ユ・スンホ「会いたい」20話、悲劇のヒョンジュン   

2013年 01月 17日
20話も完璧 ユ・スンホ演技!!

一段と哀しいヒョンジュンが満載
もう心はズタズタです。。。


翻訳できないので、あちこちの記事をつなぎ合わせて内容を類推していて、全文の翻訳は読んでいないので、ここに書いてある内容、とんでもない間違いもあるかもしれません。が、今日で終わってしまうので、とりあえず、ヒョンジュンの登場場面を書きたくて、ついでに、例によってスンホ演技について思ったことを…。
相変わらず、スンホの味方、ヒョンジュンの味方です!!


さて、ドラマの展開があまりにも悲惨で、流れが唐突で、だから、いくら演技が素晴らしくても視聴率伸びないんではないかな。だけど、とにかく、ユ・スンホ素晴らしく美しく、今回も多彩な表情で、哀しい運命のヒョンジュンを演じています。なので…

「会いたい」のユ・スンホ演技は永久保存版!です。

さて、この結末、誰かが最後に死んでしまったりするとしても、一番可哀相なのはヒョンジュンだ。
ジョンウとスヨンも哀しい運命なのかもしれないけれど、立ち直りが早過ぎて同情できない。スヨンにいたっては、ヒョンジュンを完全に敵対視して怖がったりして、もう少し複雑な感情を持ってもいいんじゃないの?? 14年も一緒にいた時間のハリーの愛情でさえ疑うって、あんたは14年間、何を見て生きてきたのさっ!! と、また「怒り」に走っております。いくら初恋の思い出が素敵だって言っても、スヨンがたった数ヶ月のジョンウとの恋を簡単に選ぶのは、意味分からん!!(←と、何回も語る)

また、この回になって、初めてヒョンジュンがハン・テジュンの悪行の被害者であるということが明確に出てきました。遅過ぎる!! 境界性人格障害。あらら、そう来たか…。やっぱり本当に狂ってしまったのね。って、母の死ではなく、その前、14年前からって言う方が、より自然な気がしますけれど。だって、犬に足噛まれて、母は拉致されて、監禁されていた家の爆発の炎の中から命からがら助け出されたんだよ〜。精神的後遺症があって当然じゃない?? いくらヒョンジュンが強い子で頑張っていて、しかも叔母からスヨンを守るほどしっかりしていたとしても、心に受けた傷は大きいはず。 スンホがここまで上手く演じているのに、スヨンはハリー(ヒョンジュン)に世話になったことは分かっていても、彼の心の傷をスヨンが全く理解する展開がないのが、残念。。。


さて、20話の冒頭から…。

○19話のラストと重なる部分。納骨堂、亡き母の前
ヒョンジュン、孤独で…。見てるの辛いな。ヒョンジュンの細い指まで、可哀相に思える、私。そうなんです、指にまで表情が!! スンホ君の指、細長いものね〜。哀しさ見せるには抜群の形状。

○次も、19話に出てきた場面
ヒョンジュンを捕まえようとするジョンウの前に、自転車のヒョンジュンが現れる。自転車のヒョンジュンも好きなんだよね〜。颯爽として、高校生みたいで(笑)。ふだんのスンホ君に近い? ヒョンジュンはじっとしていることが多いので、たまに風切って自転車走らせるヒョンジュンがあるのは正解かも。
そして、嘲るような笑みを浮かべ、自転車を下りたヒョンジュン、携帯電話のイヤホンを着けるんだけれど、これがかっこいい!!←もう、完璧に私はビョーキです。
そこに車でやってきた、大勢の黒ずくめの男達。一瞬、警察かと思ったら、ヒョンジュンの手下? かと、思ったら、悪人ハン・テジュンがヒョンジュンのためによこした組織暴力だと。おじさんがいっぱいだけど、スンホ君だけ別世界の人で美しい。悪役のエキストラさん達、アクションはできても、表情にあまり迫力ないことが多い?? (←ペク・ドンスのフクサ・チョロンが集合しているときも思ったけれど。日本には、悪役商会とか、人相の悪い、恐いおじさん俳優がいっぱいいるよね)。

ここから、ハン・ジョンウ主演、刑事ドラマの装いに。警察と黒ずくめの男達のアクション対決シーン。20話にして、またまた、新たな雰囲気の場面が登場!!(←???)
狂ったヒョンジュンが相変わらずジョイを連れて行きたくて、「ジョイ、一緒に行こう。母が亡くなった。14年前と同じように。君が行かなければ、僕も行けない」と。まだ、こんなことを言ってしまうのが、哀しい。スヨン、それを怖がるだけでなく、なんかもう少しなかったのかな。

追いかけられて、落としたリュック。落とすのも可哀相だし、警察で開けられたリュックの中から、出て来たハリーとジョイの写真。何故か、ヘッドホン。それと不明のもの。写真もヘッドホンもなんだかとっても哀しかった…。哀れ過ぎるよ。。この不明のもの、多分意味のあるものなんでしょうね。この写真とヘッドホンで、もう彼の破滅は見えたね。ガックリ…。

○追いかけられたヒョンジュン
1人で逃げる彼は、ここで足が悪いことの切なさを見せつける。が、14年前に叔母に閉じ込められていた家に苦しそうに逃げ込む。震える手で、鍵を締める。何もかも可哀相。これまで、ここまで追いつめられたことはなかったヒョンジュン。
スンホ、ほんとに切羽詰まった惨めなヒョンジュンを演じている。細くて美しいスンホが床の上に転がり込むのは、ほんとにたまりません。
14年前、スヨンが格子の向こうから声をかけてきたことを思い出す。

やっと、ジョンウはヒョンジュンの生い立ちを知って、ヒョンジュンが被害者であることを理解した。これは、ヨカッタヨカッタ。

○途中で出てきたもう1人のハリー(ユン室長)
スヨンを前に拘置所で、「自分はハリーに捨てられていない、彼は助けにくる」と叫ぶ。そうだよ〜。もう1人のハリーは、こんなにヒョンジュンを信頼しているのに、14年間愛されて守られてきたスヨンは、完全にヒョンジュンの敵対視しているって、おかしくない??

○14年前のヒョンジュンが閉じ込められていた家、そこから、杖をついて逃げるヒョンジュン
ジョンウ、14年前に、ヒョンジュンが閉じ込められていた家にヒョンジュンが書いたと思われる落書きを見つけて、足を踏み入れた。ヒョンジュンの落書きは、母とヒョンジュンのではなく、スヨンとヒョンジュンが手をつないで笑っている落書き。母を失ったヒョンジュンがスヨンに頼る思いと、母と別れた14年前から停止している時間、幼児性を表しているのかなあ??

ヒョンジュンとジョンウのやりとりは、今回よかったと思う。ユチョン、よくやった。(←エラソーで、ゴメン)

ジョンウを閉じ込めたヒョンジュン、格子の窓の外からジョンウと会話する。1人でこの家に転がり込んだときとは違って冷静さを取り戻してはいるけれど、14年前のヒョンジュンの悲劇と、追いつめられている現在の悲哀を感じさせるユ・スンホの演技。力むことなく、ジョンウとまるで友達のように話し、時として、サイコパス的な鋭い視線を投げかける。相変わらず引き込まれる演技です。

そして、最後、ジョンウ「ちびさん、おじさん」と言った模様。ジョンウが自分の生まれを知ったことを知り、動揺して、窓を閉めるヒョンジュン。うわあ〜!!この間のヒョンジュン、全身から悲哀が感じられます。
そして、杖をついて走り去るヒョンジュン。警察とジョンウに追われて、不自由な細い足で逃げるヒョンジュンには、涙涙…。逃げなければという思いに、足がついていけない、焦るヒョンジュンの表情。ハン・テジュンの罪による悲劇を思いしらされる。。このヒョンジュンの逃げるシーンは、彼の身にどれだけの傷跡があるかを見せつけられて、哀しくて、涙涙・さらに涙でした。

ヒョンジュンのシーンはいつもテンポがいい
彼の演技に起伏があるから?


可哀相なヒョンジュン!!
可哀相なスンホ(??)←これはマチガイ!

○血染めの手
そして、銃で足を撃たれてヒョンジュン。哀れ!! 痛みで歪み、うめき声をあげるヒョンジュン。これも、うわ〜っ!! 撃たれたこの表情、ヤバい!! マゾヒスティックな快感を感じてしまった。スンホ、素敵過ぎて。車で逃げ去る(??うまいところに車があったよ!ラッキー!?)。 予告に会った問題の血染めの手は、ヒョンジュン自身の負傷の血でした。スンホ君の細長い指が血にソマッテイル。物語、更に極悪殺人鬼のヒョンジュンが展開されるのかと思ったら、全く違う方向に行ってしまいました。またまた、得意の反転だ〜。予告の出し方、問題ありじゃない?? ヒョンジュンのワルな部分ばかりが強調されるような予告で、見るの辛そうって思って、見なくなっちゃった人、たくさんいるんじゃないかな。
自分の思い描いてきた復讐が崩壊の様相を呈してきたことに気づき、自分を嘲るように笑いながら、泣くヒョンジュン。これも深い演技でした。

○車の中でのヒョンジュンの回想、フランスのハリーとジョイ
久々に登場した「ハリーとジョイの優しい関係」。これは、見たかったなあ。 ハリー(ヒョンジュン)とジョイ(スヨン)のフランスでの生活でも、もっと早い回で出てくれば、ドラマが自然に流れたのに。ヒョンジュンがフランスで何を考えていたのか、復讐したいという思いがあることをスヨンにも告げていたことが、もっと早く分かっていれば、ヒョンジュンの内面が驚異的なサイコパスとしてだけでなく、理解できるものに見えただろう。 ユ・スンホは、この突然変異のような急激で目茶苦茶な展開を、演技の上手さで説得してしまった。が、物語がこういう風で、せっかくのスンホ演技を見ずに終わる人がいっぱいで、もったいない。。

○拳銃を受け取るヒョンジュン
お金と引き換え?? 持って来たのは、テジュンの手下?


この後、ハン・テジュンはスヨンを連れ出し、スヨンは14年前拉致されて閉じ込められた倉庫におそらく連れて行かれ、ヒョンジュンに渡された。ジョンウは、探知機でスヨンを追いかけ、倉庫にたどり着く。

20話のユ・スンホ演技、あれこれコメントをつける必要ない程、本物の演技を見せてくれました。力みなく、説得力のある演技…。うーん、今日はどうなるんでしょう。
もう、完全にユ・スンホ君は撮り終えてますよね。ヒョンジュン、終わりかあ。

カン・ヒョンジュン&ハリー・ポリスン。この役は、最初は苦しんだと思うけれど、彼の演技力・表現力を発揮するには、とても良い役だった。


ここまで来て、もう心配はなくなりました。

天才俳優ユ・スンホ
彼が最後までこのカン・ヒョンジュンという役を
やり遂げられると確信できたので。。


d0289252_15363093.jpg

by Cloudia-Yo | 2013-01-17 15:46 | 会いたい(ポゴシッタ) | Comments(15)

Commented by at 2013-01-17 16:58 x
Yoさん、早速ありがとうございます!スンホ君完璧、凄すぎます。色々な演技を観尽くしたと思ってましたが、子スヨンの後のシ‐ンでスヨンを気弱に呼びながらの演技!こんな表現もまだあったか~と脱帽です。私もヒョンジュン寄りで熱くなってたけど、スヨンの恐がり方は正しいのかも。でもスンホ君の演技が冷静で居れなくさせるのです。もう後付けの人格障害でも驚きません。ハリ‐カンヒョンジュンを卓越した表現で魅せてくれたスンホ君が素晴らし過ぎ!この演技の深さがわからない人案外多い様な気がする。回想シ‐ンは以前の二人なのか、これからのこうしたい二人なのかが?なんです。本当に素敵でここだけ癒されましたよ。あ~切ない
Commented by yujyu at 2013-01-17 19:23 x
はじめまして^^aiさんのところから飛んできました!
ブログ拝見して、Cloudia-Yoさんの熱い熱い思いに共感しましたぁ~
私もスンホの魅力に翻弄されてる一人ですo(*^▽^*)o
本当に凄い俳優さんですね。情けないですがもう私の言葉では素晴らしさを上手く表現できません^^;;

20話を見て境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)をWikiで調べてみたところジュニの行動に思い当たる症状がたくさんあります。
ストレス過多になると特に症状がでるようですし、初めからスヨンをずっと監視してましたし、もしかすると最初から病気の設定だったのかも。
スンホが最初から2面性のある役と言ってましたし、ヘリー=解離が名前の由来かも。。
そう考えるとスンホは完全に人格障害の難しい演技を消化していて私は騙されていたのかもと思い、またまたスンホの演技が凄すぎて言葉もありません^^;;
勝手な推測かもしれませんが、Cloudia-Yoさんやここに来ていらっしゃるスンホ愛の皆さんと分かち合いたくてコメントしてしまいました^^;;

まもなくですね^^ジュニが少しでも愛に触れることができるラストになればと祈ってます^^
Commented by at 2013-01-17 20:05 x
たびたびすみません。
yujyuさんが調べて下さったように 人格障害の設定だと私もコメント読んで思いました。作家さんに不満があるので、今度は人格障害かっとなりましたが、yujyuさん 教えて頂いてありがとうございます!
回想はフランスでの以前の二人でした。スッキリ!

最終回 スンホ君の演技も暫く見納めですね。柔らかい表情のカンヒョンジュン 見れるといいな。
Commented by はちまん at 2013-01-17 20:27 x
Yoさん、皆さんこんばんは~!
昨日は私のとんでもない反転話におつきあい頂き恐縮です!スンホコミュニティー最高です~スンホ入隊後何処にも拠り所がなく孤独に鬱々と過ごすかと思うと今から気が滅入ります。
私も善徳みてないのでYoさんブログの継続期待しております。

気を取り直して20話、
予告見て「ヒェ~っ!?このピ(血)は誰のピ?!」と思ってたら何ダヨ!自分の血かよ~
これが反転?思わずウッソー!!と。

迫力ないチンピラ達、予算のせい?
Commented by はちまん at 2013-01-17 20:34 x
続投失礼します。

そして~、警察なら凶器もなく抵抗もしてない逃亡者を撃たないよね~(怒)
撃つならタイヤだろっ!

しかし、Yoさん同様スンホの“あぁ~ん”の呻き声と歪ませた顔はかなりヤバかったです(ニヤリ笑)
窓ガラスに映った方の顔はもっとベビーフェイスで更に…アブなかった…いけない私。

あぁ、ついに最終回です~!!
両脚やられ、哀れなジュニ、殺星の予感。あとはどうなるの~?
泣く準備万端です!
Commented by yujyu at 2013-01-17 21:29 x
>桃さん、はじめまして^^こちらこそありがとうございます<(_ _*)>
私も作家さんには物申したいことが山のようにありますのでわかります!!もっともっと魅力あるドラマになる可能性があったのに(`ヘ´#)

Cloudia-Yoさん、たびたびお邪魔してすみません^^;;
Commented by Cloudia-Yo at 2013-01-17 22:14
>皆さま、私が仕事している間に盛り上がっていただいて、ありがとうございます!!こんなに同じ気持ちの方と会えると思っていなかったので、嬉しいです(^_-)-☆
今回のもの、投稿してから携帯で見直したら、ちょっと過激過ぎでギョッ。修正した方がいいと思っていたんです…が。
このブログのテーマは「ユ・スンホ」のみのつもりなので、語りたくなったらいらしてくださいませ!aiさんの存在なければ、このブログはなく、皆集まることもなかったので、aiさんについて行って、ユ・スンホ君を陰ながら応援して行きたいです!
取り急ぎ、車中より
Commented by nami☆ at 2013-01-17 22:48 x
20話全編ジュニの可哀想でしょう劇場でした。
まずジュニのリュックの中身。え、これっぽっち?
ジョイに拒絶された今、残ったのは携帯と車だけ。

ジョイを失って追われながら逃げ込んだのが、14年前のあの部屋だなんて。アイゴー!切なすぎる。
あのチンケな錠前と何もない狭い部屋。
暗さ。寒さ。冷たさ。孤独。
あの豪邸で何十億と動かしながら何不自由なく暮らしてた頃のハリーを思うにつけ、今のジュニの惨めさが身にしみる。

逃げても逃げても、自分を救うはずの杖が、その音でジョンウを呼んでしまう。スヨンが仕組んだかの様に。

ああ~そして、あの血、自分の血だったなんて~。
(ファンミのピアニストの手に血が~!)
血染めの手を見ながら笑うジュニの狂気。
「なんでお前の復讐はいつもこうなんだ?結局ジョイひとりさえ手に入れられないじゃないか!」
そんなジュニの独白が聞こえてくるようでした。

10話で “スワァ~!”が、ジョンウのオリジナルと分かった時も嘲り笑ったね、スヨンのだと信じて疑わなかった自分の馬鹿馬鹿しさに。
13話、ジョンウと電話する嬉しそうなジョイをCCTVでみた時も。
スンホの人物の作りあげ方、本当に素晴らしい。
Commented by haru-ki1114 at 2013-01-18 09:13
おはようございます。
いつも、熱い思いを語っていただき、ありがとうございます。

最終回を見る前に書き込みしたかったのですが、帰宅が遅く本番を死守するのが精一杯でした。そして今日もまたジュナを思い、スンホを思い(←違うか・・・)、きっと仕事が手につきません。

ジュナがあまりに哀れで悲しく、そしてスヨンのあまりに非道な仕打ちに、怒りすらわいてきました。確かにジュナのやっていることはコワイかも知れないけれど、スヨンを殺そうなんてこれっぽっちも思っていない。冒頭でスヨンを取り戻そうとしたジュナがこの台詞を聞いた時の表情があまりにも痛々しく、私の方がスヨンに殺意が芽生えました。最終回での倉庫でもそういうシーンがあったのですが、それは主様がブログをアップされてから書き込みしようと思います。
Commented by haru-ki1114 at 2013-01-18 09:54
連投失礼します。

主様や他の方もコメントされていますが、私もジュナが脚を撃たれてしまうシーンでゾクゾクしてしまった一人です。同じ思いの方がいらっしゃって安心しました(笑)。しかし、逃げるにも障害がある容疑者を後ろから撃つなんて!最初は、あの倉庫で三人が集まることで、14年前の悲劇の原点回帰の為に(脚本上)ジュナの脚を痛めつけたのかと思っていたのですが、最終回を見てもその必要はなかったような…。深読みし過ぎたのかも?

散りばめられた伏線の回収がなされなかったこととか、色々思うところもありますが、最終回を見て主様がどのように語られるのか、楽しみにしていますね。
Commented by Cloudia-Yo at 2013-01-18 18:30
>桃さん、ありがとうございます!!
ついに終わってしまいましたね(T_T)。最終回、やはりヒョンジュンだけ可哀相過ぎる結末でした…ね。でも、動と静の素晴らしい演技でした☆ ウネさんやユチョンさんも必死の演技で、スンホ君に引っ張られて良かったのでは? 今晩またじっくり泣きながら見ようと思います。
Commented by Cloudia-Yo at 2013-01-18 18:37
>YUJYUさん、ありがとうございます!コメントいただくと、色々知識も広がります。ヘリ=解離、なるほど!
ついに最終回終わり、脱力感。。でも、ユ・スンホに熱く、色々調べてしまうというコメントいただき、私も話せて嬉しいです!
Commented by Cloudia-Yo at 2013-01-18 18:47
>はちまんさん、ありがとうございます!!
血染めが21話でも出てきましたよね。身体的傷を受けたりしている場面はやたら色っぽい!ここへ来て呻き声、怒鳴り声もやばいし…。演技は色気の固まり、ユ・スンホ!
もう新たなヒョンジュンを見られないのはザンネン~。除隊後に期待かな。
Commented by Cloudia-Yo at 2013-01-18 18:59
>namiさん、ありがとうございます!!
最終回はさらにヒョンジュンだけ可哀相劇場でしたね。結婚式も親戚のお集まりも勘弁して欲しかった。
でも、スンホ君は全身から感情を叩きつけるようなど迫力演技、美しく、しかもベテランの力まない本物の演技、今晩泣きながら再視聴します!
Commented by Cloudia-Yo at 2013-01-18 22:00
>haru-kiさん、コメントありがとうございます!!

結局伏線の回収も何となく、で、ついに終わってしまいましたね。結末が、やはり???でしたけど、スンホはボロボロのヒョンジュンまで見せて、演技素晴らしく終わりましたね。ホッとしました~o(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード