思います。

「Domani」ってネットでも出ていたので、私はWEB版で「今月の1枚」を見ました。
スンホ熱とナムギル熱は、ちょっと種類が違っていて!?スンホは病気ですが。。。ナムギルさんは大人なので…心配してあげなくても、やっていけるだろうと…!?

腱鞘炎お大事に。
私も職業病で、整形外科、接骨院、整体、鍼治療に行って、ただ今、指圧の先生にかかっています…。この先生が、オリンピック選手の治療をするという方なんですが、治療中に韓流ドラマを字幕で見ていて(というか、テレビがついてる!!)、共通の話題ができました。先日、中学のときの同級生に会ったら、韓流ドラマにはまったので、10年前から韓国語を習ってるって、(☆_☆)。韓流ファン、あちこちに溢れていますね!!
皆さんともお知り合いになれて、なんか、楽しいです〜(^ ^)♡

Commented by Cloudia-Yo at 2013-07-03 04:27
>suzyさま、ありがとうございます!!
分身の術を習得されているんですね。ウラヤマシイ。私もちょっとずつ新しい技術を身につけようと思っているんですが…なにしろ、ブログを始める前は、パソコンでワードとエクセルしか作業したことがなくて(> <)!!

さて、スンホ君とナムギルさん、ちょっと見は違うんだけれど、どちらも実は演技に対しても他のことに対してもものすごくまじめなところが似ています。どちらも愛情ある家庭で良い人に育った感じ…。

「赤と黒」はナムギルさんの入隊で最後が3話カットになってしまって、ちょっとザンネンな部分もありますが、ナムギル演技はおもしろいし、他の俳優さんも生かされていると思います〜。あと、本当に音楽がいいですよね。「ポゴシプタ」、今ナムギルさんがやっている「鮫」、音楽と音楽の入れ方がいまいち…。「ペク・ドンス」「善徳女王」「赤と黒」は音楽が気に入ったのでOSTを買ってしまいましたが、聞き応えあり、満足♪

韓国の俳優さん、歌の上手な人が多いけれど、スンホ君…(@.@)。* * 
何でもまじめで頑張るから、歌う気になったときは一生懸命練習して上手くなるかも!?ダンスも同様ですね!?
名前
URL
削除用パスワード