◇ユ・スンホ MBC演技大賞ノミネート 「会いたい」と「アラン使道伝」!!   

2012年 12月 31日
ユ・スンホ君、MBC演技大賞2012にノミネートされていた模様。人気賞に投票するために韓国MBC放送に会員登録したので、リアルタイム、うちの娘の見ている嵐のDVDを一緒に見ているふりをしながら、パソコン抱えて、演技大賞の受賞をちらちら見ていました。

「会いたい」のユン・ウネさん、ユ・チュンさん、それとウネさんのお母さん役(名前が出て来ない、この方確か冬ソナでヨンさまのお母さんをやっていましたよね)、テーブルを囲み、が、ユ・スンホの姿を探せど見つからず。子役のヨ・ジング君、キム・ソヒョンちゃん、子役賞受賞。ウネさんやユ・チュンさんもあれこれ受賞。ウネさん、「今年授賞式に出席しないと来年はないかも」と思って撮影の合間を縫って出席したようなお話。皆がここに出席しているときに、スンホは1人で撮影しているのかな〜。このテーブルに確かスンホ君はいなかった。(実は途中でコンビニにビールを買いに出たので、この情報は確実とは言えないデス)。なんか、あんなに素晴らしい演技をしているのに、あの場にいないスンホ、可哀相になってしまいました。。。。。

人気賞の投票に、「スンホのためなら」と張り切って投票したのですが、以下の賞にノミネートされていたのかな??
「会いたい」「アラン使道伝」で優秀演技賞候補(男性5名ノミネート)
「会いたい」「アラン使道伝」で人気賞候補(男性15名ノミネート)
「会いたい」で、ユン・ウネとベストカップル賞候補( ?組のノミネート)
「アラン・使道伝」で、パク・ジュンギュとベストカップル賞候補(同上)

私、この賞のこと、初心者だし韓国語できないので、情報はあやふやです。でも、子役賞や新人賞を取った経験のあるスンホ君、大人の演技者として、優秀演技賞候補の5人の中にユ・スンホの名前が連ねられていたらしいのが、私としては、とてもとても嬉しい。 21ヶ月の兵役の前に、大人の演技者として認められたら良いと。だって、「会いたい」の彼の演技は並みのレベルではないから!! あの演技で認められないようなら、認められる演技なんてない!! 認められたという証拠が欲しい!! と、私としては、目に見える評価にこだわります。

ユン・ウネさんが「韓流スター賞」と「女性人気賞」を受賞した模様ですが、これはスンホのおかげもあるよな〜と、私的には思っております。だって、スンホ君とウネさんのカップルは、ちょっと普通じゃない雰囲気で、素敵だったんですもの。友達にも「ほんとに、彼の演技すっごいよ!!」と言ったのですが、写真しか見ていない友人には「なんか若〜いね」と(怒!!)。台詞のある動画でなく、写真だけで見ると、スンホ君、やはり若〜く見えるらしいと判明!! ユ・スンホ君に夢中な私は、「へっ!? そう!?」。友人には、なかなか理解してもらえない。1回ちゃんと彼の演技を見れば、いかに凄いか分かると思うんだけどなあ。。

スンホ君のビジュアル、この世のものとは思えないほど麗しく、最近CG男と呼ばれたりもしていますが、それに加え

スンホ・オンマが素敵とご推薦の「スンホの目」

本日、私がファンにならせていただいている先輩ブロガーの方の、美しく、かつ刻々と変わる表情をキャプを見せていただいたときに、今週水曜まで静かに放映を待てそうと思っていたのに、心が揺れ動いてしまいました。またまた、1週間前と同じゾワゾワが発生。。スンホの目を見ていると、どうしようもなく、ハリーの内面に引き込まれてしまうんだよ〜!!

「会いたい(ポゴシプタ)」、かなりヤバイところまでイッチャッテいる素敵なハリーのことを「怖い〜っ」と思う方もいるかと思います。

でも、やっぱり彼は、天才!!

やっぱり、本当に才能があるんだよな〜。確実に魅せて、評価されるレベルまで持って行ける。ファンになると、う〜ん、なんだか私、自分に才能あるような勘違い…。私ではなく、才能があるのは、ひたすらスンホだって!! 「会いたい」はまだ途中。あの素晴らしい演技を続けて、全編終了まで行っていたら、スンホ君が受賞できていたかも??

「スンホが批判されると落ち込む」と先輩ブロガーの方が言われていましたが、私も同じく。。「スンホ絶賛」の記事がないか、日々検索。褒め言葉が出ていないとガックリです。


さてさて、好意的な記事に遭遇しました。そうすると、取っておきたくなります。。

<会いたい>
  
パク·ユチョン·ユ·スンホの記念碑的な成果を見てみたい


2012/12/28 17:23

http://www.entermedia.co.kr/news/news_view.html?idx=1999&bc=03&mc=02

(前略)その二人の間に立っているハリーと同時にガンヒョンジュン(ユ·スンホ)は、分裂した2つの自我を持った人物だ。彼に過去は消したい傷でありながら、同時に復讐しなければならない対象でもある。だからイ·スヨン(ユン·ウネ)の前では限りなく柔らかいながらも振り返ると冷たい復讐と欲望に悩まされている二面性を持ったキャラクターだ。ユ·スンホにこういうキャラクターは二重の困難を作り出す。つまりユ·スンホが付いているので、子供っぽい間は慎重な成人役とぶつかるしかない。その上で彼は二重人格の所有者を演じなければならない。

しかし、まさにこの問題がユ·スンホから子役のレッテルをはがし出す役割をしてくれている。イ·スヨンを所有する欲望と母への復讐をしようとするその欲​​求は徐々​​に子供のように笑うユ·スンホの裏面に置かれた不気味さを期待させる。おそらく今後、ユ·スンホが歩いて行く演技の世界で<会いたい>は彼に非常に重要だった電気(おそらく「転機」が正解)を提供した作品として記憶されるだろう。

(中略)

<会いたい>は、まさにこの心強い中堅の土台の上で若い演技者たちを再発見してくれたドラマだ。おそらく後日それぞれの演技の領域を広げていくこれらは多分<会いたい>を連想させるかもしれない。彼らの演技の可能性を最大限に選んで渡したこの作品は、従って彼らの成長と一緒に後日しきりにもっと見たくなるかもしれない。繰り返しますが、良い演技者は良い作品を通じて発見される。

チョン·トクヒョンコラムニストthekian1@entermedia.co.kr


ごめんなさい、パク・ユチュンはどうでもいいんですが(←JYJファンの方にはもうしわけないですが)、ファンってこんなものだとご理解ください…。

今でも危うい私は、「会いたい」が終わってしまったら、どうするんでしょう??

スンホ、ヘルプミー!!

by Cloudia-Yo | 2012-12-31 04:09 | ユ・スンホNEWS | Comments(6)

Commented at 2012-12-31 13:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-12-31 14:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Cloudia-Yo at 2012-12-31 20:23
桃さん、ありがとうございます。長文大歓迎!!情報も嬉しいです。
やはり、皆が授賞式に出ているとき、スンホ君は1人で孤独にハリーの狂気の演技を撮っていたんですね…。そんな気がした〜。「ユチュンとウネに受賞させるから、お前は撮影に残れ」みたいな?? また、良い子のスンホは一生懸命に撮影に取り組んだことでしょう(泣き)。でも、残って撮ったのだから、次回はハリー(カン・ヒョンジュン)の出番がたくさんあったら嬉しい♡
スンホ君、ウネさんが共演した女優さんの中で一番やりやすいと言っていましたが、やはり、ウネさんはちゃんとハリーを頼っているジョイになり切ってくれるからなんでしょうね。スンホ君もウネさんに引き出してもらった部分があると思う。何度も言う、ペク・ドンスのときはどう考えてもジソンはヨ・ウンを好いているようには見えなかった→スンホを子どもだと思ってたんじゃない!?
つづく
Commented by Cloudia-Yo at 2012-12-31 20:24
桃さん、つづきです。

素敵なウネさんとのシーン、youtubeにいっぱい出ていて、いくつもシェアしてしまいました。2人はユチュンみたいにべたべたしないのがヨカッタのかも?? ただ、あんなに簡単にジョンウにキスを許してしまうなら、「1回くらいハリーにキスしてやってもいいじゃん〜!!」と、私も言いたいです。あれだけ世話になっているのに「僕を嫌いなのは分かっている」なんて言わせて、可哀相過ぎるっ。

さてさて16話、スンホとウネさんが少しは仲良しでいてくれることを期待しながら、待ちましょうね!! あと2日の我慢!!(こちらも長文で)
Commented by hana at 2012-12-31 23:07 x
初めまして♪
私もスンホ君に嵌りaiさんのブログにお邪魔させて頂いています。
スンホ記事を探していたら偶然こちらに辿り着きました(^_^)
スンホ君への愛の叫びに思わず拍手♪ 同感です。

MBCはファン投票に左右されるのでユチョンなどのアイドル系は強いと思いますよ〜。自分だけでなく家族や友人分でIDを最大限作成して投票しまくるほどだそうです。韓国だけでなく世界中からだからね…。すっごい悔しかったけど(|||`□´|||;;)
でも業界関係ではスンホハリーの演技は絶賛だし、視聴率が高かったら何かしらの賞は取れたと思うんです。あのドラマで10%台の視聴率を維持してるのは一重にスンホハリーの演技の賜物だと思ってます。
だって主役2人のラブシーンなんて苛つくだけだし(-_-;

今後のストーリー展開にも2人のメローは全く関係ないものになってるしね(´~`;

スンホくんの褒め記事はとりあえず保存しておきたいので私もブログに保管してます。その内、エキサイトに引っ越してこようかな♪

スンホ繫がりで、これからもお邪魔させていただきますのでよろしくお願いします。 
Commented by Cloudia-Yo at 2013-01-01 00:26
hanaさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!
aiさんのブログが素晴らしく、かつ、おもしろいので、私も電車の中で携帯で読ませていただいて吹き出す日々です!

結構、節操のある私だったはずなんですが、今回のスンホ病はちょっとタイヘンで、魂を持って行かれました…。で、沈黙していることができなくて、このようなザマに。先程も15話をハリー部分だけ見て、胸がゾワゾワ。何なんだろう、この演技は?…と。 特に最近は背中の絶望感も素晴らしいですね!!

15話スンホは深い! 強烈! ここまで演れる人はいない♡ なので、賞も「実力ならスンホのあの演技だろう!!」と思います。もたつくメローよりハリーの表情がメイン…、何をやらかすか興味津々で、私の中では主人公はもうハリーです♡

想いを共有できる方とブログで巡り会えて、嬉しいです。こちらこそよろしくお願いいたします!!

名前
URL
削除用パスワード