ユ・スンホ主演ドラマのBS初放送☆・雑誌情報+プロポーズ大作戦からボクスが帰ってきた、美貌の変遷〜動画あり   

2019年 02月 21日

2月も下旬となり、日差しは春。

ユ・スンホニムの現在のこと、やっぱりやっぱり、dandyoo93 インスタグラムで知ることができるのは、ファンにとってはとっても幸せなことですよね〜。以前は、何ヶ月も音沙汰なしのことがあって胸がムラムラ(?)して、「生きてるのーっ??」って心の中で叫んでたりしていたけど、今は、同じ地球の上にいるのだと確信できて、幸せ、、、。

dandyoo93

フォロワーは相も変わらず増加中。2月20日の23時半、フォロワーは61万2千人と表示されていますが、1週間で5万人くらい増えている感じ。



現在、一番新しい画像は、下のリンクで観れます。





インスタグラムの自撮り、努力中のユ・スンホニム??
失敗って書いてあるけど、自撮りでなくても、この素敵な画像があれば、全然大丈夫なんですけど。

この画像のこと、「彼の前に浮かんでいる太陽が彼をより一層輝くようにしている」とか、記者さんに書かれた記事も出ていました。
韓国記者さんの表現はいつも最上級の賛辞。何もしなくても既に輝いているユ・スンホニムが更に輝いちゃったって感じ。



さて、最新作の「ボクスが帰ってきた」、日本で放送される時はどこのチャンネルで放送してくれるのか、気になるところですが、「エンタメ〜テレ」って、私、眼中になかった(すみません、エンタメ〜テレ様!)チャンネルで、

「ボクスが帰ってきた」製作発表会放送

ユ・スンホニムのコメントなどが放送されていました。前後編各12分ずつを放送するとのことで、何回か放送があって、今後も以下のような日時にやるらしいです。


前後編

2月28日(木)15:00-
2月29日(火)8:30-

前編
2月25日(月)11:00-
3月4日(月)11:00-


後編
3月9日(土)7:15-


あら、まだ見れるチャンスがいっぱいあるのね♪



番組の案内はこちらから




予告動画も・・・









正統派の世子を若いのにベテランの迫力で演じた「仮面の王イ・ソン(原題:君主 仮面の主人)」の次に、ラブコメ「ロボットじゃない」に出演して、これまでと全く違う表情をたくさん見せることに成功した彼が、更に進化した姿を見せて、演技力ある俳優であることを更に強く印象付けたと思えるのが「ボクスが帰ってきた」。叫びや涙、心の痛み、その重さや深さと共に、無駄に力を入れ過ぎない軽さも身につけて、自然だからこそ周りの俳優さんとのケミも抜群で、本当にカン・ボクスはおもしろいキャラだった。


「ボクス〜」の製作発表会の時、ユ・スンホニム、体調が悪かったようで、ちょっとボワーッとしたお目目をしてますが、自分が新たな演技方法を発見したことは自覚していて、今までと違う自分を見せられるとのコメントをしていました。頼もしい!
若さやお顔の可愛さとはアンバランスだとも思える安定感、経験の多さ。ソン・スジョン役のチョ・ボアさんがユ・スンホニムのことを「想像していたとおりの人だった」「撮影の時、かっこいい」と言っていました。そーだろー、そーだろー。集中力があって、人柄も良い人だという噂は真実で、また、お仕事してる時のユ・スンホニムはベテランの風格があってカッコイイってことでしょうね。

製作発表会の後編を見まして、テレビ画面をiPhoneで無理やり撮ったのが、こちら。
無理やりなので、色がセピアになっちゃってますが…。


d0289252_01261346.png


完璧な美貌だよね〜💕
整ったお顔で、ほっぺの膨らみもちょうど良くて、しかも、このお目目が💘
丸みもあって切れ長という…。なんていう目をしてるんだって、叫びたくなる。ううう。


2012年の「プロポーズ大作戦」カン・ベコの動画がNAVERで出ていて見たんだけど、ユ・スンホニムの入隊中に、このドラマをDVDで視聴した時の印象と、今見る印象が違ってる。










「プロ作」では、カン・ベコがお布団から飛び起きるシーンが何回か出てきたけど、そのシーンはいつもベコがカワイイ💕(このシーンは動画を貼ったのとは別の回です)。

   ↘︎

d0289252_10101554.png


d0289252_10151039.png


高校の卒業の頃に撮影したドラマで、撮影中に卒業式も迎えたユ・スンホニム。この時も美少年だったけど、まだ青くて未完成、それが魅力という感じ。

「プロポーズ大作戦」の後、彼は「アラン使道伝」に玉皇上帝役で出演。これは美貌の神様の役で、その後の「会いたい」では、韓国放送時から、俳優ユ・スンホに「美貌」の文字は常にセットになった。


d0289252_10252101.jpg

d0289252_10235119.jpg


あれから、もう6年も経ってしまったのね。。。
その間、彼は、入隊中の21ヶ月、除隊後も長めのお休み期間が2回くらい、撮影中は主演俳優として全力で演技を続けて、現在、疑うことなく「演技派俳優」と呼ばれるようになり、かつ、スタイリストさんも「カン・ボクスの美貌に驚いた」的なコメントをするくらい、美貌度も最高。ユ・スンホと言えば「イケメン」だし、かつ、大人の男性の落ち着いた雰囲気も見せるように。



ここで、また、ちょっと「ボクスが帰ってきた」について、

書かせていただくと・・・


「ボクスが帰ってきた」、ユ・スンホの演じた9年前の高校生のカン・ボクス、幼さを装っただけでなく、本当に高校生の純でナイーブな心を見せていて、魅力的。


d0289252_10393520.png

男前のスジョンに惹かれて「心が骨折した」とつぶやくシーンは最高✨



9年後のカン・ボクスは、高校退学のために、一般的な就職はせず、代行業をしていて、それが、高校に復学して…、それでも、大人になったボクスにも家族の愛情があるので、根本的には可愛い人間。様々な経験、そして、時間の流れの中で大人になっていくボクス、それがすごーくYoは好きでしたね。
ボクスとスジョンにとって、時が過ぎて、初恋がどう変わっていくか、その辺が、韓国ドラマの「初恋が一番」というよくある設定をもっと深いものにしているという感じがします。ユ・スンホニム自身がこのドラマの中で成長していたような、そんな感じさえしてくる。



「リメンバー」の時も、ラストシーンの演じ方が本当に彼は上手くて、「仮面の王イ・ソン」もまた、そうでしたけど、「ボクス〜」のラストもYoはとっても好きですよ。
長い経験で身につけた、というより、やっぱりこれは俳優ユ・スンホの感性なんでしょうね。彼自身が、ボクスをどう捉えるかという、その辺の感覚が的確。
このあたりのことは、語りたいことがいっぱいなんですが、このページでは、ユ・スンホニムのドラマ放送などのことを、と思います。



★「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」一挙放送

衛星劇場で、2月20日5時から。うわあ、もうやってる!!


d0289252_05311172.png





★「ロボットじゃない〜君に夢中!〜」BS初放送

ついに、BSフジで放送!



d0289252_05324641.png



BSで「ロボットじゃない」が観れるようになったら、また、ユ・スンホファンが増えることと思います。ミンギュの恋が魅力的なので。
「仮面の王イ・ソン」の世子がいいという人と、「ロボットじゃない」のミンギュがいいという人と、好みは割れているようですが、Yoはどっちも好きよ〜💕
この2つのキャラは、ユ・スンホの両端を見せたような、逆のイメージのキャラで、世子イ・ソン役で彼のファンになられた方は、「これもユ・スンホなの?」と思われるかと思います。キャラが違えば、顔も違う俳優ユ・スンホ。

どちらもセレブで美貌の持ち主という設定なので、庶民の役はどうなるかと思ったら、中華料理屋の息子のカン・ボクスが、またまた魅力的でしたよ〜。
心の痛む部分やナイーブな部分を持ちながら大人になった、その微妙な部分もなんとも言えず魅力的。


d0289252_11141416.png

d0289252_11141007.png

d0289252_11092362.png


とにかく、最近の俳優ユ・スンホは、見れば満腹になれるキャラを生み出してくれるので、どのドラマでも満足できますね。

信じて見る俳優ユ・スンホ☆



★「RIVER RIVER」インスタのコメント動画


韓流雑誌「RIVER RIVER」、発売は去年の秋(?)みたいですが、5日前に、コメント動画がアップされました。





Yoは、ユ・スンホニムのコメント、かなり聞き取れた✌️
韓国語、日本語に似てるので、本当におもしろいです。
次のファンミの時に、もうちょっと彼の言葉を聞き取れるようになれたらいいな。



★「DAZED KOREA 3月号」も予約受付されていますね。

こちら、ユ・スンホニムがロサンゼルスで撮影したグラビアが載るはず。


通販では、


KOARIさんの通販サイト

表紙が、にゃんたろうずさんは2種類の表紙の内「ナム・ジヒョク×ハン・ジミン」と「スジュ」選択できるけれど、KOARIさんは、表紙の選択不可で送料分くらい安い模様。

この他にもそろそろ通販予約が出ているかもしれません。
韓国の雑誌で、韓国語です。



さて、本日のラストは、イ・ソン様の清々しい表情で💕


d0289252_10495029.png


では、皆様、良い1日を💕



更新を通知する




# by Cloudia-Yo | 2019-02-21 11:36 | ユ・スンホNEWS | Comments(0)